菅原正志の『世田谷漁報』

(有)大漁企画 菅原正志が、ココロに残ったヨシナシゴトを書いています。お暇なときにおつきあい下さい。 

★突然の来客 2018年4月30日5

1fed1d2f

秀子ぉ、昨夜はビックリしたねぇ。

いつかこんな日が来るだろうとは思ってたけど・・・。

★北上さくらホール 志の輔落語2018年4月28日5

1fed1d2f

GW初日は、弾丸日帰りで、岩手県北上市へ。

北上さくらホールの制作、小笠原直哉くんのお誘いで、立川志の輔さんの会。

隣席は、今回も彼の実弟、TBS小笠原亘アナウンサー。

TBSラジオは今シーズンから野球中継をやらなくなったので、ゴールデンウィークに休みが取れたらしい。

明日、中島常幸プロと志の輔さんと3人でゴルフをするという。

来週の『ジェーン・スー 生活は踊る』(TBS)
のなかで、今回の話しも出るだろう。

いつ会っても爽やかで、快活な人だ。

志の輔さんの高座は、首都圏ではなかなかチケットが取れないけれど、わざわざ岩手まで行って伺う価値アリ。
キャパ1400満席。

熱演に膝を叩いて笑った。

16時の終演予定を20分オーバーして、緞帳が降りた。

たぶん、そういうことになるだろうと、
北上発17時30分の東京行き『はやぶさ117号』を指定しておいて良かった。

SUGAWARA MASASHI
     

★悲しいほど鮮烈に香る 2018年4月27日5

1fed1d2f

今年も玄関先のジャスミンが花ざかりになった。

4月末は、小田急線に飛び込んで死んだ母校演劇部の後輩Sと、脳梗塞で急逝した副顧問K先生の命日だ。

世間がゴールデンウイークに浮き足立つ季節だけに、2人の突然の死は際立って思い出される。

葬儀から帰った玄関先で、喪服に塩を振りながら、ジャスミンの香りに包まれていた。

Sのときもそうだったし。

K先生のときも同じだった。

夜のジャスミンは昼間のそれより強い芳香を放つ。

さえざえとした香りが、あの頃のすべての苦労を洗い流す。
帳消しにする。

良い思い出しか残っていない。

ひたすら生真面目だったS。

もう19年も経つのに、全国大会の舞台で見せたシーンのひとつひとつが鮮やかによみがえる。

優しいとしか言いようのなかった副顧問のK先生。

あなたが顧問と部員たちを支えてくれなかったら、あの3連覇はなかった。

その輝いた目。

その輝いた手。

★リュウメ予防注射 2018年4月26日5


予防注射の日だった。
1fed1d2f

リュウメの前に飼っていた『NG』の頃から、もう20年以上もお世話になっている、松原ペットクリニックの岩富先生から、『10歳過ぎてもリュウメちゃんは若々しいねぇ』とホメてもらい、まんざらでもない顔。
お世辞だよ、お世辞。

★理想的夕食と、アンデケンのチーズケーキと 2018年4月25日5




理想的夕食

中華おこわ
掛け蕎麦
玉子焼きと大根おろし
31 (2)

中華おこわといっても、いわゆる、本場の『小龍飯』ではなく、父の親友で、荻窪で台湾料理の店を出していた王さんから習ったレシピを母が真似て、さらにそれを、我が家で適当に(かなりテキトーに)アレンジしたもの。
海老も貝柱も入ってないかわりに、銀杏とか、椎茸とか季節ごとの材料が入る。
今回は『筍』。

掛け蕎麦は、寛政年間には、江戸っ子の《下衆な食べ方》だったらしい。
ぶっかけではなく、茹でた後、冷水で絞めてから熱々の出汁を掛ける。
小田急線の『箱根蕎麦』に負けない美味さ!
今回は、タヌキ一家が摘んで来た三つ葉があったので乗せてみた。

生卵を落として月見にしようか?と思ったけど
、大根があったので、玉子焼きにして、大根おろしを添えた。

こういう夕食が好きだ。
1fed1d2f

デザートは、近江八幡名物『アンデケン』の、劇美味チーズケーキ!
琵琶湖観光マリーナの端山社長からの頂きもの。

1965年創業。
アンデケンは、ドイツ語のAndenkn(想い出)が由来とか。

これが、ふわっふわに柔らかく、口に運ぶとアワアワと溶けて、少しもくどくない。
だから、大きく切って、大きな匙でふわふわアワアワ食べてしまう。

彦根にも支店があるらしい。

さあ、コーヒーを入れようか・・・・。

★たまによいこと 2018年4月24日5


琵琶湖で土日に丸坊主を食らい、今朝は危うく猫缶を食べそうになる、トホホな気分の月曜スタート。

当初の予定より、早めにスタジオに入ったら、ディレクター、クライアント、ミキサーさんも、アシスタントの方々まで全員お揃い。

『かなり早めですが、収録始めちゃいましょうか?』というプロデューサーの一言で、テスト1回、テイク1でOK!

終了!

これほどサクッと終わる現場は、年に何度とない。

9回裏、3奪三振で切って落としたクローザーの気分。

予定の開始時刻にはスタジオを出た。
1fed1d2f

これはきっと芸能の神様の思し召しに違いないと、スタジオのすぐ近所にある、赤坂豊川稲荷に御礼詣り。

ランチはサーモンとクリームチーズのサンドウィッチ。

こんな良い気分は、たぶん、3時間くらいで雲散霧消するんだろうな。

コーヒーを運んできたウエイトレスさんまで超可愛く見える、おっさんの午後です。
31 (2)

SUGAWARA MASASHI
     

★やらかすとこ 2018年4月23日5

31 (2)

今朝は、炊きたてご飯に、頂きものの缶詰めで、カンタンに済ませよう






・って、これ、秀子さんの猫缶じゃねーか!

缶詰めセットは、ウチにではなく、秀子さん宛のお歳暮だったのか!

危うくやらかすとこだった。  

紛らわしい!

それが狙い?
1fed1d2f

🐱キャットフードの表示がこんなに小さい!

お年寄りとか、ぜったい間違うだろ。

あ、オレがもうお年寄りってことなのね。

とほほ。

がはは。

ちーん。

★春の琵琶湖通い2018♯7 2018年4月21日〜22日5

近江牛食べて、スタミナもりもりで琵琶湖へ。

ユンケルと劇強打破飲んで頑張ったものの、
あまりの釣れなさと、バイトの少なさに、昼過ぎに、ついにボートで小一時間昼寝(つーか、気絶に近い)。

1fed1d2f
その後17時まで粘りましたが、関田くんがアラバマで1尾上げたのみで終了。

ボクはデコった。

とほほ。

明日、釣れなかったらと思うと凹む。

その不安は的中。

昨日に引き続き、琵琶湖北湖東岸のシャローは17度を越え、バスがボーッと浮いている状態。

とんでもない数のバスたちがボーッと浮いてる。

毎春1度はこんな状態に遭遇するが、ごく稀に口を使うノーシンカーや、直進系極小ミノーの見えバス釣りではなく、なんとか《ボーッとする前の段階》の、デカいのを釣ろうと、あれこれ試しましたが、あえなく完封負け。

現在、世界の関田くんの運転で、新静岡通過。

この先、いつもの大和トンネル渋滞に加え、大井松田〜駿河湾沼津間、事故渋滞80分という表示。

やれやれ。

木島くんから貰ったミントでもカリカリ噛んでのんびり帰ろ。
31 (2)



SUGAWARA MASASHI

     

★牛と化す 2018年4月20日5


1件めのMA 終わって、リュウメと秀子のお世話のために一時帰宅。

暑い!

秀子。

秀子。

ややっ!?

箱入り娘は、箱のなかに。
1fed1d2f

そんなこんなで今週のスタジオ業務、すべて終了!
店じまい店じまい。

やっほー!
1fed1d2f

未経産近江牝牛限定
千成亭 ステーキ肉

手銭ではとても買えない。
頂きものです。

リュウメ散歩して、準備して、
琵琶湖へ突進!

いま、ボクは、ただのニンニク臭いウシと化している。

★こんな時間にシリーズ 2018年4月20日5

こんな時間にシリーズ

午前3時50分の『エビチリ丼』

ちょっとした自殺行為か。
1fed1d2f

※エビチリは冷凍室の下のほうから発掘したもの。
年代不明。
でも、三葉虫じゃなく、ちゃんとエビだった。

美味い。

★こんな時間にシリーズ 2018年4月19日5





1fed1d2f


小腹が空いたので、こんな時間にカツ丼作った。
カツは昨日の残りもの。
 
美味い!

天才かも!
 
やるじゃん、オレ!

誰もいないので、超自画自賛。

リュウメがじっと見ているけど、あげない。

★ももクロ人気おそるべし2018年4月19日5


ももクロが琵琶湖畔、八日市に?!

お天気の情報サイトをニラミながら、今週末の琵琶湖は大丈夫!と安堵していた矢先。

東近江のコミュニティーFMでパーソナリティをしているKUMIさんから、今週末は、ももクロのライブがあり、草津〜彦根間のホテルは満室、八日市インター周辺(八風街道)も渋滞の可能性大という情報が。

まぢ?

