septembre 2015

30 septembre 2015

スノーデン元職員がツイッター開設 インターネットの自由 知る権利を訴える

スノーデン元職員がツイッター開設、NSAをフォロー
image

image

【9月30日 AFP】米政府による大規模な情報収集活動を暴露した米国家安全保障局(NSA)元職員のエドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者が29日、ツイッター(Twitter)のアカウントを開設した。

 その後2時間ほどで、25万人以上が同アカウントをフォローした。逆にスノーデン元職員がフォローしている唯一のアカウントは、元勤務先であるNSAの公式アカウントだ。同元職員はNSAから、同局が秘密裏に行っていた情報収集プログラムの存在を暴露する電子文書を流出させた。

 初ツイートは「これで僕の声が聞こえますか?(Can you hear me now?)」で、すぐに何万回もリツイート(再投稿)された。

 2つ目のツイートでは、火星に関する最新ニュースに触れると同時に、米政府からNSA関連の情報暴露の犯人として名指しされてから亡命先探しに苦労している自身の境遇に絡めて冗談を飛ばした。「火星に水があるんだってね!入るのにパスポートは必要かな?友達が知りたいって」

 同元職員のアカウント「@Snowden」は、ツイッターから本人認証を受けている。自己紹介欄には、「報道の自由基金(Freedom of the Press Foundation)」の役員という肩書きに加え、「かつては政府のために働いていた。今私は人々のために働いている」という一言が添えられている。

 スノーデン元職員は2013年6月以来、ロシアでの亡命生活を続けている。米政府は同元職員を、スパイ容疑と政府財産の窃盗容疑で訴追。有罪と認められれば、禁錮30年が言い渡される可能性がある。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3061644?ctm_campaign=txt_topics

ロシアに亡命した元NSA職員のスノーデンがTwitterを開設して
インターネットの自由を訴えるようですが最初はチャラケ投稿だった
ようです。今後の投稿を注視したいと思います。

taisa1978 at 11:18コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

29 septembre 2015

北朝鮮の人権侵害の映画上映拒否する韓国の映画会社

【記者手帳】北の人権問題を描いた映画、CJが上映拒否

 image
今月15−20日、インドネシアのジャカルタとバンドンで開催された北朝鮮人権週間関連行事(北朝鮮人権市民連合主催)の準備過程で、脱北の過程を描いた映画『クロッシング』の上映で問題が発生した。ジャカルタに映画館を持つCJ CGV(韓国の企業グループCJ系列のシネマ・コンプレックス・チェーン)が「北朝鮮の人権をテーマにした政治的イベントに会場を貸すことはできない」との理由で上映を拒否したのだ。

 北朝鮮人権市民連合の関係者は「CJは現地の韓国大使館からの説得にも応じず、会社の方針だとして最後まで上映を拒否したため、別の会場を探さねばならなくなった」と明らかにした。幸いロッテが「北朝鮮の人権問題を取り扱う映画は多くの人が見なければならない」として、ジャカルタ市内にあるロッテ・ショッピング・アベニュー店の会場を提供し、何とか上映にこぎ着けることができた。ロッテは行事の趣旨に共感し、映画館の使用料も受け取らなかったという。

 キム・テギュン監督が2008年に製作した映画『クロッシング』は、タレントのチャ・インピョ氏が主人公を演じ、北朝鮮から脱出する過程をリアルに描いたものとして知られる。韓国国内はもちろん、海外でも広く上映された作品だ。

 今回の行事期間中、この映画はジャカルタのインドネシア大学やバンドンのパジャジャラン大学で何の問題もなく上映された。北朝鮮人権週間の開幕行事が行われ、その後も脱北画家らの作品展示会が開催されたジャカルタのダイアローグ・ギャラリーも、行事の趣旨に理解を示したことから会場を提供してくれた。ところが韓国の大手企業は人権問題をテーマにした映画の上映に応じなかったのだ。

 CJ CGVの関係者は「ジャカルタCGVはインドネシアのブリッツメガプレックス社と協定を結び委託経営を行っているが、同社は政治的な問題が絡んだテーマは取り扱わない方針を持っているため、今回はやむを得なかった」と説明した。

 これに対して現地在住の韓国人は「インドネシア政府も脱北者の人権問題を取り扱った映画の上映を認めているのに、これを政治イベントと見なして拒否するとは理解し難い」「韓国の大手企業は誰の顔色をうかがっているのか」などと不満を隠さなかった。東南アジア諸国では最近、北朝鮮の人権問題に大きな注目が集まっているが、グローバル企業を旗印とするCJによる今回の対応は、やはり納得し難いものだ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/09/28/2015092801279.html

背後関係は分かりませんが酷い話です。

taisa1978 at 17:10コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

28 septembre 2015

いよいよアサド政権の断末魔 シリア最大の後ろ盾のロシアも見限りか?? シリア問題のキーパンソンのロシアの対応に注目が集まる

シリアでのロシアの軍事介入拡大、アサド政権見限りの反映か

image

ワシントン(CNN) ロシアがシリアで軍事介入を強めている問題で米情報機関当局が、シリアのアサド政権は長く続かないと判断し、その後の権力移行での影響力確保を狙う意図があるとの見方を強めていることが27日までにわかった。

オバマ米政権内でロシアによるシリアでの軍備増強の動機についての結論は出ていない。ただ、米国防総省や米軍も情報機関当局の分析を共有しているという。複数の米政府高官は先に、ロシアがシリアへ航空機、戦車やミサイルなどを派遣しているとの事実を明らかにしていた。

米情報機関当局は、アサド政権は今後数カ月は持つと予測。ただ、重要な支配地域の喪失などもあり同大統領の権力構造は今年に入り相当な程度弱体化したという。軍内の士気低下も進んでいる。

米政府高官はCNNの取材に、アサド政権崩壊に備え新たな権力掌握に動きそうな人物の特定作業などを進めていることを明らかにした。しかし、反体制派を含め権力奪取につながる支持を集めそうな人物の存在をこれまでつかみ切れていないという。

米政府はアサド大統領退陣となった場合、首都ダマスカスの社会インフラ基盤や公共サービスが崩壊することを強く懸念している。過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」やアルカイダ系組織が入り込み、人道危機を招いて、シリア復興に障害となることを危惧しているためだ。


仮にロシアがシリア内で空爆などの軍事行動に踏み切ったとしてもこれらのインフラ基盤を破壊しないことを望んでいる。米政府当局者によると、現段階でロシア軍機がシリア内で戦闘行為を開始したとの情報はないが、事態が急変する可能性はいつでもあるとの情勢認識も示した。

オバマ大統領は近く、国連総会出席に合わせてロシアのプーチン大統領と会談予定で、シリア情勢などに触れる見通し。両首脳の直接会談は過去約1年で初めて。

ロシアは軍事介入の加速についてISIS掃討もしくはアサド政権へのてこ入れが目的なのかは明確にしていない。米国はISIS撲滅の作戦を続け、シリア反体制派への支援も行っている。また、アサド大統領の退陣も迫っている。

ロシアの軍事介入の狙いがアサド政権支援だった場合、ISISや別の過激派、反体制派などが入り組んでいる内戦が悪化しかねないとの懸念も抱いている。

http://www.cnn.co.jp/world/35071018.html

シリア難民の欧州への受けて欧州各国が流出する
シリアの対応が活発化しています。今までの
シリアの後ろ盾だったロシアの対応が少しずつ
変化を見せています。アサド政権、反体制派、
過激派集団イスラム国と三勢力のバランスが
微妙な変化から崩れ始めています。

taisa1978 at 12:10コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

27 septembre 2015

酷いオリンピックの開催国の人権状況に国際人権団体アムネスティ・インターナショナがIOCを批判する

人権団体がIOC非難

image
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは24日、パリやローマなど5都市が立候補した2024年夏季五輪の開催都市契約書で人権問題に関する記述が明確ではないとして、国際オリンピック委員会(IOC)を非難する声明を発表した。

 IOCが16日に公表した新たな開催都市契約書は中長期改革「五輪アジェンダ2020」を適用し、性的指向を含めた差別を禁ずる文言を盛り込んだ。しかし同団体は「これらの変更が十分ではなく、労働条件や汚職防止の基準に具体性が足りない」と指摘。IOCは「今回の声明に驚いている」と反発している。

http://www.nikkansports.com/sports/news/1543544.html

以前からオリンピックと人権状況の問題は取り上げてきましたが
今回も国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの批判が
的を得ています。IOCも問題をしっかりと認識を持つべきです。

taisa1978 at 14:59コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

26 septembre 2015

欧州に渡る偽装難民

「シリア難民」の3割が国籍偽装=ドイツ
時事通信 9月25日(金)23時47分配信
image

 【ベルリンAFP=時事】ドイツ内務省報道官は25日、ドイツに到着した難民のうち、内戦下のシリア出身を自称する人々の30%が別の国の出身者とみられると述べた。
 連邦警察や難民管理当局の担当者による現場での観察に基づいた見積もりという。
 ただ、報道官は、政府は国籍を偽装した難民の数に関する公式の統計は持っていないと強調した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000242-jij-eurp

以前からシリア以外のリビアやアフガニスタンの難民が含まれているのは
言われていましたがこのような調査結果についても精査が必要です。
国境移動の際の難民登録も必須だと思います。

taisa1978 at 09:10コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

25 septembre 2015

安倍総理 特定失踪者や日本人妻も日朝交渉で取り上げてください

北の人権侵害対処 ネットワーク発足

 image
拉致問題をはじめとする北朝鮮のさまざまな人権侵害に取り組む「特定失踪者・北朝鮮人権ネットワーク」が発足し、24日に東京都内で記者会見を開いた。

 北朝鮮による拉致の可能性を排除できない特定失踪者に関し、ネットワークは「政府認定拉致被害者及びその家族への対応と比べて明らかに不公平」と指摘。政府に対して首相と特定失踪者家族との面会実現などを求めている。

