残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

décembre 2009

国境なき記者団よりリリースをもらいました

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!

Reporters Without Borders / Reporters sans frontières

Round-Up 2009

30 December 2009

Press freedom in 2009

    76    journalists killed (60 in 2008)
    33    journalists kidnapped
  573    journalists arrested
1456    physically assaulted
  570    media censored
  157    journalists fled their countries
      1    blogger died in prison  
  151    bloggers and cyber-dissidents arrested
    61    physically assaulted
    60    countries affected by online censorship


Wars and disputed elections: The most dangerous stories for journalists

Two appalling events marked 2009: one was the largest ever massacre of journalists in a single day – a total of 30 killed – by the private militia of a governor in the southern Philippines and the other was an unprecedented wave of arrests and convictions of journalists and bloggers in Iran following President Mahmoud Ahmadinejad’s disputed reelection.
 
A total of around 160 journalists in all continents were forced to go into exile to escape prison or death, often in very dangerous circumstances. The Iranian press photographers crossing the Turkish border to escape arrest or the Somali radio journalists fleeing to neighbouring countries to avoid certain death had all reported essential news and information that some people would go to any lengths to suppress.
 
Wars and elections constituted the chief threat to journalists in 2009. It is becoming more and more risky to cover wars as journalists themselves are being targeted and face the possibility of being murdered or kidnapped. But it can turn out to be just as dangerous to do your job as a reporter at election time and can lead directly to prison or hospital. Violence before and after elections was particularly prevalent in 2009 in countries with poor democratic credentials.
 
No one should be surprised that, as bloggers and websites continue to flourish, censorship and repression have surged proportionately. There is almost no country nowadays that has entirely escaped this phenomenon. As soon as the Internet or new media (social networking, mobile phones etc) start to play a leading role in the spread of news and information, a serious clampdown follows. Bloggers are now watched as closely as journalists from the traditional media.
 
Our major concern in 2009 has been the mass exodus of journalists from repressive countries such as Iran and Sri Lanka. The authorities in these countries have understood that by pushing journalists into exile, they can drastically reduce pluralism of ideas and the amount of criticism they attract. “This is a dangerous tendency and it must be very strongly condemned,” Reporters Without Borders secretary-general Jean-François Julliard said as this review of 2009 was released.
 
Number of journalists killed up by 26 per cent
 
Almost every journalist killed in 2009 died in their own country. The exception was Franco-Spanish documentary film-maker Christian Poveda, who was murdered in El Salvador. “Less known to international public opinion than the foreign correspondents, it is these local journalists who pay the highest price every year to guarantee our right to be informed about wars, corruption or the destruction of the environment,” Julliard said.
 
The year began very badly with the Israeli military offensive in the Gaza Strip. As well as refusing to allow foreign media into this territory, the Israeli government carried out military strikes against buildings housing media, in violation of international humanitarian law. Two reporters were killed in these attacks. Journalists and human rights defenders in the Russian Caucasus went through a terrifying year. The witnesses to the dirty war waged by Moscow and its local allies to be “eliminated” with complete impunity included Natalia Estemirova in Chechnya and Malik Akhmedilov in Dagestan.
Radical Islamist groups caused the death of at least 15 journalists worldwide. Nine reporters were killed in Somalia, where the Al-Shabaab militia carried out constant targeted killings and suicide attacks. Four of these journalists worked for Radio Shabelle, which does its best to provide news amidst the surrounding chaos. Reporters in Pakistan have increasingly been targeted by the Taliban in the northwest of the country. 
 
Kidnappings have also continued to rise. Most cases are concentrated in Afghanistan, Mexico and Somalia. New York Times journalist David Rohde and his fixer managed to escape from the Taliban but Afghan reporter Sultan Munadi was killed in the military operation launched to rescue him.
 
“Three years have passed since the UN Security Council adopted Resolution 1738 on the protection of journalists in conflict zones but governments still seem incapable of protecting reporters,” Reporters Without Borders said.

Other forms of violence, physical assaults and threats have gone up by a third (from 929 cases in 2008 to 1,456 in 2009). Journalists are most at risk in the Americas (501 cases), particularly when they expose drug-trafficking or local potentates. Asia comes next with 364 cases of this kind, chiefly in Pakistan, Sri Lanka and Nepal. The number of censored media is escalating alarmingly with nearly 570 cases of newspapers, radio or TV stations banned from putting out news or forced to close. This happened to a satirical magazine in Malaysia, a score of reformist newspapers in Iran, Radio France Internationale in the Democratic Republic of the Congo and the BBC World Service in Rwanda.
 
The number of journalists arrested fell slightly (from 673 in 2008 to 573 in 2009) above all because there were fewer cases in Asia. The largest number of cases was in the Middle East.

Election violence
 
The 30 journalists killed in the Mindanao Island bloodbath in Philippines had been covering an attempt by a local governor’s opponent to run as a candidate for regional elections in 2010. Tunisian journalist Taoufik Ben Brik was imprisoned in the days following President Ben Ali’s reelection, while his colleague, Slim Boukhdhir, was brutally assaulted. Several journalists were attacked and others received death threats in Gabon following President Ali Bongo’s reelection. Around six media were also temporarily shut down for reporting on the post-election violence and criticising members of the new government. Protests about President Mahmoud Ahmadinejad’s controversial reelection in Iran prompted a horrifying wave of repression against the media.

Pluralist elections that should be a symbol of democracy and free expression can turn into a nightmare for journalists. State media are too often prevented from giving fair and balanced coverage of all the candidates’ campaigns. Such was the case during the contentious Afghan elections and the travesty of an election in Equatorial Guinea. The most committed journalists can be exposed to reprisals from a rival camp. Media access is not always properly observed, as evidenced in provincial polling in the Tamil areas of Sri Lanka.

The most serious problems arise when results are announced. Overwhelmed by an opposition movement that was relayed online and in the reformist press, Ahmadinejad’s supporters launched an ultra-violent crackdown on hundreds of journalists and bloggers, accusing them of being spies in the pay of foreigners or bent on destabilising the country.

The courage shown by journalists this year before and after elections earned them periods in custody, mistreatment and prison sentences that were in some cases extremely harsh. These post-election crackdowns should stimulate the international community to seek better ways of protecting the press after rigged election results are announced.   

“This wave of violence bodes ill for 2010, when crucial elections are scheduled in Côte d’Ivoire, Sri Lanka, Burma, Iraq and the Palestinian Territories” said Reporters Without Borders, which often carries out media monitoring during election campaigns.

More than 100 bloggers and cyber-dissidents imprisoned
 
For the first time since the Internet’s emergence, Reporters Without Borders is aware of more than 100 bloggers and cyber-dissidents being imprisoned worldwide for posting their opinions online. This figure is indicative above all of the scale of the crackdown being carried out in around ten countries. Several countries have turned online expression into a criminal offence, dashing hopes of a censorship-free Internet.
The Internet has been the driving force for pro-democracy campaigns in Iran, China and elsewhere. It is above all for this reason that authoritarian governments have shown themselves so determined to severely punish Internet users. This is the case with two Azerbaijani bloggers, who were sentenced to two years in prison for making a film mocking the political elite. 

Although China continued to be the leading Internet censor in 2009, Iran, Tunisia, Thailand, Saudi Arabia, Vietnam and Uzbekistan have also resorted to frequent blocking of websites and blogs and surveillance of online expression. The Turkmen Internet remains under total state control.
This year, bloggers and ordinary citizens expressing themselves online have been assaulted, threatened or arrested as the popularity of social-networking and interactive websites has soared. Egyptian blogger Kareem Amer is still in jail, while the famous Burmese comedian Zarganar still has 34 years of his prison sentence to serve. The approximately 120 victims of Internet policing also include such leading figures in the defence of online free expression as China’s Hu Jia and Liu Xiaobo and Vietnam’s Nguyen Trung and Dieu Cay.

The financial crisis has joined the list of subjects likely to provoke censorship, particularly online. In South Korea, a blogger was wrongfully detained for commenting on the country’s disastrous economic situation. Around six netizens in Thailand were arrested or harassed just for making a connection between the king’s health and a fall in the Bangkok stock exchange. Censorship was slapped on the media in Dubai when it came for them to report on the country’s debt repayment problems.

Democratic countries have not lagged far behind. Several European countries are working on new steps to control the Internet in the name of the battle against child porn and illegal downloads. Australia has said it will set up a compulsory filtering system that poses a threat to freedom of expression. Turkey’s courts have increased the number of websites, including YouTube, that are blocked for criticising the republic’s founder, Mustafa Kemal Ataturk.

“The number of countries affected by online censorship has doubled from one year to the next – a   disturbing tendency that shows an increase in control over new media as millions of netizens get active online,” said Lucie Morillon, head of the Internet and Freedoms Desk. “That is why Reporters Without Borders will launch a new campaign against the Enemies of the Internet on 12 March.”

Media on trial
 
At least 167 journalists are in prison around the world at the end of 2009. One would need to go back to the 1990s to find so many of them in jail. Although the UN special rapporteur on freedom of expression keeps reiterating that imprisonment is a disproportionate punishment for press offences, many governments keep laws that allow them to jail journalists, and continue to abuse these laws. The sentences given to journalists in Cuba, China, Sri Lanka and Iran are as harsh as those imposed for terrorism or violent crime. 

Imprisonment and brutality are too often the only way authorities react to journalists.  At least one journalist is assaulted or arrested every day in the Middle East. More than 60 journalists were physically attacked or arrested in Iraq in 2009. In the Palestinian Territories, more than 50 journalists were detained by Hamas in the Gaza Strip and by Fatah in the West Bank.

Africa and Asia were neck and neck in the numbers of journalists detained. More than 10 journalists were arrested in 2009 in Niger, Gambia and Somalia, while Eritrea maintained its dubious distinction of jailing the most journalists in Africa, with 32 of them behind bars. In Asia, arrests are thankfully down, but the Chinese and Pakistani security forces continue to arrest foreign or local journalists when they crossed the “red lines” they are supposed to observe. 

The 28 June coup in Honduras, which was backed by the conservative press, resulted in the persecution of journalists suspected of sympathizing with the ousted president, Manuel Zelaya, and the suspension or permanent closure of their media. Finally, Cuba drew attention to itself again this year with at least 24 arrests and two new long jail sentences, bringing to 25 the number of journalists in prison.

When the powerful are not arresting journalists, they are harassing them by constantly dragging them before the courts. One editor in Algeria, Omar Belhouchet, was summoned before judges 15 times in 2009. The opposition press in Turkey and Morocco have been bombarded with law suits, which almost always lead to convictions or closures because the courts are more inclined to favour the plaintiff than the media.

Choosing exile to stay Alive

For the first time, the Reporters Without Borders annual roundup includes figures for journalists who have been forced to leave their countries because of threats to their lives or liberty. A total of 157 journalists went into exile in the past year, often in very harsh conditions. Among the countries where the exodus of journalists and bloggers was particularly dramatic were Iran, with more than 50 fleeing, and Sri Lanka, with 29. In Africa, some 50 journalists fled the chaos in Somalia while scores of Eritreans sought refuge abroad for fear of being targeted for reprisals by the continent’s worst dictatorship. Journalists also fled Guinea, Afghanistan, Pakistan, Mexico, Colombia and Ethiopia. 

This new measure is an indication of the level of fear that exists within the media in some countries. Journalists encounter many hazards as they go into exile and seek an uncertain future. Some wait months, even years, to get protection and possible resettlement.

Vincent Brossel
Asia-Pacific Desk
Reporters Without Borders
33 1 44 83 84 70
asia@rsf.org

一昨日、パリに本部を国際人権団体の国境なき記者団より
2009年に世界で報道活動に関連して殺害や被害にあった
記者の統計の発表のリリースが送られてきました。
2009年に世界で報道活動に関連して殺害されたジャーナリスト
は前年より16人多い76人だったと発表した。拘束されたのは573人、
誘拐されたのは33人だったそうです。
イランの大統領選挙やスリランカでの内戦や
アフガニスタンでも記者の拘束が相次いだそうです。
さらに近年、問題になっているネットなどの検閲が強化され、
ネット検閲を実施した国の数は前年の37から60に急増したそうです。

年の瀬ですね

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!

