残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

オリンピック

新刊の紹介 「ブラックボランティア」 東京オリンピックのブラックボランティアを斬る

EF36CDCC-AB25-4CBC-B359-FC11BAA3E14D











E08844AC-4F90-4355-8BFC-5CECA11C5363

内容紹介

2020年7月、酷暑の東京。肥えるオリンピック貴族、搾取される学生たち

(目次)
はじめに 酷暑下で展開される未曾有の「やりがい搾取」

第1章 10万人以上のボランティアをタダで使役
無償ボランティアの根拠は何か
なりふり構わぬ学徒動員計画
驚愕の「中高生枠」
薬剤師も無償で調達で大騒ぎに
高齢者は募集対象外?
半世紀以上前に否定されていた夏季開催
19年ラグビーWCまでも無償ボランティアで
長野五輪のボランティア

第2章 史上空前の商業イベント
商業化は84年のロサンゼルス五輪から
IOCと五輪貴族を支えるスポンサーシステム
一業種1社の原則を捨てた東京五輪
組織委の不明朗な体質
パブリックビューイングを開けない「スポンサーファースト」

第3章 ボランティアの定義と相容れない東京五輪
そもそも「タダ」という意味ではない
五輪運営費の内訳に対する疑念
巨額のスポンサー料をなぜ開示しないのか

第4章 東京五輪、搾取の構造
無償ボランティアがオリンピック貴族に貢ぐ構図
「やりがいPR」で再び炎上
無償ボランティアになるためにカネを払う?
さまざまな有償ボランティア

第5章 なぜやりがい搾取が報道されないのか
「全国紙全紙が五輪スポンサー」の異常
組織委の「核心的利益」を追及しないメディア
メディアの東京五輪報道は原発プロパガンダと同根である
電通を批判できないメディア

第6章 問題を伝え続けること
5万人がリツイートした無償ボランティア批判
大学で講義をしてみると

終章 21世紀の「インパール作戦」
東京五輪とインパール作戦の相似性
外国人観光客の熱中症で病院はパニックに
組織委はボランティア全員を有償とせよ

 https://www.amazon.co.jp/ブラックボランティア-角川新書-本間-龍/dp/4040821920/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1531096958&sr=8-1&keywords=本間龍

0689C4B9-839D-438A-8F37-100D2710278C
【コメント】
オリンピックのただボランティア問題を追い続けている本間龍さんの新刊です。レガシーという名の美名に騙されて東京オリンピックでのただボランティア問題である。オリンピック組織委員会はスポンサー企業から多額のスポンサー料を取っておきながら
ボランティアの人達には最低限のボランティア保険すら入れようとしないこれがブラック企業と同じだと思います。それを本間龍さんが詳しく解説しています。是非、ご一読ください
 

オリンピックに馬鹿騒ぎするのやめよう!!やはり利権まみれの東京五輪 利権の為に犠牲なる人達

東京五輪が利権争いで大ピンチ? 新国立競技場「完成しない可能性」
 image

“ザハ案”廃止に端を発し、のっけからドタバタ続きの五輪会場。悪巧みする奴らのせいでニッポンが大恥をかく!?

 2020年の開催まであと2年に迫った東京五輪に、暗雲が垂れ込めている。「メインスタジアムとなる新国立競技場を中心とした明治神宮外苑地区は、現在も利権争いの巣窟となっています。ヘタをすると、工事が遅れる可能性も否定できません」

 こう語るのは、都政担当のベテラン記者だ。「新国立競技場自体は、来年11月30日の完成に向け、着々と工事が進められています。問題は“サブトラック”です」(前同)

 オリンピックを開催するには、新国立競技場に設置される400メートルトラック8レーンとは別に、まったく同じ広さのサブトラックを設けなければならない。「2010年の規約改正により、世界選手権や日本選手権が行えるのは、サブトラックを持つ競技場のみと定められました」(同)

 なぜ、そうした決まりができたのかというと、「五輪開催中、メインの競技場は、絶えず様々な陸上競技に使用されています。そこで、選手がウォーミングアップするための場所として、競技場から徒歩圏内の場所に、本番と同規模のトラックを設置する決まりになったんです」(同)

