残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

パリ

国境なき記者団ののシリア大使館への抗議活動



混迷のシリア情勢ですがシリア国内では反体制的なジャナーリストの
身柄拘束されて、報道の自由が極端に侵害されています。
国境なき記者団が先般、パリのシリア大使館前で抗議活動を
行いました。大使館の壁に報道の自由をスプレーで書く抗議活動には
驚きですね。

金正日独裁政権を打倒せよ!!

KIM JONG IL RSFInternational campaign in support of independent North Korean media

The press freedom organization Reporters Without Borders is today launching an ad campaign in support of independent media that provide North Koreans with news and information. A campaign graphic with the image of a crumpled photo of Kim Jong-il is being carried by the Korean news portal http://kr.yahoo.com/. It will be visible for the next two weeks to millions of Korean Internet users.

Recent developments in the Korean peninsula have shown the urgency of making freely-reported news and information available to North Korea’s population.

Using a campaign ad denouncing Kim Jong-il’s media totalitarianism in Korean, Chinese, Japanese, English and French, Reporters Without Borders is appealing to public opinion, governments, media and international organizations to support these North Korean freedom media.

Reporters Without Borders helps to fund Radio Free Chosun, Open Radio North Korea and Radio Free North Korea, which won the Reporters Without Borders - Fondation de France Prize in the “Media” category in 2008.

 

http://en.rsf.org/north-korea-international-campaign-in-support-17-01-2011,39329.html

フランスの国際人道団体の国境なき記者団が
金正日打倒運動を始めました。
国境なき記者団が北朝鮮人権問題のニュースと情報を提供する
独立したメディアを支持して、広告キャンペーンを開始しています。
YHAOOKOREAのサイトに金正日の
くちゃくちゃ写真の広告を掲載して
ネットユーザー
数百万人の人間がアクセスしたそうです。

日本語版のポスターをパリの国境なき記者団本部
から頂きました。是非、活用してくだいさい。

サハロフ賞も空席に授与/キューバ、出国認めず

サハロフ賞も空席に授与/キューバ、出国認めず

2010/12/15 23:17

PN2010121501000973_-_-_CI0002
 受賞者欠席のまま行われたサハロフ賞の授賞式で、空席に置かれた証書とキューバの国旗=15日、フランス・ストラスブール(ロイター=共同)

 【パリ、ハバナ共同】人権擁護活動への貢献をたたえて欧州連合(EU)の欧州議会が毎年授与するサハロフ賞の授賞式が15日、フランス東部ストラスブールで行われた。今年の受賞者でキューバの反体制活動家ギジェルモ・ファリニャス氏(48)は、キューバ当局に出国を阻止されたため、証書は空席に置かれた。

 ノルウェーの首都オスロでは10日、ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、劉暁波氏や妻ら親族の出国を中国当局が認めなかったため、やはり空席で授賞式が行われたばかり。2週続いた主役不在の授賞式は、人権抑圧を指弾された国家のかたくなな態度を際立たせた。

http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101215190401.html

amr1010220029000-p1

ギジェルモ・ファリニャス氏=3月5日(AP=共同)
Like Nobel ceremony, Sakharov Prize ceremony to have empty chair

Published on 14 December 2010

Five days after the Nobel Peace Prize ceremony was held in Oslo in laureate Liu Xiaobo’s absence, the European Parliament’s Sakharov Prize for Freedom of Thought will be presented tomorrow in Strasbourg in the absence of its Cuban recipient, Guillermo “El Coco” Fariñas Hernández, because he has not been allowed to leave Cuba.

Cuba’s Ladies in White – the mothers, sisters and daughters of the island’s political prisoners – were already prevented from travelling to Strasbourg when they were awarded the prize jointly with Reporters Without Borders and Nigerian human rights lawyer Hauwa Ibrahim in 2005. This latest travel ban has again highlighted the extremely limited scope of the Castro government’s concessions to its opponents.

“The European Parliament’s official invitation to attend the Sakharov Prize presentation should have been forwarded to me within a week by the Cuban consular authorities in France,” Fariñas has told Reporters Without Borders, which awarded him its Cyber-Freedom Prize in 2006. “But a month has gone by and I still have not received it. At this point, the document must now be lost.”

The founder of Cubanacán Press, a small independent news agency based in the central city of Santa Clara, Fariñas said he was recovering slowly from the “serious muscular after-effects” of his many hunger strikes. He was not angry about not being able to go to Strasbourg because, he said, the most important thing was to avoid being prevented from returning to Cuba afterwards.

“The authorities would no doubt have allowed me to leave but without being able to return, and there was no question of my agreeing to that,” he said. “I am a Cuban and I will stay with the Cuban people. For me the only acceptable arrangement would have been a provisional exit permit.”

The words “Definitive Exit” were stamped in the passports of all of the 18 journalists – including former Reporters Without Borders Cuba correspondent Ricardo González Alfonso – who have been released from prison since July on condition that they take a one-way trip into exile. Most of these journalists, who had been detained since the March 2003 “Black Spring” crackdown, are now living in Spain.

Three other “Black Spring” journalists remain in prison because they refuse to leave Cuba: Pedro Argüelles Morán, Héctor Maseda Gutiérrez and Iván Hernández Carrillo. Reporters Without Borders reiterates its insistence that they have an unconditional right to live freely in their own country.

This is the message that Fariñas said he wanted to send for the ceremony: “A message of reconciliation. Without rancour or hatred. Let us love our enemies. There is no civil war in Cuba. Just a peaceful rebellion and the promise of deep-seated social change. I am a very small part of this rebellion and I receive the Sakharov Prize in the Cuban people’s name. The prize encourages me to pursue this collective movement towards the best of prizes, total democracy in Cuba and human rights for all, even for those who today are our oppressors.”

Reporters Without Borders adopts Fariñas’ message as its own. Cuban society will one day have to be reconciled with all of its components. The international community, especially Europe and Latin America, must continue diplomatic attempts to promote respect for basic rights and freedoms in Cuba.

This is why Reporters Without Borders supports the European Union’s “common position” on Cuba, under which the normalization of EU relations is conditioned on Cuba’s effective recognition of these rights and freedoms. The Cuban government signed two UN conventions on civil and political rights in 2008 but has not ratified them.

At the same time, Reporters Without Borders reiterates its call for the lifting of the US embargo on Cuba, which has been in place since 1962. It penalizes Cuba’s population while giving the government a pretext for making no changes. The page must be turned on repression and Cubans must be able to decide their future.


http://en.rsf.org/cuba-like-nobel-ceremony-sakharov-prize-14-12-2010,39027.html

このサハロフ賞は欧州議会が人権思想の自由を守るために献身的な活動をしてきた個人や団体をたたえる賞です。ファリニャス氏は非暴力を信念とし、キューバ政府に対し自由と人権擁護を要求、通算11年半の獄中生活を送った。近年は計23回のハンガーストライキを敢行。最近では健康の悪化した政治犯の釈放を求めて、135日にわたるハンガーストライキを7月8日まで実施。この直後に同国政府は政治犯52人の釈放を決めた。


2005年には国境なき記者団も受賞しています。今回のような受賞者不在の授賞式は先般のノーベル平和賞の劉暁波氏を思いだします。キューバの人権状況は中国や北朝鮮からまだ良いと言われいますが本質的な意味からは独裁国家ですから同じだと思います。

パリ・ニースでの国境なき記者団・アムネスティ・インターナショナルの抗議活動


Nice: rassemblement pour les droits de l'homme en Chine

Des militants de RSF manifestent près du convoi de Hu Jintao

先月の中国の胡錦濤国家主席のフランス訪問での
中国の民主活動家、劉暁波氏の解放を求める
抗議活動のAFPのニュース動画です。
パリの抗議活動でインタビューで話しているのは
国境なき記者団代表のジャン・フランソワ・ジュリアード氏です。

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

劉暁波氏の釈放しろ!!




中国の胡錦濤国家主席のフランス訪問に対して
パリやニースで国境なき記者団がノーベル平和賞に
決まった民主活動家、劉暁波氏の釈放を求める抗議活動を
行いで多数の逮捕者がました。パリの本部から来た
ニュースリリースと動画を紹介します。

Reporters Without Borders calls for Liu Xiaobo’s release as Chinese president passes

Several Reporters Without Borders representatives were arrested near the Arc de Triomphe this morning in Paris after opening umbrellas bearing the words “Free Liu Xiaobo” as Chinese President Hu Jintao passed by in a motorcade on his way to deposit a wreath at the tomb of the Unknown Soldier.

