残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

国会

国会事故調とプロメテウスの罠で東電原発事故の真相に迫れるか

ec190f529398f10e30d57889083da076国会事故調 初期対応 さらに検証を

 国会の東京電力福島第1原発事故調査委員会(国会事故調)はきのう、菅直人前首相から2時間半にわたって参考人聴取した。国政調査権の発動要請が可能な国会事故調。ヒアリングの一つのヤマ場だった。

 菅氏は冒頭、戦後日本は原子力平和利用の名のもと、原発立地の安全対策が不十分だったと指摘し、福島原発も例に挙げた。「原子力村」の言葉も用い、「原発は国策であり、事故を防げなかった最大の責任は国にある」と謝罪した。

 「事故は避けられなかったか」という根本的な問いに対する答えでもある。

 官邸の初期対応をめぐっては多くの疑問点が委員側から示され、逐一回答があった。未曽有の危機に直面した時、この国の政府最高首脳はどう対処すればいいのか。ただ、いずれのやりとりでも、一つの限界を痛感せざるを得ない。

 菅氏は原子力事故が起きた時、どのような権限が首相にあるのか、就任後に詳しく聞いたことがなかったという。「早くから東電との対策統合本部の体制にすればよかった。今の法律(原子力災害対策特別措置法)の不備だ」と述べた。

 反省の弁としては分かるが、政治家なら非常時の統治機構の問題として今後に生かさなければ意味がないだろう。

 前日の枝野幸男経済産業相(事故当時、官房長官)の発言と合わせると、事故直後の官邸と東電などの意思疎通の問題、危機管理の問題には看過できない部分が多々ある。それが事故の過小評価、ひいては原発周辺の住民への情報開示の遅れなどにつながったのではないか。

 たとえば枝野氏は炉心溶融(メルトダウン)の可能性について発表をためらったことはないという。半面、「原子力・安全保安院は同時に官邸にも情報を入れてほしい」という言い方もしたようだ。

 結果的には保安院などの情報発信にブレーキをかけた可能性はないだろうか。

 また、1号機を冷却する海水注入の「中断」や東電の「全面撤退」の動きなどをめぐり、菅氏の現場への過剰な介入が事故調で再三取り沙汰されているが、真相ははっきりしていない。政治家と東電の見解は真っ向から対立している。

 原子力村の閉鎖性が非常事態に影響したのか、菅氏の過剰な介入があったのか、さらに検証が必要だろう。国会事故調は引き続き東電の清水正孝社長(当時)を招致し、菅、枝野両氏らの発言と突き合わせてほしい。

 国会事故調は細野豪志原発事故担当相からの聴取を除いてインターネットの動画サイトで記者会見を含めて完全中継し、途中から英語の同時通訳も付けている。

 黒川清委員長は「この素材をもとにメディアもしっかり検証してほしい」と注文した。自戒を持って受け止めたい。

 原子力安全行政へ国民の信頼は今、地に落ちている。

 その原子力安全行政を一元化する原子力規制庁の設置関連法案は29日に国会審議入りする。事故の背景にある「安全文化の欠如」に注目する国会事故調の検証を、反映させる必要があるのではないか。「脱原発依存」を目指すエネルギー政策の将来像にも生かすべきだ。

http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201205290079.html

国会での東電原発事故のヒアリングが進んでいます。大震災当時の
東電幹部や政府関係者への聴取が進んでいます。
しかし、真相はまだ闇の中です。特に責任の所在も
押しつけるやり方に憤りを感じます。以前、朝日新聞の
「プロメテウスの罠」の紹介をしました。
プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
クチコミを見る
今回の菅直人元総理のヒアリングを聞いていても
この本との食い違いがはっきり出ています。
真相を迫るためにもジャーナリズムの力が
必要だと思います。

北朝鮮 院内集会「STOP! 北朝鮮の人道犯罪」―第12号チョンゴリ収容所の実態を聞く!―にご参集ください

●北朝鮮 院内集会「STOP! 北朝鮮の人道犯罪」―第12号チョンゴリ収容所の実態を聞く!―

387090_224366814302829_100001885354204_576311_79052552_n平素よりお世話になっております。

先日ご案内いたしましたとおり、北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合(ICNK) 26日(月)1215- より「STOP! 北朝鮮の人道犯罪」院内集会を開催いたします。

まだお席に余裕がございますので、皆様お誘いあわせの上是非ともお越しくださいませ(事前申し込み制)。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ICNK 一同

==============以下ご案内==================

お世話になっております皆様へ

ICNK (北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合)は、来週の26日(月)1215より「STOP! 北朝鮮の人道犯罪」院内集会を開催いたします。

北朝鮮の12号チョンゴリ収容所の元収容2名(初来日)の証言などをお聞きいただける貴重な機会となっております。皆様におかれまして、ぜひ参加賜れましたら幸いです。



第一部:院内集会「STOP! 北朝鮮の人道犯罪」

  「第12号チョンゴリ収容所」の実態を聞く!

