残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

国境なき記者団

今年のジャーナリストの死者66人 国境なき記者団が発表

photo_verybig_123929今年のジャーナリストの死者66人=国際記者団体

 【パリ時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は21日、全世界で報道活動中に死亡したジャーナリストが今年は66人で、昨年の57人から増加したとする年次報告を公表した。拘束されたのは昨年の2倍近い1044人。このほか71人が誘拐され、1959人が暴力や脅迫を受けたという。
 同団体によれば、独裁政権崩壊など混乱が続いた中東での死者が20人と、昨年から倍増。国別では10人が死亡したパキスタンが2年連続で最も多かった。10人の大半は殺害されたという。また、中国、イラン、エリトリアの3カ国は「引き続きメディアにとって世界最大の刑務所」とされた。(2011/12/22-11:05)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2011122200280

ジャーナリスト犠牲者66人に
12月22日 15時30分 

ことし1年間に取材中に死亡したジャーナリストは、世界各地で少なくとも66人に上り、このうち「アラブの春」と呼ばれる民主化運動が広がった中東の国々でも11人のジャーナリストが犠牲になりました。

パリに本部がある国際的な団体「国境なき記者団」によりますと、ことし1年間に殺害されたり、テロに巻き込まれたりして死亡したジャーナリストは、分かっているだけで66人に上り、去年より9人増えました。国別で最も多かったのは、武装勢力に拘束されるなどして10人が死亡したパキスタンでした。また、「アラブの春」と呼ばれる中東の民主化運動が広がったリビアやエジプト、イエメンなどでの犠牲者も合わせて11人に上りました。このうち、リビアでは、当時のカダフィ政権と反政府勢力の戦闘に巻き込まれてイギリス人やアメリカ人のカメラマンなど5人が死亡しています。また、独裁政権の打倒を訴えるデモなどの取材中に当局に拘束されたジャーナリストの数は1044人と去年のほぼ2倍に増えました。国境なき記者団は「政治が不安定化し、ジャーナリストとして活動することの危険性がこれほど注目された年はない」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111222/t10014836101000.html
報道でも出ていますパリの本部よりニュースリスが届きました。
REPORTERS WITHOUT BORDERS
PRESS RELEASE
12/22/2011
EN:
http://en.rsf.org/the-10-most-dangerous-places-for-21-12-2011,41582.html

bilan-anglais.jpg
The 10 most dangerous places for journalists

2011 in figures:

66 journalists killed (16% more than in 2010)
1,044 journalists arrested
1,959 journalists physically attacked or threatened
499 media censored
71 journalists kidnapped
73 journalists fled their country
5 netizens killed
199 bloggers and netizens arrested
62 bloggers and netizens physically attacked
68 countries subject to Internet censorship

Reporters Without Borders has this year, for the first time, compiled a list of the world’s 10 most dangerous places for the media – the 10 cities, districts, squares, provinces or regions where journalists and netizens were particularly exposed to violence and where freedom of information was flouted.

Overall, 2011 took a heavy toll on media freedom. The Arab Spring was at the centre of the news. Of the total of 66 journalists killed in 2011, 20 were killed in the Middle East (twice as many as in 2010). A similar number were killed in Latin America, which is very exposed to the threat of criminal violence. For the second year running, Pakistan was the single deadliest country with a total of 10 journalists killed, most of them murdered. China, Iran and Eritrea continue to be the world’s biggest prisons for the media.

(Table 1 on website)

The Arab Spring, the protest movements it inspired in nearby countries such as Sudan and Azerbaijan, and the street protests in other countries such as Greece, Belarus, Uganda, Chile and the United States were responsible for the dramatic surge in the number of arrests, from 535 in 2010 to 1,044 in 2011. There were many cases of journalists being physically obstructed in the course of their work (by being detained for short periods or being summoned for interrogation), and for the most part they represented attempts by governments to suppress information they found threatening.

The 43 per cent increase in physical attacks on journalists and the 31 per cent increase in arrests of netizens – who are leading targets when they provide information about street demonstrations during media blackouts – were also significant developments in a year of protest. Five netizens were killed in 2011, three of them in Mexico alone.

(Table 2 on website)

From Cairo’s Tahrir Square to Khuzdar in southwestern Pakistan, from Mogadishu to the cities of the Philippines, the risks of working as a journalist at times of political instability were highlighted more than ever in 2011. The street was where danger was to be found in 2011, often during demonstrations that led to violent clashes with the security forces or degenerated into open conflict. The 10 places listed by Reporters Without Borders represent extreme cases of censorship of the media and violence against those who tried to provide freely and independently reported news and information.


(Listed by alphabetical order of country)

Manama, Bahrain
The Bahraini authorities did everything possible to prevent international coverage of the pro-democracy demonstrations in the capital, Manama, denying entry to some foreign reporters, and threatening or attacking other foreign reporters or their local contacts. Bahraini journalists, especially photographers, were detained for periods ranging from several hours to several weeks. Many were tried before military tribunals until the state of emergency imposed on 15 March was lifted. After months of demonstrations, order was finally restored thanks to systematic repression. A blogger jailed by a military court is still in prison and no civilian court ever reviewed his conviction. Bahrain is an example of news censorship that succeeded with the complicity of the international community, which said nothing. A newspaper executive and a netizen paid for this censorship with their lives.

Abidjan, Cote d’Ivoire
Abobo, Adjame, Plateau, Koumassi, Cocody, Yopougon... all of these Abidjan neighbourhoods were dangerous places for the media at one stage or another during the first half of 2011. Journalists were stopped at checkpoints, subjected to heavy-handed interrogation or physically attacked. The headquarters of the national TV station, RTI, was the target of airstrikes. A newspaper employee was beaten and hacked to death at the end of February. A Radio Yopougon presenter was the victim of an execution-style killing by members of the Forces Republicaines de Cote d’Ivoire (FRCI) in May. The post-election crisis that led to open war between the supporters of the rival presidential contenders, Laurent Gbagbo and Alassane Ouattara, had a dramatic impact on the safety of journalists. During the Battle of Abidjan, the country’s business capital, at the start of April, it was completely impossible for journalists to move about the city.

Cairo’s Tahrir Square, Egypt
The pro-democracy demonstrations that finally forced Hosni Mubarak to stand down as president on 20 February began at the end of January in Tahrir Square, now the emblem of the Arab Spring uprisings. Foreign journalists were systematically attacked during the incredibly violent first week of February, when an all-out hate campaign was waged against the international media from 2 to 5 February. More than 200 violations were reported. Local journalists were also targeted. The scenario was similar six months later – from 19 to 28 November, in the run-up to parliamentary elections, and during the weekend of 17-18 December – during the crackdown on new demonstrations to demand the departure of the Supreme Council of the Armed Forces.

Misrata, Libya
After liberating Benghazi, the anti-Gaddafi rebels took Misrata, Libya’s third largest city and a strategic point for launching an offensive on Tripoli. But the regular army staged a counter-offensive and laid siege to the city, cutting it off from the rest of the world and imposing a news and information blockade lasting many weeks, during which its main road, Tripoli Street, was repeatedly the scene of particularly intense fighting. The Battle of Misrata highlighted the risks that reporters take in war zones. Two of the five journalists killed in Libya in 2011 lost their lives in this city.

Veracruz state, Mexico
Located on the Gulf of Mexico and long dominated by the cartel of the same name, Veracruz state is a hub of all kinds of criminal trade, from drug trafficking to contraband in petroleum products. In 2011, it became the new epicentre of the federal offensive against the cartels and three journalists were killed there in the course of the year. Around 10 others fled the state as a result of the growing threats to freedom of information and because of the inaction or complicity of the authorities in the face of this threat.

Khuzdar, Pakistan
The many cases of journalists who have been threatened or murdered in Khuzdar district, in the southwestern province of Balochistan, is typical of the extreme violence that prevails in this part of Pakistan. The province’s media are caught in the crossfire between the security forces and armed separatists. The murder of Javed Naseer Rind, a former assistant editor of the Daily Tawar newspaper, was the latest example. His body was found on 5 November, nearly three months after he was abducted. An anti-separatist group calling itself the Baloch Musallah Defa Army issued a hit-list at the end of November naming four journalists as earmarked for assassination.

The Manila, Cebu and Cagayan de Oro metropolitan areas on the islands of Luzon and Mindanao, Philippines
Most of the murders and physical attacks on journalists in the Philippines take place in these three metropolitan areas. The paramilitary groups and private militias responsible were classified as “Predators of Press Freedom” in 2011. The government that took office in July has still not come up with a satisfactory response, so these groups continue to enjoy a total impunity that is the result of corruption, links between certain politicians and organized crime, and an insufficiently independent judicial system.

Mogadishu, Somalia
Mogadishu is a deadly capital where journalists are exposed to terrible dangers, including being killed by a bomb or a stray bullet or being deliberately targeted by militias hostile to the news media. Although the Islamist insurgent group Al-Shabaab withdrew from the capital, fighting continues and makes reporting very dangerous. Three Somali journalists were killed in Mogadishu this year, in August, October and December. And a visiting Malaysian cameraman sustained a fatal gunshot injury to the chest in September while accompanying a Malaysian NGO as it was delivering humanitarian assistance.

Deraa, Homs and Damascus, Syria
Deraa and Homs, the two epicentres of the protests against Bashar al-Assad’s regime, have been completely isolated. They and Damascus were especially dangerous for journalists in 2011. The regime has imposed a complete media blackout, refusing to grant visas to foreign reporters and deporting those already in the country. The occasional video footage of the pro-democracy demonstrations that began in March has been filmed by ordinary citizens, who risk their lives to do so. Many have been the victims of arrest, abduction, beatings and torture for transmitting video footage or information about the repression. The mukhabarat (intelligence services), shabihas (militias) and their cyber-army have been used by the regime to identify and harass journalists. Physical violence is very common. Many bloggers and journalists have fled the country. Around 30 journalists are currently believed to be detained.

Sanaa’s Change Square, Yemen
Change Square in Sanaa was the centre of the protests against President Ali Abdallah Saleh and it is there that much of the violence and abuses against journalists took place. Covering the demonstrations and the many bloody clashes with the security forces was dangerous for the media, which were directly targeted by a regime bent on crushing the pro-democracy movement and suppressing coverage of it. Two journalists were killed while covering these demonstrations. Pro-government militiamen known as baltajiyas also carried out punitive raids on the media. Physical violence, destruction of equipment, kidnappings, seizure and destruction of newspapers, and attacks on media offices were all used as part of a policy of systematic violence against media personnel.

Yearly total of journalists killed since 1995

(Chart on website)


命を落としたジャーナリストに奉げます

carte_morts_en-9a9c3ジャーナリストの誘拐が大幅増

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」は、今年誘拐されたジャーナリストの数が去年より大幅に増えて51人にのぼったと発表しました。

 30日に発表された年次報告によりますと、今年誘拐されたジャーナリストは51人と、去年より18人増えました。国境なき記者団では「ジャーナリストが、政府との交渉などを有利に進めるための『材料』になりつつある」と分析しています。

 また、殺害されたジャーナリストは57人で、これは去年より19人少ない数字です。この中には、4月にタイで銃撃され死亡した村本博之さんも含まれています。犠牲者が最も多かった国は、11人が殺害されたパキスタンでした。(31日13:21)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4613717.html

Journalists in 2010 targets and bargaining chips

Figures in 2010
57 journalists killed (25% fewer than in 2009)
51 journalists kidnapped
535 journalists arrested
1374 physically attacked or threatened
504 media censored
127 journalists fled their country
152 bloggers and netizens arrested
52 physically attacked
62 countries affected by Internet censorship

Fewer killed in war zones

Fifty-seven journalists were killed in connection with their work in 2010, 25% fewer than in 2009, when the total was 76. The number of journalists killed in war zo- nes has fallen in recent years. Significantly, it is becoming more and more difficult to identify those responsible in cases in which journalists were killed by criminal gangs, armed groups, religious organizations or state agents. “Fewer journalists were killed in war zones than in preceding years,” Reporters Without Borders secretary- general Jean-François Julliard said. “Media workers are above all being murdered by criminals and traffickers of various kinds. Organized crime groups and militias are their leading killers worldwide. The challenge now is to rein in this phenomenon. The authorities of the countries concerned have a direct duty to combat the impunity surrounding these murders. If governments do not make every effort to punish the murderers of journalists, they become their accomplices.”

Journalists as bargaining chips

Another distinguishing feature of 2010 was the major increase in kidnappings of journalists. There were 29 cases in 2008, 33 in 2009 and 51 in 2010. Journalists are seen less and less as outside observers. Their neutrality and the nature of their work are no longer respected. “Abductions of journalists are becoming more and more frequent and are taking place in more countries.” Reporters Without Borders said. “For the first time, no continent escaped this evil in 2010. Journalists are turning into bargaining chips. Kidnappers take hostages in order to finance their criminal activities, make governments comply with their demands, and send a message to the public. Abduction provides them with a form of publicity. Here again, governments must do more to identify them and bring them to justice. Otherwise reporters – national or foreign – will no longer venture into certain regions and will abandon the local population to their sad fate.” Journalists were particularly exposed to this kind of risk in Afghanistan and Nigeria in 2010. The case of French TV journalists Hervé Ghesquière and Stéphane Taponier and their three Afghan assistants, held hostage in Afghanistan since 29 December 2009, is the longest abduction in the history of the French media since the end of the 1980s.

No region of the world spared

Journalists were killed in 25 countries in 2010. This is the first time since Reporters Without Borders began keeping these tallies that journalists have been murdered in so many countries. Almost 30% of the countries (7 in total) were African countries: Angola, Cameroon, Democratic Republic of Congo, Nigeria, Rwanda, Somalia and Uganda. But the deadliest continent by far was Asia with 20 cases, and this was due above all to the heavy toll in Pakistan, where 11 journalists were killed in 2010. Of the 67 countries where there have been murders of journalists in the past 10 years, there are eight where they keep recurring: Afghanistan, Colombia, Iraq, Mexico, Pakistan, Philippines, Russia, and Somalia. These countries have not evolved; a culture of violence against the press has become deeply rooted there. Pakistan, Iraq and Mexico have been the three most violent countries for journalists during the past decade. The passing years have brought no changes to Pakistan, with journalists continuing to be targeted by Islamists groups or to be the collateral victims of suicide bombings. This total of 11 killed was the highest of the year. Iraq saw a return to earlier levels of violence with a total of seven journalists killed in 2010 as against four in 2009. Most of them were killed after the United States announced that all of its combat troops had been withdrawn in August. Journalists are caught in a trap between the different sectors – including local authorities, those involved in corruption and religious groups that refuse to accept media independence. In Mexico, the extreme violence of the drug traffickers affects the entire population including journalists, who are particularly exposed. This has a major impact on reporting, with journalists reducing their coverage of crime stories to the minimum in order to take as few risks as possible. In Central America, three were killed in Honduras in 2010 in connection with their work. Politically-motivated violence since the June 2008 coup d’état has com pounded the “traditional violence” of organized crime, a major phenomenon in this part of the world. In Thailand, where newspapers are able to enjoy relative independence despite recurring press freedom violations, 2010 was a very tough year. Two foreign journalists, Fabio Polenghi of Italy and Hiroyuki Muramoto of Japan, were killed in clashes between government forces and Red Shirts (supporters of former Prime Minister Thaksin Shinawatra) in Bangkok in April and May. The shots that killed them were very probably fired by the members of the army.

