北朝鮮の金平一駐チェコ大使、31年間の「海外島流し」終了…韓国国家情報院「近いうち交代されて帰国」

IMG_7473


北朝鮮の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の異母弟であり、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の叔父である金平一(キム・ピョンイル)駐チェコ北朝鮮大使が30年間続いた事実上の「島流し生活」を終了する。

国家情報院は4日、国会情報委員会国政監査で「金平一大使が近い将来交代されて帰国するものと見られる」と報告したと情報委野党幹事である自由韓国党のイ・ウンジェ議員がブリーフィングで明らかにした。

金平一氏は金日成(キム・イルソン)主席と金主席の2番目の夫人、金聖愛(キム・ソンエ)氏の間で生まれた。金大使の姉であるキム・ギョンジン氏の夫であるキム・グァンソプ駐オーストリア北朝鮮大使もともに帰国する可能性があるというのが国家情報院の説明だ。金大使は金日成主席に似た容貌と合理的な性格で金日成主席を継承する有力候補とされてきたが、金正日総書記との権力争いで押され、金正日総書記によって「白頭(ペウトゥ)血統」の小枝に分類されて海外を転々とした。1988年ハンガリー大使に赴任した後、ブルガリア・フィンランド・ポーランド大使を経て2015年チェコ大使になった。金正恩委員長の叔母の夫、張成沢(チャン・ソンテク)氏が処刑されて異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏が2017年マレーシアで暗殺された後、次の標的になり得るという見方もあった。その後、欧州内脱北者団体が金平一氏を首班とする亡命政府をたてるという発表をしたこともあり、彼の帰国の背景が注目される。

徐薫(ソ・フン)国家情報院長はこの日、国政監査で「米朝実務会談が11月中、あるいは遅くとも12月初めに開催されるものと予想される」と話した。ただし、米朝首脳会談の時期をめぐって国会情報委員会の与野党幹事は「金正恩委員長が12月、米朝首脳会談を決めておいたと国家情報院が把握している」と伝えたのに比べ、イ・ヘフン情報委員長は「年内米朝首脳会談は北朝鮮の目標という合理的な推測であり、『(時限をその時に)決めておいた』というのは全く違うと徐院長が一線を画した」とした。

与野党幹事であるキム・ミンギ議員(共に民主党)・イ・ウンジェ議員(韓国党)によると、徐院長は「10月5日、ストックホルム実務接触で(米朝が)相互の立場を確認しただけに、再会して本格的に協議する時期になったうえに金委員長が米朝交渉の時限を今年末までと提案した」として「本格的な(実務交渉)折り合いのために遅くとも12月初めまでは会うものと考える」と報告した。金正恩委員長が米朝首脳会談の前に中国を訪問した前例から見て「年内訪中の可能性もある」とも明らかにしたという。キム・ミンギ議員は「国家情報院は金委員長が12月米朝首脳会談を決めたと把握しており、その前提が有効であれば11月に(米朝実務交渉を)行うだろうし、その時にしなければ12月には必ず行うということを推測したもの」と話した。

一方、国家情報院は北朝鮮が先月2日、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)付近で試験発射した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」に関連しては「『北極星2』に比べて飛行性能と弾頭搭載能力が向上した。今後新型潜水艦を進水すれば試験発射の可能性があって注目中」と報告した。先月31日に発射した「超大型放射砲」に関連しては「8月24日と9月10日に発射した発射体と同じもので、連発射撃能力試験に焦点を当てたもの」と報告した。


【コメント】
以前から故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である
金平一駐チェコ北朝鮮大使には大きな関心を持っています。開明派であると
脱北者等から話を聞いています。金正日総書記から警戒されて暗殺の危機も
あった噂があります。自由北朝鮮の関係もあり、今後も同行が気になります。