 拉致被害者のほか日本人配偶者や残留日本人なども含まれる北朝鮮による再調査報告については、「優先順位を付けることなく公平な見地で受け入れることを求めていく」と方針を説明。陶久(すえひさ)敏郎代表は会見で、「国民の皆さんがいろいろ考えていただく一つの材料、視点をこれから提供していきたい」と話した。

http://www.sankei.com/world/news/150924/wor1509240059-n1.html

昨年のスットクホルム合意では全ての日本人に対する調査が
合意されましたが1年経ちますが全く進展がありません。
政府は拉致被害者を最優先に解決に目指しています。
拉致問題が最重要な課題であるのは十分に理解していますが
特定失踪者や日本人妻問題も政府にはしっかりと
取り組んで欲しいです。新しい団体はそれを目指して
いきたいです。

taisa1978 at 08:12コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

24 septembre 2015

政敵を絶対に許さないプーチン政権

ロシア:「プーチン政権が弾圧」1兆4400億円賠償提訴

 画像1
◇元富豪で仏亡命中のプガチョフ元露上院議員

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアの元富豪でフランスに亡命中のセルゲイ・プガチョフ元露上院議員(52)は22日、ロシア政府を相手取り120億ドル(約1兆4400億円)の損害賠償を求め、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所に提訴した。プガチョフ氏の弁護団が明らかにした。「プーチン政権の弾圧で違法に資産を没収された」と主張している。

 プーチン政権に解体された元石油大手ユコスの株主グループが起こした訴訟では、同裁判所が昨年7月、ロシア政府に500億ドルを支払うよう命令。しかし、ロシア政府は応じず、欧州にある資産を差し押さえられるなどしている。今回の訴訟は判決までに数年かかる見通しだが、相次ぐ訴えはロシア政府のイメージ悪化を招きそうだ。

 元主要銀行のメジュプロム銀行や造船所などを経営していたプガチョフ氏は、エリツィン元大統領の側近の一人だった。エリツィン氏の後継者のプーチン大統領を支持し、プーチン氏とも仲がよかったことから「クレムリンの金庫番」などと呼ばれていた。

 その後、プーチン氏との関係が悪化し、2011年には「08年の世界金融危機の際、ロシア中銀から受けた支援資金を横領した」などとしてロシア当局から資産を差し押さえられ、指名手配された。

 プガチョフ氏は「政治弾圧だ」と訴え同年、英国に亡命。さらに今年6月、フランスに移住した。

http://mainichi.jp/select/news/20150924k0000m030097000c.html

以前からロシアの人権問題を取り上げていますが
今回は亡命した元議員の訴えです。政敵を絶対に許さない
プーチン政権の表れです。

taisa1978 at 10:56コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

23 septembre 2015

シリア難民問題で分裂を見せるEU

EU、難民12万人の受け入れ分担決定 一部の反対押し切る
image

【9月23日 AFP】欧州連合(EU)は22日、ベルギーの首都ブリュッセル(Brussels)で閣僚理事会を開き、難民12万人を加盟各国で分担して受け入れることを決定した。しかし中欧、東欧諸国からの強い反対を押し切った形となり、EUの一致団結という意味では大きな痛手となった。

 受け入れ分担の採決では、ハンガリー、チェコ、ルーマニア、スロバキアの4か国が反対票を投じ、フィンランドが棄権した。第2次世界大戦(World War II)以降、最大の移民危機に直面しているEU内の亀裂は深まった。

 理事会後、チェコのミラン・ホバネツ(Milan Chovanec)内相は失望感をあらわにして、「王様は裸だということが間もなく分かるだろう。常識はきょう失われた!」と、ツイッター(Twitter)に投稿している。

 EU加盟各国は、大きな議論を巻き起こした今回の取り決めにより、シリア、アフガニスタン、エリトリアを出発し、EU圏内の最前線に位置するギリシャやイタリアに到着した人々を分担して受け入れることが義務付けられる。

 理事会に出席した閣僚らは、翌23日に難民問題について協議するEU首脳会談での承認に向け、合意を取り付ける必要に迫られていたものの、結束力を示すことを重視するEUが、全会一致ではなく多数決で合意したのは異例の措置だ。

 関係者らの話によると、受け入れ分担が進められるのは、ギリシャとイタリア入りしている6万6000人に加え、ハンガリーが今回の案を拒否する以前に同国から別のEU加盟国に割り当てられていた5万4000人になるという。(c)AFP/Danny KEMP/Lachlan CARMICHAEL

http://www.afpbb.com/articles/-/3060996

EU各国でシリア難民の対応で見解が大きく分かれています。
結束を強かったEU各国の結束の乱れが出てきます。

taisa1978 at 19:44コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

22 septembre 2015

人権侵害国家のサウジアラビアが国連人権理事会議長国へ 国際人権団体から批判が噴出する

サウジアラビアが国連人権理事会議長国に、波紋広がる
image

サウジアラビア青年に磔刑判決
c 写真: Facebook / Free Sheikh Nimr Baqir Al-Nimr
サウジアラビア青年に磔刑判決
非政府組織UN Watchによれば、サウジアラビアのファイサル・ビン・ハッサン・トラッド国連ジュネーヴ欧州本部大使が国際連合人権理事会の独立専門家会議議長に任命された。国連の公式な任命文書は17日付けで発効しているという。
ブログ上で言論の自由を主張したためにむち打ち1000回の刑に処せられ現在収監中の民主派ブロガー、ライフ・バダウィ氏の妻は、任命は「スキャンダラス」であり、「結局人権より石油が大事、ということだ」と批判している。

トラッド氏は国連にこのポストを占めたことにより、以後、国連が人権分野で裁量をもつ国において、国連の名のもとに、人権分野の全権代表を自由に任命することが出来るようになる。

UN Watchの執行役員ヒレル・ノイヤー氏によれば、今度の任命(実際には任命そのものは6月になされていたが、このほどようやく明らかになった)はサウジアラビアにとっては「残念賞」であるかも知れない。サウジアラビアは、国連加盟諸国がサウジアラビアにおける人権侵害について批判したことを受け、申請を取り下げていた。

インド警察、サウジ外交官による性奴隷虐待の有無を捜査
c Flickr/ Bruno Casonato
インド警察、サウジ外交官による性奴隷虐待の有無を捜査
サウジアラビアは今年、頭部の切断を職務内容に含む死刑執行役を新たに8人募集することを発表し、各国から批判を集めた。
国連人権理事会は全世界の人権問題を扱う国連機関。人権が守られているかどうか疑わしい国々をメンバーに迎えていることで、長らく批判の的になっている。

「この世界では石油が人権擁護原則を支配し続けているらしい。残念だ」とノイヤー氏。

「サウジアラビアが理事会メンバーであること自体ひどいことなのに、その議長になるなんて、サウジアラビアの監獄でひどい目にあっている反体制派の傷口に塩を揉み込むようなものだ」。現時点では国連も人権理事会のサウジ代表部もこの件についてコメントを出していない。

http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150922/934594.html

以前も国連人権理事会の前身の人権委員会ではリビアやルワンダのような人権侵害国家が
委員会国になり、国際人権団体の国境なき記者団が『馬鹿げている』と批判しました。
今回も馬鹿げているとしか言えないと思います。サウジアラビアはジャーナリストへの
人権侵害やシリア難民の受け入れも拒否しています。こんな国に国連人権理事会の議長になるに
大きな疑問を感じます。

taisa1978 at 10:01コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

21 septembre 2015

ウクライナ内戦での闇に消えた住民への大量虐殺 ウクライナ政府の犯行か??


国連特別報告官「ウクライナでの国家クーデター時における一般市民殺害事件の証拠 大部分すでになし」


新聞「ウクラインスカヤ・プラウダ」は、ヘインス報告官の発言を引用して、次のように伝えた―

「2年前、キエフ中心部で大衆デモが起き、100人以上もの人々が非業の死を遂げた時、世界の注目はウクライナに集まった。ウクライナ当局には、前の政権も今の政権も、人々の命を守る責任があった。彼らにそれを保証する能力がなかったことが、ああした悲劇的な結果をもたらしたのだ。」

又ヘインス報告官は、2014年5月2日にオデッサの労働組合会館放火事件に触れた。この事件では48人が亡くなったが、いまだに捜査が終わっていない。ウクライナの治安機関も、また議会の2つの委員会も、調査を行っているが、犯人を特定できていない。

ヘインス報告官は、ウクライナ危機センターのブリーフィングで、次のように強調した―

「証拠の数々は、出来事が起きて直ぐ失われてしまい、それらを検討するのは大変難しい。犯罪者を特定するプロセスは、大変ゆっくりとしたものだ。

ウクライナ政府は、悲劇をもたらした大衆騒乱行為の際の、治安機関職員らの行動分析を加速化しなければならない。それ以外に。多くの人々が逃げ込んでいたオデッサの労働組合会館での火事現場に、なかなか到着しなかった消防隊の役割についても判断を下す必要があるだろう。」

オデッサでは昨年5月2日、ギリシャ広場で、国家クーデターの後キエフに誕生した新しい権力機関を支持する勢力と、それを認めない勢力との間で衝突が起きた。民族主義的な立場をとる過激派グループ「右派セクター」などの支持者や極右的なフリーガンらはまず、労働組合会館前広場に張られた親ロシア的な立場をとる活動家達のテント村を攻撃し破壊した後、人々が避難していた建物自体にも火を放った。その結果、48人が亡くなり、およそ200人が負傷した。

http://jp.sputniknews.com/politics/20150919/923613.html

闇に消えたウクライナ内戦での住民への大量殺人

疑惑です。ウクライナ政府の犯行か武装勢力か

真相は闇です。




taisa1978 at 00:49コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

20 septembre 2015

シリア難民の現状 求めれる国際社会の対応と紛争近隣国の対応

難民:「人間扱いじゃない」…クロアチア

毎日新聞 2015年09月19日 22時03分(最終更新 09月20日 00時49分)
image

畑の中を歩く難民の一家。左後方にあるセルビア側の国境検問所前を通過し2キロ先を目指す=クロアチア東部トバルニクで2015年9月18日、中西啓介撮影
畑の中を歩く難民の一家。左後方にあるセルビア側の国境検問所前を通過し2キロ先を目指す=クロアチア東部トバルニクで2015年9月18日、中西啓介撮影