あわてて、近江八幡の常宿に電話すると、奇跡的(?)
に、ツインが1室空いているとのこと。

てことは、世界の関田くんと同室ですが、まあ、セーフ、セーフ・・・ほっ。

KUMIさん、情報ありがとうございました。

世界の関田くんと、いい歳して野宿するとこでした。

恐るべし、ももクロ人気。

ということで、週末のバス釣りは、無事
1fed1d2f

『幕が上がる』

ももクロより、むしろ、黒木華の、好演が光る。
追手門学院高校 演劇部卒のリアリティ。

SUGAWARA MASASHI

★アイナメ 2018年4月18日5


1fed1d2f


隔月刊『THE SEABASS 』
( つり人社 )の連載に添える、アイナメの挿し絵を描いている。

毎度のことながら、ボールペン1本で、どこまで描けるか・・・・。

あと、20年くらい頑張ったら、伊藤彦造みたいになれるかな。

無理か。

★!!!!!2018年4月16日1


ひ、秀子さん!
その書類はっ!
1fed1d2f

★アングラめいた芝居と、現代アート2018年4月15日5

1fed1d2f

『盲導犬』
作/唐十郎
演出/為国孝和
○東演パラータ
後輩、山田将平が出てるというので、菅原玄奨と、下北沢の町外れにある小屋へ。

もちろん、初演(1973年に桜社に書き下ろされた『盲導犬』)には、間に合ってないけれど、故・蜷川幸雄自身の演出による再演は見ていた。

泉鏡花『化銀杏』と、澁澤龍彦の『犬狼都市』をモチーフに描かれたこの作品は、唐十郎が最も脂の乗り切った時期の戯曲だ。

唐の本のなかでも1、2の傑作だとボクは思っている。

いま、目の前で繰り広げられている、《アングラめいた表現》より、むしろ、《国鉄》新宿駅西口から東口に抜ける小便臭い路地で売られていた、みすぼらしい仔犬たちのことや、たいそう汚なかった片瀬海岸の風景を、思い出し思い出ししていたら、二時間アッという間に過ぎた。

特権的肉体は、テントを抜け出して、どこへ行ったのか・・・。

劇中でパティーペイジの『テネシーワルツ』と、唱歌『しかられて』を唄う、浅川荘子さんという人が素敵だった。

東演パラータの前にある『邪宗門』で、アイスコーヒーを飲みながら、山田とそんな話をボソボソした後、玄奨と『東京オペラシティー・アートギャラリー』へ。

五木田智央の絵画展。

ベタ塗りのアクリルグワッシュによるモノクロームを基調にしたドローイングは、デフォルメされたイビツなフォルムと、上品なグラデーションが超絶クールだった。

おなか一杯な日曜午後。

SUGAWARA MASASHI
     

★『Young Artist Exhibition 2018』2018年4月14日5

31 (2)

土曜の午後、神宮前の小さなギャラリーで、菅原玄奨の新作を見た。

風の街角で、すれ違った人・・・・。
1fed1d2f

『Young Artist Exhibition 2018』

○於:EUKARYOTE
○住所:東京都渋谷区神宮前3-41-3
○会期:〜2018年4月29日まで
○時間:12:00〜19:00
※月曜休廊
○無料

http://eukaryote.jp/exhibition/yae2018/

★ブルドッ『ク』ソース 2018年4月13日5


ブルドッ『ク』ソース

深夜にもかかわらず、お好み焼きを作ってしまった。

マヨネーズとソースをかけようとして、ふとブルドックソースのボトルを見ると『115周年ありがとう』というシールが貼ってある。
1fed1d2f

ブルドックソースって、百年以上も前からあったの?

そもそも、シンボルマークには、BUll−Dogと表示されているにも関わらず、なぜ、法人名と商品名は、ブルドックなのだろう?

ググってみたら、1905年(明治38年)、ソースの発売当時、飼い犬として、大人気(!)だったブルドッグにあやかって命名されたという。

知らなかった。
ブルドッグって、そんなに前から日本に移入されていたのか・・・・。

ブラックバスの移入は、1925年(大正14年)だから、ブルドッグとブルドックソースは、それより20年も前から、日本人に親しまれていたことになる。

ただ、商品名(社名もか)のなかに、『ブ』ル『ド』ッ『グ』と、濁点が3つもあるのはよろしくないという考えから、ブルドッグではなく、ブルドックが採用されたとのこと。

庶民に愛され続け、いまやソースの代名詞となった、ブルドッグ。

庶民に目のカタキにされ、いまや外来生物の代表格となった、ブラックバス。

環境大臣時代、鶴の一声で、『特定外来生物法』を十把一絡げに施行させた小池某は、支持の凋落を挽回すべく、人気番組の尻馬に乗って、日比谷公園内の池の水を抜いて、自ら外来生物の駆除に精を出す。

だったら、先ず、アンタの部屋の『胡蝶蘭』を始末せい!
それは、外来植物ではないのか?

もう、にっちもさっちも、どうにもブルドッグである。

★『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』2018年4月11日5

食べてから観るか、観てから食べるか・・・・。

もし、お腹いっぱいで、途中で眠くなったらどうしよう?

と思ったけれど、空腹には抗えず、横浜関内の地中海レストラン『VAMONOS』へ。

毎度のことながら、ホリアティキサラダから始まって、貝づくしのアヒージョとバゲット。
パスタ・ペスカトーレ。
1時間半ほどかけて、ゆっくり頂く。
1fed1d2f

とくに、貝づくしのアヒージョ(写真)が美味しかった。
鉄鍋で熱々に煮えているオリーブオイルに、いろいろな貝の出汁が出て、バゲットを浸しながら食べると止まらなくなる。

食後のコーヒーを頂いてから、イオンシネみなとみらいへ。

21時25分。
観客は6人。
31 (2)

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

ワシントン・ポスト編集主幹、ベン・ブラットリー(トム・ハンクス)と、同社長、キャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)が、ベトナム戦争を分析した、米国防国防総省の機密文書をスクープする経緯を、スピルバーグが抑制の効いた演出で淡々と撮っている。

保守派のウオルト・ディズニーが支持したニクソンが、20世紀フォックス配給の本作では極悪人だ。

ジャーナリズムの良心を、アメリカの良心に置換させて提示している脚本が巧妙。

キャサリン・グラハムの実像は、98年にピューリッツァー賞を授賞している自伝『キャサリン・グラハムわが人生』訳/小野善邦(TBSブリタニカ)に当たるしかない。

帰宅してさっそくポチッた

★春の琵琶湖通い2018 ♯6 2018年4月7日〜8日1

31 (2)

今週末は荒れる予報だったけれど、諸事情あり、ダメもとで琵琶湖へ行った。

水郷 近江八幡は、春の爆釣どころか、春の爆風で、午前七時、あえなく撤退。

野洲の
『BIWAKO DAUGHTERS』
まで行けなかったので
今回、『遠久邑(おくむら)』でホンモロコの佃煮を買ってみた。
1fed1d2f

琵琶湖畔 近江八幡市
(株)奥村佃煮が出店している、湖産魚専門の土産店
8244_1685589598355507_4007444025319150827_n

モロコ特有のほろ苦さと、佃煮の甘辛さが絶妙。

北湖東岸の春が、ホロホロと、口のなかで融けて行く。

風に舞う、彦根城の桜を愛でつつ、お昼過ぎには世田谷に着き、悔し紛れに、寿司をヤケ食いしました。

往復940キロ。

玄奨と二人で良いドライブだった。

とさ。

チクショウ、この仇は必ず!

★春の琵琶湖通い2018 ♯4 2018年3月31日〜4月1日5

タヌキがタヌキを友釣りに。
1fed1d2f

奇跡的な天気予報。

追突だけで済めばいいが・・・・。


初日(3月31日)
31 (2)

菅原
⚫43傳隠横隠g
⚫43、5傳隠横隠g

小野た
⚫45傳隠毅僑g

初日これまで。


2日め(4月1日)


昨日のボートの多さから考えて、きょうは凄い数になるだろうと覚悟していたら、案の定、どのポイントも、人、人、人。

東岸が穏やかだったこともあり、小型のジョンやゴムボートも多数の超ハイプレッシャー。

そんななか、琵琶湖ガイドの、通称サトシンこと、佐藤信治さんから有り難いアドバイスのメッセージ

『今日もそちらのエリアはかなりの賑わいなはずですが、《上がってきそうなところにこだわってみる》のが良いかと思いますよ!』

そのアドバイスを信じ、昨日よりも、さらにステージを小さく狭く絞り込んで、《11AM》以降、粘りに粘りました。

水温12度も越えて、サーチの必要もないので、スイミングジグをやめ、エスケープツイン➕5gシンカーのテキサスりグをカサコソ。
922a29b1

結果、どうにかこうにか、3本。

湖周は満開のサクラ。

帰り道は、白暮に沈む彦根城址の、外堀の桜並木を眺めながらのドライブ。

こんなロマンチックなドライブなのに、助手席はタヌキですが、何か・・・・。

★黄水仙と今冬最後(?)の鴨せいろ 2018年3月26日

都内は桜が8〜9分咲き。

下戸であるにも関わらず、今週お花見に誘ってくれる有り難い仲間もいて・・・・。

夕方、二週ぶりに厚木の実家に帰ったら、黄水仙が花ざかり。
922a29b1

31 (2)

1fed1d2f

残念ながら、『星月』はお昼しか暖簾を出していないので、
老いた母と連れだって、平塚市の蕎麦屋『陣屋』へ。
1936430_1660276104220190_1259231784088378522_n

今季最後の鴨せいろを頂いた。

★春の琵琶湖通い2018 ♯3 2018年3月24日〜25日5

春の琵琶湖通い♯3

金曜の仕事が終わり、ソッコー帰宅して準備を整え、給油、軽食をすませて出発!

