北朝鮮は「完全な核放棄しない」、元駐英副大使の脱北者指摘


2018年5月14日 22:52 発信地:ソウル/韓国

北朝鮮は「完全な核放棄しない」、元駐英副大使の脱北者指摘
韓国の首都ソウルにある書店に陳列された太永浩氏の回顧録(2018年5月14日撮影)。(c)AFP PHOTO

【5月14日 AFP】歴史的な米朝首脳会談を来月に控える中、かつて北朝鮮の駐英国副大使を務めた脱北者の太永浩(テ・ヨンホ、Thae Yong-Ho)氏が、北朝鮮は核兵器を完全に放棄することは決してないと指摘した。

 2016年8月に亡命した太氏は、現在の目まぐるしい外交交渉が「誠実で完全な非核化」ではなく、「北朝鮮による核の脅威の縮小」に終わると指摘。

 太氏は韓国通信社ニューシス(Newsis)に対し、「結局、北朝鮮は『非核保有国』と銘打って原子力を保持し続けるだろう」と述べた。

 米政府は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求め、その検証がカギとなると強調してきた一方で、北朝鮮政府は、体制の安全が保証されるならば核兵器は必要ないとしている。

 しかし、近年脱北した最高位クラスの高官である太氏は、「北朝鮮は非核化のプロセスが同国の崩壊につながると主張し、CVIDに反対するだろう」と指摘。

 太氏は続けて、同国は金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の「絶対的権力」とその世襲による継承の形を確保しようとしており、押し付けられた査察は「北朝鮮の一般市民とエリートらの前で金正恩の絶対的権力を崩壊させるプロセス」であるとみて、これに反対するだろうと述べた。

 先月開催された党中央委総会では、金氏が自国の核開発の完了を宣言し、核兵器やミサイルの実験中止を約束した。一方で金氏は、核兵器保有は「平和を守るための強力な宝剣」であると表現してきた。

 太氏は「核兵器は『平和を守るための宝剣』であり、将来の確固たる保証であると金正恩自ら述べた直後に、核兵器を手放すだろうか?」と指摘した。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3174527

【コメント】
最近、脱北した最高位の元英国公使のの太永浩氏の
分析ですがなかなか興味深いです。アメリカの
北朝鮮に求める完全な核放棄のプロセスが非常に
難しいと言うか北朝鮮にその気がないと分析
しています。ー