A total of six people – four Reporters Without Borders members and two other human rights activists – were taken to the 8th Arrondissement police station. Around 20 Reporters Without Borders members and a Canal Plus journalist were briefly detained by police at the Franklin Roosevelt metro station. Chinese pro-democracy activist Wang Longmen was among those who were stopped.

The arrests reflect the French government’s determination to suppress any reference to human rights in China in order not to offend President Hu during the three-day state visit he began yesterday. By staging a peaceful demonstration in support of Liu Xiaobo and all the other dissidents, writers and human rights activists detained in China, Reporters Without Borders aimed to tear down this crass and disgraceful veil of silence.

Reporters Without Borders secretary-general Jean-François Julliard said: “It is unthinkable that France, the country of human rights, is saying nothing about the situation of China’s dissidents and the systematic repression on those who advocate democracy. How can President Nicolas Sarkozy go back on the promise he made during the 2007 campaign to put human rights at the centre of his foreign policy?”

Despite the realpolitik, the umbrellas defied the silence at the Arc de Triomphe today, as did the doves of peace that Reporters Without Borders released yesterday in the centre of Paris. Both of these demonstrations were a tribute to the courage of Liu Xiaobo, this year’s winner of the Nobel Peace Prize, who must be released. The French government must ask President Hu to free him

http://en.rsf.org/chine-reporters-without-borders-calls-05-11-2010,38753.html

parapluie3-2-aa052

Doves of peace take to skies of Paris on first day of Hu Jintao visit

More than 80 doves of peace were set free from cages in the centre of Paris today in a symbolic display of the French people’s support for the release of this year’s winner of the Nobel Peace Prize, jailed Chinese intellectual Liu Xiaobo.

jefcomombe-0be55Reporters Without Borders organised the demonstration on the first day of an official visit to France by Chinese President Hu Jintao. Media personalities, politicians and hundreds of Parisians took part, releasing doves and signing a petition in a show of solidarity with China’s most famous prisoner of conscience.

Participants included Mehdi Ouraoui of the French Socialist Party, J.M. Martin of MODEM, 11th Arrondissement Mayor Patrick Bloche, performers and journalists such as Jean-Michel Ribes, Caroline Fourest, Guy Bedos and Zoé Valdés, and Chinese dissidents.

parapluie_diapo-2-7add7One might think that President Hu’s host, Nicolas Sarkozy, only reads the Chinese press because he has shown no sign of being aware that Liu was awarded the Nobel Peace Prize and nothing has been said about human rights that might “spoil” Hu’s visit.

parapluie3-2-aa052Reporters Without Borders wrote to President Sarkozy in advance of the visit urging him to intercede with his Chinese counterpart and press for Liu’s release. Unlike Angela Merkel and Barack Obama, Sarkozy has not even congratulated Liu on winning the prize.

More information about Liu Xiaobo: http://en.rsf.org/liu-xiaobo.html

http://en.rsf.org/chine-doves-of-peace-take-to-skies-of-04-11-2010,38749.html

<フランス>「ロマキャンプ解体せよ」政府指令書が発覚

e66e5a37

<フランス>「ロマキャンプ解体せよ」政府指令書が発覚
毎日新聞 9月15日(水)10時44分配信

 【パリ福原直樹、ブリュッセル福島良典】少数民族ロマの国外「追放」政策で批判を浴びるフランスのサルコジ政権が、「ロマのキャンプを最優先に解体せよ」との内容の指令書を各警察に出していたことが分かった。欧州連合(EU、加盟27カ国)の行政府・欧州委員会は14日、仏が「欧州市民の域内移動の自由」と、民族・人種による差別禁止を定めたEU法に違反しているとの疑いを強め、法的措置を警告した。

 ロマ支援団体「市民権と援助・団結」が入手した仏内務省の文書(8月5日付)は「3カ月で(国内の)不法キャンプを徹底解体すべきで、最優先対象はロマのものだ」と各警察に指示。また「不法滞在者を即座に国外送還する」「ロマの不法キャンプ新設も防ぐべきだ」ともしている。

 同文書には不法キャンプの現状や撤去、新たなキャンプの発生状況などの記入票が添付され、警察に克明な報告を求めてもいた。また別の文書(8月9日付)では、各警察にキャンプ撤去の進ちょく状況を細かく報告するよう強調している。

 この文書について、仏人権団体などが「ロマを差別的に扱っている証拠」と反発。これらの批判を受け、オルトフー仏内相は13日、「ロマを最重点に」などの文面を削除した「訂正文書」に署名した。一方、「仏はロマを特別視していない」と主張してきたベッソン移民相は、文書の存在を「知らなかった」と言明。だが「移民相が指令内容を知らないはずがない」(野党第1党・社会党)との批判を招いた。

 欧州委はこれまで、仏のロマ送還措置について合法性の判断を先送りしていたが、今回の文書が明るみに出たことで方針を転換。レディング副委員長(司法・基本権・市民権担当)は14日、「第二次世界大戦後、欧州で少数民族という理由だけで退去させられる事態が起こるとは思ってもみなかった」と指摘、法的措置の手続きを「開始せざるを得ないと思う」と述べた。数日中に合法性に関する最終判断を下し、2週間以内に法的措置を取るかどうかを決める。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100915-00000016-mai-int

【コメント】
ロマ問題で新展開です。ロマの規制に関する指令文書が出てきまました。フランスの世論はロマ規制には肯定的な立場ですがEU各国から批判が出ています。
その意味で今後もこの問題を見て行きたいと思います。

ブルカ禁止法が議会通過=憲法会議が審査へ−仏

1284510362


ブルカ禁止法が議会通過=憲法会議が審査へ−仏

 【パリ時事】仏上院は14日、ブルカやニカブなど全身を覆うイスラム教徒女性の衣装について、公共の場所での着用を禁じる法案を賛成246、反対1の圧倒的賛成多数で可決した。同法案は7月に国民議会(下院)で可決されており、議会を通過したことになるが、成立には憲法裁判所に当たる憲法会議での審査を経なければならない。
 法案はブルカなどを名指ししていないが、公道を含む公共の場所で全身を覆う衣装を着用した場合は罰金150ユーロ(約1万6000円)か市民教育プログラムの受講、妻や娘に着用を強制した場合は罰金3万ユーロと禁固1年を科す。
 法案に対しては、表現や信教の自由を定めた憲法に抵触するとの見解があり、政府諮問機関の国務院も2回にわたり法律による全面禁止を見送るよう勧告した。一方、世論調査では禁止賛成が多数派を占めている。(2010/09/15-06:15)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010091500057

Le Parlement vote définitivement l'interdiction du voile intégral

Le Parlement a définitivement adopté mardi, lors d'un ultime vote du Sénat, le projet de loi prohibant le port du voile intégral dans l'espace public. Cette interdiction ne doit entrer en vigueur qu'au printemps 2011 après six mois de ?médiation? et de ?pédagogie?.

Le Sénat n'a pas apporté de modification à la version votée à l'Assemblée il y a tout juste deux mois, ce qui vaut feu vert définitif du Parlement. Le texte a été approuvé par 246 voix (UMP, centristes, radicaux de gauche et de droite, Parti de gauche ainsi qu'un certain nombre de socialistes) contre une.

Tout en condamnant aussi le port du niqab et de la burqa, la gauche a, dans sa majorité, refusé de prendre part au vote, mettant en avant les risques ?d'inconstitutionnalité?, en France comme au niveau de l'Union européenne, d'une interdiction générale ou de ?stigmatisation? des musulmans.

Le projet de loi ne vise pas expressément le voile intégral mais plus largement ?la dissimulation du visage dans l'espace public? (cagoules dans les manifestations...).

Reprenant une proposition de loi du patron des députés UMP Jean-François Copé, le texte défendu par Michèle Alliot-Marie (Justice) interdit bel et bien le port du niqab ou de la burqa dans tout l'espace public, sous peine d'une amende de 150 euros et/ou d'un stage de citoyenneté.

Toute personne obligeant une femme à se voiler sera passible d'un an de prison et de 30.000 euros d'amende, selon un nouveau délit effectif, lui, sitôt la loi promulguée.
A lire aussi: notre article sur les différents types de voiles.

http://www.liberation.fr/societe/01012290130-le-parlement-vote-definitivement-l-interdiction-du-voile-integral

【コメント】
このブログでも取り上げているブルカ法がフランス国民議会を通過して
憲法審査の段階になっているようです。ロマ規制問題もそうですが
両方の動きとも国民の大多数が支持しているのも現状です。
その意味で困った自体であるの現実だと思います。

中国はミャンマーに圧力を 国際人権団体

f5a5c28b


中国はミャンマーに圧力を 国際人権団体
2010.9.6 22:40
 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は6日、ミャンマー軍事政権トップのタン・シュエ国家平和発展評議会(SPDC)議長が7日から訪中する機会に、中国がミャンマーでのオープンな総選挙実現に向けて議長に圧力をかけるべきだと呼び掛ける声明を発表した。

 声明は、議長訪中の狙いはSPDCの主導で11月に実施される総選挙に国際社会の支持があると示すことだと指摘。中国が「責任ある大国」として軍事政権ではなくミャンマー国民を支持するべきだと訴えた。(共同)


http://sankei.jp.msn.com/world/china/100906/chn1009062241009-n1.htm

【コメント】
ビルマの軍事政権のバックから支援しているのは中国政府です。やっと国際社会はこの構造の理解を始めたようです。その意味でヒューマンライツウオッチの声明は意味があるものだと思います。ただ実際にどこまで影響が出てくるかは今回の総選挙をみないといけませんね。

フランス ロマ追放で大規模デモ 移民排斥政策に批判

france-protest_446795t


フランス ロマ追放で大規模デモ 移民排斥政策に批判
毎日新聞 9月5日(日)20時42分配信



 【パリ福原直樹】フランス全土で4日、国内を放浪するロマ族の国外追放や、移民出身の犯罪者の「国籍はく奪」などを打ち出したサルコジ政権に対する大規模な抗議デモが行われた。欧州各地の仏大使館前でも同日、同様の抗議行動があり、「移民・外国人排斥」施策への国内外の批判の高まりを改めて示した形となった。

 抗議デモはロマを支援する人権団体や労組が組織し、フランスでは、内務省によると7万7300人(主催者発表10万人)が参加した。うち5万人に上ったパリでは、サルコジ政権による不法キャンプ撤去で行き場を失ったロマも参加。「ロマ追放反対」「フランスは非人道的な政策を続けている」などの横断幕を掲げた。

 また、ロンドン、マドリード、ブリュッセル、ベオグラード、ローマなどの仏大使館前でも仏政府に「人権擁護」を訴えた。

 パリのデモに参加したロマの男性(21)=ルーマニア出身=は「サルコジ政権の政策は人種差別であり、このままだと暴動が起きる」と発言。支援団体「市民権と援助・団結」の幹部、シャバン氏(55)は「政府はロマを拒絶するだけで、受け入れ策を見いだそうとしない。(異民族排斥を訴え)ナチスが台頭した時代と似ているのでは」と話していた。

 フランスでは7月、アラブ系の移民や国内を放浪する「非定住者」による暴動が発生。政府は(1)ロマなどの違法キャンプ撤去(2)移民出身者が警官を殺害した場合の国籍はく奪−−などの方針を示し、イスラム教に基づく「一夫多妻主義」を実践する移民の国籍はく奪も示唆していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100905-00000015-maip-int

Roma, pensions and a funding scandal besiege Sarkozy

By John Lichfield in Paris


Monday, 6 September 2010
Share
Close
Diggdel.icio.usFacebookRedditGoogleStumble UponFarkNewsvineYahooBuzzBeboTwitterIndependent MindsPrintEmailText Size
NormalLargeExtra Large

AP

Demonstrators in Paris holding a banner declaring "Democracy in Danger"

More pictures sponsored links:
Ads by Google





The three issues which could make or break the remainder of Nicolas Sarkozy's presidency ? pension reform; sleaze allegations and his campaign against Roma migrants ? threaten to coalesce explosively in protest marches all over France tomorrow.


French ministers drew comfort from the relatively tame pro-Roma demonstrations on Saturday, led by celebrities including the British-born singer and actress Jane Birkin. The Immigration Minister, Eric Besson, dismissed the modestly supported protests as the work of leftists and "ill-informed, millionaire socialists".

But hundreds of thousands of people from across French society are expected to join protests against Mr Sarkozy's plans to raise the pension age from 60 to 62 in a day of strikes and marches called by trade unions tomorrow.

The demonstrations are, in theory, aimed at the plans for radical pension reform, which are opposed by two-thirds of French people. But union leaders believe Mr Sarkozy's weakness in the polls, and anger on the Left at his crackdown on Roma migrants will help to generate one of the largest protests of his presidency.

Allegations of illegal financing of Mr Sarkozy's 2007 presidential campaign have given unions another windfall. The man at the centre of the allegations, the Employment Minister, Eric Woerth, is also spearheading the proposals for pension reform.

Mr Woerth, who refused to stand down despite new revelations last week, is likely to be the joint butt, with Mr Sarkozy, of slogans and effigies at tomorrow's marches. He is accused of, among other things, soliciting illegal campaign funds ? and a job for his wife ? from France's wealthiest woman, L'Or���al heiress Liliane Bettencourt. The unions could hardly ask for a better symbol of their allegation that Mr Sarkozy governs for the wealthy.

Mr Sarkozy has said that reform of the state pension system ? and a standard pensionable age of 62 ? will be one of the achievements on which he runs for a second term in 2012. His chief of staff at the Elys���e Palace, Claude Gu���ant, said yesterday that the government would put forward proposals this week to soften the impact of the reforms but insisted that the main lines were not negotiable.

Significantly, however, Mr Gu���ant ? regarded by many as the de facto second most powerful man in France ? went out of his way to say that Mr Sarkozy was "absolutely not a president of the rich".

The strength of tomorrow's protests will show whether or not the unions have the momentum for a long "winter of discontent" like the strikes and protests which destroyed president Jacques Chirac's more modest attempt at pension reform in 1995. The Elys���e is anxious to avoid any spill-over ? or coalition of anti-Sarkozy feeling ? between the pension and Roma issues.

Several ministers took delight in playing down Saturday's pro-Roma demonstrations in Paris and scores of other French towns (and outside French embassies in several EU capitals). A march through Paris, led by a Roma orchestra, attracted 50,000 supporters according to the organisers (12,000 said the police).

Ms Birkin, who joined the Paris march, had earlier sung a pro-immigrant song, "Les P'tits Papiers", by her late husband, Serge Gainsbourg, outside the Interior Ministry. As an immigrant from Britain in 1968, she said, her reception had been "so warm that I would gladly have died for France. I still would. But making illegal immigrants and Gypsies the scapecgoats for all our problems, is quite unfair."

Almost 1,000 Roma from Romania and Bulgaria have been expelled, or given incentives to go home, since Mr Sarkozy announced a policy of zero tolerance of illegal Roma migration in July.

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/roma-pensions-and-a-funding-scandal-besiege-sarkozy-2071303.html

【コメント】
ロマの問題ですが欧州各地で大規模なデモが起きているようですがフランスでは今回の規制に対して世論は容認しています。さらに欧州各地に規制の動きが広がっています。なかなか難しい問題ですね。今後もこの問題を取り上げています。

大きな問題です

4f7429ff6195fee510a9aee660585a16





フランス:サルコジ政権が「ロマ」規制強化 人権団体反発


 【パリ福原直樹】フランスのサルコジ政権が、国内を放浪する民族ロマや「非定住者」への圧力を強めている。一部の非定住者が今月、暴動を起こしたのがきっかけで、仏政府は28日、ロマらの違法キャンプを撤去するなどの方針を決めた。だが長い間、差別されてきた人々への強権発動は、国際社会や人権団体から大きな反発を招いている。

 仏中部の町で18日、非定住者50人が、警察署や商店を襲撃したり、駐車車両を燃やす暴動が発生した。その数日前、近くを車で通行中の非定住者の男性(22)が警察の検問を無視して逃走、警官に射殺されており、暴動はこれに対する報復とみられている。

 サルコジ大統領は28日、緊急の閣僚会議を招集し、▽ロマを中心とした300カ所の違法キャンプの撤去▽国外から来たロマが罪を犯した場合、即時の強制送還▽非定住者の納税状況の調査−−などの方針を決めた。

 大統領府は、ロマをより簡易に国外追放できる法案を年内にも提出する方針も示している。

 仏は暴動後に開かれた欧州連合(EU)外相会議で、「ロマ問題の解決でEUは協力すべきだ」と主張した。だが60万人と多くのロマを抱えるルーマニアは、「ロマを犯罪集団として扱うべきではない」と反発。欧州の人権組織「欧州会議」(47カ国)の幹部も、「仏は非定住者と市民を平等に扱うべきだ」と指摘している。