午前7時、近江八幡に到着。

今回のパートナーは、自由が丘 鰻割烹『八沢川』の料理人、木島くん。

木島くんは、《木曜が休日》なので、その日レギュラーのあるボクは、滅多に一緒に釣行できない。

今回、ボクの釣行に合わせて、お店から土、日の休暇を貰ってくれた。

それを意気に感じない釣り仲間はいないだろう。

昨年同時期の琵琶湖は、不運にも2バイトのみで涙を飲んだ彼。

朝イチ東岸の水温は8度。

リベンジなるか・・・・。

しばらくエレキを踏みながら木島くんの釣りを見学した後、ボクもガマン出来なくなってロッドを持つ。

995340_1690240927890374_8269609286150056062_n
1尾目は、午前10時過ぎ。
庄司潤さんのトレジャートラップ。

2尾めは、その40分くらい後。

8379_1665105110403956_3554943903205567239_n
52、5センチ。
佐久間ジグ・スイミング➕スタッガー6インチ。
この時点で水温計は9、2度。

同じストレッチをしつこく流し、また別のポイントに移動しては逆方向から入り直し、その都度トレース・ゾーンにも変化を持たせて。

ジリジリするような時間が流れた午後1時過ぎ、ようやく木島くんのスイムロールに、待望のバイト!

『来ましたっ!』

水面で暴れさせないようにロッドを倒し、うまくいなしながらランディング成功!

6463cfcc_LI (2)
これが今日イチの55センチ!

オッサン二人で小踊りしながら帰港。

愛用の計量器が、不覚にも電池切れで未計測ながら、目測余裕の3キロオーバー。

木島くんリベンジ達成!!

琵琶湖は、頑張ったアングラーに、必ずご褒美をくれる。

ウハウハな気分で、近江ちゃんぽんとギョーザを食べ、バブを放り込んだ熱いお風呂に浸かり、ただいま、安宿のせんべい布団に潜り込みました。

明日は『十三のネエちゃん』ならぬ、十三の兄ちゃん(野村吉治氏)が来て、3人で釣る。

三十年ぶり(!)のバス釣りらしい。

三十年ぶりに、バスの匂いを嗅ぎたいと。

中学生の春を取り戻したいと言う。

琵琶湖の神様、頼みますよ。

わかってますね?

釣れれば良いってもんじゃないんです。

欲しいのは、ドラマです。

後々まで語れるネタなんです。

そんなことを祈りつつ早めに就寝。

しかし、期待とはウラハラに十三の兄ぃちゃんにさほど期待していたようなドラマは起きず、しきりに啼きつのるウグイスの声を聞きながら、今週の琵琶湖釣行を終えた。

野村さんゴメン。

1936430_1660276104220190_1259231784088378522_n
せめてもの救いは、同行の木島くんが、午前11時半頃、藤井孝洋のスイムロールで、51センチを絞り出してくれたこと。

本当は大声でバンザイしたかったけど、周囲にたくさん船がいたので、コソコソ写真撮りました。

現在、愛と悲しみの東京に向けて、新東名、浜松サービスエリアで食事中。

ボクたちが通過する頃には、上り大和トンネルの渋滞が解消されてることを祈りつつ・・・・。

★名残り雪2018 2018年3月21日


922a29b1


桜の開花もどこへやら。

桜上水は、正午前から吹雪に。
ウッドデッキの鉢植えたちが、首をすくめてうなだれている。

この後、16時から神楽坂のスタジオへ。

早めに出ないとなぁ・・・。






★春の琵琶湖通い2018 ♯2 2018年3月17日〜18日

春の琵琶湖通い2回目。
毎度のことながら、土曜日の午前1時過ぎに世田谷の自宅を出る。
10458928_1451662495081553_2129835702342087492_n

今回は、南湖西岸の雄琴にある『ネイビードラゴン』の山邉さんのファクトリーに、完了したRanger 482VS の、エレキの換装と、各部メンテナンスの代金を支払いに行くので、単独の釣行。

往路の夜食は、ほぼ中間地点の新東名 浜松SA『浜北ラーメン、餃子セット』
10626465_1493417127572756_4401057774171218638_n
ごてごてギトギトしてなくて、昔ながらのサッパリ正油に、ちぢれ麺。
好きです。

10440739_1450060078575128_9104253266771775748_n
メンテが完了したRanger 482VSは 、琵琶湖観光マリーナの艇庫に戻っている。

10411937_698096850272658_6848315676397337707_n
フットペダルもキレイに収まり、ノーズに新しいシート。
ウルトレックスは、夢のまま。
魚探のセッティングも中央に。

1233563_719707208102516_6259983581415499077_n
市場が安定したら、HE9000にしょう。
ヘソクリ貯めるぞ。

10155241_1431809173733552_1838449539618186496_n
オプティマックスも下回りをバラして見てくれた

10401963_1567183276862807_803938315386505627_n
ギアケースへの浸水は、ギリギリセーフだったらしい。
インペラは交換。

10289888_1459896307591505_3246750496857796900_n
EFIからオプティに換えて、runhistoryは63、0hrs。
まだまだ!

10411424_1502984279949374_4100083452342929991_n
放尿ステップ(笑)
ここにシートを貼ると滑らなくて安心。
おしっこが近い五十路のオーナーは、標準装備ですね、これ。

土曜のうちに桟橋に係留しておいた482VSのデッキが日曜の朝には真っ白になるほどの霜。

それでも朝の水温は8度あり、期待充分。
1233563_719707208102516_6259983581415499077_n (2)

○1尾目は55センチ
10:30

○2尾目も、55センチ。
11:54

この2週間でかなりウエイトが乗ってきた。

何れもサクマジグ・スイミング➕スタッガー6インチ

まだまだ釣れそうな感じだったけど、楽しみは来週に残して(?)
2尾目を釣ったのをキリに帰港。

ノンビリ安全運転で名神〜新東名を走り、愛と悲しみの東京へ。

途中のサービスエリアで二回も食事!

なにしおう、3月、4月の全週末を琵琶湖(北湖)に捧げているので、道中のサービスエリアの軽食が、どこが安くて美味しいかは重要な問題。
10453427_1454481884799614_769033215010943171_n
復路は、今回、守山パーキングエリア(愛知県)で、かけそば➕生卵を食べてみた。
まあまあ美味しかったんだけど、お腹がいっぱいになったら『すわ、一服盛られか!?』と思うほど眠くなり、岡崎サービスエリアで30分爆睡してしまった!

午前1時、愛と悲しみの帰宅。




SUGAWARA MASASHI

★自由が丘 鰻割烹『八沢川』の蕗味噌 2018年3月12日

昨夜のこと

自由が丘
鰻割烹『八沢川』に行ったら、蕗の薹、タラの芽の天ぷらが山のように出た。

鰻重を食べる前菜としては二の足を踏む量。

それでも、まだ半紙の上で油がチリチリ鳴いている揚げたての山菜は、美味いに決まっている。

『天ぷらを食うときは親の仇に会ったつもりで、揚げるそばから食らいつけ』と言ったのは池波正太郎だったと思う。

後の鰻との配分を考えると、食のペースが落ちるので、写メも撮らず、一気呵成にバリバリ平らげた。

白菜のお新香で、油っ気をリセットしてから、鰻重にかかる。

これも、熱いうちに、重箱の隅の米粒までせせり出して食う。

『美味いと言わなければ帰さないぞ』という顔で、仁王立ちして見ていた店主が、『これ、ちょっと舐めてみて下さいよ』と、小鉢に乗せた蕗味噌を突き出した。

『港北で摘んで来た蕗の薹をね、白味噌と赤味噌で和えて、ペタペタやるんだね。四時間ね。ペタペタ、ペタペタ・・・ 』

『四時間も?』

『様子の良い蕗の薹は、まとまってないからね。あっちにポツリ、こっちにポツリ生えてて、摘むのに腰が痛くてさぁ。こんなもん、わざわざ摘んで来て、根気よくペタペタ作るヤツも、もういねぇだろうなぁ』
と独りごちている。

根気よくペタペタやらされたのは、ご主人ではなく、厨房で働いてる木島くんでは?
と口元まで出かかったが、
ブン殴られそうなのでやめた。

口いっぱいに広がる春の風味は例えようがない。

『美味い。この《えぐみ》がたまらない・・・・』

店主が初めて相好を崩した。

自ら野に出て、春の日差しを慈しみながら摘めば、ほろ苦い味もひとしおと思う。 

『お茶漬けでも美味いんだよなぁ。やってみてよ』

店主がポリ容器に入れて持たせてくれた。

今朝は、蕗味噌茶漬けだ。
1233563_719707208102516_6259983581415499077_n

SUGAWARA MASASHI

★手打ち蕎麦『星月』営業再開!! 2018年3月10日

厚木の実家の近所にある手打ち蕎麦『星月』
ついに、本日から営業再開!
1233563_719707208102516_6259983581415499077_n

当面は、午前11時〜午後2時の、僅か3時間ながら、星月の蕎麦が食べられるのは本当に嬉しい!

