12 octobre 2019

迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす

「トランプ氏意向で解任」=前駐ウクライナ大使明かす−米疑惑

IMG_7407

11日、下院で非公開の証言後、ワシントンの米議会を出るヨバノビッチ前駐ウクライナ米大使(AFP時事)

11日、下院で非公開の証言後、ワシントンの米議会を出るヨバノビッチ前駐ウクライナ米大使(AFP時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領のウクライナ疑惑をめぐる下院の弾劾調査で、今年5月に突如解任されたヨバノビッチ前駐ウクライナ米大使が11日、非公開の宣誓証言に立った。米メディアが報じた陳述書によると、前大使は解任がトランプ氏の意向だったと明らかにした。

【地球コラム】潮目変わった? トランプ政権最大の危機「ウクライナ疑惑」の行方

 陳述によると、ヨバノビッチ氏は、来年まで任期があったにもかかわらず4月後半に突如帰国を言い渡された。上司のサリバン国務副長官に理由を尋ねると「大統領はあなたを信用しておらず、大使を続けることを望んでいない」と伝えられた。「あなたは悪くない」とも言われたという。
 ヨバノビッチ氏は、トランプ氏が7月のゼレンスキー・ウクライナ大統領との電話で「彼女は(ウクライナにとって)悪いニュースだった」と言及した人物。バイデン前副大統領に関するウクライナ側の調査を邪魔しているとして、トランプ氏の側近ジュリアーニ弁護士の怒りを買っていたとされる。


【コメント】
このブログでも取り上げている。トランプ大統領のウクライナゲート問題を
取り上げていますがトランプ大統領によって解任された前ウクライナ大使が
議会証言が行われています。また一歩弾劾手続きが近づいた様子を受けます。



taisa1978 at 13:51│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード