残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

シリア

シリアのアサド大統領が訪朝して金正恩委員長と会談へ

pシリア大統領、訪朝し金氏と会談の意向 北国営メディア報道

> > 

2018年6月4日 6:18 発信地:ソウル/韓国

シリア大統領、訪朝し金氏と会談の意向 北国営メディア報道
シリア首都ダマスカスで、通信社「きょうのロシア」の記者によるインタビューに臨むバッシャール・アサド大統領。シリア大統領府提供(撮影日不明、2018年5月31日公開)。(c)AFP PHOTO / SYRIAN PRESIDENCY TELEGRAM PAGE

【6月4日 AFP】シリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領が、北朝鮮を訪問して金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長と会談する意向を明らかにした。北朝鮮の国営メディアが3日、報じた。これが実現すれば、金委員長が自国内で初めて開催する首脳会談となる。

 北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は、アサド大統領が先月30日に文正男(Mun Jong Nam)大使と面会した際、「私は北朝鮮を訪問し…金正恩氏に会うつもりだ」と述べたと伝えた。

 金氏は2011年に最高指導者となって以来、他国の元首を自国内に迎えて会談したことはない。 

 北朝鮮とシリアは何十年も良好な関係を維持。さらに、今も続くシリア内戦中を含めここ数年は、軍事関係を構築しているとされる。

 過去には国連(UN)と韓国が、北朝鮮とシリア間の化学兵器取引の疑いを指摘。また2007年にイスラエルが爆撃したシリア原子力発電所について、建設を支援したのは北朝鮮だったという情報も広く報じられている。

http://www.afpbb.com/articles/-/3177072?cx_part=topstory&cx_position=1

 【コメント】
シリアのアサド大統領が訪朝して金正恩委員長と
会談する模様です。シリアは北朝鮮の友好国で
非常に親密な関係が続いています。シリアコネクションの
話もありましたがこれも北朝鮮の外交戦略だと思います。 

リビアで横行する人身売買 犠牲になるのは難民や移民たち

リビア、人身売買組織に拘束されていた移民100人以上が脱出

> > > 

2018年5月27日 21:21 発信地:トリポリ/リビア

リビア、人身売買組織に拘束されていた移民100人以上が脱出
リビア北西部バニワリド市内に通じる幹線道路(2012年11月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/MAHMUD TURKIA

【5月27日 AFP】リビア北西部バニワリド(Bani Walid)で23日夜、人身売買組織に拘束されていたアフリカ東部からの移民100人以上が組織の収容所から脱出した。国際団体や地元の情報筋などが26日、明らかにした。移民たちは地元の団体や住民らによって市内のモスク(イスラム礼拝所)に保護された。

 脱出したのはエリトリア、エチオピア、ソマリアからの移民たちで、収容所では拷問を受けていた。バニワリドの病院によれば、拷問によって負傷した約20人が治療を受けた。

 国際緊急医療援助団体「国境なき医師団(MSF)」は目撃者の話として、脱出の際、移民15人が殺害され25人が負傷したと述べた。地元筋からの確認情報はまだない。

 脱出したのはほとんどが10代半ばの若者たちで、3年も人身売買組織に拘束されていたとMSF職員に話した移民も複数いるという。

 MSFによると、病院に搬送された移民のうち7人は銃で撃たれており重傷だという。

 リビアで長年にわたって独裁体制を敷いてきたムアマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐が2011年に失脚し殺害された後、首都トリポリ(Tripoli)は危険な航海で欧州を目指す移民たちの主要出発港となっている。トリポリの南東170キロに位置するバニワリドでは、人身売買組織や誘拐組織が約20か所に収容所を設けており、拘束した移民の家族に身代金を要求するなどしている。(c)AFP

【コメント】
注意しないといけないのがこれは全てシリア難民でなくスーダンや
エリトリア等からの移民希望者も犠牲になっています。かわそうと言うより
根本的な解決策がない限り同じ様な人身売買組織が横行を許す結果になります。 
脱出する際もかなり危険な思いをするようです。 

シリア人権監視団がシリア政府軍の化学兵器使用に疑問符??

「政権軍の使用に疑問」 シリア化学兵器疑惑で人権監視団

21日、カイロ市内でインタビューに応じるシリア人権監視団のアブドルラフマン所長=奥田哲平撮影

写真

9F0F42D6-FA6D-46B7-B0B6-5B56F60BD1EA 【カイロ=奥田哲平】シリア内戦の情報を独自に収集分析するシリア人権監視団(ロンドン)のアブドルラフマン所長が二十一日、訪問先のカイロで本紙のインタビューに応じた。米英仏の攻撃を招いた化学兵器使用疑惑について、アサド政権軍が使用したとの見方に疑念を示した。米英仏の攻撃は「政権軍に打撃を与えていない」と断言した。

 化学兵器が疑われる攻撃は七日午後、首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで発生した。救助活動を担う民間防衛隊(ホワイトヘルメッツ=WH)は子どもらが泡を吹いて横たわる映像を公開し、化学兵器の影響で四十人以上が死亡したと発表。しかし人権監視団は今も「空爆後に二十一人が呼吸困難で死亡した」と報告するにとどめ、明言を避けている。

 「化学兵器が使用されたかどうか断定も否定もできない」とアブドルラフマン氏。その理由を「WHの映像が不自然。遺体をすぐに埋めたことにも疑問が残る」と指摘。「政権軍もWHもプロパガンダが多く信用できない」として、化学兵器禁止機関(OPCW)が二十日に現場で試料採取した検査結果を待つ立場だ。

 ただ、十六日に現場を取材した米CBSは、塩素ガスが流出したとされるボンベや「息苦しく、塩素の臭いがした」との住民証言を伝え、化学兵器攻撃が実際にあった可能性は高い。アサド政権や後ろ盾のロシアは反体制派の「自作自演」と主張する。

 アブドルラフマン氏によると、ドゥーマで最後まで抵抗した反体制派「イスラム軍」は七日時点で撤退に合意。「政権軍は過去に化学兵器の使用歴があるのは確かだが今回は必然性がない」。東グータへの攻撃拠点だったドゥマイール空軍基地では「七日は政権軍の航空機が離着陸をしていない」とも述べた。

 一方、米英仏のシリア攻撃は「成果」を巡る米ロの見解が異なる。米国は化学兵器製造・貯蔵が疑われる「科学研究調査センター」(SSRC)の三施設の破壊に成功したと主張。これに対してロシアは、ほかに空軍基地六カ所も空爆され、百三発中七十一発を迎撃したと誇示する。

 アブドルラフマン氏の分析はロシアの主張に近く、米英仏のミサイルは六十五発以上が迎撃されたとみる。「米国は世論に配慮し、化学兵器に関わる三施設だけしか言及していない」と指摘。その上で「製造貯蔵施設が攻撃されれば周囲に流出したはずだが、そのような情報はない。そもそも事前に政権側は軍関連施設から武器を避難させ、二日後には空軍基地の戦闘機使用が再開した」として、政権軍の攻撃能力に影響は少ないとの見方を示した。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201804/CK2018042302000123.html

【コメント】
アメリカ・イギリス・フランスの軍事介入の理由になっていた
シリア政府軍の化学兵器使用についてシリア政府の人権侵害
の調査をしているシリア人権監視団が政府軍の化学兵器使用に
 疑問を持つ見解を出しました。これは驚きです。
国際的な調査が必要だと思いますが真実が何処か分かりません。 

【速報】アメリカがイギリス・フランスと共にシリアへ軍事介入

0B42AF85-2F41-4CCB-98EC-450B4519D6FD<トランプ米大統領>シリアへの攻撃を命令と発表

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は13日夜(日本時間14日午前)、シリアの化学兵器使用疑惑を巡ってシリアに対する攻撃を命令したと発表した。英仏も参加し攻撃はすでに実行されているといい、トランプ氏は「シリアの化学兵器使用を止めるまで対応を継続する」と述べた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00000020-mai-int

 

Trump Orders Strikes on Syria Over Suspected Chemical Weapons Attack

WASHINGTON — President Trump said on Friday he had ordered strikes on Syrian targets, seeking to punish President Bashar al-Assad for a suspected chemical attack near Damascus that killed more than 40 people.

Mr. Trump said Britain and France had joined the United States in the strikes.

The strikes risked pulling the United States deeper into the complex, multi-sided war in Syria from which Mr. Trump only last week said he wanted to withdraw. They also raised the possibility of confrontation with Russia and Iran, both of which have military forces in Syria to support Mr. Assad.

In choosing to strike, it appeared that Mr. Trump’s desire to punish Mr. Assad for what he called a “barbaric act” — and make good on his tweets promising action this week — outweighed his desire to limit the United States’ military involvement in the conflict, at least in the short term.

From the regime stronghold of Damascus to battle-scarred opposition areas, Syrians sent audio recordings to The Times in which they described what it’s like waiting for an attack by the U.S.-led coalition.

By YOUSUR AL-HLOU, BARBARA MARCOLINI, NEIL COLLIER and DREW JORDAN on  April 13, 2018.Photo by Sergey Ponomarev for The New York Times. Watch in Times Video ≫

The strikes marked the second time that Mr. Trump has attacked Syria to punish the government after it was accused of using chemical weapons. The White House had sought to craft a response that would be more robust than the attack last April, when the United States fired 59 Tomahawk cruise missiles at a Syrian air base that was back in use a day later.

France and Britain joined the United States in planning the latest fusillade of missiles against Mr. Assad’s government, presenting an allied condemnation of the April 7 suspected chemical attack in the town of Douma. Germany, however, refused to take part in the coordinated military action in Syria, even though Chancellor Angela Merkel called the use of chemical weapons “unacceptable.”

A fact-finding mission from the Organization for the Prohibition of Chemical Weapons was to begin investigating the incident on Saturday in Douma, which had been held by rebels before the suspected attack. The mission’s job was only to determine whether chemical weapons had been used, not who had used them.

Medical and rescue groups have reported that the Syrian military dropped bombs that released chemical substances during an offensive to take the town. A New York Times review of videos of the attack’s aftermath, and interviews with residents and medical workers, suggested that Syrian government helicopters dropped canisters giving off some sort of chemical compound that suffocated at least 43 people.

On Friday, American officials said they had intelligence implicating the Syrian government.

“We have a very high confidence that Syria was responsible,” said Sarah Huckabee Sanders, the White House press secretary. She said Russia was “part of the problem” for failing to prevent the use of such weapons.

At the United Nations, Nikki R. Haley, the American ambassador to the world body, accused the Syrian government of using banned chemical arms at least 50 times since the country’s civil war began in 2011. State Department officials said the United States was still trying to identify the chemical used on April 7.

President Emmanuel Macron of France on Thursday cited proof that the Syrian government had launched chlorine gas attacks. The same day, the British Cabinet authorized Prime Minister Theresa May to join the United States and France in planning strikes against Syria.

Leaders in Syria, Iran and Russia denied that government forces had used chemical weapons, and accused rescue workers and the rebels who had controlled Douma of fabricating the videos to win international sympathy.

Victims of a suspected chemical attack in Douma, Syria, on Sunday. Residents said they heard objects falling from the sky, followed by a strange smell that witnesses said resembled chlorine. Emad Aldin/EPA, via Shutterstock 

On Friday, Maj. Gen. Igor Konashenkov, a spokesman for the Russian Defense Ministry, said images of victims of the purported attack had been staged with “Britain’s direct involvement.” He provided no evidence.

Karen Pierce, Britain’s ambassador to the United Nations, called those allegations “bizarre” and “a blatant lie.”

In the immediate aftermath of the suspected attack, Mr. Trump called Mr. Assad an “animal,” warning the Syrian leader and his Russian and Iranian backers that they would have a “big price to pay.” That suggested the United States might take action against Syria’s patrons as well.

“If it’s Russia, if it’s Syria, if it’s Iran, if it’s all of them together, we’ll figure it out and we’ll know the answers quite soon,” Mr. Trump said early in the week. “So we’re looking at that very strongly and very seriously.”

Mr. Trump’s defense secretary, Jim Mattis, had sought to slow down the march to military action as allies compiled evidence of Mr. Assad’s role that would assure the world the strikes were warranted. Mr. Mattis also raised concerns that a concerted bombing campaign could escalate into a wider conflict between Russia, Iran and the West.

Before the strikes, the United States had mostly stopped aiding Syria’s rebels, like those who were in Douma, who want to topple Mr. Assad’s government. The Pentagon’s most recent efforts in Syria have focused on the fight against Islamic State militants in the country’s east, where it has partnered with a Kurdish-led militia to battle the jihadists.

It is the roughly 2,000 American troops there that Mr. Trump said he wants to bring home.

Russian forces and Iranian-backed militias also are deployed around Syria to help fight the rebellion — including the Islamic State and other extremist groups — that has surged against Mr. Assad since the conflict started more than seven years ago.

A previous American attack on Syria, last April, came after a chemical attack on the village of Khan Sheikhoun killed scores of people. Mr. Trump ordered a cruise missile strike against the Al Shayrat airfield in central Syria, where the attack had originated. The base was damaged but Syrian warplanes were again taking off from there a day later.

Still, the response set Mr. Trump apart from President Barack Obama, who declined to respond with military force after a chemical weapons attack in August 2013 killed hundreds of people near Damascus, even though Mr. Obama had earlier declared the use of such weapons a “red line.”

Mr. Obama ultimately backed off a military strike and reached an agreement with Russia to remove Syria’s chemical weapons arsenal. That agreement was said to have been carried out, although a series of reported chemical attacks since have raised doubts about its effectiveness.