 【トバルニク(クロアチア東部)中西啓介】難民の流入を防ごうと、クロアチアはセルビアとの国境にある検問所を次々と閉鎖した。だが、主要ルートのトバルニクでは18日、難民らが閉鎖された検問所を迂回(うかい)して畑を通って入国した。クロアチアの難民施設は既に満員状態で、移送バスも不足しており、長時間の待機を余儀なくされた難民たちの間では、いらだちが高まっていた。

 気温34度。トウモロコシ畑を抜け、難民の列が両国国境間の道路に姿を現す。

 警備に当たるクロアチアの男性警察官は「検問所閉鎖のために今朝から配備されているが、入国は止められない。難民申請させてからバスと列車で移送させている」と淡々と話した。難民らは強い日差しに耐えながら約2キロ先にあるバス乗り場を目指した。

 シリア・ホムス出身のベラス・アルテミェさん(18)は「バスに乗れるまであと2日待てと言われた」と疲れきった表情で話す。食べ残しなどゴミが大量に散らばり、砂ぼこりが舞う。「9歳の弟までが空き地で寝なくてはいけない。これは人間の扱いじゃない」と憤った。

 16日以降、約1万7000人が流入したクロアチアは困難に直面している。警察はトバルニク中心部近くの広場に難民たちを集め、バスに乗せて首都ザグレブなどの施設に移送している。だが、国内の施設は既に満員状態で、屋外で夜を明かす人は数千人に膨らんでいる。

 トバルニクのバス乗り場で、重装備の警官たちの指示に従い、列を作って待つ難民。「金はあるからタクシーを呼ばせてくれ」などと警官に訴える男性もいたが、言下に「ノー」と拒否され、険しい表情を見せた。

 イラク出身のアハメットさん(20)は「早く次の国に行きたいので我慢するしかない」と話していた。

http://mainichi.jp/select/news/20150920k0000m030071000c.html

いよいよドイツやオーストリアのような難民の受け入れ国に
向かう途中のハンガリーやチェコスロバキアやクロアチアの
国境地帯で足止めをくっらっている難民にも酷い状況です。
まずは紛争当事国の対応と紛争近隣国のサウジアラビア、
アラブ首長国連邦、クエートのような裕福なアラブ国が
もっと難民を引き受けるべきです。国際的な取り組みが必要です。

taisa1978 at 09:47コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

19 septembre 2015

安保法が成立へ 各方面から議論不十分に批判が出る

自衛官 戦場いつか 安保法案成立へ 議論不十分 娘「お父さん、死ぬでしょ」
image


image

 国のあり方を大きく変える安全保障関連法案が成立する。十八日、国会の外で平和国家のままであり続けることを願う人たちの声が響く中、政府、与党は法案成立へと突き進んだ。新しい安保法制は自衛隊を変質させ、隊員が「殺し、殺される」ことが現実味を帯びてくるが、「戦場」に立たされる隊員を守るための議論は不十分なままだ。 

 陸上自衛隊に勤務する四十代のある男性隊員は今年五月、自宅で娘とテレビを見ていた。法案審議のニュースが流れると、娘がポロリと口にした。「お父さん、死ぬでしょ」。妻は「(海外派遣要員として)行けと言われたら、辞めてもいいよ」と言った。

 「衣食住はタダ。教育期間が終われば土日も夜も自由」。甘い言葉で勧誘され、高校卒業後に入隊した。基本は災害派遣が仕事という認識だった。「法案に基づく海外派遣の覚悟なんてない。隊員の間でリアリティーを持った話題になっていない」

 法案審議が大詰めを迎え、所属部隊を明かさないことを条件に取材に応じた男性隊員は「国会周辺であれだけ反対のデモがあったのに、国民の声は届かなかった。むなしい」とつぶやいた。

 これまでに公務で死亡した自衛隊員は約千九百人に上るが、戦闘行為で死亡した例はない。今後は「戦死者」が出る懸念が強まっている。

 イラク派遣時には、不測の事態に備え、遺族に支給される賞じゅつ金や特別ほう賞金計一億円が用意された。遺族補償も五割増しだった。

 しかし、関東地方に住む航空自衛隊員は「万が一の場合の補償の説明はほとんどない。死んだらローンはどうなるのか。安保法案そのものには賛成だが、こんな状態で海外に行かされてはたまらない」と訴える。

 自衛隊員の置かれた立場の不安定さへの不満は根強い。「とにかく国際法上の地位を確立してほしい」。関東地方に勤務する陸自の男性尉官(45)は冷めた口調で語った。

 尉官は国会のやりとりを知り「不安が的中した」と落胆した。後方支援中に敵に捕まった自衛隊員について、政府答弁は「戦闘員ではないので、(捕虜の人道的処遇を定めた)ジュネーブ条約上の捕虜となることはない」。

 安保法案が成立すれば、後方支援として軍事作戦に向かう戦闘機への給油や弾薬の提供が可能となる。尉官は「軍事物資を運べば自衛隊は攻撃目標にされる」と懸念を語る。「捕まっても捕虜としての扱いも受けられない。戦争犯罪者として死刑にされることもある」。根本的な議論はなおざりのまま。「つけを回されるのは現場だ」と諦め交じりに話した。

◆常総の水害被災者「命の恩人。戦地に行かないで」

 安保法で活動範囲が広がる自衛隊。関東・東北水害で大きな被害を受けた茨城県常総市で、床上浸水した自宅からヘリコプターで救助された主婦(48)は「私の命の恩人である自衛隊員を戦争や生き死にのある怖いところに行かせたくない。こちらが守ってあげたいくらい」と語った。

 鬼怒川が決壊した十日、自宅周辺の水位が急に上がり、車で避難できなくなった。自宅二階から懐中電灯を空に向けて振った。ヘリからロープ一本で下りてきた隊員が「大丈夫ですよ」と笑顔を見せた。緊張が一気にほぐれた。隊員の服に「海上自衛隊」とあった。

 自衛隊員に会ったのは、これが初めて。「自衛隊員は人の命や国を守るために働き、しっかりと訓練を受けてきたはず。他国の戦争に行かせるのは、やめてもらいたい」。救助されて、その思いを強くした。

 隊員たちは十八日も雨の中、ぬかるんだ泥に足を取られながら、行方不明者の捜索や小学校の片付け、土のう積みに奔走。三十代の隊員は「法案について、個人としての考えは持っているが、自衛隊全体の考えのように受け取られると困るので控えたい。上の命令に従うだけです」と言葉少なだった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015091902000129.html

本日、国会で安保法が成立しました。
賛否両論ありましたが議論が不十分な
だったのは事実だし法案に大きな
問題点があったのも事実だと思います。




taisa1978 at 13:13コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

18 septembre 2015

国際人権団体が警告するヒューマン・ライツ・ウォッチのイエメン紛争の責任追及

人権ウォッチ:イエメン紛争、説明責任追及の時は今
image
image

この1年間のイエメンにおける紛争は想像を絶するものであるにもかかわらず、これまで、ほとんど注目されてきませんでした。

国連人権高等弁務官事務所によると、2015年3月以来、少なくとも2,000人の一般市民が犠牲になりました。原因の大半は、サウジアラビア主導の連合軍が行った空爆です。ヒューマン・ライツ・ウォッチは現地調査を実施し、国際人道法(武力紛争法)の重大な違反行為を数多く発見。これらには紛争の全当事者が関与しており、多くが戦争犯罪に該当するものです。

連合軍は空爆を繰り返し、軍事目標が存在する証拠のない場所でも一般市民が犠牲になっています。そして、国際条約で禁じられたクラスター爆弾も使用しているのです。いっぽうフーシ派の部隊も、イエメン国内やサウジアラビア領土の人口密集地域にロケット弾を無差別で発射。アデン、アビヤン、ラヘジ周辺には、これも国際条約で禁じられた対人地雷を埋設しました。そしてアデンの南部勢力部隊は、疑いをかけたフーシ派の人びとを処刑しています。

今日、イエメンでの戦争犯罪疑惑および国際人道法違反をめぐる国連人権高等弁務官の報告書を協議するため、国連人権理事会が会合を開きます。報告書は、紛争の全当事者による戦争犯罪疑惑、ならびに深刻な死傷者を出している明らかな国際人道法違反を、国際的な、独立かつ公平なかたちで調査することを勧告しています。

人権理事会が高等弁務官事務所に報告書の作成を求めたのは1年ほど前のこと。人権侵害がますます拡大するなか、これら勧告を迅速に承認することは非常に重要です。

武力紛争の当事国は国際人道法のもと、戦争犯罪疑惑を捜査し、加害者に法の裁きを下す義務を負っています。しかし、これまで連合軍はこれを遂行してきませんでした。ゆえに人権理事会はモロッコやカタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦などの連合軍参加国に、武力紛争法違反の責任が問われることになる、と伝えなければなりません。

イエメン決議案の起草を主導するオランダは、紛争の全当事者が関与している人権侵害をめぐり、独立した国際調査委員会の設置を推進すべきです。そしてサウジ主導の連合軍の強力な後ろ盾である米国と英国は調査を支援すべきであり、さもなくば、連合軍による今後の侵害行為の共犯者となってしまいかねません。

イエメンにおける戦争犯罪疑惑の捜査、という国際的な義務に紛争の当事国が従っていない現状を踏まえ、国連人権理事会は今後、断固とした行動を取る必要があります。イエメン市民の安全がそれにかかっているのです。

https://www.hrw.org/ja/news/2015/09/14/281265

イエメンの反体制派への空爆はサウジアラビアなどが
行っていますが人工密集地へに空爆で民間人にも
死者が出ています。これは戦争犯罪の可能性もあり
国際的な調査が必要です。



taisa1978 at 09:38コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

17 septembre 2015

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが懸念するハンガリー政府の国境封鎖

ハンガリーがセルビア国境封鎖、EU域内への難民・移民流入阻止
image

image

[セルビア・ハンガリー国境 15日 ロイター] - ハンガリー政府は15日、難民・移民が欧州連合(EU)域内に入る主要な陸路となる南部のセルビア国境を封鎖し、欧州への大量流入を自ら阻止する手段に出た。