 一方、仏の人権団体「人権連盟」のサロンクール副会長は毎日新聞に「今回の仏の措置は、暴動を口実にした非定住者やロマの摘発で、差別だ」と批判している。

 フランスの非定住者は一般的には、キャンピングカーで国内各地を移り住む元遊牧民など約40万人を指し、国外から来たロマ2万人とは区別される。今回、暴動を起こしたのは非定住者で、仏の人権団体は、政府の対応を「非定住者とロマを混同している」とも批判している。

 ◇ことば・ロマ
 インドが起源とされる流浪の民族で、欧州には推定で1000万人以上が在住。ルーマニアなど中・東欧を中心に定住する一方、移動を続ける人もいる。欧州で非定住者やロマらはジプシーなどと呼ばれ差別されてきた。

http://mainichi.jp/select/world/news/20100731k0000m030105000c.html

【コメント】

ロマの問題ですが私自身、パリ滞在中にロマにしつこく付きまとわれた経験が
ありますが、ロマは非常の欧州では社会問題のなっているようです。
欧州では移民やイスラム教徒とならぶ大きな問題になってきています。
ロマの弾圧の歴史を見るとあまり触れられませんがナチスドイツも
ロマの大虐殺を行っています。その意味で弾圧の歴史と捕らえる見方も
あります。

難しい局面になっていますね

a7c3da9d.jpg謝罪なければ断交、イスラエルにトルコ外相

 【カイロ=田尾茂樹】トルコのダウトオール外相は5日、トルコ人9人が死亡したパレスチナ支援船強襲事件で、イスラエルが謝罪しなければ、外交関係を断絶すると警告した。


 トルコ紙ヒュリエトとのインタビューで語った。これに対し、イスラエルのリーベルマン外相は同日、「謝罪する意思は全くない」としており、両国関係が今後、一段と緊張する恐れが出てきた。

 ダウトオール外相はインタビューで、「イスラエルには三つの選択肢がある。謝罪するか、国際調査委の設置を認めてその結論を受け入れるか、(トルコとの)関係を断つかだ」と述べた。

 ダウトオール氏は6月30日、イスラエルのベンエリエザー通産相と秘密裏に会談、関係修復への動きも見られたが、ネタニヤフ首相は「正当防衛」を主張し、トルコ側の要求を拒否。国連提案の国際調査も拒み、独自の調査委を設置した経緯がある。

 ダウトオール氏は「イスラエルが何も行動を起こさなければ、孤立化が進む」と要求受け入れを迫っており、イスラエル側が強硬姿勢に徹した場合、軍事協定などで結ばれてきた両国関係のさらなる悪化は避けられない。エジプトとヨルダンを除き、周辺国と国交のないイスラエルにとって、トルコはイスラム諸国の中で最大の友好国だった。トルコとの軍事協力は敵対するシリアなどに対する安全保障上重要な意味があり、断交という事態になれば、深刻な影響も予想される。

 6日には、ネタニヤフ首相が訪米し、オバマ米大統領との会談を控えていることから、今回の発言には、イスラエルの後ろ盾となっている米国に、事態の打開に向けた対応を促す狙いもあるとみられる。

(2010年7月5日20時49分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100705-OYT1T00989.htm?from=navr


Israël-Palestine, conflit sans fin?
Le processus de paix entre les deux parties est-il mort ?Monde 05/07/2010 à 13h34 (mise à jour à 15h04)
Turquie-Israël: «La diplomatie de dialogue a été carbonisée en quelques mois»

Les propos du ministre turc des affaires étrangères Ahmet Davutoglu menaçant à nouveau «d’une rupture des relations diplomatiques» avec Israël si l’Etat hébreu ne s’excuse pas pour le raid de ses forces contre une flottille humanitaire le 31 mai, ont relancé les interrogations sur la nouvelle politique étrangère d’Ankara.

Le gouvernement de Recep Tayyip Erdogan, le leader de l’AKP, parti issu du mouvement islamiste, a-t-il changé les priorités de la politique extérieure de ce pays pilier du flanc sud-est de l’Otan, qui a commencé les négociations pour son intégration à l’Union Européenne en octobre 2005?

La diplomatie d’Ahmet Davutoglu inquiète Washington comme les capitales européennes mais suscite aussi toujours plus de polémiques au sein même du pays. Spécialiste des questions européennes, l’universitaire turc Cengiz Aktar répond aux questions de Libération.

Les propos d’Ahmet Davutoglu vous ont-ils surpris?

Ils sont dans la logique de ce que cet ancien professeur de relations internationales et conseiller de Recep Tayyip Erdogan dit et fait depuis son entrée en fonction. Et surtout depuis l’intervention des commandos de marine israéliens sur le Mavi Marmara qui a fait huit morts turcs et un turco-américain. Mais je crois que ces excès de langage qui sont aussi ceux du Premier ministre relèvent plus de l’improvisation, de la maladresse, de l’«ubris» (l’ivresse) d’une popularité croissante dans le monde arabo-musulman que d’une poussée de fièvre idéologique.

Pourquoi cette politique suscite-t-elle des doute en Turquie, notamment parmi les diplomates et même dans certaines franges du parti au pouvoir?

La grande idée de la politique étrangères lancée par Ahmet Davutoglu est celle du «zéro problème» avec les voisins et il est évident qu’il y a pour la Turquie un énorme rôle à jouer dans la région. Mais pour pouvoir le faire et pour être un médiateur crédible dans une région aussi explosive, il faut être équidistant entre toutes les parties en présence. Y compris, donc, Israël. Et la Turquie est aujourd’hui perçue souvent comme alignée sur le Hamas et l’Iran. Elle ne peut pas être influente sur la scène internationale et régionale en antagonisant les liens euro-atlantiques qui ont été les piliers de son action diplomatique depuis 1945. La nouvelle politique orientale menée par Ankara ne peut remplacer sa politique traditionnelle tournée vers l’occident. Et d’ailleurs je ne crois pas que ce gouvernement le veuille. Mais ses maladresses aboutissent à ce résultat. La Turquie pouvait être porteuse de la force tranquille de l’Europe dans la région et y exporter la diplomatie de dialogue que l’Union n’arrive pas à mener faute de vision. Tout cela a été carbonisé en quelques mois.

Vous êtes très dur sur le bilan de la politique étrangère du gouvernement Erdogan. Pourquoi?

Il faut regarder les faits et pas s’en tenir seulement aux déclarations d’intention. Les deux seuls résultats concrets obtenus ces deux dernières années dans la zone ont été l’élection du nouveau Premier ministre libanais, où Ankara a agi de concert avec Damas et Paris, et le rôle joué par la Turquie en Irak vis-à-vis des tribus arabes sunnites pour les amener à rejeter Al-Qaeda. Pour le reste, il n’y a que des mots. Le processus de normalisation diplomatique avec l’Arménie lancé il y a bientôt un an, avec la signature des protocoles à Zurich, est aujourd’hui gelé. Le processus d’adhésion à l’Union Européenne est encalaminé à cause de l’attitude de nombreuses capitales européennes, mais la véhémence turque sur Gaza ou l’Iran ne fait qu’accroître la méfiance.