日時201226日(月) 1215~1300  (開場 12:05

会場:衆議院第一議員会館 地下一階 第2会議室

主催:北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合(ICNK

参加方法 <tokyo@hrw.org>宛、タイトル「参加:ICNK北朝鮮院内集会」として、ご氏名、そしてご所属(あれば)をお知らせ下さい。当日は、第一議員会館入り口でスタッフが「通行証」を配布しますのでお受取の上会場まで起こし下さい。

式次第(予定) 1215~1300

◇はじめに

ご出席いただいた国会議員の先生方よりご発言いただきます。

◇スピーカーによる証言

チョンゴリ収容所から生還した脱北者や特定失踪者のご家族から証言をいただきます。数少ない強制収容所の経験者から話を聞く貴重なチャンスです。

スボク 氏       ・・・約半年間チョンゴリ収容所に拘束された後、2009年に脱北。

光赫(キム・グアンヒョク) 氏  ・・・約2年間チョンゴリ収容所に拘束された後、2008年に脱北。

藤田 隆司 氏       ・・・特定失踪者 藤田進さんの弟

など


― ICNK
について

20119月、世界のメジャー人権NGOが大連合し、参加国内団体が協同行動開始しました。

Human Rights WatchAmnesty International, FIDHをはじめとする世界15か国40余の団体関係者が東京で

一堂に会し、北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO連合ICNK (International Coalition to Stop

Crimes against Humanity in North Korea)を結成したのです。北朝鮮人権問題の解決に向け活動している日本の

各団体もICNKへの参画を表明し、共同行動を推進しています。



02.06
 ICNK主催 院内集会 呼びかけ人:

アムネスティ・インターナショナル日本事務局長 若林秀樹

ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本ディレクター 土井香苗

特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

北朝鮮難民救援基金理事長 加藤博

アジア人権人道学会会長 川島高峰

NO FENCE共同代表 砂川昌順・小沢木理

北朝鮮に拉致された日本人を救う会神奈川代表 川添友幸



お問い合わせ

川添友幸(北朝鮮に拉致された日本人を救う会神奈川)090-9816-2187

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(吉岡、土井)03-5282-5160

中国、民主活動家を拘束 ネット書き込み理由に…

712111510823587255中国、民主活動家を拘束 ネット書き込み理由に…
2010年11月16日23時17分

【北京=古谷浩一】中国の民主活動家の女性がインターネット上で反日デモを促す書き込みをしたことで、公安当局に拘束され、1年間の労働教養所送りの決定を受けたことが分かった。女性がノーベル平和賞に決まった劉暁波(リウ・シアオポー)氏らの起草した「08憲章」に署名していたことなどが関係したとみられている。

 ペンネーム「王訳」で知られる程建萍さん(46)は、約30万人の乳幼児に被害を出したメラミン入り粉ミルク事件で被害者の人権を訴える活動をしてきた。江蘇省で10月28日に拘束。15日に、労働教養所で1年間の強制労働につかせるとの決定を受けた。

 程さんの婚約者でともに活動を進めてきた華春輝さん(47)によると、当局側は程さんが10月17日にネット上で上海万博の日本館への反日デモ呼びかけに対して「憤る青年は突っ込め。早く行って壊してしまえ」と書き込んだことを問題視。これが「大規模行事の秩序を乱す」との処罰対象になったと説明したという。華さんも一緒に拘束されたが、10日後に釈放された。

 ネット上にはこうした発言は多数あり、華さんや関係者は、2人が人権活動を行い、劉氏の受賞決定を受けて仲間内の祝賀会を開いていたことなどから、当局が拘束の「口実」を探していたと見る。華さんは「我々は反日デモに対し、あまりにも野蛮で粗暴だと怒りを感じていた。書き込みは風刺であり、日本への反感はない」と語る。

 2人は10月28日に結婚する予定だった。華さんは「たった一言の書き込みを理由にこのような処罰を下す。これだけでも彼ら(中国当局)の本当の顔がはっきりと分かるだろう」と悔しげに話した。

 程さんは16日、体調を崩して病院に運ばれた。抗議の絶食を始めているという。

http://www.asahi.com/international/update/1116/TKY201011160447.html

中国のインターネット規制を以前から問題になっています。中国内部から劉暁波氏を支援する動きを出てくるのが良いことですが中国当局の規制を非常に問題です。

●緊急特別企画

ノーべル平和賞受賞者・劉暁波を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を求める集い

free_liu_xiaobo☆王戴さん (民主中国陣線事務局長理事)

1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

☆麻生晴一郎さん(中国問題専門ノンフィクションライター)

1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一化。著書に『旅の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある

☆野口孝行さん(北朝鮮難民救援基金)、

1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学部卒業。その後、メーカー、商社勤務などを経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。脱北者救出活動に携わる。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める


☆川添友幸さん( 東アジア報道と人権ネットワーク代表・国境なき記者団日本)

1978年生れ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に北京五輪反対運動や独裁国家での報道の自由を求める東アジアでの人権問題に取り組む活動をしている。

 

コーディネーター☆佐藤悟志さん(フリーチャイナキャンペーン!!呼びかけ人)

 

日 時:平成22年12月5日 日曜日 午後1時30時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:東アジア報道と人権ネットワーク

問合先:090(9816)2187又はtomoyuki.kawazoe@gmail.com

【主張】劉暁波氏と平和賞 中国は授賞式出席認めよ

【主張】5304395氏と平和賞 中国は授賞式出席認めよ

2010.10.26 03:20

中国の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞の授与に強く反発する中国政府が国内外に向けて、強硬姿勢を一段と強めている。この独り善がりの対応を国際社会は一致して非難すべきだ。

 服役中の劉氏の釈放を求める署名活動をしていた北京の社会批評家が、公安当局に身柄を拘束されたという。民主化要求の動きに対する露骨な威嚇である。

 対外圧力の顕著な例は、賞の授与を決めたノーベル賞委員会があるノルウェーを標的にした対抗措置だ。同国閣僚と中国政府高官の協議中止やノルウェー人歌手のミュージカルの北京公演キャンセルなどである。

 ノーベル賞委員会はノルウェー国会が任命するが、受賞者の決定は政府に左右されない。中国政府は筋違いの外交圧力をかけているのだ。ヤーグラン委員長は「私たちは沈黙しない」と、米紙(23日付)に語っている。

 ノルウェーのストルテンベルグ首相は「今後も劉氏を含む中国の人権問題を提起する」と声明を発表した。ストーレ外相も「中国政府は両国関係悪化の責任をとるべきだ」と駐オスロ中国大使に抗議した。腰の据わった外交だ。日本との差は歴然としている。

 劉氏に対しては「国家政権転覆扇動罪」で懲役11年の判決が確定したが、ひたすら非暴力、文筆による人権擁護の闘いを続けているにすぎない。

 にもかかわらず中国当局は一切の支援を許さない。12月の平和賞授賞式に本人はもちろん、妻、劉霞さんの代理出席すら認めない方針だ。劉霞さんは電話、インターネット使用や近所への買い物さえ禁じられているという。人権無視の現状を座視してはならない。

 中国憲法は建前では言論・集会・結社の自由を保障しているが、実体は怪しい。中国当局は尖閣諸島沖の漁船衝突事件に絡んで起きた過激な反日デモを、都合のいい「愛国」デモであるからか、一定程度許容した。一方で劉氏の活動に象徴される政府批判や民主化要求は容赦なく弾圧を加える。

 中国には明確なメッセージを送り続ける必要がある。とりわけ日本は、米国などとともに劉氏の釈放や授賞式出席を強く求めるべきだ。菅直人首相は「釈放が望ましい」と述べるだけだが、腰が定まらない姿勢では自由と人権を守る民主主義国家とはいえまい。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101026/chn1010260320000-n1.htm

産経新聞の社説である「主張」です。なかなか的を得た意見ですね。
この問題は中国の国内問題ではありません。基本的には
国際的な問題です。さらに日本の中国に対して人権問題で
提案を出せない今の管総理も大きな責任があります。

平和賞「人権活動家に出席託す」 劉暁波氏の妻

PB_Liu_Xiaobo_and_Liu_Xia平和賞「人権活動家に出席託す」 劉暁波氏の妻

 【北京共同】ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の妻で、自宅軟禁されている劉霞さんが、12月に行われる授賞式への出席を中国の人権活動家らに託す意向を持っていることが分かった。英BBCが25日までに伝えた

2010/10/2514:08
http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102501000396.html


どうも劉暁波さんの奥さんも授賞式には参加できないようですね。私たちの詳細は未定ですが『東アジア報道と人権ネットワーク』でも劉暁波さんの受賞歓迎のイベントを12月5日に予定しています。詳細はまたご連絡します。

世界最悪です

kita342432454_1北朝鮮収容所 政治犯20万人 韓国初の公式推定

2010年1月21日 朝刊

 【ソウル=築山英司】韓国の国家人権委員会は二十日、北朝鮮から韓国への脱北者を対象にした「北朝鮮政治犯収容所実態調査」の結果を発表した。北朝鮮国内で現在、六カ所に約二十万人が収容されていると推定した。韓国の公的機関が政治犯収容所の調査分析を行ったのは初めてという。