Both American presidents have sought to keep United States involvement in Syria focused on the battle against the Islamic State, and not on toppling Mr. Assad or protecting civilians from violence.

The question now for Mr. Trump is whether his intervention against Mr. Assad will make it harder to keep the United States from slipping deeper into the Syrian war.

 https://www.nytimes.com/2018/04/13/world/middleeast/trump-strikes-syria-attack.html

シリアへ 軍事介入か!?トランプ大統領が近く決定へ

トランプ氏、シリア攻撃について「間もなく」決定と 化学兵器疑惑で

man pouring water over the head of another man (still from video)AFP/ Getty Images
シリア・東グータ地区ドゥーマで、男性に水をかける男性の様子が撮影された

ドナルド・トランプ米大統領は12日、シリアを軍事攻撃するかどうか「もう間もなく」決定すると発表した。

トランプ大統領は記者団に対し、首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用された疑惑を受けて、自分もスタッフも状況を「とても、とても真剣に」検討していると話した。

西側諸国は軍事攻撃に向けて準備を進めていると考えられている。一方、シリア政府を支援するロシアは、こうした動きに反対している。

ロシアのワシーリー・ネベンジャ国連大使は、米露間で戦争が起こる可能性を「除外できない」と発言。記者団に対して12日、「最優先事項は戦争の危険性を避けることだ」と述べた。

http://www.bbc.com/japanese/43748702

【コメント】
アメリカではロシアゲートで話題になる中ですが
化学兵器使用についての報復の軍事行動の
動きが出ています。軍事行動については賛否両論は
ありますが今後の化学兵器使用と止めて実態調査と
戦争犯罪の訴追を求めるべきです。
 

シリア内戦がさらに複雑化へ シリア軍事基地をイスラエルが攻撃か??

シリア空軍基地攻撃、ロシアとシリアがイスラエルを非難 報道

2018年4月9日 18:08 発信地:モスクワ/ロシア

シリア空軍基地攻撃、ロシアとシリアがイスラエルを非難 報道
シリア中部ホムス県の軍事基地を映したとされる映像の一場面(2017年4月7日配信)。(c)AFP PHOTO / SYRIAN TV / HO

【4月9日 AFP】(更新)シリアとその同盟国ロシアは9日、イスラエルがシリアの空軍基地に対し同日未明に空爆を実施したと非難した。

 シリア国営メディアは、同国中部にあるT-4空港が同日未明に「数発のミサイル」攻撃を受けたと報じた。これについて米仏は一切の関与を否定。シリア政府は後に、イスラエルによる攻撃だと非難した。

 国営シリア・アラブ通信(SANA)は軍事筋の話として、「T-4空港に対するイスラエルの攻撃はF15戦闘機によるもので、レバノン領の上空から複数のミサイルを発射した」と伝えた。

 またロシア軍も、イスラエルのF15戦闘機2機が同基地に向かってミサイル8発を発射し、うち5発については防空システムによって破壊されたが、3発は同基地内の西側に着弾したとして、同様にイスラエルを非難した。(c)AFP

 http://www.afpbb.com/articles/-/3170559?cx_position=10

【コメント】
シリア内戦が複雑化です。シリア政府軍が毒ガスを使った
模様です。それに対する報復としてのイスラエルがシリア軍事基地を
攻撃したようです。毒ガス攻撃にシリアやロシアはファイクニュースだと
言っています。真相はどうなのでしょうか??
 

ヒューマン・ライツ・ウオッチが評価するシエラレオネ国際戦犯法廷

国際的な裁き:テーラー裁判はすばらしい先例に
シエラレオネ国際戦犯法廷による元最高権力者の裁判から学べる教訓
 
英語オリジナル:http://www.hrw.org/news/2012/07/25/international-justice-taylor-trial-sets-positive-example 
日本語ニュース: http://www.hrw.org/ja/news/2012/07/26
6d140e86
 ブブリュッセル、2012年7月26日)−シエラレオネ内戦時の「戦争犯罪」および「人道に対する罪」におけるチャールズ・テーラー 元リベリア大統領の裁判は、おおむね順調に進んだと評価できる、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。質の高い弁護、確かな証人の取り扱い、被害地域への積極的な働きかけなどの結果である。同時にヒューマン・ライツ・ウォッチは、最高権力者を容疑者とする国内法廷や国際法廷、あるいは、国内と国際のハイブリッド(混成)法廷について、将来改善すべき点を分析した。
 
報告書「たとえ『大物』でも裁かれねばならない:チャールズ・テーラー裁判の教訓 」(全55ページ)は、国連が後押しするシエラレオネ国際戦犯法廷によるチャールズ・テーラー裁判の実状とその影響について分析。同法廷の効率性や公平性、証人、情報提供者に関連した諸問題など、裁判過程を精査している。また、テーラーの犯罪で最大の被害を受けた地域共同体が、訴訟手続にアクセスできるようした法廷の取り組み、シエラレオネとリベリアの人びとが裁判をどのように評価したかや、有罪判決がすぐにもたらした影響についても精査している。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチの国際司法研究員で、本報告書著者のアニー・ゲルは、「最高権力者の最も重大な犯罪のしっかりした訴追が可能だということを、テーラー裁判が示した」と指摘する。「道のりは長く、改善の余地もあったとはいえ、訴訟手続は比較的よく管理されていた。証人は100人を超えた。専門性の高い弁護人たちも裁判過程をより確かなものにした。」
本報告書は2011年9月〜12年6月にかけて、シエラレオネ、リベリア、ハーグ、ロンドン、そしてニューヨークで行った調査に基づいている。
 
2002年〜06年に旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷で元セルビア共和国大統領スロボダン・ミロシェビッチが裁判にかけられ、国家指導者を国際法廷やハイブリッド法廷で裁くことの実行性について批判や懸念が生じる中で、今回のテーラー裁判が行われた。ミロシェビッチ裁判はたびたび混乱状態に陥った上に、被告が判決前に死亡してしまったことで知られている。
 
テーラー裁判 では、訴訟手続を損なうような大きな混乱がほとんどなかった。テーラーが弁護人を依頼することを決断したことが、法廷が全般的に秩序正しく行われたことの主な要因のひとつだ。
 
ヒューマン・ライツ・ウォッチは、今回のような裁判を将来扱う法廷は、裁判のマネジメントを強化するための措置を講じるよう提案。テーラー裁判の裁判官陣は、野心的な公判日程を組み、断固とした期限順守を関係者に求めるなど、明らかに効率性改善を追求した手法を採用したが、それが時として裁判の遅れももたらした。また、同法廷が証言や犯罪の証拠提出に非介入の方針であったことも、訴訟手続を長引かせる結果となった。
 
公判開始に先立つ被告側の懸念に応えるため、法廷がより積極的に取り組めば、もっとスムーズな進行と公平性の改善がありえたと考えられる。検察側による捜査中における証人や情報提供者となる可能性のある人に対する金銭支払いに関するガイドラインの透明性を高め、強化することも効果的であったはずだ。
テーラーのような人物の裁判は、法廷内の効果を越えた意義を持つ。極めて重要な目的のひとつは、犯罪の被害を最も受けた地域共同体にアカウンタビリティ(真相究明と責任追及)が実現されたという感覚をもたらすことだ。そのことで、「法の裁き」と正義が当事地域に共鳴し、重要な意味を帯びる。
 
前出のゲル研究員は、「法廷の積極的なアウトリーチ活動が、裁判をシエラレオネとリベリアの地域共同体にとって身近なものにし、また訴訟手続説明の助けとなった」と述べる。「裁判の影響を評価するのは困難だ。が、シエラレオネとリベリア人びとは、『法の裁き』への一層の期待を表し、自国内の『法の支配』促進に関心を寄せるようになった。」
 
「法の裁き」実現に対する期待が増したことで、逆に、シエラレオネ とリベリア に横行するアカウンタビリティの欠如に対し、人びとがもっとフラストレーションを抱くようになったという面もある。シエラレオネ内戦時に行われた犯罪に与えられた恩赦は同国内で効力を持ち続けており、リベリアも、武力紛争の際に起きた犯罪の捜査・訴追を未だに実行していない。
 
前出のゲル研究員は、「特別法廷の管轄外で起きたシエラレオネとリベリアでの重大犯罪についても、国内の捜査機関が捜査を行うことが必要だ。そうしなければ、『法の裁き』はより完全なものにならない」と述べる。「両国の政府は、自国内で起きた重大犯罪に対する『法の裁き』実現に向け、具体的な措置を講ずるべきだ。」
 
背景
テーラーはリベリア政府に対する反乱を8年間率いた後の1997年8月2日、同国大統領に就任。2003年まで続く任期の間、その統治は広範囲に行われた人権侵害に特徴づけられる。テーラーの軍隊はまた、シエラレオネ、ギニア、コートジボワールを含む隣国の武力紛争に加わり、国境を越えた襲撃や無数の人権侵害を行った。
 
シエラレオネ国際戦犯法廷は2003年3月7日、シエラレオネ内戦時の戦争犯罪と人道に対する罪などの国際人道法に対する重大な違反容疑で、テーラーを非公開で訴追した。
 
テーラーのリベリア国内での弾圧は、政権転覆を目指す反乱をあおった。反乱勢力がリベリアの首都モンロビアに流入し、しかもシエラレオネ国際戦犯法廷が訴追を公開したことを受け、テーラーは2003年8月に大統領の座を退いた。ナイジェリアが彼の亡命を受け入れたため、同法廷に出頭するまで同国に滞在していた。
テーラーの身柄は2006年3月29日に同法廷の管轄下に移された。西アフリカ地域の安定に対する懸念から、裁判はシエラレオネの首都フリータウンよりオランダのハーグに変更。公判は2007年6月4日に開始されたが、同日のうちにテーラーが弁護団を解任したことから延期となった。新たな弁護団が翌月に任命されると、公判は2008年1月に再開され、2011年3月11日に正式に終了した。
 
テーラーは2012年4月26日、第2次世界大戦後のナチス指導者に対するニュルンベルク裁判以来、国際法廷あるいはハイブリッド法廷において国際法違反の重大犯罪で判決を下された、初の元国家元首となった。
 
テーラーは、犯行をほう助し煽動したことを理由に個人責任を負うという理論に基づき、訴追された11容疑すべてに、合理的な疑いを差し挟む余地なく有罪、という判決を言い渡された。加えて、1998年後半にシエラレオネ東部のダイヤモンド資源が豊富なコノ地方と北部の経済中心地マケニ襲撃を計画、1999年初めにはフリータウン襲撃を計画した容疑でも有罪となった。こうした襲撃計画がなされたのは、戦争犯罪と人道に対する罪が行われていた時期に該当する。
 
シエラレオネ国際戦犯法廷は5月18日、2,500超ページの判決全文を公表。テーラーは5月30日に、50年の刑を言い渡された。が、検察側と弁護側の双方が控訴の意向を明らかにしている。判決に至るまでの長さと事案の複雑さをかんがみると、控訴審理には少なくとも15カ月を要し、控訴審判決が2013年9月以前に言い渡されることはないとみられる。
 


配信に関するお知らせ:
このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご

シエラレオネ国際戦犯法廷のテーラー被告に対する今回の
判決は非常に意味があると思います。ICCの訴追が
アフリカに偏っていると批判すがありますが第二次世界大戦以来の
国家指導者に対する法の裁きは現在、人権侵害を行っている
国家指導者に対する大きな警鐘になると思います。

日本一のクオリティーペーパー西日本新聞が警告する市民が虐殺されるシリア

00044982シリア 悲劇を止められないのか
2012年7月21日 10:36 カテゴリー:コラム > 社説

 目を覆いたくなる暴力と流血の連鎖を、止める手だてはないのか。

 アサド政権と反体制武装勢力との間で事実上の内戦状態にあるシリアで、政権治安施設を狙った爆弾テロがあり、ラジハ国防相やシャウカト副国防相ら治安当局幹部が死亡した。副国防相はアサド大統領の義兄にあたる。

 反体制派「自由シリア軍」がテロの実行を認めた。シリア20+ 件の武力衝突ではこれまで政権側が優位だったが、反体制派が奇襲をかけ、政権中枢に打撃を与えた。反体制派がイラクとの国境にある検問所を制圧した、との情報もある。

 これに対し、政権側は報復を宣言し、首都ダマスカスの各地区に軍部隊を展開させて、反体制派拠点に激しい攻撃を続けている。シリア20+ 件の内戦は拡大と激化の一途をたどっており、4月に発効したはずの停戦合意は完全に崩壊した。

 昨年3月の反政府デモの本格化以降、政権による弾圧や武力衝突による死者は、すでに1万5千人を超えている。

 ニュースは連日、血を流して横たわる犠牲者や、泣き崩れる家族の姿を映し出す。悲惨の極みである。

 アサド大統領を頂点とする少数派のイスラム教アラウィ派と、多数派スンニ派との宗派抗争の様相も濃くなっている。そうなれば、停戦は一層困難になる。

 しかし、この人道危機を前に、国際社会は力不足を露呈している。特に、国連安全保障理事会の機能不全が際立つ。

 安保理は19日、アサド政権の停戦違反行為に対する制裁警告を盛り込んだ決議案を採決したが、常任理事国のロシアと中国が拒否権を行使して否決した。対シリア20+ 件決議案に中ロ両国が拒否権を行使したのは、これでもう3度目だ。

 決議案は欧米諸国が主導し作成した。アサド政権に非軍事制裁を警告し、将来の軍事行動もちらつかせ停戦への圧力を強める内容だった。中ロの拒否権で「決められない安保理」が常態化している。