1233563_719707208102516_6259983581415499077_n (2)
鴨せいろを頼んだ。
やっぱり別格の美味さ。

教えてくれたのは、お隣りの美容室オガサのご主人、小笠一也くん。
地元の幼なじみは本当に有り難い。
厚木市立相川小学校の、少し後輩。

♪光る相模の流れ
光る若い生命
続く厚木の大地
続く若い生命
いつまでも
相川の仲間
励まし合って
おおらかな
道を
進もう

★『アートフェア東京2018』2018年3月9日


2f3d1ea7

『アートフェア東京2018』の会期中、東京国際フォーラムのロビーギャラリーに、次世代のアートシーンを担う12人の学生作家と共に、菅原玄奨の新作『A MAN』(等身塑像)が展示されていると聞いて会場を覗いて来た。

国際フォーラムは、有楽町駅に隣接、東京駅からも至近。

ロビーギャラリーは入場無料なので、お近くにいらっしゃる方は、覗いてやって下さい。

菅原玄奨も会場にいます。

展示アーティスト(大学別 敬称略)

●東京藝大
塩出麻実
村松大毅

●筑波大
坂本有希
椎名正悟

●女子美
奥原知奈
志澤京香

●多摩美
加藤舞衣
宮林妃奈子

●武蔵美
近藤太郎
池上怜子

●東京造形
阿部智子
菅原玄奨


計12名

●2018年3月11日(日)まで
●東京国際フォーラム/ロビーギャラリー
●入場無料

○主催/一般社団法人アート東京
○監修/保科豊巳(東京藝術大学理事 副学長)

SUGAWARA MASASHI

     

★かかりつけ Ranger 482VS  2019年3月8日

かかりつけ
13735373_1055253054556724_1260779216_n
●撮影福原毅さん

琵琶湖の482VSのエレクトリックモーターが、かなりポンコツ化し、それでもあっち治しこっち治し、昨年には、マリーナに棄ててあった同型をバラして、いわゆる《2個1》で使っていた。

チマタでは『ウルトレックス』という神器のような新型エレキと換装する人が多いけれど、ボクのボートは18、6feetと小型でもあり、バッテリーは3台、北湖で釣ることがほとんどなので、エレキペダルは《自分の足で踏めば良い》かと・・・・・。

ウルトレックスに交換した人のなかで、程度の良い旧エレキの中古が出たら、交換して下さいと、ネイビードラゴンの山邊さんにお願いしておいた。
2f3d1ea7

いままで直置きだったエレキのフットペダルを、フロントデッキを凹状に抉って、フットペダルを納めてもらう作業。

10155241_1431809173733552_1838449539618186496_n
後部リアゲートのダンパー交換。

10401963_1567183276862807_803938315386505627_n

フロントノーズに、新しいステップシートを貼ってもらい、その他、冬季点検。

『えらいこっちゃー』という山邊さんの指摘で、
カスカスになっていたギアオイルの入れ替え(そう言えば、先週末のランチング時に、前進・中立・後進が妙に硬く感じた)

山邊さんは、もともと、P社のメカニックで、この船をRanger 社にオーダーしたとき、輸入代理店のP社で、各部をセッティングしてくれた人だ。

この船の良いところも、悪いところも知り尽くしている。

恐らく、琵琶湖のバスボートメカニックのなかで、最古参の一人ではないか。

一時、琵琶湖を離れていたけれど、いまでは、湖畔の
雄琴に小さなファクトリーを構えて仕事をしている。

ボクが駐艇している近江八幡からは遠いけれど、《かかりつけのお医者さん》である安心感は変わらない。

初期登録から、かれこれ20年。

湖東の春爆(?)を期待しつつ、いま愛艇482VSは、山邊さんの手に。

SUGAWARA MASASHI

★『残菜ミネストローネパスタ』2018年3月7日


朝10入りのMA がサクサク終わったので、お昼に一度帰宅。

昨夜 冷蔵庫の片隅で干からびていた玉ネギだの、インゲンだの、セロリだの、鍋のときに花びらに型抜きした残りカスのニンジンだの、ウゾウムゾウをエイヤッとブッ込んで作った『残菜ミネストローネ』があったので、これをソースにしてパスタを作ることに!
 
パスタを茹であげる8分間
の速攻勝負!

ミネストローネに、トマトジュースをドボドボ注ぎ、これまた冷蔵庫でうなだれていた挽き肉をチャチャっと炒め、コンソメ、鶏ガラスープの素で濃い目の味を整え、最後の3分にプチトマトを放り込むと、

『残菜ミネストローネパスタ』

完成。
2f3d1ea7

野菜が高いからねぇ、ヘタも、根っこも、きれっぱしも使い切り。
つまり、バイプレイヤーズか(?)。

本当は、ニンニクとタカノツメとか入れちゃうと、さらに美味しく
なるんだが、きょうはまだまだ人に会うからなぁ。

次のスタジオは16時から。
さーて午後も頑張るか!

SUGAWARA MASASHI

★春の琵琶湖通い2018 ♯1 2018年3月4日

♪あかりをつけましょ
ぼんぼりに

おはなをあげましょ
もものはな・・・

この童謡のタイトルを

『うれしいひまなつり』

と誤読する、ポンコツ野郎はどこのどいつだーい?

アタシだよ!

毎年恒例、3月〜4月の琵琶湖通い、始まり始まり。

この土日が今春初なので、ボートをあちこち掃除したかったのと、冬の間エンジンも回してなかったので、もしトラブったら、ムダ足に終わりかねない。

北湖東岸は、バスの数が少なく、水温も低いので、ノーフィッシュでスゴスゴ東京に帰る可能性も。。。。。
なので、今回は誰も誘わず、1匹狼。

結果から先に言うと、昨日(3日)は、朝からステルススイマーと、サクマジグ・スイミング (1/2OZ +スタッガー6インチ) を、交互に巻き倒し、まったくのノーバイト。
00adb656

水温が上がり切った午後2時過ぎに、ようやくコツンと来て、ギリ50が1尾。

きょう(4日)は、気合いを入れて午前7時にマリーナを出て、やはり水温が上がった午前11時
に53センチが1尾。
7353_559184947521459_4244363764903146333_n

この1尾をキリに帰港。
36_large

微風、快晴、ポカポカ陽気。
午後まで粘ったら、昨日と同様、さらに水温が上がって、もう1尾くらい釣れたかも(?)と、後ろ髪(←ないけど)を引かれながら、明日の仕事のことも考えて(➡えらいぞ、オレ)早めにボートを揚げ、手早く洗って艇庫へ。。

天候が読みにくいこの季節にあって、寒波のハザマのラッキーな二日間。

帰ったら、ソッコーで月刊『salty!』の原稿書かなきゃ・・・・と焦りつつ走ってたら、ウッカリ新東名に乗りそこね、三ヶ日JCTで復帰。

2f3d1ea7
浜松SA、はまきた食堂で 『シラス丼定食』を食べながら、これを書いている。

※マリーナに遊びにきてくれた、桑名の山本さん、十三の野村さん、お土産ありがとうございました。

※写真はマリーナの端山さん姉妹に撮ってもらいました。お仕事中、すみません。

愛と悲しみの東京まで、あと半分。

SUGAWARA MASASHI

★『幸運と好意が重なって・・・・』2018年3月1日


今宵は、レギュラー役の出番がなく、夜の仕事が空いたので、月刊『salty!』編集部での作業を杉田氏にお願いして早めに切り上げてもらい、目黒のライブハウス『BLUES ALLEY JAPAN』へ。
『RIE&PARTY MONSTER』の、結成三周年ライブに行く。

発売から10分でソウルド・アウトだったという、ディナー付き(!)プラチナチケットを、わが大沢事務所マネージャーの小熊ちゃんが瞬殺で入手し、大漁企画の奥山と三人、コース料理をタンノウしつつ、Vo 伊藤理枝さんの、キレッキレな(それでいて、可愛い)歌声に、いい歳こいてアゲアゲになり、バンマスの御供信弘くん(Ba)率いるpartymonsterの凄腕プレイに酔い知れた。

奥山と《フォークとナイフ》を使って食事したのは、初めてかも知れない。
00adb656

終演後、例によって御供くんがわざわざ挨拶に来てくれて、さっきまで理枝さんが歌っていたステージで記念写真。

御供くんは、BS 釣りビション『五畳半の狼』にゲスト出演してくれた釣り好きだけど、ベーシストとして、及川光博さんや、レミオロメンの藤巻亮太さんと組んだりする一方、YAMAHAのベース教室の先生だったり、楽曲提供や、劇伴、CM ソングも手掛けるマルチっぷりなので、なかなか釣りに行く時間を捻出できないのが、目下の悩みらしい。


3月どこ行きます?
何狙うんですか?
矢継ぎ早に聞いて来る目は、さっきまでのステージより真剣で笑えた。

そうだ、3月なんだ。

外に出ると、目黒駅前の雑踏。

生暖かい風。

春の雨が、来る。

SUGAWARA MASASHI

     

★海底貯蔵の美酒と、三陸タラ料理の宴 2018年2月28日



『山田二等兵を励ます会』という名目で、先週末、三陸の『喜多丸』で釣ってきたタラをあらゆる料理で突っつきながら、西伊豆町役場の松浦城太郎が町内・田子港に沈めておいた、海底貯蔵の日本酒を飲んでみる会。
00adb656

三陸リアスの海で育まれたタラと、西伊豆の海底で眠っていた酒・・・・・。

大量のタラは、ぽん酢の鍋、しゃぶしゃぶ、昆布締め、フリッターのタルタルソースなど、野郎ども10人がかりで完食。
2f3d1ea7

西伊豆・海底貯蔵の日本酒は、大好評だったものの、異口同音の感想として、フツーに寝かせた同一銘柄の酒と飲み較べたわけではないので、どこが、どのくらい、どのように美味しくなったのか判別不能とのこと。

うーむ。

しかし、フジツボが付着した酒瓶をゴリゴリと開封する瞬間は独特の愉しみがある。

愉快な仲間と飲む酒は、どんな安酒でも美味かろうと、下戸の身でも思う。

後輩山田二等兵は、再び銀座の黒服生活に戻り、資金を貯めつつ、オーディション、舞台出演でチャンスを待つとのこと。

野々村はこの7月に父親になり、世古は春から語学留学するそうだ。
36_large

それぞれの前途に乾杯。

リュウメは、みんなに可愛がられて嬉しそうだった。

深夜、一同が引き上げ、大量の洗いものを片付け、コーヒーを入れてホッとひと息。
ミルクを入れようと冷蔵庫を開けたら、そこに、昨日から仕込んでおいたタラの西京漬けが!