013073765008509年、記者76人が死亡 国境なき記者団の発表

 【ブリュッセル共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は30日、2009年に世界で報道活動に関連して殺害されたジャーナリストは前年より16人多い76人だったと発表した。拘束されたのは573人、誘拐されたのは33人としている。

 特筆すべき例として、フィリピン南部ミンダナオ島のマギンダナオ州で報道陣約30人が殺された事件、イラン大統領選挙後のジャーナリストの大量逮捕を挙げた。また、アフガニスタンなどの戦争と選挙取材がジャーナリストにとり最大の脅威となったと分析した。

 暴行を受けたり、脅迫されたジャーナリストは1456人(前年は929人)、世界で少なくとも167人のジャーナリストが投獄されている。

 情報伝達でインターネットや携帯電話の役割が高まった結果、ネットなどの検閲が強化され、ネット検閲を実施した国の数は前年の37から60に急増。ブログ執筆者などネット上で権力批判をした151人が拘束されたという。

2009/12/30 21:34   【共同通信]

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009123001000539.html


年明けの動くかもしれません

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!
091229031_188x141北, 無断入国したロバート・パク氏抑留を公式に確認

米女性記者の時は抑留の4日後に発表…米 "追加の情報を収集中"
梁貞兒記者
[2009-12-29 14:56 ]  
北朝鮮が25日に中国から豆満江を渡り、無断で北朝鮮に入国した韓国系アメリカ人宣教師、ロバート・パク(韓国名パク・ドンフン・28)さんを抑留した事実を公式に確認した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、「12月24日にアメリカ人が1人、朝中国境地域を通じて不法に入国して抑留され、現在該当機関が調査している」と明らかにした。

通信は抑留している米国人の名前など、具体的な身元には言及しなかった。さらに、パクさんが中国から豆満江を渡って北朝鮮に入って行った日時についても、当初言われていた25日ではなく24日だと報道した。

北朝鮮政府は3月に、中朝国境を取材していたアメリカのカレントテレビの女性記者を2人抑留した時も、事件発生の4日後に発表している。

当時、北朝鮮が異例に抑留について発表したため、女性記者の早期釈放を意味しているという主張も出たが、北朝鮮は記者を裁判にかけて、140日以上経ってから釈放した。アメリカ政府は女性記者の釈放のために、ビル・クリントン元大統領を北朝鮮に派遣した。

イアン・ケリー米国務省報道官は、パクさんが無断で北朝鮮に入国した事件と関連し、「(関連)報道に対して憂慮している」と述べ、「私たちもこれについて調査中」と28日に明らかにしている。

ケリー報道官はこの日の記者会見で、「彼が(北朝鮮の国境を)渡ったという報道や、彼の所在について別途の確認はできていない」と述べ、北朝鮮でアメリカを代弁しているスウェーデンが、パクさんの行方について追加で情報を調べるという意思を伝えてきたと述べた。

パクさんは25日に、北朝鮮の人権改善を促す内容が書かれた、金正日と北朝鮮指導部宛の手紙を携えて豆満江を渡り、咸境北道会寧地域から、無断で北朝鮮に入国した。
http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=7862


北朝鮮に不法入国 米国の人権活動家を拘束

< 2009年12月29日 14:29 >
 

 アメリカの人権活動家が北朝鮮の政治犯釈放などを求める金正日総書記あての手紙を持って不法に北朝鮮に入国し、身柄を拘束された。

 身柄を拘束されたのは韓国系アメリカ人のロバート・パク氏で、中国と北朝鮮の国境を流れる豆満江を渡って不法に入国した。北朝鮮・朝鮮中央通信は29日、「24日にアメリカ人1人が不法入国し抑留された。現在、該当機関で調査中だ」と伝え、身柄を拘束したことを確認した。パク氏は金総書記にあて、「北朝鮮の人々のために食糧などを援助できるよう国境を開き、すべての政治犯を釈放すること」などを求めた手紙を持っていたということで、北朝鮮が今後、アメリカとの駆け引き材料として使うかどうかが注目される。


 これについて、アメリカ国務省・ケリー報道官は「報道を見て懸念しており、情報収集にあたっている」と述べた。

http://news24.jp/articles/2009/12/29/10150655.html

【コメント】
今回の事件は来年、初頭から米朝交渉が
始めるきっかけになるように思います。
北朝鮮側に言わせれば交渉カードを
タダで得たようですからやりやすいし
アメリカも自分で越境したとはいえ
自国民を見殺しするような事は出来ないと
思います。全く困った状況です。

早急な対応が求められます

ブログネタ
年末のお休み、どう過ごされますか? に参加中!

タイ:モン族のラオス送還に着手 欧米は中止を要請

20091229k0000m030095000p_size528日、タイからラオスに強制送還されるモン族の若者たち=ロイター

 【バンコク西尾英之】タイ政府は28日、同国北部ペチャブン県のキャンプに収容されている少数民族モン族約4400人のラオスへの送還に着手した。欧米各国や国際人権団体は「送還されればラオス政府による迫害を受ける恐れがある」と中止を求めるが、タイ政府は「ラオスでの迫害は過去の話」として送還を強行する姿勢を崩していない。

 ラオスのモン族はベトナム戦争当時、非公式に米中央情報局(CIA)に協力して共産勢力と戦い、ラオスに社会主義政権が発足した75年以降、弾圧を恐れて多数がタイなどに流出した。送還されるのはその人々と子供たちで、ベトナム戦争が生み出した「最後の難民」とも呼ばれる。

 タイはラオスからのモン族について、政治的迫害を受けた難民とは認めず「大部分は仕事を求めて流入した不法移民」との立場。今年に入りラオスとの間で、最後までタイ領内に残った約4400人の年内送還で合意。この日、当局はキャンプに数千人の軍兵士らを動員し、厳戒態勢を敷いて送還に着手した。

 これに対し欧米や国際人権団体は、モン族の帰還後の扱いに懸念を抱いている。米国務省報道官は「送還は人権に関する国際原則に反する」として、タイ政府に中止を求める声明を発表。AP通信によると、人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のタイの代表者は「(送還は)ぞっとする行為だ」とタイ政府を強く非難した。

 同通信などによると、ラオス外務省報道官は送還されるモン族を「ラオス国民」と認め、一時的な住居を提供するなど「面倒を見る」用意があると強調している。

http://mainichi.jp/select/world/news/20091229k0000m030061000c.html

【コメント】
ラオスの人権状況はヒューマンライツウオッチや国境なき記者団も問題にしています。特に
記者団はラオスと今年の世界の報道ランキングの中のコメントで北朝鮮・ビルマと同列にしていました。

その通りです

ブログネタ
年末のお休み、どう過ごされますか? に参加中!
韓国系米国人宣教師、金総書記に人権改善訴え北朝鮮入り
 2009年12月28日

 韓国系米国人宣教師、ロバート・パク氏(28、韓国名:朴・ドンフン)がクリスマスの25日、北朝鮮の金正日総書記に人権改善を要求する目的で北朝鮮に入国した。ロイター通信(英語版)など海外メディアが28日までに相次いで報じた。


 韓国・ソウルに本拠を置く北朝鮮人権団体、パクス・コリアーナ(=朝鮮の平和)によると、パク氏は金総書記に宛てた手紙を所持しており、この手紙には、政治犯収容所で拷問や殺人が行われているとして金総書記の辞職を求める内容が書かれている。また、関係者は、政治犯収容所の廃止など北朝鮮の人権改善を要求する別の手紙を所持していたと話している。


 パク氏は25日午後5時ごろ、北朝鮮と中国との国境にある凍結した川を徒歩で渡り北朝鮮に入国。「私は米国市民だ。神の愛を伝えにきた。神はあなたを愛し、祝福するだろう」と韓国語で叫んだ。パク氏の入国の様子は関係者2人がビデオで撮影して記録してあるという。


 その後パク氏がどうなったかについてはわかっていない。北朝鮮のメディアもパク氏に関するとみられる情報は伝えていない。


 米ロイター通信によると、パク氏は出発前友人らに対し、北朝鮮の国民を苦しみから解放するために、米国、韓国、日本の各国政府を突き動かして北朝鮮に介入させる必要があるとして、自分の救出を望んでいないとの意志を明らかにしたという。


 政治犯収容所は、北朝鮮政府に異論を唱える国民を取り締まる目的で政府が国内数カ所に設置しており、拷問は日常的に行われ、最後に殺害されるケースは珍しくないという。2009年現在の収容者数は16万人以上といわれている。


 中国の在北京米国大使館は26日、「米国国民の保護を最優先としている」と発表した。


 パク氏の両親がパクさんの同僚に送った手紙の内容として韓国・朝鮮日報が伝えたところによると、「北朝鮮で苦痛を味わっている人のため神の善良な意志に従うロバートの純粋な動機を栄誉あるものにしよう」としており、事前に彼の北朝鮮入国計画を知っていたとみられている。

韓国系米国人宣教師、金総書記に人権改善訴え北朝鮮入り
 2009年12月28日

 韓国系米国人宣教師、ロバート・パク氏(28、韓国名:朴・ドンフン)がクリスマスの25日、北朝鮮の金正日総書記に人権改善を要求する目的で北朝鮮に入国した。ロイター通信(英語版)など海外メディアが28日までに相次いで報じた。


 韓国・ソウルに本拠を置く北朝鮮人権団体、パクス・コリアーナ(=朝鮮の平和)によると、パク氏は金総書記に宛てた手紙を所持しており、この手紙には、政治犯収容所で拷問や殺人が行われているとして金総書記の辞職を求める内容が書かれている。また、関係者は、政治犯収容所の廃止など北朝鮮の人権改善を要求する別の手紙を所持していたと話している。


 パク氏は25日午後5時ごろ、北朝鮮と中国との国境にある凍結した川を徒歩で渡り北朝鮮に入国。「私は米国市民だ。神の愛を伝えにきた。神はあなたを愛し、祝福するだろう」と韓国語で叫んだ。パク氏の入国の様子は関係者2人がビデオで撮影して記録してあるという。


 その後パク氏がどうなったかについてはわかっていない。北朝鮮のメディアもパク氏に関するとみられる情報は伝えていない。


 米ロイター通信によると、パク氏は出発前友人らに対し、北朝鮮の国民を苦しみから解放するために、米国、韓国、日本の各国政府を突き動かして北朝鮮に介入させる必要があるとして、自分の救出を望んでいないとの意志を明らかにしたという。


 政治犯収容所は、北朝鮮政府に異論を唱える国民を取り締まる目的で政府が国内数カ所に設置しており、拷問は日常的に行われ、最後に殺害されるケースは珍しくないという。2009年現在の収容者数は16万人以上といわれている。


 中国の在北京米国大使館は26日、「米国国民の保護を最優先としている」と発表した。


 パク氏の両親がパクさんの同僚に送った手紙の内容として韓国・朝鮮日報が伝えたところによると、「北朝鮮で苦痛を味わっている人のため神の善良な意志に従うロバートの純粋な動機を栄誉あるものにしよう」としており、事前に彼の北朝鮮入国計画を知っていたとみられている。

韓国系米国人宣教師、金総書記に人権改善訴え北朝鮮入り
 2009年12月28日

 韓国系米国人宣教師、ロバート・パク氏(28、韓国名:朴・ドンフン)がクリスマスの25日、北朝鮮の金正日総書記に人権改善を要求する目的で北朝鮮に入国した。ロイター通信(英語版)など海外メディアが28日までに相次いで報じた。


 韓国・ソウルに本拠を置く北朝鮮人権団体、パクス・コリアーナ(=朝鮮の平和)によると、パク氏は金総書記に宛てた手紙を所持しており、この手紙には、政治犯収容所で拷問や殺人が行われているとして金総書記の辞職を求める内容が書かれている。また、関係者は、政治犯収容所の廃止など北朝鮮の人権改善を要求する別の手紙を所持していたと話している。


 パク氏は25日午後5時ごろ、北朝鮮と中国との国境にある凍結した川を徒歩で渡り北朝鮮に入国。「私は米国市民だ。神の愛を伝えにきた。神はあなたを愛し、祝福するだろう」と韓国語で叫んだ。パク氏の入国の様子は関係者2人がビデオで撮影して記録してあるという。


 その後パク氏がどうなったかについてはわかっていない。北朝鮮のメディアもパク氏に関するとみられる情報は伝えていない。


 米ロイター通信によると、パク氏は出発前友人らに対し、北朝鮮の国民を苦しみから解放するために、米国、韓国、日本の各国政府を突き動かして北朝鮮に介入させる必要があるとして、自分の救出を望んでいないとの意志を明らかにしたという。


 政治犯収容所は、北朝鮮政府に異論を唱える国民を取り締まる目的で政府が国内数カ所に設置しており、拷問は日常的に行われ、最後に殺害されるケースは珍しくないという。2009年現在の収容者数は16万人以上といわれている。


 中国の在北京米国大使館は26日、「米国国民の保護を最優先としている」と発表した。


 パク氏の両親がパクさんの同僚に送った手紙の内容として韓国・朝鮮日報が伝えたところによると、「北朝鮮で苦痛を味わっている人のため神の善良な意志に従うロバートの純粋な動機を栄誉あるものにしよう」としており、事前に彼の北朝鮮入国計画を知っていたとみられている。

3106947720_e9b25213f5








大国の名が泣く言論重罰

2009年12月28日

 何の活動をしたわけでもなくインターネットに意見を発表しただけで逮捕され十年以上も獄につながれる。そんな恐ろしい事態が今、隣国で起きている。

 北京市第一中級人民法院(地裁)は二十五日、文芸評論家で詩人の劉暁波氏(53)に懲役十一年の実刑を言い渡した。昨年十二月、共産党の一党独裁を厳しく批判した文書「〇八憲章」をインターネットに発表したことなどが国家政権転覆扇動罪に問われた。

 言論の自由や人権の確立、民主的な選挙を通じた三権分立の実現を訴えた〇八憲章は次々に転載される形で、賛同者を集め一万人以上が署名したという。当局は発表後まもなく劉氏の身柄を拘束していた。

 気鋭の評論家として知られていた劉氏は、米国で研究中の一九八九年、天安門広場を中心に起きた民主化運動に参加するため帰国した。六月初めには戒厳令に反対する一方、学生に撤退を呼び掛けハンストを始めたが六月四日の軍による運動鎮圧後、逮捕された。

 一年半の獄中生活後も、北京で執筆活動を続けてきた。民間の権利意識や自由の要求に改革の展望を見いだす彼の思想には最近、翻訳された著書「天安門事件から『08憲章』へ」(藤原書店)で触れられる。

 自由や人権など普遍的な理想を求めた劉氏の発言を理由に重罰を科すことは、世界の大国に発展した中国の名声を自ら汚す行為ではないのか。 (清水美和)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2009122802000066.html

【コメント】
東京新聞の記事ですが的を得た記事だと思います。
大国であるなら大国である人権も必要だと思います。

大きな転換になるかもしれません

ブログネタ
海外で起きた事件 に参加中!