 今回の爆弾テロは反体制派も非難されるべきだが、まず兵器や人員で優位に立つ政権側に停戦合意を守らせようとする決議案の方向性は妥当だ。自国民を大量殺害したアサド政権に統治の正統性はなく、欧米諸国がアサド大統領の退陣を求めるのも当然である。

 シリア20+ 件での軍事的な既得権を守るために、人道危機に目をつぶり、アサド政権を擁護し続けるロシアの姿勢は利己的に過ぎる。世界の安定に寄与すべき常任理事国として無責任だ。中国も同様だ。

 ロシアは常任理事国としての責任を自覚し、米国や欧州各国と足並みをそろえ、アサド大統領を排除した移行政府の樹立に協力すべきである。国際社会は、安保理常任理事国や周辺国でつくる「連絡調整グループ」の枠組みを生かし、一刻も早く打開の道を見いだす必要がある。

 国際社会が手をこまねいている間にも、シリア20+ 件では市民の犠牲が増え続けている。そのことを忘れてはならない。


=2012/07/21付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/314045

私自身、日本一のクオリティーペーパーと認めている西日本新聞の
社説から転載ですがなかなか良い視点で書かれています。
シリア情勢はもう国際社会から見放されて大虐殺が止まりません。
犠牲になるには写真のような子供たち等の非戦闘員です。
何とか止めないといけません。
西日本新聞はスーダンのダルフール問題やスリランカ内戦問題も
取り上げています。大手新聞が取り上げない国際人権問題を
積極的に取り上げています。その意味で非常に評価しています。

秒読み状態に入った中東の大国シリア アサド政権崩壊

1586006駐仏ロシア大使:「アサド大統領は権力放棄の用意」

毎日新聞 2012年07月20日 22時38分

 【パリ宮川裕章】ロシアのアレクサンドル・オルロフ駐仏大使は20日、仏公共ラジオに出演し、シリアのアサド大統領が権力を放棄する用意があるとの見解を述べた。大使は6月30日に米英仏中露などが参加したジュネーブ会合で合意された「移行政府」樹立案を「アサド大統領が受け入れており、この案に沿って反体制派と交渉するための代表者を指名した」と述べ、「アサド氏は文明的な方法で(政権を)離れることを受け入れたのだ」と語った。

国営テレビはアサド大統領が権力を放棄するとの趣旨の大使の発言を「全く根拠がない」と否定した。
また大使は、ロシアがシリアへの国連制裁に反対する理由を「両国は人的交流はあるが、シリアはロシアにとって重要な経済のパートナーではない」と述べ、目的は経済的利益の保護ではないと説明。「欧米の側に、反体制派を政権との交渉の席に着かせる努力が足りない」と批判した。

シリアのアサド大統領が退陣せざるを得ないとの考
えを示したと明らかにした。フランスのRFIラジオが伝えた。シリア情報省は同日、「まったく真実性を欠くものだ」と否定する声明を発表した。

http://mainichi.jp/select/news/20120721k0000m030089000c.html

まだ未確認ですがシリア情勢が非常に緊迫な情勢を迎えています。欧米の外交筋が公然と
アサド政権の崩壊の発言が出ています。中東の大国であるシリア アサド政権も
崩壊の一歩手前のように思えます。新体制には民主主義とアサド政権下で
おきた政府側・反政府側の人道に対する罪に対する公正な裁きを期待したいです。

ヒューマン・ライツ・ウオッチが警告するクラスター弾が使用されるシリア

非道! シリア軍、クラスター弾使用か 人権団体が分析
2012.7.13 09:42
crm12071309440007-n1 

ユーチューブで公開されたクラスター弾の子爆弾とみられる残骸(ヒューマン・ライツ・ウオッチ提供・共同)

 【ニューヨーク=黒沢潤】国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」(本部ニューヨーク)は12日、シリアのアサド政権が中部ハマ近郊で反体制派を弾圧するため、旧ソ連製のクラスター(集束)弾を使用した可能性があると発表した。

 反体制派とみられる人物が10日、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した爆弾の残骸とみられる映像を同団体など2団体の専門家が分析。その結果、旧ソ連製のクラスター弾の筒と、中に入っている子爆弾だと結論付けた。

 シリアではこれまで、アサド政権がクラスター弾を使用したとの報告例はない。同団体の武器関係担当幹部のスティーブ・グース氏は「(クラスター弾使用が)確認されれば、シリア軍によって、極めて危険性の高い武器が初めて使用された証拠になる」と警告を発している。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120713/crm12071309440007-n1.htm

連日、投稿しているシリア情勢ですが非常に殺傷力が強いクラスター弾
が使用された可能性をヒューマン・ライツ・ウオッチが警告しています。
昨日の投稿したハマの大虐殺と言い国際社会の早急な対応が求められます。

関連イベントのお知らせ

「映像とシンポジウムで語る北朝鮮の拉致・人権問題フェア」
One Day Full North Korea !!

映画 クロッシングの上映会
日時 7月16日 13時〜15時まで
会場 横浜情報文化センター 情文ホール 参加料500円
シンポジム『拉致・特定失踪者・北朝鮮の人権問題にどう取り組むか??』
15時15分〜
特定失踪者御家族 
土井香苗さん(国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表) 
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長)
村尾建兒さん (特定失踪者問題調査会理事)
金子洋一さん (参議院議員 拉致議連事務局次長)
川添友幸 (救う会神奈川代表)

●同時開催 北朝鮮人権侵害パネル展示
日時 7月16日 10時〜16時30分まで
場所 情文ホールロビー
展示内容
拉致問題・特定失踪者問題のパネル紹介
北朝鮮の人権侵害のパネル紹介
国際NGO団体の北朝鮮問題の資料展示
主催:救う会神奈川・北朝鮮難民救援基金・特定失踪者の認定を求める会
共催:神奈川県・横浜市
後援:特定失踪者問題調査会・特定失踪者問題調査会を支援する会・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com
         


 シンポジウム パネリスト
Kanae_Doi-web土井香苗さん 1975年 神奈川県横浜市生まれ。桜蔭中学校・高等学校を東京東京大学法学部卒業。東大在学中だった1996年に司法試験に合格。現在、ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター。ICNK「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合日本チームメンバーで北朝鮮の人道犯罪を止める活動ために活動している。ヒューマン・ライツ・ウォッチはアメリカ合衆国に基盤を持つ国際的な人権NGOの1つでニューヨークに本部がある。






imgp1625加藤博さん 1945年 福島県生まれ立教大学卒 報道記者を経て、98年9月北朝鮮難民救援基金設立に参加。2002年10月中国大連で国家安全局により拘束。2006年に北朝鮮より指名手配される。北朝鮮難民救援基金は2008年度東京弁護士会人権賞受賞2009年アメリカ国務省自由擁護者賞ノミネートされる。






201104_082_1金子 洋一さん1962年 横浜市南区生まれ、東京大学経済学部経済学科卒業。国家公務員I種試験(経済職)に合格し、1989年、経済企画庁(現・内閣府国民生活局)に入庁。主に景気関連などマクロ経済および消費者保護行政分野のポストに就き、エコノミストとしてOECDに派遣。2009年参議院・神奈川県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬し、初当選。2010年に行われた第22回参議院議員通常選挙においても再選。2011年に拉致議連事務局次長に就任する。








GetAttachment川添友幸さん 1978年神奈川県生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、現在、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」メンバーとし独裁国家での報道の自由等の人権問題に取り組む活動をしている。ICNK「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合日本チームメンバー

住民が大虐殺がされるシリア情勢 

シリア・ハマの村でまた虐殺、死者200人超との情報も

  • 2012年07月13日 16:14 発信地:ベイルート/レバノン

【7月13日 AFP】(一部更新、写真追加)シリア中部ハマ(Hama)近郊の村で12日、政府軍が戦車とヘリコプターで村を攻撃し150人以上を虐殺したと、シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)が明らかにした。同監視団は当初、死者数を100人以上と発表していた。一方、反体制派組織の司令官は200人が虐殺されたとしている。

 AFPの電話取材に応じたシリア人権監視団のラミ・アブドル・ラーマン(Rami Abdel Rahman)代表によると、政府軍は戦車とヘリコプターでTreimsa村を攻撃し、これまでに30人の遺体の身元が確認されたという。

 だが、北部で反体制派を率いるアブ・モハマド(Abu Mohamad)氏はAFPに対し13日早朝、殺害されたのは200人を超えると述べた。同氏はTreimsa村の住民から電話で聞いた話として、村を攻撃したのは政府軍と政府支持の民兵組織「シャビハ(Shabiha)」で、12日午前11時ごろから午後9時ごろまで爆撃が続いたと説明した。

 一方、ハマを拠点とするアブ・ガジ(Abu Ghazi)と名乗る活動家はAFPに対し、攻撃は朝6時ごろから始まり、多くの村人が逃げ込んだモスクも無差別に砲撃したとインターネット電話スカイプ(Skype)を通じて証言している。この活動家によると村の人口は7000人ほど。また村に住む別の活動家によれば、軍用車両30台ほどが村を包囲し、逃れようとした村人は皆銃撃されたという。

■6月に虐殺起きた村の近く

 Treimsa村は、6月に少なくとも55人が虐殺されたクベイル(Al-Kubeir)村とさほど離れておらず、いずれも住民は反体制派主流のイスラム教スンニ派(Sunni)だった。一方でバッシール・アサド(Bashar al-Assad)大統領と同じイスラム教アラウィ派の村も近くにある。

 国営シリア・アラブ通信(SANA)は、Treimsa村では軍と「武装テロリスト」との衝突が続いており、多数のテロリストが死亡したと伝え、また政府軍からも3人の犠牲者が出たと報じたが、死者の総数や虐殺については触れていない。

 前出のハマのアブ・ガジ氏は、北西部イドリブ(Idlib)、中部ホムス(Homs)、北部アレッポ(Aleppo)郊外の大部分を反体制派が支配していることから、政府側は国の中心に位置しこれらの地域を結ぶハマをどうにかして支配下に置こうとしていると指摘した。

 シリア人権監視団によると、12日だけでシリア全土で200人以上が死亡したという。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2889184/9242484

動画は現地からのもののようですが
状況の好転を見えないシリア情勢ですがまた再び大虐殺が起きたようです。
国際社会の強い抗議の声が必要ですがロシアや中国の反対で
動かなくなっている状態です。

関連イベントのお知らせ

「映像とシンポジウムで語る北朝鮮の拉致・人権問題フェア」
One Day Full North Korea !!

映画 クロッシングの上映会
日時 7月16日 13時〜15時まで
会場 横浜情報文化センター 情文ホール 参加料500円
シンポジム『拉致・特定失踪者・北朝鮮の人権問題にどう取り組むか??』
15時15分〜
特定失踪者御家族 
土井香苗さん(国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表) 
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長)
村尾建兒さん (特定失踪者問題調査会理事)
金子洋一さん (参議院議員 拉致議連事務局次長)
川添友幸 (救う会神奈川代表)

●同時開催 北朝鮮人権侵害パネル展示
日時 7月16日 10時〜16時30分まで
場所 情文ホールロビー
展示内容
拉致問題・特定失踪者問題のパネル紹介
北朝鮮の人権侵害のパネル紹介
国際NGO団体の北朝鮮問題の資料展示
主催:救う会神奈川・北朝鮮難民救援基金・特定失踪者の認定を求める会
共催:神奈川県・横浜市
後援:特定失踪者問題調査会・特定失踪者問題調査会を支援する会・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com
         


 シンポジウム パネリスト
Kanae_Doi-web土井香苗さん 1975年 神奈川県横浜市生まれ。桜蔭中学校・高等学校を東京東京大学法学部卒業。東大在学中だった1996年に司法試験に合格。現在、ヒューマン・ライツ・ウォッチ東京ディレクター。ICNK「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合日本チームメンバーで北朝鮮の人道犯罪を止める活動ために活動している。ヒューマン・ライツ・ウォッチはアメリカ合衆国に基盤を持つ国際的な人権NGOの1つでニューヨークに本部がある。






imgp1625加藤博さん 1945年 福島県生まれ立教大学卒 報道記者を経て、98年9月北朝鮮難民救援基金設立に参加。2002年10月中国大連で国家安全局により拘束。2006年に北朝鮮より指名手配される。北朝鮮難民救援基金は2008年度東京弁護士会人権賞受賞2009年アメリカ国務省自由擁護者賞ノミネートされる。






201104_082_1金子 洋一さん1962年 横浜市南区生まれ、東京大学経済学部経済学科卒業。国家公務員I種試験(経済職)に合格し、1989年、経済企画庁(現・内閣府国民生活局)に入庁。主に景気関連などマクロ経済および消費者保護行政分野のポストに就き、エコノミストとしてOECDに派遣。2009年参議院・神奈川県選挙区補欠選挙に民主党公認で出馬し、初当選。2010年に行われた第22回参議院議員通常選挙においても再選。2011年に拉致議連事務局次長に就任する。








GetAttachment川添友幸さん 1978年神奈川県生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、現在、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」メンバーとし独裁国家での報道の自由等の人権問題に取り組む活動をしている。ICNK「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合日本チームメンバー

シリアで再び大虐殺発生か??