がーん。

出し忘れていた。

SUGAWARA MASASHI

★絶好釣!! 岩手三陸 喜多丸 マダラジギング2018年2月24日〜25日5

『大漁企画』音渕の仕切りで、藤原、佐久間、ボクサァ、世古と共に、岩手三陸『越喜来』へ。

昨夜、23時常磐道、守谷サービスエリアでメンバー合流、そのまま常磐道を北上、仙台〜気仙沼経由で、午前6時半、越喜来湾、崎浜港に到着。
『喜多丸』に乗り込み、沖へ。
首崎の沖側にタラを狙う船団が出来ている。

朝イチの1流し目から、ダブル、トリプル、フォースと、マダラがヒット!
『喜多丸』船長の中島正光アニキの狙いテキメン。
8244_1685589598355507_4007444025319150827_n
今回の幹事、『大漁企画』音渕(通称/音ちゃん)
今回のメンバーで最も遠い御殿場から。

942268_1689140368000430_6150896984753194007_n
大漁企画湘南支部 クロス藤原も幸先良く良型をキャッチ!

04-3
ボクサァと佐久間、ダブルヒット!

6463cfcc_LI (3)
世古(左)、音渕(右)のダブルヒット。
世古は去年、12キロのタラを釣った柳野さんと、まったく同じセッティングのタックルを使い、コニファーも同じ『喜多丸』オリカラ。
10612814_995088700569790_2736912651061090285_n
しかも、イワシを飽食して丸々と太っていて、ファイトは強壮。
000999
初日は、ノーマルシルバーのコニファー(160〜200g)➕ピンクのタコが良く食った。
『喜多丸』オリジナルカラーは、地元三陸町の釣具店『なかじまや』でも扱っている。

1617979_1670981019816365_3979836592104173911_o
ボクサァがあげた11キロが、きょう1番のビッグママ!さすが!!
8594f790-s
↑ボクサアは、こんなナメたキャラものも試していた・・・・。
944081_1665105093737291_7699268553482441748_n
今回は、天候にも釣果にも恵まれて万々歳!
11707306_541597799326905_8142311003873808474_n (2)
小型ながら嬉しいマゾイも連発!!
6463cfcc_LI
午前中だけで、カゴに入り切らなくなってしまった。

午後になって風花が舞い、海上も荒れてきたので、少し早めに沖揚がり。船上でタラを締めて内蔵を出して、クーラーボックスへ。

珍味の胃袋、 奇跡的な白子などは、ジップロックに保管。

88762fdf
アニキ(後方カウンター席)と大船渡へラーメン食べに!
この夜は、民宿『あづま荘』で一泊。


明けて2日目。
午前6時に起床して港へ。
11707306_541597799326905_8142311003873808474_n (2)
この日は、茅ヶ崎から阪本殿下が加わった↓。
12115457_955468194532730_7993928431563550851_n
阪本殿下は昨日の分を挽回すべく釣りまくる。
04-3

942268_1689140368000430_6150896984753194007_n
良い凪ぎと快晴の空、日差しに温もりさえ感じる絶好の釣り日より。
000999
アニキの読みは今日もビンゴ!
944081_1665105093737291_7699268553482441748_n

昨日より難易度は多少上がったものの、つねに誰かしらのロッドが曲がってる状況。
88762fdf

中層でヒットしたのは最初の2尾だけで、あとはすべてボトム付近でのヒットだった。

1936430_1660276104220190_1259231784088378522_n
お約束の、レッツゴー3尾!

6463cfcc_LI (3)
今回の岩手釣行で、1番痩せていた個体。
頭は確実10キロ越えのサイズ。

6463cfcc_LI

8594f790-s

1617979_1670981019816365_3979836592104173911_o
釣り終わって、しばしボーゼンの世古。
10612814_995088700569790_2736912651061090285_n
楽しい時間は夢のように過ぎ去り、帰港して記念撮影!
いやはや、釣った釣った!

お疲れさんでした。
帰路、気仙沼フィッシング協議会の高橋会長と、海鮮料理の店、その名も『鮮』で昼ご飯。


8244_1685589598355507_4007444025319150827_n
フカヒレラーメン。美味しい!

常磐道経由で、愛と哀しみの東京へ帰った。

  
SUGAWARA MASASHI




★アーサー!!2018年2月22日5


アーサー!

谷岡ヤスジか。

6時だ、蒲団からノソノソ這い出て階下のキッチンへ。

リュウメはイビキをかいている。

04-3


左に、ローストハムとチーズ(マヨネーズと黒胡椒)

右に、マシュマロ、バナナ、
ラミーチョコレート

超弱火
片面5分、裏返して5分
計10分。

その間にコーヒーを入れる。

明烏が鳴いている。

三千世界の烏を殺し
ぬしと朝寝がしてみたい・・・・。

きょうは、木曜日。
1日が長いゾ!

★『贋作杏仁豆腐平昌五輪熱烈応援編』2018年2月21日5


奥さん、おはようございます。
(このキャラ、グラハムカーに失礼なのでやめます)

マシュマロで、杏仁豆腐モドキが作れるって、知ってました?

え?

マシュマロが杏仁豆腐に?!

※プリンに、お醤油とワサビを混ぜるとウニになるって、ウソっぱちですからね。あれは、ただの醤油臭いプリンです。

今回は、信用できるmさんが、クックパッドのカンタンなレシピをタイムラインでシェアしていたので、真似してみました。

一昨日、チョコバナナのホットサンドで使った『マシュマロ』の残りが余ってたので。
6463cfcc_LI (3)

これをば、鍋にコロコロっと入れ、少量の水を加えてかき混ぜながら煮立たせること数分。

マシュマロが溶けてトロトロに・・・。

※フシギなことに、この時点でもう、『杏仁豆腐』の香りが!

錯覚?

杏仁豆腐を作るぞ!
と思ってマシュマロを溶かすことで、自己暗示に掛かってるのかも?

8594f790-s
そこへ、150ccほどの牛乳を注ぎ、ひと 煮立ち。

あとは、それっぽい器に入れ、ラップを被せて、冷蔵庫で冷やすこと三時間。

88762fdf
(実際には、昨夜仕込んで寝ちゃったんですけど)。

今朝起きたら、おおお!
944081_1665105093737291_7699268553482441748_n

紛うことなき
杏仁豆腐の出来上がり!

タイミング良く《赤いクコの実》なんかありませんから、真ん中にイチゴジャムを・・・。

04-3
むむぅ?国旗みたいじゃん。

頑張れニッポン!平昌五輪!

SUGAWARA MASASHI

★『深夜の料理ショー』2018年2月20日5

04-3


ホットサンドベーカーに、バナナと、マシュマロと、砕いた板チョコを挟んで焼くと、トロ〜リ美味しい『バナナと、マシュマロと、チョコのホットサンド』が出来るのは、みんな知ってるよね?
 
この板チョコを、冬季限定の『ラミー』にすると、気絶するほど美味いって、知ってた?

え?

気絶してもいいけど、太りたくはない?

しかも、こんな深夜にねぇ・・・。

命知らずの野郎ども!
ダーリンが早死にしてもかまわない奥さん、ぜひ、挑戦してみてね。

美味しく焼くコツは、ホットサンドベーカーから《ワザと少しハミ出させたパンの耳》を、カリカリっと、しかも焦がさないように超弱火で焼くこと。

あ、食パンを挟む前に、バターを1片、ベーカーに乗せるのを忘れないでね。
焦げちゃうよーん。

by グラハムカー

なんちて。

SUGAWARA MASASHI
     

★きょうの秀子2018年2月17日5

MA を終えて外へ出ると、冷たい風がビュービュー吹いて、昼間との気温差にビックリ。

大急ぎで帰宅し、勝った羽生と、負けた羽生のニュースをラジオで聴きながら、温かい味噌ラーメンを作る。

04-3

羽生と羽生

日本語は難しいと言う人がいたけれど、いやいや、中1のとき、動詞の使い分けでムム?となったよね。

haveがhadに・・・。

スガワラか、スガハラかは、皆さんお好みでどーぞ。

ちなみに、味噌ラーメンは、雪印バターを乗せて、七味唐辛子をかけるほうです。

秀子ー!

秀子ー!

6463cfcc_LI


寒波に対する『戦略的互恵関係』。

春までの短い蜜月。

★義理でも嬉しい年頃 2018年2月16日5

年に一度だけ、オレはモテ期なのでは?