Two journalists killed in Europe

Two journalists were murdered in European Union countries – Greece and Latvia. Neither murder has so far been solved. Social and political instability is having an impact on the work of the media in Greece, where Socratis Guiolias, the manager of Radio Thema 98.9, was gunned down with an automatic weapon outside his home in southeast Athens on 19 July. The police suspect a far- left group calling itself Sehta Epanastaton (Revolutionary Sect) that emerged in 2009. In Latvia, a country with a calmer environment for the press, Grigorijs Nemcovs, the publisher and editor of the regional newspaper Million and owner of a local TV station of the same name, was shot twice in the head in the southeastern city of Daugavpils while on his way to a meeting on 16 April.

Even the internet no longer a refuge

Reporters Without Borders is continuing to investigate the June 2010 death of the young netizen Khaled Mohammed Said, who was arrested by two plain-clothes police officers in an Internet café, taken outside and beaten to death in the street. There were reports that his death was prompted by a video posted online that incriminated the police in a drug deal. Autopsy reports attributed his death to a drug overdose, but this was belied by photos of his body. The number of arrests and physical attacks on netizens in 2010 was similar to previous years. Harassment of bloggers and censorship of the Internet have become commonplace. There are no longer any taboos about online filtering. Censorship is taking new forms: more aggres- sive online propaganda and increasingly frequent use of cyber-attacks as way to silence bothersome Internet users. Significantly, online censorship is no longer necessarily the work of repressive regimes. Democracies are now examining and adopting new laws that pose a threat to free speech on the Internet.

Journalists killed

Exile – the last resort

Many journalists flee abroad to escape violence and oppression. A total of 127 journalists from 23 countries did this in 2010. The exodus from Iran continues. For the second year running, it was the biggest source of fugitive journalists – 30 cases registered by Reporters Without Borders in 2010. The Horn of Africa continues to shed journalists. Around 15 fled Eritrea and Somalia in 2010. The year also saw the forced exile of 18 Cuban journa- lists, who had been jailed since March 2003 and who were released on condition that they immediately leave for Spain.

http://en.rsf.org/journalists-in-2010-targets-and-30-12-2010,39188.html

例年、国境なき記者団が発表している
ジャーナリスへの殺害・誘拐の被害の
年間報告です。日本人のタイで殺害された村本博之さんも含まれています。紛争地で犠牲になったジャーナリスに奉げたいと思います。

●支援集会のお知らせ

神奈川に帰せ!!全ての特定失踪者を助けるぞ!!

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

122427867039316128389




















日時:平成23年1月16()午後130分開演
◆内容:第一部 神奈川県内特定失踪者家族の訴え
 第二部 徹底討論!!北朝鮮の拉致・人権問題をどう解決するか??
 
パネリスト:
    荒木和博さん (特定失踪者問題調査会代表
)
          
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長、同事務局長)

    加藤健さん (ヒューマンライツ・イン・アジア代表)
    梅原克彦さん (前仙台市長)
   依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

   会場:横浜市開港記念会館一号室

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/


参加費:500(学生300)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会


後 援:神奈川県・横浜市市民局・逗子市・相模原市・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会(各申請中)・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会


問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawahotmail.com

日本の報道の自由は世界で11位 アジアでは一番です!!

ブログネタ
あなたの一番古い記憶は? に参加中!
arton38583-c9a0f10月20日にフランスのパリに本部を置く、国際人権団体の
『国境なき記者団』が例年発表している世界の報道の自由ランキングを発表しました。パリの本部よりプレスリリースを頂きましたのでお送りします。内容としては178カ国調査対象国で日本は11位でアジア・大洋州ではニュージーランドについで2位でアジアでは一番です。
ワースト3は中央アジアのトルキスタン・北朝鮮・アフリカのエリトリアです。アジアのワースト3はラオス・中国・北朝鮮の順位でした。
 
Reporters Without Borders/Reporters sans frontières
www.rsf.org
EMBARGO 19 October 2010 GMT 10 pm


WOLRD PRESS FREEDOM INDEX 2010

Asia's Rankings
Français : http://www.rsf.org/IMG/CLASSEMENT_2011/FR/CP_ASIE_PACIFIQUE.pdf
English: http://www.rsf.org/IMG/CLASSEMENT_2011/GB/C_ASIA_GB.pdf
World' Rankings
English:  http://www.rsf.org/IMG/CLASSEMENT_2011/GB/C_GENERAL_GB.pdf
Français : http://www.rsf.org/IMG/CLASSEMENT_2011/FR/CP_GENERAL.pdf

Asian Communist regimes still hold the lowest rankings
Asia’s four Communist regimes, North Korea (177th place), China (171st), Vietnam (165th) Laos (168th), are among the fifteen lowest-ranked countries of the 2010 World Press Freedom Index. Ranked just one place behind Eritrea, hellish totalitarian North Korea has shown no improvement. To the contrary: in a succession framework set up by Kim Jong-il in favour of his son, crackdowns have become even harsher. China, despite its dynamic media and Internet, remains in a low position because of non-stop censorship and repression, notably in Tibet and Xinjiang. In Laos, it is not so much repression which plagues this country of Southeast Asia as its single party’s political control over the whole media. On the other hand, Vietnam’s Communist Party – soon to hold its own Congress – and its open season against freedom of speech is responsible for its worse than mediocre ranking.
Among the last thirty countries of Reporters Without Borders’ Index are ten Asian nations, notably Burma, where the military junta have decided that the prior censorship system will be maintained despite the upcoming general elections in November.

India’s and Thailand’s rankings drop due to a breakout of serious violence
Political violence has produced some very troubling tumbles in the rankings. Thailand (153rd) – where two journalists were killed and some fifteen wounded while covering the army crackdown on the “red shirts” movement in Bangkok – lost 23 places, while India slipped to 122nd place (-17) mainly due to extreme violence in Kashmir. The Philippines lost 34 places following the massacre of over thirty reporters by partisans of one of Mindanao Island’s governors. Despite a few murderers of journalists being brought to trial, impunity still reigns in the Philippines. Also in Southeast Asia, Indonesia (117th) cannot seem to pass under the symbolic bar separating the top 100 countries from the rest, despite remarkable media growth. Two journalists were killed there and several others received death threats, mainly for their reports on the environment. Malaysia (141st), Singapore (136th) and East Timor (93rd) are down this year. In short, repression has not diminished in ASEAN countries, despite the recent adoption of a human rights charter.
In Afghanistan (147th) and in Pakistan (151st), Islamist groups bear much of the responsibility for their country’s pitifully low ranking. Suicide bombings and abductions make working as a journalist an increasingly dangerous occupation in this area of South Asia. And the State has not slackened its arrests of investigative journalists, which sometimes more closely resemble kidnappings.
 
Democratic Asian countries gain ground
Asia-Pacific country rankings can be impressive. New Zealand is one of the ten top winners and Japan (11th), Australia (18th) and Hong Kong (34th) occupy favourable positions. Two other Asian democracies, Taiwan and South Korea, rose 11 and 27 places respectively, after noteworthy falls in the 2009 Index. Although some problems persist, such as the issue of the state-owned media’s editorial independence, arrests and violence have ceased.
Some developing countries have managed to make solid gains, particularly Mongolia (76th) and the Maldives (52nd). As a rule, the authorities have been respectful of press freedoms, exemplified by their decriminalisation of press offences in the Maldives.
An occasional ranking in this Index can be deceptive. Fiji (149th), for example, rose three places, even though the government has passed a new liberticidal press law. The year 2009 had been so tragic, with soldiers invading news staff offices, that the year 2010 could only seem to be somewhat more tranquil. Sri Lanka (158th) jumped four places: less violence was noted there, yet the media’s ability to challenge the authorities has tended to weaken with the exile of dozens of journalists.
In this Index based upon violations of press freedoms, Asia, has earned a low ranking for yet another year. Even when a country’s press enjoys freedom, too often it also has to endures violence from non-governmental actors. When the press lives under the control of an authoritarian regime, it is obliged to censor and to self-censor. Chinese intellectual Liu Xiaobo was sentenced to eleven years behind bars for denouncing this situation – a struggle which was rewarded by the Nobel Peace Prize – bringing new hope to the Asia-Pacific area.

-------------
●10月23日(土)は東京都庁前「都民広場」へ集まれ
北朝鮮による拉致被害者救出のための集い
〜拉致被害者・特定失踪者問題へ理解と関心を〜
開催日時
平成22年10月23日(土)
式 典 13時30分〜16時30分
展 示 10時00分頃〜17時00分
会場(東京都庁前)
式典:都民ステージ 展示・ワークショップ:都民広場
主催者
東京都、都議会拉致議連、特定失踪者問題調査会
locked-computerなお当日は救う会神奈川でワークショップを開催します。
展示内容は救う会神奈川の川添代表が所属しているフランス
の「国境なき記者団」のポスター展示と
ヒューマン・ライツ・ウオッチの北朝鮮関係資料の展示です。
是非、お立ち寄りください。

役人を木に縛り付けた次官を解任  スリランカ

f4222eac















役人を木に縛り付けた次官を解任  スリランカ

2010.8.11 16:51

 スリランカのラジャパクサ大統領は10日、シルバ港湾航空省次官を解任した。シルバ氏は今月初め、蚊を媒介して感染するデング熱の対策会議に出席しなかった政府の担当者をデング熱対策を怠ったして、木に縛り付け、その姿をメディアに報道させていた。

 シルバ氏は、担当者の要請に応えただけと主張するが、担当者の同僚は否定。シルバ氏の行為に労組や野党が激しく抗議したため、大統領は対応を迫られていた。

 シルバ氏は、政府に批判的なメディア弾圧の急先鋒として知られる。4月にはメディア情報省次官に就任し、「放火犯に消火を担当させるようなもの」(国境なき記者団)との批判を招いていた。だが、就任から2週間未満で辞任、続いて港湾航空省次官に就任した。

 スリランカではデング熱が流行しており、今年に入って少なくとも160人が死亡しているとされる。政府は軍や警察を動員してデング熱対策を行っている。(ニューデリー 田北真樹子)

http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100811/asi1008111651002-n1.htm

【コメント】
スリランカは昨年、タミールイラーム解放の虎の内戦で大きな被害が出ていました。国際人道法違反も指摘されています。なかなかスリランカの政情が安定しないですね。

新刊の紹介

Kitano par Kitano 北野武による「たけし」Kitano par Kitano 北野武による「たけし」
著者:北野武
販売元:早川書房
発売日:2010-07-07
クチコミを見る



今日は新刊の紹介ですが早川書房の
新刊「Kitano par Kitano」です。
著者のミシェル・テマン氏はフランス紙の
リベラシオンの東京特派員で
国境なき記者団の元東京代表の方です。
以前、やり取りしたことがありました。

北野武、フランス人記者との共著本発売
ビートたけし
2010年7月8日 12:55 1

昨日7月7日、書籍「Kitano par Kitano 北野武による『たけし』」(早川書房)が発売された。

これは、フランス人記者のミシェル・テマンと北野武の共著。既にフランスでは今年2010年2月に先行発売されており、今回発売されるのは翻訳者の松本百合子が日本語訳を施したものだ。

本書は、ミシェルの北野に対する5年間の取材をまとめた1冊。北野は自身の生まれ育ち、栄光と挫折、家族、女性、映画、メディア、政治、裏社会、日本の未来など、さまざまなテーマについて語っている。

今年2010年3月にはフランスの芸術文化勲章の最高位にあたる「コマンドール賞」を受賞するなど、フランスでの評価も高い北野。日本人とは異なる観点からすくい上げられた北野の言葉に注目しよう

http://natalie.mu/owarai/news/34436

無事でよかったです

タリバンに拘束の常岡さん「健康状態よい」、毎日新聞が電話で接触

  • 2010年06月17日 17:15 発信地:東京

【6月17日 AFP】毎日新聞(Mainichi Shimbun)は17日、3月下旬にアフガニスタンで取材中に消息を絶ったフリージャーナリストの常岡浩介(Kosuke Tsuneoka)さん(40)の電話取材に成功したと報じた。常岡さん本人が、同国の旧勢力タリバン(Taliban)に拘束されているが「健康状態はよい」と語ったという。

 同紙は常岡さんと拘束グループに約30分間のインタビューを行った。常岡さんは「健康状態はよく、けがもない」と述べた。日本にいる両親には「心配しないで待っていてほしい」と語った。

 また常岡さんを拉致している組織の人物は同紙に対し、「服役中の仲間の釈放を日本の大使館に求めたが『権限が及ばない』と拒否された」と述べたという。

 一方、共同通信は同日、アフガン治安当局者の話として、タリバンがアフガニスタン政府に常岡さんの身代金を要求しており、数十万ドル(数千万円)の金額で交渉が推移していると報じた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2736352/5888363

【コメント】
常岡さんの件は4月にパリに行った時に国境なき記者団のアジア担当デスクのバンサン氏も非常に気にしているようでした。この問題はこう着状態が続いていましたから進展を気にしています。

国境なき記者団のイラン大使館抗議活動です


2010年5月3日 報道の自由の日のパリの
イラン大使館抗議活動の様子です。
ゴミを投げ込むのがなかなか面白いです。
ちなみくしゃくしゃの紙はイランのアフマディネジャド大統領です。

強く求めます

a55d436e.jpg米ヤフーは説明を、中国での電子メール不正侵入で−国境なき記者団

4月2日(ブルームバーグ):報道の自由を訴える国際団体「国境なき記者団」(本部・パリ)は、中国駐在の一部記者が米ヤフーの電子メールのアカウントを使用して外部から不正侵入を受けた問題で、説明とインターネット上のプライバシー保護強化を要求している。

  国境なき記者団は3月31日、中国と台湾に駐在する外国人記者少なくとも10人のアカウントがこの数週間にサイバー攻撃を受けたと発表。中国の外国人記者クラブがヤフーは質問に対して回答せず、この問題に関する説明もしていないと非難していることに言及した。

  国境なき記者団は、「ヤフーが透明性の必要性を認識し、今回のサイバー攻撃の性質と規模に関する情報を提供するよう強く求める」との声明を発表した。

  ヤフーは電子メールを通じて配布した資料で、「あらゆるサイバー攻撃を非難する」とし、「当社には利用者の安全とプライバシーを保護する責任があり、侵害された場合は適切な対応を取る」としている。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aB9yF37gBrAw

[コメント]
フランスの国境なき記者団の対応を強く支持したいですね。
この問題で中国政府の対応を強く求めたいですね。

インターネットの敵

ブログネタ
海外で起きた事件 に参加中!


英文の動画ですが国境なき記者団のメンバーが
製作した「インターネットの敵」に各国の説明です。

新しい事態ですね

ブログネタ
国際 に参加中!