4「神の愛」訴え米国人活動家が北朝鮮に無断入国

2009年12月26日 17:11 発信地:ソウル/韓国

【12月26日 AFP】北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記に「政治犯の解放」と「悔い改め」を求める目的で、25日に許可なしに北朝鮮に入国した米国人の活動家、ロバート・パク(Robert Park)さん(29)が、その後、消息不明となっている。

 韓国系米国人のパクさんは、北朝鮮の人権擁護を訴える国際的な活動団体「Freedom and Life For All North Koreans 2009」のリーダーで、「予言者」を自称している。

 パクさんは、クリスマスの日に中国と北朝鮮の国境である豆満江(Tumen River)を公式な許可を得ずに徒歩で渡った。吹雪の中、凍りついた川を渡りながら、「私は米国人だ。神の愛を説くためにやって来た」と大声で叫んでいたという。

「その後、川の向こう岸は静まりかえっていたので、北朝鮮の国境警備員に拘束されたのかもしれないが、どうなったかはわからない」と、同団体のメンバーの1人が匿名を条件に語った。

 また、パクさんは金総書記やその他の北朝鮮の指導者たちに悔い改めるよう求める手紙を携えていたとされている。手紙にはそのほか、「虐げられ傷つけられた人びとの苦しみをいやす」ため、すべての強制収容所を閉鎖、政治犯の釈放、救援活動チームの入国許可を要請するとの内容も書かれていたという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2678080/5088668

US Christian activist enters North Korea: colleagues

SEOUL — A 29-year-old American Christian, claiming God showed him a vision of North Korea's liberation and redemption, has entered the country to urge leader Kim Jong-Il to repent, activists said Saturday.

Robert Park, a US citizen of Korean ancestry, crossed the frozen Tumen River from China and walked into the North without permission on Christmas Day, they said.

"While crossing the frozen river in a snowstorm, Park shouted loud, saying 'I'm a US citizen, I came here to proclaim God's love'," a colleague of Park's told AFP.

"But all were silent on the other side of the river. We assume he was arrested by North Korean border guards there. But we don't know about his fate," he said on condition of anonymity.

Park, a self-proclaimed seer and activist, is a leader of an international campaign for North Korean human rights called "Freedom and Life For All North Koreans: 2009," his colleague said.

The group describes itself as a worldwide coalition of Christian ministries and activists working to promote human rights in the North.

Park reportedly carried a letter addressed to Kim and other leaders calling on them to repent.

"I proclaim Christ's love and forgiveness towards you today. God promises mercy and clemency for those who repent," Park said in the letter, which was made public Saturday.

"He loves you and wants to save you and all of North Korea today," he said.

US embassy officials said they had no information on the reported incident.

The letter urged the North to close all "concentration camps", release political prisoners and allow care teams to enter "to minister healing to those who have been tortured and traumatized."

In March this year, two US journalists who crossed into North Korea from China while working on a story about human trafficking spent more than four months in jail for illegal entry.

Television journalists Laura Ling and Euna Lee were sentenced to 12 years hard labor but were freed as part of a diplomatic mission spearheaded by former US President Bill Clinton in August.

なかなか的確な記事ですね

ブログネタ
2009年あなたの「10大ニュース」は? に参加中!
a0048380_20102451【緯度経度】パリ・山口昌子 対北国交なぜ急ぐのか   産経Web   12/26 07:45

 フランスは何ゆえにこの時期、北朝鮮との国交樹立を探るのか−。サルコジ大統領の特使として、この11月に北朝鮮を訪問した最大野党、社会党のラング国民議会(下院、社会党)議員に対し、与党で右派政党、国民運動連合(UMP)のポニアトフスキ議員を委員長とする同議会外交委員会の公聴会が開かれた。その質疑応答を紹介したい。

 16日に約1時間半にわたって行われた公聴会には、ボアザン日仏友好議員連盟副会長、ボーダン仏韓友好議員会会長、クレマン元法相らUMP議員を中心に26人が出席した。委員長は冒頭、特使の任務を、「フランスが北朝鮮危機解決に貢献できる可能性の模索」「同国との外交的関係の樹立に向けての状況分析」と説明。

 ラング氏は訪朝のタイミングについて、(1)クリントン元米大統領が北朝鮮で人質になった2人の米記者解放の際に北の指導層と会談した(2)温家宝・中国首相が訪問した−といった多少の動きがみられる点を指摘。欧州連合(EU)域内で国交がないのはラトビアとフランスだけという中で、フランスはバスに乗り遅れるとの懸念をにじませた。

 訪朝前に、日本など6カ国協議参加国の駐仏大使や本国の外相らと会ったことも明らかにしたうえで、フランスは核の問題に関しては、「国連安全保障理事会の常任理事国として特に発言権がある」と述べた。

 前後して訪朝したボズワース米特別代表(北朝鮮担当)の滞在が3日間にとどまったのに対し、5日間にわたって滞在し、会談相手もNO2の金永南・最高人民会議常任委員長や朴宜春外相と、ボズワース氏の相手より格上だったことを挙げ、米国への対抗意識を刺激してUMP委員の理解獲得に懸命だった。

 訪朝成果として、「核分裂物質や弾道ミサイルの材料を拡散するいかなる活動もしていない」とか「人権問題をめぐって中断中のEUとの協議を再開する用意がある」といった言明を得たことを挙げ、国交樹立に向けては、「平壌に人道、文化、言語、農業の分野で協力する常設事務所を開設するという考え方」(公聴会後に、北側が応諾すると回答)を明らかにした。
20091115-00000002-yonh-kr-view-000
 これに対し、委員の間からは、核問題に関し、「最も北朝鮮の核を懸念している日本の反応」「北に厳しい現韓国政権の反応」「北が強力な核保有国になることに対する中国の反応」といった質問が相次いだ。

 ラング氏は日本に関しては、拉致被害者の問題に理解を示すと同時に、「日本と緊密な関係を構築するための努力を怠るな。政府はしばしば日本を訪問すべきだ」とも述べ、中国へなびくサルコジ仏政権を批判。ただ、核については、北朝鮮指導者が「生命保険」と言っているなどと、北の言い分紹介にとどまった。

 委員側からは、「北は悪夢」「北の崩壊が近付きつつある現在、国交樹立は南北統一を妨害する」「民主主義のかけらもない」などと、早急な国交樹立に懐疑的意見が多数上がった。

 ラング氏は大統領とクシュネル外相に訪朝に関する報告書を提出している。

 クシュネル外相は22日の記者会見で、「非政府組織(NGO)を支援するという考えは悪くない」としつつも、「人道問題に関する対話の再開は極めて疑わしくみえる」と難色を示し、「原爆や核弾頭の実験をめぐる論議は時宜を得ていない。われわれの友人の日本や中国から誤解される」と述べ、非核化を拒否する北朝鮮との早期の国交樹立には慎重な態度をみせた。

 ラング氏が北朝鮮で米特別代表よりも歓待されたことによって懐柔されたとしたら、文化相だった時代に得たアンドレ・マルロー以来の「大物文化相」という氏の看板が泣くだろう。公聴会直後、北朝鮮からタイに到着した貨物機の中から大量の密輸用兵器が発見されたという報道もあるように、「核拡散なし」という北朝鮮の言明など、誰も信じていないというのに。

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091226/erp0912260745000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091226/erp0912260745000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091226/erp0912260745000-n3.htm


【コメント】
なかなか的確な記事です。ラング氏に関しては
知人のフランス人に聞いてみましたが
ミッテラン政権下では有能な文化大臣でしたが
今では「サルコジの便利屋さん」という
言い方をしてました。
サルコジ政権内の温度差を感じる記事ですね。

本質的な問題ですね

2a09e5a4オバマ大統領「米国は北朝鮮人権状況深く懸念」

米、拉北者家族支援するイ・グァンピルさんに国務省通じて送る


  バラク・オバマ米国大統領が、拉北者(北朝鮮に拉致された人)問題など、北朝鮮人権に関して関心を促した韓国歌手の書簡に、米国務省の担当官吏を通じて答信を送った。

  拉北者家族協議会広報大使を担う歌手、イ・グァンピルさん(46)は23日「オバマ大統領に6月中旬に手紙を送ったが、最近、これに対する返事をもらった」と話した。手紙は「米国は北朝鮮の人権状況に対して深く懸念している」とし「人権は米政府の最優先の順位で、人権問題が今後の朝米関係改善の見通しに重大な影響を及ぼすもの」と明らかにした。

  また「米国は日本の拉致被害者の問題だけではなく、韓国国軍捕虜と拉北者問題にもずっと関心を持ってきた」とし「拉北者たちの生死を確認しようとするほかの国々の努力を強く支持する」と述べた。ダン・ラセン米国務省韓国課副課長は手紙で「オバマ大統領の代わりに返事を送るよう要請を受けた」とし、手紙がオバマ大統領の答信であることを明らかにした。

  イさんが手紙を送ったのは、日本の拉致被害者の家族たちが米ニューヨークタイムズに、オバマ大統領が北朝鮮人権と拉致被害者問題に関心を持ってほしいという広告を出したのがきっかけになった。イさんは「拉北者問題は韓国も深刻だと思い手紙を書いた」と話した。

  イさんは英語で書いた手紙とともに1987年、オーストリア旅行中に失踪した米MIT留学生のイ・ジェファンさんの写真と自分のアルバムを一緒に送った。国情院はイ・ジェファンさんが拉致され、政治犯収容所に閉じこめられていたと明らかにしたが、北朝鮮は2001年、離散家族生死確認の際に「死亡した」と知らせてきた。歌手のイさんは友達であるイ・ジェファンさんの送還運動をする2007年、拉北者家族協議会広報大使を務めることにした。4月、拉北者への思いを込めた4枚目のアルバムをリリースし、現在は新村(シンチョン)で美容室とうどん店を経営し、北朝鮮人権活動を後援している。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124321&servcode=500&sectcode=500

【コメント】
オバマ大統領は選挙戦から北朝鮮との
直接対話も宣言しています。
ある意味、動く可能性が
有るかもしれませんが
今回の動きはリップサービスである
可能性が高いですね。

的確な判断だと思います

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!

a0048380_20102451北との対話は「下策」…仏外相、下院で証言


 「人権対話の開始」は北朝鮮が提案した。クシュネル外相は「他国の核開発を手助けしている国との対話は外交として下策であり、我々は急がない」と語った。

 フランスは欧州主要国で唯一、北朝鮮と国交がなく、サルコジ政権がその樹立を模索。ラング特使を11月に北朝鮮へ派遣し、可能性を探っている。ラング特使は訪朝時に、仏文化関連施設の平壌への設置を打診。北朝鮮もこれを受け入れた。

2009年12月23日22時20分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091223-OYT1T00832.htm

【コメント】
ジャック・ラングの訪朝以降、フランスは国交正常化に
舵を切っと思いましたがクシュネル外相に
発言でまだ時間がかかりそうです。
まあクシュネル外相の判断を評価したいと
思います。

結果は見えていますか

ブログネタ
中国の社会問題 に参加中!