EUは14日、ブリュッセルで内務相会合を開き、さらに12万人の難民を受け入れることで合意したが、具体的な分担方法では最終合意に至らなかった。

ハンガリー政府によると、新たな措置では、EU域外のセルビアとの国境で難民申請する者は自動的に追い返され、隠れて国境を越えようとした者は収監されることになる。

ハンガリーとセルビアの国境では、新たに高さ3.5メートルの有刺鉄線付きのフェンスが張られ、ドイツを目指して移動してきた人々が立ち往生し、数百人がその場で一夜を過ごした。

ハンガリーのオルバン首相は、バルカン半島からドイツやスウェーデンに向かうイスラム教徒を中心とする難民が通る主要な陸路を同国が封鎖することで、欧州の「キリスト教の価値観」を守ろうとしていると述べた。

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは、ハンガリー政府を「無秩序に対応する欧州の見苦しい一面を見せた」と批判した。

難民・移民の大量流入を受け、ドイツは今週、国境での検問を復活させた。近隣諸国でも同様の対応が広がり、オーストリアは国境管理の厳格化を発表した。

ドイツのデメジエール内相は、EUは難民受け入れ分担を拒否した国を罰すべきと発言。これに対し、同国のメルケル首相は難民問題を協議するEU特別首脳会議の開催を呼び掛け、欧州の精神を取り戻す必要があると語り、内相の発言と距離を置いた。


http://jp.reuters.com/article/2015/09/16/europe-migrants-idJPKCN0RF2XG20150916

前代未聞の大きな問題になっている欧州への難民流入問題で
ついに国境封鎖に動き出したハンガリー政府の対応に
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが重大な
懸念を示しました。難民流入問題の本質はまずは流出国の
紛争状態を何とかする事と流出国の近隣国のサウジアラビアや
アラブ首長国連邦やクエートのような裕福なアラブ国は難民の受けれを
しません。国際的な動きが必要です。


taisa1978 at 08:44コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

16 septembre 2015

健康不安説が囁かれる アフリカ最後の独裁者ジンバブエのムカベ大統領

過去の演説を誤って再読 ジンバブエ大統領
image

 【バマコ(マリ)共同】アフリカ南部ジンバブエのムガベ大統領(91)が15日、新議会の冒頭演説で、誤って8月下旬に演説した内容をそのまま繰り返すトラブルがあった。ロイター通信などが伝えた。誰も誤りを指摘せず、中断されることなく、約25分間の演説を読み切ったという。

 大統領報道官は政府系紙ヘラルド(電子版)に「事務方がスピーチ原稿を取り違えた」と語り、大統領自身のミスではないとして火消しに躍起となった。

 一方、野党側は「健康な精神状態であればすぐに間違いに気付いたはずだ」と指摘し、高齢のムガベ氏は大統領職の責務を全うできておらず、引退すべきだと批判した。

http://news.livedoor.com/article/detail/10595417/

ジンバブエはハイパーインフレで世界的に有名ですが
この根源はこのムカベ大統領ですが高齢からの健康不安説が
出ていますがいよいよ健康不安説も真実味を帯びてきた
感じを受けます。


taisa1978 at 09:37コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

15 septembre 2015

難民流入問題でEUで合意できず 抜本的な対応が必要である

EU、難民受け入れ分担で合意せず-ハンガリーは国境警備強化 2015/09/15 09:31 JST
image


Share Google チェック Twitter シェア
  (ブルームバーグ):欧州連合(EU)諸国は14日、中東・アフリカの紛争地域から逃れてきた難民の受け入れ分担をめぐり内相理事会を開いたが、合意形成に至らなかった。

内相理事会は難民4万人の受け入れに関する既存の計画を正式決定したものの、追加の12万人の受け入れ分担をめぐっては大筋で合意する形にとどまり、一部の東欧諸国は提案された割り当て方式に引き続き難色を示した。

欧州委員会のアブラモプロス委員(移民・内務担当)は理事会終了後にブリュッセルで、「加盟国の過半数は前進させる用意があるが、全加盟国ではなかった」と述べ、「望むような合意は得られなかった」と語った。

ドイツの予測では2015年に同国だけでも難民100万人が押し寄せてくると見込まれており、危機の規模を浮き彫りにしている。

理事会議長を務めたルクセンブルクのアッセルボルン外務・移民相は、10月8日もしくはそれ以前に開かれる次回の閣僚会議で圧倒的多数による決定に基づいて強行する見通しを提示した。EU首脳会議が招集される可能性もある。

主な移民のルートは今年、地中海からバルカン半島西部にシフトしている。トルコやギリシャに入った難民はハンガリーを経由して西欧地域の中心をゴールに移動している。ハンガリーは当初、難民を西側地域に振り向けていたが、その後さらなる流入を防止するためフェンスの設置を進めている。

オーストリアとチェコ共和国、スロバキアは国境監視を強化した。ハンガリーのオルバン首相はTV2に対し、15日の閣議で危機状態を宣言する見通しを示した。これにより軍は国境防衛で積極的役割を果たすことが可能になる。同国は違法に入国を試みる人々の本国送還や収監を15日に開始する計画。

原題:EU Battles Over Refugee Quotas as Hungary Strengthens Border (1)(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ブリュッセル James G. Neuger jneuger@bloomberg.net;ブリュッセル Ian Wishart iwishart@bloomberg.net

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUOWTQ6KLVRK01.html

難民流入問題でEUで内務大臣会議を行いましたが具体的な合意に至りませんでいした。
結論は持ち越しましたが抜本的な対応がない限り今後も同じ事が続くと思います。


taisa1978 at 14:59コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

14 septembre 2015

ドイツの難民施設に限界迫る ドイツ当局が受け入れる制限へ 難民流入問題は抜本的な対応が必要である

ドイツがオーストリア国境で入国審査導入−難民流入急増に対応 (1) 2015/09/14 08:37 JST
image
image

Share Google チェック Twitter シェア
    (ブルームバーグ):ドイツは13日、難民流入の急増に対応するためオーストリアと接する南部の国境で入国審査を導入、流入規制に乗り出した。ドイツ鉄道はまた、当局の命令を受け、13日午後から14日午前6時まで同国とオーストリアを結ぶ列車の運行をすべて中止したとウェブサイトで発表した。

ドイツのデメジエール内相はベルリンでの記者会見で、「ドイツへの難民の流入を制限し、秩序ある入国プロセスを回復するために」入国審査が必要になったと述べ、「治安上の理由から緊急に必要な措置だ」と説明した。

20年前に撤廃した入国審査をドイツが復活させたのは、今年到着すると予想される推定80万人の難民への対応で同国が一段の支援を必要としていることを他の欧州諸国に示すメッセージとなる。他の欧州連合(EU)首脳は事態を静観する姿勢にとどまっているため、難民の受け入れに前向きなメルケル独首相の対応にはリスクも内包していることが浮き彫りになった。

EUは14日にブリュッセルで法相・内相会議を開き、難民受け入れ分担に関する欧州委員会案を協議する予定。ただ、東欧諸国は既に反発しており、チェコ共和国政府はオーストリアとの国境沿いに配置する警官数を増強し必要に応じて追加の治安対策を講じる用意を整えている。

オーストリアのファイマン首相は13日にウィーンで、ハンガリーとの国境沿いで入国審査を導入しないもののの、ドイツの措置による影響を今後2日間にわたり監視する考えを表明した。同首相は15日にベルリンでメルケル独首相と会談する。

地元警察当局によると、13日にハンガリーからオーストリアに入った難民は1万人に上った。ドイツ南部のミュンヘンには12日だけで約1万2200人の難民が到着したと、警察当局はツイッターで明らかにした。

原題:Germany Reinstates Austria Border Controls Amid Refugee Crisis(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:フランクフルト Sheenagh Matthews smatthews6@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Alan Crawford acrawford6@bloomberg.net; Benedikt Kammel bkammel@bloomberg.net Ian Wishart, Jonathan Tirone

更新日時: 2015/09/14 08:37 JST

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NUMV0I6JTSE801.html

難民流入問題で寛容な姿勢をとってきたドイツですが
大量流入に難民施設がパンク寸前です。難民流入国の
抜本的な対応改善が必要です。EUとして連携した
対応が必要です。


taisa1978 at 11:16コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

13 septembre 2015

Danish Police Officer Playing Games With Syrian Girl Will Heal Your Heart

Huffington postの記事から転載ですがデンマーク国内で
シリア難民と遊ぶデンマークの警察官の写真が話題になっています。
微笑ましい光景です。デンマークはシリア難民がシリア難民を無条件で
受け入れるスウエーデンに向かう通過ポイントでデンマーク国内通過にも
賛否両論が出ているようです。


Danish Police Officer Playing Games With Syrian Girl Will Heal Your Heart
image
image
image

With so much horrific news about the plight of Syrian refugees, our hearts need a little healing. And these photos on Reddit of a Danish police officer playing with a young Syrian refugee will do just that.

On Thursday, Redditor "iamambience" posted the photos of a Danish police officer playing with a Syrian girl with the tongue-and-cheek title: "Danish Police Officer Has Had Enough of Syrian Girl Who Crossed the Border Illegally."



When in fact, the officer is clearly showing the little girl some kindness by playing games with her.



In the comments section, the Redditor explains the situation: "They want to walk to Sweden, so the highway was closed down. They have since been picked up by buses and driven to a designated area built for refugees. They will have the option to seek asylum in Denmark, or be returned to Germany."

The photos were posted the day Danish police declared they would allow Syrian refugees to travel through the country on their way to Sweden. CNN reported: "Danish Prime Minister Lars Loekke Rasmussen later said the police had his government's full support in their handling of the situation. It comes a day after Danish authorities temporarily blocked some roads and rail links in a bid to limit the number of migrants crossing into Denmark."

The kindness in the photos isn't all that caught fellow Redditors' eyes, though. Many commented on the officer's good looks. "Dear Danish Police Officer, how YOU doin'?," commented one.

"OK. I'm not sure who the guy is, but I want to marry him," said another.

Many are now wondering: Who is this police officer?

One Danish newspaper, BT, managed to locate the officer, but he wants to remain anonymous.