国境なき記者団が「ネットの敵」発表 中国など12カ国

3月15日10時29分配信 ITmedia News

l_ah_carte2赤が「インターネットの敵」、濃いグレーが「監視対象」
 国境なき記者団(RSF)は3月12日、インターネットの言論の自由を脅かす「インターネットの敵」リストの最新版を発表した。

 今年ネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの12カ国。いずれもネットコンテンツの検閲や、政府に批判的な発言をしたWebユーザーを投獄するなど、Webにおける言論統制を行っているという。特に中国は最近、ネット検閲をめぐってGoogleと対立していることが話題になった。

 RSFによると、2009年には約60カ国が何らかの形でWeb検閲を行った。2008年と比べると2倍に増えたという。Webユーザーが標的にされるケースも増えており、オンラインで自由に意見を述べたことで投獄されたブロガーやネットユーザーは過去最高の120人近くに上った。中でも中国が最も多く、72人を拘留したという。

 その一方でTwitterのような新しいコミュニケーションツールが規制下での情報発信に利用されるようになっており、「Web 2.0がControl(統制)2.0と衝突している」と同団体は述べている。

 またRSFは、懸念が持たれるネット政策を取っている国を「監視対象」として挙げている。今年はオーストラリア、バーレーン、ベラルーシ、エリトリア、マレーシア、ロシア、韓国、スリランカ、タイ、トルコ、UAEが挙がった。オーストラリアはインターネットフィルタリングシステムを導入予定であること、韓国はネット実名制で「匿名性を損なっている」ことが懸念されている。ロシアとトルコは今年新たに監視対象に加わった。ロシアではブロガーの逮捕や過激派サイトの遮断が行われており、「インターネットが政治統制の道具にされる恐れがある」という。トルコでは民族問題などを理由にYouTubeなど多数のサイトへのアクセスが遮断されている。

 RSFは3月12日を「世界サイバー検閲反対デー」とし、オンラインの表現の自由を守ることに貢献した人物に「Netizen Prize」を贈る。今年はその第1回で、イランの法律における女性差別撤廃を目指すサイト「Change for Equality」の創設者が選ばれた。

最終更新:3月15日10時29分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000006-zdn_n-sci

【コメント】
国境なき記者団が「インターネットの敵」を発表しましたが
今年の発表の特徴はTwitterに言及したことだと
思います。昨年はYOUTUBUでしたが今年の
Twitterに対しても今後、ネット検閲の対象になっていくのでは
思います。日本ではネット検閲問題はあまり関心がありませんが
今後、日本でも波及してくると思われますので
今後も注意が必要だと思いました。

国境なき記者団のCM


これは国境なき記者団が作ったCMです。
最初は監視していることを知らないで
自由に遊んでいたケンカしたりしていましたが
カメラを置く(監視する)と途端に行儀良くなる
以下に監視が人間に影響を与えるかを
物語っています。

変わらないですね

b2b18eaf.gif

中国がネット規制を強化、ドメイン取得に「面接」義務づけ

  • 2010年02月25日 09:10 発信地:北京/

【2月25日 AFP】中国政府が、インターネットの新たな規制として、「.cn」ドメインを取得する際に、規制当局者との面接と、個人情報の提供を義務づけた。これに対し、人権団体はネットの「管理強化」だと非難している。

 中国のネット人口は3億8000万人以上。中国当局は「万里のファイアウオール(
Great Firewall of China)」と呼ばれる大規模なシステムを導入してネットを管理しているが、これに対して米政府は撤廃せよとの圧力を強めている。

 23日の中国の国営メディアによると、中国工業情報省が8日、地域当局に新たなガイドラインを出し、これに伴って前年12月以降禁止されていた個人による「.cn」ドメインの取得が解禁となった。しかし、ドメイン名を取得するには、身分証明書と写真を提出し、さらに規制当局者と面接をしなければならないという。

 中国工業情報省は、この新たな規制について、オンラインポルノ対策のためのものと説明している。しかし、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(
Reporters Without BordersRSF)」は、中国政府の狙いがオフラインで人びとを脅すことにあると批判し、「これらの新たな規制は、中国インターネット状況の非常に不穏な後退を示している」と述べた。

「この規制の目的は、インターネット利用者に規制当局者との面接を義務づけることで、利用者に自己検閲を行わせようというものだ。ひと言の問題発言だけで利用者を収監する権限を持った当局者と面接した後に、あえて体制批判をしようとするネット市民がいるだろうか?」(国境なき記者団)

 国営英字紙・環球時報(
Global Times)は24日、ウェブサイト「admin5.com」が実施したオンラインアンケートで、回答者1300人のうち7割以上が、「.cn」ドメインが解禁されても取得するつもりがないと答えたと報じた。あるウェブサイト管理者は、「方針が毎日変わる。自分の.cnドメインのウェブサイトがある日突然閉鎖されないかどうか、判断することができない」と語った。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2701193/5393806

【コメント】
中国政府のネット検閲問題は以前から国境なき記者団が問題に
しています。特にこの数年は酷い状況です。ネットを管理する事で
国内での反体制的な運動を押さえ込む気なのでしょう。
私たちも新たな言論弾圧であるネット規制に抗議の
声をあげないといけません。

馬鹿げた話

jean-francois-julliard-rsf拉致記者の救出費用に不満 仏参謀長、反発広がる

 【パリ共同】フランス軍ジョルジュラン参謀長は21日のラジオ番組で、昨年12月にアフガニスタンで反政府武装勢力タリバンに拉致されたフランスのテレビ局記者2人の救出活動に「既に1千万ユーロ(約12億円)以上をつぎ込んだ」と不満を表明、ジャーナリスト団体などの猛反発を招いた。

 参謀長は、海外展開するフランス軍の活動予算は年間8億7千万ユーロにすぎないとも発言。「(救出に掛けた)費用を挙げたのは、(取材者に)責任感を呼び掛けたいからだ」と理由を説明し「報道の自由を問題にしているわけではない」と釈明した。

 これに対し、2人が所属するフランス・テレビジョンは声明で「意思に反して拘束されたフランスの市民を本国に帰還させるための費用が公開されるのは、前例のないことだ」と反発。

 また国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」も「発言は問題の核心をずらすものだ」とした上で「家族の気持ちを踏みにじり

、まったく不用意だ」と非難した。2010/02/22 08:22   【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022201000108.html

【コメント】
フランス参謀総長の発言は馬鹿げています。自国民を助けのは
軍隊の役目のように感じますがどうでしょうか??
全く馬鹿げた発言です。

対応を求めます

ブログネタ
バンクーバー五輪開幕!あなたのメダル予想は? に参加中!

a55d436e.jpg北京五輪で拘束された活動家や記者の解放、ロゲ会長に仲裁役求める

2010.2.12 13:32

 国際的な人権活動を行っているグループが11日、2008年北京五輪の期間中に拘束された活動家や記者の解放のために、国際オリンピック委員会(IOC)のロゲ会長に、中国当局との仲裁役となるよう求めた。

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」によると、約1600人の署名入りの嘆願書をロゲ会長に送ったという。(AP)

http://sankei.jp.msn.com/vancouver2010/news/100212/oap1002121332008-n1.htm

【コメント】
オリンピックは平和の祭典ですが北京五輪の際は酷い人権弾圧が
行われました。IOCのロゲ会長には責任を持った行動を
取るように強く要望します。

Call for release of China’s “Olympic prisoners” during Vancouver Games

Published on 11 February 2010

As Vancouver prepares to inaugurate the 2010 Winter Olympics tomorrow, China continues to detain human rights activists, journalists and bloggers who were arrested for speaking out before, during and after the 2008 Beijing Olympics.

“Dozens of Chinese families continue to suffer the awful effects of the last Olympics because a loved-one is still in jail for using the fundamental right to free expression,” Reporters Without Borders said. “Unfortunately, the International Olympic Committee and its president, Jacques Rogge, are doing nothing to obtain the release of these innocent people, whose ordeal is a stain on the Olympic movement’s reputation.”

Reporters Without Borders has sent a petition to Rogge asking him to intercede with the Chinese authorities and seek the release of the “Olympic prisoners” during the Vancouver Games. Signed by more than 1,600 Internet users, the petition urges Rogge “to speak up and to act in defence of free expression.”

Reporters Without Borders will hand in copies of the petition at the Chinese embassies in Paris and Berlin tomorrow. The petition also urges Chinese President Hu Jintao to ask the competent authorities in China to release the “Olympic prisoners.”

More information about the “Olympic prisoners”: http://www.rsf.org/en-petition34043

http://www.rsf.org/spip.php?page=article&id_article=36432

地上最悪の国家

ブログネタ
北朝鮮問題 拉致 外交 核 人権 に参加中!

リビア:拷問蔓延するエリトリアへの送還は違法

エリトリア政府関係者が拘禁施設に立入り、庇護希望エリトリア人たちを暴行

 ca7e93f0

日本語ニュースリリース: http://www.hrw.org/ja/news/2010/01/15-1

英語オリジナル: http://www.hrw.org/en/news/2010/01/15/libya-don-t-send-eritreans-back-risk-torture

 

(ニューヨーク、2010115日)−リビアには、アフリカ東部の小国エリトリアから逃れた人びと(多くの亡命希望者を含む)が多く拘禁されている。リビア政府は、こうした拘禁中のエリトリア人たちに対するエリトリア政府関係者の面会を認め、難民申請の権利を妨害している、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。また、リビア政府のこうした行動からすれば、これらの難民申請者たちは、強制的にエリトリアに送還される危険性がある。

 

「本国で迫害されるという恐怖ゆえに難民としての保護を求めるエリトリア人に対し、リビア政府には、難民申請手続中、守秘義務を守る義務がある」とヒューマン・ライツ・ウォッチ難民局長ビル・フレリックは語った。「エリトリア政府関係者の立入を許した(脅迫する可能性もある)結果、リビア政府はエリトリア人が難民申請する権利に対し重大な違反をおかしている。」

 

国連難民高等弁務官事務所は、エリトリア人については、難民認定されなかった場合でも、エリトリアに送還しないように求めてきた。送還されたすべてのエリトリア人は、逮捕されて拷問される危険が高いためである。

 

この2週間、エリトリア大使館員たちが、ミスラタ(Misrata)、ザウヤ(Zawya)、ガルブル(Garbule)、サーマン(Surman)、ズレイタン(Zleitan)など、リビアにある外国人拘留センターを訪れていたことを、ヒューマン・ライツ・ウォッチは確認。大使館員は拘留中のエリトリア人の写真を撮影し、リビア政府関係者とエリトリア政府関係者が彼らに複数の書式に記入することを強制した。拘束されているエリトリア人たちは、この8枚の書式(エリトリアのティグリニア語(Tigrinia)であった)への記入の強要は、エリトリアへの強制送還の準備であるとして恐怖にかられている。

 

201013日、リビアのサーマン拘留センターのエリトリア人たちは、拘留センターのなかから、「エリトリア政府関係者がセンターに来て、勾留中のエリトリア人に書式記入を命令した」と外部に連絡することに成功。本国への強制送還の準備だと感じたエリトリア人の一部は、写真撮影を拒否。目撃したエリトリア人たちによると、リビア人看守は拒否した者を暴行した、という。

 

111日、ミスラタとガラブレで拘留中のエリトリア人たちは、書式への記入を拒否したところ、リビア人治安関係者に殴られたうえに、食料をもう渡さないと脅された、と連絡してきた。拘留中のエリトリア人たちによると、面会に来たエリトリア政府当局者は、書式の全ての項目の記入が終わり次第エリトリアに送還する、と話したという。

 

2009429日、リビア司法長官モスタファ・アブデルジャリル(Mostafa Abdeljalil)は、ヒューマン・ライツ・ウォッチに対し、リビア政府はエリトリア人ないしソマリア人を本国送還することはないと語った。1969年のリビア憲法宣言は、「政治難民の本国送還は禁止」と規定し、1991年成立の法律20号「自由の強化に関して」は、「ジャマーヒリーヤ国は抑圧された者を支援し、・・・難民への保護を放棄するべきでない」としている。

 

エリトリアでの無期限の兵役義務や、恣意的拘束や拷問の横行から逃れるためにエリトリアを逃れてくるエリトリア人の数は増える一方だ。エリトリア政府は、国を逃れようとした人びとの多くを投獄し、許可なく国境を越える者を「射殺する」よう命令。実際、この命令は実行されている。エチオピアかスーダンへ越境したことがエリトリア政府の知るところとなれば、その家族は多額の罰金を科され、時には投獄されることになる。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、20099月に報告書「強制送還され、閉じ込められて」を公表。拘留されている外国人に対する人権侵害の実態と、世界各地で行われている外国人の無期限拘留の実態を取りまとめている。リビアは1951年の難民条約及び1967年の選択議定書に署名していないし、難民認定法や難民のための訴訟手続きもない。つまり、リビアには、難民申請のため制度がないのである。リビア当局は、難民、亡命希望者、その他の移民を全く区別しない。しかしながら、リビアはアフリカ難民条約を批准している。

 

拷問禁止条約及びアフリカ難民条約はともに、迫害や拷問に遭う深刻な危険がある国々にリビアが人びとを送還することを禁止。しかも、リビアは「市民的及び政治的権利に関する国際規約(ICCPR)」の締約国で、同条約第13条は恣意的追放を禁じ、外国人が自分たちの国外退去/追放に関する個人的決定を行う権利を定めている。

 

国連規約人権委員会はICCPRの第7条を、拷問若しくは残虐で非人道的或いは尊厳を損なう取り扱いや刑罰に遭う危険のある場所に、人びとをルフールマン(送還)することを禁じる条項と解釈している。また、国際慣習法のもと、リビアは、迫害にあう危険がある場合や、生命若しくは自由が危険にさらされる場所に、だれも送還してはならないと義務付けられている。

 

「リビア政府は、難民を保護する難民認定法を導入する必要がある」とフレリックは語った。「また1951年難民条約を批准し、国連難民高等弁務官事務所が国内で活動することを許すべきである。」

 125009830186516211000_liberta-di-stampa-nel-mondo















【コメント】
エリトリアは国境なき記者団が例年、発表している
世界の報道ランキングでも毎度、最下位の国で
ともかく酷い国ようです。報道の自由以外にも
様々な問題が起きているようですね。

●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com

チラシのアドレスは下記です
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.jpg
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.pdf

viewimg

妥当な判断です

AFP_google_ok中国のインターネット検索検閲めぐる米グーグルの立場支持=ホワイトハウス

2010年 01月 15日 07:29 JST
 

 グーグルは12日、中国で昨年12月中旬に組織的なサイバー攻撃を受け知的財産を盗み取られたと発表、ハッキングの狙いが同社の電子メールサービス「Gmail(ジーメール)」内にある中国人人権活動家のアカウントに侵入することだったとの見方を示した。

 ギブズ報道官はこの問題が米中関係に影響するかとの質問に対し、オバマ大統領は普遍的な人権が特定の国で損なわれることがあってはならないとの強い信念を持っていると述べた。

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities4/idJPnJT860495920100114

米政府とグーグル 、中国のネット検閲・サイバー攻撃に強硬姿勢を表明

2010年01月13日 12:28更新 

 米政府とインターネット検索大手の米グーグル(GOOG.O)は12日、中国でのインターネット検閲や同国を拠点とするサイバー攻撃に対策を講じる方針をそれぞれ表明した。オバマ政権は対中国でより強硬な路線を取る意向を示し、グーグルは中国から事業撤退する可能性を示唆した。