Les relations avec Washington ont rarement été aussi mauvaises surtout après le «non» turc au Conseil de sécurité sur les sanctions à l’Iran pour son programme nucléaire alors même que Barack Obama s’était entretenu directement avec Recep Tayyip Erdogan. On peut certes comprendre pourquoi la Turquie y était hostile, notamment en raison des liens économiques et commerciaux avec ce pays. Mais ils ont été très maladroits et leur contre-proposition de compromis avec Téhéran négociée en commun avec le Brésil n’en était pas une. Tout cela n’est pas très étonnant car en réalité la Turquie manque de mémoire et de connaissance sur le Moyen-Orient. Et aujourd’hui la relance du conflit kurde et les menaces des rebelles compliquent encore la donne pour Ankara. Un pays qui se trouve face à un problème domestique aussi sérieux peut-il vraiment faire la leçon à ses voisins et représenter un facteur de stabilité dans son étranger proche? Je crains que pour résoudre ce conflit la Turquie n’ait elle-même besoin d’une médiation internationale.

http://www.liberation.fr/monde/0101645266-turquie-la-diplomatie-de-dialogue-a-ete-carbonisee-en-quelques-mois

【コメント】
上は読売新聞とフランス紙のリベラシオンの記事です。
トルコとイスラエルの関係が最悪の状況になています。問題はイスラエル政府が
国際調査団の受け入れも謝罪も否定しているのが原因だと思います。
イスラエルも自分たちに不正な点がなければしっかりとした対応をすべきだと
思います。

≪映画クロッシング≫トークイベント!!
ゲスト


images☆宋 允復さん(NO FENCE事務局長)
1967年生まれ。1993年から統一日報記者。2003年より韓国語通訳・翻訳業の傍ら「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」及び「NO FENCE」の活動を精力的に行っている。



photo18mino☆三野由美子さん(藤沢市議会議員/北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川地方議員の会)

1965年香川県生まれ。2003年年4月藤沢市議会議員初当選。日本会議首都圏地方議員懇談会副幹事長/ 北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川地方議員の会/民主党 現在、二期目



GetAttachment☆川添友幸さん(北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会代表)
1978年神奈川県生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、現在、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」メンバーとし独裁国家での報道の自由等の人権問題に取り組む活動をしている。

7月25日 (日)18時10分〜上映終了後
(イベントは20時10分からスタートしす)

フジサワ中央住所:神奈川県藤沢市藤沢93フジサワ中央1 
TEL:0466-26-9481藤沢駅北口〜ビックカメラとスルガ銀行間抜けて直進。
みずほ銀行藤沢店横遊行通り商店街を徒歩5分
http://www.chu-oh.com/

無事でよかったです

タリバンに拘束の常岡さん「健康状態よい」、毎日新聞が電話で接触

  • 2010年06月17日 17:15 発信地:東京

【6月17日 AFP】毎日新聞(Mainichi Shimbun)は17日、3月下旬にアフガニスタンで取材中に消息を絶ったフリージャーナリストの常岡浩介(Kosuke Tsuneoka)さん(40)の電話取材に成功したと報じた。常岡さん本人が、同国の旧勢力タリバン(Taliban)に拘束されているが「健康状態はよい」と語ったという。

 同紙は常岡さんと拘束グループに約30分間のインタビューを行った。常岡さんは「健康状態はよく、けがもない」と述べた。日本にいる両親には「心配しないで待っていてほしい」と語った。

 また常岡さんを拉致している組織の人物は同紙に対し、「服役中の仲間の釈放を日本の大使館に求めたが『権限が及ばない』と拒否された」と述べたという。

 一方、共同通信は同日、アフガン治安当局者の話として、タリバンがアフガニスタン政府に常岡さんの身代金を要求しており、数十万ドル(数千万円)の金額で交渉が推移していると報じた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2736352/5888363

【コメント】
常岡さんの件は4月にパリに行った時に国境なき記者団のアジア担当デスクのバンサン氏も非常に気にしているようでした。この問題はこう着状態が続いていましたから進展を気にしています。

ひどい話です

1452903306
ガザ支援船急襲問題、イスラエルは国際調査団を拒否

2010年 06月 7日 11:39 JST
 
 [エルサレム 6日 ロイター] パレスチナ自治区ガザへ向かっていた国際支援船団をイスラエル軍が急襲した問題で、国際社会から非難を受けているイスラエルは6日、国連の潘基文事務総長が提案した国際調査団の設置を拒否した。

 イスラエルのオレン駐米大使は6日、米テレビ番組「フォックス・ニュース・サンデー」で「国際調査団を拒否する。(独自の)調査を行う方法についてオバマ政権と協議している」と述べた。

 先月末に起きたガザ支援船急襲事件では、トルコ国籍の活動家9人が死亡。この問題では、イスラエル当局者が、ニュージーランドのパーマー元首相を団長にしたトルコ、イスラエル、米国の代表者で構成する国際調査団の設置案を潘事務総長から提示されたと明らかにしていた。

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-15698820100607


1452903306
1452903306Thousands take to streets in protest over Israel’s actions on Gaza aid ships

Demonstrators in Edinburgh raise their flags to protest against the Israeli action

6 Jun 2010

Protests over Israeli action against Gaza aid shipments brought thousands of people on to the streets of Britain yesterday with demonstrations in Edinburgh and London.

The rallies, which were replicated in other cities around the world including Dublin, Paris, Istanbul and Cairo, came as another vessel carrying aid, the 1200-tonne Rachel Corrie, was boarded by Israeli soldiers before being taken into the port of Ashdod.

The army said the ship had been boarded “with the full compliance of the crew and without incident”. Organised by the Free Gaza Movement (FGM) and captained by a Scot, Eric Harcus, the vessel – named after a pro-Palestinian activist killed in Gaza in 2003 – was the latest attempt to break the four-year-old blockade imposed by Israel on Gaza.

Yesterday’s Israeli raid met with no resistance and contrasted with the confrontation earlier this week when Israeli commandos blocked ships and boarded the Turkish vessel Mavi Marmara killing nine activists.

In an extended interview in today’s Sunday Herald, Edinburgh-based activist Theresa McDermott, 43, tells of watching the clashes aboard the Mavi Marmara from her own small vessel alongside, and of how at one point an Israeli soldier held a cocked pistol to her head threatening to shoot her. Yesterday, forensic evidence produced by the head of Turkey’s state forensics laboratory revealed that some of those killed on board the Mavi Marmara were shot at close range with what may have been pistols.

“The deaths of all nine were caused by bullets from firearms,” said Haluk Ince, chairman of the Forensic Medicine Council. “One body had two bullets in the arm, one in the back and one in the knee. In another patient, there was only one bullet: right in the centre of his brow.”

International outrage over Israel’s military action found voice yesterday on the streets of British cities. In Edinburgh as many as 5000 protesters marched through the city centre from The Mound to the US Consulate, via Princes Street.

Protesters held banners and flags and chanted “Free, free Palestine, end the siege of Gaza”. They then retraced their steps and headed for Bute House, the official residence of the Scottish First Minister. Speaking outside, SNP MSP Sandra White read out a message on behalf of First Minister Alex Salmond and the Scottish Government.

“The Scottish Government condemns the Israeli authorities’ actions that resulted in the tragic loss of life on the Mavi Marmara,” the statement read. “We have added Scotland’s voice to that of the wider international community in condemning it, and calling for the immediate lifting of the Israeli blockade of Gaza.”

The statement said the thoughts and support of the Scottish government were with the captain of the Rachel Corrie and the other – mainly Irish and Malaysian – activists on board. Scotland’s External Affairs Minister Fiona Hyslop MSP went on to say she had discussed yesterday’s boarding of the ship with Ireland’s Foreign Minister Micheal Martin.

“Micheal Martin and I both agreed that all the humanitarian aid, which includes vital medical supplies, wheelchairs and cement, must reach its destination,” said Hyslop, adding it was “imperative” that there is an impartial, UN-led inquiry into the violence on the Mavi Marmara.

http://www.heraldscotland.com/news/home-news/thousands-take-to-streets-in-protest-over-israel-s-actions-on-gaza-aid-ships-1.1033095?localLinksEnabled=false

【コメント】
今回の事件に対してイスラエルが国連の査察を拒否したそうです。
全くけしからん話です。何のための査察でしょうか??
自分たちに非がなければ国際社会の査察を受け入れるべきだと
思います。

開放されたようです

196acbbd.jpg

イランで拘束の仏女性、約10か月ぶりに帰国

  • 2010年05月17日 09:02 発信地:パリ/フランス

【5月17日 AFP】イランで前年6月、大統領選後の改革派デモに参加し、スパイ容疑で拘束されていたフランス人大学教員クロチルド・レス(Clotilde Reiss)さん(24)が16日、帰国した。弁護士が罰金約25万ドル(約2300万円)を支払ったことで実現した。一方、フランス政府はイラン政府との間で裏取引はなかったとしている。

 フランスの政府専用機でパリ(
Paris)郊外の空軍基地に到着したレスさんは、大統領府に移動し、家族とともにニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)大統領と面会した。

 面会後の記者会見でレスさんは、無実を主張しイラン政府に抗議を行った大統領に謝意を伝え、ともに拘束下にあり、死刑になった2人の男性に弔意を示した。

 サルコジ大統領は、レスさんは「称賛すべき勇気と威厳」を示したと述べた。

 レスさんは6週間にわたってテヘラン(
Tehran)のエビン(Evin)刑務所に拘置され、裁判の様子はテレビで放送された。レスさんをめぐる一連の動きでフランスとイランの緊張は高まっていたが、今回の帰国で幕引きとなりそうだ。(c)AFP/Nadege Puljak
http://www.afpbb.com/article/politics/2726926/5762998