作成メンバー 江棋生氏に聞く 監視下で署名1万人超

2009年12月23日 朝刊

08憲章の発表から1年、「中国の市民に民主の意識が芽生えつつある」と語る江棋生氏=北京市内で

PK2009122302100031_size0

 中国共産党の独裁廃止を求めた文書「08憲章」が発表されてから丸1年。作成メンバーの1人の作家江棋生氏(60)は、本紙の取材に、憲章への署名が1万人に達したことを明らかにした。「中国当局の姿勢は何ら変わっていないが、市民の間に人権や民主の意識が芽生えつつある」と手応えを感じており、地道な取り組みを通じ「何としてもこの国の民主化を勝ち取りたい」と意欲を示した。(北京・朝田憲祐、写真も)

 −憲章発表から一年がたった。

 「この一年、中国当局は天安門事件二十年の記念活動を妨害し、建国六十年の際も『社会の安定のためだ』として国民の人権を侵した。一方、厳しい監視の下、一万人以上が本名で署名してくれた。うち八千人が中国大陸の庶民だ。警察の事情聴取を受けた人もいるが、誰もひるんでいない。大きな進歩だ」

 「憲章は、当局によってネット上での閲覧が規制されている。国内メディアで紹介されることもない。これは逆に、憲章の威力を示しているといえる。また多くの市民が、自らの権利を意識し、自由に文章や意見を発表するようになった。パソコンへの検閲ソフトの搭載義務づけに反対の声を上げ、中止に追い込んだのも進歩だ」

 −呼び掛け人の一人で、国家政権転覆扇動の罪に問われた作家の劉暁波氏(53)は二十三日に初公判を迎える。

 「彼の無罪はまず難しいだろう。しかし、当局がいくら締めつけても、われわれはこの国の立ち遅れた制度を批判し続ける。言論の自由という基本的人権が憲法上、保障されることを国民に浸透させなければならない」

 「劉氏は今月、日本で『天安門事件から〇八憲章へ』を出版した。中国人に、人間らしい生活はない。高層ビルを造ることができても、地下鉄を修理することができても、あるべきはずの自由と尊厳が欠けている」

 「日本政府は、人権問題で中国政府に対し毅然(きぜん)とした態度を示してほしい。経済交流に反対はしないが、しかるべき対話は必要だ。公に話せないのなら、秘密裏の会談でもいい。少なくとも、中国政府へのごますりはやめてほしい」

 −この一年、当局から妨害を受けたか。

 「外出の際にパトカーに乗せられたり、自宅に踏み込まれてパソコンや本、原稿、銀行通帳などを全部持っていかれたり。相変わらずの横暴だ。救いは、私自身を連行しないことぐらいだ」

 −今後の活動は。

 「次の一年間で十万人の署名を集めたい。これまでに署名した人は知識人、農民、工場従業員、ホワイトカラーなどさまざま。役人の署名は少ないが、内心では支持する人は多い。役人も一党独裁は間違いだと思っている。役人は友人同士で酒を飲むと、この国のことをよく愚痴る」

 「彼らが勇気をもって立ち上がり、輪が広がれば“臣民”は減り続けるだろう。庶民がもし、自らの声を発するようになれば、当局は、理不尽に『ノー』とは言えなくなる」

 「外国記者の取材は以前は規制が厳しかったが、今では当局はどうすることもできなくなってきている。これがいい例だ。民主化問題でも、少しずつでも前に進めば、当局は退くしかなくなる」

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2009122302000085.html

【コメント】
昨日に続いて08憲章に裁判の記事です。東京新聞が
昨日に続いて問題にしています。内容を読むと
中国での問題の詳細が分かってきます。

公正な裁判を求めます

ブログネタ
中国の社会問題 に参加中!

oikawa001_03中国反政府活動作家、あす初公判

2009年12月22日 朝刊

 【北京=安藤淳】中国で学者らが人権尊重や共産党独裁体制の廃止などを求めた声明「08憲章」の主要起草者の1人で、国家政権転覆扇動の罪で起訴された反体制作家の劉暁波氏(53)の初公判が23日午前、北京市第一中級人民法院(地裁)で開かれる。中国政府は、米国政府や各国の人権活動家らからの釈放要求を「内政干渉」と拒否し、劉氏の妻、劉霞さんの傍聴も認めていない。

 劉氏の弁護士らによると、起訴状では同憲章のほか、劉氏が海外で発表した論文に掲載された共産党一党独裁批判や多党制導入などの主張により、同罪(最高刑15年)に問われた。劉氏は無罪を主張している。

http://www.chunichi.co.jp/article/world/news/CK2009122202000146.html

【コメント】
08憲章問題は以前から取り上げていますが
裁判の動きに憂慮をしています。
特に裁判がこのような暗黒裁判は
どこまで真相が明らかになるか
大きな疑問です。

なかなか訴えるものがありますね

ブログネタ
「ファイナルファンタジー13」を買いましたか? に参加中!


Newspapers In The Plane - Reporters Without Borders


【コメント】
これは国境なき記者団が作ったCMです。
「空港内での新聞」と言う題ですが
独裁国家では他国からの情報が
入ることと極端に嫌がります。
その皮肉がこのCMです。
なかなか訴えるものが
有りますし、言葉が分からなくても
意味が通じますね。

緊急事態です

ブログネタ
「ファイナルファンタジー13」を買いましたか? に参加中!

080914osaka3sウイグル問題で、詳しくは下記ホームページに載っています。以下引用。

カンボジア政府に対する要望書
2009年12月19日
カンボジア王国特命全権大使 ハオ・モニラット閣下

ウルムチ事件後に弾圧を恐れてカンボジアに亡命してきたウイグル人22人が、今日にでも中国に強制送還されると聞き、大変驚いております。
22人はプノンペンの国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で保護され、彼らの扱いは同事務所に任されているはずであり、第三国の受け入れ先を含め交渉しているものと思っておりました。
それだけに、このニュースには強い衝撃を受けています。

中国はかねてより22人の送還を求めておりましたが、それを受け入れた場合、彼ら亡命者はほぼ確実に投獄され、無期懲役か死刑が待っているものと思われます。
亡命申請者のうち一人は、ウルムチ事件の際の写真や映像を外国報道機関に提供したと話しているとのことです。
カンボジア政府は、中国の習近平国家副主席のカンボジア訪問に合わせて決定されたということなのでしょうか。
国際法上では、ノン・ルフールマンの原則:生命や自由が脅かされかねない人々を追放したり送還されることを禁止する原則、があります。
中国からの圧力に屈して、国際社会の原則に反するような強制送還という決定をされませんよう、カンボジア政府に対して要望致します。

日本ウイグル協会

http://uyghur-j.org/news_20091219.html(ウイグル協会ホームページ)

【コメント】
人権活動家の三浦小太郎さんから転送ですが残念ながら強制送還がされてしまったようです。中国に送還されれば死刑や拷問に
なる可能性が高いそうです。国際的な動きが必要です。

この動きは

HK-PC-2禁止コンテンツ遮断へ=豪政府、ネット規制方針

12月19日6時35分配信 時事通信

 【シドニー時事】オーストラリア政府はこのほど、インターネット上の児童ポルノやレイプを含む性暴力、犯罪指南などの禁止コンテンツ(情報の内容)に国民がアクセスできないよう法改正する方針を発表した。政府は、有害情報から国民を守るためと説明しているが、強制的措置の導入とあって、中国のような政府による検閲だとの批判も出ている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000029-jij-int


中国のネット検閲をめぐって--「国境なき記者団」の考え

Julien Pain

2006/01/16 15:23  中国における人権侵害を批判したジャーナリストが先ごろ同国で有罪判決を受けたが、これに関してYahooが警察および司法当局に協力したことが明らかになり、衝撃が走っている。

 しかし、この事件をきっかけに、われわれが長年批判してきた状況に再び世間の注目が集まった。中国をはじめ、世界で最も抑圧的な政治体制によるオンラインでの検閲/監視に協力しているインターネット企業は多数存在し、Yahooはその最も顕著な一例にすぎない。以下で、いくつかの事例を検証する。

・Microsoftは、中国政府の各当局から提供されたブラックリストを使って、ブログツール「MSN Spaces」中国語版の検閲を行なっている。中国語版MSN Spacesでは、「民主主義」だけでなく「資本主義」という言葉さえ入力できず、それらの言葉が入力されると自動的に削除されてしまう。

・Cisco Systemsは、中国におけるインターネットのインフラ全体を構築した。同社は、中国のセキュリティサービスにインターネットユーザーの監視を可能にする機器を提供したとされる。

・Googleはこれまで、同社の検索エンジンの検閲を常に拒否してきた。それにも関わらず、同社は昨年、Google News Chinaから「体制転覆を目的とした」ニュースソースを全て削除することに合意した。

 これらの非倫理的行動について、当の企業に質問すると、彼らは口を揃えて「われわれは中国の法律に従っているだけだ」と回答する。しかし、その考えはいささか安易と言わざるを得ない。仮にYahooが、インターネット上で民主主義について執筆し、米国への支持を表明しているサイバー反体制派の人々について徹底的に調査し、その結果を報告するよう中国当局から要請されたら、一体どうなるのか。同社は、「中国の法律で定められているから」という理由で、そのような要請に応じるのだろうか。

 世界人権宣言の第19条に規定されている表現の自由は、中国憲法にも明記されている。表現の自由は全ての人--すなわち、政府、市民、そして企業が尊重すべき原則である。

 大手インターネット企業側に倫理が欠如している場合、われわれにはどのような対策が考えられるだろうか。言論の自由の擁護団体「国境なき記者団(Reporters Without Borders:RWB)」は最初の対策として、インターネット企業のCEOに手紙を書き、この問題についての意見交換や議論を申し込んだ。しかし、手紙に対する返答が全くなかったため、われわれは、意見を聞いてもらうための別の手段を探さなければならなかった。

 われわれはこの問題にメディアの関心が集まるよう努力した。大手IT企業は、自社のイメージを守ることに気を配っており、この種の圧力に敏感だと考えたからだ。その結果、各国の新聞にこの問題を扱った記事が数百件掲載されたが、Yahooをはじめとするインターネット企業は沈黙を守った。そこでわれわれは、投資家筋を通じてインターネット企業の株主に警告しようと考えた。われわれは11月7日にニューヨークで、25社の投資信託会社(彼らの運用する資産の総額は210億ドルにもなる)や金融アナリストと合同で記者発表会を開き、抑圧的な国家で事業を行なっているネット企業の活動について監視を行うとする声明を発表した。

 最後に、われわれは米国上下院の議員や政府関係者に対しても警告を発したが、これに対し一部の議員はすでに問題の企業に対して事業活動の正式な会計報告を求めている。

 これらの圧力のおかげで、一部のインターネット企業はやっと目を覚ましつつあるようだ。例えばYahooの情報開示には、ここ数週間で若干の改善が見られた。Yahooの広報担当者はAP通信のインタビューに対して、「われわれは、中国で事業を行なう上で同国ならではの独特の難題が存在することを理解している」と語った。Yahooが戦略を再考すべきことを同社の広報担当者が全く認識していなかったことから、事態は改善されたと言ってもほんのわずかな前進にすぎず、まだ先が長いことは間違いない。しかし、この広報担当者の言葉は、Yahooに中国における活動がいかなる結果を招くかを真摯に検討する用意があることを示唆しているように思える。

 しかし、具体的な成果を得るための最良の手段は何か。われわれは、そろそろ米国の連邦議会議員が介入すべき時期に来ていると考える。議員であれば、例えばYahooやGoogle、Microsoftといった企業に対し、圧制国家の政府からの要請に関する共同の立場を明確にし、また、各社が受容し、尊重する行動規範を策定するよう要求できる。これらの規範の中に、インターネット企業が「民主主義」や「人権」といった言葉に対する検閲を行なうことを禁じる条項を盛り込むことも可能だ。

 これらの企業が、妥当な期限までに自らを規制するルールの策定を拒んだ場合は、上下院が法を策定する必要があるだろう。少なくとも、インターネット企業に対し、(そういう事態もありうるという)脅しはすぐにでもかけるべきだ。

著者紹介
Julien Pain
「国境なき記者団」でネットでの人権問題を担当するデスク。

http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20094465,00.htm


【コメント】
今回のオーストラリアのネット規制に対しては
大きな危惧を持っています。規制サイトを
誰が決めるでしょうか??
政府機関やそれに近い組織が決めるのでは
政府のネット規制につながります。
中国やベトナムやイラン等の独裁国家では
ネット規制を行い、情報鎖国や情報拡散防止を
行っています。

問題なのは目的でなく手段です。
どんな崇高な目的でも手段が
おかしくなっているようでは
全く意味もありませんし、悪影響を
与えるようにか思えません。
ただネットの匿名性も問題です。

犯罪誘発や個人の名誉毀損等のやりたい放題
のサイトも大きな問題があると思います。
今後もいろいろ考えたいと思います。

いよいよ動くかもしれません

ブログネタ
今年、乗り越えたあなたにとっての大きな壁は? に参加中!

