残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

カナダ

リビアへ軍事介入へ

imagesCA0BBRG1仏機がリビア空域監視 英、カナダ軍と攻撃準備 

2011年3月20日 00時17分

 【パリ共同】欧州連合(EU)加盟国と米国、アラブ連盟、アフリカ連合(AU)などの代表者がリビア情勢を協議する緊急首脳会議が19日、パリのフランス大統領府で開かれた。フランス空軍のラファール戦闘機数機が同日、偵察のため、リビア上空を飛行し、国連安全保障理事会決議に基づく空域監視に着手した。フランスは英国、カナダとともに空爆へ向け態勢を固めた。

 ロイター通信によると、同会議の関係筋は19日、英仏カナダ軍などによるリビアのカダフィ政権側への空爆が同日にも始まる可能性があると述べた。米軍や一部アラブ諸国の軍隊が後で攻撃に加わるだろうと述べた。

 安保理は17日、カダフィ政権による市民への攻撃を防ぐため、国際社会に軍事介入を容認する決議を採択。リビアのクーサ外相は18日に決議受け入れと即時停戦を表明したが、政府軍は19日、反体制派の本拠地である北東部ベンガジに本格的な攻撃を開始し、最高指導者カダフィ大佐はオバマ米大統領への書簡で「リビア国民は私のために死ぬ用意がある」と訴えた。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011031901000916.html

仏大統領“リビア上空に展開”

3月20日 0時2分
フランスのサルコジ大統領が記者会見し、リビアのカダフィ政権による反政府勢力への攻撃を阻止するため、フランス軍などの戦闘機がすでにリビア上空に展開していることを明らかにしました。サルコジ大統領は、国連安保理の決議に基づくリビアに対する軍事作戦はすでに開始され、今後、必要に応じてカダフィ政権側の部隊への空爆も辞さないとしています。サルコジ大統領の発表は、19日、パリで欧米やアラブ諸国がリビアへの軍事介入について行っていた協議を受けて行われたものです。カダフィ政権と反政府勢力との間で、内戦状態が続いていたリビア情勢は、国際社会が軍事介入するという重大な転機を迎えました

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110320/t10014788621000.html

日本では震災報道で余り報道されませんがリビアにEUを
中心とした軍事介入が行われる可能性が高まってきました。
リビアは世界の産油の2パーセントを占めています。
内戦が激化すると原油高騰から経済危機を抱える
EUの地政学的な判断が今回の軍事介入をしたそうです。
その意味で今後も注意深く見守る必要があります。

緊急の要請活動のお知らせ 外務省要請のお願い‏

在宅ロビーストの加藤健さんのお願いです。
転載しますので宜しくお願いします。

皆様にお願いがあります。

現在カナダ下院議会の国際人権委員会が、コトラー議員を中心に北朝鮮人権決議案を策定中です。

外務省にお知り合いのいる方は、ぜひ「委員会所属議員7人全員の事務所に、オタワの日本大使館から公使以上を説明に行かせ、拉致問題が決議に入るよう働きかけを行なってほしい」と要請していただけないでしょうか?

所属議員一覧は下記になります。
http://www2.parl.gc.ca/CommitteeBusiness/CommitteeMembership.aspx?Cmte=SDIR&Language=E&Mode=1&Parl=40&Ses=3

カナダ議会の決議に、拉致問題解決を求める文言が入る意味は大きいです。



詳しく説明いたしますと、先月から私は、カナダ国会議員300人以上に何度もメールを送り、対北朝鮮食糧支援を止めるよう求めています。
そうしたところカナダの前司法大臣・検事総長で人権分野の権威であるIrwin Cotler議員(教授のタイトルで書かれることが多い)のスタッフから毎回お返事をいただき、今回のもので、コトラー教授が北朝鮮人権決議案を策定中だと知らせていただきました。

さっそく拉致問題を決議に入れるよう、一生懸命お願いしました。またアメリカ脱走兵とルーマニア人拉致被害者の間の2人の子は、アメリカ市民として保護されるべきだと主張しました。アメリカ人の問題が一番身近でしょうから。。。

また人様にお願いする以上、私自身も当然のことながら外務省の知人に要請しています。


日本大使館の公使以上が直接説明すれば、かなり高い確率で拉致問題が決議に入ります。なんとか実現させたいものです!