"The picture shows that even though we have a task we must solve, we are also dealing with people who are in a difficult situation that nobody wants to be in," police assistant commissioner Knud Reinholdt told BT.

"We have to deal with children who have experienced a lot of things and who have travelled far, so if we can make life a little easier for them, as in the pictures, then it's worth it. It does not cost anything."

Close

Countries Syrian Refugees Wouldn't Want To Go To
1 of 7

Anadolu Agency via Getty Images

http://www.huffingtonpost.ca/2015/09/11/danish-officer-syrian-girl_n_8122604.html

taisa1978 at 10:03コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

12 septembre 2015

歴史的な快挙 パレスチナ国旗が国連本部に掲揚される

国連本部、パレスチナ旗を掲揚へ
2015年09月11日 10:10 発信地:国連本部/米国
政治image


【9月11日 AFP】国連総会(UN General Assembly)は10日、パレスチナなど正式加盟国でない「オブザーバー国家」の旗を国連本部に掲揚するための決議を、賛成多数で可決した。

 これにより、パレスチナとバチカン市国の旗が加盟国の国旗と並んで掲げられることになる。同決議案の適用には20日間の猶予が設けられたが、パレスチナ自治政府のマハムード・アッバス(Mahmud Abbas)議長が国連本部を訪問する今月30日には間に合うことになる。

 決議案には119か国が賛成し、イスラエルや米国など8か国が反対、45か国が棄権した。パレスチナは、イスラエルと米国が断固として反対する中、決議案の可決に必要な票集めにロビー活動を強化するなど外交努力を重ねていた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3059983

国連本部にパレスチナ旗掲揚へ、イスラエル反発

ENLARGE
パレスチナ旗の掲揚が国連本部で認められることになった Photo: justin tallis/Agence France-Presse/Getty Images

By
JOE LAURIA

2015 年 9 月 11 日 18:44 JST
 【国連】国連総会は10日、米ニューヨークの国連本部にパレスチナ旗を掲揚するための決議を賛成多数で採択した。イスラエルと米国は決議に激しく反対した。

 決議は賛成119、反対8、棄権45で採択された。9月30日はパレスチナ自治政府のアッバス議長による演説が国連で予定されており、この日にパレスチナ旗を掲げることが可能になった。

 赤、黒、白、緑で彩られたパレスチナ旗は国連非加盟国の旗として初めて国連本部に掲揚されることになる。国連本部前ではファーストアベニューに沿って193カ国の加盟国の旗が掲げられている。

 イスラエルのロン・プロソール国連大使は潘基文・国連事務総長に対し総会で決議を採決しないよう求めたが、潘氏はこれを拒否した。決議が採択された後、プロソール氏は「真の問題は、国連が白旗を掲げて原則を捨てるかどうかだ」と述べた。

 米国の反対票は「国家を目指すパレスチナの希望を拒否するものではない」と同国のパワー国連大使は述べた。「パレスチナ旗の掲揚は和平交渉の代わりにはならず、当事者同士を和平に近づけるものでもない」

http://jp.wsj.com/articles/SB11970227293124023368304581226332410679792

国際社会でイスラエルの味方をしていているのはアメリカぐらいです。
パレスチナは国連には加盟は出来ませんがオブザーバーとして参加することが
出来るようになり今回の国旗掲揚と言う歴史的な快挙になりました。

taisa1978 at 13:22コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

11 septembre 2015

極右系放送局のカメラマンが難民へ暴力を振って非難が出る!!

極右系放送局のカメラマン、難民親子ら蹴る ハンガリー
image
image

 ドイツなどを目指す難民や移民の経由地になっているハンガリーの南部国境付近で、極右政党に近いインターネット放送の女性テレビ・カメラマンが、国境を越えてきた少女や親子を蹴ったなどとして所属放送局に解雇された。子供を抱えて警察官から必死で逃げる男性を足で引っかけ、転ばせる映像などがソーシャルネットワークで広がった。

 カメラマンが所属していた「N1TV」は、外国人排斥を主張するハンガリーの極右政党「ヨッビク」党首のインタビューをインターネット上で毎週金曜日に放送することで知られる。ロイター通信によると、同社の幹部は「どうしてこういうことが起きたのか分からない」と述べた。

 ヨッビクは議会第3党の野党だが、世論調査では右派のオルバン首相の与党「フィデス・ハンガリー市民連盟」に次ぐ人気を集めている。

 カメラマンが子供や親子を蹴る映像は、対セルビア国境の村レスケで8日撮影された。レスケでは警察官が難民や移民の人々を一時収容施設に送るため拘束。連日混乱が続いている。

 ハンガリー政府は国境に難民らの流入を阻止するフェンスを建設中。最近も付近に「トランジットゾーン」を設けて難民申請者を審査の期間中その地域に閉じ込める法律を成立させ、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や人権団体から強い批判を受けている。(ブダペスト=喜田尚)

http://www.asahi.com/articles/ASH9B2D3SH9BUHBI00B.html

欧州への難民流入で大混乱になっていますが難民への
風当たりが強くなています。今回はハンガリーの国境で
カメラマンが難民へ暴力を振るい大きな問題ななっています。
氷山の一角の現れています。今後もこのようなこのような
ヘイトクラムが出てくると思います。




taisa1978 at 14:50コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

10 septembre 2015

アムネスティ・インターナショナルが欧州への難民流入問題で動き出す

難民危機に揺れる欧州 〜ギリシャ・コス島からのレポート〜
image

image

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
エーゲ海の島々には、シリア、イラク、アフガニスタンから逃れてきた難民が、続々と到着している。アムネスティは、そのうちの1つギリシャのコス島で、難民の置かれた状況を調査している。そこで見たのは、人口わずか3万の島で、大勢の難民に対応しきれない現場の混乱だった。

[画像: http://prtimes.jp/i/5141/84/resize/d5141-84-964335-0.jpg ]

世界各地で起きている紛争、跋扈する武装勢力・・・危険のために国を逃れる難民の数は、ここ数年、増え続けている。アムネスティはこうした難民たちが置かれた厳しい状況を、現地で調査し、発表してきた。そして、現在の難民危機には、従来の保護体制ではもう対処できない、国際社会が連帯して保護する必要があると訴えてきた。

先週も、ギリシャのコス島で調査を行った。今年に入ってコス島にたどり着いた難民は3万人を越え、6月からその数は急激に増えている。現地調査中も、推定で3,000〜4,000人の難民がいた。多くはシリア、アフガニスタン、イラクでの紛争や迫害から逃れてきた人たちで、ギリシャ本土、さらにその先を目指している。トルコの浜辺で遺体となって発見された男の子の一家も、この島に向かっていた。

■■人口に匹敵する数の難民に、現地の力だけでは対応しきれない■■

しかし、コス島には急増する難民に対応するだけの設備も体制も財源もない。そのため、難民たちは過酷な状況にある。収容施設がないため、難民たちは申請の受け付けを待つ間、テントや廃墟となっているホテルで仮住まいをしている。地元の住民やNGOが物資や医療を支援している一方で、役所による援助はほとんどない。

難民申請を受け付ける専用の施設もない。手続きは古い警察署1カ所だけで行われており、外には順番を待つ人であふれている。私たちが行った時も、100人ぐらいが暑さの中で座っていた。母親に抱かれた生後1週間の赤ちゃんもいた。日差しを遮るのはぽつんと立てられた1本の傘だけ。水分補給もない。手続きは、行政ではなく、国連難民高等弁務官事務所(UHNCR)が行っていた。

人口に匹敵する数の難民の到来に、地元警察や行政は限られた人や施設で対応を迫られている。その焦りは、しばしば不適切な形で噴出してしまう。

報道によれば、先月、難民申請のため競技場に殺到した人たちを警察官が警棒で殴ったり消火器を噴射したりする騒ぎがあった。テント暮らしを続ける人たちを前に、役所は公共トイレを閉鎖してしまった。

支援を申し出る住民がいる一方で、不安や不満を暴力で表す者もいる。アムネスティも、難民が暴力をふるわれる様を目撃した。20人ほどの集団がバットを振り回し、「国に帰れ!」と叫んでいた。警察は、実際に難民が襲われるまで、群衆を止めなかった。

アムネスティは、警察の留置所に入れられている4人の少年にも話を聞いた。留置所は不潔で、薄汚れたマットレスしかない。近くのトイレから悪臭が漂っている。そばには犯罪容疑者たちがいた。

シリアから来た16歳の少年は、「他の難民家族と一緒にギリシャにやってきた。パスポートを見せると、警察に捕まった。家族とはまだ連絡がとれない」と話した。逮捕から3日間は、弁護士など法的アドバイスをしてくれる人に会わせてもらえなかったそうだ。

■■難民対応改善を表明したギリシャ 支援なしで実現は厳しい■■

ヨーロッパ各地を目指す難民・移民にとって、最大の玄関口であるギリシャ。今年に入って海路でギリシャにたどり着いた人は、23万人にのぼる。昨年の同じ時期には1万7,000人で、実に13倍にもなる。7月・8月の2カ月だけで、15万7,000人だ。その大部分は難民である。

EUの規則では、難民の審査は最初に上陸した国が責任を持つ。しかし、この異常事態への対応を、ギリシャ政府だけに、エーゲ海の島々だけに押し付けるのは、酷な話だ。ギリシャがいまだ財政危機にあるのは言うまでもない。

9月3日にアテネに大臣が集まり、エーゲ海での難民危機への対処を協議した。そして、到着した難民に対応するセンターを開設し、申請手続きの迅速化に向け人員と資材を投入すると発表した。さらに、追加の財政支援と後方支援をEUに求めた。

アムネスティが会った警察たちは、EUからの緊急支援がなければ、今年中に島に人と設備を置き、人道的な申請対応ができる環境を整えることは、極めて難しい、と語った。

■■あらためて問われる国際社会の姿勢■■

アムネスティの調査中、欧州委員会の筆頭副委員長と移民・内務・市民権担当委員が、難民の置かれた実態把握にコス島を訪れていた。記者会見では、「EUの価値観が今、試されている。国境のないヨーロッパという出発点、人権を柱とする理念を忘れてしまっては、外国人排斥、過激主義に飲み込まれ、もはやヨーロッパではなくなってしまう」と述べ、ギリシャの島々だけに負担を押し付けてはならない、ヨーロッパ全体で取り組むべき問題だと強調した。

しかし、難民危機への対応を巡りEU各国の足並みは揃わず、非難の応酬にまで発展している。

この危機を前に、ヨーロッパ以外の国々でも、できること、すべきことはないのだろうか。

現実問題として地理的なことを考えると、最初の受け入れについては、ヨーロッパ各国で対応せざるを得ず、また、それが彼らの責務である。

しかし、その先の、難民の人たちの暮らしを支えるという点では、遠く離れた国でも、本人たちが希望すれば積極的に受け入れる用意のあることを、示すべきだ。もちろん日本も。

国際社会が一丸とならなければ、難民たちの命は守れない。

▲日本でシリア難民を受け入れよう▲
アムネスティ日本では今、日本政府に対してシリア難民を積極的に受け入れるよう要請する、オンライン署名を展開している。▽▽▽
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/syria_201509.html

http://www.sankei.com/economy/news/150909/prl1509090161-n1.html

taisa1978 at 17:16コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

9 septembre 2015

安倍政権は特定失踪者家族への差別をやめろ!!安倍政権の拉致問題での無策ぶりと欺瞞!!安倍政権は特定失踪者を見捨てるな!!