 クリントン米国務長官のロス上級顧問は12日、ロイターに対し、中国を含む外国での検閲されていないインターネットへのアクセスを可能にすることを目的に、長官が技術政策「インターネット・フリーダム」を来週21日に発表することを明らかにした。

 その上で、「コーカサス、中国、イラン、キューバなどでは、人々は検閲されていないインターネットに自由にアクセスできない。われわれのインターネット政策は、国民の情報へのアクセスを組織的に抑圧している国が存在することへの対応でもある」と語った。

 また、長官が先週、グーグル、マイクロソフト(MSFT.O)、ツイッター、シスコシステムズ(CSCO.O)などハイテク企業の幹部と会談したとも語った。

 一方、グーグルは12日、中国での検閲に加え、同社の無料電子メールサービス「Gmail(ジーメール)」を通じた人権運動家への中国拠点のサイバー攻撃が相次いでいることを理由に、同国での事業および中国語版ウェブサイト(Google.cn)の閉鎖を検討していることを明らかにした。

 最近の米中関係は気候変動、貿易などの問題で悪化している。

 今回、グーグルと米政府がそれぞれ発表した中国のネット検閲対策が、互いに協調した動きかどうかは不明だ。

 米国務省のクロウリー報道官は、グーグルの発表を受け、各国がコンピューター・ネットワークへの悪意ある行為を犯罪とみなすべき、との見解を示した。

 報道官は「グーグルの決定の詳細を尊重するつもりだ。グーグルは発表前からわれわれと連絡を取っていた。悪意のあるサイバー行為の拠点がどこであれ、各国は自国のインターネットの安全を維持する責務を負っている。これには中国も含まれる」と述べた。

 グーグルによると、同社以外にも約20社が中国を拠点としたサイバー攻撃を受けているという。

 同社の説明では、ハッカーは「Gmail(ジーメール)」内の中国人人権運動家のアカウントにアクセスを試みたが、不特定のアカウント2件にアクセスしただけで、そのアカウントがいつ作成されたのかなどの情報にしかアクセスできなかった。

 グーグルは、ハッカーが他企業のどのような情報に不法にアクセスしようとしていたのか、またその当該企業の社名などについては、明らかにしていない。同社は、この問題に関して米当局と連携して取り組んでいる、としている。

 グーグルは声明で「弊社は、Google.cnの検索結果に対する検閲を続けない方針を決定した。これに伴い向こう数週間に中国政府と、法の範囲内で、たとえ合法的であったとしても、検閲をかけない形でのウェブ検索事業の運営を可能にするための基準について、協議する予定だ」と明らかにした上で、「われわれは、これにより、弊社の中国ウェブサイトの閉鎖、ひいては中国事業からの撤退につながる可能性があることを十分に認識している」とした。

 


http://jp.ibtimes.com/article/biznews/100113/48051.html

【コメント】
アメリカ政府の判断は妥当だと思います。
この問題が米中間にあらたな問題に
発展する可能性が出てきましたね。
今後の注目です。

●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com

チラシのアドレスは下記です
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.jpg
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.pdf

viewimg

動き出しましたね

ブログネタ
2人の子ども連れで、初詣はいきましたか? に参加中!

2507074aグーグル、中国撤退検討…政府検閲など理由

【ニューヨーク=池松洋】米グーグルは12日、インターネットの中国向けサイトと中国国内の事務所の閉鎖など、中国事業からの撤退を検討していると発表した。

 中国国内からサイバー攻撃を受けたことに加え、中国政府から検索内容の検閲を受けていることを理由に挙げている。IT業界の代表的な存在であるグーグルが撤退すれば、中国で事業を展開する他のIT企業にも影響を与える可能性がある。

 グーグルは、昨年12月に受けたサイバー攻撃について、何者かが、中国や米国、欧州で活動する人権保護活動家のメールの内容をのぞき見するために行ったとの分析結果を公表した。他のIT・メディア企業20社以上も同様の攻撃を受けたという。グーグルはこうした状況を、「言論の自由」にかかわる重大事と認識している。グーグルは、米当局とも対応を検討しているという。

 グーグルは、この攻撃に中国政府が関与しているとは明言していない。だが、同社幹部は米テレビでのインタビューで「高度に組織・運用化されたものだった」と述べるとともに、中国政府による検閲を問題視していることを強調した。

 グーグルの中国事務所は、北京など3か所にある。中国のネット検索市場でのシェア(占有率)は2〜3割程度の2位で、中国の「百度」(6〜7割)に大差をつけられ、苦戦が続いている。

 グーグルは2006年、中国で事業を始める際に、中国政府による検閲を一部受け入れた。その後、グーグルは検閲を受けずに検索サービスを中国で継続できるように中国政府と協議すると表明していた。

言論統制に初の「抵抗」

 【ワシントン=黒瀬悦成】インターネット検索世界最大手の米グーグル社が12日、中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退も検討する計画を発表したことで、米ネット関連企業が、中国当局の言論統制への「協力」を見直す機運が広がる可能性が出てきた。

 中国当局は米ネット関連企業に対し、民主化運動や、チベットと新疆ウイグル両自治区の独立運動などに関する「有害」ウェブサイトの閲覧規制への協力を中国事業の条件として突きつけてきた。これに従った業界に対し、米議会はグーグルとヤフー、マイクロソフト、シスコシステムズの大手4社を名指しして非難していた。

 今年に入ってからも、米アップル社が、携帯電話iPhone(アイフォーン)の中国での利用者に対し、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世や亡命ウイグル人組織に関するアプリケーションのダウンロードを規制していると報じられ、「成長市場・中国への参入を優先する思惑から、中国当局に迎合している」との批判が広がっていた。今回のグーグルの決定は、こうした批判に初めて応えるものだ。

2010年1月13日  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20100113-OYT8T00795.htm

「これ以上、検閲を容認しない」 グーグル、中国からの全面撤退も視野

2010.1.13 10:28


【ニューヨーク=松尾理也】米インターネットサービス最大手グーグルは12日、昨年末に中国を発信源とする大規模なサイバー攻撃を受けていたことを同社ブログで明らかにするとともに、中国からの全面撤退も視野に対応を進めるとの姿勢を示した。グーグルは、サイバー攻撃の主体については具体的に名指ししていないものの、「われわれはこれ以上、検閲を容認し続けることはしないと決断した」と述べ、今後中国政府との交渉に入るとしている。

 声明によると、同社は昨年12月中旬、「中国を発信源とし、グーグルの事業インフラ(基盤)を標的とする極めて高度な攻撃」を検知。結果として知的財産が盗まれる事態に発展したという。

 その後の調査で、同様の攻撃はグーグルだけでなく金融やメディアを含む20社以上の事業体にも仕掛けられていたことが判明。さらに、グーグルへの攻撃を分析したところ、攻撃者の主な目的は中国の人権活動家が使用するGメール(グーグルが提供する無料電子メールサービス)のアカウントへのアクセスだったことがわかった。

 グーグルは、こうした攻撃は「言論の自由に関する世界的な議論にかかわる問題」と事態を重視するとともに、「中国でわれわれが事業を続けることが本当に可能なのか、見直しに入る」と表明。グーグルの中国でのサービスであるグーグル・チャイナに対する検閲をこれ以上容認しないと表明するとともに、今後数週間のうちに中国政府との協議に入ると述べた。

 協議が不調に終わった場合、中国からの全面撤退も視野に入れているという。

 グーグルは2006年、中国でのサービスを開始する際、「インターネットによる情報量の増大は、検閲を受け入れることのマイナスを補ってあまりある」との判断により、中国当局からの検閲を受け入れた経緯がある。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100113/amr1001131038006-n1.htm

【コメント】
中国でのインターネット検閲の問題はこのブログでも
以前から取り上げています。昨年もフランスの
国境なき記者団がインターネットの検閲など
で言論の自由を脅かす「インターネットの敵」リストを
発表した。その際にリストに指定されたのは
、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、
北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、
トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの
12カ国。いずれも「国民が『望ましくない』オンライン
情報にアクセスするのを防ぐため、インターネット
をイントラネットに変えている」と批判した。
このレポートについて当会の代表の
川添が国民新聞の平成21年5月号に
分析記事を書いています。

ネット世界に広まる検閲の動き

東アジア報道と人権ネットワーク
  代表 川添友幸
今まで検閲と言うと一般的に出版物・新聞・ラジオ・テレビが対象とされてきた。しかし、近年、注目される動きとしてインターネット上の検閲所謂ネット検閲が大きな問題になって来ている。フランスの国際人権NGOの国境なき記者団は3月
12日に同じく国際人権団体のアムネスティーインターナショナルと合同で「インターネットの敵」と言う報告書を発表した。この報告書で
ネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの12カ国が名指して、監視対象
として
オーストラリア、韓国
、バーレーン、ベラルーシ、エリトリア、マレーシアスリランカ、タイ、UAE、イエメン、ジンバブエの11カ国を名指した。これらの国ではいずれも国民が『望ましくない』オンライン情報に
アクセスするのを防ぐため、インターネットをイントラネット
に変えている」と批判している。
中国政府はインターネットの
広域検閲システム開設へ向け、約3-4万人のネット警官を採用したと
見られている。導入される検閲システムは
「万里の長城」になぞらえ「万里のファイアウォール」とし
て知られている。さらにこれら国家は、オンラインのニュースや情報を検閲する能力ばかりでなく、問題のあるインターネットユーザー
を事実上組織的に迫害していることにおいても際立っている。
「一般参加型検閲」が行われていると指摘しており、例として、中国政府が北京五輪の際に、インターネットユーザーに報酬を支払って、オンラインに政府を支持する書き込みを依頼したことを挙げている。さらに金融危機の中で韓国ではウァン暴落や金融機関の破綻を予測し、話題になったブロガーが当局に逮捕され、ネット検閲の一例だとしている。インターネット上の表現の自由も非常に微妙な問題である。ここで参考になる見解を紹介したい、この報告書を作成した国境なき記者団の前事務局長のロベール・メナールと筆者は昨年の長野での聖火リレー抗議活動で話す機会があり、メナール元事務局長は「ポルノであってもホロコースト否定であっても責任があるものであればそれは言論で保護されないといけない」と言われていました。この意見には賛否両論あるかも知れませんが一つに意見としてここでは紹介したいと思います。先般も中国政府が動画投稿サイトYOUTUBUに投稿されているチベット暴動の動画を中国国内で閲覧できないようにするために、YOUTUBUのサイトへ中国国内からアクセスをシャットダウンさせ大きな問題になったが、これは中国政府がYOUTUBUの効果を認めているものである。独裁国家に限らず、為政者達はネットの動きを気にしている。新聞、ラジオ、テレビの影響力が落ちる中でインターネットの影響力が大きくなってきている。日本においてのネット検閲の動きは具体的にはまだ表面化はしていないが、今後ネットの影響がさらに大きくなってくると規制の動きも出てくると思われるので我々も厳重な注意が必要だと思われる。

 

同感です

arton35447-49fe6劉暁波氏の釈放呼び掛け
 ハベル前チェコ大統領

2010.1.6 23:39

 チェコのハベル前大統領は6日、プラハの中国大使館前で、中国共産党の一党独裁制廃止などを呼び掛けた文書「〇八憲章」を起草したとして、懲役11年の実刑判決を受けた同国の民主活動家、劉暁波氏の釈放を呼び掛けた。チェコ通信が伝えた。

 ハベル氏ら当時のチェコスロバキアの民主活動家は1977年、基本的人権の擁護を訴え、同国の民主化に大きな役割を果たした「憲章77」を発表。〇八憲章はその影響を受けたとされる。

 ハベル氏は、報道陣に「民主活動家を弾圧したかつてのチェコスロバキアの轍(てつ)を踏まないよう中国政府に求めたい」と述べた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100106/erp1001062341010-n1.htm

【コメント】
劉暁波氏の問題は世界的に広がっていますが
写真は国境なき記者団の今回の事件での
マスコットです。

なかなか訴えるものがあります


この動画はドイツの国境なき記者団が作った
CMです。独裁国家で拘束され
拷問を受けるジャナーリストを描いた
ものです。なかなか訴えるものがありますね。

もう昔の話です

ブログネタ
三ケ日の出来事を教えてください に参加中!

ダライ・ラマ14世:来年6月、長野へ 善光寺が招待 /長野

12月31日11時0分配信 毎日新聞

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世が来年6月、長野市の善光寺の招きで来日し、同市で講演することが決まった。ダライ・ラマ14世の来日は14度目で、長野県を訪れるのは初めて。【大島英吾】
 善光寺は08年4月に同市で開かれた北京五輪の聖火リレーで、中国政府によるチベットへの人権弾圧などを理由に出発地を辞退した。ダライ・ラマ14世は08年11月、都内で若麻績信昭・同寺務総長らと会談して謝意を伝え、寺が招待を計画。10月に正式な招待状を送っていた。来年6月18日に来日し、同19日に善光寺を参拝。同20日午後に同市のビッグハットで「善(よ)き光に導かれて 〜今、伝えたい心〜」と題して講演する。約7000席を用意するという。
 ダライ・ラマ法王日本代表部事務所のラクパ・ツォコ代表は、聖火リレー出発地の辞退が双方を結ぶ縁になったが、講演に政治的意味はないとし、「法王は人の心のあり方や思いやりの大切さを語る。この機会が多くの人の心の支えになれば」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091231-00000022-mailo-l20

【コメント】
もう一昨年になります。長野での聖火リレー抗議では私たちの会も
国境なき記者団と一緒に抗議をしました。
フラン~1













国境なき記者団」のロベール・メナール事務局長

このさいも中国人参加者の傍若無人ぶりは
酷いものでした。警察も見てみぬふりですから
全く困った事態でした。
退治_1~1














ゴール地点で中国側と対峙したときの写真です。

国境なき記者団よりリリースをもらいました

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!

Reporters Without Borders / Reporters sans frontières

Round-Up 2009

30 December 2009

Press freedom in 2009

    76    journalists killed (60 in 2008)
    33    journalists kidnapped
  573    journalists arrested
1456    physically assaulted
  570    media censored
  157    journalists fled their countries
      1    blogger died in prison  
  151    bloggers and cyber-dissidents arrested
    61    physically assaulted
    60    countries affected by online censorship


Wars and disputed elections: The most dangerous stories for journalists

Two appalling events marked 2009: one was the largest ever massacre of journalists in a single day – a total of 30 killed – by the private militia of a governor in the southern Philippines and the other was an unprecedented wave of arrests and convictions of journalists and bloggers in Iran following President Mahmoud Ahmadinejad’s disputed reelection.
 
A total of around 160 journalists in all continents were forced to go into exile to escape prison or death, often in very dangerous circumstances. The Iranian press photographers crossing the Turkish border to escape arrest or the Somali radio journalists fleeing to neighbouring countries to avoid certain death had all reported essential news and information that some people would go to any lengths to suppress.
 
Wars and elections constituted the chief threat to journalists in 2009. It is becoming more and more risky to cover wars as journalists themselves are being targeted and face the possibility of being murdered or kidnapped. But it can turn out to be just as dangerous to do your job as a reporter at election time and can lead directly to prison or hospital. Violence before and after elections was particularly prevalent in 2009 in countries with poor democratic credentials.
 