イランで一時拘束の仏女性が帰国 大統領選の抗議デモを撮影

 【パリ共同】イランで改革派デモに参加したとして一時拘束され、保釈後も9カ月にわたり出国が許可されなかったフランス人女性大学講師クロチルド・レスさんが16日、テヘランからドバイ経由でフランスに帰国した。

 

 フランス政府専用機でパリ郊外の軍用空港に到着したレスさんは、車でただちに大統領府へ向かい、サルコジ大統領と会見。無実を訴え、イラン側に釈放を要求した大統領に感謝を伝えた。

 

 レスさんは不正が指摘された昨年6月のイラン大統領選の抗議デモを携帯電話で撮影し、友人に送信したとして、同7月「スパイ容疑」で拘束された。翌8月に保釈されたが、出国許可が出ずイラン国内に足止めされた。今月15日、裁判所に支払いを命じられた罰金30億イラン・リアル(約2800万円)を納め、出国が認められた。

 

 フランス政府は今月初め、イランに不法に軍事転用可能な機器を供与した疑いで拘束していたイラン人技術者について、米政府からの身柄の引き渡し要求を拒否してイランに帰国させた。

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2010051601000655_World.html

Polémique sur d'éventuelles «contreparties» à la libération de Clotilde Reiss

Clotilde Reiss à la sortie de l'Elysée, dimanche. (© AFP Thomas Coex)

Le chef de file des députés UMP Jean-François Copé a trouvé dimanche «extrêmement regrettables» les propos du porte-parole du PS Benoît Hamon affirmant qu’il y avait eu «manifestement des contreparties» à la libération par Téhéran de Clotilde Reiss.

«J’ai vu le petit début de polémique bien français auquel s’est livré» Benoît Hamon «et je regrette beaucoup que le porte-parole du PS se croie obligé de tenir des propos comme cela», a déclaré M. Copé sur i-TELE.

Benoît Hamon, porte-parole du PS, a estimé dimanche qu’il y avait eu «manifestement des contreparties» à la libération par Téhéran de la chercheuse française Clotilde Reiss, et a appelé le gouvernement, «qui a pris l’habitude de maquiller les choses», à s’expliquer et assumer.

Sur France Info, M. Hamon a déclaré: «Le gouvernement aurait avantage à s’expliquer et à dire clairement, plutôt qu’à nier l’évidence, les choix qu’il a faits, et qu’il les justifie. C’est toujours mieux quand on dit la vérité».

Cécile Duflot, secrétaire nationale des Verts, a déclaré dimanche que s’il y avait eu des contreparties à la libération de Clotilde Reiss par l’Iran, il valait mieux le dire.

Interrogée lors du Grand jury (RTL-Le Figaro-LCI) sur le démenti de tout marchandage formulé par le ministre Bernard Kouchner, Mme Duflot a répondu: «Tout le monde comprend qu’il y a aussi des hasards heureux, avec un vocabulaire ampoulé, la raison d’Etat…»

La libération de la jeune Française est intervenue quelques jours après le refus de la justice française d'extrader vers les Etats-Unis un ingénieur iranien, Majid Kakavand, qui a regagné l'Iran la semaine dernière.

Paris et Téhéran ont récusé tout lien entre ces dossiers. Le ministre des Affaires étrangères Bernard Kouchner a assuré sur Radio J qu'il n'y avait eu «aucun marchandage» ni «contrepartie» à cette libération.

Un peu plus tôt, Téhéran avait affirmé que la libération n'avait «rien à voir» avec celle de Majid Kakavand. Après l'élargissement de ce dernier, Téhéran avait toutefois déclaré espérer une «décision rapide» concernant Clotilde Reiss.

La justice française doit par ailleurs se prononcer mardi sur la libération conditionnelle de l'Iranien Ali Vakili Rad, condamné en 1994 en France pour l'assassinat de l'ex-Premier ministre iranien Chapour Bakhtiar, et dont le nom a été souvent cité dans le cadre de l'affaire Reiss.

http://www.liberation.fr/monde/0101635811-polemique-sur-d-eventuelles-contreparties-a-la-liberation-de-clotilde-reiss

【コメント】
クロチルド・レス(Clotilde Reiss)さんの件は以前もこのブログで紹介しました。解放は何よりですがイランの人権問題の根本的な解決にはなりません。特にクロチルド・レス(Clotilde Reiss)さんが昨年のイランでの大暴動の際に抗議活動を撮影していたと言う事で拘束されたのが大きな問題だと思います。昨年のイランの暴動では抗議活動がYOUTUBU等の投稿され
治安部隊によってネダ・アグハ・ソルタンさんの銃殺映像は衝撃は与えました。

可決されました

2e92aa27.jpg

仏下院、「ブルカ禁止」反対0で可決

 【パリ=林路郎】フランス国民議会(下院、定数577)は11日、イスラム教徒女性が着用し頭から足元までをすっぽりと覆う「ブルカ」や「ニカブ」の着用を法律で禁じるべきだとする決議を賛成434、反対0で可決した。


 フランスがベルギーに続いてブルカ禁止へ一歩を踏み出すことで、宗教の自由と人権をめぐる議論が欧州で高まりそうだ。

 サルコジ政権が今月19日、公の場所で広くブルカ着用を禁ずる厳格な法案を閣議に諮るのを前に、大統領与党・民衆運動連合(UMP)が決議案を提出した。

 採択された決議は、ブルカ着用を「女性の尊厳と男女同権という共和国の価値に反する過激な慣行」とし、最大野党・社会党も支持に回った。緑の党と共産党の一部議員は採決に参加しなかった。

 下院は7月に政府法案を審議するが、禁止の範囲をめぐって審議が紛糾する可能性もある。仏国務院(行政最高裁)は3月、公共の場でのブルカ着用を全面禁止することは、「自由や人権と相いれず違憲の疑いがある」とフィヨン首相に勧告した。

 政権がこれを振り切って厳格な禁止を目指す背景には、3月の地方選で大きく躍進した移民排斥の極右勢力・国民戦線の支持基盤を突き崩したい思惑がある。

2010年5月12日19時25分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100512-OYT1T00958.htm

【コメント】
この問題は以前からこのブログでも取り上げています。
ついに可決さらたようですね。欧州でのイスラム教の
問題はなかなか難しいと思います。

独裁国家が人権理事会理事国入りか??

62e0a9ff.jpg

イラン、国連人権理事国選の立候補取り下げ 勝機なく?

 【ニューヨーク=丹内敦子】イランは23日、国連の人権理事会で5月にある理事国選挙への立候補を取り下げる方針を表明した。国連外交筋が明らかにした。イランの人権問題についてはNGOなどから強い批判の声が上がっており、「選挙に勝つ見込みがないからでは」との見方が出ている。

 イランは2006年の人権理事会発足時の選挙で落選。米国などの強力なロビー活動があったとされる。イラン大統領選後の昨秋には、国連総会第3委員会(人権)で人権状況に深刻な懸念を示す決議が採択されていた。ただ、国連の選挙では「票の貸し借り」が頻繁にあるため、他のポストと調整して取り下げた可能性もあると見られている。


http://www.asahi.com/international/update/0425/TKY201004240400.html

【コメント】
このような問題に対しては以前から取り上げていますが
以前もフランスの国際人道団体の「国境なき記者団」
がアルジェリアやリビアやルワンダのような
人権弾圧国家が人権委員会(人権理事会前身)の理事国に
なっている事に対して「馬鹿げている」と批判しています。
世界の半分以上の国は専制政治や独裁国家ですから
このような国連の人権理事会の仕組みは非常に難しいですね。

難しい問題です

38509225.jpg

フランス:ニカブ着て運転「違反」 「人権侵害」女性が仏当局告発 禁止法案に影響も

 【パリ福原直樹】フランスで、イスラム教徒の女性(31)がヘジャブ(かぶりものの総称)の一種で目だけを出すニカブ姿で車を運転し、「視界を遮る」として交通違反で摘発された。女性側は当局を人権侵害で告発したという。ニカブやブルカ(ヘジャブの一種で顔をすっぽり覆う)の全面禁止法案を巡る国会審議を前に、政治問題に発展する可能性もある。

 関係者によると、女性は今月初め、仏西部ナントで車を運転中、警官に停止を命じられ22ユーロ(約2800円)の罰金を科された。警官は「あなたの国の事情は知らないが、フランスの事情は違う」と発言。女性は「私はフランス人だ」とニカブを外したという。