政府、拉致家族のメッセージ作成 - 世論喚起図る
image

image
image

 政府は、北朝鮮による拉致問題への世論の喚起を図るため、拉致被害者の家族らが出演するビデオメッセージを作成した。山谷えり子拉致問題担当相が8日の記者会見で発表した。11日に東京都内で上映会を開く。

 ビデオメッセージは約30分間で、帰国していない拉致被害者12人のうち横田めぐみさん=失踪当時(13)=ら8人の家族が早期解決を訴えている。横田さんの父滋さん(82)や母早紀江さん(79)のほか、拉致被害者の曽我ひとみさん(56)も出演している。

 上映会後に内閣官房のホームページに載せる。英語版や韓国語版の作成も計画している。

http://news.mynavi.jp/news/2015/09/08/282/

まさにこれこそ安倍政権の拉致問題での無策ぶりと欺瞞だと思います。
日本政府は「認定 未認定に関わらずと全て拉致被害者の帰国を」発言し
拉致被害者認定がない特定失踪者を差別しないと言いながら
このメッセージには特定失踪者家族は発言させない。
これはどう見てもおかしい!!安倍政権は特定失踪者問題を
スルーするつもりだと言わざる得ないです。

taisa1978 at 13:23コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

8 septembre 2015

問われる欧州への欧州の人権外交 シリア難民対応でも温度を見せるEU諸国

難民大量流入 欧州の結束と人権が問われる
image

image

 image
中東やアフリカなどから欧州に流入する難民や不法移民が急増し、混乱が拡大している。

 人権重視の理念を掲げる欧州連合(EU)が加盟国間で重荷を分担し、円滑な受け入れ体制を整えることができるのか。結束が問われよう。

 難民急増の原因は、中東・北アフリカ情勢が不安定になったことだ。シリア内戦の泥沼化や過激派組織「イスラム国」の台頭などが引き起こした。

 地中海を渡って欧州に到着した難民や不法移民の総数は、今年8月までに30万人を超えた。昨年の約22万人を既に大きく上回る。

 密航業者の仲介により小型船などで欧州に向かうケースが多く、転覆による大量死など惨事が相次いでいる。トルコの海岸に遺体で漂着したシリア難民の幼児の写真は、世界に衝撃を与えた。

 EUは関係国と協力し、密航船の取り締まりなど再発防止策を早急に講じねばならない。

 難民らの多くが、経済的に豊かなドイツや北欧を目指している。ブダペストでは、ドイツ行きの列車に乗ろうと、難民が多数集まり、駅の機能が一時マヒした。

 EUの難民政策のカギを握るのは、最大の受け入れ国であるドイツだ。今年、世界各地からの難民申請の総数は昨年の4倍の80万人に上ると予測される。

 ドイツは、ナチス時代のユダヤ人迫害への反省から、寛大な難民受け入れ政策をとってきた。申請者への生活費支給など手厚い保護が難民の殺到を招いている。

 その結果、国内では、極右集団が収容所を襲撃するといったあつれきが表面化している。

 メルケル首相は「難民問題は、欧州にとってギリシャの財政問題よりも重要になる」と語り、強い危機感を示した。

 首相は、EU加盟国で難民受け入れの「公平な割り当て」が必要だと主張し、フランスなどの協力を得て実現を図る考えだ。今月から来月にかけて、EU法相・内相理事会と首脳会議で話し合う。

 ハンガリーなど中東欧諸国は割り当てに反対だ。経済水準が低いため、国民の間で難民に職が奪われることへの不安が強い。

 独仏は中東欧諸国の説得を急ぐ必要がある。迫害から保護すべき難民と、就労目的の不法移民を選別することが求められる。

 難民問題の根本的な解決には、中東・アフリカ情勢の改善が欠かせない。日本を含む国際社会は、地域安定に向けた外交努力や支援を強化することが重要だ。

2015年09月08日 03時06分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150907-OYT1T50123.html

なかなか良い視点で書かれている記事です。シリア難民対応でも温度を見せる
EU諸国の対応です。さらに受け入れ国でもヘイトスピーチの動きなどの
民族排外主義的な動きには注意が必要です。

taisa1978 at 17:59コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

7 septembre 2015

フランス情報機関「対外治安総局(DGSE)」史上の最大の失態 グリーンピース抗議船爆破事件で工作実行犯が謝罪

グリーンピース抗議船を爆破、フランス元工作員が30年後に謝罪

image
【9月7日 AFP】(写真追加)国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)の活動船「虹の戦士(Rainbow Warrior)」号が30年前ニュージーランドに停泊中に爆破され沈没した事件で、機雷を取り付けたフランス情報機関の元工作員が、6日掲載のインタビューで初めて謝罪した。

 元工作員のジャンリュック・キステ(Jean-Luc Kister)氏は、顔を隠さずに仏ネット新聞「メディアパート(Mediapart)」とのインタビューに応じ、30年後の今こそ、爆破で死亡したグリーンピースのポルトガル人カメラマンの遺族とニュージーランド国民に「遺憾と謝罪の意を示す時だと思った」と述べた。

 事件は1985年7月10日、ニュージーランドのオークランド(Auckland)の港で起きた。「虹の戦士」号は、仏政府がタヒチ(Tahiti)南東のムルロア環礁(Mururoa Atoll)で計画していた核実験の妨害に向かう途中、オークランドに停泊していた。

 仏情報機関「対外治安総局(DGSE)」は、「虹の戦士」号の妨害を阻止するため、民間の平和的抗議船を友好国の領海内で爆破するという前例のない任務を実行。キステ氏は「虹の戦士」号に機雷を取り付ける工作員チームの一員だった。同じチームにはセゴレーヌ・ロワイヤル(Segolene Royal)エコロジー・持続的開発・エネルギー相の弟もいた。

 爆破から2日後、スイス人観光客を装っていた工作員2人がニュージーランド当局に逮捕され、事件にフランス政府が関与していたことが発覚。2か月後に当時のシャルル・エルヌ(Charles Hernu)国防相が引責辞任した。

 インタビュー公開を受け「虹の戦士」号の当時の船長、ピート・ウィルコックス(Pete Willcox)氏は7日、ラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)に対し、「謝罪は受け入れる。心からのものだと思う」と述べた上で、キステ氏や事件当時に仏大統領だったフランソワ・ミッテラン(Francois Mitterrand)氏ら「爆破作戦を計画・実行した者たち」が「冷血な殺人犯」だという事実は変わらないとコメントした。(c)AFP/Guy JACKSON

http://www.afpbb.com/articles/-/3059605?pid=16426260


事件の概要は以下です。30年前の事件ですが
この爆破事件はフランス情報機関「対外治安総局(DGSE)」が
image
image

環境保護団体のグリーンピースの抗議船を爆破した事件です。
フランスインテリジェンス史最大の失態と言われた作戦です。
爆破工作をした元工作員が謝罪したそうです。
30年目の謝罪ですがインテリジェンス史に残る
事件も一定の区切りが出たように思います。

レインボー・ウォーリア号事件

背景

フランスの独自主義外交は、核武装の整備と維持を要求し、アルジェリアの砂漠の実験場を失った後は南太平洋を実験場としていた。過激なパフォーマンスで知られるグリーンピースは、フランスの核実験に抗議してムルロア環礁へ接近しての抗議活動を展開しており、85年の実験に際しては、レインボー・ウォーリア号を旗艦兼補給艦として、グリーンピース以外のヨットなどもまじえての大規模な船団を組んでの行動計画を実行しようとしていた。

フランスはこれを望まれる円滑な核実験の遂行に対する重大な障害とみなした。実験場への接近だけでも問題だが、それにとどまらず、抗議船団の一部がムルロア環礁への上陸を強行する可能性があり、また当時は冷戦のさなかであり、グリーンピース内部にソ連のスパイがいて、測定機器を船内に持ち込んで実験場に接近し、フランスの核爆弾の情報を得ようとしているという噂が当局では深刻に検討されていた。

そこでDGSEは、グリーンピースに対する諜報活動を行うことになった。そして、核実験場への抗議活動を不可能にさせる破壊工作が行われた。

経過

事件

7月7日にオークランド港へ入港し係留したレインボー・ウォーリア号は、現地の反核団体などと交流しながら抗議行動の準備を行った。これに先駆けてDGSEのエージェントは空路と海路でニュージーランドに入国しており、やはり空路で入国した作戦指揮官ルイ=ピエール・ディレのもと観光客に偽装して工作の準備を行っていた。とくに海路で入国したチームは、フランス領ニューカレドニアはヌーメアからヨットのウベア号を用い、爆弾と必要な装備を持ち込んでいた。ウベア号のチームは空路で入国したレジャー旅行中のカップルを装う援護グループと互いに連絡を取り合いながら、海岸沿いにオークランドに接近した。そして海軍の特殊な訓練を受けた潜水活動のエキスパート (第3のチーム:かつてDGSE直属だったフランス海軍特殊部隊「海軍コマンド」のコマンドー・ユベルと言われる) がレインボー・ウォーリア号に爆弾を仕掛けた。