20091119at72b仏の常設事務所開設に同意 北朝鮮、関係正常化へ一歩

 【北京共同】北朝鮮は17日、フランスの常設事務所を平壌に開設することに同意したと、朝鮮中央通信を通じて発表した。「フランスとの関係を一層深め、発展させるとの立場から同意した」としている。開設時期は明らかにしていない。

 欧州連合(EU)主要国で唯一、北朝鮮と国交を結んでいないフランスが、関係正常化へ向け第一歩を踏み出した形。北朝鮮としては、事務所設置で国際社会の制裁圧力をかわし、孤立化を回避する狙いもあるとみられる。

 開設されるのは「フランス協力・文化事務所」。フランス側はこのほど、文化や言語教育、農業などの分野での協力を進める常設事務所の開設を北朝鮮側に提案していた。

 フランスでは核や人権問題などの観点から北朝鮮との関係正常化に否定的な見方もある。

2009/12/17 23:43   【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121701000984.html


この動きの背景にはフランスの北朝鮮外交への遅れの焦りがあると思います。

余り知られていませんが

detail_turkmenistan日本:トルクメニスタンに、人権保護に向けた強い働きかけを

トルクメニスタン大統領の訪日は人権改善に向けた改革を働きかける重要なチャンス

 

日本語ニュースリリース:  http://www.hrw.org/ja/news/2009/12/15

英語オリジナル: http://www.hrw.org/en/news/2009/12/14/japan-urge-rights-reforms-turkmenistan

 

(東京、20091215日)−中央アジア・トルクメニスタンのベルドイムハメドフ大統領がまもなく来日する。日本政府は、この訪日において、トルクメニスタンの悲惨な人権状況について懸念を表明するとともに、具体的な改革に向けた働きかけを行なうべきである、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。ベルドイムハメドフ大統領は20091216日から3日間、日本を公式訪問する予定で、鳩山首相や天皇陛下との会見などが予定されている。

 

トルクメニスタンの刑務所には、多くの政治囚(但し、正確な数は不明)が投獄されているほか、表現の自由、集会の自由、移動の自由、宗教の自由が、極端に厳しく制限されたまま。独立した市民社会やメディアは、仮に存在したとしても、オープンに活動することはできない。政府の政策に疑問を投げかける者には、政府は、どんなに控えめな疑問であろうと、脅迫や嫌がらせ、逮捕で応じている。

 stamp























「ビルマや北朝鮮と並び、トルクメニスタン政府は、世界で最も弾圧的な政府の
1つである」とヒューマン・ライツ・ウォッチの欧州・中央アジア局長ホリー・カートナーは述べた。「今回のトルクメニスタン大統領の訪日では、ビジネス案件や援助などが話し合われるとみられ、日本政府の立場は強い。日本政府は、日本とトルクメニスタンの良好な二国間関係のためには、人権保護に向けた改革が不可欠だと明確に伝える必要がある。」

 

今回の訪問は、前政権下の8月に発表された。以来、日本とトルクメニスタンのビジネス界のリーダーたちが、ガス・石油関連の案件などを含む経済的結びつきをより強化するための議論を行なってきたことが伝えられている。大統領来日中には、投資や具体的案件などについての二国間の経済会議の開催が予定されているほか、日本政府は、トルクメニスタンに対する経済援助の強化を発表すると見られる。

 

日本政府のODA大綱には、援助実施の決定の際、開発途上国の人権状況を考慮するという原則が明らかにされている。一方、日本政府がこれまでに援助実施の決定でこの原則を適用したと明らかにしたのは、ビルマとジンバブエだけとなっている。

 

この夏、トルクメニスタン政府は、新たな渡航制限を課し、学生たちが外国の私立大学に留学するために出国することを認めない方針をとった。この渡航制限は、ヒューマン・ライツ・ウォッチが日本の指導者に提起するよう強く求める事項のひとつである。

 

「トルクメニスタン大統領が自由に日本を旅行する一方で、数百名の学生たちが、自国に閉じ込められ、自らの選択した教育を受ける権利を恣意的に奪われている」とカートナーは語った。「日本の指導者たちは、こうしたひどい制限を撤廃するとともに、人権侵害を解決するために直ちに措置を講ずるべきであると、トルクメニスタン大統領に働きかけるべきである。」

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、日本政府に対し、トルクメニスタン政府に以下に掲げる具体的な改革を働きかけるべきであると求めた。

 

  • 人権活動家アンナクルバン・アマンクリチェフ(Annakurban Amanklychev)とサパルダルディ・カージエフ(Sapardurdy Khajiev)、そして反体制派グルジェルディ・アンナニアゾフ(Gulgeldy Annaniazov)など、政治的理由で投獄されている全ての政治囚を釈放すること
  • 政治的理由で訴追が行われた事件を、透明性のある手続きで全国的に洗い出し、もって、政治囚の正確な数を明らかにするとともに、被害者たちに対する補償を行なうこと
  • 活動家や反体制派の親族などに課された渡航制限を取消すとともに、トルクメニスタンへの出入国を恣意的に制限することを可能にしている現在のシステムを廃止すること
  • 活動家や市民団体、ジャーナリストが、迫害のおそれなく自由に活動できるようにすること
  • 人権機関に対し、トルクメニスタンへの入国を認め、拘禁施設を含む全国へのアクセスを認めるとともに、トルクメニスタン訪問を要請しているすべての国連調査官の入国を受け入れること

 

背景

 

トルクメニスタンでは、膨大な数の悲惨な人権侵害が起きてきた。トルクメニスタンを21年間支配し、終身大統領を自ら宣言していたサパルムラト・ニヤゾフ大統領(Saparmurat Niazov)の死亡にともない、200612月、ベルドイムハメドフ大統領は同国大統領となった。大統領就任当初の一年で、ベルドイムハメドフ大統領は、ニヤゾフ大統領の行なった政策のうち最も問題の大きかった政策のいくつかについてこれを廃止。しかし、こうした政策変更も、真の人権状況の改善をもたらすことはなかった。

 

数百名、おそらくはもっと多数の人びとが、政治的動機に基づくと見られる容疑で、トルクメニスタンの刑務所に投獄中である。非公開裁判や中立独立な人権監視がないなど、トルクメニスタンの司法制度に透明性が欠如していることから、正確な政治囚の数を推測することは不可能であるほか、囚人たちにかけられた容疑が正当なのかについて分析評価することも不可能である。

 

投獄中であることがわかっている著名な政治囚には、人権活動家アンナクルバン・アマンクリチェフとサパルダルディ・カージエフなどがいる。両名は、亡命トルクメニスタン人からなる人権団体に属しており、2006年、弾薬所持という仕立てられた犯罪の濡れ衣をきせられ、7年の刑を宣告された。もう1人の著名な政治囚として、反体制派グルジェルディ・アンナニアゾフがいる。彼は、以前にも政治囚として投獄されたことがある。20086月、難民認定されていたノルウェーから帰国したところ、その翌日に逮捕され、200810月に11年の刑に処された。

 

トルクメニスタンは、ヒューマン・ライツ・ウォッチなどの独立した人権組織に対して門戸を閉じたままであり、ヒューマン・ライツ・ウォッチはこの10年間、同国への訪問が出来ていない。20089月、国連の特別報告者として初めて、宗教の自由に関する特別報告者が同国を訪問。しかし、訪問を要請しているその他の9名の国連人権専門家の調査に対しては、すでに随分前から訪問を要請しているにも拘らず、トルクメニスタン政府は招待を拒否し続けている。

 

トルクメニスタンは、豊富な天然ガス埋蔵量を誇る。そのため、米国や欧州連合など多くの関係国や機関が、トルクメニスタンとの関係強化にむけて活発に動いている。

 

配信に関するお知らせ:

このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja

【コメント】
トルクメニスタンはあまり知られていませんが非常に
人権侵害が酷い国です。フランスの国境なき記者団も
世界の報道ランキングで175各国中173位で最下位の
エリトリア・北朝鮮に次ぐワーストスリーの国です。
豊富な天然資源やアフガニスタンへの対テロ戦争への
協力で国際社会もなかなかトルクメニスタンには
人権問題で問題にできないようです。
困った状況です。

どこまで本気ですかね

ブログネタ
2人目の子どもが生まれたとき、お父さんはどんなサポートをしてくれましたか? に参加中!

1001reu02中国の人権状況改善を訴え続ける 米国務長官

2009.12.15 11:05

 クリントン米国務長官は14日、米国の人権政策についてワシントン市内で演説し、経済面で結び付きが増す中国やロシアとの関係を例に挙げながら「人権か国益か、どちらかを追及すべきだという考えは間違っている」と述べ、関係の強化と同時に、人権状況の改善も訴え続けていくと誓った。

 長官は、中国での売血や輸血によるエイズ禍を告発し、米国への事実上の亡命を余儀なくされた女医、高耀潔さんが「(中国当局から)嫌がらせを受け続けていた」と指摘。「危機への対処に力添えしてくれたとして、政府はむしろ彼女をたたえるべきだった」と、中国の対応を疑問視した。

 対中国ではまたチベット新疆ウイグル自治区の少数民族の権利擁護を求め、「率直に議論」を続けていくと発言。ロシアに対しても記者や人権活動家らが殺害される事態に憂慮を示した。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/america/091215/amr0912151107004-n1.htm

【コメント】
クリトン国務長官の発言は評価しますが
どこまで本気の発言が分かりません。
安易なリップサービスよりも
しっかりとした実行です。

お勧めの一冊

ブログネタ
.気になったニュース27 に参加中!

宮内庁、外務省…広がる懸念 「亡国」批判も 天皇特例会見問題

stt0912141953011-n1厳しい表情で記者の質問を聞く民主党の小沢幹事長=14日午後、東京・永田町の党本部

 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、羽毛田信吾宮内庁長官に辞任を迫るという激しい反発をみせた。宮内庁だけでなく、外務省にも今回の決定への強い懸念が広がる中で小沢氏が、異論を封じ込めようと、強気の姿勢を示したようだ。

 複数の日中関係筋の証言によると、鳩山政権は、中国側の度重なる申し入れに逡巡(しゅんじゅん)し、それでも抵抗できなかった。こうした対応に外務省関係者からは「外交では筋を通してほしい」、宮内庁幹部からも「問題を安易に考えている」と強い批判が出てきた。

 実は、政府は11月30日、正式に中国側に「会見は無理」と通告した。「1カ月ルール」と、75歳と高齢の陛下のご健康が万全とまではいえないことが理由だった。

 ところが、駐日大使館を中心とする中国側の巻き返しが始まる。政府・民主党だけでなく、野党・自民党の中曽根康弘元首相ら中国とパイプの太い政治家らにも「なりふり構わず」(外交筋)働きかけた。

 「日本が一度断れば、中国が必死に動いてくることは分かっていたことだ。なのに、鳩山政権は中国側の動きに動揺してしまった」

 別の外交筋はこう解説する。中曽根氏ら自民党の政治家は「われわれが『ルール破りはダメです』と説明したら理解してくれたが、民主党側は、まるで中国の走狗(そうく)となった」という。

 平野博文官房長官は12月9日、首相官邸を訪ねて重ねて会見実現を求めた中国の崔天凱大使に「陛下の体もあって大変厳しい」と明言を避けていた。だが、翌10日には小沢氏ら民主党議員143人の訪中団出発が控えており、結局、同日中に宮内庁長官に2回目となる指示を出し、宮内庁を押し切った。

 「官房長官から内閣府の外局である宮内庁の長官へという指揮命令系統を使ったということは、実質的に陛下に直接指示するのと同じだ」

 宮内庁幹部はこう指摘する。また外務省幹部の一人は、一連の政府・民主党の動きをこう言い切った。

 「亡国政権。小沢氏の意向が背後にあるのだろう」

 外交当局が、ときの政権を「中国の走狗」「亡国政権」とまで形容するのは極めて異例だ。

 一方、政府筋は14日、「前政権のルールは知らないし、報道に違和感を持っている」と語った。陛下の政治利用の重大性や外交の継続性は見えなくなっているようだ。(阿比留瑠比)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091215/plc0912150007001-n2.htm

【コメント】
今、大騒ぎなっている天皇特例会見問題ですが
非常に大きな問題と感じますが
私はこのような自体がいつか起きるのでは
思っていました。最近。読んだ本の

中国共産党「天皇工作」秘録 (文春新書)中国共産党「天皇工作」秘録 (文春新書)
著者:城山 英巳
販売元:文藝春秋
発売日:2009-08
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

この本を読むと毛沢東が最高指導者の時代から
中国共産党が日本の皇室に対する工作が
緻密に書かれており、日本の歴代の総理大臣が
いかの手の上で踊れされたかがよく分かります。
是非とも読んでいただければ今回の騒ぎの
カラクリが分かってきます。

複雑です

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!
mainiti%20tizuトルコ憲法裁がクルド人政党に解党を命令、テロ活動支援と

