残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

mai 2013

日本人拉致被害者の血縁者も北朝鮮に送還??ラオスの脱北者送還問題でヒューマン・ライツ・ウオッチが非難声明を公表する

画像1
人権団体 脱北者強制送還のラオスを厳しく非難
5月30日 15時29分

東南アジアのラオスに逃れたいわゆる脱北者9人が拘束され、北朝鮮に強制送還されたことについて、国際的な人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは声明を発表し、ラオスなどの対応を厳しく非難しました。

アメリカに本部を置く国際的な人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは、30日、声明を発表し、脱北者が北朝鮮に強制送還されれば危害を加えられることは予想できたとして、拘束した9人を北朝鮮に引き渡したラオスの対応を非難しました。
そのうえで、9人が中国を経由して強制送還されていることから、「中国は難民認定の義務を果たさず、人権を無視した」として、事実上、強制送還を黙認したとして、中国にも責任があると指摘し厳しく批判しました。
また、声明では北朝鮮に対して、「9人が国から逃げたことについて、報復や危害を与えないよう保障しなければならない」として、送還された9人の安全を保障するよう強く求めました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130530/k10014956241000.html

For Immediate Release:

画像1
North Korea: Denial of Rights Forces Back Refugees
China and Laos Put Nine North Koreans, Including Children, at Risk of Torture, Imprisonment

(New York, May 30, 2013) – North Korea should immediately reveal the whereabouts and well-being of nine North Korean refugees who were forced back to Pyongyang from Beijing on May 28 according to media reports, Human Rights Watch said today, emphasizing that the government must ensure that they are not punished for having fled the country. Under international law, individuals have the right not to be forcibly returned to a place where they face persecution.

“North Korea has to come clean on where these nine refugees are and publicly guarantee that they will not be harmed or retaliated against for having fled the country,” said Phil Robertson, deputy Asia director of Human Rights Watch. “As a result of their return they are at dire risk – North Korea criminalizes unauthorized departures and is known to torture those caught trying to escape and those sent back.”

Media reports indicate that Lao government officials detained the nine people on May 10 and held them for more than two weeks, during which time South Korean diplomats who had requested access to the group were not permitted to meet them. Varying reports suggest that the members of the group range from ages 14 to 23. The Lao government sent the group to Kunming, China on May 27, and Chinese government authorities reportedly checked their travel documents before transferring them to Beijing on the evening of May 27.

On May 28, the nine were reportedly put on a flight to Pyongyang. North Korean officials allegedly accompanied them in their journey from Laos to China, and from China to North Korea. There is no indication the nine were given the opportunity in Laos or in China to lodge asylum claims.

North Koreans who leave the country face certain harsh punishment upon repatriation, making them refugees sur place (that is, people who become refugees as a result of fleeing their country or due to circumstances arising after their flight). Human Rights Watch’s findings from years of interviews with North Korean refugees are that the intensity and degree of interrogation, torture, and punishments depend on North Korean authorities’ assessments of what returnees did while outside North Korea, and whether they were seeking to contact, do business with, or flee to South Korea. Persons suspected of contact with South Koreans, or attempting to defect to South Korea, are frequently given lengthy terms in horrendous detention facilities known as kyo-hwa-so (correctional, reeducation centers) where forced labor is combined with chronic food and medicine shortages, harsh working conditions, and mistreatment by guards.

The North Korean Ministry of Public Security adopted a decree in 2010 making defection a crime of “treachery against the nation.”

A senior officer of the North Korea Security Department (bowibu) who defected in 2011 told Human Rights Watch that “every captured defector [in my area] was sent to me” and described torture during interrogations of defectors. He said “psychological suffering is the first… they are put in solitary confinement and minimum food given, only enough for surviving… A person saying nothing will be beaten. Depending on the reaction, beating will be different.”

Such punishments clearly contravene the International Covenant on Civil and Political Rights which North Korea has ratified. Specifically, article 12 (2) provides that “everyone shall be free to leave any country, including his own” and article 7 states that “No one shall be subjected to torture or to cruel, inhuman or degrading treatment or punishment.”

In returning the North Koreans, China once again violated its commitments as a state party to the 1951 Convention relating to the Status of Refugees, its 1967 Protocol, and the 1984 Convention Against Torture and other Cruel, Inhuman, and Degrading Treatment. The 1951 Refugee Convention sets out in article 1 that a refugee is a person who “owing to well-founded fear of being persecuted for reasons of race, religion, nationality, membership of a particular social group, or political opinion is outside the country of his nationality and is unable or, owing to such fear, is unwilling to avail himself of the protection of that country…” As the United Nations High Commissioner for Refugees Handbook makes clear, persecution that arises as a result of, or after, fleeing one’s country also fulfills this qualification. The Convention against Torture, article 3, provides, “No State Party shall expel, return (refouler) or extradite a person to another State where there are substantial grounds for believing that he would be in danger of being subjected to torture.” This protection is considered a norm of customary international law, binding on all nations, and is therefore incumbent on both China and North Korea to respect.

The Lao government is also culpable in the serious harm that these North Koreans will likely face in North Korea, Human Rights Watch said. While Laos has not ratified the Refugee Convention, it is still bound by customary international law to not return people to a situation where they will face certain torture.

“Laos and China again demonstrated their disregard for human rights by allowing the North Korean government to forcibly return these nine people without fulfilling their obligations to allow refugee status determination,” Robertson said. “These three governments will share the blame if further harm comes to these people.”

For more Human Rights Watch reporting on North Korea, please visit:
http://www.hrw.org/asia/north-korea

For more Human Rights Watch reporting on South Korea, please visit:
http://www.hrw.org/asia/south-korea

For more Human Rights Watch reporting on China, please visit:
http://www.hrw.org/asia/China

For more Human Rights Watch reporting on Laos, please visit:
http://www.hrw.org/asia/laos

ラオスでの脱北者送還問題は送還された脱北者が日本人拉致被害者の
血縁者であった情報が出ています。今回の件では脱北者の
保護を求めたアメリカ大使館、韓国大使館の対応に問題が
出ています。国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチも
抗議声明を出しました。

Facebookが人権保護に取り組みを約束 ヒューマン・ライツ・ウォッチの挑戦

米国:フェイスブック 人権保護の取り組みを約束
世界最大のソーシャルメディアがGNIに参加
画像1

英語オリジナル: http://www.hrw.org/news/2013/05/22/united-states-facebook-makes-human-rights-commitment
日本語リリース: http://www.hrw.org/node/115897

(ワシントンDC、2013年5月22日)−フェイスブック (Facebook) のグローバル・ネットワーク・イニシアティブ(以下GNI)への参加は、人権尊重の強化に向け大変重要な一歩である、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。GNIは、テクノロジー関連企業による表現の自由とプライバシーの権利の保護を確立するために、2008年に設立された。

フェイスブックは、1年間のオブザーバー期間を経て、この度GNIに正式加入した。同社は正規メンバーとして、表現の自由とプライバシーの権利尊重のため、一連の人権保護原則の順守を約束。また、同イニシアティブの基準に従っていることを示すため、独立した第三者によるモニタリングも受けることとなる。

「フェイスブックは、10億人以上の利用者の人権を守る重大な責任を負っている。同社は、グローバル・ネットワーク・イニシアティブへの参加を通じ、利用者の人権を支持し、説明責任を果たす決意を示した」とヒューマン・ライツ・ウォッチのビジネスと人権局長兼GNI運営委員であるアービンド・ガネサンは述べた。

グローバル・ネットワーク・イニシアティブ(GNI)は、表現の自由とプライバシーの権利に関する、テクノロジー業界の企業責任についてグローバルな基準を確立するべく、2008年に設立された。フェイスブックはGNIへの参加により、適切な人権保護対策の実行を約束。GNIはメンバー団体に対し、団体の取り組みと進捗状況に関するモニタリングを受け入れることを義務付けており、この点において他の自主的な業界基準とは異なる。もしメンバーがこれらの義務に従わなければ、同イニシアティブから除名される可能性もある。

人権活動家と市民社会団体は、政府やその他組織の説明責任を追求するために、これまで以上にソーシャルメディアを活用するようになってきている。インターネット以外の、伝統的な「オフラインメディア」(新聞、ラジオ、テレビなど)が厳しく規制されている国々では、ソーシャルメディアは中立なニュースの情報源として、また市民による議論の場として重要な役割を担っている。ジャーナリストや活動家にとっては、情報発信のもうひとつの手段として極めて貴重な位置を占めている。一例としてマレーシアでは、2013年5月の選挙前に、独立系ラジオ局やネット新聞社のウェブサイトを狙って連続したサービス妨害攻撃が発生。この攻撃によりウェブサイトがダウンしてしまったのを受け、フェイスブックやその他ソーシャルメディアでの情報発信に切り替えた。フェイスブックの企業方針は、利用者が同サービスを使い、自らの表現と情報の自由に関する権利、そしてプライバシーを守る権利を行使するための力を大きく左右しうる、とヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

その一方、フェイスブックは、オンライン上での女性への暴力を支持しているようにみられる投稿やサイトに対する明らかに恣意的なアプローチや、その他の情報を検閲する要求に対し、広範な批判に直面している。GNIは、これらの問題を対処できるフォーラムであり、そうすることは、GNIの原則を実現するためにフェイスブックが受け入れた責任である。

また、インターネットは検閲や弾圧のための有効なツールとなり得ることを、各国政府も気付き始めていることは懸念すべきことである。ネット上の掲載情報を検閲し、活動家や人権保護に携わる人びとを監視するために、当局はインターネット企業への協力要請を強めている。ソーシャルメディア企業は、コンタクトリスト、所属グループ、そして時にはEメールやチャットの記録を含む、慎重に扱うべき個人情報を収集保管しているが、政府はこれらの情報にアクセスできるよう、企業への圧力を強めつつある。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ブロガーの逮捕や拘禁、ウェブサイトとその掲載内容への制限、そして平和的な政治活動家に対するオンライン上の脅迫と監視が、近年増大していることを確認している。

フェイスブックをはじめとするインターネット関連企業は、人権に敵対的な環境の中で事業を行うことが多い。よって、オンライン上の人権を保護し、政府から検閲や利用者情報へのアクセスの要求があった際の意思決定の指針となる、有効な方針と手続きを備えるべきである、とヒューマン・ライツ・ウォッチは考える。ヒューマン・ライツ・ウォッチはGNIの創設メンバーであり、理事の一員を務める。大きくなる企業責任の中で、GNIのような自主的な枠組みは重要な構成要素だが、最終的には、全インターネット関連企業が利用者の人権を尊重することを確保する規制も必要である。

フェイスブックの他には、これまでにグーグル、マイクロソフト、ヤフー、音声録音サービスのEvoca、ソフトウェアメーカーのウェブセンスの5社が、GNIに参加している。 本イニシアティブは、人権団体や社会的投資を行なうグループ、研究機関、中立な専門家を含む、多様なステークホルダーで構成される理事会が運営している。

「オンライン、そしてオフラインの人権保護責任を認識する企業が増えている。フェイスブックはその一部だ」と前出のガネソンは指摘する。「インターネット業界全体において、有意義な企業の説明責任が達成されなければ、ネット関連企業は人権の守り手になれないのみならず、抑圧に加担してしまう危険性さえある。」

配信に関するお知らせ:
このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja

Facebookの人権保護の取り組みへの参加とヒューマン・ライツ・ウォッチ
の挑戦を心から応援したいと思います。今は国家の力を凌ぐグルーバル企業
が人権擁護の動きに参加するのは非常に効果的だと思います。
古来より人権侵害は国家が行う専売特許でしたがグルーバル企業
も人権侵害に関与する可能性もあります。

大物上院議員が極秘にシリアを訪問へ マケイン上院議員が反体制派と極秘会談

マケイン米上院議員が極秘でシリア入り、反体制派と協議
2013年05月28日 14:44 発信地:米国
画像1
【5月28日 AFP】米国のジョン・マケイン(John McCain)上院議員(共和党)は27日、トルコ側からシリア入りし、反体制派の幹部らと会談した。マケイン氏の側近が同日、明らかにした。シリア滞在は数時間で、その後トルコへと戻った。マケイン氏とともにシリアを訪問した米議員はいなかったという。

 マケイン氏のシリア訪問については、事前に報告されておらず、予告なしの訪問だった。訪問について最初に報じた米ニュースサイト「デーリー・ビースト(Daily Beast)」によると、マケイン氏は反体制派の自由シリア軍(Free Syrian Army、FSA)のセリム・イドリス(Selim Idriss)氏とともにトルコからシリアに入国したという。同サイトはマケイン氏側近の発表より早く、訪問について伝えていた。

 また同サイトによると、マケイン氏と会談した反体制派の幹部らは、殺傷力のある兵器の提供や飛行禁止空域の設定、シリア政権側に対する空爆などを含む、さらなる支援を米国に求めたとされる。

 2008年の米大統領選共和党候補となったマケイン氏は、反体制派側に人道援助で支援する一方で武器供与は拒否しているバラク・オバマ(Barack Obama)大統領のシリア政策を厳しく批判している議員の1人だ。

 前週以降、政権側による中部クサイル(Qusayr)を中心とした反体制派への攻勢が強まっている。(c)AFP
AFPBB News トップへ

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2946651/10806256?ctm_campaign=txt_topics

シリアでの内戦状態の中で共和党大物のマケイン上院議員が極秘でシリアを
訪問して反体制派と会談しました。マケイン上院議員は以前からシリアへの
アメリカへの積極的な介入を主張している人物です。この会談が
どう展開するか注視が必要だと思います。