 女性の弁護士は「フルフェースのバイクヘルメットの方が視界を遮る」と反発。AFP通信によると、政府幹部は「女性の夫はアルジェリア出身で、(原理主義者に多いとされる)複数の妻を持っている可能性がある。調査次第で(原理主義者の疑いが強まれば)夫は国籍を失う」と移民省に報告したという。

 フランス下院は来月、ニカブやブルカなどの全面禁止法案を審議する。摘発について、野党の社会党幹部は毎日新聞に「政治的だ」との見解を示した。
http://mainichi.jp/select/world/news/20100424dde035030050000c.html

【コメント】
フランスのブルカ問題は大きな問題ですがフランスに行ったときに
イスラム教徒の方が多数おられいました。非常に難しい問題ですが
ブルカ問題はなかなか結論が出ない問題です。

的確な判断だと思います

a0048380_20102451北との対話は「下策」…仏外相、下院で証言


 「人権対話の開始」は北朝鮮が提案した。クシュネル外相は「他国の核開発を手助けしている国との対話は外交として下策であり、我々は急がない」と語った。

 フランスは欧州主要国で唯一、北朝鮮と国交がなく、サルコジ政権がその樹立を模索。ラング特使を11月に北朝鮮へ派遣し、可能性を探っている。ラング特使は訪朝時に、仏文化関連施設の平壌への設置を打診。北朝鮮もこれを受け入れた。

2009年12月23日22時20分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091223-OYT1T00832.htm

【コメント】
ジャック・ラングの訪朝以降、フランスは国交正常化に
舵を切っと思いましたがクシュネル外相に
発言でまだ時間がかかりそうです。
まあクシュネル外相の判断を評価したいと
思います。

心配です

12601869681795729797ハイダー氏:スペイン政府、支援へ ハンスト3週間で衰弱

 【パリ福原直樹】モロッコ領西サハラの独立を求める国際的な女性人権活動家アミナトゥ・ハイダー氏(43)が、故郷・西サハラへの帰還を求めスペインで実行中のハンストが7日で約3週間となり、医師が「数日で死亡する」と診断する事態となっている。スペイン政府は、ハイダー氏の政治活動を支援する方向で動き出した。

 AFP通信などによると、ハイダー氏は米国旅行後の11月、西サハラへ戻ろうとしたが、モロッコ政府から拒まれた。このため送還先のスペイン領カナリア諸島の空港で同16日にハンストを開始。医師は5日、「ハンストをやめても死亡する可能性がある」と衰弱ぶりに懸念を示した。

 このためスペイン政府は7日、「ハンスト以外の方法で政治活動を続けるよう」ハイダー氏に求める動議を議会に提出。故郷に帰還できるようスペイン市民権の付与も申し出た。だが、同氏は「外国人として帰還したくない」と拒否している。

 西サハラ(約27万平方キロ)はスペイン領土だったが、79年以降、モロッコが領有を主張し、独立を求める住民と対立。国連仲介の和平交渉も行われた。ハイダー氏は08年に米国のロバート・F・ケネディ人権賞を受賞している。

http://mainichi.jp/select/world/news/20091209k0000m030049000c.html

【コメント】

アミナトゥ・ハイダー氏の体調が心配です。
ハンストの抗議も良いですが体調が
心配です。

まさに

c102a2ab.jpg

●今度は自分が靴投げられる ブッシュ氏攻撃のイラク記者
 (12/02 12:37)

イラクのテレビ記者ムンタゼル・ザイディ氏(AP=共同)

 イラクの首都バグダッドで昨年12月、ブッシュ米大統領(当時)に靴を投げたイラクのテレビ記者ムンタゼル・ザイディ氏が1日、パリで記者会見中、別のイラク人から靴を投げられる騒ぎがあった。英BBC放送などが伝えた。

 靴はザイディ氏がかわしたため当たらなかった。フランスメディアによると、投げたのは米国のイラク政策を支持している記者で、ザイディ氏を非難していた。一方ザイディ氏は騒ぎの後「彼はわたしのテクニックを盗んだ」と皮肉った。

 AP通信によると、靴を投げた男が部屋を出るところをザイディ氏の親族が追いかけ、靴で攻撃し返した。同氏はイラク戦争の犠牲者について会見中だった。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/203237.html

●イラクの靴投げ記者、パリで会見中に靴投げられる

2009年 12月 2日 15:07 JST
 
[パリ 1日 ロイター] 昨年12月にイラクを訪問したブッシュ米大統領(当時)に靴を投げ付け、有罪判決を受けたイラク人記者ムンタゼル・ザイディ氏が1日、パリで記者会見中に、別のイラク人記者から靴を投げられた。

 この記者会見は、イラクの戦争犠牲者についての活動のためにザイディ氏が開いたもので、テレビの映像によると、投げ付けられた靴はザイディ氏に当たらなかった。

 フランスのメディアによると、今回靴を投げたイラク人記者は米国のイラク政策を支持する発言をし、ザイディ氏が独裁主義に同調していると非難していたという。


 ザイディ氏は、訪問中の国家元首に対する暴行罪で禁固3年を言い渡されたが、後に1年に減刑され、9月に早期釈放されていた。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-12738520091202

【コメント】
まさにイスラム教の目には目、歯には歯ですね。
イラク戦争の評価は非常に難しいと思います。
正当な評価を出すにはまだ時間がかかると
思います。

フランスに行きます

明日からアジア報道と人権ネットワークの代表の川添が
所用でフランスのパリに行きます。パリ滞在中には
私たちが応援している「国境なき記者団」のオファイスも
訪れる予定で、「国境なき記者団」のアジア担当の
バンサン・ブロセルさんとも面会予定で情報交換や
今後の連携も相談したいと思います。

以下がバンサン・ブロセルさんの記事です。
(週刊ダイヤモンド2008年10/25日特大号 [World Voice])


中国政府が北京五輪前に封殺した
メラミン汚染事件“大スクープ”

「国境なき記者団」が明かす衝撃の事実

中国国内において多数の死亡者を出した乳製品のメラミン汚染事件。実は、中国政府が公表する1か月半前に事件を報じようとした週刊誌があった。調査報道で知られる広州の「南方週末」である。スクープはいかにして握りつぶされたのか。中国の“報道の自由”の行方と合わせて、その内幕を、「国境なき記者団」の名物デスクが明かす。(聞き手/ジャーナリスト 矢部武)

worldvoice2701
国境なき記者団 アジア・太平洋担当デスク バンサン・ブロセル

 中国政府が乳児用の粉ミルク汚染問題を公表したのは今年9月11日だが、実はその1ヵ月半前にそれを報じようとした中国人ジャーナリストがいた。調査報道で知られる、中国最大の週刊紙「南方週末」(広東省広州)の記者だ。彼は7月末、三鹿集団と関連企業による汚染粉ミルク事件の記事を書いたが、編集長は掲載しなかった。それはなぜか。

 北京五輪が開催される前、中国政府は国内メディアに五輪期間中に言及すべきでない“21項目の報道規制”を配布。そのなかには中東問題やダルフール紛争、チベット解放、宗教の自由などの他、食品の安全性も含まれていた。つまり、「敏感な食品問題を報道すると中国の悪いイメージを与えかねないので控えるべき」とされたのだ。

 同紙の編集長は政府と問題を起こしたくないと考え、スクープ記事の掲載を見送ったのだろう。それと、巨大企業で影響力も大きい三鹿集団が、メディアに圧力をかけたことも考えられる。 

 五輪開催前の中国は、当局による締めつけがひどかった。2007年12月から8カ月間に、中国人の人権活動家、記者、インターネットのプロバイダー、ブロガーなど30人が逮捕・拘束された。政府を批判したり、チベット問題、政府の腐敗、環境汚染などに言及したというのが理由だ。

 多くは短期間で釈放されたが、人権活動家の胡佳氏のように3年半の懲役刑を言い渡された者もいる。我が団体、国境なき記者団(RSF)は、現在も投獄されている12人の釈放を中国政府に求めている。

 五輪期間中は、外国人記者への取材妨害も相次いだ。中国外国人記者クラブ(FCCC)によると、7月25日からの1ヵ月間に取材妨害や嫌がらせ、暴力などを受けた外国人記者は63人にのぼった。競技スポーツの報道は自由にできたが、それ以外の社会・政治問題などを取材しようとすると問題が起きたのだ。

http://diamond.jp/series/worldvoice/10027/

中国政府が北京五輪前に封殺した
メラミン汚染事件“大スクープ”