■サブトラックは神宮外苑の軟式野球場設置が決まったが

 だが、その設置場所を巡り、深刻な問題が噴出しているというのだ――。「当初は、神宮第二球場に“常設”するとの案がありました。ところが、スペースが足りないということで、この計画は立ち消え、神宮外苑の軟式野球場に設けることに決まりました。しかし昨年夏、この土地を所有する明治神宮が常設に反対したため“仮設”とする方向で修正されたんです。ですから、東京五輪が終わればサブトラックは取り壊されます」(同)

 この仮設サブトラックの建設および取り壊しには当初、100億円がかかると見積もられていた。「使い捨てとなるサブトラックに、そんな巨費をかけるのかと、当然、批判の声も上がりました」(同)

 だが、そもそも明治神宮側がサブトラックの常設に反対したのには、深い事情があるという。「15年4月に東京都は、新国立競技場の建築主である日本スポーツ振興センター(JSC)や、明治神宮を中心とする一帯の地権者と、『神宮外苑地区まちづくりに係る基本覚書』を締結しました。五輪後を見据えて、新国立競技場を中心とする国民のためのスポーツ集積場を作るためです。しかし、以来3年近くまともな話し合いはなく、ある日いきなり、“サブトラックの建設地は軟式野球場でお願いしたい”と要請されたんです。それで明治神宮が激怒。仮設しか許可しないという話になったんです」(関係者)

 しかも、サブトラックが“仮設”と決まったことで、新国立競技場の東京五輪後の利用は、サッカーなどの“球技専用”に限られることとなった。「巨額を投じて作る新国立の陸上施設が、無用の長物になります。サブトラックなしでは、世界陸上などの国際大会は開催できないからです」(前同)

■野球くじの利益を陸連に分配することで手打ち

 仮説案に日本陸上競技連盟は反対したが、「『toto』などスポーツくじを管理するJSCが、“野球くじの利益を陸連に分配する”ということで、手打ちをしたという話です」(同)

 JSCは、野球賭博問題の再燃を危惧していたため、当初はスポーツ振興くじに野球を含めることには消極的だった。「過去の方針から一転、今年2月に野球くじ案が再浮上。来年の導入に向けて動き始めた裏には、こうした事情があったんです」(同)

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12205-019962/

【コメント】
以前から東京五輪の問題を取り上げていますが
この記事でやはり利権一番のオリンピックで有るのが
明らかになりました。
 作家の本間龍さんは強制動員に近いだだボラ問題を
取り上げていますがこのオリンピックの建設利権も
大きな問題です。ただボラ問題も今度紹介したいと
思います。 

いい加減にオリンピックの幻想から目を覚まそう・東京オリンピックでレガシーを理由にした保険なしのタダボランティアを許してはいけない

【炎上5秒前】東京オリンピックがボランティアスタッフを合計11万人募集 / 識者「スポンサーから4000億円以上集めてるのにタダ働き?」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催まで残すところ2年ほどとなった。都内では急ピッチでオリンピック関連施設が建造されているが、いまオリンピックにまつわる “ある話題” が注目を集めていることをご存じだろうか?

2018年3月下旬、東京オリンピック・パラリンピック競技組織委員会は「大会ボランティア募集要項案」を発表した。それによると案内係から移動サポート、さらにはヘルスケアまで合計8万人を募集するというのだ。東京都のボランティアスタッフ3万人と合わせると11万人にもなるが、当然ボランティアということは “タダ働き” ということになる……。

・ボランティアなのか? タダ働きなのか?

今回発表されたのはあくまで “案” であり、正式な募集は7月下旬を予定しているという。この中で組織委員会が「積極的に応募していただきたい方」としているのは、以下のような人材である。


1: 東京2020 大会の大会ボランティアとして、活躍したいという熱意を持っている方
2: オリンピック・パラリンピック競技に関する基本的な知識がある方
3: スポーツボランティア経験をはじめとするボランティア経験がある方
4: 英語やその他言語のスキルを活かしたい方


賃金が発生する企業の人材募集でも人が集まりにくいとされる中、「英語やその多言語のスキルを活かしたい方」とは見方によってはかなり大胆な募集ともいえるハズだ。ボランティアの精神自体は否定しないが「合計10日以上活動しても無償」とはいかがなものだろうか?

・4000億円以上ある?