同性婚法が世論を二分したフランス

仏パリで同性婚反対デモ、警官隊と衝突で96人逮捕
2013年05月27日 11:35 発信地:パリ/フランス
画像1

【5月27日 AFP】フランス・パリ(Paris)中心部で26日、今月成立した同性婚合法化法に抗議する大規模な抗議集会が行われ、一部の参加者が警官隊と衝突し96人が逮捕された。警察発表による参加者は15万人。一方、主催者側は100万人が参加したと発表した。

 デモ会場となった観光名所アンバリッド(Invalides、旧廃兵院)は、同性婚反対派のシンボルカラーとなっているピンク色と青色の旗で埋め尽くされた。与党・社会党本部前で極右活動家らがフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領の退陣を求める一幕もあったが、デモはおおむね平穏に行われた。

 画像1
しかし夕方になってデモが解散する際、警察によると最大500人ほどの若者らが警官隊に向かって金属製の通行止めバリアーや発煙筒、ビール瓶などを投げ始めたという。若者たちは「社会主義の独裁だ」などと叫び、取材していた記者らにも物を投げつけるなどした。警官隊は催涙弾で応酬し、96人を逮捕した。

 フランスでは5月18日、同性婚と同性カップルによる養子縁組が合法化された。数か月にわたって抗議行動を展開してきた同性婚反対派は26日のデモを土壇場の抵抗だとしており、当局は4500人規模の警備体制を敷いて極右活動家らへの警戒を強めていた。マニュエル・バルス(Manuel Valls)内相はデモに子供を連れて行かないよう呼びかけていたが、多くのデモ参加者は最近の緊張の高まりを気にすることなく家族連れで参加した。(c)AFP/Charlotte Plantive

http://www.afpbb.com/article/politics/2946454/10809731?ctm_campaign=txt_topics

フランスが同性婚を合法化、世界で14か国目
2013年05月18日 16:11 発信地:パリ/フランス
画像1

【5月18日 AFP】フランスのフランソワ・オランド(Francois Hollande)大統領は18日、同国で数か月にわたり激しい政治的論争を巻き起こしてきた同性婚合法化法に署名した。フランスは同性婚を認める世界で14番目の国になった。

 右派の野党勢力が行った違憲審査請求が最後の障害になっていたが、憲法会議は17日にこれを退ける判断を下した。新法では、同性カップルによる養子縁組も合法化される。

 この法律の制定を推進してきたクリスティアーヌ・トビラ(Christiane Taubira)法相は以前の発言で、同国初の同性婚カップルは6月にも誕生するという見通しを示している。

 同性婚反対派は今後も運動を続けるとしており、今月26日にはパリ(Paris)で大規模な抗議デモが予定されている。法案をめぐっては、数か月前から激しい議論と数百の抗議デモが起きており、デモが暴力行為に発展することもあった。

 オランド氏は、昨年の大統領選で、「すべての人のための結婚」を中心的な公約として掲げていた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2944713/10761958?ctm_campaign=txt_topics

日本のマスコミはあまり報道しませんがフランス国民議会を通過して
成立した同性婚法ですが右派左派の反対 抗議運動がパリ市内各地で
行われて警察機動隊との衝突から多数の逮捕者を出す騒ぎになっています。
今後も欧州では同性婚法の成立が出てくると思います。

排外主義を許すな!! フランスでの民族排外主義への取り組み

人種差別的落書き追放アプリ、仏人権団体がリリース
2013年05月26日 17:00 発信地:パリ/フランス
画像1

画像1
【5月26日 AFP】フランスで人種差別的な落書きの撲滅を支援するスマートフォン(多機能携帯電話)向けアプリを、人権団体がリリースする。
画像1

 このアプリは「反人種差別・反ユダヤ差別国際連盟(LICRA)」が提供するもので、差別的な落書きを見つけたユーザーがその写真を撮影し、位置情報と共にLICRAへ送信できる。LICRAでは地元当局と協力し、そうした落書きを敏速に消去する。アプリは6月11日からダウンロードできるという。

 ここ数か月、フランス各地で建物への人種差別的な落書きが相次いでいる。被害を受けた建物の大半はイスラム教のモスクで、中部リモージュ(Limoges)のあるモスクでは、昨年7月に人種差別的な落書きをされて以降、排泄物や、今月に入ってからは血を連想させる赤い液体を塗られるなど繰り返し被害に遭っている。また、与党・社会党の地元支部が入る建物への落書きも1件あったという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2946280/10806137?ctm_campaign=txt_topics

フランスでは排外主義の取り組みとしてこのような
取り組みが行われています。欧州では排外主義に対して
様々な施策が行われています。排外主義団体とはイタチごっこですが
重要な取り組みだと思います。

オバマ政権最大の危機へ 報道の自由を愚弄したオバマ政権!!


社説:AP通話歴調査 「報道の自由」を軽く見た
毎日新聞 2013年05月23日 02時30分
画像1

 米国と日本では法体系も慣習も違う。報道機関の位置づけも違うだろう。が、そうと知りつつ日本の新聞として心配せざるを得ない。国家権力が記者の通話記録を秘密裏に入手して情報源などを調べる社会が、果たして健全で民主的だろうか。

 事の起こりは昨年5月、米中央情報局(CIA)が中東イエメンから米国へ向かう飛行機の爆破テロを阻止したことだ。国際テロ組織アルカイダが関係する事件の経緯をAP通信が詳細に報じ、オバマ政権は国家機密が漏れた疑いがあるとみて、AP通信記者らの当時の通話記録を極秘に入手した。

 対象者の数は不明だが、記事に関与した記者5人と編集者1人が含まれるとされ、情報源を探った可能性が強い。米司法省は10日、APに通話記録の入手を通知し、同社の社長兼最高経営責任者(CEO)がホルダー司法長官に「取材活動への前例のない介入」であり憲法に違反すると抗議して対立が表面化した。

 APは世界の代表的な通信社だ。米有力紙が相次いで政権を批判したのも当然だろう。ニューヨーク・タイムズ紙の「APに対するスパイ行為」と題した社説(15日)は、オバマ政権になるまで米国のスパイ防止法(1917年施行)は3回しか適用されていないのに、同政権は既に6人の政府当局者らを訴追したとして過剰な警戒ぶりを示唆した。

 APは、事前に米政府と協議し安全上の懸念がなくなってから記事を配信したと主張しており、政権与党の民主党からもオバマ政権の勇み足をいさめる声が出ている。さらに内国歳入庁(IRS)が保守系団体への免税措置の審査を厳しくしていたという問題や、昨年の在リビア米領事館襲撃事件に関して米当局が情報を隠していた疑いが浮上し、オバマ政権は苦しい立場だ。

 そんな折、オバマ大統領が「メディア保護法」の成立に意欲を見せたのは、批判かわしの側面もあるとはいえ、歓迎すべきである。米国では記者の情報源秘匿を認める州が多いが、連邦レベルでは事情が異なり、情報源を明かさなかったために法廷侮辱罪で収監された記者もいる。保護法は、記者に法廷で情報源に関する証言を求めないとの項目を含んでおり、成立すれば米国のジャーナリズムに少なからぬ影響を与えよう。

 01年の米同時多発テロ以来、米国が安全保障に細心の注意を払うのは理解できる。最近もボストン・マラソンで無差別テロがあった。だが、米国は優れたジャーナリズムで世界をリードする国でもある。記者を萎縮させる制度や法は米国のみならず国際社会の利益も損なう。この際、報道の自由の重さを再確認したい。

http://mainichi.jp/opinion/news/20130523k0000m070119000c.html

AP通信の盗聴事件にはついては以前、触れましたが
毎日新聞の社説ですがよく論点を捉えています。
オバマ大統領の直接関与はまだ不透明ですが
関与が事実なら第二のウオーターゲート事件に
なるのではと言われているので今後の動きを中止したいと思います。

国連人権理事会も認めた!!東電原発事故は人権侵害である

画像1
避難区域設定基準の厳格化求める 国連人権理、初動も批判

 【ジュネーブ共同】東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発事故の被災状況を調査した国連人権理事会の健康問題に関する特別報告者、アナンド・グローバー氏は24日までに、避難区域を設ける基準を厳格化し、年間被ばく線量を1ミリシーベルト未満にするよう求める報告書を公表した。

 原発事故発生後の日本政府の初動も批判。緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)が有効に活用されず、甲状腺被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤が適切に事故地域に配布されなかったとするなど、日本政府には厳しい内容となっている。

http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052401002528.html


画像1


福島第1原発事故:国連報告書「福島県健康調査は不十分」
毎日新聞 2013年05月24日 15時00分(最終更新 05月24日 16時59分)

 東京電力福島第1原発事故による被ばく問題を調査していた国連人権理事会の特別報告者、アナンド・グローバー氏の報告書が24日明らかになった。福島県が実施する県民健康管理調査は不十分として、内部被ばく検査を拡大するよう勧告。被ばく線量が年間1ミリシーベルトを上回る地域は福島以外でも政府が主体になって健康調査をするよう求めるなど、政府や福島県に厳しい内容になっている。近く人権理事会に報告される。

 報告書は、県民健康管理調査で子供の甲状腺検査以外に内部被ばく検査をしていない点を問題視。白血病などの発症も想定して尿検査や血液検査を実施するよう求めた。甲状腺検査についても、画像データやリポートを保護者に渡さず、煩雑な情報開示請求を要求している現状を改めるよう求めている。

 また、一般住民の被ばく基準について、現在の法令が定める年間1ミリシーベルトの限度を守り、それ以上の被ばくをする可能性がある地域では住民の健康調査をするよう政府に要求。国が年間20ミリシーベルトを避難基準としている点に触れ、「人権に基づき1ミリシーベルト以下に抑えるべきだ」と指摘した。

 このほか、事故で避難した子供たちの健康や生活を支援する「子ども・被災者生活支援法」が昨年6月に成立したにもかかわらず、いまだに支援の中身や対象地域などが決まっていない現状を懸念。「年間1ミリシーベルトを超える地域について、避難に伴う住居や教育、医療などを支援すべきだ」と求めている。【日野行介】

 ◇グローバー氏の勧告の骨子

 <健康調査について>

・年間1ミリシーベルトを超える全地域を対象に

・尿や血液など内部被ばく検査の拡大

・検査データの当事者への開示

・原発労働者の調査と医療提供

<被ばく規制について>

・年間1ミリシーベルトの限度を順守

・特に子供の危険性に関する情報提供

<その他>

・「子ども・被災者生活支援法」の施策策定

・健康管理などの政策決定に関する住民参加

http://mainichi.jp/select/news/20130524k0000e040260000c.html

一行に廃炉作業の見通しが立たない東電原発事故ですが
国連人権理事会が事故の初動対応から現在の被曝対策も
含めて激しい批判がしました。日本政府には
国連からの勧告をしっかり対応するべきだと思います。

オバマ政権 対テロ戦争での無人攻撃機運用等のCIA秘密作戦を大幅に変更へ

米無人機の運用権限、CIAから国防総省に一部移管へ=関係筋
2013年 05月 21日 16:29
画像1

「ワシントン 20日 ロイター」 オバマ米政権は、無人機を使った国外でのテロ掃討作戦の一部について、運用権限を中央情報局(CIA)から国防総省に移管する方針を決定した。複数の米政府筋が20日明らかにした。

オバマ政権は、批判も多い無人機を使ったテロ対策の透明性向上を掲げており、国防総省への権限一部移管により、議会が無人機運用を厳しく監視できるようになる。

オバマ大統領は23日にワシントンの国防大学で演説を予定しており、その中で無人機によるテロ対策についても触れるとみられる。ただ、運用権限移管を同演説内で発表するかどうかはまだ分からないという。

http://jp.reuters.com/article/jpUSpolitics/idJPTYE94K04D20130521

画像1
米 無人機攻撃の実態 初めて明らかに
5月23日 20時52分

アメリカ政府は、テロ組織のメンバーでアメリカ国籍を持つ4人を海外で無人攻撃機を使って殺害したことを初めて明らかにし、戦争に関する国際法に基づく合法的な行為だと強調しました。

アメリカのオバマ政権は対テロ戦争の切り札として、テロ組織のリーダーらを狙って無人機による攻撃を世界各地で行っていますが、議会などを中心にアメリカ国籍を持つ人物を裁判など国内法の手続きなしに殺害することに対して、法的な根拠の説明を求める声が高まっています。
こうしたなかホルダー司法長官は、22日、議会に宛てた書簡の中で、これまでに無人攻撃機を使ってアメリカ国籍を持つテロ組織のメンバーら4人を殺害したことを、アメリカ政府として初めて明らかにしました。
しかし、ホルダー長官は、実際に標的として攻撃したのはイエメンのテロ組織を率いていた1人だけで、あとの3人は、攻撃に巻き込まれて死亡したと説明しました。
また、こうした攻撃の法的な根拠については、「拘束は現実的には不可能であり標的にするかどうか政権内で十分議論しており、戦争に関する国際法においても合法だ」として、正当性を強調しました。
今回の発表は、日本時間の24日に予定されている、オバマ大統領によるテロ対策など安全保障政策に関する演説を前に行われ、演説の中で、オバマ大統領みずから無人攻撃機の問題についても説明する見通しです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130523/k10014800981000.html