現在各国大使館を訪問して拉致問題を訴えていますが、EU加盟国では拉致問題解決を求める文言が入った欧州議会の決議文を見せています。昨年みんなでファックスやメールを送って入れてもらったあの決議です。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100709-OYT1T00077.htm
解説はこちら。
http://kenkato.iza.ne.jp/blog/entry/1902197/

この決議を見せると、外交官の顔が変わります。民主主義国で議会の決議は重いですから、当然の話です。国際人権分野で存在感のあるカナダの議会で拉致問題の解決を求める決議が通れば、今後大きな力となります。
外務省には、ここで力を発揮して名誉を挽回してもらいたいものです。



なお上記のように私は、「アメリカ人脱走兵と拉致被害者の間の子を、刑務所国家から救出せよ!彼らにはアメリカ市民として保護される権利がある!」と訴えています。
アメリカを動かすには、なんといっても自国民(または自国民になれる人)を持ち出すのが一番です。
この方策についても、ぜひ今後皆様にご検討いただきたく提案します。

加藤健

世界最悪の人権侵害国家北朝鮮

imagesCA0H1G0C北朝鮮の政治犯収容所、6カ所に15万人収容

 北朝鮮には6カ所の政治犯収容所があり、合計15万4000人が収容されていると推定されることが、韓国政府筋の話で明らかになった。収容人数は、約20万人と推定した昨年1月の国家人権委員会の実態調査結果よりもやや少ない数字となっている。

 

 同筋によると、北朝鮮は一時、政治犯収容所を10カ所設けていたが、1990年前後に国際的な人権団体が収容所の問題を取り上げ、実態調査を要求したため、中朝国境地帯にある収容所4カ所を閉鎖したと聞いていると説明した。

 

 現存する政治犯収容所は、平安南道の价川(14号管理所)、北倉(18号管理所)、咸鏡南道の耀徳(15号管理所)、咸鏡北道の化成(16号管理所)、清津(25号管理所)、会寧(22号管理所)の6カ所だ。

 

 政治犯収容所は、一度収監されると永遠に出られない「完全統制区域」と長期間の強制労働が終われば釈放可能性がわずかにある「革命化区域」に分かれる。革命化区域は15号管理所(耀徳)だけで、残る5カ所は終身収監される完全統制区域とされる。完全統制区域では政治犯のらく印を押された本人を含め、一家三代がすべて収容され、強制労働、拷問、暴力が日常化している。

 

 同筋は「北朝鮮はこれまで、収容所の存在自体を否定してきたが、国際社会を中心に北朝鮮の政治犯収容所に対する関心が高まっている」と指摘した。

 

 米国とカナダの下院は、政治犯収容所に収容された経験がある脱北者を招き、2月から3月にかけ北朝鮮人権聴聞会を開く予定だ。英国と欧州連合(EU)も議会レベルで、今年下半期に政治犯収容所をはじめとする北朝鮮の人権侵害の実態を暴露する聴聞会の開催を検討している。

 

李竜洙(イ・ヨンス)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/news/20110119000031

韓国の政府機関の報告ですから間違いないと思います。
数こそは減っていますが依然として状況は変わっていないと
言う状況です。アメリカやカナダさらにEUでの
国際的な圧力を必要ですが一番、北朝鮮に
影響力を持っている中国が人権問題で無関心ですから
状況は良くなりませんね。さらに日本政府も
人権問題をしっかりと提起をするべきです。