と、下駄箱を開けた中2の気分になれる日。
1233563_719707208102516_6259983581415499077_n (2)

2f3d1ea7

36_large

00adb656


『義理』でも嬉しい55歳の春であった。

★直進する人、転進する人 2018年2月15日5

昨夜のこと。
たまたま、収録中の海外ドラマの吹替えの出番がなかったので、後輩の山田二等兵(写真左端)が出演している俳優座養成所の公演を観に行った。

いいかげんな本と、ビックリするほど古くさい演出に辟易とさせられる一方、目下それにすがって将来を切り開くしかない若い役者たちの熱演に同情を禁じ得なかった。

眩しい役者が二人いた。

もったいない。
もったいない。
2f3d1ea7

客席に、ボクサァ(写真 左後方)がいたので、芝居がハネたあと、急遽、新橋の旬菜漁理『市』へ行こうという算段がまとまる。

『市』は、旬の食材を手頃な価格で出す人気店で、新橋という土地柄、ビジネスマンやOLに人気がある。

オーナーの市ノ川さん(写真右下)の気さくな人柄を慕って集まる釣り人も多いのだが、
2月21日(2018年)で惜しまれつつ閉店してしまう。

市ノ川さんは、BS 釣りビジョン『五畳半の狼』にたびたび出演して頂き、旬の釣魚料理の作り方を教えて頂いたり、沖縄や北海道などの遠征釣行でもお世話になった。

閉店の理由と、今後の身の振りを聞いて、市ノ川さんらしい判断と納得。

人生の羅針盤は、男の頭のなかにある。

そう書いたのは誰だったか・・・。

市ノ川さんの転進に乾杯。

山田二等兵の直進に期待。

SUGAWARA MASASHI

 

★梅一輪、一輪ほどの・・・・・2018年2月14日5


2f3d1ea7

午前中の仕事を終えて、一度帰宅すると、玄関先の紅梅のつぼみが膨らんでいた。

36_large
ウッドデッキに出たリュウメが、日なたの匂いを嗅ぎながらうたた寝している。

三階から手下Gの盛大なくしゃみが聞こえる。

春だ。
春なんだな。

★今年も開催!『大漁企画 焼き肉カップ』2018年2月12日5


『大漁企画 焼き肉カップ 2018』

連休のまんなか。
御殿場 東山湖に親しい釣り仲間が集い、毎年恒例の焼き肉カップ。

プロ、アマ、カップル、親子、いじめっこ、いじめられっこ混合の釣り大会。

前夜に降った雨もすっかりあがって、お昼過ぎには富士山も全容を見せ、『建国記念日』に相応しい(?)休日でした。

36_large
風邪、胃腸炎、インフルエンザ等々、急なアクシデントで出られなかった人が多数。
今年は48人で開催することに。


表彰式&親睦会がおこなわれた、御殿場の焼き肉店『韓の食卓』では、

上位10名、飲み食いタダ。

下位5名、恐怖の白飯。

※焼き肉店なのに、下位5名は最後まで肉を口にすることが許されません。

勝者たちの焼くお肉の煙りに燻されながら、白飯を涙の塩で食うという、通称『白飯の刑』・・・。

賞品は参加者有志が持ち寄り提供。
2f3d1ea7

●今年の優勝は、66、8センチのニジマスを釣った
ピュアフィッシングジャパン・立原資朗さん(!)並み居る手練れに大きく水をあけて、優勝!
建国記念日の祝日らしく(?)富士山をバックに記念撮影。
10154949_1431809190400217_6810367740245117371_n
この日に間に合わせるべく突貫工事で描いたニジマスの水彩画は、立原さんの手に!03070e1f (2)
おめでとうございます!

33f87ca7

●2位は、なんと初参加、超ビギナー
金井数江さん
53、5センチ
前日から、みんなのために、美味しいとん汁を仕込んで来てくれたことを、神様は見ていた!
根気よく粘り続けて手にした価千金の1尾に、破顔一笑。

金井さんは、『静岡県タイル煉瓦工事協会』が認定する、県下唯一の『女性1級タイル技能士(!)』
10677_1567182446862890_1631173733103624707_n
↗これは、金井さんが制作中の玄関床。美しい手毬が、ジグソーパズルのように小さなタイルの1片1片で描かれている。
この粘り強い集中力が、最後の最後にデカいニジマスのヒットにつながったのかも。


●3位
名古屋 明康丸キャプテン小川貴司さん51、5センチ
遠路ありがとう!

遠路といえば、岐阜の前田。
新潟魚沼漁協の林隼人くん。

さらに、北海道の森川親分、久美子姐 。

親戚じゃないけど、親戚みたいな菅原弘司さん。

42bbe672
やっち。➡北海道から来たのに『白飯』。

とほほ。

この焼き肉カップが終わると、春も近いなぁと、思うのですが、今年はグズグズと寒いですねぇ。

皆さんお疲れさまでした。

SUGAWARA MASASHI
     


★ベニヤ板の香り 2018年2月10日5


手下Gが、2月22日から国立新美術館で始まる『五美大展』(東京五美術大学連合修了制作展 長っ!)に作品を搬入するための、木箱を作っている。

インパクトドライバーで、コースレッドを打つ音がする

キュン
キュン
キュン

受験期間なので、大学院棟のアトリエが使えないらしい。

キュン
キュン
キュン

安い杉材とベニヤ板の、良い香りがする。

リュウメがつまらなそうに見ている。
04-3

★ 月刊『salty!』イラスト 2018年2月6日5


大阪フィッシングショーから帰り。
新幹線の車内で、チマチマ原稿を書き、きょう、本文に添える水彩のイラストを描き上げて入稿。
04-3

沼津 江浦『伊勝丸』で釣った、駿河湾タチウオ

海のルアー専門誌
月刊『salty!』
2月 16日発売です。

★『フィッシングショー大阪2018』私的総まくり2018年2月3〜4日5

『フィッシングショー大阪2018』

03070e1f (2)
釣りビジョンブースに来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

会場で、ボクかアシスタントの柳野さんから『五畳半の狼』特製ステッカーが貰える今年の大阪での合言葉。
釣りビジョンのモバイルサイトが、1月から改称されたことに伴い、関西の皆さんにも覚えて頂こうという意味も込めて、
0011

『釣りビジョンMORE』でんがな。

33f87ca7
バックヤードでジャッカルの成尾くんと遭遇。
彼がバスフィッシング用品を扱うプロショップの用賀支店に勤めていた当時から数えると、20年以上の付き合いになる。

いまでも乗っているRANGER482VSは、彼がその店の店長だった頃に購入したもので、米RANGER社にオーダーする過程で、ハタチそこそこにもかかわらず仕事の出来る青年だなぁと感心した。
10154949_1431809190400217_6810367740245117371_n
こちら関和学くん。いま担当している五畳半の狼の前身である『週末爆釣計画釣りの素』という番組のレギュラーメンバーだった。

10401963_1567183276862807_803938315386505627_n
菊元さんは、いつも気さくに話しかけてくれる。
ボクは、オンリーワンの菊元さんの釣り方が好きだ。

01475258
同じくエバーグリーン社のブースで、ポセイドンプロスタッフの久保ちゃんと。
フェイスブックでもチョイチョイ絡んでくれる。

13261_1519155341665601_1146706133600953487_n
こんな看板に笑った。大人の迷子は呼び出し不可らしい。


10175019_1432371177010685_3099912591237562335_n
『マイクロフィリップ』という極小ジグの伝道師、布川さん。目黒税務署勤務という異色の前歴。当時はバスフィッシングの北浦師匠だった。
10346111_1445166242397845_6964575597141215674_n
マルキューのキューちゃん。頑張ってました。

10177242_1432371200344016_7137889433370389772_n
SHIMANOの平和くん。磯は駆けずに、インテックスを駆けていた!磯釣り界エキスパートの1人。

10175944_1434329063481563_5244336327968554658_n
同じくSHIMANOインストラクターの堀田さん。第3のNESSA、BBシリーズについて聞こうか・・・・と思ったけれど、お忙しそうだったので、それはまた別の機会に。。。。

10294237_675564329177138_196942975066296480_n
そのSHIMANO炎月シリーズのグリップが一新された。ガングリップのホールド性に革命がもたらされる?かも・・・・。

10389705_1604589419788859_2891576944221523685_n
フィッシュマン代表の赤塚さん。
いまやキャスティングゲームマニアのカリスマ的存在。

40_large
新潟 能生港 彩波の高木船長。大阪にも現る!!

10370817_1449469925300810_8848360397410292522_n
スタジオオーシャンマークの大塚さんと、スロージギングのエキスパート西本さん。
S O Mは大漁企画のシイラ釣り大会に毎年ご協賛頂いている。
大塚さんとは、ちょっと偶然的ご縁もあり。。。

10411424_1502984279949374_4100083452342929991_n
釣りを観光振興に掲げ、ユニークな施策を次々に打ち出している和歌山県串本町が今年もブースを出展。
株式会社串本海中公園センター 元館長の宇井晋介さん(↑写真中央)が、今年もウミガメを連れて来ていた。
フィッシングショーに来た子供たちにも大人気だ。
↓これがメチャ可愛い。
10411937_698096850272658_6848315676397337707_n
人の手に触れられることに耐性があり、さほどストレスに感じないという。
ただし、インテックス大阪は夜間空調が止まり、冷え込むので、海中公園の飼育員の方が、発泡スチロールの箱に入れて丁重にホテルに運んで《一緒に泊まる》のだ。


10289927_1516003018647500_1626061746453848647_n
大漁企画『焼肉カップ』の常連メンバー。魚矢の鈴木コージくんと、メガバスの鈴木慎太郎くん。どっちが兄でどっちが弟だったか、いつも忘れる。
慎太郎くんは浜松から伊豆へヒラスズキに通い込んでいる。

10153033_1593843020863499_7483852428326085387_n
サンライズ田代キャプテンと、マグロゲームの牽引役、ソウルズの佐藤 偉知郎さん。
SFPCでもお世話になっているお二人。

013161
ホテルに戻って来たら、侍ドクターが!!京大医学部 脳外科を経て美容整形の道へ。外見やプロフィールとはまったくウラハラで、謙虚な人柄。
五十路なかばでダンスを始め、釣りと仕事のための体力維持にも余念がない。
同い年にも関わらず、近藤先生には頭が上がらない。
話しているうちにいつも元気を貰える。
1233563_719707208102516_6259983581415499077_n
会場出口には、早くも来年の告知が掲示されていた。

04-3

たくさんのお土産、励ましの言葉、その笑顔、感謝しています!!
この場を借りてお礼申し上げます。

現在、新幹線『のぞみ』は、愛と悲しみの東京に向かって、米原駅を通過中。

ここで飛び降りれば琵琶湖だ!

