WS107364
「辛紅辣椒 其之1」
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない(JOJO的奇妙冒険 不滅鑽石)は優酷土豆から配信されています。



WS107259


やってたゲームは沙羅曼蛇?


64ぽかったね。


ここで仗助が初めて高校生っぽいと思ったよ。


バイクをいちいち映しすぎ。レッド・ホット・チリ・ペッパーズは話が多いな。 解説している時間は本当に止まっている。 レッチリのデザインはなんだかジュラシック・ワールドの敵を思い出すよ。


今回は若干崩れていたね。次回に期待。


この中ボスのレッチリはなかなかすごいな。 出されたステータスはどれも強大だ。


WS107596

レッチリがバイクを動かすまでの間に承太郎は時を止めて殴れたんじゃ。いや、まあ解説のせいだとは思っているけどね。


bf0b19d8bc3eb1357d099881ae1ea8d3fd1f443a

作画ミスでしょ。 これだとやはり遠いようだ。


康一もスタンドを使っていないしね。


漫画をそのまま再現するとアニメ的に微妙になるっていうのは三部アニメを思い出す。


まあ承太郎も年をとったってことだよ。 若い時のように何も考えずにやるなんてのはできなくなった。 穏やかになって、相手が何をするかとか、先に考えて行動するようになったんだ。


ジョジョルール:前の主人公はその代の主人公のお株を奪ってはならない。


WS107767


今回は細かいところの処理が荒かったね。いくつか微妙なところが多かったよ。レッチリのバイクの上での億泰とのセリフ量は多かったし、それがずっとバイクが走っているシーンだったから面白かった。 ちょっと角度を替えるとか話している顔の接写にすればよかったのに。 後解説の三人組。 漫画での観戦態度は違う。 仗助はまったく心配しておらず、康一は心配していて、承太郎は冷静に分析しつつもすこし心配していた。しかし三人は走って助けに行こうとしていた。アニメの三人は平静すぎる。まるで通行人が芸を見ているように、かなり経ってから助けに行った。 最も謎なのは途中まで走って途中で歩き出したところだ。 億泰の戦闘部分はかなり良かったね。億泰が選択をするときの処理も良かった。 この話はだいたい満足かな。


散歩はおかしかった。 億泰が衝動的になっているのにゆっくり歩いていたし。あとクレイジーダイヤモンドの能力は部分があれば全部が復元できるの? 前の小林玉美の時のお金はなぜそうしなかったの?


→小林玉美の後にそれを思いついたんだよ。


→あんまり離れていたら無理なんじゃない? 小林玉美がめちゃくちゃ離れてからお金を拾ったのかもしれない。


解説時間の処理が良くなかったね。


遅いというやつはどう思っているのか。バイクの速度が120マイルだとする。10秒でやく333メートル。さらに億泰の追撃後も走っていたから、実際の距離は6,700メートル離れている。 700メートル走るのにどれくらいかかる? アニメはキャラクターの心理活動や会話が詳細に表現されているけどその時間は実際には短い、そしてチリペッパーの速度と億泰の瞬間移動そのものはとても早い。 全戦闘で一分も経っていないだろう。 さらに億泰が明らかにチリペッパーに優勢にたっていたので、承太郎も仗助も安心して歩き始めたのだ。


WS107881


アニメでは仗助と承太郎は冷静というよりも冷血に見えるね。


チリペッパーの射程はどれくらいなんだろうな。 電気が通っていたらどこまでも遠くにいけるのだろうか。


なんでジョセフは老化がこんなに早いんだろうな。 普通の人以下の感じだ。 波紋を修錬していたんじゃなかったっけ? 


→80近いからね。 実際はまだまだ元気だし。

9e45ad345982b2b78095d5f339adcbef76099b84

リサリサは二部の時に50歳で二十代の外見だった。ジョセフの80は本当に80だ。 さらに老人ボケまでしている。


60数歳でエジプトにディオを倒しにいった時、大冒険して、脳に穴を開けられたり、喉を貫かれたり干物状態に輸血されたりと普通の人にはない経験を師弟たからね。


二部の後には波紋の修錬をやめていたのだろう。老衰を止めたかったら波紋の呼吸の状態を維持しなければならない。


ディオを倒すという人生の目標を完遂して、さぼったんじゃないかな。