仏に続きイタリアもロマ送還 内相が表明

仏に続きイタリアもロマ送還 内相が表明
 1281167822


【ローマ共同】イタリアのマローニ内相は21日までに、国内に居住する少数民族ロマについて、十分な収入や定住先などの要件を満たしていなければ、欧州連合(EU)市民であっても出身国に送還する政策を進める考えを明らかにした。コリエレ・デラ・セラ紙が伝えた。

 ロマをめぐっては、既にフランスが19日、犯罪対策の一環として送還を開始しており、イタリアもこれに倣った形。人権団体などから、人種差別的政策との批判を呼びそうだ。

 内相は、EU欧州委員会がこうしたロマ送還を禁ずる決定をしているため、9月6日に予定されるEU内相会合で、決定を見直すよう働き掛けると語った。

 イタリアには同国の市民権を持つロマのほか、ルーマニア、ブルガリアなど他のEU諸国の市民権を持つロマが多数、居住している。

 内相は右派政党、北部同盟出身。同党は不法移民が犯罪の温床になっているほか、イタリア人の職を奪ったり福祉財政に負担をかけているとして移民排斥を主張。ベルルスコーニ政権は連立与党である同党の主張を受け、移民に厳しい国内法整備を進めている。

2010/08/22 09:41 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010082201000132.html

【コメント】
フランスに続きイタリアでもロマの強制排除が始まったようです。
欧州に広がりそうな感じを受けます。この問題も今後も取り上げて
いきたいと思います。

なお本日から代表が海外出張のため更新が遅れると思いますので
ご理解きください。


「北朝鮮によるすべての拉致被害者を救出するぞ!! 
北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会」

講演者:横田滋さん(横田めぐみさんの父)
    横田早紀江さん(横田めぐみさんの母)
    村尾建兒さん (特定失踪者問題調査会理事)
    依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)予定
    川添友幸さん(北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会代表)

2010年9月4日 土曜日 午後0時半 午後1時 開演

会場:横浜情報文化センター 情文ホール
http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/6-map.htm
「みなとみらい線「日本大通り駅」 情文センター口 0分
参加費:500円(学生 300円)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:神奈川県・横浜市・川崎市 (各予定)
後 援:北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会・特定失踪者問題調査会・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会・北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川地方議員の会・周辺自治体
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com


100904

À quand la fin de cette abjection?


Florence Cassez, Otage politique
ã?¢ã??ã??ã??ã??ã??è?? mfenollar. - æ??æ?°ã?®ã??ã??ã??ã??å??ç??ã??



原題は「この惨めな生活は何時まで続くか??」という題ですが
メキシコの刑務所に1700日も拘留されているカナダ人の話です。

的確な分析だと思います

view8982934社説:ダライ・ラマ訪米 対話は中国にも利益だ

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が訪米し、オバマ米大統領と会談した。

 大統領はチベットの宗教、文化の尊重や人権の擁護を「強く支持」した。すぐに中国政府は「強い不満と断固とした反対」を表明した。

 今年に入って人民元の切り上げを求める米国とそれに慎重な中国の関係が悪化している。米国の対台湾武器売却問題や中国のグーグル検閲問題などでも米中はとげとげしい非難の応酬を続けている。ダライ・ラマをホワイトハウスに招いたことで、米中関係はさらに冷却するだろう。

 だが、今回の会談についていえば、中国の非難は的はずれだ。

 中国は「チベット独立を支持した」と問題にしているが、大統領は昨年訪中したときに「チベットは中国の領土である」と明言し、独立と一線を画した。今回の会談でも、私的会合に使う「地図の間」を会談場所に選ぶ配慮を見せた。

 ダライ・ラマ自身も「中国に要求しているのは独立ではなくチベットの高度の自治」という立場を以前から繰り返している。中国がそれを知らないはずはない。最近もチベット側と対話したばかりである。