No one should be surprised that, as bloggers and websites continue to flourish, censorship and repression have surged proportionately. There is almost no country nowadays that has entirely escaped this phenomenon. As soon as the Internet or new media (social networking, mobile phones etc) start to play a leading role in the spread of news and information, a serious clampdown follows. Bloggers are now watched as closely as journalists from the traditional media.
 
Our major concern in 2009 has been the mass exodus of journalists from repressive countries such as Iran and Sri Lanka. The authorities in these countries have understood that by pushing journalists into exile, they can drastically reduce pluralism of ideas and the amount of criticism they attract. “This is a dangerous tendency and it must be very strongly condemned,” Reporters Without Borders secretary-general Jean-François Julliard said as this review of 2009 was released.
 
Number of journalists killed up by 26 per cent
 
Almost every journalist killed in 2009 died in their own country. The exception was Franco-Spanish documentary film-maker Christian Poveda, who was murdered in El Salvador. “Less known to international public opinion than the foreign correspondents, it is these local journalists who pay the highest price every year to guarantee our right to be informed about wars, corruption or the destruction of the environment,” Julliard said.
 
The year began very badly with the Israeli military offensive in the Gaza Strip. As well as refusing to allow foreign media into this territory, the Israeli government carried out military strikes against buildings housing media, in violation of international humanitarian law. Two reporters were killed in these attacks. Journalists and human rights defenders in the Russian Caucasus went through a terrifying year. The witnesses to the dirty war waged by Moscow and its local allies to be “eliminated” with complete impunity included Natalia Estemirova in Chechnya and Malik Akhmedilov in Dagestan.
Radical Islamist groups caused the death of at least 15 journalists worldwide. Nine reporters were killed in Somalia, where the Al-Shabaab militia carried out constant targeted killings and suicide attacks. Four of these journalists worked for Radio Shabelle, which does its best to provide news amidst the surrounding chaos. Reporters in Pakistan have increasingly been targeted by the Taliban in the northwest of the country. 
 
Kidnappings have also continued to rise. Most cases are concentrated in Afghanistan, Mexico and Somalia. New York Times journalist David Rohde and his fixer managed to escape from the Taliban but Afghan reporter Sultan Munadi was killed in the military operation launched to rescue him.
 
“Three years have passed since the UN Security Council adopted Resolution 1738 on the protection of journalists in conflict zones but governments still seem incapable of protecting reporters,” Reporters Without Borders said.

Other forms of violence, physical assaults and threats have gone up by a third (from 929 cases in 2008 to 1,456 in 2009). Journalists are most at risk in the Americas (501 cases), particularly when they expose drug-trafficking or local potentates. Asia comes next with 364 cases of this kind, chiefly in Pakistan, Sri Lanka and Nepal. The number of censored media is escalating alarmingly with nearly 570 cases of newspapers, radio or TV stations banned from putting out news or forced to close. This happened to a satirical magazine in Malaysia, a score of reformist newspapers in Iran, Radio France Internationale in the Democratic Republic of the Congo and the BBC World Service in Rwanda.
 
The number of journalists arrested fell slightly (from 673 in 2008 to 573 in 2009) above all because there were fewer cases in Asia. The largest number of cases was in the Middle East.

Election violence
 
The 30 journalists killed in the Mindanao Island bloodbath in Philippines had been covering an attempt by a local governor’s opponent to run as a candidate for regional elections in 2010. Tunisian journalist Taoufik Ben Brik was imprisoned in the days following President Ben Ali’s reelection, while his colleague, Slim Boukhdhir, was brutally assaulted. Several journalists were attacked and others received death threats in Gabon following President Ali Bongo’s reelection. Around six media were also temporarily shut down for reporting on the post-election violence and criticising members of the new government. Protests about President Mahmoud Ahmadinejad’s controversial reelection in Iran prompted a horrifying wave of repression against the media.

Pluralist elections that should be a symbol of democracy and free expression can turn into a nightmare for journalists. State media are too often prevented from giving fair and balanced coverage of all the candidates’ campaigns. Such was the case during the contentious Afghan elections and the travesty of an election in Equatorial Guinea. The most committed journalists can be exposed to reprisals from a rival camp. Media access is not always properly observed, as evidenced in provincial polling in the Tamil areas of Sri Lanka.

The most serious problems arise when results are announced. Overwhelmed by an opposition movement that was relayed online and in the reformist press, Ahmadinejad’s supporters launched an ultra-violent crackdown on hundreds of journalists and bloggers, accusing them of being spies in the pay of foreigners or bent on destabilising the country.

The courage shown by journalists this year before and after elections earned them periods in custody, mistreatment and prison sentences that were in some cases extremely harsh. These post-election crackdowns should stimulate the international community to seek better ways of protecting the press after rigged election results are announced.   

“This wave of violence bodes ill for 2010, when crucial elections are scheduled in Côte d’Ivoire, Sri Lanka, Burma, Iraq and the Palestinian Territories” said Reporters Without Borders, which often carries out media monitoring during election campaigns.

More than 100 bloggers and cyber-dissidents imprisoned
 
For the first time since the Internet’s emergence, Reporters Without Borders is aware of more than 100 bloggers and cyber-dissidents being imprisoned worldwide for posting their opinions online. This figure is indicative above all of the scale of the crackdown being carried out in around ten countries. Several countries have turned online expression into a criminal offence, dashing hopes of a censorship-free Internet.
The Internet has been the driving force for pro-democracy campaigns in Iran, China and elsewhere. It is above all for this reason that authoritarian governments have shown themselves so determined to severely punish Internet users. This is the case with two Azerbaijani bloggers, who were sentenced to two years in prison for making a film mocking the political elite. 

Although China continued to be the leading Internet censor in 2009, Iran, Tunisia, Thailand, Saudi Arabia, Vietnam and Uzbekistan have also resorted to frequent blocking of websites and blogs and surveillance of online expression. The Turkmen Internet remains under total state control.
This year, bloggers and ordinary citizens expressing themselves online have been assaulted, threatened or arrested as the popularity of social-networking and interactive websites has soared. Egyptian blogger Kareem Amer is still in jail, while the famous Burmese comedian Zarganar still has 34 years of his prison sentence to serve. The approximately 120 victims of Internet policing also include such leading figures in the defence of online free expression as China’s Hu Jia and Liu Xiaobo and Vietnam’s Nguyen Trung and Dieu Cay.

The financial crisis has joined the list of subjects likely to provoke censorship, particularly online. In South Korea, a blogger was wrongfully detained for commenting on the country’s disastrous economic situation. Around six netizens in Thailand were arrested or harassed just for making a connection between the king’s health and a fall in the Bangkok stock exchange. Censorship was slapped on the media in Dubai when it came for them to report on the country’s debt repayment problems.

Democratic countries have not lagged far behind. Several European countries are working on new steps to control the Internet in the name of the battle against child porn and illegal downloads. Australia has said it will set up a compulsory filtering system that poses a threat to freedom of expression. Turkey’s courts have increased the number of websites, including YouTube, that are blocked for criticising the republic’s founder, Mustafa Kemal Ataturk.

“The number of countries affected by online censorship has doubled from one year to the next – a   disturbing tendency that shows an increase in control over new media as millions of netizens get active online,” said Lucie Morillon, head of the Internet and Freedoms Desk. “That is why Reporters Without Borders will launch a new campaign against the Enemies of the Internet on 12 March.”

Media on trial
 
At least 167 journalists are in prison around the world at the end of 2009. One would need to go back to the 1990s to find so many of them in jail. Although the UN special rapporteur on freedom of expression keeps reiterating that imprisonment is a disproportionate punishment for press offences, many governments keep laws that allow them to jail journalists, and continue to abuse these laws. The sentences given to journalists in Cuba, China, Sri Lanka and Iran are as harsh as those imposed for terrorism or violent crime. 

Imprisonment and brutality are too often the only way authorities react to journalists.  At least one journalist is assaulted or arrested every day in the Middle East. More than 60 journalists were physically attacked or arrested in Iraq in 2009. In the Palestinian Territories, more than 50 journalists were detained by Hamas in the Gaza Strip and by Fatah in the West Bank.

Africa and Asia were neck and neck in the numbers of journalists detained. More than 10 journalists were arrested in 2009 in Niger, Gambia and Somalia, while Eritrea maintained its dubious distinction of jailing the most journalists in Africa, with 32 of them behind bars. In Asia, arrests are thankfully down, but the Chinese and Pakistani security forces continue to arrest foreign or local journalists when they crossed the “red lines” they are supposed to observe. 

The 28 June coup in Honduras, which was backed by the conservative press, resulted in the persecution of journalists suspected of sympathizing with the ousted president, Manuel Zelaya, and the suspension or permanent closure of their media. Finally, Cuba drew attention to itself again this year with at least 24 arrests and two new long jail sentences, bringing to 25 the number of journalists in prison.

When the powerful are not arresting journalists, they are harassing them by constantly dragging them before the courts. One editor in Algeria, Omar Belhouchet, was summoned before judges 15 times in 2009. The opposition press in Turkey and Morocco have been bombarded with law suits, which almost always lead to convictions or closures because the courts are more inclined to favour the plaintiff than the media.

Choosing exile to stay Alive

For the first time, the Reporters Without Borders annual roundup includes figures for journalists who have been forced to leave their countries because of threats to their lives or liberty. A total of 157 journalists went into exile in the past year, often in very harsh conditions. Among the countries where the exodus of journalists and bloggers was particularly dramatic were Iran, with more than 50 fleeing, and Sri Lanka, with 29. In Africa, some 50 journalists fled the chaos in Somalia while scores of Eritreans sought refuge abroad for fear of being targeted for reprisals by the continent’s worst dictatorship. Journalists also fled Guinea, Afghanistan, Pakistan, Mexico, Colombia and Ethiopia. 

This new measure is an indication of the level of fear that exists within the media in some countries. Journalists encounter many hazards as they go into exile and seek an uncertain future. Some wait months, even years, to get protection and possible resettlement.

Vincent Brossel
Asia-Pacific Desk
Reporters Without Borders
33 1 44 83 84 70
asia@rsf.org

一昨日、パリに本部を国際人権団体の国境なき記者団より
2009年に世界で報道活動に関連して殺害や被害にあった
記者の統計の発表のリリースが送られてきました。
2009年に世界で報道活動に関連して殺害されたジャーナリスト
は前年より16人多い76人だったと発表した。拘束されたのは573人、
誘拐されたのは33人だったそうです。
イランの大統領選挙やスリランカでの内戦や
アフガニスタンでも記者の拘束が相次いだそうです。
さらに近年、問題になっているネットなどの検閲が強化され、
ネット検閲を実施した国の数は前年の37から60に急増したそうです。

年の瀬ですね

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!

013073765008509年、記者76人が死亡 国境なき記者団の発表

 【ブリュッセル共同】国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は30日、2009年に世界で報道活動に関連して殺害されたジャーナリストは前年より16人多い76人だったと発表した。拘束されたのは573人、誘拐されたのは33人としている。

 特筆すべき例として、フィリピン南部ミンダナオ島のマギンダナオ州で報道陣約30人が殺された事件、イラン大統領選挙後のジャーナリストの大量逮捕を挙げた。また、アフガニスタンなどの戦争と選挙取材がジャーナリストにとり最大の脅威となったと分析した。

 暴行を受けたり、脅迫されたジャーナリストは1456人(前年は929人)、世界で少なくとも167人のジャーナリストが投獄されている。

 情報伝達でインターネットや携帯電話の役割が高まった結果、ネットなどの検閲が強化され、ネット検閲を実施した国の数は前年の37から60に急増。ブログ執筆者などネット上で権力批判をした151人が拘束されたという。

2009/12/30 21:34   【共同通信]

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009123001000539.html


なかなか訴えるものがありますね

ブログネタ
「ファイナルファンタジー13」を買いましたか? に参加中!


Newspapers In The Plane - Reporters Without Borders


【コメント】
これは国境なき記者団が作ったCMです。
「空港内での新聞」と言う題ですが
独裁国家では他国からの情報が
入ることと極端に嫌がります。
その皮肉がこのCMです。
なかなか訴えるものが
有りますし、言葉が分からなくても
意味が通じますね。

この動きは

HK-PC-2禁止コンテンツ遮断へ=豪政府、ネット規制方針

12月19日6時35分配信 時事通信

 【シドニー時事】オーストラリア政府はこのほど、インターネット上の児童ポルノやレイプを含む性暴力、犯罪指南などの禁止コンテンツ(情報の内容)に国民がアクセスできないよう法改正する方針を発表した。政府は、有害情報から国民を守るためと説明しているが、強制的措置の導入とあって、中国のような政府による検閲だとの批判も出ている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000029-jij-int


中国のネット検閲をめぐって--「国境なき記者団」の考え

Julien Pain

2006/01/16 15:23  中国における人権侵害を批判したジャーナリストが先ごろ同国で有罪判決を受けたが、これに関してYahooが警察および司法当局に協力したことが明らかになり、衝撃が走っている。

 しかし、この事件をきっかけに、われわれが長年批判してきた状況に再び世間の注目が集まった。中国をはじめ、世界で最も抑圧的な政治体制によるオンラインでの検閲/監視に協力しているインターネット企業は多数存在し、Yahooはその最も顕著な一例にすぎない。以下で、いくつかの事例を検証する。

・Microsoftは、中国政府の各当局から提供されたブラックリストを使って、ブログツール「MSN Spaces」中国語版の検閲を行なっている。中国語版MSN Spacesでは、「民主主義」だけでなく「資本主義」という言葉さえ入力できず、それらの言葉が入力されると自動的に削除されてしまう。

・Cisco Systemsは、中国におけるインターネットのインフラ全体を構築した。同社は、中国のセキュリティサービスにインターネットユーザーの監視を可能にする機器を提供したとされる。

・Googleはこれまで、同社の検索エンジンの検閲を常に拒否してきた。それにも関わらず、同社は昨年、Google News Chinaから「体制転覆を目的とした」ニュースソースを全て削除することに合意した。

 これらの非倫理的行動について、当の企業に質問すると、彼らは口を揃えて「われわれは中国の法律に従っているだけだ」と回答する。しかし、その考えはいささか安易と言わざるを得ない。仮にYahooが、インターネット上で民主主義について執筆し、米国への支持を表明しているサイバー反体制派の人々について徹底的に調査し、その結果を報告するよう中国当局から要請されたら、一体どうなるのか。同社は、「中国の法律で定められているから」という理由で、そのような要請に応じるのだろうか。

 世界人権宣言の第19条に規定されている表現の自由は、中国憲法にも明記されている。表現の自由は全ての人--すなわち、政府、市民、そして企業が尊重すべき原則である。

 大手インターネット企業側に倫理が欠如している場合、われわれにはどのような対策が考えられるだろうか。言論の自由の擁護団体「国境なき記者団(Reporters Without Borders:RWB)」は最初の対策として、インターネット企業のCEOに手紙を書き、この問題についての意見交換や議論を申し込んだ。しかし、手紙に対する返答が全くなかったため、われわれは、意見を聞いてもらうための別の手段を探さなければならなかった。