対テロ戦争を10年を超える様々な問題点が出てきています。
特に無人攻撃の運用の改善を求める意見が出ています。
オバマ政権も政策を大きく変更する動きが
出ています。さらにCIAが禁止されている暗殺行為を
行っている事に批判が出ています。明日のオバマ大統領演説を
中止したいと思います。

北朝鮮の人権状況を改善せよ!!裁かれるのは北朝鮮指導部です

「北朝鮮指導部に人権の責任問うべき」…米キング特使
2013年05月22日09時31分
画像1

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment7hatena0
画像1
写真拡大
米国務省のロバート・キング北朝鮮人権問題担当特使。 米国務省のロバート・キング北朝鮮人権問題担当特使は21日、「北朝鮮の人権状況は依然として嘆かわしい。われわれは引き続き北朝鮮指導部にこれに対する責任を問わなければならず、人権問題に注目しなければならない」との考えを明らかにした。駐韓米国大使館と東アジア研究院、成均館(ソンギュングァン)大学がこの日ソウルの成均館大学600周年記念館で開いた北朝鮮政策カンファレンスでの基調演説(レスリー・バセット駐韓米国副大使が代読)を通じてだ。

キング特使は、「米国務省が刊行する国別の年次人権報告書のうち北朝鮮の人権報告書は毎年変化がほとんどなく残念だ。数週間前にケリー国務長官が発表した報告書によると北朝鮮国内での裁判のない処刑、行方不明、任意的拘禁、政治犯逮捕などに対し脱北者の証言が続いている」と指摘した。彼は「外部世界に対する北朝鮮の露出を増加させ肯定的な変化を作り出さなければならない」と提示した。

キング特使は米国務省の支援を受けるインターメディア研究所が昨年5月に刊行した「静かな開放:メディア環境変化の中の北朝鮮住民たち」という報告書を引用し、「北朝鮮に変化の雰囲気が感知されている」と指摘した。彼は「この報告書には、北朝鮮の政権が住民を統制しているが、北朝鮮住民の20〜30%が外国のラジオ放送を聴取した経験があり、50%は外国のDVDを視聴したという内容が含まれている」と伝えた。

彼は特に、「北朝鮮が住民の生活を改善するには国連安保理決議案に基づき人的資源に投資し非核化の道を進まなくてはならない。結局は北朝鮮指導部が決めること」と明らかにした。キング特使は25日まで韓国と日本に滞在し6カ国協議の韓国と日本の代表に会い北朝鮮の人権と食糧問題を議論する予定だった。しかし突然訪韓がキャンセルされ、この日の行事にも参加できなかった。

http://japanese.joins.com/article/873/171873.html?servcode=500§code=500

訪日、訪韓を中止したキング北朝鮮人権担当大使のコメントです。
北朝鮮の広範囲での人権侵害に対して国際的な
批判が出ていますが改善の余地もありません。
やはり国際的な圧力が必要です。

国際社会の政治的駆け引き シリア内戦の新しい視点 カタールの役割

社説:シリア内戦とカタール
2013.05.21(火)
Financial Times:プロフィール
(2013年5月20日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
画像1

カタールの王族は活動家のような外交政策で一体何を成し遂げたいと思っているのだろうか――。天然ガスに富んだ超活動的な首長国カタールを研究する外交官らは、過去に何度もこの疑問を口にしてきた。

 カタールはかつて、ペルシャ湾岸地域の大国サウジアラビアの影で生きる内気で発展の遅れた国だった。ところが今、世界第3位の規模を誇る天然ガス埋蔵量に裏打ちされたカタールの富は、変遷を遂げる中東地域において同国が政治的影響力を追求するうえで強力な武器となっている。

 その影響力がどこよりもはっきり見て取れるのがリビアとシリアだ。カタールは2011年に、リビアの指導者、ムアマル・カダフィ大佐を倒した反政府勢力を後押しした。そして現在カタールは、シリアのアサド体制打倒を目指す反政府勢力の主要支援国となっている。

 本紙(英フィナンシャル・タイムズ)の調査が示したように、シリア反政府軍に武器を提供するカタールの取り組みは、サウジアラビアに追い抜かれようとしている。それでもカタールは過去2年間で反政府勢力への支援に30億ドルの資金を投じている。これは、どの政府の支援額をも大きく上回る額だ。

混乱も招いた介入

画像1
 シリア国内でのカタールの活動を観察している向きは、その動機について意見の一致を見ない。カタールの首長であるハマド・ビン・ハリファ・アルサーニ氏は、イスラム世界の大物になる野心を抱いていると言う人もいれば、カタールの王族のアルサーニ家にとっては、アラブの民衆蜂起が自国を襲う事態を避けるために、他国の革命を推進することが都合がいいと見る向きもある。

 だが、カタールによるシリア介入は、アサド体制に対する反乱を後押ししたが、混乱も生んだ。サウジアラビアは、シリアの体制派と戦う反乱軍のうち、一握りの非宗教的な派閥とサラフィー主義の集団だけを支援している。対照的にカタールは支援先をそれほど選別しておらず、サウジ政府が忌み嫌うムスリム同胞団を通じて活動している。

 その結果、カタールとサウジは昨年、別々の対立する軍事同盟を結ぶことになった。この対立関係は、アサド体制に対する反乱を弱体化させ、武器が過激派のジハード主義者の手に落ちる結果を招いた可能性がある。

 カタールとサウジの分裂をもたらした一因は、米国がシリア内紛に関与するのを渋る姿勢だった。米国政府は最近、武器供給を調整するための「作戦指令室」をトルコとヨルダンに設置し、湾岸諸国からシリア反政府勢力に渡る武器の流れを効率化しようとした。だが、米国はもっと早くに関与すべきだった。

 米国、英国、フランスがシリア国内で戦う穏健派勢力に自前の武器を提供するまで、アサド体制に対する反政府勢力の戦いは混乱した状態が続く。こうした武器供与は西側諸国に、アサド退陣圧力が消えないようにするために必要な影響力を与えるはずだ。

c The Financial Times Limited 2013. All Rights Reserved. Please do not cut and
paste FT articles and redistribute by email or post to the web.

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37818

内戦が止まらないシリア情勢ですが国際社会の政治的な駆け引き
に終始しています。英フィナンシャル・タイムズ紙の
このカタールの役割は興味深い内容です。
特に虐殺が止まらないかアサド政権側も
反体制派も寄り合い所帯の中で虐殺だけが止まらない
情勢が続いています。

シリアで生まれる新しいジャーナリズム


シリア:反体制派統一に否定的…新組織のジャーナリスト

毎日新聞 2013年05月20日 20時09分(最終更新 05月20日 20時36分)
画像1


毎日新聞のインタビューに応じるシリア反体制派のジャーナリスト、ファイエズ・サラ氏=エジプトの首都カイロで2013年5月13日、秋山信一撮影
 シリアの新しい反体制派組織「シリア民主連合」に参加したジャーナリスト、ファイエズ・サラ氏(63)がカイロで毎日新聞のインタビューに応じ、米欧が反体制派のまとめ役として期待する「シリア国民連合」について「反体制派の一部に過ぎない。アサド政権打倒の目的は共有しているが、一緒に行動する必要はない」と述べ、反体制派の統一化に否定的な見解を示した。

 サラ氏は反体制派約250人が民主的体制への平和的移行を2005年に呼びかけた「ダマスカス宣言」の起草者の一人。過去に3度投獄されている。

 反体制派について「さまざまな組織があり、政治的背景も異なる。日本や米国でも野党勢力が統一されていないように、シリアにも多様な考え方がある。形だけの合流には意味がない」と指摘。民主連合の活動方針を「民主主義を通じて、自由で平等な社会の実現を目指す」と説明した。

 一方、政権側との戦闘で重要な役割を果たしているイスラム過激派については「彼らが望むイスラム国家には賛同できない。将来的な脅威にならないよう注意を払っている」と述べた。

 またアサド政権が「ロシアやイランなどの支援で力を保っている」と指摘。「国際社会が真剣に取り組めば、アサド政権を政治対話に参加させることも可能だ」と述べ、米露が提唱した国際会議に期待感を示した。

 サラ氏は内戦下のダマスカスで活動していたが、今年2月に出国した。【秋山信一】

http://mainichi.jp/select/news/20130521k0000m030039000c.html

国民の一番の重要な権利は報道の自由と表現の自由と知る権利が
重要だと思います。内戦が激化してるシリアで公正で中立の
ジャーナリズムが出来る事は非常に重要な事だと思います。
シリアのアサド政権も反体制派も虐殺が止まらない状況です
ので真実を明らかにして欲しいです。

アノニマスを批判する人に問いたい!!あなたはガボンでの「儀式殺人」に何をしましたか??


ガボンの「儀式殺人」と戦うハッカー集団
Anonymous Attacks Gabon Government in Protest of Ritual Killings
人体の一部を手に入れると超自然的な力を得られると信じる政治家たちの暴虐を止めろ
2013年5月9日(木)15時27分
ジェブ・ブーン

画像1



義賊? ハッカー集団アニノマスがネット上でカボンを攻撃 Stefano Rellandini-Reuters
 アフリカ中西部の小国ガボンでは、人体の一部を手に入れると超自然的な力を得られると信じられている。そして、政治家や閣僚などが、人体の一部を得るための「儀式殺人」に関わっていると非難されている。

 そのガボンが、ハッカーからの攻撃を受けた。ガボンで横行している「儀式殺人」に抗議する地元活動家に、国際的なハッカー集団「アノニマス」が協力。ボンゴ大統領の個人サイトや、国防省などの政府系サイトを標的に攻撃を仕掛けたのだ。

「今年に入って20人が殺された」と、儀式殺人防止協会のジャンエルビス・エバング・オンド会長は言う。犠牲者の大半は少女で、唇や舌、性器などが切り取られているという。

 世界的にほとんど知られていないこの問題に光を当てるため、アノニマスは「儀式殺人」をツイッター上で大々的に攻撃。さらに声明を発表し、「2月にはカメルーンの男性が襲われ、臓器を切り取られた。次に子供3人の遺体が車で発見されたが、夜に解体される予定だったと思われる。3月には7歳の少女が殺されて眼球と唇を切り取られ血液を抜かれた」と指摘した。

 ガボンではこうした行為が40年にわたって横行してきた。だが最近の事件によって、国民の間で何ら対処しない政府に対する不満が高まっている。それでもジャーナリストのヘザー・マーシュは、「予定されていた抗議デモは延期され、揚げ句に禁止された」と言う。

 アノニマスのサイバー攻撃は、政府を動かすことができるか。


http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/05/post-2920.php

とかく物議を醸す、アノニマスですが国際社会の誰も見向きも
しないガボンでの「儀式殺人」について抗議の声を上げました。
アノニマスの活動には賛否両論があります。
今回の北朝鮮に対するアノニマスのハッキング行為に
一部からアノニマスの攻撃は迷惑だと批判する声が
出ていました。ではその批判するような人達はガボンでの
「儀式殺人」に対してどう思っているのどうでしょうか?
北朝鮮の人権は主張してもガボンでの出来事には
目を背けているように思うのは私だけでしょうか?
方法はともかくカボンの「儀式殺人」が国際社会に
問題提起している事実はあります。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが警告する北朝鮮での経済犯罪への過度の弾圧

画像1
ヒューマン・ライツ・ウォッチwww.hrw.org/ja 日本語ニュース配信

北朝鮮:経済的「犯罪」への弾圧  止めるべき
携帯電話、海外との接触、市場活動を厳罰に処す状況を詳述する新証言

英語オリジナル: http://www.hrw.org/news/2013/05/15/north-korea-stop-crackdown-economic-crimes
日本語ニュース: http://www.hrw.org/node/115705

(バンコク、2013年5月15日)−北朝鮮政府が様々な経済「犯罪」容疑で、一般市民を日常的に逮捕し、虐待や拷問を加え投獄している、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。多くの場合、生計維持や衣食住に関する基本的権利を守るため、私的な経済活動を行ったに過ぎないこうした「犯罪」に対する厳罰の実態を、国連人権理事会が最近設立した北朝鮮国内の人権侵害について調査する「調査委員会(COI)」は調査するべきだ。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、過去2年以内に脱北した90人以上に聞き取り調査を行った。彼らは無認可の経済活動に携わったことで、投獄・拘留中の虐待・強制労働を含む過酷な刑罰を受けたと語った。この「犯罪」には、移動許可違反、私的取引行為、携帯電話で国際電話をかけること、中国や韓国で作成された音楽、ドラマを収録したDVDやCDの所有などが含まれる。

「北朝鮮では、食糧その他生活必需品の公的配給制度が崩壊しており、生き残る方策という必要に駆られた結果、私的経済活動が増大している。北朝鮮の人びとのテクノロジーを使った情報入手も拡大し、その結果、外国の様子および自国内の状況が如何に悪いかについて分るようになった。北朝鮮警察と治安当局者は、物品とサービスの取引で生存を計る国民の試みを弾圧している。この対応は、自国民の日常生活を支配下に置き続けようという当局の決意を示すものだ」とヒューマン・ライツ・ウォッチ アジア局長代理フィル・ロバートソンは指摘した。

政府は1998年から食糧の公的配給を大幅に削減。その結果、北朝鮮国民は、極めて不安定な政治状況や規制環境の中で、農耕・零細企業活動・交易への依存を急速に高めざるを得ない状況にある。

2004年に改正された刑法には、「経済維持に反する違法行為」という章が盛り込まれており、「違法商取引により、大きな利益を得る行為(同法第110条及び第111条)」や「労働の対価として不法に金銭や物資を提供する行為(第119条)」を含む、広範囲にわたる経済活動を刑法犯罪としている。