イスタンブール(CNN) トルコの憲法裁判所は11日、同国の少数民族クルドの民主社会党(DTP)の解党を命じた。独立国家の樹立を目指す非合法武装組織クルド労働者党(PKK)のテロなどを支持したのが理由としている。

 

党首2人の議会議席をはく奪し、同党創設者、党員ら30人以上と共に5年間の政治活動を禁止した。DTPのアフメト・チュルク党首は最高裁判断を受け、党所属の議員19人が今後、審議参加を拒否するなど議会活動を放棄すると言明した。

 

議員辞職につながるのかは不明だが、新党結成に動く可能性もある。

 

トルコの人口約7500万人のうち、クルド人は1200万人以上。同国は欧州連合(EU)加盟を目指すが、EUは条件として人権改善やクルド人の権利拡大などを求めており、今回の最高裁判断が交渉の障害になることも考えられる。

 

トルコのエルドアン政権は近年、EU加盟をにらみ、クルド語でのテレビ放送許可など一定の歩み寄りを見せてきた。チュルク党首はエルドアン政権が最高裁判断を受け沈黙を守っていることを非難、政治的な意図があると主張した。

 

トルコでは長年、DTPがテロ事件への関与も指摘されるPKKと結託しているとの批判がくすぶっていたが、DTPは異なる政治団体と反論してきた。検察当局がDTP解党を求め提訴していた。
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200912130018.html

【コメント】
クルド人の問題は複雑です。トルコのEUの加盟を
難色しているもEU各国がトルコの人権問題です。
トルコ国内でのクルド人に対する人権侵害です。
長い歴史を含めた問題ですから難しいですね。

世界的な動きですね

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!
free-burmaミャンマー軍政の人道に対する罪を非難、世界の議員400人

(CNN) 広範な人権侵害が指摘されるミャンマー(ビルマ)情勢で、世界29カ国の議員400人以上が10日、国連安全保障理事会に書簡を送り、人道に対する罪で同国軍政の調査開始を求めた。

 

米英、日本、フランスなどの議員で、軍政に対する国際的な武器禁輸も要請した。書簡は、安保理は長年にわたり軍政による少数派民族の迫害、性的暴行、強制立ち退きや子供兵士の徴集などを無視してきたと指摘、「安保理が待てば待つほど、ミャンマー国民の犠牲者は増える」と強調、行動を起こすよう求めた。

 

米国は長年、ミャンマーに対し経済制裁などを打ち出す強硬政策を打ち出していたが、オバマ政権は最近、対話も交えた路線に転じている。オバマ大統領は10日、オスロでのノーベル平和賞受賞演説で、自らの国民を虐げる国家は国際法に違反しており、それなりの結果に直面しなければならないとしミャンマーなどの情勢に言及していた。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200912110016.html

World's parliamentarians petition UN on Burma

Updated December 11, 2009 12:41:51

More than 440 members of parliament from 29 countries have petitioned the United Nations Security Council, calling for immediate action on Burma's persecution of political dissidents and appalling human rights record.

The MPs called for tough UN sanctions, ahead of elections that the military regime planned for next year.

Presenter: Sen Lam
Speaker: Senator Scott Ludlam, Australian Greens party

LAM: Well, how much support do you think you and your fellow signatories have from the respective governments?

LUDLAM: I think it varies, some countries are much stronger on Burma than others, so in Australia we have got a bit of a mixed record. We did just see an important shift in Australian foreign policy and that we now support a universal arms embargo and that's one of the things that the letter is calling for. And some governments obviously are very strong on sanctions to Burma and people are really looking for a way to actually make an impact, so the political will is there; in some countries, it's just been very difficult to marshal solid international support.

LAM: Closer to home though, do you think the Australian Government is doing enough?

LUDLAM: No, I don't think the Australian Government is doing enough. I think there have been some encouraging signs and the shift towards a universal arms embargo has been quite important. One of the key things that this letter calls for, which we have not seen much action from from the Australian Government is the United Nations Commission for Inquiry into War Crimes and Crimes against humanity in Burma. This would be a hugely significant step, because it's a very important step along the way towards an international criminal court prosecution, which is something we have been calling for for awhile. And we know the Australian Government has not ruled that out, but it does not appear that they have done a great deal to advance that cause. And so I am hoping that this push internationally from so many members of parliament, from so many different countries, will give Australia the opportunity to investigate this. It's an extremely important step.

LAM: Well, it has been argued that the SPDC and indeed, the generals in Rangoon manage to stay in power, because of the money and the businesses that they control. Do you think Australian companies should be discouraged from investing in Burma, particularly in the resources sector, such as oil?

LUDLAM: Yeah, I absolutely agree and that is one of the key things that we have been working on for the last few years. So one of the largest players in Western Australia actually, in my home state, is Twinza Oil, who are investing in gas resources there in Burma. It could be worth more than two Billion dollars if those resources are developed. They are doing that in conjunction with the regime and I think it is absolutely unacceptable that the Australian Government maintains this policy of neither supporting nor discouraging Australian investment in Burma. We need to take a much firmer stand as other countries have done, and make sure that there is a complete trade embargo as soon as possible.

LAM: And, Senator Ludlam, you and your colleagues from overseas have also proposed a global arms embargo on the military junta in Burma. Why is that important?

LUDLAM: Well, this has been a proposal that has been floated for many, many years and Australia is just the most recent country to sign on. But we know that between China, Russia and India and a number of other countries, the flow of weapons into Burma is one of the things that makes it possible for such horrific repression to go on. So right up and down the eastern side of Burma for the last many, many years, weapons fuelled by international trade have been flowing into that area and enabling horrific human rights abuses. And so a universal arms embargo would simply turn the tap off and cut off the flow of weapons into the regime. This is a regime that is completely illegitimate. It has never been put there through any election. It does not have a popular mandate and it's appalling to me that some of our closest trading partners are still funnelling weapons into that regime.

http://www.radioaustralia.net.au/connectasia/stories/200912/s2768938.htm

【コメント】
世界中の国会議員の共同書簡が国連の安全保障理事会に
送られたようです。来年、ビルマは総選挙です。
公正な選挙のためですが人道の罪での400人の共同書簡は
素晴らしいと思います。日本の参加した議員を調べてみたいと
思います。

動くかもしれませんね

20091212k0000m010105000p_size5鳩山首相:拉致問題解決へ「必要なら訪朝」

 鳩山由紀夫首相は11日夜、拉致問題解決のために自身が訪朝する可能性について「いつか、私自身が行く必要が出てきたときには当然体を張って行くべきだ」と述べ、今後の展開次第で北朝鮮を訪問する意向を示した。ただ「まだその状況にはなっていない」とも述べ、現時点で訪朝を検討しているわけではないとした。東京都内で拉致被害者家族会などの会合に出席後、記者団に語った。【倉田陶子】

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091212k0000m010103000c.html

■ 首相「必要あれば訪朝」、拉致解決のため

 鳩山総理は、拉致問題を解決するため、北朝鮮を訪問することについて「必要があれば体を張っていくべき」と意欲を示しました。

 「私自身が行く必要が出てきた時には当然体を張っていくべきだと思いますよ」(鳩山首相)

 鳩山総理はこのように述べ、拉致問題解決のため、北朝鮮を訪問することに意欲を示しました。ただ、同時に「まだその状況にはなっていない」とも述べました。

 一方、中井洽拉致問題担当大臣は「生存者が確認されれば喜んで行ってもいいが、今は全くそういう状況に無い」と述べています。(11日22:45)

http://www.youtube.com/watch=JtMjEqVQjgc&feature=related

【コメント】
拉致問題で総理の訪朝が取り沙汰されいますが
どうでしょうか?永田町界隈では先月ぐらいから
年明けの訪朝の話が出ては消えています。
真偽は分かりませんが動くパズルが
そろってきて居るのかもかもしれません。

混迷のロシア

ブログネタ
2nd KIND:あなたの身のまわりに、不可解な痕跡ありませんか? に参加中!

person_of_the_year_2007_putin変革への年代記:第5編 良心の自由を求めて〜旧ソ連「異論派」の闘い/1 その2止

 ◇欧州「人権重視を」 冷戦終結20年、なお不信感

 欧州議会は今年、自由と人権のための闘いに貢献した個人や団体に贈る「サハロフ賞」をロシアの人権団体「メモリアル」と3人の活動家に贈ることを決めた。授賞式は16日、仏ストラスブールで開かれる。ロシアで相次ぐ人権活動家の暗殺・襲撃事件を憂慮する欧州がロシア政権に真剣な対応を迫るメッセージだ。冷戦時代、安全保障と並ぶ東西の対立軸だった人権問題が、「ベルリンの壁」崩壊から20年たった今も、ロシアと欧州の間で克服できない不信の種になっていることを示している。【モスクワ大木俊治】

 「サハロフ賞」は、旧ソ連・ロシアの核物理学者で反体制活動家として75年にノーベル平和賞を受賞した故サハロフ博士(1921〜89年)にちなむ。ロシアの活動家が受賞するのは88年の創設以来21年ぶりだ。

 「メモリアル」はサハロフ博士の主導で89年に設立され、旧ソ連時代の政治弾圧の実態調査などを行う一方、ロシア南部チェチェン共和国をめぐる紛争で人権侵害の調査・救済活動にあたった「草分け」ともいえる団体。個人では、「メモリアル」のオレグ・オルロフ代表(56)とセルゲイ・コワリョフ理事(79)、旧ソ連時代から続く人権団体「モスクワ・ヘルシンキ・グループ」のリュドミラ・アレクセーエワ代表(82)が「ロシアの人権活動家を代表して」(欧州議会のブゼク議長)受賞する。

 ソ連崩壊前後の混乱の時代は、同時に情報公開や民主化が進み、欧米の支援で人権活動が活発になった時代でもあった。しかし、00年のプーチン政権発足後、強権統治に批判的なこうした団体への締め付けが厳しくなり、活動家への襲撃事件も相次ぐようになった。その象徴が06年のアンナ・ポリトコフスカヤ記者暗殺事件。その後も暗殺・襲撃事件が相次いでいる(別表参照)が、いずれも真相は謎のまま。メドベージェフ大統領は法治の徹底と市民団体への支援を約束しているが目に見える成果はなく、人権を重視する欧州をいらだたせている。

 冷戦時代の75年に採択された「ヘルシンキ宣言」は、戦後欧州の国境不可侵とともに、人権擁護という「共通の価値観」をうたい、「壁」を崩す出発点になった。この時にソ連の人権侵害を告発するため発足したのが「ヘルシンキ・グループ」だ。やがて東側の共産体制は崩壊し、民主化への期待が高まった時期もあったが、今のロシアでは「大国復活」の自信を背景に「欧米の価値観の押しつけ」への反発もあり、人権活動への支持は広がっていない。

 ◇「弾圧者、処罰なし」−−サハロフ賞「メモリアル」のオルロフ代表

 人権活動をめぐるロシアの問題について、「メモリアル」のオレグ・オルロフ代表に聞いた。

 プーチン政権は非政府組織(NGO)の活動を規制する法律を作り、合法的に活動家を弾圧してきた。膨大な報告書の提出を義務づけ、「過激派」容疑での訴追や、不当な税の支払い要求もあった。「メモリアル」は裁判ですべて勝ったが、こうしたことに資金と労力を費やし、本来の活動は妨げられた。地方の小さな組織の多くは活動中止の瀬戸際に追い込まれた。

 さらに襲撃や誘拐、暗殺など非合法な弾圧もある。問題は誰一人として処罰されていないことだ。政権が直接かかわっているとは言えないが、政権が人権活動家を敵視し、国家の敵のように扱っていることを下級官僚や犯罪組織は見ている。彼らは我々を弾圧しても罰せられないと感じている。極右集団も同様だ。

 政権は意に沿った議会やメディア、NGOによる「管理型民主主義」を作り、それに合わない活動家は敵視してきた。メドベージェフ大統領は法改正など改善を約束したが、まだ言葉だけで実行が伴っていない。【聞き手・大木俊治】

==============

 ◆人権活動家らへの最近の暗殺・襲撃◆

06年10月 7日 ノーバヤ・ガゼータ紙の女性記者ポリトコフスカヤさんがモスクワの自宅アパートで銃弾を受け死亡。

   11月23日 元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐のリトビネンコ氏が滞在先のロンドンで放射性物質ポロニウムを服用させられ死亡。