 われわれはこの問題にメディアの関心が集まるよう努力した。大手IT企業は、自社のイメージを守ることに気を配っており、この種の圧力に敏感だと考えたからだ。その結果、各国の新聞にこの問題を扱った記事が数百件掲載されたが、Yahooをはじめとするインターネット企業は沈黙を守った。そこでわれわれは、投資家筋を通じてインターネット企業の株主に警告しようと考えた。われわれは11月7日にニューヨークで、25社の投資信託会社(彼らの運用する資産の総額は210億ドルにもなる)や金融アナリストと合同で記者発表会を開き、抑圧的な国家で事業を行なっているネット企業の活動について監視を行うとする声明を発表した。

 最後に、われわれは米国上下院の議員や政府関係者に対しても警告を発したが、これに対し一部の議員はすでに問題の企業に対して事業活動の正式な会計報告を求めている。

 これらの圧力のおかげで、一部のインターネット企業はやっと目を覚ましつつあるようだ。例えばYahooの情報開示には、ここ数週間で若干の改善が見られた。Yahooの広報担当者はAP通信のインタビューに対して、「われわれは、中国で事業を行なう上で同国ならではの独特の難題が存在することを理解している」と語った。Yahooが戦略を再考すべきことを同社の広報担当者が全く認識していなかったことから、事態は改善されたと言ってもほんのわずかな前進にすぎず、まだ先が長いことは間違いない。しかし、この広報担当者の言葉は、Yahooに中国における活動がいかなる結果を招くかを真摯に検討する用意があることを示唆しているように思える。

 しかし、具体的な成果を得るための最良の手段は何か。われわれは、そろそろ米国の連邦議会議員が介入すべき時期に来ていると考える。議員であれば、例えばYahooやGoogle、Microsoftといった企業に対し、圧制国家の政府からの要請に関する共同の立場を明確にし、また、各社が受容し、尊重する行動規範を策定するよう要求できる。これらの規範の中に、インターネット企業が「民主主義」や「人権」といった言葉に対する検閲を行なうことを禁じる条項を盛り込むことも可能だ。

 これらの企業が、妥当な期限までに自らを規制するルールの策定を拒んだ場合は、上下院が法を策定する必要があるだろう。少なくとも、インターネット企業に対し、(そういう事態もありうるという)脅しはすぐにでもかけるべきだ。

著者紹介
Julien Pain
「国境なき記者団」でネットでの人権問題を担当するデスク。

http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20094465,00.htm


【コメント】
今回のオーストラリアのネット規制に対しては
大きな危惧を持っています。規制サイトを
誰が決めるでしょうか??
政府機関やそれに近い組織が決めるのでは
政府のネット規制につながります。
中国やベトナムやイラン等の独裁国家では
ネット規制を行い、情報鎖国や情報拡散防止を
行っています。

問題なのは目的でなく手段です。
どんな崇高な目的でも手段が
おかしくなっているようでは
全く意味もありませんし、悪影響を
与えるようにか思えません。
ただネットの匿名性も問題です。

犯罪誘発や個人の名誉毀損等のやりたい放題
のサイトも大きな問題があると思います。
今後もいろいろ考えたいと思います。

酷い話です

ブログネタ
2人目の子どもが産まれた時に貰って嬉しかったものはなんでしたか? に参加中!
544716四川大地震の遺族支援したブロガーに懲役3年 中国

北京(CNN) 中国で2008年5月12日に起きた四川大地震の校舎倒壊問題で、死亡した子どもの遺族を支援していたブロガーに対し、四川省成都の裁判所は国家機密違法所持罪で懲役3年の判決を言い渡した。弁護士が23日明らかにした。

 

国境なき記者団によると、ブロガーは人権活動のウェブサイトを開設し、被災地支援をめぐる批判を投稿。08年5月20日の投稿では、非政府組織が中国政府を通して支援活動を行うよう義務付けられ、政府が支援活動をプロパガンダ化している実態を指摘した。ブロガーはまた、過去の災害支援で不正の前例があるため「政府を信頼している市民は少数派だ」と明言した。

 

ブロガーは子どもの遺族の主張や苦情を投稿した後、08年6月に中国当局に拘束された。当局は、ブロガーの自宅から機密文書2件が発見されたとしている。

 

米国務省は今年2月のクリントン米国務長官訪中に先立ち、ブロガーの拘束に懸念を表明。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、ブロガーが今年8月に秘密裏に裁判にかけられたと指摘して判決に抗議し、ブロガーの即時釈放を求めた。

 

ブロガーは控訴する方針。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200911240005.html

【コメント】

中国でのネットでの言論弾圧の典型的な記事です。
国境なき記者団のHPで原文を見ましたか以下のように
なっています。

Three-year jail term for human rights website editor

Published on 23 November 2009

Reporters Without Borders deplores the three-year jail sentence that human rights activist and blogger Huang Qi was given at the end of a 15-minute hearing yesterday in Chengdu.

“There is still time for the judicial authorities to reach a just decision on appeal,” Reporters Without Borders said. “We again urge the judges to act humanely as this resolute activist’s health is now very precarious.”

Huang’s wife, Zeng Li, and his mother, who were the only people allowed to attend yesterday’s hearing, challenged the verdict and sentence as soon as they were announced. Huang was quickly escorted out of the courtroom by police officers but he had time to shout that he wanted to appeal. He was then driven away in a police van without being allowed to speak to his family.

Zeng requested a copy of the court’s verdict but was refused on the grounds that Huang himself would submit his own appeal. Under Chinese law, his lawyer should be given a copy of the verdict within five days. Huang has 10 days to file an appeal.


A court in Chengdu, in the southwestern province of Sichuan, is due to issue its verdict in the trial of leading human rights activist and website editor Huang Qi on Monday, 23 November.

“We urge the judges to display humanity by freeing a seriously ill man who has already spent more than six and a half years of his life in prison,” Reporters Without Borders said. “We also hope the court will remember that all this courageous human rights activist did was provide information about the Sichuan earthquake victims, which cannot be considered a crime. If Huang were given another long prison sentence, we fear it could be fatal.”

Huang’s lawyer, Mo Shaoping, has confirmed that the Wuhou district court in Chengdu is about to issue its verdict in the trial that began with a closed-door hearing on 5 August. Arrested in June 2008 after giving interview to foreign news media about the fate of the victims of the previous month’s earthquake in Sichuan, Huang was charged with “illegal possession of state secrets.”

The founder and editor of the Tianwang human rights website, Huang has been held in very harsh conditions since his arrest although he has been suffering from very bad headaches.

More information about Huang Qi: http://www.rsf.org/Huang-Qi-did-what-any-Chinese.html
http://www.rsf.org/Cyber-dissident-Huang-Qi-kidnapped.html

http://www.rsf.org/Court-urged-to-show-clemency.html

随行記者団の真意を問われますね

cyber上海各紙、米大統領のネット規制反対発言報じず

 【上海=共同】17日付の上海各紙は、オバマ米大統領が16日、上海市で行った学生らとの対話集会について国営通信、新華社の配信記事を掲載、インターネット規制を撤廃し、表現や信教の自由を保障するよう促した発言部分を報じなかった。

 中国では、当局に不都合な情報が流れないよう、ネット検閲が日常的に行われており、現状の改善を暗に求めた大統領の発言に関しても報道統制が敷かれたとみられる。

 大統領は集会で「情報がより自由に流れれば、より強い社会になる」などと述べ、検閲に反対の立場を表明していた。(00:16)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091117AT2M1703R17112009.html

中国各紙、オバマ発言を“つまみ食い” 大統領の真意伝わらず?
2009.11.17 19:46

【上海=河崎真澄】17日付の中国各紙は、上海で16日に開かれたオバマ米大統領と大学生らとの対話集会を大きく報じた。だが、記事では大統領が遠回しに人権改善を促したことやインターネット検閲を問題視した点には触れず、「強大な中国を歓迎した」など中国に都合のいい発言だけを“つまみ食い”して伝えた。国営新華社通信は大統領の発言の全文をネット掲載したが、「検閲」に関する部分を一時、カットした。中国の一般大衆は新聞の活字情報に頼っているため、大統領の真意はほとんど伝わらなかったようだ。

 中国紙の環球時報や新聞晨報などは、「中国を封じ込めるつもりはない」「一つの中国政策を支持」などの発言を1面の見出しに掲げ、大統領の初訪中と学生らとの直接対話を手厚く伝えた。発言の背景を「米中のパワーバランス変化」などと解説し、経済的な実力をつけた中国を印象づけて読者の自尊心をくすぐった。

 

 しかし、大統領が表現や信教の自由と少数派民族の政治参加を「人類の普遍的権利」と述べたことや、中国当局によるネット規制を念頭に、検閲のない自由なネット環境を「強く支持している」と強調した点などは、新聞記事にはほとんど取り上げられなかった。

 新華社による大統領発言の全文翻訳では、17日朝の段階でネット検閲に関する段落がすっぽり抜け落ちており、米ワシントン・ポスト(電子版)などは、発言の検閲問題を指摘している。17日夕の段階で問題部分の発言はなぜか復活掲載されたが、翻訳には一部あいまいな点も残る。

 地元テレビ局による対話中継や16日夜の中国中央テレビによる全国向け再放送では、大統領の発言に中国側が用意した同時通訳の中国語の音声を大きくかぶせて英語の肉声が伝わりにくい“工夫”もこらした。

 上海の学生対話集会は米側の強い要望に中国が折れて実現したというが、人権や表現の自由など大統領が対話の場を通じて大衆に訴えたかった真意は、中国の巧妙なメディア戦術によって覆い隠されたようだ。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/091117/chn0911171947005-n2.htm


【コメント】

今回のオバマ大統領の訪中に対して
中国で言論の弾圧です。
自分たちにとって都合の良い事しか
報道しない姿勢に怒りを感じます。
両首脳の共同記者会見でも記者の
質問をさせなかったそうです。
随行の記者ももっと抗議すべきだと
思いますし、そのような不当行為を
全世界に訴えるべきだと思いますが
全くなさけない随行記者団です。

先月、発表された国境なき記者団の
世界の報道ランキングでも175カ国中
168位で深刻の状況です。
是非ともオバマ大統領も
調子が良い人権だけでなく
本質的な点を理解して欲しいです。

ダライ・ラマ14世、都内で会見 中国政府のチベット政策をあらためて批判

ブログネタ
一番好きな食べ物を教えてください! に参加中!

2e1b00c9.jpgダライ・ラマ14世、都内で会見 中国政府のチベット政策をあらためて批判

チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は31日、都内の外国特派員協会で会見し、中国政府のチベット政策をあらためて批判した。
会見でダライ・ラマ14世は、中国メディアから、「中国政府のチベット政策をもっと肯定的に評価すべきでは」との質問を受け、「(中国メディアに)報道の自由がないのはわかっています。中国政府は現実を受け入れて、現実的なアプローチを始めるべきだ。プロパガンダでは何も解決できない」と答えた。
ダライ・ラマ14世は、11月7日まで日本に滞在する予定。


http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00165780.html


【コメント】
中国での報道の自由に関しては
特に昨年のチベット騒動の時に
国境なき記者団も問題にしています。



国境なき記者団 ロバート・メナール 元事務局長
インタビュー

「報道の自由」最悪はエリトリア 日本17位、米国20位に上昇

ブログネタ
橋下知事への「お前」メール、どう思う? に参加中!
ab9ae6cf


「報道の自由」最悪はエリトリア 日本17位、米国20位に上昇

(CNN) 言論や報道の自由を守る国際ジャーナリスト団体、国境なき記者団(RSF)は20日、毎年恒例の「報道の自由」ランキングを発表、最悪の175位はアフリカ東部エリトリアだった。

 

RSFは2008年9月1日から09年8月31日にかけ、40項目の設問を世界175カ国・地域のジャーナリストに答えてもらい、集計した。

 

その結果、最も報道の自由度が高かったのはデンマークとフィンランド、アイルランド、ノルウェー、スウェーデンが同ポイントの首位で、次点がエストニアと、上位6カ国のうち5カ国をバルト海沿岸諸国が占めた。

 

日本は昨年の29位から上昇して17位に。米国も、オバマ大統領の就任でブッシュ前政権よりメディアに対する姿勢が改善したとして、昨年の40位から20位に急上昇した。

 

一方、フランスが昨年の35位から43位に、イタリアが同44位から49位に、それぞれ評価が落ちており、RSFはこれまで規範となってきた欧州に置ける報道の自由度が無くなりつつあると指摘している。

 

また、パレスチナ自治区ガザ攻撃時、記者が逮捕されたイスラエルは昨年の46位から47ランク下げ、93位となった。

 

また、最下位のエリトリアに次いで報道の自由がないのは、174位の北朝鮮、173位トルクメニスタン、172位イラン、171位ミャンマー(ビルマ)、170位キューバとなっている。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200910210014.html

【コメント】
今回の世界の報道ランキングですがある程度予想がつくランキングでしたが日本に対しては直接的な言及は有りませんでしたが
日本の状況は評価している内容だと受け取っています。

2009年報道の自由ランキング(国境なき記者団より)

ブログネタ
クライマックスシリーズも最終章!あなたの期待する結末は? に参加中!
画像 445パリに本部を置く、国際人権団体の国境なき記者団
Reporters sans frontières)から今年の世界の
報道の自由ランキングのプレスリリースをもらいました。

http://www.rsf.org/en-classement1003-2009.html


175国中、最下位がアフリカのエリトリアですがアジアでは
174位に北朝鮮、171位にビルマ、169位にラオス、
168位に中国、166位にベトナムになっており
北朝鮮・ビルマ・ラオスを尊重、言論の自由が
事前検閲や懲役刑で苦しめられておると
「地獄のトリオ」と厳しく批判している。

その一方でニュージーランド(13位)、オーストラリア(16位)と
日本(17位)の報道の自由を高く評価しており
この地域のリーダーである評価しています。

Reporters Without Borders/Reporters sans frontières

20 October 2009

WORLD PRESS FREEDOM RANKING

ASIA-PACIFIC
Authoritarianism prevents press freedom progress in much of Asia
 
Fiji falls furthest, but big advance by Maldives

 
Political power grabs dealt press freedom a great disservice again this year. A military coup caused Fiji (152nd) to fall 73 places. Soldiers moved into Fijian news rooms for several weeks and censored articles before they were published, while foreign journalists were deported. In Thailand, the endless clashes between “yellow shirts” and “red shirts” had a very negative impact on the press’s ability to work. As a result, the kingdom is now 130th.
 
The authoritarianism of existing governments, for example in Sri Lanka (162nd) and Malaysia (131st), prevented journalists from properly covering sensitive subjects such as corruption or human rights abuses. The Sri Lankan government had a journalist sentenced to 20 years in prison and forced dozens of others to flee the country. In Malaysia, the interior ministry imposed censorship or self-censorship by threatening media with the withdrawal of their licence or threatening journalists with a spell in prison.
 
War and terrorism wrought havoc and exposed journalists to great danger. Afghanistan (149th) is sapped not only by Taliban violence and death threats, but also by unjustified arrests by the security forces. Despite having dynamic news media, Pakistan (159th) is crippled by murders of journalists and the aggressiveness of both the Taliban and sectors of the military. It shared (with Somalia) the world record for journalists killed during the period under review.
 
