香港 抗議活動で初の死者 警察の強制排除中に転落の大学生

IMG_7497


抗議活動が続く香港で、今月4日に行われた抗議活動に参加していたと見られる男子大学生が警察の強制排除の最中に建物から転落して重体となっていましたが、香港政府によりますと8日午前、死亡したということです。一連の抗議活動で死者が出たのは初めてで、政府や警察に対する市民の反発がさらに強まることが予想されます。

香港政府や地元メディアによりますと、死亡したのは香港の大学に通う22歳の男子大学生で今月4日未明、香港の九龍半島側の住宅街で駐車場の3階部分で倒れているのが見つかり、病院に搬送されて手当てを受けていましたが、意識のない状態が続いていました。

現場では当時、警察の取り締まりの際の暴力に抗議しようと大勢の市民が集まり、周辺の道路を封鎖したり、駐車場の上層階からものを投げたりしていて、警察が催涙弾を使って強制排除を行っていました。

男子大学生が倒れていた詳しい状況はわかっていませんが、当時、抗議活動に参加していたと見られています。

警察は「4階部分から誤って転落した可能性がある」と説明していました。

一連の抗議活動で死者が出たことで、政府や警察に対する香港市民の反発は、さらに強まることが予想されます。


【コメント】
速報ニュースです。香港の抗議活動で初の死者が発生しました。
詳しい状況は分かりませんが転落死と思われます。
香港抗議活動も新たな局面に来たと思います。