215fb_769_953250adc1e1b9dcaa3a85a77d72a446民間人ら168人死亡=シリアで衝突激化−人権団体

 【カイロ時事】在英人権団体「シリア人権監視団」の声明によると、シリアで21日、政府軍と反体制派の衝突が激化し、少なくとも168人が死亡した。同団体のアブドルラフマン代表はAFP通信に対し、「(アナン国連・アラブ連盟特使の仲介による4月12日の)停戦発効以降、1日の犠牲者としては最も多い」と述べた。
 死者の内訳は、民間人104人、政府軍兵士54人、反体制側の戦闘員10人。地域別では、中部ホムスで32人、首都ダマスカス郊外のドゥーマで30人、南部ダラアで29人などとなっている。(2012/06/22-09:20)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=201206220www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2012062200170

 

報道ですがシリアで再び大規模な虐殺行為が起きた模様ですが
実態がつまめません、虐殺の連鎖に国際社会も手だてがないようです。 


 

再びシリアで市民の大虐殺か??犠牲なる子供や女性達

シリアで新たな「虐殺」の情報、「女性と子供含む100人殺害」

  • 2012年06月07日 09:23 発信地:ダマスカス/シリア

6月7日 AFP】シリア中部で6日、同国のバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領派の部隊が女性と子供多数を含む約100人を殺害したと、シリア反体制派のシリア国民評議会(Syrian National CouncilSNC)のスポークスマンがAFPに語った。

 シリア国民評議会のスポークスマン、モハメド・セルミニ(Mohammed Sermini)氏は、シリア中部ハマ(Hama)州クベイル(Al-Kubeir)村で「女性20人と子供20人を含む100人が殺害された」と語り、アサド政権がこの「虐殺」の背後にいるとして政権を非難した。

 別の複数の反体制活動家やシリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)も同じ地域で「虐殺」があったという情報を伝えている。シリア人権監視団は、政府軍が砲撃した後、政府系民兵組織シャビハ(Shabiha)がある農場で銃とナイフを使って「新たな虐殺」を行ったと発表し、暫定的な死亡者数として87人という数字を出している。

 シリア人権監視団のラミ・アブドル・ラーマン(Rami Abdel Rahman)代表はAFPに、「女性と子供を含む数十人が死亡したのは確実だ」と述べた。

 シリア国民評議会とシリア人権監視団はいずれも、国連(UN)の停戦監視団に調査のため至急現場に向かうよう求めている。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2882429/9066446?ctm_campaign=txt_topics

215fb_769_953250adc1e1b9dcaa3a85a77d72a446シリア親政権派また虐殺か、人権団体が国連に調査要請
2012年 06月 7日 08:22 JST
[ベイルート 6日 ロイター] 人権活動家らによると、シリア中部ハマ近郊で6日、親アサド政権の民兵組織「シャビハ」と治安部隊が、少なくとも78人を殺害した。同国では5月25日に西部ホムス近郊のホウラで108人が殺害される事件が発生したばかり。活動家によると、6日の犠牲者のうち少なくとも40人は女性と子どもだったという。人権団体「シリア人権監視団」は「ハマから約20キロ離れた2つの村では、シャビハが数十人の住民を殺害した」と発表。国連のシリア監視団に対し、直ちに同地に向かい調査を行うよう求めた。犠牲者の約半分が子どもだったホウラでの虐殺でも、シャビハの関与が指摘されている。シリアでは政府軍と反体制派の衝突が過去数カ月で深刻化しており、内戦に突入するとの懸念が高まっている。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE85506M20120606

シリアで住民への大虐殺が収まりません。YOUTUBU等で虐殺動画が
流れていました余にもひどさに私自身も気分を悪くしてしまいました。
しかし、それが現実です。国際社会に強硬な措置が求めれれます。
しかし、これだけの虐殺が起きているのに中国・ロシアがシリア
を支援するですから状況を悪化させています。




シリア虐殺非難決議に反対するロシア、中国、キューバ

RTR201112030039シリア虐殺の国際調査要求 国連人権理が決議採択

2012.6.2 01:25

 国連人権理事会(47カ国)は1日、ジュネーブの国連欧州本部でシリア情勢に関する特別会合を開き、100人を超す犠牲者を出したシリア西部ホウラでの虐殺を「最も強い表現で」非難し、国連による調査を要求する決議を賛成多数で採択した。

 シリア情勢に関する単独の協議は昨年3月に反政府デモが本格化して以降5度目。デモ弾圧に対する非難決議は6度目。

 これまで全ての人権理決議に反対を貫いてきたロシア、中国は今回も反対。人権理の機能不全への懸念も出てきた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120602/erp12060201260001-n1.htm

シリア虐殺「最大限の非難」 国連人権理事会、決議採択

 

シリア中部ホムス県ホウラで起きた虐殺事件をめぐり、国連人権理事会は1日に特別会合を開き、「最大限の強い言葉で非難する」とする決議を採択した。投票は欧米を中心に賛成41で、反対がロシア、中国、キューバ、棄権がエクアドルなど2だった。

 国連のピレイ人権高等弁務官は投票に先立つ声明で、ホウラの虐殺が人道に対する罪にあたる可能性があり、国連安全保障理事会が国際刑事裁判所にシリアの捜査を付託するべきだと求めた。(ニューヨーク)

http://www.asahi.com/international/update/0602/TKY201206020110.html

住民への大虐殺が続くシリアで国連人権理事会での非難決議が採択されましたが
シリア虐殺非難決議に反対するロシア、中国、キューバが反対しました。
この状況下でも決議に反対する三カ国に国際的な非難が出ているようです。
仮にICC(国際刑事裁判所)への訴追も国連安全保障理事会に対する
決議が必要でロシア、中国の拒否権の発動で無力化も危惧されています。

ヒューマン・ライツ・ウオッチが警告をする住民が大虐殺されるシリア情勢

satugaiシリア:国連安保理はホウラでの虐殺を調査すべき

生存者たちが語る家族の処刑の様子

 

日本語リリースhttp://www.hrw.org/node/107669 

英語オリジナル: http://www.hrw.org/news/2012/05/27/syria-un-inquiry-should-investigate-houla-killings 

 

(ニューヨーク、2012528日)−コフィ・アナン特使は、少なくとも108人が殺害された525日のホウラでの虐殺事件の調査/捜査のため、国連の調査委員会のシリア入国を同国政府に求めるべきだ。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、アナン特使率いる国連代表団のダマスカス訪問に先立つ本日、このように述べた。これまでシリア政府は国連の調査委員会の入国を拒否している。また、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、国連安全保障理事会に対し、シリアの事態を国際刑事裁判所(ICC)に付託するというかねてよりの要請に応えるよう再度求めた。

 

国連監視団は虐殺の翌日26日に、反体制派の拠点ホムス市の北東約20キロに位置し、複数の村落から成るホウラ地区を訪れ、事件を確認。「残虐な悲劇」を非難した。シリア監視団の責任者ロバート・ムード少佐は報道機関に、砲撃による死亡者と至近距離からの銃撃による死亡者がいると述べたが、至近距離から殺害をした者が誰かについては言及しなかった。ヒューマン・ライツ・ウォッチの聞き取り調査に応じた生存者と地元活動家らによると、シリア軍が525日に同地区を砲撃、武装した軍服の男たちが郊外の家々を襲撃し、家族全員を処刑して回ったという。

 

目撃者らは全員、武装した男たちは政府支持派だったと話す。ただ、シリア軍兵士だったのか「シャビーハ」と呼ばれる親政府民兵だったのは分からないと言う。スンニ派が圧倒的多数を占めるホウラ地区は、アラウィ派とシーア派の村々に囲まれるようにして位置しており、昨年来宗派間の緊張が高まっていた。シリア外務移民省の報道官は527日の記者会見で、虐殺に関する軍の責任をきっぱりと否定し、調査のために軍事司法委員会を設置すると表明した。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチ中東・北アフリカ局長のサラ・リー・ウィットソンは、「政府支持派部隊による犯行を示唆する証拠が多数ある中で、軍の調査委員会が信頼に足る調査を実施するわけがない」と指摘。「アナン特使は、この事件はもちろんその他の重大犯罪の捜査のために国連調査委員会の入国を認めるよう、シリアに強く求めるべきだ。」

 

住民と虐殺の生き残りの人びとは、ヒューマン・ライツ・ウォッチに、ホウラへの攻撃がいかに行われたかを詳述した。525日の正午に、ホウラ地区で一番大きな町タルドウ(Taldou)にデモ隊が集結。ある目撃者によると午後2時ごろ、軍の検問所の兵士たちが近くにいたデモ隊を解散させようと発砲したが、負傷者や死亡者が出たかどうかは分からないという。ホウラ出身のある活動家がヒューマン・ライツ・ウォッチに話したところによると、シリア軍の検問所からの発砲に対し、反政府勢力の武装メンバーが検問所への攻撃で応え、軍がそれに応えてホウラ地区の住宅地各地に集中砲火を加えた、という。

 

タルドウのある住民の証言:

 

「午後2時半ごろ、町の郊外にいた軍が居住区に砲撃し始めたんです。最初は戦車だったけど、2時間もすると迫撃砲を使い始めました。砲撃はホウラの入り口にある空軍学校の方向からでした。午後7時ごろに砲撃が激しくなって、建物全体が震え出しました。ある種のロケット砲を軍が撃ち始めたら、辺り全体が振動していましたよ。」

 

生存者3名はヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、ホウラ各地の砲撃が激しくなった午後6時半ごろに、銃で武装した軍服の男たちが、町郊外のホウラ・ダムに続く道上に点在する家々を攻撃した、と語る。殺害された人びとのほとんどがアブデル・ラザク家のメンバーだった。地元活動家らはヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、アブデル・ラザク家で殺された62名のリストを提供した。生存者らによると、一族は国営の水道会社やタルドウのダムに隣接する土地と農地を所有していた。2家族がひとつの家で暮らし、89軒の家が隣接して建っていた、という。

 

アブデル・ラザク家の生存者(高齢女性)の証言:

 

「その日は孫の男の子3人と女の子3人、義理の姉妹、娘、義理の娘、いとこと家にいました。[525]午後6時半ごろ、日の入り前に銃声がしました。私は独りで自分の部屋にいたんですが、男の声が聞こえてきて、家族に何やら大声で叫んでいました。私は戸の後ろに隠れました。玄関の外にもう1人、家の中にも1人いました。軍服姿でしたが、顔は見ていません。家宅捜索したいんだな、と思いました。家に歩いて入ってきましたが、戸に鍵を掛けたことはないので、押し入ったような音は聞こえませんでした。3分後には家族皆の悲鳴と叫び声が聞こえました。10歳〜14歳の子どもたち全員が泣いていました。私は何が起きているのか見ようと、床に伏せて這いましたが、戸に近づいた時に銃声が何発か聞こえて、恐ろしくて立てませんでした。兵隊たちが去った音を聞いたので部屋の外を見たら、家族が皆撃たれていました。体も頭も。怖くて生きているかどうか見に近づくこともできませんでした。裏口の戸まで這って外に出て逃げました。ショック状態だったので、その後に起こったことは覚えていません。」

 

アブデル・ラザク家の10歳の少年の証言(軍服を着た男たちが13歳の友人を撃ったところを目撃):

 

「僕はお母さんといとこたち、それからおばさんと家にいたんだ。突然鉄砲の音が聞こえた。あんなにたくさんの鉄砲の音を聞いたのは初めてだよ。お母さんは僕をつかんで、納屋に隠れた。男たちが悲鳴を上げたり叫んだりしてるのが聞こえた。窓の外を見たよ。何回か覗いたけど、見つかるんじゃないかって怖かった。軍の兵隊みたいな、緑と他の色[迷彩色][制服]姿をした、白い靴の男たちが家に入ってきたけど、2分もしたら出て行った。その時、通りの向こうに13歳の友達シャフィーク(Shafiq)が独りで立っているのが見えたんだ。軍服の鉄砲を持った男がシャフィークを捕まえて、ある家の角に立たせ、銃を抜いてシャフィークの頭を撃った。シャフィークのお母さんとお姉さん、確か14歳だったと思うけど、2人が外に出てきて泣き叫び出したよ。同じ男がその2人も何度も撃った。それからその鉄砲を持った人たちはいなくなって、(反体制派の)自由シリア軍(FSA)の兵隊たちが来たんだ。」

 

少年の母親の証言(少年の証言の多くを裏づける内容):

 

「午後6時半〜7時くらいに銃声が聞こえ始めました。すごく近くで。私たちは走って納屋に隠れました。武装した男たちが家から出て車で走り去る音を聞いて、姉(妹)と一緒に外に出ました。 [息子の友達で13歳の] シャフィークが地面に倒れて死んでいました。家族3人が撃たれているのも見ました。女の人3人で、そのうち2人は子ども連れ。頭を撃たれている人もいたし、体中撃たれている人もいました。14歳の女の子が1人、足を2発撃たれたけれど生き残っていました。いとこが胸を撃たれたのも見たし、マヒのある13歳の男の子も同じように胸を3発撃たれました。」

 

前出のウィットソンは次のように述べる。「武装した男たちが処罰もされずに活動できる限り、シリアでの恐怖の状況は続くだろう。ロシアは国連安保理でシリア政府をかばうのをやめ、事態を国際刑事裁判所に付託することに同意すべきだ。」

 

国際刑事裁判所は、シリアで続く人権侵害に最も責任ある者たちに対する効果的な捜査と訴追を行う最も適切な能力を有する法廷である。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、その他の国々にも、国際刑事裁判所への付託を支持し、アカウンタビリティ(真相究明・責任追及)実現に向けた動きに加わるよう強く求めた。

 

シリア政府は従前より捜査を開始すると表明したものの、目に見える結果に全く結びついていない。2011331日、動乱開始から1カ月もたたないうちにシリア政府は、「市民や軍人の全死傷事件と関連する全犯罪に対する即時の捜査を開始し、それら事件に関する被害届を処理する」ために司法委員会を設立。しかし、同委員会の活動は今も継続中で、何人かの容疑者が逮捕・捜査されたというバッシャール・アル・アサド大統領の短い発言を除くと、その活動と結果についてほとんど不明なままとなっている。