The Asian countries that least respected press freedom were, predictably, North Korea, one of the “infernal trio” at the bottom of the rankings, Burma, which still suffers from prior censorship and imprisonment, and Laos, an unchanging dictatorship where no privately-owned media are permitted.
 
The media in China (168th) are evolving rapidly along with the rest of the country but it continues to have a very poor ranking because of the frequency of imprisonment, especially in Tibet, Internet censorship and the nepotism of the central and provincial authorities. Similarly in Vietnam (166th), the ruling Communist Party targets journalists, bloggers and press freedom activists over what they write about its concessions to China.

2009年報道の自由ランキング(国境なき記者団より)

ブログネタ
クライマックスシリーズも最終章!あなたの期待する結末は? に参加中!
 
In the good news section, Maldives (51st) climbed 53 places thanks to a successful democratic transition while Bhutan (70th) rose another four places thanks to further efforts in favour of media diversity.
 
Asia’s few democracies are well placed in the rankings. New Zealand (13th), Australia (16th) and Japan (17th) are all in the top 20. Respect for press freedom and the lack of targeted violence against journalists enable these three countries to be regional leaders.
 
South Korea (69th) and Taiwan (59th) fell far this year. South Korea plummeted 22 places because of the arrests of several journalists and bloggers and the conservative government’s attempts to control critical media. The new ruling party in Taiwan tried to interfere in state and privately-owned media while violence by certain activists further undermined press freedom.
 
Two Asian countries were included in the index for the first time: Papua New Guinea (56th), which obtained a very respectable ranking for a developing country, and the Sultanate of Brunei (155th), which came in the bottom third because of the absence of an independent press.

RankCountryMark 
1Denmark0,00
-Finland0,00
-Irland0,00
-Norway0,00
-Sweden0,00
6Estonia0,50
7Netherlands1,00
-Switzerland1,00
9Iceland2,00
10Lituania2,25
11Belgium2,50
-Malta2,50
13Austria3,00
-Latvia3,00
-New Zealand3,00
16Australia3,13
17Japan3,25
18Germany3,50
19Canada3,70
20Luxembourg4,00
-United Kingdom4,00
-United States of America4,00
23Jamaica4,75
24Czech Republic5,00
25Cyprus5,50
-Hungary5,50
27Ghana6,00
28Trinidad and Tobago7,00
29Uruguay7,63
30Costa Rica8,00
-Mali8,00
-Portugal8,00
33South Africa8,50
34Macedonia8,75
35Greece9,00
-Namibia9,00
37Poland9,50
-Slovenia9,50
39Bosnia and Herzegovina10,50
-Chile10,50
-Guyana10,50
42Surinam10,60
43France10,67
44Cape Verde11,00
-Slovakia11,00
-Spain11,00
47Argentina11,33
48Hong-Kong11,75
49Italy12,14
50Romania12,50
51Cyprus (North)14,00
-Maldives14,00
-Mauritius14,00
54Paraguay14,33
55Panama14,50
56Papua New Guinea14,70
57Burkina Faso15,00
-Haiti15,00
59Taiwan15,08
60Kuwait15,25
61Lebanon15,42
62Botswana15,50
-Liberia15,50
-Malawi15,50
-Serbia15,50
-Tanzania15,50
-Togo15,50
68Bulgaria15,61
69South Korea15,67
70Bhutan15,75
71Brazil15,88
72Benin16,00
-Seychelles16,00
-Timor-Leste16,00
75Kosovo16,58
76Nicaragua16,75
77Montenegro17,00
78Croatia17,17
79El Salvador17,25
80Central African Republic17,75
81Georgia18,83
82Comoros19,00
-Mozambique19,00
84Ecuador20,00
85Peru20,88
86Uganda21,50
-United Arab Emirates21,50
88Albania21,75
89Senegal22,00
-Ukraine22,00
91Mongolia23,33
92Guinea-Bissau23,50
93Israel (Israeli territory)23,75
94Qatar24,00
95Bolivia24,17
96Kenya25,00
97Zambia26,75
98Dominican Republic26,83
99Lesotho27,50
100Guinea28,50
-Indonesia28,50
-Mauritania28,50
103Burundi29,00
-Côte d’Ivoire29,00
105India29,33
106Guatemala29,50
-Oman29,50
108United States of America (extra-territorial)30,00
109Cameroon30,50
110Djibouti31,00
111Armenia31,13
112Jordan31,88
113Tajikistan32,00
114Moldova33,75
115Sierra Leone34,00
116Congo34,25
117Cambodia35,17
118Nepal35,63
119Angola36,50
-Bahrein36,50
121Bangladesh37,33
122Philippines38,25
-Turkey38,25
124Venezuela39,50
125Kyrgyzstan40,00
126Colombia40,13
127Morocco41,00
128Honduras42,00
129Gabon43,50
130Thailand44,00
131Malaysia44,25
132Chad44,50
133Singapore45,00
134Madagascar45,83
135Nigeria46,00
136Zimbabwe46,50
137Gambia48,25
-Mexico48,25
139Niger48,50
140Ethiopia49,00
141Algeria49,56
142Kazakhstan49,67
143Egypt51,38
144Swaziland52,50
145Iraq53,30
146Azerbaijan53,50
-Democratic Republic of Congo53,50
148Sudan54,00
149Afghanistan54,25
150Israel (extra-territorial)55,50
151Belarus59,50
152Fiji60,00
153Russia60,88
154Tunisia61,50
155Brunei63,50
156Libya64,50
157Rwanda64,67
158Equatorial Guinea65,50
159Pakistan65,67
160Uzbekistan67,67
161Palestinian Territories69,83
162Sri Lanka75,00
163Saudi Arabia76,50
164Somalia77,50
165Syria78,00
166Vietnam81,67
167Yemen83,38
168China84,50
169Laos92,00
170Cuba94,00
171Burma102,67
172Iran104,14
173Turkmenistan107,00
174North Korea112,50
175Eritrea115,50
Vincent Brossel
Asia-Pacific Desk
Reporters Without Borders
33 1 44 83 84 70

ローマで大規模な集会、報道の自由求めベルルスコーニ首相に抗議

periodistas-1ローマで大規模な集会、報道の自由求めベルルスコーニ首相に抗議

  • 2009年10月04日 11:05 発信地:ローマ/イタリア

【10月4日 AFP】イタリア・ローマ(Rome)のポポロ広場(Piazza del Popolo)で3日、約10万人が参加して、報道の自由を求める集会が行われた。

 参加者らはスキャンダルが相次ぐシルビオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)首相がメディアを黙らせようとしていると抗議した。

 会場となった広場は、緑、白、赤の風船を持った参加者であふれた。報道機関の団体、野党グループ、左派の労組などが主催した。

 主催者発表による参加者は35万人だが、市当局は6万人だとしている。取材にあたったAFP記者は10万人を超える人が参加したと推定した。

 ここ数か月、イタリアの「メディア王」でもあるベルルスコーニ首相の私生活の一端を伝える報道が相次ぎ、首相側はイタリア、フランス、スペインの複数の新聞を相手取り訴訟を起こしている。またベルルスコーニ首相の支持者らは、国営「イタリア放送協会(RAI)が反ベルルスコーニ的な番組を絶え間なく放送しているとして、視聴料支払い拒否を呼びかけた。

 2日には、世界の報道の自由を監視しているNGO、国境なき記者団(Reporters Without Borders)のジャン・フランソワ・ジュリアード(Jean-Francois Julliard)氏が、ベルルスコーニ氏は欧州の首脳として初めて、国境なき記者団が作る「報道の自由を脅かす人物のリスト」入りに近づいていると語った。(c)AFP/Michele Leridon
http://www.afpbb.com/article/politics/2649268/4714309

【コメント】

イタリアでの報道の自由をめぐる問題ですね。ちなみに以下が
国境なき記者団が作る「報道の自由を脅かす人物のリストです。
まあ独裁者が並んでいますね。


125204555572216301273_Predators2007

岡田外相:外務省での記者会見「全メディアに開放」

b88030d1.jpg

岡田外相:外務省での記者会見「全メディアに開放」

 岡田克也外相は18日の記者会見で、外務省での記者会見について「原則としてすべてのメディアに開放する」と述べ、記者クラブに所属する報道機関以外にも参加を広げる方針を明らかにした。岡田氏によると、対象となるのは「日本新聞協会」「日本民間放送連盟」「日本雑誌協会」「日本インターネット報道協会」「日本外国特派員協会」の各会員と、「外国記者登録証保持者」。また、これらの媒体に定期的に記事を提供する人に限り、フリーランス記者も認めるとした。ただし記者は事前登録を必要とする。【須藤孝】

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090919ddm041010098000c.html

岡田外相、記者会見は外務省記者会以外にも開放

2009.9.18 21:27

 岡田克也外相は18日夕の記者会見で「大臣会見に関する基本的な方針について」を発表した。外務大臣の定例記者会見を、従来の日本新聞協会や日本民間放送連盟など外務省記者会所属記者以外の記者にも「原則として、すべてのメディアに開放する」とした。

 岡田氏は方針について「大臣(自分)の考え方だ。支障がなければ(他省庁に)広がりをもってくるのではないか」と述べた。

 方針では、(1)日本インターネット報道協会会員(2)主要メディアが発行する媒体に定期的に記事などを提供する人(いわゆるフリーランス)−の参加を認めるとしている。

 これに対して、外務省記者会は18日夜に代表者会議を開き、(1)十分な説明もないまま、方針を具体化する形で外相の会見時間が(夕方に)設定されたことは残念(2)外務省として(記者会見などの)情報発信をどう考えているのか−などとした文書を外務省報道課を通じて岡田氏に提出した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090918/plc0909182133023-n1.htm

【コメント】
この動きが具体的な動きになれば大歓迎です。日本の記者クラブ制度は
日本のみの制度でフランスの国境なき記者団等も大きな問題にしています。
不規則発言等の問題点がありますがしっかりとした対応をしていけば
記者クラブなしでも会見は出来るんでは思います。ともかく外務省の
動向を見ていきたいと思います。


●中国政府に対する北朝鮮難民強制送還に抗議する国際統一行動への参加のお願い


(ベルギー、カナダ、オランダ、韓国、シカゴ・ヒューストン、ロサンジェルス、ニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントン特別区確定、オーストラリア、フランス、ポーランド、イギリス調整中)

中国政府は北朝鮮難民の強制送還をやめよ
中国政府は、拉致・人権無視・強制収容所の北朝鮮支援をやめよ

9月24日正午より30分
中国大使館前
(集合 11時45分 麻布消防署前)
抗議行動後、民主党本部、自民党本部などへの要請行動を予定しております。

このたび、アメリカに本部のある、北朝鮮の人権を批判する団体である北朝鮮自由連合(
http://www.nkfreedom.org/)は、中国政府に対して、北朝鮮難民の強制送還をやめ、中国政府が批准している国際難民条約を遵守するように、国際統一行動を呼びかけました。例年、4月と12月に行っていたものですが、悪化する北朝鮮の人権状況や北朝鮮難民に国際的な関心を高めてもらうために、9月24日に早めて行うものです。9月24日は、1982年に中国政府が国際難民条約に批准した日であり、国際統一行動を行うには適した日であります。なお、北朝鮮自由連合の役員は、何度も来日し、北朝鮮人権週間中などの日本政府主催の北朝鮮拉致問題解決の国際会議などに主要メンバーとして参加しております。
これまで日本における抗議行動は、安東幹さんが国際コーディネーターを務め、東京や大阪で抗議行動を行ってきましたが、今回も安東幹さんが、アメリカと連携をとって、行うことになりました。
どうか、多くの団体・個人がこの行動に参加されることを呼びかけます。なお、中国大使館前抗議行動は、事前に中国大使館・警察・マスコミなどに通知されます。(個人情報などは通知されません)。

連絡先
日本コーディネーター 安東 幹(あんどう かん) 080−3396−2993

現在の参加団体
日本正義人権の会 東アジア報道と人権ネットワーク 国境なき記者団東京有志


民主党の「記者クラブ解放」方針、早くも暗雲垂れ込める

7e69358b.jpg民主党の「記者クラブ解放」方針、早くも暗雲垂れ込める

【PJニュース 2009年9月15日】「記者クラブ解放」に暗雲が垂れ込めてきた。記者クラブ問題にからむ明日16日予定の鳩山代表の首相就任会見について、15日のPJニュースの電話取材で、対応した民主党役員室部長代理の歯切れがすこぶる悪かった。何を聞いても無愛想に「何も決まっていない」と、記者クラブ解放については「いつ分かるかも、分からない」と言葉を濁した。

鳩山氏は今年5月の党代表就任会見で「政権を取って官邸に入った場合、記者クラブ制の中では批判はあるだろうが、当然どんな方にも入っていただくオープン性を高めていく必要がある」と公的機関での記者会見を記者クラブ員以外にも公開すると明言した。

首相就任なので、首相官邸で記者会見をするのが筋だろう。これに関しても党担当者は「どこで開くかも決まっていない。首相官邸で開く場合、記者クラブ員以外の出席を認めるかについても決まっていない」とした。

党首の首相就任前日になっても、民主党本部は記者会見の段取りさえままならぬと言うのか。もし、そうだとしたら政権交代以前から政権運営が危ぶまれることになる。


党役員室部長代理は「党の本部で開く場合は今まで通り誰でも出席できると思う。首相官邸で開く場合(出席の要件について)は、いまは何も決まっていない」と回答した。記者クラブ解放の方針に関してこの担当者は「方針は変わっていないと思うが、断定はできない」と述べるにとどめた。記者クラブ解放の方針決定についても「いつ分かるかも分からない」とした。

記者クラブ解放の方針は、民主党の小沢前代表や鳩山代表が再三にわたって口にしてきたことだ。これを鳩山氏の首相就任前夜になって方針が決まっていないとは、どういうことなのか。15日午後7時過ぎに民主党本部代表に電話を入れたが、明日午前9時以降にかけ直してくれというメッセージが流れただけだった。

こんなことからも、民主党政権の運営に、暗雲が垂れ込めているのが見え隠れする。これが杞憂に終わることを祈りたい。【了】

http://news.livedoor.com/article/detail/4349674/

【コメント】

記者クラブ制度の問題ですね。記者クラブ制度は
日本の独自の制度で加盟クラブ以外は記者会見等に参加させない等の
弊害も指摘されています。フランスの国境なき記者団が
例年だしている世界の報道の自由ランキングで
2006年の日本の順位は51位。これは昨年より
14位、2002年からは25位の下落であった。
2007年には37位となり、逆に14位上昇した。
国境なき記者団はウェブサイト内で記者クラブ制度
を批判しています。今回の民主党の記者クラブ
問題は注目していきたいと思います。

国連人権理:「拉致対応、食糧確保を」 北朝鮮に要求−−報告書

ブログネタ
暑中見舞い、残暑見舞いは書きましたか? に参加中!