しかしこのときにオークランドのボートクラブのメンバーたちに、キャンピング仕様のハイエースが、海からやってきたゾディアックボートの男と接触していたところを目撃され、すぐにその場を走り去ったが怪しまれて車のナンバーを控えられた。これが原因で援護チームの2人は逮捕されることになった。

10日の23時半すぎにレインボー・ウォーリア号で突如爆発が起き、大規模な浸水に見舞われた。船にいた人間は急いで船を降りるか、慌てた者はそのまま海に飛び込んだが、まだ沈むまでには若干の余裕があるように思われたので、何人かが脱出しないで船内に留まり荷物を持ち出そうとした。しかし最初の爆発からしばらくして2度目の爆発が起きると、船は急速に沈み始め、日付が変わるまでには海底に着底して、ブリッジと船体前部はかろうじて水面上に残ったものの、船体中、後部は完全に水没した。これによりグリーンピースのカメラマンであったフェルナンド・ペレイラが死亡した。

翌7月11日、ニュージーランド海軍のダイバーが潜水して船体を調査し、破孔が船体内部に向かって開いていることを確認、テロ工作であることが確定した。爆弾は船体のシャフトの付け根と、機関室の外側に取り付けられていて、船を航行不能にすることに確実を期していた。2つの爆弾を時間差を設けて爆発させたのは、人命の損失をなるべく避けるために船が沈む前に乗員を避難させようとしたからだと考えられている。

同日中にオークランドでは放置されたゾディアックボートが警察に回収されていたが、警察が目撃された怪しい車について調べると、フランスから来たというカップルが借りていたレンタカーだということがわかり、警察は返却に来たら直ちに通報するようレンタカー会社に依頼した。案の定、7月12日、オークランド国際空港の営業所に彼らが車を返却しに現れ、通報を受けて駆け付けた警察に身柄を拘束された。こうしてDGSEのエージェント2人はあっさり捕まった。

新婚旅行のためにやって来たフランス系スイス人の夫婦と自分たちを説明したこの2人は、たしかにスイスのパスポートを持っていたが、スイスから当該人物は存在しないとの報告を受けて、パスポート偽造と不法入国の疑いで逮捕された。彼らは実際には以下のような人物であった。

アラン・チュランジ  本名アラン・マファール (Alain Mafart) DGSE少佐
ソフィー・チュランジ 本名ドミニク・プリウール (Dominique Prieur) DGSE大尉
彼らは裁判が始まるまで事件への関与を否認し続け、警察になんらの情報も与えなかった。

一方、ニュージーランドを離脱したウベア号も怪しまれていて、オーストラリア領ノーフォーク島で乗船者は取り調べを受け、ウベア号は船内を捜索された。しかしすぐに彼らを逮捕しうる材料は見つからなかった。オーストラリアの行政官からすぐに彼らを逮捕するか、解放するかのどちらかを求められたニュージーランド警察は、逮捕を断念した。船内の捜索で押収したサンプルからニュージーランド警察の鑑識が爆薬の残留成分を検出したのは、彼らがヌーメアに向けて出港した後であった。

ヌーメアに向かったウベア号は結局現れず、行方不明となった。ウベア号は処分され、乗員は何らかの手段で帰還したと考えられている。同時期にフランス海軍の原子力潜水艦S601 リュビがこの海域で活動したことが明らかにされ、この潜水艦によって回収されたとの説もある。しかしニューカレドニアはフランス領なので、わざわざ困難な海上での合流などは行わず、どこか人気のない沿岸に上陸したとも考えられている。作戦指揮官ディレは事件後10日以上ニュージーランド国内に潜伏した後の7月23日、警戒が緩んだところを堂々と空路脱出した。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/レインボー・ウォーリア号事件

taisa1978 at 16:21コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

6 septembre 2015

難民流入問題を受けてシリア情勢が緊迫化 過激派集団イスラム国へフランスが軍事介入か? ロシアもアサド政権支援で軍事介入か?

ロシア、シリアに軍事介入か 米ロ外相が電話会談
image

image

(CNN) 内戦が続くシリアでロシアが軍事介入の準備を進めている可能性をめぐり、ケリー米国務長官は5日、ラブロフ・ロシア外相と電話で会談した。

国務省は声明の中で、ロシア軍がシリアで足場を強化しているとの情報が事実とすれば「紛争を激化させ、罪のない人々の命を奪い、難民の流出に拍車をかける恐れがある」と批判。さらに、現地で過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と戦う米軍主導の有志連合と衝突する事態も考えられると指摘した。

ケリー長官とラブロフ外相は、両国が今後もシリア問題についての協議を続けることで合意したという。

米紙ロサンゼルス・タイムズが匿名の米当局者らの話として伝えたところによると、米情報当局はロシアがシリアへの関与拡大を図っていることを示す証拠を入手した。この中には、建設中の基地とみられる衛星画像などが含まれているという。

CNNで国際情勢を担当するエリーゼ・ラボット特派員は、ロシアと米国がこれまで、シリア内戦の政治的解決を目指す協議を続けてきたことを指摘。ロシア軍のシリアでの動きが事実とすれば、この協議への悪影響が懸念されると述べた。

同特派員はさらに、シリアのアサド政権が倒れた場合に備え、同国での影響力を確保することがロシアの狙いではないかと話している。

http://www.cnn.co.jp/world/35070011.html

image

フランス、シリア空爆検討 イスラム国掃討とルモンド紙報道

 【パリ共同】フランス紙ルモンドは5日、米軍など有志国が過激派組織「イスラム国」掃討のためシリア領内で実施している空爆へのフランス軍参加を、オランド大統領が検討していると報じた。フランスは昨年9月からイラクでの空爆に加わっているが、シリア領内の空爆には参加していない。

 同紙によると、欧州に流入するシリア難民急増への対策を協議する閣僚会議が4日、大統領府で開催され、根本的な方策は、「イスラム国」打倒を含むシリアの安定化しかないとの見解が多数を占めたという。

 同紙はフランス大統領府に近い筋の話として、オランド大統領が7日にも参加方針を発表する見通しだと伝えた。

http://blogos.com/article/132266/

欧州への難民流入を受けて難民流出国の主要国であるシリアの情勢が
緊迫化してきました。フランスが過激派集団イスラム国へ空爆の検討に
入り、ロシアもアサド政権支援で軍事介入を示唆してます。
中東の大国のシリアをめぐり国際社会の各国の思惑が
出てきました。注視が必要です。

taisa1978 at 10:28コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

5 septembre 2015

ハンガリーにきた難民がオーストラリア、ドイツに越境か!?ハンガリー当局の封じ込めに一触即発の事態の危機

ハンガリーで足止めの難民、オーストリアとドイツが入国許可
image

image
ENLARGE
ハンガリーの首都ブダペストからオーストリア国境に向け幹線道路沿いを行進する難民(4日) Photo: Reuters

By
MARGIT FEHER, ELLEN EMMERENTZE JERVELL and MATTHEW BRADLEY

2015 年 9 月 5 日 12:06 JST 更新
 【ブダペスト】

ハンガリー政府は4日、ブダペストなどの駅で足止めされていた難民がしびれを切らして徒歩で西欧諸国へ移動し始めたため、難民をバスでオーストリアとの国境に移送すると発表した。

 政府は難民対策の特別会合を開き、バスでの移送を決定した。駅にあふれる難民らの生命を保護するとともに、交通渋滞を解消することが狙いだという。同日夜に会見した首相府の責任者、ヤノス・ラザル氏は国境までの移送計画についてオーストリア政府の回答を待っている段階だと語った。

 ラザル氏は「この計画は、難民がここから自動的に出国できることを意味するものではない」と述べた。

 ハンガリーはここ数日、警察が西側諸国へ向かう列車に難民が乗車することを禁じたため大混乱状態になっている。難民の多くは最終的にはドイツ入りを目指している。しかし、4日は特に状況が悪化、足止めされた難民が数カ所で苛立ちを爆発させ、現地警察によると1人が死亡した。

 オルバン首相自身も不満をあらわにした。同国は難民に対する厳しい態度で強い批判を浴びているが、政府当局者らは、自国に到着した難民を、その国が最終目的地ではなくても登録し待機させることを義務付けるEU難民規則を厳格に適用しているだけと主張している。

 オルバン首相は、より富裕なEU諸国が相対的に高い福祉給付やより緩やかな移民政策を提供することで、難民の増加を促していると批判した。

 チェコのプラハで開いた中欧諸国の首脳会議に出席したオルバン首相は「これらの難民は人身売買あっせん業者や、一部の欧州政治家にだまされた犠牲者だ」と指摘。「西側諸国へ移住できるかのような印象を持ちハンガリーまで来たものの、オーストリアからもドイツからもビザが下りず足止めされるという現実に直面している」と述べた。

 徒歩で移動を始めたのは、ブダペストの国際鉄道駅付近でテントや毛布で数日を過ごしていた難民約800〜1000人。オーストリアに向かう途中、少なくとも1か所で警察の封鎖を突破した。

 また、首都郊外のビチュケの町では、列車から難民キャンプへ移動の命令を拒んだ300〜350人の難民グループが、降車して徒歩で西側諸国へ向かいだした。この難民の多くは前日にブダペストでドイツなどへ向かう列車だと勘違いして乗車していた。
image

ENLARGE
ブダペスト東駅でハンガリー当局が用意したバスに乗り込む難民や移民 Photo: Marko Drobnjakovic/Associated Press