07年 3月 2日 コメルサント紙の軍事記者サフロノフ氏がモスクワの自宅アパートから転落死。

09年 1月19日 人権活動家のマルケロフ弁護士とノーバヤ・ガゼータ紙のバブロワ記者がモスクワの路上で覆面姿の若者に銃撃され死亡。

    7月15日 女性人権活動家で「メモリアル」支部長のエステミロワさんがロシア南部イングーシ共和国で誘拐され、遺体で発見。

    8月11日 人道支援団体「世代を救おう」代表のサドラエワさんと夫がロシア南部チェチェン共和国で誘拐され、遺体で発見。

   10月25日 イングーシ共和国で反政府活動家のアウシェフ氏が銃撃され死亡。

   11月16日 脱税容疑で1年間にわたり拘束されていた弁護士のマグニツキー氏が留置場で突然死。

http://mainichi.jp/select/world/news/20091210ddm007030096000c.html

【コメント】
このブログでも以前からロシアの人権問題は取り上げていますが
非常に大きな岐路に来ています。天然資源等の経済的な
地盤を基礎のいわゆる国家資本主義に向かっています。
人権問題でも大きな問題を抱えています。

ご協力のお願い

ca7e93f0【ビルマ:2010年までに2100人キャンペーン】日本語サイト開設‏

皆様、平素より大変お世話になっております。

 今なお、世界の中でもっとも抑圧的な社会のひとつであるビルマですが、軍事政権は、2010年に20年ぶりの総選挙を行い、

ビルマの「民主化ロードマップ」の次の段階にするとしております。

 しかしその一方、政治活動家や、政府を批判した人びとの逮捕が続いており、この2年間で、ビルマの政治囚の数は2倍に増加してしまいました。

政治囚の中には、ビルマの有名なコメディアン、ザーガナ氏や、ジャーナリスト、ミュージシャン、医師、僧侶なども含まれています。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチでは、来年の選挙に先だち、ビルマで現在収監されている2,100人の政治囚全員の釈放を求めるキャンペーン2010年までに2100人」を行っております。

この度、日本語のキャンペーンウェブサイトが公開となりましたので、

是非ご覧頂ければ幸いです。

http://www.hrw.org/ja/free-burmas-prisoners/prisoners/ja 

(HRW日本語ホームページ http://www.hrw.org/ja  右側にあるキャンペーンアイコンからもご覧頂けます)

 

アウンサンスーチー氏も含め、政治囚の人びとの活動を写真つきで紹介しているほか、

投獄中の囚人たちの素顔をまとめたビデオ(日本語字幕つき)、政治囚が収監されている刑務所の地図など、充実した内容となっております。

 

勇気ある政治囚の人びとについて知って頂くことで、2100人全員の釈放を実現することができます。

みなさまのキャンペーンサイトへのお越しをお待ち申し上げております!

 

HRW 東京

http://www.hrw.org/ja


 【コメント】
ヒューマンライツ東京からの協力要請です。ビルマは
来年、総選挙です。国際社会から公正な選挙を
求めていますが2100人もの政治犯が居るようでは
どこまで公正な選挙が出来るか大きな疑問ですし
早期の釈放を強く求めますし、今回の
ヒューマンライツウオッチの行動を応援したいと
思います。

心配です

12601869681795729797ハイダー氏:スペイン政府、支援へ ハンスト3週間で衰弱

 【パリ福原直樹】モロッコ領西サハラの独立を求める国際的な女性人権活動家アミナトゥ・ハイダー氏(43)が、故郷・西サハラへの帰還を求めスペインで実行中のハンストが7日で約3週間となり、医師が「数日で死亡する」と診断する事態となっている。スペイン政府は、ハイダー氏の政治活動を支援する方向で動き出した。

 AFP通信などによると、ハイダー氏は米国旅行後の11月、西サハラへ戻ろうとしたが、モロッコ政府から拒まれた。このため送還先のスペイン領カナリア諸島の空港で同16日にハンストを開始。医師は5日、「ハンストをやめても死亡する可能性がある」と衰弱ぶりに懸念を示した。

 このためスペイン政府は7日、「ハンスト以外の方法で政治活動を続けるよう」ハイダー氏に求める動議を議会に提出。故郷に帰還できるようスペイン市民権の付与も申し出た。だが、同氏は「外国人として帰還したくない」と拒否している。

 西サハラ(約27万平方キロ)はスペイン領土だったが、79年以降、モロッコが領有を主張し、独立を求める住民と対立。国連仲介の和平交渉も行われた。ハイダー氏は08年に米国のロバート・F・ケネディ人権賞を受賞している。

http://mainichi.jp/select/world/news/20091209k0000m030049000c.html

【コメント】

アミナトゥ・ハイダー氏の体調が心配です。
ハンストの抗議も良いですが体調が
心配です。

どこまでいくかが問題です

ブログネタ
サッカー日本代表は、W杯でどこまで勝ち進めると思いますか? に参加中!

dc8d040d国連が北の人権問題を初めて審査 外国人拉致、飢餓に苦しむ子供…

2009.12.8 00:43

 国連人権理事会は7日、国連全加盟国の人権侵害の有無などを検証する「普遍的審査」に基づき、北朝鮮に対する初の審査会合をジュネーブの国連欧州本部で開いた。日本人を含む外国人の拉致問題や、北朝鮮を脱出しようとした住民の処遇、飢餓に苦しむ子供の権利をめぐり各国が追及、北朝鮮の反発が予想される。

 冒頭、北朝鮮の李哲・ジュネーブ国際機関代表部大使は、過去の人権理や国連総会の北朝鮮非難決議について「人権問題の極端な政治化と二重基準の表れであり、認められず受け入れられない」と表明。政府として人権擁護を重視していると強調した。

 一方、日本の北島信一大使は拉致被害者全員の早期帰国に向けた「具体的な日程と行動計画」を示すことや、北朝鮮の国民が食糧を与えられる権利の確保など4項目を勧告。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/091208/kor0912080044000-n1.htm

【コメント】
日本政府の姿勢を評価したですね。
ただ例年、国連総会で採択されたも
実際にどれほど効果があるかか大きな疑問ですね。

同感です

TKY200905080219国連:北朝鮮の人権状況審査近づく 厳しい審査と強い働きかけを

死刑、集団処罰、脱北難民の処罰 に対する非難 必要

 

日本語ニュースリリース: http://www.hrw.org/ja/news/2009/12/03-2

英語オリジナル:http://www.hrw.org/en/news/2009/12/03/un-use-upcoming-rights-review-press-north-korea 

 

(ジュネーブ、2009123日)−国連人権理事会(ジュネーブ)で、2009127日、北朝鮮の人権状況が審査される。この審査で、国連加盟国は、北朝鮮政府に対し、北朝鮮政府による重大な人権侵害を止めるよう求めるべきである、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。各国政府は、死刑、集団処罰、許可なく脱北した人々への処罰などについて提起し批判すべきである。

 

127日の審査は、北朝鮮政府にとって、初の国連 普遍的定期的審査(UPRUniversal Periodic Review)となる。同審査は、すべての国連加盟国が、四年に一度受ける人権状況の審査で、ジュネーブの国連人権理事会で行なわれる。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国連人権理事会に対し、北朝鮮の人権状況についての報告書(http://www.hrw.org/en/news/2009/04/18/universal-periodic-review-north-korea )を提出しており、食糧に対する権利や子どもの権利、労働者の権利などの諸問題について報告している。北朝鮮政府は、国連の総会や人権理事会が採択した北朝鮮の人権状況を非難する決議については完全拒絶する一方、他国に対する人権状況審査には参加してきている。

 

「北朝鮮政府は、自国についての国連決議は単なる中傷キャンペーンだと決め付けて拒絶している一方、UPR審査では、他国の人権状況を批判してきている」とヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア局長代理エレーン・ピアソンは述べた。「他国を批判しておきながら、自らへの批判は完全拒否、など許されない。」

 

たとえば、20085月に行なわれた韓国に対するUPR審査の際、北朝鮮政府は、韓国の治安維持法を批判。「特に、表現の自由と集会の自由に対する組織的侵害の原因となっている」と述べた。

 

北朝鮮の最高人民会議(国会に該当)は、今年4月、憲法を改正。北朝鮮政府が「人権を尊重し保護する」という規定を盛り込んだ。北朝鮮問題の専門家たちは、この憲法改正を、同国の悲惨な人権状況に対する批判が続いていることから、国際的イメージを改善しようとした動き、と見ている。

 

その他、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国連人権理事会に対して提出した報告書のなかで、北朝鮮での人道支援にも言及。北朝鮮政府は、世界食糧計画(World Food Programme)などの国際人道機関が透明性とアカウンタビリティに関する国際基準にそった形で援助物資配布のモニタリングをするのを許すべきだと述べた。援助物資配布の国際基準には、全国すべての地域へのアクセス、事前通知なしでの視察の自由、聞取り調査対象者の選択の自由などの確保などが定められている。北朝鮮は1990年代の飢餓からは回復したものの、いまも、北朝鮮全国で、食料不足は深刻。

 

北朝鮮政府は、自国民が国の内外を自由に移動することを認めるとともに、外国へ逃れた後に北朝鮮に強制送還されたり、あるいは、自主的に帰国した北朝鮮の人々を処罰するのをやめなくてはならない、ともヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。また、北朝鮮は子どもの権利条約を批准している。北朝鮮政府は、同条約で定められた諸権利を尊重し、なかでも、子どもにも類を及ぼす集団処罰をすぐやめるべきだ。また、北朝鮮政府は、国際労働機関(International Labour OrganizationILO)に加入するとともに、ILOの主要条約に加入すべきである。そして、ILO の北朝鮮訪問を認めて調査を許すとともに、労働者の権利の保護と促進にむけた議論を行なうべきである、とヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

 

また、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、北朝鮮政府に対し、繰り返し、死刑廃止を求めてきた。北朝鮮政府は、政府所有財産の窃盗や食料買いだめなどを「反社会主義」犯罪とし、そうした容疑で、多くの人々を処刑している。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチが国連に提出した報告書には、そのほかにも、北朝鮮政府が人権関係の国連機関と協力して国連の特別報告者の訪問を受け入れるとともに、国連人権高等弁務官事務所からの技術支援を受け入れるべきであることや、独立した中立的国際専門家に対してすべての種類の拘禁施設の視察を許すとともに視察調査を踏まえて出される勧告/提言の実施を重要課題として取り組むことなども勧告/提言している。

 

「憲法改正というリップサービスだけではいけない。北朝鮮政府は、人権侵害を解決するための具体的措置を講じなくてはならない」とピアソンは語った。「その第一歩は、国連システムと協力し、国連の人権専門家の訪問を受け入れて、その調査やアドバイスを受けることから始まる。」


配信に関するお知らせ:

このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja

 【コメント】
指摘どおりだと思います。以前、ヒューマン・ライツ・ウォッチ
の土井香苗代表が言われていた。

「北朝鮮の人々に対する人権侵害は、日本の目と鼻の先で起きている。しかし、日本政府は、日本人拉致問題については声をあげているものの、それ以外の問題についてはほとんど沈黙したままだ。日本の新政権は、北朝鮮政権に対し、より広い人権問題を強く働きかける先頭に立つべきだ。」

土井香苗、ヒューマン・ライツ・ウォッチの東京ディレクター

と言う話に同意です。日本政府の強い対応が求めれます。

恐怖です

ブログネタ
「こたつ」の魅力を語ってください! に参加中!

223fd95d78d0ef1ce603bd0b6506aa48<アフガン新戦略>CIAの無人偵察機攻撃拡大か 米紙報道

12月5日19時29分配信 毎日新聞

 【ワシントン大治朋子】4日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、ホワイトハウスが、米中央情報局(CIA)による無人偵察機(プレデター)を使ったパキスタン北西部での武装勢力掃討作戦の拡大を許可したと報じた。複数の政府高官の情報として伝えた。オバマ大統領が1日に発表した、3万人規模のアフガニスタン駐留米軍増派を核とするアフガン新戦略の一環とみられるという。

 同紙によると、オバマ政権はこれまで、アフガンとの国境沿いのパキスタン北西部の部族地域を中心に、無人偵察機による掃討作戦を展開した。今後はこの地域に加え、同部族地域の南方にあり、反政府武装勢力タリバンの指導者らの拠点があるとされるバルチスタン州にも拡大するという。

 CIAは、無人偵察機による攻撃の実施は認めているが、規模など詳細は明らかにしていない。同紙によると、ブッシュ前政権時代に比べ、オバマ現政権下での攻撃回数は増えているという。

 オバマ政権内には、米国防総省を中心に、地上部隊の増強を求める勢力と、米兵被害を減らすため、無人偵察機によるピンポイント攻撃を多用すべきだとするバイデン副大統領らを中心とした民主党系の勢力がある。オバマ大統領は、いずれの要請にも応える戦略を策定したとされる。

 パキスタンの国内メディアや国際人権団体は、無人偵察機による攻撃で多数の民間人が巻き添えになっていると批判を強めており、オバマ大統領の「決断」の是非をめぐる議論が、さらに活発化するとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091205-00000059-mai-int

 【コメント】
以前も無人偵察機の事はこのブログでも
指摘したことがありますがアフガニスタンやイラクでは
この無人偵察機に民間人の被害が多発している
そうです。厳正な処分や調査をしっかりと求めたいですね。

まさに

ブログネタ
「こたつ」の魅力を語ってください! に参加中!

