トルコ側部隊「民間人19人処刑」=シリアで子供、女性政治家ら−人権監視団

IMG_7403

 【イスタンブール時事】9日にシリア北部で始まったトルコ軍によるクルド人勢力に対する越境軍事作戦で、在英のシリア人権監視団は13日、「トルコ側の部隊が子供や女性政治家を含む民間人19人を処刑した」と発表した。事実ならトルコに対する国際世論が硬化するのは必至で、米国が先に警告した対トルコ経済制裁発動につながる可能性もある。

IS大量脱獄に懸念=トルコ攻勢で管理不能の恐れ−シリア北部

 人権監視団によると、シリア北部テルアビヤドの南方で「銃殺刑」が行われた。テルアビヤド一帯では、トルコ軍の支援を受けるシリア反体制派が地上作戦に従事している。これにより、9日以降のシリア領内での民間人の死者数は52人に達したという。
 反体制派はロイター通信に対し、殺害の一部について関与を否定した。米国務省当局者は「処刑」の情報に関し、「いかなる虐待、司法の枠を超えた処刑についても最大限非難する」とコメントし、状況の把握に努める考えを示した。


民間人「処刑」トルコに責任も=シリア北部作戦−国連人権事務所

 【イスタンブール時事】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は15日、声明を出し、トルコ軍の影響下にあるシリア反体制派の部隊が、シリア北部での軍事作戦の中で民間人を処刑したとされる問題で「トルコに責任があると考えられるかもしれない」と表明した。
 在英のシリア人権監視団はこれより先、トルコ側の部隊が「女性政治家や子供を含む民間人19人を処刑した」と発表。殺害の様子の一部を撮影したとみられる動画がインターネット上に投稿された。
 OHCHRの報道官は、この映像について「戦闘員が拘束した3人のクルド人を処刑する様子のように見える」と指摘。これとは別に、女性政治家の殺害に関する情報も得ており、「戦争犯罪に相当する可能性がある」という認識を示した。


【コメント】
トルコ軍のシリアへの軍事侵攻を受けて占領地で民間人への
大量処刑が行われた模様で国際社会から激しい批判が出ています。
戦争で犠牲になるのは民間人です。非常に悲しい事実です。
国際的な裁きが必要な状況になっていると思います。