配信に関するお知らせ:

このメールは、ヒューマン・ライツ・ウォッチの日本語メールニュース配信希望のご連絡を頂いた方に送信させて頂いております。配信停止を希望される方は、お手数ですがtokyo@hrw.org までご一報頂ければ幸いです。HRW 東京www.hrw.org/ja

日本ではあまり報道がありませんがシリアでは大虐殺が起きています。

国際社会の早期の介入が必要だと思いますが現在は打つ手なしの状況のようです。

国際社会は効果的な手段を求めれる時期になっています。

1万3000人が虐殺される人道の危機のシリア情勢

Syria死者1万3000人に=シリア人権団体

 【ベイルートAFP=時事】シリアの人権団体「シリア人権監視団」のアブドルラフマン代表は27日、AFP通信に対し、昨年3月から続くシリア情勢の混乱で、これまでに1万3004人が死亡したと述べた。このうち1881人は、アサド政権と反体制派の停戦が発効したはずの4月12日以降に命を落としたという。(2012/05/27-22:57)
http://jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012052700245

シリア戦闘の死者207人=反政府勢力も人権侵害−国連調査団

 【パリ時事】シリア情勢に関する国連の独立調査団は24日、2月の前回報告から5月10日までに政府、反体制派の死者が計207人に上ったとする報告書を発表した。殺害など「大半の深刻な人権侵害行為はシリア軍や治安当局が関与」としつつ、反政府勢力による殺害行為も認定した。
 報告は、アナン国連・アラブ連盟特使(前国連事務総長)による調停合意後も「武装化の傾向が強まっている」と指摘。非武装の市民を弾圧していたアサド政権軍が「武装し組織化された反体制派との戦闘」という新たな状況に直面していると懸念を示した。(2012/05/24-20:07)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201205/2012052400932

シリア情勢はずっと取り上げていますが死者1万3000人も
犠牲者が出ている事に驚きです。国連も停戦に動いているようですが
非武装の停戦監視団では限界を迎えているようです。
拘束力をもった国連決議にロシアや中国が反対している事実も
見過ごす事は出来ません。

アサド政権よ!!ジャーナリストへの虐殺をやめよ!!

K10040807211_1203301239_1203301239_01シリア 記者2人銃撃受け死亡
3月30日 11時28分

市民への弾圧が続くシリアに隣国のトルコから入国したフリーランスのジャーナリスト2人が、アサド政権の部隊による銃撃を受けて死亡しました。

パリに本部がある国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」が29日発表したところによりますと、トルコとの国境に近いシリア北部の町で、26日、フリーランスの男性ジャーリスト2人がアサド政権の部隊による銃撃を受けて死亡しました。
2人のうち1人はイギリス人で、もう1人の国籍は分かっていません。
2人は、市民への激しい弾圧が続く北部の町イドリブで取材を行うために、隣国のトルコから陸路で移動中だったということです。
2人は一度は銃撃から逃れたものの、現場に残してきた撮影機材を取りに戻ったところを再び銃撃されたとみられており、国境なき記者団は「アサド政権は意図的にジャーナリストを殺害した」と激しく非難しています。
シリアでは、先月もアメリカ人の女性記者などが政権側の砲撃を受けて死亡しており、去年3月にアサド政権による弾圧が始まってからのジャーナリストの死者は、少なくともこれで5人になります。
シリアでは、29日も中部のホムスなど各地で政府軍による砲撃が続いており、現地の人権団体によりますと、この2日間で50人以上が犠牲になったとみられています。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120330/k10014080721000.html

Two freelance journalists killed at Syrian-Turkish borderPublished on Thursday 29 March 2012.

Reporters Without Borders condemns the killing of two freelance journalists who were shot dead after an attack by Syrian forces on a group of about 50 people trying to entire Syria at Darkush on the border with Turkey three days ago.

Immediately after the offensive, the two journalists, aged between 28 and 32, were reported to have returned to the scene to collect their equipment. A Syrian army vehicle opened fire on them, killing both.

We deplore this deliberate double murder. One of the pair, Walid Blidi, was a British national of Algerian origin. The nationality of his colleague, Nassim Terreri, has yet to be established. A third journalist reported to have been wounded in the attack was taken to hospital in Turkish border town of d’Antakya.

The journalists planned to make a documentary in the village of Idleb, a hotbed of the protest movement that has been the target of a violent crackdown by forces loyal to President Bashar al-Assad.

In view of the growing number of freelance journalists who go to theatres of war, Reporters Without Borders notes it is sometimes very difficult to ascertain the status and identities of such people when they get into difficulties. Therefore, we urge freelance journalists to share their travel plans with someone trustworthy who would be able to contact journalists’ organizations or the authorities.

The tragedy occurred a day after the murder of the citizen journalist Jawan Mohammed Qatana on 25 March in Derbassiyeh, north of the eastern city of Al-Hassakeh

Considering the troubles in Syria and the attitude of its authorities, the press freedom organization calls on journalists additionally to prepare their trip carefully, assess the risks and exercise caution.

Reporters Without Borders reminds them that specialized medical and repatriation insurance is available, including schemes developed by this organization with the insurance company April International Canada.

The organization urges news organizations that use the services of freelance journalists to meet the cost of their insurance, or to take account of it in their payment rates. The profession as a whole must be more careful about the safety of journalists, who are carrying out an essential job of reporting the news from the world’s hot spots.

Click here to see Reporters Without Borders’ safety resources for journalists travelling abroad.
http://en.rsf.org/syria-two-freelance-jo.

先月もシリアではジャーナリストが犠牲になっています。
紛争地での記者の被害は相変わらず止みませんが
アサド政権のやり方には最大限の批判をしたいと思います。
犠牲なった二人の記者に奉げたいと思います。


●北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会のお知らせ

北朝鮮によるすべての拉致被害者を救出するぞ!!
北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

IMG_9997




講演者:
横田滋さん(横田めぐみさんの父)
荒木和博さん(特定失踪者問題調査会代表)
石高健次さん(ジャーナリスト)
石原秀子さん(アムネスティ・ インターナショナル日本)
川添友幸(北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会 代表)

神奈川県内の特定失踪者家族も参加予定です
北朝鮮の拉致・人権問題に取り組む地方議員訴え


2012年4月7日 土曜日 午後0時半 午後1時 開演


参加費:500円
会場:横浜情報文化センター情文ホール
「日本大通り駅」情文センター口 0分


主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:神奈川県・横浜市・川崎市・相模原市
後 援:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会
・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金


問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com

ヒューマン・ライツ・ウオッチが警告するシリア反体制派の虐殺行為

 

拷問

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、シリア政府治安部隊或いはその支持者とみられる人が、脅迫の末作成させられたとみられる声明を読み上げて犯罪を自白しているユーチューブ上の少なくとも25本の映像を精査した。それらのビデオのうち少なくとも18本で、被拘禁者に痣や出血、その他身体的虐待の跡が見られた。ただし、ヒューマン・ライツ・ウォッチはそれらのビデオの真偽を独自に検証できていない。

 

あるビデオでは、字幕でシャビーハ民兵だと書かれている3人が、名前、出身地、宗派、そしてタル・カラフで何をしているのかを尋ねられていた。その尋問の間、彼らは正座させられ、両腕を縛られているのが見てとれた。1人の顔には明らかに痣があった。全員がシーア派で、ホムスのエル・ラブウィー出身だと述べ、非暴力の抗議運動参加者を殺害した事を「自白」していた。

 

自由シリア軍ハレド・ビン・アル・ワリド大隊の紋章が付いたもう1つのビデオでは、字幕でシャビーハ民兵だと書かれた姓名不詳の人物に対する尋問の様子が映されていた。その人物は縛られているように見え、顔には痣があった。ビデオの終盤で、人物は嫌疑を否定。尋問者は嘘つきと言って、ビデオ撮影者に撮影中止を伝え、カメラに写っていない誰かに、その者を“電気椅子”に連れて行けと指示していた。

 

処刑

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチが精査した他のビデオと聞き取り調査で得た情報からは、反政府武装勢力メンバーたちが、反政府勢力に対して罪を犯したとみられる者を拘束中に処刑したことが読み取れる。

 

24日にユーチューブに公開されたビデオには、数人の武装戦闘員の前で、立木を使って絞首刑にされた男性が映っている。解説は、その男性がシャビーハ民兵組織戦闘員で、自由シリア軍のカフル・タハリム大隊に122日に捕えられ処刑されたと述べている。自由シリア軍アル・ファルーク大隊によってユーチューブに公開されたとみられるもう1本のビデオは、ホムスの空軍情報部部員であると名乗る者が、抗議運動参加者を撃ったと尋問で自白している様子が映っている。捕えられている者の顔は激しく暴行を受けていて、切り傷や痣があり、混乱しているように見える。ビデオの字幕には、当人物の処刑前にそのビデオが撮影されたと書かれており、ビデオに映っている尋問担当者は、暴言を吐きつつも死ぬ前の最後の願いは何かを尋ねている。

 

アル・ファルーク大隊のメディア・コーディネーターはヒューマン・ライツ・ウォッチに、別の空軍情報部部員の処刑について話した。「ホムスでの恐ろしい大量殺人の実行犯は空軍情報部でした。だから、そいつの殺害は復讐ですよ。」

 

 シリアではアサド政権の残虐行為が大きな問題になていますが
反対派も残虐行為を行われています。血で血を洗う事態になっています。
アサド政権も反体制側も早急に虐殺行為を辞めるべきだと思います。

ナチス戦犯の最後の大物が死去

ナチス強制収容所元看守、デミャニューク被告が死去 91歳

2012年03月18日 12:20 発信地:ベルリン/ドイツ
K10037994011_1203181005_1203181009_01【3月18日 AFP】第2次世界大戦中にナチス・ドイツ(Nazi)の強制収容所で看守を務め、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)に関連する裁判で昨年、有罪判決を受けていたジョン・デミャニューク(John Demjanjuk)被告が、ドイツ南部の老人介護施設で死去した。91歳。警察当局が17日、発表した。ホロコーストに関連する最後の裁判の1つだった。

 デミャニューク被告はウクライナ出身。ミュンヘン(Munich)の裁判所は昨年5月、ポーランドのソビブル(Sobibor)にある強制収容所で看守を務めた1943年の6か月の間に2万7000人以上を殺害した共犯の罪で、同被告に禁錮5年の有罪判決を言い渡していた。判決を受け、すでに2年間勾留されていたとしてデミャニューク被告側が控訴し、裁判所は被告を釈放していた。

 バイエルン(Bavaria)州警察当局によると、デミャニューク被告はBad Feilnbachの老人介護施設で死亡した。死因については、所定の調査が行われるという。(c)AFP/Yannick Pasquet

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2866071/8659914

ナチスの強制収容所の看守が死去


第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの強制収容所の看守として、およそ2万8000人に上るユダヤ人の虐殺に関わった罪に問われていた、ジョン・デミヤニューク被告が、91歳で死去しました。

ジョン・デミヤニューク被告は、ウクライナ生まれの旧ソビエト軍兵士で、第2次世界大戦中、ナチス・ドイツの協力者となり、強制収容所の看守として、およそ2万8000人に上るユダヤ人の虐殺に関わった罪に問われていました。
ドイツの警察によりますと、デミヤニューク被告は、17日、南部にあるローゼンハイム近郊の老人養護施設で、91歳で死去したということです。
デミヤニューク被告は、戦後アメリカに移住し、1988年にはイスラエルの裁判所から、別の収容所での虐殺に関与したとして死刑判決を言い渡されましたが、その後、これを覆す証拠が見つかったことから、一転、無罪となりました。
しかし、2009年3月に、およそ2万8000人に上る虐殺に関わった容疑で、ドイツの裁判所から逮捕状が出され、移住先のアメリカからドイツに移送されました。
裁判は、ナチス・ドイツに関わった最後の戦争犯罪人を裁くものとして注目され、去年5月、デミヤニューク被告は禁錮5年を言い渡されましたが、その後、無罪を主張して上訴していました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120318/k10013799401000.html

生存が確認されている最後のナチス戦犯の大物だと言われています。
彼は第二次大戦中にナチスの強制収容所で看守を務め、イワン雷帝"Ivan the Terrible"と恐れられた本人であり、ユダヤ人虐殺に関与したとして、殺人ほう助の罪に問われたジョン・デミャニュークJohn Demjanjuk被告(91)に禁錮5年(求刑・禁錮6年)の判決を言い渡した。判決は「少なくとも2万8060人の虐殺に加担した」と認定したが、判決を不服として控訴していましたが
死去しました。

Alois Brunner大物としてはナチス親衛隊の将校
アロイス・ブルンナーが有名です。

彼は第二次世界大戦時の1943年2月からはギリシャテッサロニキへ派遣された。ここでブルンナーは赴任するや地元のユダヤ人名士25人を人質にとり、命令に従わぬ場合彼らを射殺すると地元のユダヤ人社会を脅迫した。こうしてまんまとサロニキとマケドニアにいる5万8000人のユダヤ人のうち4万4000人を移送させることに成功している。1943年6月からは今度はパリに派遣され、ここでもユダヤ人2万7000人ほどを移送する。さらにその後スロバキアで派遣され、1万4000人のユダヤ人を移送。続いてハンガリーへ派遣され、1万2000人を移送している。戦後、フランス政府が欠席裁判のままブルンナーに死刑判決を下しています。
 その後、シリアに逃亡して、アサド政権の保護下、現在もダマスカスに在住していると言われますが最近の動静はなく、一部観測筋の情報ではもう死亡しているのでは言われています。ブルナーに対しては二度に渡り、イスラエルの秘密情報機関が手紙爆弾を送付して重傷を負っています。ドイツやフランスやギリシャの各政府もシリア政府に身柄引き渡しを要求していました。第二次世界大戦が終わりがもう65年も経ちますが人道に対する罪の訴追が続いています。