この件に対し、『電通巨大利権 〜東京五輪で搾取される国民〜』の著者で作家の本間龍氏は、自身のTwitter(@desler)で以下のように投稿し大きな反響を呼んでいる。


「全ての学生諸君は東京五輪のボランティア参加をやめましょう。なぜなら五輪はただの巨大商業イベントで、現在42社ものスポンサーから4000億円以上集めており、無償ボラなんて全く必要ないから。あなたがタダボラすれば、その汗と努力は全てJOCと電通の儲けになる。バカらしいよ」


この投稿は4万6000リツイート以上を記録するなど盛大に拡散しており、その多くはオリンピック組織委員会に対し批判的な声である。一部をご紹介しよう。

・ネットの声

「これは同意。それだけの金がありながらタダ働きさせるなんて論外」
「本音は “経費もったいないのでタダ働きさせてケチりたい” でしょ」
「本音を隠すために “奉仕の精神の大切さ” とか “みんなで作るオリンピック” とかキレイごとを言うんだよ」
「ボランティアって、自分含めた自分たちや困っている人たちを助けるためにやることであって、無償で労力を提供するものではないんだよな」
「今回のは完全にボランティアじゃなくてタダ働き募集だもんな」
「被災地のボランティアなら喜んで参加するけどな」
「4000億円も集めててタダ働きかよ……」
「学生はボランティアして当然みたいな風潮もやめて欲しい」

なお、本間氏によればこの件である国会議員と打ち合わせをし「国会で追及することが決定した」という。ボランティアなのかタダ働きなのか? 様々な意見がありそうだが、今後この問題が大きな注目を集めそうだ。

参照元:大会ボランティア募集要項案、Twitter @desler , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン

▼4000億円もあるのか……。

▼今後、国民的な議論を呼びそうだ。


https://rocketnews24.com/2018/03/29/1038014/

【コメント】
東京五輪でのボランティア動員が可能問題になっています。
特に組織委員会はものすごい利益を得ているのにボランティアの
交通費をおろか、ボランティア保険すら負担しません。
東京オリンピックは真夏で日射病になっても自己負担です。
もういい加減にオリンピック幻想からいい加減に目を覚ましましょう

 

南北会談か!? 新局面を迎えた東アジア

北朝鮮、韓国大統領を平壌に招待 南北首脳会談呼びかけ

Moon Ja-in with im Yo-jong and Kim Yong-namYONHAP
金正恩氏の実妹、与正氏(手前)と握手する韓国の文在寅大統領(中央)と、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(右)

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅大統領を平壌に招き、南北首脳会談の実施を呼びかけた。正恩氏の妹、金与正氏が、正恩氏の手書きの親書を文大統領に渡したという。韓国大統領府が10日、発表した。

韓国大統領府ではこの日、平昌五輪の開会式に合わせて訪韓した北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長や、与正氏ら北朝鮮代表団が文氏と会談した。

文大統領と金正恩氏の会談が実現すれば、2007年10月以来の南北首脳会談となる。

文大統領は、南北首脳会談を「実現させるべき」と述べ、北朝鮮に米国との交渉を再開するよう促した。

党序列第2位の金永南氏や、金与正氏を含む北朝鮮側は、朝鮮戦争以降の訪韓代表団として最も高位。両国の代表たちはキムチやソジュ(焼酎)を共にしながら、約3時間にわたり会談したという。

韓国大統領府によると、与正氏は文大統領に、「できるだけ早い時期」の訪朝を促した。

冬季五輪を機に北朝鮮が融和姿勢を重ねて示していることについて、米トランプ政権は強い警戒感を示している。

前日のレセプションや開会式で、マイク・ペンス米副大統領は北朝鮮代表団と言葉を交わすのを避けた。また、韓国と北朝鮮の選手たちが統一旗を掲げて「コリア」として合同入場した際、ペンス氏は座ったままだった。

文大統領は昨年5月、北朝鮮への融和路線を掲げて当選した。ただし、実際に対話を再開し、首脳会談を実施するようなことになれば、主要同盟国・米国の不興を買うことは必至で、大統領は難しい立場に立たされている。

Kim Yong-nam (L) Mike Pence (C) Kim Yo-jong (R)