 調査結果によると、収容所は一九五〇年代後半から運営され、七〇年代ごろに十三カ所に拡大した。八〇年代末以降に閉鎖統合され、現在は六カ所とみられる。熱心な一部の収容者は小隊長、中隊長、班長、総班長などに組織され、収容者監視などの担当が与えられる。小隊長の指示で作業し、収容者は殴打や拷問などを受けることがある。

 調査は昨年四月から十二月まで、収容所での生活経験がある十七人、二〇〇六年以降に主に中国などから北朝鮮へ強制送還されたことがある三十二人、昨年韓国に入国した三百二十二人の計三百七十一人に面接調査などを行った。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010012102000067.html

【コメント】
今朝の東京新聞の記事ですね。これだけ明らかに
なるのは明らかで国際的な北朝鮮への人権問題での
圧力が必要ですね。
北朝鮮 隠された強制収容所北朝鮮 隠された強制収容所
著者:北朝鮮人権アメリカ委員会
販売元:草思社
発売日:2004-08-25
おすすめ度:5.0
クチコミを見る


●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com

チラシのアドレスは下記です
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.jpg
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.pdf

viewimg

訪米のダライ・ラマ、人権派米議員の記念賞を受賞

d5b48dd6.jpg訪米のダライ・ラマ、人権派米議員の記念賞を受賞

ワシントン(CNN) 5日から当地に滞在しているチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(74)が6日、米ラントス人道正義基金(ニューハンプシャー州)から「ラントス人権賞」を受賞した。

 

同賞はナチスドイツによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)の生き残りで、中国の人権問題に厳しい立場を取った故トム・ラントス下院外交委員長を記念し、今年開設された。ダライ・ラマは授賞式で、ペロシ米下院議長からラントス氏の肖像入りのメダルを授与された。

 

ペロシ議長は、ダライ・ラマが「今日最も尊敬を集めている平和の構築者の1人」であり、平和と非暴力を呼びかけることばが人々を励まし続けていると称賛した。ダライ・ラマは受賞の喜びを語るなかで、米国が掲げる自由と平等の理念を評価する一方、米国の貧困対策が不十分であると指摘した。

 

ダライ・ラマは10日まで米国に滞在し、日本とオーストラリア、ニュージーランドの歴訪を経て、チベット亡命政府が置かれているインドに戻る。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200910070009.html


米議会、ダライ・ラマに人権賞 中国は反発も

 【ワシントン=共同】ワシントンを訪問中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は6日、米議会を訪れ、人権派として知られた故ラントス元下院外交委員長にちなんで創設されたラントス人権賞を受賞した。

 今回の訪米をめぐっては、米政府が中国に配慮してダライ・ラマとオバマ大統領との会談予定を延期したと米紙が報道。議会がダライ・ラマをたたえたことで、中国が反発する可能性もある。

 授賞式には、共和党の重鎮マケイン上院議員や民主党のペロシ下院議長らが出席。マケイン氏は「非暴力によって民族自決の権利や尊厳を擁護してきた」と称賛した。

 一方、国務省によると、チベット問題担当の特別調整官を兼任するオテロ国務次官(地球規模問題担当)が5日にダライ・ラマと会談し、米国がチベット問題進展のため、中国への働き掛けを続けていくことを伝えた。(07日 23:50)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091007AT2M0701B07102009.html

ダライ・ラマ訪米、オバマ大統領との会談なし

  • 2009年10月06日 12:03 発信地:ワシントンD.C

【10月6日 AFP】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世が5日、米ワシントンD.C.(Washington D.C.)に到着した。1週間にわたる今回の訪米では、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領との会談の予定はない。ワシントンを訪問したダライ・ラマが米大統領と会談しないのは今回が初めてとなるが、オバマ政権側はダライ・ラマを軽視しているわけではないと強調している。

 1991年のワシントン初訪問時にジョージ・H・W・ブッシュ(
George H.W. Bush)元米大統領と会談を行って以来、ダライ・ラマと米大統領との会談はくり返し行われていた。

 オバマ大統領は、主要貿易相手国かつ最大の米国債保有国である中国との関係強化を目指しているが、その中国はこれまで、各国にダライ・ラマとの面会などを避けるよう圧力をかけている。

 米国務省側は、オバマ大統領は「相互に同意できる時期」にダライ・ラマと会談するとしている。ダライ・ラマ支持者は、11月に予定されているオバマ大統領の中国訪問の後、年内にも会談が実現することを期待している。

 一方、同省のイアン・ケリー(
Ian Kelly)報道官は、チベット問題担当特別調整官に任命されたばかりのマリア・オテロ(Maria Otero)国務次官(地球規模問題担当)がダライ・ラマと会談を行うと発表した。(c)AFP/Shaun Tandon
http://www.afpbb.com/article/politics/2650028/4724847

【コメント】
オバマ大統領の中国側への配慮は理解できませんね。
まあ日本政府も同じ対応だと思いますが
全く困った対応です。

Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