 その後、オーストリアのファイマン首相は5日になって、同国とドイツが難民を受け入れると発表した。

 首相はフェイスブック上で「ハンガリア国境での緊急事態を考慮して、オーストリアとドイツはこの件について、難民の入国を認めることに合意する」と明らかにした。

 オーストリア内務省の報道官は難民の受け入れに向けて「準備を進めている」と述べた。同国の警察が援助機関と協力しながら、現行の法規制に基づいて対応に当たるという。

http://jp.wsj.com/articles/SB10327460236075474355904581213490356689426

連日、Blogで取り上げている欧州への難民流入問題で
中継地のハンガリー当局の封じ込めに対応に一触即発の
危機になっている。国際列車の乗車を拒否された難民が
徒歩でドイツ、オーストラリアへの越境を目指している。
EU全体としての対応が急務である。

taisa1978 at 15:52コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

4 septembre 2015

難民幼児遺体に大きな反響 難民流入問題で欧州戦後最悪の大問題へ 具体的対応を求められるEU諸国

海岸に打ち上げられた移民男児の遺体、欧州各国で波紋呼ぶ
image
image


【9月3日 AFP】トルコ沖で移民らを乗せた船が転覆した後、海岸に打ち上げられた男児の遺体を写した写真が、大きな反響を巻き起こしている。

 トルコの通信社ドーガン(Dogan)が撮影した写真には、トルコ・ボドルム(Bodrum)近くの砂浜にうつぶせに横たわる男児の遺体が写っている。遺体はその後、警官によって拾い上げられた。

 写真はインターネット上で広く共有され、ツイッター(Twitter)上ではハッシュタグ「#KiyiyaVuranInsanlik(海岸に打ち上げられた人間性)」が世界のトレンド上位に入った。

 英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)は「難民危機の真の悲劇を示す恐ろしい画像」との見出しを掲載。英紙ガーディアン(Guardian)は、この写真が悲惨な現状を「国内に持ち帰った」と報じた。
image

 英紙インディペンデント(Independent)は、「もし、シリア人の子どもの遺体を写したこの非常に力強い写真をもってしても、欧州の難民に対する姿勢が変わらないとしたら、いったいどうやったら変わるというのか」と報じた。

 また、ハフィントン・ポスト(Huffington Post)英国版は、「何とかしろよ、デービッド」と、同国に到着する移民に対し強硬策をとるデービッド・キャメロン(David Cameron)英首相に迫った。

 スペインでは、エルパイス(El Pais)、エルムンド(El Mundo)、エルペリオディコ(El Periodico)の各紙のウェブサイトも写真を掲載。エルペリオディコ紙は「欧州の水死」とのタイトルを写真につけた。

 男児は、ギリシャのコス(Kos)島に向かう途中の2日にトルコ海域で沈没した移民船2隻に乗っていて死亡したシリア人のうちの一人とみられている。

 死亡したのは少なくとも12人で、うち5人が子ども、1人が女性だった。他に15人が救出され、救命胴衣を着け海岸にたどり着いて助かった人もいた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3059247?ctm_campaign=topstory

一枚の写真が大きな反響が出ています。
戦後最悪の大問題に発展している。
欧州への難民流入問題で海岸に流れ着いた
幼児の遺体に大きな反響が出ています。
欧州各国も具体的な対応に求められるていますが
流入国である紛争国のシリア、ソマリア、リビアの
政情が安定しないといけません。


taisa1978 at 09:34コメント(2)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

3 septembre 2015

世界最悪の二大人権侵害国家 北朝鮮とシリアの蜜月関係

内戦続くシリア、首都に「北朝鮮建国の父」たたえる公園
image


image
image
【9月1日 AFP】4年にわたり内戦が続くシリアの政府は8月31日、戦火が近づく首都ダマスカス(Damascus)で、北朝鮮の「建国の父」である故金日成(キム・イルソン、Kim Il-Sung)国家主席をたたえる公園の落成式を行った。

 落成式が行われたのは、ダマスカス南西部のカファルスーサ(Kafr Sousa)地区で、広さ9000平方メートルの公園は、家屋などを解体し整地したその跡地に設置された。

 落成式にはファイサル・ミクダド(Faisal Moqdad)外務副大臣が出席した。落成式の前日には、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の戦闘員らがダマスカス南部の地区まで近づき、シリアの反体制派勢力と戦闘を繰り広げた。

 人権団体からは「残虐な独裁者」とも形容される金主席を、ミクダド氏は「自国の解放と建国に尽力したことで知られる歴史的な統治者であり指導者」と呼び、「この理由により、金氏はシリアでもたたえるに値する」と述べた。

 金氏に対しては国際的な批判もあるとする質問に対してミクダド氏は、「(金氏を)非難する者は誰であってもばかげており愚かだ」とAFPに述べた。

 さらにミクダド氏は、「テロに対する取り組みでシリアを支持している」として北朝鮮を称賛した。シリア政府は、非暴力的な活動家であろうとイスラム過激派であろうと、反体制の姿勢を示す者は全員「テロリスト」と呼んでいる。

 北朝鮮の駐シリア大使、チャン・ミョン、(Jang Myong)氏はこの公園を、「偉大なる指導者金日成国家主席に対し、シリア政府や国民が抱いている尊敬の念と愛情の表現」だとした。また同氏はシリア内戦について、「米国の陰謀と策略の結果だ…正当かつ独立した政権を退陣させ、中東で独占権を行使するのが狙いだ」と語った。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3058967?pid=

中東の人権侵害国家であるシリアとアジア最大の人権侵害国家の
北朝鮮との蜜月関係を表す証拠です。一部識者の話ではシリアの
秘密警察は旧ナチス残党と北朝鮮の秘密警察見習ったと言われています。
シリアも過激派集団イスラム国の影響で国際社会のシリアアサド政権の
人権侵害の追求も弱っている証拠です。二大人権侵害国家を
許してはいけないと思います。

taisa1978 at 00:30コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

2 septembre 2015

政府の言うことに従わないメディアへの圧力 エジプトで容認出来ないメディア攻撃 アルジャジーラ記者に実刑判決が宣告される

エジプト、アルジャジーラの3記者に禁錮3年判決
image

【8月31日 AFP】エジプトの裁判所は29日、中東の衛星テレビ局アルジャジーラ(Al-Jazeera)のジャーナリスト3人に対し、「虚偽」の報道でエジプトに害を与えたとして禁錮3年を言い渡した。国際社会には非難の声が広がっている。

 3人はアルジャジーラに勤務するカナダ系エジプト人のモハメド・ファデル・ファフミ(Mohamed Fadel Fahmy)氏、エジプト人のバヘル・モハメド(Baher Mohamed)氏、オーストラリア人のピーター・グレステ(Peter Greste)氏。ファフミ氏とモハメド氏は出廷したが、国外退去処分を受けて既に帰国したグレステ氏は出廷せず、被告人不在のまま判決が言い渡された。

 3人は2013年12月、軍がムハンマド・モルシ(Mohamed Morsi)大統領(当時)を解任しモルシ氏支持者らによる抗議デモを武力鎮圧してから間もなく、身柄を拘束された。アルジャジーラが拠点を置くカタールは当時モルシ氏と、出身母体で非合法化されたイスラム組織「ムスリム同胞団(Muslim Brotherhood)」を支持していた。

 3人は同胞団を支援した罪に問われ、2014年6月の裁判で禁錮7〜10年を言い渡されたが、エジプト最高裁が証拠不十分として判決を破棄し、審理の差し戻しを命じていた。(c)AFP/Haitham El-Tabei

http://www.afpbb.com/articles/-/3058865?utm_source=antenna

エジプトでのアルジャジーラの記者への圧力はこのブログでも取り上げて
きました。時の政権として自分たちに批判的な報道をするメディアには
徹底した攻撃をします。今回はエジプトでアルジャジーラの記者への
実刑判決が宣告されました。


taisa1978 at 14:41コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr

1 septembre 2015

アムネスティ・インターナショナルが批判するイエメンでの民間人殺害に使われるアメリカ製兵器

国際人権団体、「イエメン民間人殺害にアメリカ製兵器が使用」

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが、「サウジアラビア軍はアメリカ製の爆弾を使用し、イエメンの民間人を殺害している」と表明しました。
image


あるニュースサイトによりますと、アムネスティ・インターナショナルは「イエメンに対するサウジアラビアの戦争における人々の殺害」という報告の中で、数百人の民間人がアメリカ製の爆弾で殺害されていると強調しました。
アムネスティ・インターナショナルの危機担当顧問は、民間人がこの戦争の代償を払っていると指摘しました。
この報告によりますと、この戦争の開始からイエメンの人道状況は、80%以上の人々が人道支援を必要とするほど危険なものとなっているということです。
また、アメリカの情報支援と、サウジアラビアの戦闘機への燃料補給支援に触れ、この行為により、アメリカは戦争犯罪の当事者となっているとしました。
アムネスティの顧問はまた、アメリカの兵器の有毒物質の影響は、長年にわたりイエメンに悲劇をもたらす、これはまだ使用されていない兵器についてもいえる、と警告を発しました。
この報告によりますと、サウジアラビア軍に対するアメリカの支援により、アメリカ政府は民間人の殺害の責任の一部を担っているということです。
人権団体やメディアは、これ以前に、サウジアラビアがクラスター爆弾など、国際的に禁止されているアメリカ製の兵器を、イエメンの民間人に対して使用している画像を公開しました。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/57666-国際人権団体、「イエメン民間人殺害にアメリカ製兵器が使用」

アムネスティインターナショナルがイエメンでの空爆でも民間人への
犠牲者について批判しています。民間人殺害に使われる兵器が
アメリカ製兵器であることです。サウジアラビア空軍の爆撃で
多数の市民が犠牲なっています。対テロ戦争の犠牲です。



taisa1978 at 12:24コメント(0)トラックバック(0) |   Share on Tumblr
Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は国際情勢、戦史研究、銀河英雄伝説、インテリジェンス活動、人権人道問題です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • ポストダライ・ラマ体制に動き出したチベット人会議 香港同様に介入を狙う中国政府
  • マスク禁止法の緊急条例発動でデモが激化へ 悪循環としか見えない対応 事態収拾能力が欠如してきた香港警察と香港政府 今後、予想される最悪のシナリオである中国軍介入の可能性
  • マスク禁止法の緊急条例発動でデモが激化へ 悪循環としか見えない対応 事態収拾能力が欠如してきた香港警察と香港政府 今後、予想される最悪のシナリオである中国軍介入の可能性
訪問者数

    QRコード
    QRコード