馬鹿騒ぎするオリンピックに専門家が指摘する経済効果が期待出来ないオリンピックと今後、開催困難なオリンピック

(私の視点)肥大化する五輪 複数都市共催で経費減を ジュールズ・ボイコフ

90CD55EA-0989-4558-AB34-F76B25B583B5 平昌(ピョンチャン)五輪は、世界を魅了するだろう。だが、裏には根深い問題が潜む。1990年代、国際オリンピック委員会(IOC)は五輪の大規模化による経費高騰を懸念していたが、今日、「肥大化」は当たり前のことになった。

 開催地に立候補する都市は、市民の支持を受けるため、経費の見積もりをなるべく低くログイン前の続き算出する。IOCによる開催地選考の重要な要素にもなる。経済効果に関する調査報告書を示すことも多い。だが、多くは楽観的にすぎるコンサルタントによって作成され、財政的成功を予測するものになっている。そして、開催都市と国は、世界に注目されるなかで恥をかくのを避けるため、費用が不足すれば補填(ほてん)せざるを得ない。余裕のない日程で大会用施設を建設するとなれば、支出がいっそう増える。

 オックスフォード大学が1960〜2016年の大会を調査したところ、平均156%も予算超過していることが分かった。IOCの重鎮たちが次の開催地に向かうころ、大会を終えた都市と国には大きな負担がのしかかる。

 平昌大会も、開催費用はかさんだ。招致活動の時点では、運営費は15億ドル、インフラ整備費は20億ドルから60億ドルといわれていた。ところが、いまや総経費は130億ドルにのぼる。

 2020年東京大会の組織委員会も苦心している。開催権を勝ちとった13年以降、総経費が当初の数倍に膨らむとされた時期があった。そのため、メインスタジアム建設が安くすむ案に変更され、カヌーなどの競技にかかる費用は削減された。正しい方向である。

 私は思いきった改善案を拙著「オリンピック秘史」で示した。たとえば、財政負担を分散し、新施設の建設費を削減するために、複数の都市や国による共催を進める。その実現にIOCは前向きな姿勢を示すが、共催を通常の開催形態にするべきだ。また、立候補都市の招致計画を、お抱えの経済コンサルタントのみならず、独立した専門家にも評価させる必要がある。

 これまで、開催都市は五輪の都合で動いてきた。そろそろ五輪が開催都市の都合に合わせてくれてもいいころだ。その第一歩として、まずは開催地に負担をかける経費高騰の問題に対処しなければならない。

 (Jules Boykoff 米パシフィック大学教授)


https://www.asahi.com/articles/DA3S13341577.html
【コメント】
オリンピックの経済効果には各所から疑問の声が出ていますが
 Jules Boykoff 米パシフィック大学教授の指摘は
非常に興味深いです。今後のオリンピック開催地が名乗り出ず
非常に困難な状況であると言う状況です。そろそろいい加減に
馬鹿騒ぎするオリンピックに対する幻想から目を覚ます
必要があります。 

東アジアの五輪外交開始へ 平和とスポーツの祭典が政治の祭典になった平昌オリンピック

E5CBA423-1FB9-404F-9D0C-D1A956B51873北朝鮮と韓国の五輪への姿勢 政治色強まる様相に「これでも平和の五輪か」

2018年2月3日、韓国・聯合ニュースによると、平昌冬季オリンピックの開会式前日の8日、朝鮮人民軍創建日「建軍節」を迎え、北朝鮮が閲兵式を開催する動きを見せていることに対する一部の非難に関連し、北朝鮮メディアは「誰もとやかく言う権利はない」と主張し、五輪不参加も辞さない構えを示した。

北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は3日、「世界のどの国でも、自国の軍隊創建を重要視して盛大な行事で記念するのは一つの慣例であり初歩的常識」と強調した。その上で「われわれが朝鮮労働党創建記念日である10月10日に国家的な重要イベントを進行するので、南朝鮮で毎年その直前の10月1日(に行われる)『国軍の日』の行事の遊びをしないように言ったらやめるだろうか」と反問した。

労働新聞は、北朝鮮がわざわざ平昌五輪の開会式前日に建軍節を移したという一部の批判に対して、「われわれが70年前の2月8日に平昌冬季オリンピック競技大会の日付を念頭に置いて正規軍を創建したとするのと同じとんでもない詭弁」と批判した。