 チベットの独自の宗教に根ざした文化がさまざまな規制を受け、チベット人の抵抗、暴動が起きていることは世界に知られている事実だ。固有の文化と普遍的な人権の尊重を求めることがどうして「分裂の画策」になるのだろうか。

 チベットの文化と人権を尊重しない理由として、中国は「中国の国情がある」という言い方をしてきた。だが中国の国情とは、漢民族の事情だけではない。チベット民族の伝統も、ウイグル民族の文化も、すべて含んだ包容力のある概念が「中国の国情」であるべきである。

 チベットの民族文化の独自性は宗教にある。だとすれば、信仰の自由は「中国の国情」になんら反するものではない。チベットとの対話を再開し、ダライ・ラマの帰国を実現することが、中国にとっても最善の解決だ。

 中国も、分かっているはずだ。本心から米国と対決を構えているとは思えない。台湾への武器供与問題でも、米国がF16戦闘機をリストから外すと、中国も米空母が香港に寄港するのを許可している。

 米中対立の本当の舞台は経済摩擦である。だが中国の台頭によって、両国の世論には「相手に弱腰になるな」という空気がある。とくに中国のネット世論はもともと排外主義的な傾向がある。中国政府も強気な態度を見せざるをえないのだろうが、チベットとの対話という解決の道を自ら封じてはならない。

http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100221k0000m070087000c.html

【コメント】
毎日新聞の記事は的確な分析だと思います。
特に中国にもメリットが有ると言う部分は
非常に的確な分析だと思います。

対応を求めます

ブログネタ
バンクーバー五輪開幕!あなたのメダル予想は? に参加中!

a55d436e.jpg北京五輪で拘束された活動家や記者の解放、ロゲ会長に仲裁役求める

2010.2.12 13:32

 国際的な人権活動を行っているグループが11日、2008年北京五輪の期間中に拘束された活動家や記者の解放のために、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長に、中国当局との仲裁役となるよう求めた。

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」によると、約1600人の署名入りの嘆願書をロゲ会長に送ったという。(AP)

http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100212/oap1002121332008-n1.htm

【コメント】
オリンピックは平和の祭典ですが北京五輪の際は酷い人権弾圧が
行われました。IOCのロゲ会長には責任を持った行動を
取るように強く要望します。

Call for release of China’s “Olympic prisoners” during Vancouver Games

Published on 11 February 2010

As Vancouver prepares to inaugurate the 2010 Winter Olympics tomorrow, China continues to detain human rights activists, journalists and bloggers who were arrested for speaking out before, during and after the 2008 Beijing Olympics.

“Dozens of Chinese families continue to suffer the awful effects of the last Olympics because a loved-one is still in jail for using the fundamental right to free expression,” Reporters Without Borders said. “Unfortunately, the International Olympic Committee and its president, Jacques Rogge, are doing nothing to obtain the release of these innocent people, whose ordeal is a stain on the Olympic movement’s reputation.”

Reporters Without Borders has sent a petition to Rogge asking him to intercede with the Chinese authorities and seek the release of the “Olympic prisoners” during the Vancouver Games. Signed by more than 1,600 Internet users, the petition urges Rogge “to speak up and to act in defence of free expression.”

Reporters Without Borders will hand in copies of the petition at the Chinese embassies in Paris and Berlin tomorrow. The petition also urges Chinese President Hu Jintao to ask the competent authorities in China to release the “Olympic prisoners.”

More information about the “Olympic prisoners”: http://www.rsf.org/en-petition34043

http://www.rsf.org/spip.php?page=article&id_article=36432

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • ポストダライ・ラマ体制に動き出したチベット人会議 香港同様に介入を狙う中国政府
  • マスク禁止法の緊急条例発動でデモが激化へ 悪循環としか見えない対応 事態収拾能力が欠如してきた香港警察と香港政府 今後、予想される最悪のシナリオである中国軍介入の可能性
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