こうした制約は、違法取引を犯罪化し外国為替管理を強制する同刑法の他条項と併せて、北朝鮮政府が殆ど全ての経済活動に携わる国民を起訴することを可能としている。故金正日氏の息子で、外国で教育を受けた金正恩氏が2011年1月に最高司令官に就任したことは、経済的・政治的な変革に繋がるかもしれないとの期待を当初国際社会に抱かせた。しかしこの期待は打ち砕かれてしまった。

「北朝鮮の慢性的食糧不足による、絶望的な貧困と飢餓に直面し、国内移動に関する政府統制を破る危険を冒さざるを得ない国民が急増している。食糧不足に陥ったことなど全くない北朝鮮政府指導部は、この冷酷な政策を撤回し、北朝鮮国民が刑罰や報復を受ける恐怖を感じることなく、国内を自由に移動し、生計を営む権利を行使することを許すべきだ」と前出のロバートソンは指摘する。

北朝鮮における移動と経済活動に対する制約は、行政サービスの不機能と相まり「すべて人は、衣食住、医療及び必要な社会的施設等により、自己及び家族の健康及び福祉に十分な生活水準を保持する権利」を有するとする、世界人権宣言第25条に違反している。更に北朝鮮政府は、「この規約の締約国は、自己及びその家族のための相当な食糧、衣類及び住居を内容とする相当な生活水準についての並びに生活条件の不断の改善についてのすべての者の権利を認める」とする「経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約」(北朝鮮は1981年に批准)第11条に違反している。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、現在北朝鮮国内で訴追されている具体的な犯罪の証言を収集した。これらの犯罪は以下のように分類される。

● 韓国製娯楽番組など無認可の内容が収録されているCDやDVDを販売、または視聴すること
● 当局の許可なく北朝鮮国内外を移動すること
● 携帯電話を使用すること。国外への電話は厳しい刑罰を加えられる
● 経済的であれ個人的であれ、韓国と接触すること

「情報が瞬時に伝わる世界となり、北朝鮮でさえ新しいテクノロジーに影響されている。CDやDVDを持っている人びとを投獄したところで、新技術を通ずる情報の伝播は止められない。金正恩氏は、他国のテレビ番組や音楽を持っているだけで、人びとを逮捕・投獄するのを直ちに止めるよう命令するべきである」とロバートソンは述べる。

北朝鮮は「市民的及び政治的権利に関する国際規約」を批准しており、「すべての者は、表現の自由についての権利を有する。この権利には、口頭、手書き若しくは印刷、芸術の形態又は自ら選択する他の方法により、国境とのかかわりなく、あらゆる種類の情報及び考えを求め、受け及び伝える自由を含む。」と定める同規約第19条に完全に従うべきだ。

北朝鮮国家安全保衛部の幹部職員だった元軍士官はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、配置されていた国境上で「捕えられた脱北者は皆、私の所に連行されてきた」と述べた。彼が最も時間を割いた職務のひとつは、脱北者の意図を調査することだった。特に、脱北者が韓国に行こうとしていたか、或いは国境の中国側で韓国の団体と関係を持とうとしていたかを調べた。彼によれば、「韓国に行こうとしている脱北者を捕えるのは、私のような者にとって最高の栄誉」であり、「韓国関係の脱北者は、国家安全保衛部送致になる。一度国家安全保衛部が関わってしまったら、脱北者は政治犯収容所に送られる」と付け加えた。

もう1人の脱北者によるヒューマン・ライツ・ウォッチへの証言は、上記の主張を裏付けるものだ。「中国に留まるのは軽犯罪と見なされるが、韓国に関係する[何かの]容疑を掛けられたら、重い処罰を課されてしまう。」

「中国に越境しての売買は広く行われているが、それでも危険なことに変わりない。しかし韓国に携帯で電話したり、中国経由で韓国に逃げようとした、という疑いは、北朝鮮当局にとり容認できる範囲を越えている」とロバートソンは指摘する。

私的経済活動は同国の多くの場所で公然と行われているが、農民と商人は恣意的逮捕と取締まりを受ける可能性があり、虐待・恐喝・投獄の危険にさらされる。長年商人だった脱北者はこの状況について「事業をやることは、業種にかかわらず犯罪と見なされる」と語った。

「交易に携わる人びとに対する政府の強気な態度は、恣意的に逮捕、拘留した交易業者に虐待を加え、その後釈放を餌に賄賂を絞り取ろうとする、欲に裏打ちされている。経済的危機状況は、人びとの移動と交易を盛んにし続けるであろう。そして地元当局者は、闇の市場経済の支配を続けることになろう」とロバートソンは述べた。


背景と脱北者による証言の抜粋

DVDを販売または観賞したために処罰された人びと
ヒューマン・ライツ・ウォッチの聞き取り調査に応じた脱北者の多くは、国外からの娯楽または情報に接して処罰された経験について語った。北朝鮮国内で取引されている最も人気の商品のひとつは、外国の音楽や映画だ。韓国製の娯楽番組は特に人気が高く、北朝鮮政府による韓国ネガティブキャンペーンの効果を損なわせている。外国製CDやDVDは急速に普及しつつあるが、販売に関わる者は逮捕され、拘留中の虐待に遭い、そして拷問と強制労働が待つ刑務所に送られることになるため、取引は秘密裡に行われ続けている。

DVDを300枚売った取引相手の販売業者が警察に逮捕され、北朝鮮から逃げ出さざるを得なくなったある女性販売業者は、ヒューマン・ライツ・ウォッチに以下のように話した。「法律を破りたくはなかったんです。でもやらなければお金を稼げないし・・・あの様な物を売るのが違法だとは知っています・・・お金持ちなら、逮捕されてもお金を払って釈放されるけど、貧乏人は何年も[懲役]刑に服さなければならないんです。」

ある女性販売業者によると、CDとDVDの殆どが韓国製娯楽番組を収録したものであるため、それを売ったり観たりした者への「刑罰もまた厳しい」そうだ。彼女は「そういうCDやDVDで逮捕された人は沢山います。販売に少ししか関わっていない人まで逮捕されるんです」と付け加えた。

ある脱北女性は、自分と娘がDVDを観ているのを内通者の一団に発見され、その後逮捕された後、地方当局者から暴力をうけ自白を強制された上で、1ヶ月間拘留された経験を説明した。彼女によると、2人は国家安全保衛部に送られ、刑務所で強制労働を行うよう命令されたそうだ。何故そうなったのかを尋ねると、彼女は「北朝鮮政府は、自国の制度を維持するため、絶対に国民に外の世界を見せないのです」と答えた。

ある女性販売業者はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し「[韓国]ドラマを観ている時に捕まったら、直ちに刑務所(教化所或は再教育センター)に行くことになる」と話した。もう1人の北朝鮮女性は「韓国製のテレビ番組を観るということは、逮捕を覚悟しなければならないということなの。私の近所の1人が、戸をしっかりと閉めて夜テレビ番組を観ていたのだけれど、隣のご婦人が内通者だったのよ・・・。次の日、彼女は国家安全保衛部に連れて行かれてしまった。彼女のテレビとDVDプレーヤーは没収され、罰金も払わなければならなかった挙句に、非政治犯のための労働教養所に送られてしまったのよ」と語った。

父親が警察高官だったもう1人の脱北者もまた、韓国の番組を収録したDVDを隠れながら観ていたという。「多くの人がやっていたんだ。でも堂々とではなく、こっそりと。とても慎重に扱わなければいけなかったから、親しい仲間でない限り話せなかった。 カーテンを閉め切った状態で観ていたんだ。」ある北朝鮮女性は、「北朝鮮にいた時、一番幸せな瞬間は韓国のテレビ番組を観ている時だったわ。[番組の出演者と]同じ世界で生活してるように感じたのよ・・・。北朝鮮ではとても多くの人が韓国の番組を観ていたわ」と話した。

北朝鮮に密輸された、タバコ、家電製品、テレビその他の物品を、交易業者は更に密輸したり買い付ける。経済活動への嫌がらせや逮捕は、特に女性に深刻な影響を与えていると、過去2年以内に脱北した人びとは語った。なぜなら女性は伝統的に家事の責任を負い、家庭維持に必要な食糧や物資を十分に備蓄しなければならないからだ。ある北朝鮮女性は、「何故多くの女性が稼がなければいけないかというと、『男は働き、女は家をまもる』という伝統が確立されているからなのです。女性に家事の責任があるので、家族が貧困に喘ぐようになった場合には、女性が生計を立てるために外に出なければなりません」と話した。

許可なく国内を移動して処罰された人びと
政府が発行する許可証なしに、国内を移動することもまた刑犯罪にあたる。国民は出生地を離れ北朝鮮国内を移動する、或いは国を離れる場合、許可証が必要とされている。しかしそれは北朝鮮が1981年に批准した「市民的及び政治的権利に関する国際規約」第12条「合法的にいずれかの国の領域内にいるすべての者は、当該領域内において、移動の自由及び居住の自由についての権利を有する」という規定に違反している。

しかし、移動許可証は当局への賄賂と引き換えに入手可能だ。1人の若い女性は、母親が如何にしてタバコを使い、移動許可証付与の正式手続きを回避し、治安担当官と職場の上司から承認書面を得たのかについて話してくれた。1人の男性は、移動許可証を得るためにタバコか米を賄賂として提供したこと、そしてそれなしでは逮捕される可能性が高く「警察の留置場に放り込まれた挙句、釈放してもらうのにも賄賂を渡さなければならなかっただろう」と話した。

許可証無しで中国国境を越えた場合も厳しい処罰を招く。北朝鮮国民は、北朝鮮物品を中国の国境地帯で売り、持ち帰った品物を北朝鮮国内で売るために、日々命を危険にさらして国境を越える。これらのやりとりで国民は以前より多くの金を稼ぐようになり、賄賂を支払ってより自由に移動できる人が増えた。しかし賄賂が常に交易業者を守るわけではない。例えば金正日氏が2011年12月に死亡した後、金正恩氏率いる新政府は、父の死後喪に服す100日の間、違法に国境を越えようとする者は発見次第射殺すると発表した。

ある北朝鮮女性は、他数人と一緒に豆満江を渡り中国に入ろうとした際、北朝鮮の国境警備隊に逮捕された後の出来事を以下のように述べた。

「縛り上げられ、身ぐるみ剥がされて、身体検査された挙句に、軍の基地に連行されました。兵士たちは私たちを罵り、殴り蹴りしました。木の棍棒でも殴られたんです。私の髪の毛をひっぱって、壁に頭を叩きつけたの。怪我で10日間も両目を開けることができませんでした。」彼女はその後尋問のため国家安全保衛部に送られ、最終的には賄賂を支払い釈放されるまで、強制労働のために労働教養所に送られた。

罪を見逃してもらうための北朝鮮警察と治安当局者への賄賂は、益々一般的に行われるようになっている。しかし交易業者は、その活動が中国での交易のための一時的な移動であり、韓国との関わりはないことをもっともらしく説明しなければならない。

携帯電話を使用したことで処罰された人びと
多くの脱北者はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、近年安価な中国製携帯電話が入手可能となり、事態が大きく変わったと話した。国境地帯に住む北朝鮮人の間、そして中国と韓国とも初めて連絡が取れるようになったからだ。しかし、携帯電話使用の目撃情報だけで、捜査が開始され、逮捕、そして虐待をともなう拘留をもたらす可能性があり、携帯電話の使用は依然として大変危険だ。

ある脱北女性は、韓国にいる叔母に電話をかけたために逮捕され、妊娠中の6ヶ月間拘留され、その間の食事は1回にトウモロコシ20粒しか与えられず、日常的に暴行を受けたと話した。彼女の母親によれば、家族は熱心に「娘は中国に電話をかけただけ」と当局に主張したそうだ。「北朝鮮から韓国に電話をかけるためには、私たちと韓国にいる人を繋げてくれる中国人と、中国製の携帯電話が必要です・・・だから娘が電話したのは中国だと強く主張したんです。」母親は更に「北朝鮮では、犯罪を犯したら人として扱われなくなる」と述べた。最終的に家族は、娘が中国に電話したと証言してくれるよう他の村民にもお願いし、娘の釈放につなげることができた。釈放された10日後、彼女は北朝鮮から逃げ出した。

中国製の携帯電話とチャージされた電話カードを使って、北朝鮮人が韓国に電話をするのを助けていた1人の北朝鮮人女性によると、当局は咸鏡北道の茂山郡で、監視装置を使って電話を見張っていたそうだ。彼女は「もし名前や住所を話したり使ったりすれば、[当局の]連中が来て逮捕するよ。その後国家安全保衛部 に連れていかれ、刑務所に入れられてしまう」と話した。



配信に関するお知らせ:
このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja

北朝鮮では貧富の差から経済犯罪が横行しておると
そうです。その取り締まりが酷すぎり指摘とさらに
国外との接触にも激しい圧力がかかっています。
核やミサイルの安全保障問題も重要ですが
人権問題に取り組むようにしないといけません。

ソーシャルメディアがインテリジェンス機関を震撼させる

2013年 5月 17日 13:56 JST
ソーシャルメディア、CIAの新たな難問
記事
原文(英語)
画像1

有効なスパイ技術は長年、自分の正体を隠す隠れ蓑を必要としていた。例えば仕事、家庭、あるいは日常の雑事など、エージェント(秘密工作員)を過度に注目させないでおくものだ。今や、そうした計算は、スパイによるソーシャルメディアの利用の仕方にも及んでいる。