ついに政府高官がアサド政権離脱へ

20120309k0000m030077000p_size5
シリア副石油相がアサド政権離脱表明か ネットに動画投稿

(CNN) 反体制派に対する武力弾圧が続くシリア20+ 件で7日、同国の石油次官を名乗る人物が動画共有サイトの「ユーチューブ」に動画を投稿し、アサド政権からの離反を表明した。

この人物は同国副石油鉱物資源相アブド・フッサメルディン氏の名を名乗り、アラビア語の声明で「不正を容認しない高貴な人々の革命に加わる」と表明。「33年の間この政権の中にいて多くの肩書きを得てきたが、政権の犯罪に仕えたまま引退することは望まない」と述べている。

さらに「政権によって自宅を焼かれ、家族に嫌がらせされ、多くのうそをでっち上げられるかもしれないが、それでも正義の声に加わることを決めた」とした。

この人物は、シリア20+ 件石油省のウェブサイトに掲載されている人物と一致するようだ。同サイトによれば、副石油鉱物資源相の役職は2009年8月から務めていた。

http://www.cnn.co.jp/world/30005850.html

シリア:資源省副大臣が政権離脱を表明…幹部で初

 【カイロ和田浩明】シリア石油鉱物資源省のアブド・フサメッディン副大臣(58)が7日、インターネットの動画サイトに投稿した声明で、反体制派の武力弾圧を続けるアサド政権を批判し、辞任と政権離脱を表明した。昨年3月にシリアで反体制派のデモが本格化して以来、政権幹部の離反は初めて。他の幹部が追従するかどうか注目される。

 フサメッディン氏はビデオ声明で「自国民に1年にわたって悲しみを与え、人権を奪った」とアサド政権を批判し、「人民の革命に加わることにした」と反体制派に合流する意向を表明した。現在の居場所は明らかにしていない。

 フサメッディン氏は09年から現職。アサド政権からは一部の軍中堅幹部や国防省関係者が離反してきたが、政権幹部の離脱表明はこれまでなかった。「鉄の結束」を示してきた体制内部のひび割れが表面化する契機となる可能性もある。

 シリアの武力弾圧では民間人だけで7500人(国連推計)が死亡。子どもや負傷者の拷問、令状なしの集団逮捕なども組織的、広範囲に行われているとされる。ピレイ国連人権高等弁務官は政権側の「人道に対する罪」への関与を指摘、国際刑事裁判所(ICC)への付託を国連安保理に求めている。

 10日には国連とアラブ連盟の共同特使であるコフィ・アナン前国連事務総長がシリアを訪れ、弾圧中止や避難民への人道支援などの実施についてアサド大統領と協議する見通しだ。

毎日新聞 2012年3月8日 20時36分(最終更新 3月8日 22時50分)
http://mainichi.jp/select/world/news/20120309k0000m030050000c.html

ついにシリアの政府高官よりアサド政権の離脱者が出始めました。
アブド・フサメッディン副大臣の離脱なら結集力に問題が指摘されて
いましたが事実なら新たなる局面に来た感じを受けます。

シリアで犠牲になるジャナーリストに捧げます

20120226k0000e040125000p_size5シリア:「市民記者」の遺志継ぎ ネットで惨状訴え

【カイロ和田浩明】アサド政権による反体制派攻撃が続くシリア中部ホムスで「市民記者」のラミ・サイードさん(26)が21日、取材中に死亡した。外国人記者の立ち入りが制限される中、「政権の犯罪を世界に伝えたい」と弾圧の様子を収めた動画をインターネットで実況中継し続けてきた。遺志を引き継いだ仲間たちは23日、ネット上で放送を再開させた。

 サイードさんが住んでいたのはホムス南西部のバーブ・アムロ地区。反体制派の活動が盛んで、離反兵士集団「自由シリア軍」と軍・治安部隊の衝突も起きていた。政権側は今月3日夜から戦車などを使った攻撃を連日行い、一晩で約200人が犠牲になったこともあるという。22日に砲撃で死亡した英紙サンデー・タイムズの米国人ベテラン戦争特派員、マリー・コルビンさんは米CNNテレビに「(私の経験で)最悪の状況だ」と語った。

 ホムス北部に住むサイードさんの知人、ハディさんによると、サイードさんは民主化運動が昨年3月に本格化した後、仕事を辞め、活動家となった。携帯電話のカメラなどで政権側の攻撃を撮影し、インターネットの動画サイトに掲載するなどしていた。

 ネット上に残されたサイードさん撮影の動画には、仮設病院で治療を受ける幼児や、砲撃で煙を上げる民家などが記録されている。死亡直前の21日の動画でも砲弾の飛来音と爆発音が絶え間なく流れ、激戦場と化した街の様子が伝えられた。

 ハディさんらによると、サイードさんは攻撃で負傷した一家を取材する途中、砲撃で深手を負った。医師らは約2時間救命に努めたが、薬品や輸血用血液が不足していたため、十分な治療を受けられないまま息を引き取った。妻と1歳半の娘マリアムちゃんが残された。

 死亡の数時間前、サイードさんはハディさんに「このままではバーブ・アムロは消滅してしまう」「世界中で抗議してくれ。同情の言葉を発するだけで行動はしない人々を私は許さない」と怒りを込めて語ったという。http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20120226k0000e030117000c.html

シリア・ホムス、米記者と仏カメラマンが砲撃で死亡

  • 2012年02月23日 11:19 発信地:ダマスカス/シリア

ochlik-colvin_2146802b【2月23日 AFP】(一部更新、写真追加)人権団体「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」によると、シリア反体制派の拠点となっている中部ホムス(Homs)・ババアムル(Baba Amr)地区で22日、政府軍の砲撃により欧米のジャーナリスト2人を含む民間人少なくとも24人が死亡した。

 フレデリック・ミッテラン(Frederic Mitterrand)仏文化・通信相が同日明らかにしたところによると、死亡した欧米の記者2人は、英サンデー・タイムズ(Sunday Times)の米国人ベテラン戦争特派員メリー・コルビン(Marie Colvin)氏と、フリーランスの仏人報道写真家レミ・オシュリク(Remi Ochlik)氏。

 現地の活動家によると、反体制派が設けた臨時のメディアセンターが砲撃を受け、死亡した2人の他3人が負傷したという。

 仏紙フィガロ(Le Figaro)は、同紙のエディット・ブービエ(Edith Bouvier)記者が脚を負傷したと発表。また、サンデー・タイムズを所有する米メディア王ルパート・マードック(Rupert Murdoch)氏は、同紙の報道写真家ポール・コンロイ(Paul Conroy)氏が負傷したと述べた。

■相次ぐジャーナリストの死傷

 コルビン氏は、30年以上にわたり数多くの紛争を取材してきた著名記者で、2010年にはブリティッシュ・プレス・アワード(British Press Awards)の優秀外国人記者に選ばれた。スリランカ内戦の取材の際に片目を負傷し、眼帯を付けていた。一方、オシュリク氏は28歳で、フランスで共同設立された機関「IP3」のカメラマン。アラブ諸国における最近の動きを追っていた。

 ホムスでは前月にも、当局が主催した取材ツアーで抗議デモを取材していた仏テレビレポーター、ジル・ジャキエ(Gilles Jacquier)氏が砲撃で死亡している。また活動家がAFPに語ったところによると、21日夜にはババアムルから現地の状況をインターネット・ライブで伝えていたシリアの市民ジャーナリスト、ラミ・サイード(Rami al-Sayyed)氏の乗っていた車にロケット弾が当たって死亡した。

 活動家によると、政府軍によるホムスへの砲撃は22日で19日目になった。人道支援を可能にするため、停戦を求める声が高まっている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2859952/8522006
シリア情勢は以前から紹介していますがここにきて内戦が激化するなかで
ジャナーリストへの攻撃や弾圧が続いています。特に欧米の記者にも
犠牲者が出ています。紛争地に入り、内戦の激化を国際社会に伝える
ために取材活動を行い、犠牲になるジャナーリストに心から
哀悼をささげると同時にシリア情勢に無関心である日本で
少しでも関心を持たせるために頑張っていきたいと思います。

シリアの人道犯罪を追い続けるICC(国際刑事裁判所)

シリア:市民弾圧…安保理は訴追決断を ICC主任検察官

20120212k0000e030145000p_size5 【ハーグ斎藤義彦】国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)のルイス・モレノオカンポ主任検察官は10日、ハーグで毎日新聞と単独会見した。シリア情勢を巡り、アサド政権による反体制派や市民への弾圧を「残虐行為」と指弾。国際刑事裁を規定するローマ条約により、条約非加盟のシリアでの訴追権限を与えられている国連安全保障理事会に対し、リビアのカダフィ大佐の訴追を全会一致で決めた例を挙げ、シリア指導部の訴追も決断するよう期待感を表明した。

 モレノオカンポ氏は、ローマ条約が02年に発効してから7カ国で訴追を行った実績を持つ。シリアの現状に「(国際社会の)人道上の憂慮」になっていると強調。対シリア非難決議案がロシアと中国の拒否権行使で否決されたことに「安保理は結束していない」と失望を隠さなかった。

 一方で「世界の指導者が権力維持のために非道な行為を行えない文化ができている。世界は変わった」との認識を示し、「安保理は正義を実現する」と述べ、シリアでの非人道行為に対する安保理の結束をうながした。

 また、リビア情勢にも触れ、国連調査団が旧カダフィ政権だけでなく、実効支配している「国民評議会」や北大西洋条約機構(NATO)の誤爆も含め、「何が犯罪か調べて3月に結論をまとめる」と明らかにした。4月にリビアを訪問し、捜査方針を決めるという。

 ローマ条約加盟国は国連加盟国の6割にあたる120カ国まで増えたが、安保理常任理事国の米中露は非加盟。政治的迫害が横行する北朝鮮、デモを弾圧しているイランも非加盟で、国際刑事裁は安保理の訴追決定がなければ手をこまぬくしかないのが実情だ。

 ◇ローマ条約◇

 03年にハーグに常設された国際刑事裁判所の設立規定。第1条で「国際的な関心事である最も重大な犯罪を行った者に対して管轄権を有し、国家の刑事裁判権を補完する」と定義。具体的には(1)集団殺害犯罪(ジェノサイド)(2)人道に対する犯罪(3)戦争犯罪(4)侵略犯罪を管轄する。有罪の場合、30年を超えない拘禁刑、終身の拘禁刑、罰金、財産の没収などを科すことができる。

毎日新聞 2012年2月12日 12時47分(最終更新 2月12日 19時54分)

http://mainichi.jp/select/world/news/20120212k0000e030142000c.html

シリアでの人道犯罪が止まりません。国連の安全保障理事会での
非難決議がロシア・中国での拒否権発動で非難決議を採択されず
人道犯罪が止まらない状況ですがオランダ、ハーグのICC(国際刑事裁判所)
の訴追への調査を開始したようです。国際的な連携で人道犯罪を止めるよう
強く求めたいと思います。

中東の大国シリアが内戦状態へ

4sirina首都近郊の要衝支配下に=治安部隊と激戦−シリア反体制派

 【カイロ時事】ロンドンを拠点とするシリアの人権団体「シリア人権監視団」のラミ・ラフマン代表は21日、AFP通信に対し、シリア軍を離反した部隊が同日に首都ダマスカス北東近郊の要衝の町ドゥーマを支配下に置いたと語った。ロイター通信も反体制派情報として、ドゥーマの複数の地区を同派が掌握したと伝えた。
 ラフマン氏は「離反兵の集団が治安部隊との激戦後、ドゥーマの全地区を掌握した」と述べた。事実とすれば、反体制派が首都に迫ったことになり、民主化要求デモで揺らぐアサド政権は存亡の機に直面する。
 ドゥーマの活動家は、ロイター通信にインターネット電話「スカイプ」を通じ、「反体制派は道にバリケードを構築し始めた。数分間隔で銃声と爆発音が響いている」と語った。(2012/01/22-07:55)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012012200020
以前から取り上げているシリア情勢ですが重大な局面にきています。
ついに内戦状態になっています。自由な取材活動ができませんので
詳細は断片的な情報になりますが反体制派が攻勢に出てきたように
思います。

シリアで殺害されたジャナーリストに捧げます(French TV reporter killed by shell in Homs)

rシリアで仏テレビ記者が死亡、政府同行の記者団に攻撃
2012年 01月 12日 07:53 JST

[ベイルート/パリ 11日 ロイター] 反政府デモへの弾圧が続くシリアの中部ホムスで11日、当局が同行する取材ツアーに参加していた記者団が攻撃を受け、フランス人記者1人が死亡した。シリアのテレビ局によると、他にも7人が死亡したという。

仏国営テレビのフランス2は、同局の記者が死亡したと発表。またシリアのテレビ局は、オランダ人記者を含む25人が負傷したと伝えた。シリアの反政府デモで外国人記者が死亡するのはこれが初めて。

取材ツアーに参加したベルギー人記者によると、記者団はホムスでアサド大統領支持派が多い地域を訪問していたところ、手りゅう弾か迫撃砲による攻撃を受けたという。

シリアのテレビ局は、爆発音が響く中、男性がアラビア語で「これはテロだ」と話す映像を放送。また映像には、記者団が建物の屋上から撮影したり、周辺の建物で別の爆発が起きた様子なども映し出されている。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE80A05P20120111

French TV reporter killed by shell in Homs

Published on Wednesday 11 January 2012.