と、愚にもつかないことを考えながら、次号、『salty!』の原稿を必死で書いております!

スマホで。

え?!

今すか??

★安納下げ芋『黎明』 2018年2月2日5


雨が雪になり、再び雨になって、先週ほどの積雪量ではなくなった。

しかし、降ったばかりの雪を溶かしながら落ちる雨粒は、雪よりも寒々しく感じられる。

朝、ヤマトのお兄さんが、宅配便を届けに来た。

びしょ濡れ。

白い息。

ここに印鑑下さいという、手が震えている。
000999

届いたのは、鹿児島県 種子島産 安納下げ芋『黎明』。

段ボールを開けると、乾いた甘い土の香りがする。

散歩に行けないリュウメが、土の香りを嗅いでいる。
922a29b1

SUGAWARA MASASHI

★菅原玄奨作 等身塑像『 A MAN 』 2018年1月24日5

00122


玄奨が、東京造形大の大学院修了制作に提出した、等身塑像『 A MAN 』 が、『 ZOKEI賞 』を受賞したという。
922a29b1

全学部の教授たちの投票なので、等身塑像が受賞したことに正直言って驚いた。
現代アートの領域に、塑像が立つ場所がまだ残っているらしい。

おめでとう。
卒業に弾みがついたな。

以下は、Facebookのタイムラインに掲載した本人受賞の弁。



【ご報告】

1月20日、21日(2018年)、東京造形大学『ZOKEI展』(卒業制作展)において、拙作『A MAN』が、優秀賞を受賞いたしました。

彫刻専攻の学部時代に、アカデミックな技法を学んだ後、大学院で独自の表現へと具現化させて行く道のりは、決して容易ではありませんでしたが、6年間の集大成として提出した修士制作の人体塑像を、『ZOKEI賞』に選定して頂いたことをとても嬉しく思っています。

自身の創作課題は多く、越えなければならないハードルも高いのですが、ひとまず、美大生という肩書きとはここでお別れです。

大学院卒業後は、ひとりの作家として精力的な制作活動を継続して行こうと思っています。

今後も、皆様のご指導、ご助言を、宜しくお願い致します。

2月22日(2018)から、六本木『国立新美術館』で開催される『五美術大学連合卒業修了制作展』にて、同作が展示されます。

また、2月25日(日)14時から、国立新美術館会場にて、修士制作担当主査の保井智貴教授と、学部4年の川口祥君を交え、ギャラリートークも予定しています(すでに、胃がキリキリしています、、、)

●東京五美術大学連合・修了制作展
国立新美術館

●会期:2018年2月22日(木)〜3月4日 10:00〜18:00

●入場無料 (入場は17:30まで)
※2月27日(火)は休館

〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

もし、お時間がございましたら、是非、足をお運び頂き、忌憚のないご意見をお聞かせ下い。

Photo by Soichiro Ishida.


菅原玄奨

__________________________________________________________

また、
作品の副次的要素として『コカ・コーラ500mlペットボトル』が、不可欠である論考を
飯盛希氏(東京大学教養学部 超域文化科学科)が、自身のブログ『ART−TAG』に掲載している。



http://www.art-it.asia/u/ngmrsk/FGUXIWv3f2pZAbn4L9hC/

★アラン!スコット!バージル! 2018年1月23日5

1月22日(2018)は、午後から雪になった。夜通し降って、公共交通、高速道路などにかなり影響が出ている。

23日は、午後から厚木の実家へ行くつもりだったけれど、13時を過ぎても東名高速通行止めだったため、拙宅前の路地の雪かき。

都心は今夜マイナス2度になるらしく、放置しておくと、凍結必至。

緩い坂道ではあるけれど、界隈はお年寄りも多いので、スッ転んだら大変だ。

とは言え、角スコ1本では限界があり、お隣りの前まで除雪する余力なく、17時に力尽きて、作業終了。

積み上げた雪は、60度の給湯からジェット噴射で溶かし、排水口へ!

雪国の人たちの苦労を、ほんの少し味わった午後。
00122

※途中で折れそうになる心と身体を、「 Thunder bird are Go!」のテーマを聴いて鼓舞した。

こんなときYouTubeは頼りになる!



https://m.youtube.com/watch?v=EIxGKJpGonY&time_continue=65

★『ジャパンフィッシングショー2018』私的総まくり。2018年1月20日〜21日5

10650021_1661768274070973_3847504312892294045_n
若い頃は、マリンタワーと、氷川丸と、港の見える丘公園あたりが横浜を代表するスポットだと思ってたけど、いまや、メインステージは、すっかり、『みなとみらい地区』に移り、帆船日本丸と、このランドマークタワーが、横浜の象徴的存在に・・・・。
12227724_952434304836119_315148561376218011_n
右、『大漁企画』の、音渕、博史。
タイムスみなとみらい第二駐車場(空いてて、そこそこ安い)から、ぶらぶら歩いてパシフィコへ。

12239737_955493917863491_1150219927790261090_n
『JAPAN FISHING SHOW2018」
正面入り口

12308815_1656382084609592_7937932703641752527_n
わが番組最強アシスタント
柳野玲子嬢
30回くらい釣りに誘うと、1、2回は『大漁企画』のオッサンたちに付き合ってくれます。
で、誘ったことを後悔するほど釣りやがります。
ヤローども立つ瀬なし。
38c44d11
会場で『合言葉』を言うと、番組特製ステッカーが貰えるのだが、柳野さんの人気は年々ウナギ登りで、サイン会の整理券は長蛇の列。

毎週木曜日、スタジオで顔を合わせるけれど、テレビで見るより実在のほうがキレイですよ(ボクが言うのもナンですが・・・・)。

12291149_1656381941276273_8858506585341347024_o
先ずは、その柳野さんと、西伊豆町ブースへ。
6463cfcc_LI (3)
観光商工課のエース松浦城太郎(写真中央)。
釣り、観光、食、お土産・・・。
西伊豆のことはお任せ!
12115457_955468194532730_7993928431563550851_n_LI
写真左、夕日の町 西伊豆町の法被(はっぴ)を着てパンフレットを配布してるのは、ボランティアの本村慧介くん!
ボクが高校時代から敬愛する劇作家、清水邦夫が主宰していた、劇団木冬社の出身の俳優。
12244372_956898071056409_7420633401253735391_o
子供たちのニジマス釣り堀りでの、インストラクター。西伊豆町ブースのボランティア。終日、立ちっぱなしの献身。お疲れさんでした。

6463cfcc_LI (3)
京急上大岡で開講した、ボクのいい加減なフィッシング講座を、熱心に聴講してくれた、北里大 水産OBの大井邦彦さん。
西伊豆町のブースを訪ねてくれた。
感謝!
225674_1664263700488097_773117145895466958_n
そして、釣りビジョンのステージ裏。
京都で時代劇の撮影を中抜けして、フィッシングショーのMCをしていた松田くん(左)
いや、フィッシングショーを中抜けして、京都に行ってたのか・・・・・。
どっちだろう?
当意即妙、軽妙洒脱、しかも、長身イケメン。
めちゃナイスガイの『仮面ライダー/龍騎』(ナイト)です。
右は、ご存じ、末川かおりさん。
釣りビジョン、お正月特番でお世話になりました。
才色兼備!
8379_1665105110403956_3554943903205567239_n
左端、クリス 弥七、右ペッシェ岡野
頼りになる(?!)『釣りビジョン』ディレクターたち。

12278777_1655047178098473_4163380969621484915_n
釣りビジョン・スタッフであり、JBトーナメントにも参戦している、ガリバー植田。
トリック写真!
身長190センチ超の植田くんと、177のボクが同じくらいに見える。
彼には色々なニックネームがある。

『育メン・ランドマーク』

『脚立要らず』

『ひとり出初め式』

944081_1665105093737291_7699268553482441748_n
菊元さんが持ってるブッ壊れたギターのネックは、あの『RAINBOW』が、大阪公演のときに使われた・・・・。
まぢすか!!!

000999
新潟から(!)『blueblue』をお手伝いに来ていた斎藤孝大くん。
昨年、魚野川でお世話になりました。
今度は、海で!

11012474_450904981782654_8310997095793031167_n_LI
世界の(!)丸橋英三さんです!
多くは申しません。
キャリア、人柄、ボクたちが尊敬するアングラーです。
ボクが、丸橋さんのお店に、滅多に行かないのは、ボクがいままで愛用していたSWルアーロッドが、ぜんぶ、イクシークのフライロッドに変わってしまうのが怖いからであって、丸橋さんが怖いからではありません!
12208405_955493954530154_4722107880173187496_n
はるばる宮城県からお越しのKAZUCHANご夫妻。 毎年、仙台ルアーフェスタでお世話になっているのだが、今年は仙台開催がないので・・・・。
お土産まで、ありがとうございました。

922a29b1
元、空自パイロットの濱家弘之さん。
現在は、民間機でフライトを続けていらっしゃいます。
安全な航行と、釣行をお祈りしています。
00122
新橋にある旬菜漁理『市』の常連で、北海道や沖縄遠征にも一緒に行っている三好竜也さんと、きひろさん。
三好さんは、いつも粘り強く、最後まで諦めずに釣り続ける。
225674_1664263700488097_773117145895466958_n (2)
和装は武器ですね、オフィスユーカリの石川さん。
『五畳半の狼』ステッカーを、無理矢理お渡し!