 元情報当局者によれば、米中央情報局(CIA)がソーシャルメディアの利用に関する基準ガイダンス(指針)を出したのはわずか数年前だ。だが、こうしたガイドラインで引かれている線は細くて説得力に欠けるようにみえる。例えば、フェイスブックやツィッター上に余りに過度に露出することは、相手方に対して余りに多くを知らせるリスクがある、という。しかしソーシャルメディアの利用がますます普遍的になっているだけに、余りに露出させないこともまた、疑惑を招く恐れがあるだろう。

画像1
画像を拡大する

Getty Images
CIA本部(米バージニア州マクレーン)

 ある元情報当局者は「技術の発達は、スパイというビジネスを極めて多くの点で変えている」と述べ、「人々に関する大量の情報を見つけることは極めて容易だ」と語った。


ロシア、米外交官を追放―情報機関職員の抱き込み図る
スライドショー:CIAのスパイか―ロシア連邦保安庁が米大使館員の写真公開
 スパイがどの程度ネット上に露出すべきかという問題は、全くの空想論というわけでなくなった。それは先週、ロシアが米国人スパイを暴いたと発表したからだ。ロシア当局は、ロシア人職員を情報提供者に抱き込もうとしたライアン・C・フォーグル氏(在モスクワ米大使館で政治担当書記官)を拘束したと発表した。

 米当局は、どの政府機関がフォーグル氏を雇ったのかコメントを拒否している。同氏の家族は状況を説明しようとしていないし、CIAもコメントを避けている。

 いずれにせよ、この拘束事件を受けて、米コルゲート大学を2006年に卒業した29歳のフォーグル氏は、スパイ活動を行ったとの嫌疑を背景に、それまでの自分のオンライン上の発言が読み直されるソーシャルメディア世代の最初のメンバーになった。

 フォーグル氏のフェイスブックページは、243人の「友達」が閲覧可能で、ソーシャルライフ、連絡先、それに旅行計画に関する詳細が記されている。彼の友達の1人がウォール・ストリート・ジャーナルに対し、フォーグル氏のページがどのように表示されているのかを提供してくれた。

 フォーグル氏はそのページの中で、国務省に勤めていると述べ、モスクワにある冷戦時代のバンカー(地下避難壕)、フランスの観光地モンサンミッシェル、それにポーランドのクラクフを訪れた際の写真を掲載していた。また、米国に戻ることに関して同僚とみられる人々と軽い冗談を言い交わしていた。また、実際に米国に戻るプランを示しており、その日時や飛行ルートを掲載していた。さらに、メモリアルデーの週末にはバージニア州アーリントンにある「Ray's the Stakes」というレストランに出かける予定だと述べていた。

 フォーグル氏の情報共有の度合いは、彼の世代の標準からすると、抑え気味のように見える。243人という友だちの数は、彼の年代では多くない。一般に公開されている同氏のフェイスブックのプロフィールには、同氏の写真も個人情報も含まれていない。

 言うまでもなく、個人情報はフェイスブックの世界における交換手段だ。その露出の度合いは個々のユーザーが決める。CIAは、職員向けの基準の設定にあたって、独自の線を引いたように見える。

 この問題は、若い政府職員、つまり大学時代にフェイスブックが既に普遍的だった職員にとってとりわけ微妙だ。彼らは、個人情報を以前よりももっと広範囲かつ急速に共有する世代に属するからだ。

 元情報当局者によれば、CIAのソーシャルメディアのガイダンスは、実名でフェイスブックのアカウントを維持するのを秘密工作員にさえも容認している。元当局者は「規則は技術に追い付かねばならなかった」と述べた。

 しかし、制限もある。元当局者によれば、CIA職員は自分の活動プロジェクトないし旅行の詳細は投稿できないが、旅行に関する個人的な記述や写真を投稿できる。彼らCIA職員は組織内部での立場を損なわないため慎重になるよう促されていたという。

 元当局者によれば、秘密工作員と、そうでない一般職員との間でのフェイスブックの「友達」関係は差し控えるようガイドラインで求められていた。とりわけ、こうしたつながりは、リンク分析を通じて工作員の正体を突き止めるために使われる恐れがあるからだ。

 元当局者によると、このガイドライン方針は出された当時、CIA職員の間で困惑につながったという。彼らは、秘密工作員との友達関係を断ち切るべきかという問題に直面したからだ。もし大勢の人々が一斉にそうしていたら、秘密工作員の存在を他者に気づかせてしまうという意図せぬ影響もあったかもしれないだろう。

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324582304578488131644106790.html

興味深い内容です。インテリジェンス機関が最大の敵がソーシャルメディアで
あるというレポートは大変興味深いです。

世界中の人に尊厳ある生を 国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチの取り組み

【NGOの仕事術】「想いで巻き込む」――国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ 吉岡利代
2013年5月15日
オルタナS編集部


「どうしよう!メインゲストのビザが下りない!」
あれはオフィス設立2年目の春。1年で最も重要なイベントを数週間後に控え、めまぐるしく準備を進めていたある日のこと。アフリカから招聘を予定していた、イベントのメインスピーカーである人権活動家の日本入国ビザが、このままではイベント当日までに発給されない危険性が浮上した。

画像1

吉岡利代さん cIL鮎澤大輝
筆者が勤める国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ (www.hrw.org/ja)では、年1回チャリティディナーを開催し、世界中の勇敢な人権活動家に人権賞を授与しているが、このままでは主役不在となってしまう。すでにお申し込みを頂いた数100人の寄付者の方々に何と説明しよう!?一瞬背筋が凍り付く思いがした。

もし、これが企業であったのならば、ゲスト招聘のための専属スタッフがあっという間に問題解決、となるのかもしれない。しかし、そうスムーズに進まないのがNGO!

何しろフルタイムスタッフ2人とインターン4人という小さなチームで、200人以上のゲストをお迎えする。このイベントのロジから広報から進行まで全て進めなくてはならないのだ。

でも、諦める訳にはいかない。あるリソースをどう使えば最も有効かを考え、すぐにアクション!まず、英語の得意な学生インターンが、ネット上の解決に役立ちそうな全ての情報を収集。

更に、社会人インターンの学生時代の友人が外務省勤務であることをつきとめ、ビザ申請プロセスの詳細なアドバイスを頂く。更に、日本大使とお知り合いである理事にもお力添えをお願いする。

その後も電話、メール、ファックスなど考えられる全ての方法を使い、スタッフ、インターン、ボランティア等の知恵とネットワークを最大限活用し問題解決に挑んだ。

みんなの熱い想いが通じたのか、その後紆余曲折あった後に無事ビザは発給され、イベントも無事執り行うことができた。

リソースが限られるNGOでは、常に全員でスクラムを組み、一人何役もこなすのは当たり前。この危機を乗り越えたことで、チームの絆は一層強まり、気づいてみれば支援者のネットワークが一回り大きくなっていた。

ミッションを達成する熱い気持ちと、フットワークの軽さとちょっとしたアイディアで、周りの仲間を巻き込みつつ、一歩一歩社会を変えてゆく。それがNGOの仕事の醍醐味だ。(寄稿・国際NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表代理 吉岡利代)

http://alternas.jp/uncategorized/39192

日々、世界中の様々な国際人権問題に取り組む
国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチの取り組むを
紹介したオルタナSの記事です。
日本でもこのような国際人権問題がやっとしっかり活動できるように
なってきました。私達も今後もとも連携して応援していきたいと思います。

米国司法省のAP通信への盗聴疑惑発覚!!脅かされる報道の自由、取材源の秘匿の問題

米司法省、AP通信の通話記録をひそかに収集
2013.05.14 Tue posted at 11:20 JST
画像1


(CNN) 米AP通信は13日、米司法省が2カ月にわたって同社記者やデスクの通話記録をひそかに収集していたことが分かったとして、ホルダー司法長官に抗議の書簡を送った。
APのプルーイット社長兼最高経営責任者(CEO)は書簡の中で、APの複数の支局とスタッフ数人の私用電話の通話記録が収集されていたと述べ、これは取材活動に対する「前代未聞の侵害」だと非難した。
司法省が法的な手続きを講じて通話記録を開示させていた事実は、10日になってAPに明かされたという。記録が収集されていたのは、ニューヨークやワシントンなどの支局の電話や記者個人の電話など、20回線以上に上るという。
こうした記録から、極秘の情報提供元との通話内容が発覚し、APの取材活動の全容が知られてしまう恐れがあると同氏は指摘、「政府がこうした内容を知る権利はない」と強調している。
画像1
APの報道によれば、米政府が同社の通話記録を収集した目的は分かっていない。しかし複数の政府当局者が、当局は2012年5月に発覚した米国行きの航空機に対する爆破未遂事件について調べていたと話しているという。この事件の取材にかかわった記者5人とデスク1人の記録が収集の対象に含まれていた。
AP側は、「我々は司法省によるこの行為を、憲法に定められた取材および報道の権利を著しく侵害する行為とみなす」と批判、収集した全記録の返還と複製の破棄を求めた。
この問題についてワシントンの米連邦検察局は、捜査当局は報道機関の通話記録を開示させる以前に、「別の手段を通じて情報を入手しようと相応の手を尽くした」と強調している。しかしこの情報を収集した目的は明らかにしなかった。

http://www.cnn.co.jp/usa/35032004.html

日本では報道があまりされていませんがアメリカの連邦捜査局FBIが
AP通信の記者の通話履歴等を盗聴疑惑発覚しました。
報道機関には取材源の秘匿が認めれれており、相当合理性の
説明がない限り、法的に保護されるとなっています。
テロ捜査の理由だけで盗聴が認めれる訳は有りません。
事実なら恐るべき国家犯罪だと言わざる得ません。

北朝鮮の人権問題の突破口になるか “北朝鮮の政治収容所生まれ”シン・ドンヒョク氏が期待する国連事実調査委員会

北朝鮮収容所の過酷な実態、「唯一の脱出者」が体験語る
2013.05.13 Mon posted at 18:02 JST
画像1


CNNのインタビューに答えるシン・ドンヒョク(申東赫)氏


「唯一の脱出者」が語る 北朝鮮強制収容所の実態

ソウル(CNN) 北朝鮮の強制収容所で生まれ育った脱北者、シン・ドンヒョク(申東赫)氏(30)の体験を通して収容所の過酷な実態を告発したルポ「エスケープ・フロム・キャンプ14」(邦題:北朝鮮14号管理所からの脱出)がこのほど韓国で出版された。
出版を記念してソウルで開かれた講演会には、シン氏と同書の著者のブレイン・ハーデン氏が出席。シン氏は牛糞肥料の中からトウモロコシの芯を拾って食べた経験や、母親や兄弟が処刑される場面に強制的に立ち会わされた経験、看守が絶対的な権限を握って子どもを容赦なく殴り殺す収容所の実態などについて語った。
シン氏は北朝鮮の強制収容所で生まれ、生きて脱出できたことが知られている唯一の人物。ハーデン氏がその証言をもとにまとめた同書は英語版が2012年3月に出版され、これまで24カ国語に翻訳されて、映画化も予定されている。
シン氏は「北朝鮮の強制収容所の存在を世界中の人に知ってもらいたい。北朝鮮には動物のように生まれ、飼育される人たちがいる。そのことを説明しなければならない」と力を込め、ハーデン氏も、北朝鮮の現状を周知させる目的で同書を執筆したと話した。
シン氏の背中には今もやけどの跡が残り、指先は欠損している。
画像1

各国のメディアの取材に応じて「北朝鮮の人権状況に注目が集まったことはうれしく思う」と話す一方で、「私の個人的事情の方に関心が向くことは望まない」「個人的には自分の過去から逃げ出したい。体は北朝鮮から脱出したが、心はまだ脱出できず、記憶はまだあそこにある」と打ち明けた。
ハーデン氏は、これまでに60人以上が、北朝鮮の強制収容所について申氏と同じような体験を詳細に語っていると説明、「シン氏の悲惨な物語は、ここから400キロも離れていない場所で、今この時も続いている」と訴えた。
同書などがきっかけとなって、3月にスイス・ジュネーブで開かれた国連人権理事会では、北朝鮮が「深刻、広範、かつ組織的な」人権侵害を行っているとして、調査に乗り出すことで合意。このほど委員が任命された。
3人の委員は北朝鮮での行方不明者や拉致事件、食糧管理、拷問などの問題について調査し、9月に中間報告を行って、来年3月までに最終報告書をまとめる。
これに対して北朝鮮は、人権侵害の事実はないと反論、市民は「誇りと尊厳をもって幸福に」暮らしていると主張している。

http://www.cnn.co.jp/world/35031973-2.html

何時もながらシン・ドンヒョク(申東赫)氏の話には
筆舌に尽くし難い話ですがシン・ドンヒョク(申東赫)氏が
国連の事実調査委員会に期待を持っているようです。
日本では一部の関係者から拉致問題の主戦場は
国連人権理事会でなく国連安全保障理事会であると
意見が出ていますが北朝鮮の人権問題の突破口には
国連人権理事会の事実調査委員会がなると思います。
国連安全保障理事会は中国の拒否権があり、
殆どが北朝鮮には効果がある制裁が出来ないのが
現状です。

日朝交渉の兆しか??飯島勲内閣官房参与訪朝か??