Reporters Without Borders is saddened to learn that French reporter Gilles Jacquier of the French TV station France 2 was killed today by a shell or rocket while on a government-authorized reporting visit with other journalists in the city of Homs, one of the bastions of anti-government protest in Syria.

A witness said the shell or rocket landed on the group of journalists while they were at the border between the Akrama Al-Jedida and Al-Nuzha neighbourhoods in southern Homs, killing Jacquier on the spot and wounding many other people, including journalists. According to an AFP correspondent, dutch photographer Steven Wassenaar sustained an eye injury,

“Jacquier is the first foreign journalist to be killed in Syria since the start of the uprising on 15 March 2011,” Reporters Without Borders said. “Our thoughts are with his family and colleagues. We call on the authorities to shed all possible light on this tragic event with help from the Arab League’s observers.”

The Syrian information ministry said it was aware of “an incident involving foreign journalists in Homs” but did not have any details.

A roving foreign correspondent for France 2 since 1999, Jacquier had covered fighting in Iraq, Afghanistan, Kosovo and Israel, and was in Syria to do a report for the France 2 programme “Envoye Special.” He and fellow France 2 correspondent Bertrand Coq received the Albert Londres Prize in 2003 for their coverage of the Second Intifada and the Israeli Defence Forces’ Operation Rampart in April 20002.

A Syrian professional journalist and two Syrian citizen journalists have also been killed since the start of the uprising in Syria.

http://en.rsf.org/syria-french-tv-reporter-killed-by-shell-11-01-2012,41660.html

シリアでフランス人のジャナーリストが殺害されました。
シリアの情勢は以前から取り上げています。遂に
フランス人のジャナーリストの殺害が明らかになりました。
フランスのパリに本部を置く国際人権NGOの国境なき記者団の
ニュースリリースを紹介します。

シリアで殺害されたジャーナリストに心から冥福を祈りたいと思います。
シリアでの人権侵害を止めるために出来る限りにの活動を行いたいと思います。
思います。

デモ隊が虐殺されるシリア情勢

rシリア軍司令官がデモ隊の射殺を命令、離反兵が人権団体に証言
2011年 12月 16日 14:22 JST

[ベイルート 15日 ロイター] 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」は15日、シリアの反政府デモ弾圧に関する報告書を発表。それによると、軍司令官らがデモ阻止のために「あらゆる手段を講じる」よう命令を下し、デモ参加者への発砲も明確に指示していたことが明らかになった。

HRWはシリア軍と情報当局から離反した兵士ら数十人に聞き取り調査を行い、報告書をまとめた。

特別部隊のある兵士はHRWに対し、4月に行われた南部ダルアー県でのデモ弾圧では、「望むだけの数の銃弾を使用してよい」との許可を受けたと語った。中部の都市ホムスでデモ参加者に発砲した狙撃兵は、射殺の対象となるデモ参加者の割合について、司令官から明確な指示が下されたと証言。「デモ参加者が5000人だった場合、このうち15─20人に発砲するよう指示を受けた」と述べた。

HRWによると、聞き取り調査に応じたすべての離反兵は、司令官が「あらゆる手段を用いて」デモを中止させるよう命じたとし、それがデモ参加者の殺害を意味すると理解されていたと述べた。離反兵の半分は、デモ参加者や市民に発砲するよう指示を受けたと回答しており、その際司令官から発砲の責任は問われないと強調されたという。

HRWは、シリアの治安部隊が市民の殺害、恣意的な拘束、拷問を含む広範かつ組織的な人権侵害を行ったということが離反兵の証言で明らかになったとし、この人権侵害は人道に対する罪だと指摘した。

国連は、約9カ月に及ぶ反政府デモへの弾圧による死者が5000人を超えたと発表している。一方でアサド大統領は先週、平和的にデモを行う市民を殺すよう部隊に命じたことはないと強調。外務省の報道官も、治安部隊は実弾の使用を控えるとの明確な指示を受けていると述べている。http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE7BF02R20111216


以前からシリア情勢の事はブログに取り上げていますがシリア情勢が大混乱になっています。政府側のデモ隊に対する対応も過激さを増しています。

国際的な包囲網が広がるシリア情勢

imagesシリア大統領、デモ弾圧継続の構え=アラブ連盟・トルコが制裁警告

 【エルサレム時事】シリアのアサド政権に対し、アラブ連盟が突き付けている反政府デモ弾圧の停止要求は19日で期限を迎えた。しかし、アサド大統領は「外国の圧力に屈しない」と今後も弾圧を続ける強硬姿勢を示した。アラブ連盟は、停止しなければ制裁を科すと警告しており、シリアへの圧力を一段と高める構えだ。ヨルダンのアブドラ国王もアサド大統領に辞任を迫っており、アサド政権への包囲網は欧米のみならず、アラブ諸国にも広がっている。
 こうした中、ロイター通信が首都ダマスカス住民の話として伝えたところによると、20日未明、アサド大統領の与党バース党のビルに少なくとも2発のロケット弾が撃ち込まれた。3月に反政府デモが始まって以来、首都で反政府側による攻撃があったのは初めてという。
 政権から離反した兵士らが結成し、トルコに拠点を置く「自由シリア軍」が犯行声明を出した。ただ、シリアはジャーナリストの活動を制限しており、同通信は、同軍の主張が事実かどうか確認できていないとしている。
 また、ロンドンを拠点とする「シリア人権監視団」によると、19日も14人が治安部隊の攻撃で死亡した。(2011/11/20-18:43
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011112000134

中東の大国のシリアですが日本のマスコミでは報道しませんが内戦状態になっています。
国際的な制裁の動きが加速しています。

内戦状態に突入したシリア情勢

assad反政府デモ拠点の都市を空爆の強硬措置、シリア治安部隊
2011.10.30 Sun posted at: 15:55 JST
CNN) アサド大統領の退陣などを要求する民衆デモへの武力弾圧が続くシリア情勢で、同国軍は29日、反政府活動の拠点ともなっている中部ホムス市で戦闘機による空爆や戦車の砲撃などの攻撃を行った。
人権20+ 件団体「シリア人権20+ 件展望台」(本部ロンドン)はこの攻撃で少なくとも10人の民間人が死亡したと述べた。

同団体によると、ホムスでは軍からの離反兵士とアサド大統領に忠誠を誓う治安部隊の間で激しい戦闘が続いている。戦闘で治安部隊の兵士20人が死亡、53人が負傷したとも報告した。

シリアの反政府団体LCCは、29日には全国で民間人の犠牲者が相次ぎ、ホムスの11人を含め少なくとも21人が死亡したと発表した。ハマで4人、ダルア、イドリブやデリゾールなどで各1人が死亡している。

シリアの活動家はCNNに対し、治安部隊はホムス市内の反政府活動家の拠点となっている場所へつながる地点に過去数週間、戦車を集結させていたと証言した。戦車の砲撃では建物や民家も標的になった。攻撃後、新たな検問所を設け配置する兵士の数を大幅に増やしたという。LCCによると、治安部隊はほかの都市でも弾圧を強めている。

一方、英紙サンデー・テレグラフは29日、アサド大統領との会見記事を掲載し、同大統領が欧米諸国に対しシリアへの内政干渉を止めるよう警告したと報じた。大統領が欧米のメディアとの単独会見に応じるのは、反政府デモが拡大した今年3月以降では初めて。

大統領はこの中で反政府デモへの対応で多くの誤りがあったことは認めながらも、治安部隊については「テロリストと戦っている」と弁護した。
http://www.cnn.co.jp/world/30004425.html

日本のマスコミはプロ野球などをニュースの
中心なったり呆れてものが言えませんが
シリアでは「アラブの春」から内戦状態の
なっています。アサド政権も強行政策の
動きを見せていますし、欧米各国の
軍事介入の動きも出ています。
大きな動きに注意が必要です。

シリア 国際社会が結束し圧力を 西日本新聞社説より

imagesシリア 国際社会が結束し圧力を

2011年8月20日 10:45
カテゴリー

 中東のシリアで、民主化を求めるデモに対しアサド政権が弾圧を強め、死者は少なくとも1900人に上るという。政権側はなりふり構わず体制維持を図っており、事態収拾は困難を極めている。

 事態は人道危機の様相を呈しており、国際社会は、犠牲者のこれ以上の増加を見過ごすわけにはいかない。

 シリアでは、アサド親子2代にわたる独裁が約40年続いている。現在のバッシャール・アサド大統領は2000年、父ハフェズ・アサド前大統領の死去を受けて政権を継いだ。就任当初は一定の改革策も実施して期待を集めたが、やがて他のアラブの独裁国家同様、腐敗や人権弾圧が強まり、民衆の批判が高まった。

 中東での一連の民主化運動に触発され、シリアでも今年3月から民主化要求デモが始まり、ほぼ全土に拡大した。

 これに対しアサド政権は、軍を前面に出して弾圧を強化した。7月末には中部ハマで、戦車が市民に向け無差別発砲して100人以上を殺害した。北西部ラタキアでは今月14日、沖合から軍の艦船が市街地に向かって砲撃を加えた。

 こうしたなか、米国のオバマ大統領は18日、アサド大統領に対し「国民のために身を引く時が来た」とする声明を発表し、初めて明確に退陣を要求した。

 米国はこれまで、退陣要求には慎重な姿勢を示してきた。アサド政権が崩壊した場合、中東全体への影響を読み切れないからだ。シリアはイスラエルと国境を接しており、中東和平に大きな影響力を持つ。体制崩壊後、どのような勢力が政権を握るか見通せず、中東全体が不安定化することを懸念していた。

 それでも今回、米国が退陣要求に踏み切ったのは、これ以上弾圧による犠牲者の増加を看過することができないからである。米国に呼応し、英国、フランス、ドイツの3国も同日、アサド大統領に退陣を求める共同声明を発表した。

 米国や英国などは今後、国連安全保障理事会にアサド政権に対する経済制裁決議案を提出する構えだ。安保理では今月初め、シリア政府に対する非難決議が検討されたが、内政不干渉を理由にロシアと中国が難色を示し、法的拘束力のない議長声明に格下げされた経緯がある。

 ロシア、中国は人道危機回避の立場から、シリアへの圧力強化のため、国際協調の輪に加わるべきである。

 リビアでは「市民の保護」を掲げて軍事介入に踏み切った欧米諸国も、リビア情勢が膠着(こうちゃく)している現在、シリアへの軍事介入は困難だ。一方、最近になって、サウジアラビアなど周辺のイスラム諸国もアサド政権批判に転じており、シリアの孤立化は進んでいる。

 弾圧をやめさせ、シリア社会の混乱を最小限に抑えつつ体制変革を実現させるには、国連安保理と周辺のイスラム国家が歩調を合わせ、アサド大統領への退陣圧力を強めるのが最も現実的だ。国際社会の結束が試される局面である。


=2011/08/20付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/259238

人権問題の記事の定評がある西日本新聞の記事ですが
なかなか良い視点の書かれた記事です。特に日本のマスコミでは
余り取り上げていませんがシリアはエジプトに次ぐ中東の大国です。
アサドで政権の崩壊は中東の政治情勢に計り知れない
影響が出ると思います。

人道の危機 シリア情勢

安保理、シリア非難

 【ニューヨーク=長田弘己】アサド政権による反政府デモへの弾圧が続くシリア情勢をめぐり、国連安全保障理事会は三日、シリア当局による人権侵害と市民への武力行使を非難するとともに、全ての暴力の即時停止を求める議長声明を採択した。今年三月に反政府デモ弾圧が始まって以来、安保理が非難を表明したのは初めて。

 欧米諸国は法的拘束力のある非難決議の採択を目指していたが、シリアと親交のあるロシアが難色を示し、拘束力のない議長声明に格下げとなった。

 さらに、採択後、シリアの隣国で関係が深い非常任理事国レバノンは「(議長声明は)現在の状況に対処する上で助けにならない」として、一度は賛成した声明からの離脱を表明。シリア非難に消極的な各国の事情が反映された今回の議長声明が、事態の収束にどれだけ影響を与えるかは不透明な状況だ。

 声明はシリア情勢の悪化に懸念を示し、多数の死者が出たことに遺憾の意を表明。シリア当局による広範な人権侵害と市民への軍事攻撃を非難した。

 また、シリア政府に対して、国際法を順守し、人権尊重を求めるとともに、自主独立性を重んじ、既に同国が発表した改革の履行など政治主導で事態の収束を図るべきだとの安保理の立場を示した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011080402000188.html?ref=rank
安保理がシリア非難の議長声明、ハマでは「大量殺害の懸念」も

ニューヨーク(CNN) 国連安全保障理事会は3日、シリア政府によるデモ弾圧を非難し、暴力の即時停止を求める議長声明を発表した。

声明では「安全保障理事会はシリア当局による
人権45 件侵害の拡大と市民に対する武力行使を非難する」と述べた。さらに全関係者に対して自制を促し、「国家機関に対する攻撃を含め、報復は慎む」ことを呼び掛けている。

外国による介入の可能性については言及せず、シリアの主権を尊重すると明言、「シリアにおける現在の危機は、包括的かつシリア主導の政治プロセスを通してのみ解決できる」と強調した。

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は声明を歓迎し、「アサド大統領とシリア当局に対し、国民に対する暴力の即時停止と
人権45 件の尊重、既に発表した改革の実行を改めて求める」と記者団に語った。