「国境なき記者団」が明かす衝撃の事実

 中国にいる外国人記者は、以前は取材旅行や中国人へのインタビューをする場合、政府の許可を得なければならなかった。たとえば、北京在住の記者が勝手に湖南や広州などへ行くことは許されず、非常に厄介だった。申請の手続きが面倒だったり、何日も待つことになったりするので、最初から諦めてしまうこともあった。

 中国政府は2007年7月、外国人記者への報道規則を変更し、許可なしで取材旅行やインタビューをできるようにした。この新規則があったにもかかわらず、五輪期間中は取材妨害が行なわれたのだ。

 2001年、国際オリンピック委員会が北京五輪の開催を承認した時、RSFは中国政府に「五輪開催国にふさわしい行動を取るべきだ」と主張し、報道・言論の自由の促進などを求めた。中国政府はその後、「五輪期間中は報道の自由を確保する」としたが、その約束は守られなかった。

 中国メディアの報道の質は良くなっているが、報道の自由度はまだまだ低い。RSFが発表している“世界の報道の自由度ランキング”(2007年)では、中国は167カ国のなかで162位である。

 とはいえ、長期的にみれば、北京五輪の開催は中国の報道の自由に大きな意味を持つだろう。外国人記者が増えたことで中国人記者もいろいろ良い影響を受けるだろうし、結果的に人々がより多くの大切な情報を得ることができる。また、中国政府も五輪を経験して、真の意味で世界の大国になるには国際ルールを守り、情報をもっとオープンにしなければならないと認識するだろう。

 中国では最近、政府に対する抗議デモ、暴動が増え続け、昨年は4万件を超えた。中国政府はいつまでも、報道の自由や民主化を求める人々の声を無視し続けることはできないだろう。(談) 

バンセン・ブロセル
(Vincent Brossel)
フランスのトゥールーズ大学で政治学修士号を、ボルドー大学で同博士号を取得する。1996年から1999年までペルーの情報通信関係のNGOで、コミュニティメディアの開発を支援。その後、報道の自由の擁護を目的とした国際ジャーナリスト組織“国境なき記者団”(RSF、本部:フランス・パリ)に加わり、アジア・太平洋担当デスクとして、中国、アフガニスタン、ネパール、チベット、韓国、スリランカなどの調査、報告書作成に携わる。

http://diamond.jp/series/worldvoice/10027/?page=2

ダライ・ラマ、パリ到着 「名誉市民」授与へ

ダライ・ラマ、パリ到着 「名誉市民」授与へ

2009.6.6 21:49


erp0906062152008-p1
パリ近郊のシャルル・ドゴール空港に到着したチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(ロイター)

 【パリ=山口昌子】ノーベル平和賞受賞者でチベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が6日、パリに到着した。パリ市のドラノエ市長から7日に「名誉市民」の称号を受ける。

 ダライ・ラマは記者団に対し、称号授与は「名誉」と答えた。ダライ・ラマはフランスに先立ちデンマーク、アイスランド、オランダを歴訪。中国政府は新たに称号授与を非難したほか、ダライ・ラマの訪問先の国を「2国間関係の悪化になる」と非難している。

 フランスと中国は、サルコジ大統領ダライ・ラマが昨年、ポーランドで会談したこともあり一時、関係が極度に悪化した。ダライ・ラマは6日に支援を受けている国民議会(下院)議員グループや仏在住の中国人と会うほか、滞在中に「旧友、政治家、企業人、知識人に会う」と述べている。

http://sankei.jp.msn.com/topics/world/1738/wld1738-t.htm

ea7cfb19.jpg







【コメント】
ダライ ラマがパリの名誉市民になりましたね。フランスは
いろいろ政治的な批判もありますがダライ ラマの
フランスの名誉市民へを評価したいですね。

ダライ・ラマ6月に訪仏へ パリ名誉市民に

ダライ・ラマ6月に訪仏へ パリ名誉市民に

2009.5.2 23:34
このニュースのトピックス:中国

 フランス公共ラジオによると、パリのチベット亡命政府事務所当局者は2日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が6月6日−8日の日程でパリを訪問する、と述べた。

 gbh0806242032112-p4パリ市議会は昨年4月、ダライ・ラマにパリ名誉市民の称号を贈ることを決めており、今回の訪問の際にドラノエ市長から正式に授与される見通し。

 フランスのサルコジ大統領は昨年12月、ダライ・ラマとポーランドで会談し、中国政府の猛反発を受けたが、当局者は「今回の訪問でフランス政府当局者との会談は予定されていない」と述べている。

 ダライ・ラマは6月6日にパリ入りし、7日にはパリの催事場で「倫理と共同体」をテーマに講演する予定。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090502/chn0905022336003-n1.htm

ダライ・ラマは中国にとって「解決に不可欠」、米オバマ政権ブレーン

  • 2009年05月03日 18:37 発信地:ワシントンD.C./米国

【5月3日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obam)米大統領のアジア政策担当の側近が1日、中国政府はチベット問題において、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(73)の孤立を狙うのではなく、「解決とは切り離せない」とみなすべきだと述べた。

 発言したのは国家安全保障会議(
National Security CouncilNSC)のジェフ・ベーダー(Jeff Bader)アジア上級部長で、中国系米国人のグループ「コミティー・オブ・100(Committee of 100)」の会合で、同グループが中国政府に持つ影響力を生かし、ダライラマに対する見方を変えるよう同政府に働きかけるべきだと呼び掛け、「ダライ・ラマはチベット問題の一部なのではなく、解決の一部だと中国幹部を説得すべき」だと述べた。

 dalai_lama中国政府はダライラマについてチベットの分離独立主義者だとみなし、オバマ米大統領をはじめ世界の指導者たちに、ダライ・ラマと会見しないよう圧力を強めている。

 ダライ・ラマは50年前、チベット動乱に対する中国政府の弾圧を逃れて以来、インドへ亡命している。前週、訪問先の米ボストン(
Boston)でチベットへ帰りたいかどうかを尋ねられたダライ・ラマは笑顔を浮かべ、「もちろん、チベット人ならば誰でもそう思っている。中国の指導部がもっと広い考え方をしさえすれば、解決には2、3日もかからない」と英語で答えた。(c)AFP/Shaun Tandon

http://www.afpbb.com/article/politics/2599035/4071002

【コメント】
昨年、パリの聖火リレーでの抗議は凄い抗議でした。
やはり、人権の国を感じました。今回のダライ・ラマの
パリ名誉市民に就任に大歓迎です。

以下は昨年のパリの聖火リレー抗議の動画です。



理由は「あなたの安全のため」 チベット取材妨害

e372a403.jpg

理由は「あなたの安全のため」 チベット取材妨害

2009.3.16 18:57

 中国の支配に抗議するチベット民衆と人民解放軍が衝突したチベット動乱から50周年を迎えた今月、チベット自治区やチベット族自治州に赴いた多くの外国人記者が、「身の安全」などを表向きの理由に取材を妨害されている。

 「これはあなた自身の安全のためだ」−。15日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、2月下旬、中国甘粛省甘南チベット族自治州瑪曲県で取材中だった同紙記者は、武装警察官にパスポートを取り上げられ、こう説明されて北京行きの飛行機に乗せられた。

 11日には、青海省黄南チベット族自治州同仁県に向かおうとしたフランス通信(AFP)の記者が行く手を阻まれた。積雪と「公共の安全」がその理由。警察官に詳しい説明を求めている間、他の車は次々と検問所を通過していったという。

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)によると、ここ数週間で少なくとも14人の外国人記者が自由な訪問が許可されているはずのチベット族自治州で拘束された。イタリアの通信社ANSAの記者は青海省のチベット仏教の僧院を取材後、一時拘束された。AFP記者も同省の僧院で、「ここは公共の場ではない」として警察官に退去を強いられた。その他、スペインやフィンランドなどの記者が尋問を受けたという。

 北京にある駐華外国記者協会のジョナサン・ワッツ会長は9日付の声明で、「記者は自らの権利内でチベット族居住区に赴いている。拘束や妨害によって、治安組織は彼らの行動に対する疑念を膨らませている」と述べ、昨年10月に発表された外国人記者に対する取材規制緩和規定を順守し、チベット自治区取材を解禁するよう中国政府に求めた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090316/chn0903161859000-n1.htm

【コメント】
チベットでの取材の妨害をひどい状況です。「あなたの安全のため」とは
本当に人を馬鹿にした理由です。独裁国家でのマスコミの
弾圧には怒りを感じます。



Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