10301594_1664263680488099_4862106917823614140_n
ジャッカル 西村嘉高!
もう、知り合って30年以上になる。
バスフィッシングに関しては、高校時代から非凡な才能を発揮していた。
近ごろ、明らかに
『スガワラさん、老けたな・・・ 』
という眼でボクを見る。
西村は、当時とあまり変わってない。
フシギだ。
お茶を飲んでいたからか・・・・。

88762fdf
楽屋でしかお会いできない人!
『 O・S・P 』並木敏成さん。
恐らく、このフィッシングショーで最も忙しいお一人。
ササッとお写真だけ、撮らせて頂きました。
出番直前に、ありがとうございました。

12299254_1656382107942923_6515426953433080256_n
『テイルウオーク』のブースで、北村秀行さん。
いつまでも、ボクたちの先頭を泳いで下さいね!
もう、マグロなのか、人なのか区別がつきません!

12308171_1656382124609588_2927606353924904633_o
左から、『salty!』の連載でお馴染みの、ナカチャーンこと、中村宗彦さん。
右側、北村さん。
右端、旧友の松本利明くん。
10636647_1670975919816875_3874325461851990610_o
まっすぐ帰れますように・・・・。
御札かよ。

1936430_1660276104220190_1259231784088378522_n
『WOODREAM』
なんと、あのペンシルに、新色が!
ビッグシーバス必釣!

1928879_1692151757699291_1581385770160249816_n
ポカスカジャンの、ショーゴさん。
また『五畳半の狼』に出演して下さいね

12233023_920383178040771_2061897548_n
昔々、広島での取材で、チヌ(クロダイ)の釣り方をレクチャーしてくれた嶋田仁正さんと、ご存じ宮本英彦さん。

10401374_1660390804208720_4457462929586824743_n
世界最大のカスタムカーの祭典「東京オートサロン」にも連続出展している、『N's STAGE 』代表の矢羽々博征さん。
ジムニーの新車販売登録台数14年連続No.1。
釣り仕様『ハスラー』の、カスタムモデル製作、パーツの開発、販売、アフターサービスなど、トータルに展開。釣りビジョンの『ギアステーション』にも出演していた。
遊びの車のプロフェッショナルです。

8594f790-s
出口で『SHIMANO』山木一人くんと遭遇。
今年も頑張ろう、東山湖、『焼肉カップ』

11707306_541597799326905_8142311003873808474_n (3)
釣りビジョン、ステージ裏の楽屋弁当。
この後、不吉なことに、割り箸がバキバキに折れた。
ロッドが折れるよりいいけど・・・・。
12115457_955468194532730_7993928431563550851_n
お赤飯は。柳野さんの大好物だ。


8573a2c3
ボクたち『大漁企画』の面々が、いつもお世話になっている。
左、岩手三陸『喜多丸』中嶋船長。
右、新潟上越『彩波 』高木船長。
日本海側と太平洋側のキャプテン2人。
いちど引き合わせたかったご両人。

1454572_1665650307016103_6567600055560730960_n
お客さんに、アシストフックの作り方をレクチャー中の西本さん。
ボクは西本さんに会うと、どういうわけか、いつも、《肝心なことを聞きそびれて》しまう。

1617979_1670981019816365_3979836592104173911_o
XESTA 深澤 信行さん。お久しぶりでした

995340_1690240927890374_8269609286150056062_n
職業鱸釣り師、小沼正弥さん!

12308268_1655496228031511_2224969029703905600_n_LI
しばし、休憩
小野、お菓子食べてるとこは撮らなくていいだろ。
サボってるみたいじゃないか。
サボってるか・・・・。

11251730_953581914721358_3116071200252273910_n (2)_LI
『マルキュー』の中村さん!
移動中に捕まえました!
ラッキー!
1937217_1664263660488101_3190911244039014557_n
その、マルキューのマスコットキャラクター『九ちゃん』、今年もフィッシングショーの人気者!

12241331_956898064389743_5803561858691031808_n
ヘアスタイルが変わって別人みたいに爽やかになった折本ちゃん。
でも、軽さは変わらず。
また『五畳半の狼』に来てね。



台本読まなくても怒らないから。
12240987_956898024389747_3773212410502322674_o
行かなきゃなぁ、パラオ。
ね、エリック。


10177345_1666163570298110_7576903238314888073_n
『blueblue』の村岡さん発見!

996770_1665537830360684_5090428595141669610_n
鈴木コージくん!
お薦めのLINEは、この8本撚り!


1914493_1663827967198337_4829315216049556505_n_LI
ハンター塩津こと塩津紀彦さん(写真中央)と、『ピュアフィッシングジャパン』の立原資朗さん(右側)。
こんどのGULPは、凄いらしい・・・。
立原さんは、大漁企画の焼肉カップにエントリー(!)している。
本気らしい・・・。

8244_1685589598355507_4007444025319150827_n
『大漁企画』が西伊豆町で開催しているシイラ釣り大会で、毎年手厚く協賛を頂いている、『studiooceanmark』大塚さん(右)、お手伝いをしていたテスターの佐野 ヒロムさん(左)。

942268_1689140368000430_6150896984753194007_n
創意と工夫の人!
『スカジットデザインズ』皆川哲さん!
ボクが某FM局で、週末の朝、アウトドア情報番組をやっていた当時からのお付きあい。

6894_1663383983909402_8630969708212158166_n
ステージ裏、楽屋口。
『スガワラさん、女性陣の真ん中へ!』と言われたけど、いくらオッサンでも、そこまでズーズーしくなれませぬ。

11707306_541597799326905_8142311003873808474_n (2)
『フィッシングショー2018』も、いよいよ大詰め。
釣りビジョン恒例、じゃんけん大会によるプレゼント争奪戦。
大盛り上がり。
プレゼントがなくなっても、残って見学して下さったお客さんに感謝致します。

そんなこんなで・・・・。

6463cfcc_LI
会場の空気がカラッカラに乾燥してるので、さすがに声がイカレ気味。翌日も早いので、『響声破笛丸』を一服注入。

★『ジャパンフィッシングショー2018』のお知らせ2018年1月18日5

釣りファンの皆さんは、お待ちかね!

明日(2018年1月19日)から始まるみなとみらいパシフィコ横浜の『ジャパンフィッシングショー2018』を皮切りに、国内各地で、釣り具の見本市が開かれる季節がやって来ました。

各社の新製品に触れ、プロアングラーのデモンストレーションや、セミナーにも耳を傾けられるチャンス!

ボクは、20日の午後に会場内を見学し、21日は、例年通り、BS 釣りビションのステージに出ます。

例によって、視聴者の皆さんに、日頃の感謝を込めて、BS 釣りビション特製グッズのプレゼントもアリ(?!)

アシスタントの柳野玲子さんのサイン会(整理券情報)等々のスケジュールは、BS 釣りビションホームぺージでご確認下さい。

また、会場内でボクか柳野さんから、漏れなく、番組特性ステッカーが貰える、《合い言葉》などの発表は、今夜(1月18日)21時から生放送、『五畳半の狼』でチェックして下さい。

そして耳寄りな情報を、もうひとつ。

今年も、遊漁➕観光を、地域振興の目玉に掲げる、静岡県・西伊豆町が、ブースを出展しています。

○プレゼントが貰える釣り人アンケート(好評につき、今年は大幅に増刷!?)

○西伊豆町の遊漁船の1000円割り引き(!)優待券付きパンフレットの配布。➡パンフレット貰うだけで、乗船料1000円割り引きって凄くないですか?

○『ふるさと納税』当日受付プレゼントなどなど、釣りファンの皆さんへのメリット盛り沢山!
6463cfcc_LI (3)

このブース規模は小さめ、メリットはデカめ。
まだ、西伊豆で釣りをしたことがない方はもちろん、ロックフィッシュ、キャスティング、ジギング、磯釣り、エギング、ヒラスズキ、陸っぱりからオフショアまで、多種多彩な釣りが楽しめる西伊豆町のブースへ、是非、足をお運び下さい。

西伊豆町役場・観光商工課
松浦城太郎(東海大 海洋学部卒 大漁企画)と、同町役場スタッフが、町内の釣り、観光、食、宿、お土産・・・・。皆さんのあらゆる疑問にお答えします!

松浦城太郎が持っているのは、釣り人にも大好評の、『西伊豆町カレンダー』
6463cfcc_LI

太平洋沿岸でありながら、《海に沈む夕日》が見られる稀有な立地の西伊豆は、美しい夕日のビュースポットとして、写真マニアにはよく知られた町。

このカレンダーは、同町が主催する、『夕日の町ふるさとフォトコンテスト』の、前年度の入賞作を編み込んだもの。

ボクも毎年使っています。
出展ブースは、A−307

宜しくお願い致します。

SUGAWARA MASASHI

★大きなノッポの。。。。2018年1月17日5


...

実家の居間にある、古い手巻き式の柱時計がイカれた。

朝の4時に12回も鳴ったり、深夜の11時に3回しか鳴らなかったりする。

老いた母が
『アタシより先に、時計がボケたわ』
と言って笑う。

『修理してきてよ。不便だから・・・』

たんに不便だからではあるまい。

この時計に眼をやりながら、父と過ごした日々が愛しいのだろう。

柱から外すと、母はどこから出して来たのか、もはやコントでも使わないような唐草模様の風呂敷(!)を出して時計を包んだ。

(東京ぼん太かよ・・・)

時計屋に持って行くと、内部の歯車が劣化していて、メーカーには部品がないという。

は?

何を言うか、このオヤジ。

ヒトの細胞から臓器が作り出せる時代に、大きなノッポの古時計ひとつ直せない?!

86の独り身の婆さんが、死んだ亭主を偲んで見上げる柱時計・・・。

何としてでも治さねば。
6463cfcc_LI (2)
プロフィール

釣竿と一緒に人生を...

月別アーカイブ
記事検索
QRコード
QRコード
livedoor 天気
メッセージ
  • ライブドアブログ