成田空港で1カ月篭城中の中国人〜日本メディアが報道しない不思議

V 2009/12/03(木) 18:35
  成田空港で約1カ月籠城中の人権活動家、馮正虎さんのことをご存じだろうか。

  馮さんは上海の陳情者への法律相談など地道な人権擁護活動を続けてきた人だ。天安門事件当時、民主化運動の武力弾圧を批判したことがある。今年2月、当局に41日間監禁されたのち、出国を条件に釈放された。

  とりあえず当局が神経を尖らしている天安門事件20周年(6月4日)が過ぎるまで、昔留学したことのある日本に滞在したが、そのあと帰国しようとしたら、中国の入国を拒否された。11月4日までに8回帰国を試みたが全部未遂におわった。馮さんはこれに抗議するため最後に上海から強制送還されたあと日本への入国を拒否し、成田空港第一ターミナル南ウイングの制限エリア内で籠城生活を始めたのだった。

  その生活ぶりがツイッターで発信され、Twitter(ツイッター)でこの抗議活動を知った世界中の人権活動家が支援を開始。欧米、香港、台湾メディアが連日取材しネットでも話題になっている。中国国内でツイッターは読めないが、在外華人がブログなどで転載し、中国人の間でも「馮さんの帰国を許さないとは、中国の恥だ」と応援する声が盛り上がっている。

  ところが日本は当事国なのに今ひとつ報道が少ない。せいぜい朝日新聞が夕刊で紙面を割いたぐらいだ。

  馮さんは成田空港記者クラブを対象に会見も開いたし、日本の記者から個別取材もたくさん受けたという。しかし記事の扱いは小さい。どうしてか、と成田空港の広報に聞いてみたら「政治難民の問題など切り口が難しいんじゃないでしょうか」という。

  考えようによっては日本は被害者だ。中国の人権問題がたまたま日本で発生した。空港側としても、いわれなく一部施設を占拠され正直迷惑な話だろう。かといって強制排除すれば、批判をうけること間違いなし。

  これは日本が国際的な人権問題に対して、その国の内政としてあまりかかわってこなかったツケだと思う。しかし人的往来の頻繁な今、隣の国の人権問題が自国の問題にもなりうる。これを日中問題として公式に中国政府に善処するよう、日本政府はどうして強く求められないのだろうか。

  日本政府の対応も国際社会の目に広くさらされている。馮さんが病気になって倒れるまで座して待つ、というような態度だと、あとで恥をかくのではないだろうか。(執筆者:中国ウォッチャー 三河さつき 編集担当:水野陽子)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1203&f=column_1203_003.shtml

【コメント】
まさに記事の指摘通りだと思います。馮正虎さんの事は
以前もこのブログでも取り上げました。なぜマスコミが
この問題を日本のマスコミが取り上げないのか
大きな疑問です。以前、評論家の青木直人先生の言われていた
マスコミのチャイナタブーが原因だと思います。

金正日、国際法廷へ

116955171415618334顔は隠しても、涙は隠せず…北朝鮮人権告発女性

まさに

c102a2ab.jpg

●今度は自分が靴投げられる ブッシュ氏攻撃のイラク記者
 (12/02 12:37)

イラクのテレビ記者ムンタゼル・ザイディ氏(AP=共同)

 イラクの首都バグダッドで昨年12月、ブッシュ米大統領(当時)に靴を投げたイラクのテレビ記者ムンタゼル・ザイディ氏が1日、パリで記者会見中、別のイラク人から靴を投げられる騒ぎがあった。英BBC放送などが伝えた。

 靴はザイディ氏がかわしたため当たらなかった。フランスメディアによると、投げたのは米国のイラク政策を支持している記者で、ザイディ氏を非難していた。一方ザイディ氏は騒ぎの後「彼はわたしのテクニックを盗んだ」と皮肉った。

 AP通信によると、靴を投げた男が部屋を出るところをザイディ氏の親族が追いかけ、靴で攻撃し返した。同氏はイラク戦争の犠牲者について会見中だった。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/203237.html

●イラクの靴投げ記者、パリで会見中に靴投げられる

2009年 12月 2日 15:07 JST
 
[パリ 1日 ロイター] 昨年12月にイラクを訪問したブッシュ米大統領(当時)に靴を投げ付け、有罪判決を受けたイラク人記者ムンタゼル・ザイディ氏が1日、パリで記者会見中に、別のイラク人記者から靴を投げられた。

 この記者会見は、イラクの戦争犠牲者についての活動のためにザイディ氏が開いたもので、テレビの映像によると、投げ付けられた靴はザイディ氏に当たらなかった。

 フランスのメディアによると、今回靴を投げたイラク人記者は米国のイラク政策を支持する発言をし、ザイディ氏が独裁主義に同調していると非難していたという。


 ザイディ氏は、訪問中の国家元首に対する暴行罪で禁固3年を言い渡されたが、後に1年に減刑され、9月に早期釈放されていた。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12738520091202

【コメント】
まさにイスラム教の目には目、歯には歯ですね。
イラク戦争の評価は非常に難しいと思います。
正当な評価を出すにはまだ時間がかかると
思います。

難しい問題です

ブログネタ
消費税率の引き上げは、やむを得ないと思いますか? に参加中!

minarets-300x191国連人権弁務官がスイス非難 イスラム塔建設禁止で

2009.12.1 22:16

 ピレイ国連人権高等弁務官は1日、スイスがミナレット(イスラム寺院の塔)の新規建設を禁止することを国民投票で可決したことについて「差別的で(宗教間の)大きなあつれきを生む問題であり残念だ」などと厳しく非難する声明を発表した。

 高等弁務官は「スイスを含む多くの国で排外的かつ恐怖心をつくり出すような政治的な運動がなされていることは非難されるべきだ」と強調。建設禁止の賛成派が「禁止は(国民の)統合を促進する」と主張していたと指摘し、「これに有権者の多くが共鳴したのは悲しいことだ」と述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/091201/erp0912012218010-n1.htm


【コメント】
先日、スイスではこの問題が持ちきりのそうです。
基本的に難しい問題と思います。
欧州ではイスラム教に対する風当たりが
強いですからこのような結果が出てきます。
今後、日本でも同じ問題が出てくるかもしれませんね。
以下はスイスの地元紙です。

Minarets: les Suisses s’inquiètent des réactions des pays musulmans


Le gouvernement suisse tente de rassurer les pays musulmans après le référendum interdisant les minarets. Ce vote pourrait avoir des répercussions négatives sur le commerce et le tourisme. (L’équipe de Mondial Infos)

Affiches électorales de la droite suisse populiste pour l'interdiction de la construction de minarets, le 26 octobre 2009 à Zurich © AFP/Archives Fabrice Coffrini

GENÈVE (AFP) - La Suisse s’inquiétait lundi des conséquences pour ses relations commerciales et diplomatiques avec les pays musulmans et tentait de les rassurer, au lendemain du vote surprise massif de 57,5% de ses citoyens pour interdire les minarets, dans un pays qui compte 400.000 musulmans.
La ministre suisse des Affaires étrangères, Micheline Calmy-Rey, a expliqué lundi soir avoir reçu les ambassadeurs de pays musulmans pour leur « expliquer » les résultats du référendum.

« Nous essayons d’expliquer et d’informer sur les résultats du vote, en particulier dans les pays arabes et islamiques. J’ai rencontré les ambassadeurs des pays concernés (…) en poste à Berne », a déclaré la ministre à la radio française RTL.

Le gouvernement suisse craint « effectivement (…) que ce résultat ne soit pas sans conséquences pour (les) exportations et la branche du tourisme », a reconnu la ministre de la Justice et de la Police suisse, Eveline Widmer-Schlumpf.

En effet, pour le politologue Pascal Sciariani de l’Université de Genève, « il n’y aura pas forcément d’appel explicite des gouvernements de ces pays à boycotter la Suisse, mais il peut y avoir des réactions individuelles ou de l’élite appelant les musulmans à réduire leur fortune gérée en Suisse, à réduire leurs voyages touristiques, notamment à Genève, ou à compliquer les relations commerciales avec la Suisse ».

L’imam de la mosquée de Genève, l’une des quatre en Suisse flanquées d’un minaret, a lancé lundi un « appel au calme »: « Les musulmans du monde doivent respecter cette décision, sans pour autant l’accepter. Sinon nous serons les premières victimes », a déclaré l’imam Youssef Ibram dont la mosquée a été visée par des actes de vandalisme durant la campagne.

Plus que du monde islamique, les critiques les plus virulentes sont jusqu’ici venues d’Europe. Le ministre français des Affaires étrangères Bernard Kouchner s’est dit « scandalisé » par « une expression d’intolérance », tandis que l’UE et le Conseil de l’Europe ont affiché leurs craintes d’une stigmatisation de l’islam.

La Rapporteur spéciale de l’ONU pour la liberté de religion, Mme Asma Jahangir, a condamné une « discrimination évidente à l’encontre des membres de la communauté musulmane en Suisse ».

En Indonésie, le plus grand pays musulman au monde, la principale organisation musulmane a dénoncé lundi un signe de « haine » et d »‘intolérance » mais appelé à « ne pas réagir avec excès ». Dès dimanche, le grand Mufti d’Egypte, Ali Gomaa, avait fustigé « une insulte » aux musulmans du monde entier, mais encouragé les musulmans vivant en Suisse à « dialoguer » avec les autorités.

Genève, important centre financier en matière de gestion de fortunes et haut-lieu du luxe international prisé des riches touristes arabes, craint particulièrement les résultats d’un vote lancé par l’Union démocratique du centre (UDC, droite populiste), le principal parti au parlement fédéral.

Chaque année, les visites à Genève des ressortissants des pays du Golfe génèrent environ 250 millions de francs suisses (164 millions d’euros), soit un dixième des revenus touristiques de la ville.

L’impact du vote des Suisses reste pour l’instant difficile à chiffrer.

« Les suites immédiates de la votation sont limitées », relève le journal zurichois Neue Zürcher Zeitung (NZZ).

« Le regard du monde musulman sur la Suisse ne sera plus jamais le même », avertit le directeur du Centre d’études et de recherche sur le monde arabe et méditerranéen à Genève, Hasni Abidi.

L’UDC a averti lundi qu’il préfère que la Suisse « résilie les traités » internationaux plutôt que de se plier à une décision de l’Onu ou de la Cour européenne des droits de l’homme.

Plusieurs hommes politiques, notamment du parti des Verts, ainsi que des membres de la communauté musulmane en Suisse, ont évoqué la possibilité de recourir à ces deux organismes internationaux, estimant que l’interdiction des minarets viole les traités souscrits par la Suisse.

La Suisse compte environ 400.000 musulmans sur une population de 7,5 millions d’habitants, faisant de l’islam la deuxième religion du pays après le christianisme, selon les chiffres du gouvernement.

 © 2009 AFP
http://www.mondial-infos.fr/actualite/nouvelles-lois/minarets-les-suisses-sinquietent-des-reactions-des-pays-musulmans-18139622/

事実ですね

中国の「裏監獄」、国営週刊誌が認める記事を掲載

北京(CNN) 中国国営・新華社通信が発行する週刊誌「瞭望」が11月下旬の号で、国際人権団体が告発していた違法な「裏監獄」を認める記事を掲載した。中国政府は「裏監獄」の存在を否定しており、国営メディア傘下の出版物で政府見解と異なる内容が掲載されるのは、非常に珍しい。

 

中国の「裏監獄」については、米ニューヨークに本部を置く国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが11月中旬に報告書を発表。正当な司法手続きを受けることなく多くの人々が拘束され、暴力など重大な人権侵害が行われていると指摘していた。この告発に対し中国政府は、そのような施設は一切存在しないと、否定していた。

 

しかし、瞭望誌は「グレー産業」として裏監獄の存在について掲載。中央政府へ窮状を訴えるため、地方から都市部にやってきた人々を監視するため、地方当局が北京に派遣した職員が、人々を拘束していると指摘。「裏監獄」は、中央政府からの批判や「お叱り」を恐れる地方当局者が設置していると分析している。


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200911300029.html

【コメント】
この放送で裏監獄の存在が明らかに
なりましたね。今後も問題にしていかないと
いけないと思います。

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 日本へ入国拒否されたナタリア・ポクロンスカヤ露下院議員 クリミア紛争の制裁絡みか!?
  • アフリカの最悪の人権侵害国家エリトリアの悪夢
  • トルコのシリア侵攻問題でロシアの反対で機能不全に陥った国連安全保障理事会
  • シリアに侵攻したトルコ軍が民間人を大量処刑へ 国際社会から批判が激しい批判が出る
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