画像1
飯島内閣参与が訪朝 2013/5/14 17:39

北朝鮮の消息筋によると、小泉内閣で首相秘書官を務めた飯島内閣官房参与が平壌入り。目的は不明。
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldFlash/2013/05/2013051401001903.html

オバマ大統領、グアンタナモ収容所について政治判断へ

グアンタナモ施設でハンスト拡大 米大統領、閉鎖に決意

画像1
10日、米ホワイトハウス前で、グアンタナモ米海軍基地のテロ容疑者収容施設の閉鎖を訴える市民団体メンバーら(UPI=共同)

 【ワシントン共同】国際テロ組織アルカイダのメンバーらを収容するグアンタナモ米海軍基地(キューバ)のテロ容疑者収容施設で、ハンガーストライキが拡大、深刻化してきた。オバマ大統領は、頓挫した収容施設の閉鎖に再び取り組む決意を表明。政権2期目の重要課題に急浮上した。

 超法規的な身柄拘束で国際社会の批判を浴びる同施設には、今も166人が収容されている。米メディアによると、約3カ月前から一部の収容者がハンストを始め、100人規模に拡大。約20人は食事を強制的に摂取させないと危険な状態になり、手当てのため海軍が医師ら約40人を追加派遣する事態になっている。

2013/05/12 15:01 【共同通信】
Ads by Google
http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051201001338.html

以前から取り上げているグアンタナモ収容所の
問題ですが収容者のハンストの結果がオバマ大統領も
いよいよ政治判断へする方向になっています。
グアンタナモ収容所自体、刑事訴訟法が適用されず
戦時捕虜のジュネーブ条約も適用されない
非合法の収容に問題視されていましたが
いよいよ政治判断の局面になってきました。

歴史的な判決が宣告されるジェノサイド(大量虐殺)容疑でグアテマラの元将軍に有罪判決が下る

グアテマラの元将軍に禁錮80年、大量虐殺の罪
2013年05月11日 16:08 発信地:グアテマラ・シティ/グアテマラ
グアテマラの首都グアテマラ市(Guatemala City)の裁判所に出廷したエフライン・リオス・モント(Efrain Rios Montt)元将軍(2013年5月10日撮影)。(c)AFP/Johan ORDONEZ
画像1


【5月11日 AFP】中米グアテマラの裁判所は10日、1960年代の内戦時に先住民を大量殺害したとして、ジェノサイド(大量虐殺)や戦争犯罪の罪に問われていた当時の独裁者、エフライン・リオス・モント(Efrain Rios Montt)元将軍(86)に対し、禁錮80年の有罪判決を言い渡した。

 特定の民族の絶滅を試みるジェノサイドの罪での有罪判決が、中南米人に下されたのは初めて。グアテマラでは1960年から36年間にわたり続いた内戦で、約20万人が死亡または行方不明になった。裁判でリオス・モント元将軍が同国軍に指示したとされたのは、同国北部キチェ(Quiche)で計1771人の先住民が犠牲となった15件の虐殺事件だった。

 リオス・モント元将軍にはジェノサイドで禁錮50年、戦争犯罪で禁錮30年の刑が下されたが、上訴する意向を明確にしている。

 活動家らは、裁判所が自国民にジェノサイドの罪で有罪を言い渡したのは世界初であるとして、今回の判決を歴史的なものだと評価している。
画像1

 ジェノサイドとは、特定の集団を人種や宗教、政治その他の理由に基づき組織的に絶滅させようと試みること。これまでは1994年のルワンダ虐殺に関する裁判のように、国際法廷で裁かれてきた。(c)AFP/Edgar Calderon and Henry Morales Arana
AFPBB News
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2943387/10724520

確かにジェノサイド(大量虐殺)容疑の裁判は国際法廷のような
形で宣告されています。その意味で自国民を裁いたグアテマラの裁判所の判決を
評価したいです。この判決がジェノサイド(大量虐殺)犯罪の
防止につながればと思います。独裁者達がジェノサイド(大量虐殺)や
人道に対する罪を起こしても裁かれる時代になってきています。

ヒューマン・ライツ・ウォッチが警告する最悪のロシアの人権状況

ヒューマン・ライツ・ウォッチwww.hrw.org/ja 日本語ニュース配信
画像1

***ビデオは以下よりご覧下さい:
http://youtu.be/1AlKqwNq1Ds

ロシア: 旧ソ連崩壊後 最悪の人権状況
かつてない規模の市民社会への弾圧

英語オリジナル: http://www.hrw.org/news/2013/04/24/russia-worst-human-rights-climate-post-soviet-era
日本語リリース: http://www.hrw.org/node/115452

(モスクワ、2013年4月24日)−ウラジミール・プーチン氏が大統領に復帰してから約1年が経過した。この間ロシア政府は、旧ソ連時代以降最も深刻な弾圧を市民社会に加えてきた、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日公表した報告書で述べた。

今回の報告書「法による摩耗:プーチン大統領復帰後のロシアにおける市民社会への弾圧」(全78ページ)は、2012年5月にプーチン氏が大統領に復帰した後の変化の一端について詳述している。ロシア政府は制約的な法律を次々に成立させ、NGOへの一斉査察キャンペーンを全国で開始した。また政治活動家に嫌がらせや脅しを加えたのみならず、その多くを投獄するなど、政府批判者を「隠れた敵」と位置付けようとした。本報告書は、通称「外国代理人」法、反逆罪法、集会法を含む新たな法律を分析し、これらの法律適用の実態を取りまとめている。

「新法や政府による嫌がらせは、市民社会活動家を法の片隅に追いやっている」とヒューマン・ライツ・ウォッチ欧州・中央アジア局長ヒュー・ウィリアムソンは述べた。「政府の弾圧は、ロシア社会を傷つけるのみならず、同国の国際的地位を損なわせている。」

新法の多くと、政府による市民社会への対応は、ロシアの国際的人権保護義務に違反するものである。

新法の多くは、外国人との関係や、海外からの資金援助に新たに厳格な制約を課すことにより、独立したアドボカシー(政策提言)活動を制限あるいは不可能にすることを意図している。「外国代理人」法は、外国からの資金援助を受け「政治活動」に携わっているとみられる団体に、「外国の代理人」として登録する義務を課すもの。昨年12月に成立したもう1つの法律は、米国からの資金をNGOが「政治」活動に使用することを原則禁ずると共に、「ロシアの国益に反する」活動をする団体を禁止している。3つめの反逆罪法は、国際的な人権アドボカシー活動に関与する行為を刑事犯罪とできるよう、反逆罪の法的定義を拡大している。

本報告書は、政府が数百の団体事務所に対し行った強圧的な全国一斉査察キャンペーンの実態を取りまとめている。このキャンペーンに関わったのは、検察局や司法省に所属する当局者、税務査察官、そして時には過激派取締警察、保健医療査察官、消防査察官などだ。2013年3月に始まった査察キャンペーンは、「外国代理人」法がきっかけだった。

多くの団体は査察結果をまだ受け取っていないが、少なくとも2団体が「外国代理人」としての登録漏れを指摘され、その他団体も消防安全基準違反、大気汚染基準違反などで罰金を科された。査察官は団体の税務・財務・登録記録他の書類を調べ、中にはパソコンやEメールの検査をも要求した件もあった。あるケースでは、職員が天然痘の予防接種を受けているか証明するよう求め、また別のケースでは職員が結核に罹っていないことを証明するため、胸部X線写真の提出を求めている。更には、団体が開催したセミナーや会議での全スピーチ原稿を要求したケースもあった。

「政府は査察を所定業務と主張しているが、明らかにそうではない」と前出のウィリアムソンは指摘する。「このキャンペーンはその範囲と規模において前例がなく、市民社会を威嚇し社会の片隅に追いやることを目的としているのは明確だ。様々な団体がアドボカシー活動を止めたり、活動全てを停止せざるを得ないよう、追い込むために使われる可能性がある。」

ロシア当局が「外国代理人」としての登録漏れを根拠に、行政法に基づき告発した最初の団体は、選挙監視団体のゴロス (Golos)であった。ゴロスは2011年の国会議員選挙における違反を取りまとめた。モスクワの裁判所は判決を4月25日に出す予定で、ゴロスとその代表はそれぞれ、最高50万ルーブル(約16,280米ドル)と30万ルーブル (約9,700米ドル)の罰金を科される可能性がある。原告である省の訴えを認める判決が出された場合、同団体は「外国代理人」としての登録を余儀なくされるか、「外国代理人」法の適用により更なる処分を課される見込みだ。

「外国代理人」法は、外国からの資金提供と活動を既に当局に報告した団体を悪者扱いするだけである、とヒューマン・ライツ・ウォッチは指摘した。当局はゴロスに対する訴えを直ちに取り下げるべきだ。

これらの新法が議論され、成立したのと平行し、政府寄りの報道機関は著名なNGOをターゲットに、「資金援助と引きかえに西側の利益を推進している」、と批判するプロパガンダ・キャンペーンを展開した。

「『外国代理人』という言葉は、ロシアではスパイや反逆者を意味すると広く理解されている。当局はこの法律を成立させることにより、外国から資金援助を受けている市民社会団体の信用を落とし、悪者にしようとしているという印象を持たずにはいられない」と前出のウィリアムソンは述べた。

明確にNGOを対象とした法律に加え、政府はインターネット上のコンテンツにも新たな制約を課した。ドミトリー・メドヴェージェフ前大統領の任期末に非犯罪化された名誉棄損も、7ヶ月後に再度犯罪化された。また、新集会法は、市民によるデモに制約を課し、違反した者にはロシアの平均月給の10倍にもなる罰金が科される。

ロシアの憲法裁判所は、集会法の幾つかの条項が憲法違反であるという判決を下した。欧州評議会のヴェニス委員会は、集会法の改正は「集会の自由の保障における後退」であるとし、ロシアに主要な条項を撤回するか改訂するよう強く求めた。ヴェニス委員会は現在、「外国代理人」法及び新たな反逆罪法も検証中である。

インターネット上のコンテンツを規制する新たな法律により、児童ポルノ映像、麻薬関連の情報、そして「人々に自殺を促す」情報を掲載するウェブサイトの連邦登録簿が作成された。裁判所の命令がないにも関わらず、複数の政府機関は既にウェブサイトを登録簿に載せる権限を与えられている。

ウェブサイトが登録簿に掲載された場合、そのコンテンツのプロバイダーは、24時間以内にサイト管理者に対し禁止されたコンテンツを撤去するよう通知しなければならない。通知を受けたサイト管理者は、その後24時間以内にコンテンツを撤去する必要がある。撤去を怠った場合、プロバイダーは当該ウェブサイトへのアクセスを24時間以内にブロックしなければならない。本登録簿の管理は透明性と独立性を欠いており、新インターネット・コンテンツ法が、オンライン上の政府批判を抑圧させるために乱用される危険性について懸念を生じさせる、とヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

ロシア政府は市民社会への弾圧を止め、市民社会の活発化に向けた環境が整うよう、市民的及び政治的権利を尊重しなければならない、とヒューマン・ライツ・ウォッチは指摘。ロシア政府は、過度に制約的な法規定を廃止し、欧州評議会や国連をはじめとする国際機関の勧告に従い、法および行政行為が国際法上で同国が負う義務に従うものとなるよう、改革を進めるべきである。

欧州評議会は、憲法に関する顧問委員会であるヴェニス委員会に対し、2012年12月に改正されたNGO法、インターネット・コンテンツ法、そして名誉棄損を再犯罪化した法律を検証し、これらの法律が欧州条約上のロシアの義務に沿っているかを判断するよう要請するべきだ。

また欧州連合は、EU加盟27ヶ国とEU諸機関が、ロシア国内の弾圧およびEU・ロシア関係における人権の中心的位置付けについて、統一された強力かつ原則に則った共通のメッセージを明らかにしなければならない。

「ロシアの国際的パートナーは、同国で進行中の弾圧に対する懸念の深刻さを明確にし、人権侵害を止める緊急な必要性を当局に印象づけるべきだ」と前出のウィリアムソンは指摘した。

4月29日にジュネーブで開催予定の国連人権理事会による普遍的定期的審査 (UPR) は、ロシアにおける弾圧に関する懸念を表明するのに大切な機会である。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは報告書「法による摩耗:プーチン大統領復帰後のロシアにおける市民社会への弾圧」を、アムネスティ・インターナショナルの報告書「自由への危機:ロシアにおける表現・集会・結社の自由に対する弾圧」と共に発表。両団体は、プーチン大統領3期目の初年度に強化された、表現・集会・結社の自由に対する攻撃の実態を明らかにした。


配信に関するお知らせ:
このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja


以前からロシアの人権問題は問題にしていますが今回のヒューマンライツウオッチの
レポートを見ると以前より非常に人権状況が悪化してるように
思います。特に国際人権団体への圧力がひどい限りです。
経済は進展しても人権状況が良くなれば先進国とは言えないと思います。

世紀の民族排外主義団体への裁判で正義はどこにあるか??