さらに労働新聞は「かなりの脅威的な閲兵式になる可能性が高い」と明らかにした韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官の先月26日の発言に言及し、「もし南朝鮮当局が民族志向と大勢の流れに逆行する反統一保守勢力の分別のない対決妄動を引き続き黙認し優柔不断な態度を取った場合、冬季オリンピック競技大会の開催成功に陰をもたらす結果となり、その責任は傀儡(かいらい)保守一味と南朝鮮当局が負うことになるだろう」と威嚇した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「まったく北朝鮮はどうしようもない」「あんなものは軍隊でも何でもない。ただの山賊だ」「韓国は『国軍の日』の行事よりも重要な米韓合同訓練を延期したのに」「オリンピック開会式には、南北統一旗はやめて韓国国旗を持って入場しよう」など、北朝鮮の行動に対する批判的な意見が多く寄せられた。

また、「これでも平和のオリンピックなのか?」と、政治色が強くなった平昌五輪に苦言を呈する意見もみられた。(翻訳・編集/三田)

 
http://news.livedoor.com/article/detail/14253986/

 

【平昌五輪】 北朝鮮、金永南・最高人民会議常任委員長を韓国派遣へ 元首格、9〜11日に

 【ソウル=名村隆寛】朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは5日、金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長をトップとする高官代表団が平昌冬季五輪の開幕式(9日)に出席するため、韓国を訪問すると報じた。韓国統一省も4日、北朝鮮側から同日に通告があったことを明らかにしている。

 統一省によると、派遣されるのは金永南氏を筆頭にした高官代表団3人と随行員18人。9〜11日の予定で訪韓する予定という。金永南氏以外の代表団の名前は明らかにされていない。

 金永南氏は北朝鮮の憲法上では国家元首の人物。序列は2位で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の祖父である金日成(キム・イルソン)主席の生前から、韓国をはじめ国際社会でも長く知られている象徴的なトップクラスの人物だ。国連の制裁対象からは外れている。

 平昌五輪を機に、安倍晋三首相やペンス米副大統領らも訪韓するなど、各国指導者らが集まり世界が注目する中、北朝鮮の存在感や南北融和の雰囲気をアピールしようとの狙いがうかがえる。

 韓国では当初から、金正恩氏の側近で実質的に政権ナンバー2といわれる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長の訪韓が取り沙汰されており、代表団に崔氏が含まれるかどうかが関心を集めている。

2/2ページ

 一方、北朝鮮は五輪開幕前日の2月8日を「朝鮮人民軍創建日」とし、平壌ではこの日に大規模な軍事パレードが行われる見通しだ。また、同じ日に五輪のスケート競技会場がある韓国北東部の江陵(カンヌン)では、北朝鮮の「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が芸術公演を行う。

 5日には北朝鮮からの芸術団の先発隊が韓国入りする。金永南氏の訪韓により、平昌五輪は北朝鮮が一層前面に出る中で開幕を迎えることになりそうだ。

 http://www.sankei.com/world/news/180205/wor1802050017-n1.html
 
【コメント】
 
今月開始される平昌オリンピックですが北朝鮮が形式的国家元首の金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長が訪韓団長に就任されたようです。これは平昌オリンピックでの北朝鮮に力の入れように感じます。オリンピックが平和やスポーツの祭典が政治の祭典になりそうです。中国の代表者が分かりませんが日本の安倍総理、韓国の文大統領、北朝鮮は金永南最高人民会議常任委員長、アメリカはペンス副大統領と東アジアの五輪外交と言われても差し支えないです。まあ動向を見ていく必要があります。

IOCは騙された!!

中国の人権とオリンピック
(BBCのオリンピック前日のニュースの動画です。
(なかなかまとまた放送です。中国の報道の自由のなさを感じます
これを見るとIOCが中国に騙されたのが良くわかりますね)



Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 日本へ入国拒否されたナタリア・ポクロンスカヤ露下院議員 クリミア紛争の制裁絡みか!?
  • アフリカの最悪の人権侵害国家エリトリアの悪夢
  • トルコのシリア侵攻問題でロシアの反対で機能不全に陥った国連安全保障理事会
  • シリアに侵攻したトルコ軍が民間人を大量処刑へ 国際社会から批判が激しい批判が出る
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