潘事務総長はさらに、安保理の理事国15カ国が「声を1つにして暴力を非難し、必要な措置を取るよう促した」と評価した。しかしシリアの隣国レバノンの国連大使は、声明とは一線を画す立場を表明している。ただ、同国は声明の阻止には踏み切らなかった。

安保理議長声明は一致した姿勢を示す立場から出されるものであり、通常は何らかの行動が盛り込まれる決議に比べて重要度は低くなる。しかし各国とも国連が立場を表明したことを歓迎している。

一方、シリアではこの日も反政府デモに対する弾圧が続き、西部の都市ハマの住民は、治安部隊が市中心部にまで進攻していると話した。

英国の
人権45 件団体によれば、ハマでは大規模な軍事作戦が進行中で、治安部隊に包囲され、通信も途絶しているという。現地からは爆発音が聞こえたり煙が上がったりしているのが見えるとの報告もあり、「大量殺害が懸念される」状況だとしている。

同団体によると、治安部隊は同日夜、首都ダマスカスなどで4人を殺害した。ハマから避難してきた住民は、戦車が激しい砲撃を行って市の中心部を占拠し、遺体が地面に転がっていると証言しており、死者の数はさらに増える恐れがある。

住民の話では、ハマは食料が不足し、電力や水も調達しにくくなるなど人道危機が懸念される状況に陥っている。市内の至る所で銃撃や砲撃が繰り返され、上空はヘリコプターが旋回、政府軍が各所で銃を構えているため、脱出は難しいという。

西部のホムスや港湾都市ラタキアでも市民が治安部隊に拘束されたり殺害されたりしているとの情報もある。

国営シリア・アラブ通信は同日、議会が7日に召集され、「国土と市民の利益に関連した問題」について審議する予定だと伝えた。
http://www.cnn.co.jp/world/30003578.html
日本のマスコミはほとんど報道しませんが
シリアが大混乱になっています。
国連安全保障理事会も非難声明を
出しました。ともかく犠牲者を出すのを
止めないといけないと思います。

●講演会『拉致問題解決の処方箋と「ウィキリークスから」北朝鮮情勢を見​る』のお知らせ


fb8dd8bb822ad93303d0b49276883e02

救う会神奈川・市民学習会のお知らせ


眞鍋 貞樹さん 
(拓殖大学大学院地方政治行政研究科教授)
テーマ『拉致問題解決の処方箋』

川添友幸
(WikiLeaks Support Netwrokエグゼクティブ ディレクター・救う会神奈川代表)

テーマ『告発サイト ウィキリークスから北朝鮮情勢を見​る』                  

日時:平成23年8月6日 土曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・​藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生300円)
主催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共催:神奈川ブルーリボンの会
問合先:090(9816)2187 又は sukukaikanagawa@hotmail.co​m

国境なき記者団ののシリア大使館への抗議活動



混迷のシリア情勢ですがシリア国内では反体制的なジャナーリストの
身柄拘束されて、報道の自由が極端に侵害されています。
国境なき記者団が先般、パリのシリア大使館前で抗議活動を
行いました。大使館の壁に報道の自由をスプレーで書く抗議活動には
驚きですね。

動乱のシリア情勢

images焦点:動乱のシリア、首都ダマスカス覆う不気味な平穏

2011年6月24日

 [ダマスカス 23日 ロイター] シリア各地で行われている反体制デモをめぐり、当局による都市の包囲や人権侵害に当たる残虐行為などのニュースが毎日のように世界中で報じられるなか、首都ダマスカスはあたかも「台風の目」のように平穏を保っており、周辺で起きている混乱とは無関係のように見える。

 これまでに起きた最大規模のデモは、バッシャール・アサド大統領や治安部隊が権力基盤とする首都ではなく、貧しい町や首都郊外で行われている。ダマスカスでの反体制デモは比較的小規模で、参加者も数百人を超えることは珍しい。

 シリアの人口約2200万人のうち約1割がダマスカスに住んでおり、そこでは平均的に、他の地域に比べて裕福な生活が送られている。2000年にアサド大統領が父親の後継者となり、外国投資を受け入れるよう経済を開放して以来、多くのダマスカス市民はその恩恵を享受している。

 ダマスカス市内の店にはアサド大統領のポスターが飾られ、店主らは大統領を声高に称賛する。ここでは生活が通常と何ら変わらないように見えるが、実際に市内を覆っているのは、緊迫した不気味な静けさだ。

 ビジネス街では、スーツとデザイナーブランドのサングラスを身に着けた男性がカフェでエスプレッソを飲み、雑談を交わしている。旧市街のオールド・ダマスカスでは若いカップルやベールをかぶった高齢の女性が舗装された路地を歩き、ウマイヤド・モスクで行われている午後の礼拝が聞こえるなか、市場でシルクやお菓子の店を見て回っている。

 しかし、安定した状態を示すこれらの平穏な景色は、チュニジアやエジプトの反体制運動に触発されて3月に始まったデモがシリア国内を引き裂き、ダマスカスのパニック状態が高まっているという現実を覆い隠している。

 市場では、買い物客の行動に目を光らせる革ジャケットとベージュ色のズボン姿の男たちの姿を多く見かける。彼らは「ムハーバラート」と呼ばれる半ば公然の秘密警察だが、シリア国民にとっては、政府のスパイが随所に存在し、反体制に目を光らせているという事実を常に思い出させる存在だ。

 <鈍化する経済>

 シリア情勢の不確実性に直面した外国人投資家らは同国から引き揚げ、国内の失業率は急上昇している。匿名のシリア人エコノミストは「ダマスカス市民の大半は、政権が汚職まみれで残忍であることは最初から分かっていた」が、家賃を支払い、子どもを食べさせることでそれどころではなかったと指摘する。

 しかし「経済が打撃を受けている現在ではそれも不可能になり、政府は支持基盤を失っている」と強調した。

 ダマスカスの店舗経営者らは、ムハーバラートの監視から逃れ、自身の店に入ると政権への不満をあらわにする。土産販売店の店主は「デモが起こってからは何も売れていない」と店の裏にある部屋で語った。

 かつてはシリア経済全体の最大15%を占めた観光業は、過去数カ月間で大きく縮小している。この土産物屋の店主は、政府によるデモへの激しい弾圧が多くの外国人をシリアから遠ざけていると語った。

 シリアの人権団体は、デモ参加者に対するアサド大統領の武力行使で1300人以上が死亡し、1万人超が拘束されたとしている。一方、同国当局は、海外組織からの支援を受けたイスラム過激派がいるとし、200人以上の治安部隊員が殺されたと主張している。

 シリアでは外国人ジャーナリストは国外追放または入国禁止となっており、報道などの事実確認が困難になっている。当局によって拘束され、解放されたロイターの記者を含む複数人の証言で、拘束者に対する残虐行為が組織的に行われていることも明らかになった。

 <国家による暴力>

 モハメドとだけ名乗った人権活動家は、ダマスカスで参加したデモの様子について、治安当局に雇われた暴力的な集団がバスで乗り付け、棒を振り回してデモ隊を追い払ったと明らかにした。革ジャケットを着た秘密警察は携帯電話を使いデモ参加者を撮影し、後になって参加者を拘束した時の人物確認に使うという。

 釈放された人たちは、拘束中は容赦ない殴打や屈辱的な取り調べが行われると語っている。ハムザという名前のデモ参加者は、警察に衣服をはぎ取られ、自分は平和的デモの参加者ではなく、武装グループに属していると告白するまで電気ショックを与えられたと述べた。

 アサド現大統領は、1982年に中部ハマで起きた暴動の弾圧で数千人の死者を出した当時の大統領である父親とは異なり、国民の話に耳を傾ける改革者としてのイメージを作り上げることに11年間を費やしてきた。しかし、当局が関与した悪質な行為がダマスカスでささやかれるなか、市民は現在の指導者が父親と同等に悪意のある人物ではないかと考え始めている。シリア人のジャーナリストは「ダマスカスでは、落ち着いた静けさの内側に変化の感覚がある」と述べた。

 <反体制派のバブル>

 シリアでは、政治について語ることはタブー視されてきたが、デモ参加者が増加するにつれ、ダマスカスでも市民が政権批判を行うようになりつつある。数カ月前には見られなかった光景だ。

 シリア人のジャーナリストは「(反体制)問題は拡大し、今ではそれを公に無視することはばかげている」と語った。

 ダマスカスで働く複数の外交官も、首都での空気が大きくシフトしていると感じているという。西側外交官の1人は「これまではデモ参加者はダマスカスの近郊に集まり、デモが始まってもすぐに警察に追い払われていたが、現在では参加者が増え、首都中心部に近づいているようだ」と語った。

 *この記事は数週間にわたりシリアに滞在した記者が執筆したものです。外国人ジャーナリストがシリア当局により国外追放の対象とされているため、執筆者の名前は公表を控えます。


http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201106240105.html
日本のマスコミは余り取り上げませんがシリアが大混乱になっています。
特にジャーナリストに対する弾圧は酷限りです。
日本のマスコミも少しは取り上げて欲しいですね。

大混乱のシリア情勢

K10034798711_1106130909_1106130916_01人権高等弁務官:シリアデモ弾圧「1100人以上殺害」

 【ジュネーブ伊藤智永】ピレイ国連人権高等弁務官は9日、シリアの反政府デモ弾圧で、3月からこれまでに女性や子供を含む1100人以上が殺害され、数万人が不当に拘束されているとの非難声明を出した。13歳の少年が地方の治安部隊に拷問の末に殺害されたほか、3日にはシリア中西部ハマで、デモの参加者50人以上が殺害されるなど最悪の事態が続いていることを糾弾した。

毎日新聞 2011年6月13日 19時16分
http://mainichi.jp/select/world/news/20110614k0000m030037000c.html

シリア 政府軍と離反兵士戦闘

6月13日 8時11分 

反政府デモへの弾圧が続く中東のシリアで、市民を守るため軍を離反した兵士らと政府軍の部隊との間で激しい戦闘となっており、市民の犠牲がさらに増えることが懸念されています。

シリアでは、アサド政権の退陣を求める反政府デモに対して、政権側による弾圧が各地で続いていて、このうち北部のジスル・アッシュグールでは、先週、軍や治安部隊の一部、合わせて60人以上が市民を守るためとして離反し、その後、政府軍との間で激しい戦闘を交わしています。人権団体によりますと、政府軍は12日早朝から制圧に乗り出し、攻撃ヘリコプターが上空から警戒するなか、戦車部隊が町の中心部に進攻して離反した兵士に攻撃を加えており、すでに政府軍が町を制圧したとの情報も出ています。この町からは、およそ5000人の市民が国境を越えてトルコ側に避難しましたが、数百人の市民がとどまっているということです。離反した兵士らについて、アサド政権は、徹底的に抑え込む構えで、戦闘の巻き添えになって市民の犠牲が増えることが懸念されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110613/t10013479871000.html

先週来、シリアでは大混乱の情勢になっています。
アラブの大国のシリアで民主化を
求める動くきと阻止しようとするアサド政権との衝突
で多数に死者が出ているようです。
大混乱の状況です。国際社会の団結した
対応が必要だと思います。

●学習会のお知らせ

救う会神奈川・安全保障を考える市民学習会
(大震災・安全保障・拉致問題・報道の自由を考える)


講演者:
高野美幸さん(特定失踪者家族)
梅原克彦さん(前仙台市長)
荒木和博さん(特定失踪者問題調査会代表・陸上自衛隊予備自衛官)
川添友幸 (救う会神奈川代表・国民新聞客員論説委員)

日 時:平成23年6月19日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:神奈川ブルーリボンの会
共 催:国民新聞しおかぜ友の会
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com

人道の危機 シリア情勢

RTR201104220096反体制デモ弾圧、88人死亡か=「虐殺行為」と人権団体−シリア

 【カイロ時事】シリア各地で22日に行われたアサド政権打倒を求める反体制デモで、ロイター通信はデモを組織した活動家グループの情報として、治安部隊などの発砲で少なくとも88人の民間人が死亡したと伝えた。反体制デモが始まった3月中旬以降で最悪の流血となった。
 ロンドンを拠点とするシリアの人権団体もAFP通信に送った声明で、今回のデモ弾圧で72人が死亡、数百人が負傷したと指摘。「シリアの治安部隊は、幾つかの町や地域で虐殺行為を働いた」と非難した。(2011/04/23-10:33)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2011042300032

日本のマスコミでは余り報道がありませんが、ジャスミン革命が
中東では続いています。シリアではデモ隊に対して虐殺が
行われいます。シリアはアサド大統領の長年の独裁体制に
対しての抗議活動のようです。



拘束されるメナール事務局長



動画は昨年のフランスの7月14日の
革命記念日式典ににシリアのアサド大統領が
参加した事に対して国境なき記者団の
メナール事務局長(当時)が抗議したこと
対してメナール事務局長らが身柄拘束された様子です。
まさに独裁国家の様相です。

ちなみにシリアは2008年度の国境なき記者団の
報道ランキングでは169国中、154番目で
国内での報道規制が深刻な状況です。


仏革命記念日の軍事パレード、カーラさんも参列

  • 2008年07月15日 11:57 発信地:パリ/フランス

【7月15日 AFP】(写真追加)フランスでは14日、革命記念日(Bastille Day)を迎え、パリ(Paris)のシャンゼリゼ(Champs Elysees)通りで軍事パレードが行われた。各国首脳らが参列したが、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)シリア大統領がこのパレード見学に参加することに対して論議が起きている。ニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)仏大統領夫人のカーラ・ブルーニ(Carla Bruni)さんもパレードに登場。同日はエリゼ宮殿で伝統的なガーデンパーティも開催された。(c)AFP
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2418086/3128668

Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