ネオナチ「世紀の裁判」…謎の資料廃棄・自殺
画像1


独南部ミュンヘンの裁判所で、特殊部隊に護送されるチェーペ被告(右)=6日、ロイター
 【ベルリン=工藤武人】2000年から07年にかけ、ドイツ各地でトルコ系やギリシャ系移民ら10人がネオナチ・グループに射殺された連続殺人事件の裁判が、ミュンヘン上級地裁で始まり、「世紀の裁判」(DPA通信)として独社会の強い関心を集めている。

 ナチスの過去克服に努めてきた戦後ドイツが、ネオナチの脅威に目を背けていた現実を突きつけているためだ。

 ニュルンベルクやハンブルク、ミュンヘンなど国内各地を舞台にした連続殺人事件では、トルコ系移民8人、ギリシャ系移民1人、ドイツ人女性警察官1人が犠牲になった。検察当局は、一連の事件は、「国家社会主義地下組織」を名乗る旧東独テューリンゲン州で設立されたグループの男女3人の犯行と見ている。3人は97年から11年にかけて、銀行強盗14件、複数の爆発事件も起こしたとされる。

 同地裁では6日、殺人の共謀罪などに問われている女性メンバーのベアテ・チェーペ被告(38)や犯行を支援したとみられる30歳代の男4人の初公判が開かれた。

 事件は多くの点で特異だった。同被告の共犯の男2人が11年11月に自殺し、現場から偶然、凶器の拳銃や犯行声明を録画したDVDを見つけるまで、捜査当局は、トルコ系マフィアによる抗争事件と見て、極右に疑いの目を向けていなかった。

 その後、反体制過激派の動向を監視する憲法擁護庁が、連続事件を起こす前から3人を監視対象に置いていたことが発覚。同庁職員が、このグループによる犯行との疑いが強まった段階で、グループに関する情報ファイルを破棄していたことも明るみに出て、同庁長官は引責辞任に追い込まれた。同庁をめぐる一連の不祥事の背景は、今も謎だ。

(2013年5月10日07時57分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130510-OYT1T00236.htm?

ドイツで始まったネオナチに対する世紀の裁判で治安当局サイドの不適切な
対応が問題になっています。治安当局である憲法擁護庁の隠蔽工作が
明らかになってきています。この裁判に正義がどこにあるのか
非常に興味があります。

報道の自由は犠牲によって成り立つ 国境なき記者団メンバー拘束される

【速報】世界報道自由デーにパリで逮捕者(瀬川 牧子)
2013年5月4日記事を全て見る
この記事を共有

画像1


5月3日は『世界報道自由デー(World Press Freedom Day)』。同日早朝、パリに本部を置く国際ジャーナリスト人権保護団体『国境なき記者団』が、自由報道を妨害する世界の独裁者らへの抗議表明として、「芸術の都・パリ」の人権活動家らしく過激な芸術的キャンペーンを打ち出した。

パリの地下鉄構内などの至ところに、人権活動家らが早朝から、「天敵 2013年 情報の自由」と指定された世界の独裁者 などの縦横幅3メートル以上特大ポスターを張り出したのだ 。ポスターは非常に挑発的だ。ポスターの見出しは、「5月3日 世界自由報道デー “情報の自由なくして、権力に逆らうことは出来ない”」。写真では、北朝鮮の金正恩第一書記、シリアのバッシャール・アル=アサド大統領、ロシアのウラジーミル・プーチン独裁者らが、“中指を立て”自由報道を侮蔑 している様子が伺える。

視覚的アピールに訴えた派手な演出は人々の目を引き付けた。この大胆なキャンペーン活動中、複数の活動家が逮捕された 。参加者の一人で、『国境なき記者団』のアジア太平洋デスク、ベンジャミン・イシュマルさんは淡々とこう語る。
画像1

「自由報道の天敵を広報する上で、今朝(3日)、独裁者らの巨大ポスターを地下鉄の駅内などに張っていました。しかし、結果として警察に捕まり、警察署に身柄を確保されることに。でも我々が捕まっている間に、他の複数の仲間チームらがパリの各地に小さめのポスターを張り続けてくれました」

『世界報道自由デー』は、20年前に『国境なき記者団』が発案した日でもある。今回、同記者団は、世界の大統領、軍事指導者ら39人をジャーナリストや情報提供者を殺害、誘拐、拷問などした罪で「自由報道の天敵–プレデーダー」として糾弾。写真付きのプレスリリースも発表した。

「彼らは自由報道の天敵だ。そしてこれらの人物らの上には、メディアやジャーナリストに対する最悪な虐待事例への責任がある」と同記者団のクリストフ・デロワール事務局長は非難の声を上げる。「天敵は日に日に力を増している。2012年は、過去にないほど、情報提供者らへの人権侵害件数が見られた。そしてジャーナリストの殺害数は過去最高を記録した」とデロワール事務局長は指摘する。

「自由報道への天敵」として、今年の5月3日には、新たに、中国の習近平国家主席、シリアの聖戦部隊・ジャブハト・アル=ノスラ、エジプトの同胞団支持者 などがリストに追加された 。

世界報道自由デーは、自由報道の為に戦い命を落としたり、身の危険に晒されたりしているジャーナリストや報道関係者らの業績を称えるための日となっている。



『国境なき記者団』が主催した世界の独裁者ポスター閲覧はこちらからも見れます。

http://fr.rsf.org/sans-liberte-de-l-information-pas-03-05-2013,44570.html

Blogのトップページに載せていますがフランスの国境なき記者団の
5月3日の報道の自由の日のアピール活動での逮捕者を出した。
記事はフリージャーナリストの瀬川牧子さんの記事で
読み応えがあります。感じたのは
権利や人権を守るためには犠牲はつきものです。

『国境なき記者団』のアジア太平洋デスク、ベンジャミン・イシュマルさんとは
4月末に訪仏した時にした時にお会いしましたが東電原発事故報道での
対応で日本の報道の自由ランキングが下がったを心配していました。


民族排外主義団体の絡んだ裁判で暴かれる治安当局の関係

独ネオナチ裁判開廷、問われる極右と治安当局の闇の関係
2013年05月06日 19:46 発信地:ベルリン/ドイツ

画像1
【5月6日 AFP】ドイツで6日、10人を連続殺害したネオナチ集団をめぐる裁判が始まった。しかしこの裁判には、警察や情報当局と極右勢力との間に怪しげなつながりがあるのではないかとの疑念が影を落としている。

 2011年11月、ドイツ社会に衝撃が走った。「国家社会主義地下組織(National Socialist Underground、NSU)」を名乗るグループが2000〜07年の間にトルコ系移民8人、ギリシャ人店員1人、女性警官1人の計10人を殺害していた事実が明るみになったからだ。メンバー3人のうち男2人は同月中に自殺し、1人残った女性メンバーのベアテ・チェーペ(Beate Zschaepe)被告が自首した。

 このグループはドイツ東部チューリンゲン(Thuringia)州を拠点にひっそりと活動しながら、複数の銀行を襲い、犠牲者たちを撃ち殺していた。「ケバブ殺人事件」とメディアが名付けた一連の殺人事件について、ドイツ捜査当局はチェーペ被告が出頭するまでずっと、国内にある巨大なトルコ系移民社会のギャングたちの内部抗争とみて捜査を進めていた。

 国政選挙の勢力図上では点ほどの力もない極右グループが突如、数年にわたるテロ計画を実行できる存在として表面化した事件だった。

■国家当局が捜査を妨害

 警察は、NSUが129人もの人物から直接的・間接的支援を受けていたとして、メンバー3人は「一匹狼」ではなかった証拠だと主張している。加担が疑われる人物のほぼ全員が、ドイツ最高裁が16連邦全州で禁止しようとしているネオナチ政党「ドイツ国家民主党(National Democratic Party of Germany、NPD)」と関係を持っていた。

 このNSUの事件の捜査過程で明るみに出たのは、警察と情報当局による見過ごしや過失、驚くべき怠慢によって捜査が妨げられていたことだった。とりわけ情報当局は、捜査の真っ最中に常習的に極右勢力の危険性を過小評価しており、ナチス・ドイツ(Nazi)の過去から学んだといわれてきたドイツの評価は失墜した。

■極右との間に広がる連絡網

 昨年7月には内務省傘下の情報機関、連邦憲法擁護庁(BfV)のハインツ・フロム(Heinz Fromm)長官が、事件関連のファイルを職員が破棄した責任を取って辞任した。破棄されたのは、当局への情報提供者2人にNSUとのつながりがあったことを示す書類だったと報じられている。このスキャンダルは、情報当局と極右の間に広範囲な連絡網が存在し、国家が組織的に金銭と情報を交換していた事実を露呈した。

 NPDに至っては、党員の中に当局への情報提供者がいることをよく認識していた。極右研究が専門の独ポツダム大学(University of Potsdam)のギデオン・ボルシュ(Gideon Bortsch)氏によれば「多くの場合、支払われた金は党内で分かち合われ、引き換えで提供する情報は党が選別していた」という。

■完全な死角で起きた人種差別犯罪

 また、2001年の9.11米同時多発テロ以降、情報当局の資金や人材がイスラム過激派の追跡に注がれたため、ネオナチの監視が緩まっていたという事情もある。

 警察も、NSUによる連続殺人事件に政治的側面がある可能性を無視していた。ボルシュ氏は「一連の犯罪に関連性があるかもしれないという点を、公的な領域全体が完全に見落としていたことが非常に恐ろしい。この連続殺人事件では、人種差別的な性質が完全に死角となっていた」と語る。

 NSUの事件は、治安当局と極右の癒着に疑いを抱かせる一例に過ぎない。ドイツ内務省は最近、暴力犯罪や殺人などの容疑で逮捕状が出ているネオナチ266人が現在も逃走中だと報告した。

 公式統計さえもが、ネオナチによる犯行の可能性がある犯罪数を少なく見積もっているようだ。3月下旬に週刊紙ディー・ツァイト(Die Zeit)とベルリン(Berlin)の日刊紙ターゲスシュピーゲル(Der Tagesspiegel)は、1990〜2012年に極右が犯した殺人事件は少なくとも152件あり、その他に人種差別的動機による可能性が極めて高い殺人事件が18件あると報じた。しかし、同時期の内務省の統計では、ネオナチによる殺人件数は「63件」となっている。(c)AFP/Frederic Happe

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2942560/10700941

今、ドイツを震撼をさせているネオナチの裁判です。問題は
ナオナチ団体と治安機間との関係です。法廷は非公開の裁判ですが
傍聴するマスコミ関係者の情報が流出したのも報道されています。
人種差別は人間として最低の行為です。

地の果てにまで追い続けるナチハンター 人道に対する罪でナチス最重要戦犯身柄を拘束される

ハンガリーで97歳「ナチス最重要戦犯」拘束、ユダヤ人迫害の疑い
2012年 07月 19日 10:19 JST
画像1

[ブダペスト 18日 ロイター] ハンガリーの検察当局は18日、第2次世界大戦中にナチス・ドイツによるユダヤ人迫害に関与した疑いで、97歳のチャタリー・ラズロ容疑者を拘束したと発表した。

当局によると、ラズロ容疑者は第2次世界大戦中にナチス支配下にあったスロバキア東部コシツェ(当時はハンガリー領)で警察幹部を務め、ユダヤ人約1万2000人のアウシュビッツ強制収容所などへの移送に関与したとされている。ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、同容疑者の協力で強制収容所に送られた人の数が約1万6000人に上るとしている。

ハンガリー国籍のラズロ容疑者は、同センターによって最重要戦犯に指名されていた。同センターは、ラズロ容疑者が1944年にユダヤ人のアウシュビッツ移送に協力した証拠をハンガリー側に提供したという。

ラズロ容疑者は容疑を否認しているが、起訴され有罪となれば、終身刑が言い渡される可能性がある。

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE86I00J20120719

97歳の最重要ナチス戦犯が身柄拘束されましたハンガリーの検察当局に
英断を評価したいと思います。人道に対する罪には時効も国境も
有りません。多分、最後の大物戦犯なようですが是非、公正な裁判を
行って欲しいです。

シリアで犠牲になったジャーナリスト山本美香さんに捧げます

画像1
山本美香さんにジャーナリスト団体の国際賞

 ジャーナリストの国際団体「国際新聞編集者協会」(IPI、本部・ウィーン)は3日、内戦が続くシリアで昨年8月、取材中に死亡したジャーナリストの山本美香さんに、「ワールド・プレス・フリーダム・ヒーロー賞」を贈ると発表した。


 同賞は2000年に創設され、危険な状況での取材によって、報道の自由を守ることに貢献した報道人に贈られる。日本人の受賞は、東京・新宿で暴力団浄化キャンペーンなどに取り組んだ元読売新聞社副社長、原四郎氏に続き2人目。

(2013年5月4日05時04分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130504-OYT1T00178.htm?from=ylist

山本美香さんに報道「ヒーロー賞」
2013.5.4 08:05

画像1
シリア・アレッポで死亡したジャーナリスト、山本美香さん

 国際新聞編集者協会(IPI)は3日、報道の自由に貢献した記者に贈る「ワールド・プレス・フリーダム・ヒーロー賞」を、シリアでの取材中に死亡したジャーナリストの山本美香さん=当時(45)=に授与すると発表した。日本人の受賞は元読売新聞編集主幹の原四郎氏以来、2人目。

 山本さんはジャパンプレス所属のジャーナリストとして、アフガニスタンやイラクなどの紛争地域で生きる女性や子供の視点から報道活動を継続。2012年にシリアの内戦を取材中に銃撃を受け、死亡した。

 IPIは1951年、ジャーナリストが個人の資格で参加する国際団体として創立。2000年から「報道の自由の日」である5月3日に、危険な状況下の取材により、報道の自由に多大な貢献をした記者らにヒーロー賞を贈っている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130504/crm13050408070000-n1.htm

シリアで亡くなったジャーナリスト山本美香さんに 国際新聞編集者協会(IPI)は
報道の自由に貢献した記者に贈る「ワールド・プレス・フリーダム・ヒーロー賞」を
送りました。犠牲になった山本美香さんに捧げたいと思います。四月末に
パリで国境なき記者団のベンジャミンアジア担当デスクと懇談した時も
「山本美香は素晴らしいジャーナリストだっとシリアで
取材していたフランス人記者から聞いた」と言っておられました。

差別発言で民族排外主義団体に「民族憎悪の扇動」の罪で捜査当局の捜査が動き出す

イタリア初の黒人閣僚に差別発言、当局が捜査

画像1

4月28日、ローマで就任宣誓の後、レッタ首相と写真撮影に臨むケンゲ移民問題担当相(左)=AP
 【ローマ=末続哲也】イタリアのレッタ新政権が「同国初の黒人閣僚」としてアフリカ系移民の女性眼科医セシル・ケンゲ氏(48)を移民問題担当相に任命したことを巡り、右翼団体などから人種差別的な中傷が相次ぎ、関係当局が捜査に乗り出す事態になっている。

 歴史的に長らく移民を海外に送り出してきた同国で、外国からの移民の受け入れをめぐる社会の意識が立ち遅れている実情を浮き彫りにした格好だ。

 ケンゲ氏はコンゴ民主共和国出身で、19歳でイタリアに移住。イタリア人男性と結婚し、先の総選挙で中道左派の民主党から下院に初当選していた。

 一方、同国の右派系ウェブサイトはケンゲ氏を「コンゴの猿」などと中傷。移民に批判的な中道右派第2政党「北部同盟」のマリオ・ボルゲツィオ欧州議会議員も30日、ラジオ番組で同氏を念頭に「(アフリカは)優れた遺伝子を作れない」と述べた。

 新政権は1日、「民族憎悪の扇動」を禁じた法律違反の疑いで右派系サイトの捜査を命じた。

(2013年5月3日15時20分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130503-OYT1T00471.htm?from=tw

イタリアでの事件ですが興味深い事件です。
なぜこのような発言をするのか理解に苦しみます。
捜査当局の捜査結果をみたいですが
欧州議会議員までこのような発言をするのか
全くおかしいと思います。

“北朝鮮の政治収容所生まれ”シン・ドンヒョク氏が嘆く 韓国での北朝鮮人権問題の関心の低さ

“北朝鮮の政治収容所生まれ”シン・ドンヒョク氏の半生を綴った本が25カ国で出版
2013年05月03日15時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]


『14号管理所からの脱出』の著者ブレイン・ハーデン氏と本の主人公シン・ドンヒョク氏。 「韓国政府は、北朝鮮の政治犯収容所に閉じ込められている人のためにできることがないようだ。だが同じ民族だ。彼らのために何もできなくても最小限、共に悲しむすべを知るべきだ」。
画像1

北朝鮮の政治犯収容所で生まれ2005年に脱北したシン・ドンヒョク氏(31)は2日午前、ソウル新門路(シンムンロ)の牙山(アサン)政策研究院で開かれた懇談会でこのように話した。シン氏は自身の話が込められた本『14号管理所からの脱出』(Escape from Camp 14)の韓国語版発刊を記念して著者のブレイン・ハーデン氏と韓国を訪れた。

北朝鮮の政治犯収容所では異性間接触を禁止している。きわめて少数の男女模範囚が看守に選ばれて5日間同じ部屋で暮らすのだが、これを“表彰結婚”という。シン氏は1982年、収容所の中の表彰結婚の結果生まれた。それ以後も彼の人生は数奇なものだった。13歳の時、彼は生き残るために母親と兄が収容所脱出を図ろうとした事実を看守に告発し、結局2人が公開処刑される様子を見守らなければならなかった。

ジャーナリストであり作家であるハーデン氏は2008年12月から2年半の間シン氏からインタビューした内容を本に書いた。

この本は昨年3月、米国で出版されるや大きな反響が起きた。これまで24カ国で翻訳・出版された。ハリウッドの製作会社が版権を買い入れ映画化も進めている。

ハーデン氏は「世の中で最も不幸な子供が、どのようにして最も大きな幸運を得て脱出できたかを盛り込んだ話」として「ここからそう遠くないところに、ぞっとするような収容所があるということを、もっと多くの人々が知ってくれたらいい」と話した。彼は「韓国の脱北者の中にも政治犯収容所出身が60人もいる」として「衛星写真で見ると、最近3年間で収容所規模はもっと大きくなっている」とした。

シン・ドンヒョク氏は韓国国民の無関心を惜しんだ。「何年か前、私の手で直接書いた本を韓国で出版したが、韓国の人は大きな関心を持たなかった。だからハーデン氏が書いた本の韓国版発刊を反対した」と話した。その一方で「私の過去を掘り起こすのはぞっとする。しかしこのように時が過ぎていけば、私の父親をはじめとする政治犯収容所にいる人は全員死ぬほかはないという思いから勇気を出した」と明らかにした。シン氏はおもに米国に滞在して北朝鮮人権問題を知ってもらうための仕事をしている。

http://japanese.joins.com/article/184/171184.html?servcode=400§code=440

北朝鮮の政治収容所生まれ”シン・ドンヒョク氏の本は読みましたが
非常に衝撃を受けて記憶があります。しかし、韓国での北朝鮮問題での
意識の低さは以前から指摘がありました。韓国政府の前に
日本政府も北朝鮮への経済制裁等の制裁一辺倒の対北朝鮮政策では
限界が有ります。北朝鮮が嫌がるのはやはり人権です。
北朝鮮の人権問題を先頭にした日本政府の積極的な政策変更の時期を迎えています。

北朝鮮で韓国系米国人男性に15年の労働教化刑宣告!! 北朝鮮当局 カーター元大統領訪朝要請か?? 米朝交渉への揺さぶりか?

北朝鮮がカーター氏招待か 抑留者釈放で対話模索も
2013.5.2 13:17
 韓国紙、東亜日報は2日、カーター元米大統領が北朝鮮から招待を受け、訪朝を積極的に検討していると伝えた。また、聯合ニュースは、カーター氏がケリー国務長官に訪朝希望を書簡で伝えたと報じた。いずれもワシントンの消息筋の話としている。ケリー長官の反応は不明。
画像1

 北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、「反共和国敵対犯罪」で拘束されていた米国人男性ペ・ジュンホ氏に、懲役に相当する労働教化刑15年の判決が言い渡されたと伝えた。カーター氏への招待が事実なら、北朝鮮はペ氏の釈放交渉を糸口に米側との対話を模索している可能性がある。

 カーター氏は北朝鮮の核開発をめぐり米朝関係が緊張した1994年に米大統領経験者として初めて訪朝し、金日成主席(故人)と会談し緊張緩和につなげた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130502/kor13050213190005-n1.htm


北朝鮮、韓国系米国人男性に15年の労働教化刑
2013年05月02日 12:43 発信地:ソウル/韓国
画像1


【5月2日 AFP】北朝鮮の最高裁判所は、同国に対する「敵対行為」の罪で逮捕・起訴された韓国系米国人の観光ガイド、ペ・ジュンホ(Pae Jun-Ho、米国名:ケネス・ベ、Kenneth Bae)さんに、15年の労働教化刑を言い渡した。国営朝鮮中央通信(Korean Central News Agency、KCNA)が2日、伝えた。

 ペさんは昨年11月、北東部の港湾都市・羅先(Rason)から北朝鮮に密入国した疑いで北朝鮮当局に身柄を拘束されていた。KCNAによると、ペさんは裁判で「北朝鮮国家の転覆を画策した」罪を認めたという。

 韓国の人権活動家はAFPに対し、ペさんが拘束されたのは貧困状態にある北朝鮮の子どもたちの写真を撮影したためとの見方を示した。

 米国は、人道的見地からペさんを解放するよう北朝鮮に求めていた。米当局によるとペさんは有効な査証を所持した上で北朝鮮に入国しており、今後、ペさんが北朝鮮に「政治交渉の切り札」として利用される恐れがあるという。(c)AFP
AFPBB News トップへ

http://www.afpbb.com/article/politics/2941905/10677932

ミサイル、核実験、韓国系アメリカ人への労働教化への有罪宣告と
米朝交渉への揺さぶりです。アメリカは北朝鮮と様々な交渉ルート
を持っています。ジミー カーター元大統領の訪朝を要請したそうです。
いよいよ米朝交渉が始まるの重要な局面だと思います。
韓国も人道支援を検討してるようです。
日本の積極的な外交交渉が必要だと思います。

オバマ大統領よ!!グアンタナモ収容所閉鎖の政治判断を!!

米大統領 グアンタナモ収容所閉鎖を
5月1日 7時44分

画像1

アメリカのオバマ大統領は、国際社会から強く批判されてきたキューバにあるグアンタナモ収容所について、アメリカの安全にはつながらないとして、議会に対して収容所の閉鎖を認めるよう強く求めていく方針を強調しました。

オバマ大統領は、30日の会見で、2001年の同時多発テロ事件のあと、アメリカがテロとの関係が疑われる外国人を拘束しているキューバのグアンタナモ収容所について触れ、「アメリカを安全にするには、収容所は必要ないと理解することが重要だ」と述べ、議会に対して収容所の閉鎖を認めるよう強く求めていく方針を強調しました。
画像1
グアンタナモ収容所は、人権侵害が行われているとして国際的な批判を浴び、オバマ大統領は、2009年の就任直後に、収容所内の特別軍事法廷での審理を停止し、1年以内に収容所を閉鎖する方針を打ち出しました。
しかし、収容者をアメリカ国内に移送すれば、移送先がテロの標的になりかねず、アメリカの安全のために収容所は必要だなどとして議会が強く反発し、同時多発テロの主犯格とされる5人の裁判も去年、当初予定されていたニューヨークではなく、収容所内の特別軍事法廷で始まりました。
グアンタナモ収容所には、現在も166人が収容され、待遇などに反発して、収容者のおよそ6割に当たる100人がハンガーストライキを続けています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130501/k10014295811000.html

いよいよオバマ大統領もグアンタナモ収容所閉鎖の政治判断を
する動きが出ています。テロ戦争の象徴的な存在であった
グアンタナモ収容所についてはテロ戦争での情報収集での
評価をありますが、刑事訴訟法が適用されない
軍事法廷での審理等での人権擁護の観点でも激しい批判出ています。
オバマ大統領の判断を見守りたいと
思います。

日本一のクオリティーペーパー西日本新聞が警告する 国家機密vs国民の知る権利

秘密保全法制 「知る権利」を揺るがすな
2013年4月30日 10:36 カテゴリー:コラム > 社説
 画像1
国の行政秘密を漏洩(ろうえい)した公務員を処罰する「秘密保全法」について、安倍晋三首相が早期制定に意欲を見せている。

 法制化の具体的な中身はこれから取りまとめるとしているが、国民の「知る権利」など民主主義の根幹を揺るがしかねない危険性がある。

 先に民主党政権が作成した「秘密保全法案」は、政府・与党内の慎重論から国会提出が見送られた。安倍政権での法制化についても同様に断念を求めたい。

 民主党政権での法案は、2010年に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船
衝突事件で、ビデオ映像がインターネット上に流出したことが発端だった。

 「国の安全や外交」「公共の安全や秩序の維持」に関する情報のうち、特に秘匿を要する情報を「特別秘密」に指定する。漏らした公務員らには最高で懲役10年の重い罰則を科す−という内容だ。

 同法案に対し私たちは、深刻な問題をはらむと指摘し、反対してきた。

 まず「特別秘密」の概念や範囲の曖昧さだ。国民への公開が望ましい情報でも政府の一方的な都合で「特別秘密」に指定して秘匿できることになり、政府の「情報隠し」が容易になるからだ。

 次に「特定取得行為」と称して、公務員らに秘密の漏洩を唆す行為も、処罰対象とする点だ。これでは報道の意義や役割が脅かされる恐れがある。

 政府に不都合な情報でも、国民の利益になると判断すれば公務員に開示を求めて報道する。それは報道機関にとって通常の取材活動だ。だが法の運用次第では取材や報道の自由が制約される。結果として、憲法で保障された国民の「知る権利」が侵害されかねない事態を招く。

 安倍政権下の法制化でこうした問題点が解消されるのだろうか。心もとない。

 安倍政権は、外交や安全保障政策の司令塔として国家安全保障会議(日本版NSC)の創設を目指している。そのためには厳重な情報保全措置が重要と判断し、民主党政権が作成した同法案の骨格を踏まえて検討する考えだという。

 そうであれば秘密保全もより厳しくなりはしないか。そんな不安を拭えない。

 確かに、国益や国民の安全に関する情報は厳格な管理が大切だ。政府に、一定期間は公開せず「秘密」にすべき情報があることも否定できないだろう。

 ただ、行政秘密の保全や防衛秘密の漏洩防止は、国家公務員法や自衛隊法など現行法令の守秘義務でも、十分対応できるのではないか。民主党政権が法案の国会提出を見送ったのは、国政調査権を含むさまざまな権利との整合性が取れないことも要因とされた。多くの疑問や懸念が指摘される秘密保全法制を、なぜ目指すのか。理解に苦しむ。

 一方で国民の「知る権利」を後押しする情報公開法改正案は、一昨年国会に提出されながら審議未了で廃案となったままだ。いま政府に求められているのは、この情報公開法の改正の実現である。

=2013/04/30付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/361129
以前から問題にしている秘密保全法案の問題ですが
日本一のクオリティーペーパーである西日本新聞が
論点を整理しています。一昨年の尖閣ビデオ事件の
ように国民の知る権利や情報の自由は国民の
一番の権利です。国家機密の重要性は
理解できますが十分な議論が必要だと思います。

Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