46e7ad66


国連人権理:「拉致対応、食糧確保を」 北朝鮮に要求−−報告書

 【ニューヨーク小倉孝保】北朝鮮問題を担当する国連人権理事会のムンタボーン特別報告者は4日までに、同国の人権状況に関する報告書を総会に提出した。日本を含む外国人の拉致問題について報告書は、「未解決のままだ」として早急な対応が必要とした。また、北朝鮮国民のうち870万人が食糧や必需品などの援助を必要としていると指摘し、同国政府に食糧などの確保を求めた。

 北朝鮮の人権状況については04年以降、国連が特別に調査し毎年、報告している。今回の報告は08年〜今年前半までの人権状況が対象。報告書は、北朝鮮では十分な理由がないまま罰が科せられるケースが横行していると指摘。例として、韓国のテレビドラマを見た学生が労働訓練施設に送られたことや、国から割り当てられた仕事をこなさなかった者が強制労働させられたことを挙げた。

 外国人拉致問題については、「未解決」とし、同国政府が実効性のある措置をとったうえで透明性のある説明をすべきだとした。さらに、報告書は、北朝鮮政府だけでなく国際社会にも対応を求め、特に国連安全保障理事会に対して北朝鮮国民保護のための措置を講じるよう求めた。

http://mainichi.jp/select/world/news/20090906ddm007030081000c.html

国連、拉致問題解決へ対応要求 北朝鮮に、人権報告書で指摘

 【ニューヨーク共同】国連が4日公表した北朝鮮の人権状況に関する年次報告書は日本人拉致問題も重大な人権侵害事案として取り上げ、「依然、未解決で(解決に向け)北朝鮮当局の責任ある対応が求められる」と指摘した。その上で北朝鮮に、昨年8月に日本との公式実務者協議で合意した拉致被害者に関する再調査などの実施を求めた。

 拉致問題については日本も含め10カ国以上が被害に遭っているが、韓国で多数の被害者が出ていることは長期間顧みられていなかったと強調。今後、留意され、迅速に解決されるべきだとしている。

http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090501000208.html

【コメント】
例年の非難決議ですがまったく効力がありません。
まあ全機関の人権理事会はリビア・ルワンダのような
人権侵害国が理事国になり、国境なき記者団等が
馬鹿げていると批判していました。

国境なき記者団本部に行ってきました

画像 445
現時時間の31日に国際人道団体の国境なき記者団本部に行ってきました。
国境なき記者団とは昨年、北京五輪ボイコット運動で
で一緒に活動をして以来、情報交換を続けています。
事前にアポイントメントをとっておいたのでアジア担当デスクの
バンサン・ブロセルさんのさんと一時間近く面会しました。
worldvoice2701国境なき記者団としても
北朝鮮の報道の自由や記者拘束問題を
危惧している。ただ北朝鮮問題
では絶対的な情報が少ない。
今、国境なき記者団としては
イラン・スリランカが中心になっている。
(北朝鮮問題は優先順位が低いと言う事です)
今後、北朝鮮キャンペーンも考えているので
今後も連携していきたと言う事でした。
北朝鮮向けラジオ放送しおかぜの
英文資料があったので
お渡ししたら大変興味
がある様子で
担当者にコンタクトを取りたいと言うことなので
すぐに対応しました。過去に国境なき記者団は
アフリカの紛争地でのラジオ放送支援や
中国の
天安門事件の際も客船をチャータしてラジオ放送を行いました。
バンサン・ブロセルさんはアメリカの自由ラジオ放送や
日本政府のふるさと風は知っているようで
したが「短波放送しおかぜ」は知らないようでした。
この点でうまく連携が出来れば良いと思います。
画像 447

フランスの地では北朝鮮の情報が絶対的に
不足しているようなので日本国内の
各NGO団体から頂いた資料がお役に立つと思いますので
提供していただいた各団体に御礼を申し上げます。


フランスに行きます

明日からアジア報道と人権ネットワークの代表の川添が
所用でフランスのパリに行きます。パリ滞在中には
私たちが応援している「国境なき記者団」のオファイスも
訪れる予定で、「国境なき記者団」のアジア担当の
バンサン・ブロセルさんとも面会予定で情報交換や
今後の連携も相談したいと思います。

以下がバンサン・ブロセルさんの記事です。
(週刊ダイヤモンド2008年10/25日特大号 [World Voice])


中国政府が北京五輪前に封殺した
メラミン汚染事件“大スクープ”

「国境なき記者団」が明かす衝撃の事実

中国国内において多数の死亡者を出した乳製品のメラミン汚染事件。実は、中国政府が公表する1か月半前に事件を報じようとした週刊誌があった。調査報道で知られる広州の「南方週末」である。スクープはいかにして握りつぶされたのか。中国の“報道の自由”の行方と合わせて、その内幕を、「国境なき記者団」の名物デスクが明かす。(聞き手/ジャーナリスト 矢部武)

worldvoice2701
国境なき記者団 アジア・太平洋担当デスク バンサン・ブロセル

 中国政府が乳児用の粉ミルク汚染問題を公表したのは今年9月11日だが、実はその1ヵ月半前にそれを報じようとした中国人ジャーナリストがいた。調査報道で知られる、中国最大の週刊紙「南方週末」(広東省広州)の記者だ。彼は7月末、三鹿集団と関連企業による汚染粉ミルク事件の記事を書いたが、編集長は掲載しなかった。それはなぜか。

 北京五輪が開催される前、中国政府は国内メディアに五輪期間中に言及すべきでない“21項目の報道規制”を配布。そのなかには中東問題やダルフール紛争、チベット解放、宗教の自由などの他、食品の安全性も含まれていた。つまり、「敏感な食品問題を報道すると中国の悪いイメージを与えかねないので控えるべき」とされたのだ。

 同紙の編集長は政府と問題を起こしたくないと考え、スクープ記事の掲載を見送ったのだろう。それと、巨大企業で影響力も大きい三鹿集団が、メディアに圧力をかけたことも考えられる。 

 五輪開催前の中国は、当局による締めつけがひどかった。2007年12月から8カ月間に、中国人の人権活動家、記者、インターネットのプロバイダー、ブロガーなど30人が逮捕・拘束された。政府を批判したり、チベット問題、政府の腐敗、環境汚染などに言及したというのが理由だ。

 多くは短期間で釈放されたが、人権活動家の胡佳氏のように3年半の懲役刑を言い渡された者もいる。我が団体、国境なき記者団(RSF)は、現在も投獄されている12人の釈放を中国政府に求めている。

 五輪期間中は、外国人記者への取材妨害も相次いだ。中国外国人記者クラブ(FCCC)によると、7月25日からの1ヵ月間に取材妨害や嫌がらせ、暴力などを受けた外国人記者は63人にのぼった。競技スポーツの報道は自由にできたが、それ以外の社会・政治問題などを取材しようとすると問題が起きたのだ。

http://diamond.jp/series/worldvoice/10027/

中国政府が北京五輪前に封殺した
メラミン汚染事件“大スクープ”

「国境なき記者団」が明かす衝撃の事実

 中国にいる外国人記者は、以前は取材旅行や中国人へのインタビューをする場合、政府の許可を得なければならなかった。たとえば、北京在住の記者が勝手に湖南や広州などへ行くことは許されず、非常に厄介だった。申請の手続きが面倒だったり、何日も待つことになったりするので、最初から諦めてしまうこともあった。

 中国政府は2007年7月、外国人記者への報道規則を変更し、許可なしで取材旅行やインタビューをできるようにした。この新規則があったにもかかわらず、五輪期間中は取材妨害が行なわれたのだ。

 2001年、国際オリンピック委員会が北京五輪の開催を承認した時、RSFは中国政府に「五輪開催国にふさわしい行動を取るべきだ」と主張し、報道・言論の自由の促進などを求めた。中国政府はその後、「五輪期間中は報道の自由を確保する」としたが、その約束は守られなかった。

 中国メディアの報道の質は良くなっているが、報道の自由度はまだまだ低い。RSFが発表している“世界の報道の自由度ランキング”(2007年)では、中国は167カ国のなかで162位である。

 とはいえ、長期的にみれば、北京五輪の開催は中国の報道の自由に大きな意味を持つだろう。外国人記者が増えたことで中国人記者もいろいろ良い影響を受けるだろうし、結果的に人々がより多くの大切な情報を得ることができる。また、中国政府も五輪を経験して、真の意味で世界の大国になるには国際ルールを守り、情報をもっとオープンにしなければならないと認識するだろう。

 中国では最近、政府に対する抗議デモ、暴動が増え続け、昨年は4万件を超えた。中国政府はいつまでも、報道の自由や民主化を求める人々の声を無視し続けることはできないだろう。(談) 

バンセン・ブロセル
(Vincent Brossel)
フランスのトゥールーズ大学で政治学修士号を、ボルドー大学で同博士号を取得する。1996年から1999年までペルーの情報通信関係のNGOで、コミュニティメディアの開発を支援。その後、報道の自由の擁護を目的とした国際ジャーナリスト組織“国境なき記者団”(RSF、本部:フランス・パリ)に加わり、アジア・太平洋担当デスクとして、中国、アフガニスタン、ネパール、チベット、韓国、スリランカなどの調査、報告書作成に携わる。

http://diamond.jp/series/worldvoice/10027/?page=2

イラン拘束者の釈放求める集会、世界各地で開催

582124ac.jpgイラン拘束者の釈放求める集会、世界各地で開催

ニューヨーク市内の集会。「イランに自由を」のプラカードが見られる

(CNN) 先月のイラン大統領選で不正があったとして連日続いた改革派の抗議デモで、当局に拘束された何百人もの人々の釈放を要求する集会が25日、世界各国の約100都市で行われた。

 

集会の主催者はユナイテッド・フォー・イラン(イランのための団結)で、ヒューマン・ライツ・ウォッチやアムネスティ・インターナショナル、国境なき記者団など複数の人権団体が支援した。2003年のノーベル平和賞受賞者であるイランの人権活動家シリン・エバディ弁護士は、オランダの首都アムステルダムの集会で演説し、祖国のために一致団結するよう呼び掛けた。

 img_23598_t

今年イランで4カ月拘留され、無事釈放された日系米国人記者ロクサナ・サベリさんは、米シカゴ市内の集会に出席。言論を封殺されたイラン人のために、大勢の人々が声を上げていることの重要性を指摘した。

 

米ニューヨークでは市内中心部タイムズ・スクエアに参加者が集結し、国連本部まで行進した。参加者らはイラン改革派のシンボルカラーである緑色の旗やプラカードを掲げたり、緑色のリストバンドやシャツを着用していた。

 
124568576278916422416_15saberiblog_20090623004922

集会は米ワシントン市内でも行われ、何百人ものイラン系米国人が国連情報センターから米連邦議会まで行進しながら、イラン国内の人権問題により積極的に取り組むよう国連に要求した。

 

英ロンドン市内の集会は駐英イラン大使館前で開かれ、脅しと恐怖で抗議デモを再開できない状態にあるイラン人との連帯を呼び掛けた。独ベルリンの集会には約2000人が参加した。欧米各地を中心とする一部集会では、イランの人権侵害に対する抗議を強めるよう各国政府に促す動きが見られた。

 

大統領選で再選が確定した保守派のアフマディネジャド大統領の就任式は、来月第1週に予定されている。選挙でアフマディネジャド氏に敗れた改革派ムサビ元首相は、自身のウェブサイトに掲載したイスラム教シーア派の一部有力聖職者ら宛ての公開書簡で、現体制が公正さや正義の道を歩んでおらず、今後も歩まず暗黒に向かっていくとの認識を示した。書簡にはキャルビ元国会議長やハタミ前大統領の署名も入っている。
 
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200907260003.html

【コメント】

全世界でイランの一斉の拘束者の救援の集会が
開催されたそうです。日本でもこのような集会
を開催していきたいです。

ロシア:モスクワで無許可集会 33人拘束 首相辞任求め

6a0d892b.jpg

ロシア:モスクワで無許可集会 33人拘束 首相辞任求め

2009年6月1日 18時53分

 【モスクワ大前仁】モスクワ中心部で5月31日、ロシアの反体制派「もう一つのロシア」がプーチン首相辞任などを求める無許可集会を開こうとしたところ、警察当局が制止し、33人を拘束したと発表した。主催者側は、「もう一つのロシア」の指導者の一人で非合法政党「民族ボリシェビキ党」を率いるリモノフ氏はじめ50人以上が拘束されたとしている。

 集会の主催者は「プーチン首相が経済危機への対応に失敗した」と批判し、首相辞任や雇用確保を訴える予定だった。ロシアでは今年に入り、経済危機が深刻化したことから、抗議集会やデモが頻繁に開かれている。
http://mainichi.jp/select/today/news/20090602k0000m030026000c.html

090601017_160x120
反プーチン集会開こうとした33人拘束
<6/1 11:06>

 ロシアの首都・モスクワで、プーチン首相の辞任を求める集会を開こうとした市民グループのメンバー33人が警察に身柄を拘束された。

 モスクワの中心部に近い凱旋門(がいせんもん)広場に先月31日、言論の自由や民主主義の実現を掲げる市民グループ約100人が集まった。プーチン首相の辞任を求めて集会を開く予定だったが、警察は無届けの集会として、解散命令に従わなかったグループのリーダーら33人を拘束した。

 海外の映像配信会社がこの様子を撮影したが、モスクワのテレビ局では報道されていない
http://www.ntv.co.jp/news/136654.html


【コメント】
ロシアでの言論は酷い物です。反体制的な事を報道した記者が
政府機関の人間に殺されたり、この辺の問題は
国境なき記者団も問題にしていますが酷い状況な
ようです。

理由は「あなたの安全のため」 チベット取材妨害

e372a403.jpg

理由は「あなたの安全のため」 チベット取材妨害

2009.3.16 18:57

 中国の支配に抗議するチベット民衆と人民解放軍が衝突したチベット動乱から50周年を迎えた今月、チベット自治区やチベット族自治州に赴いた多くの外国人記者が、「身の安全」などを表向きの理由に取材を妨害されている。

 「これはあなた自身の安全のためだ」−。15日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、2月下旬、中国甘粛省甘南チベット族自治州瑪曲県で取材中だった同紙記者は、武装警察官にパスポートを取り上げられ、こう説明されて北京行きの飛行機に乗せられた。

 11日には、青海省黄南チベット族自治州同仁県に向かおうとしたフランス通信(AFP)の記者が行く手を阻まれた。積雪と「公共の安全」がその理由。警察官に詳しい説明を求めている間、他の車は次々と検問所を通過していったという。

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)によると、ここ数週間で少なくとも14人の外国人記者が自由な訪問が許可されているはずのチベット族自治州で拘束された。イタリアの通信社ANSAの記者は青海省のチベット仏教の僧院を取材後、一時拘束された。AFP記者も同省の僧院で、「ここは公共の場ではない」として警察官に退去を強いられた。その他、スペインやフィンランドなどの記者が尋問を受けたという。

 北京にある駐華外国記者協会のジョナサン・ワッツ会長は9日付の声明で、「記者は自らの権利内でチベット族居住区に赴いている。拘束や妨害によって、治安組織は彼らの行動に対する疑念を膨らませている」と述べ、昨年10月に発表された外国人記者に対する取材規制緩和規定を順守し、チベット自治区取材を解禁するよう中国政府に求めた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090316/chn0903161859000-n1.htm

【コメント】
チベットでの取材の妨害をひどい状況です。「あなたの安全のため」とは
本当に人を馬鹿にした理由です。独裁国家でのマスコミの
弾圧には怒りを感じます。



国境なき記者団、「インターネットの敵」を発表

38f2319d.png

国境なき記者団、「インターネットの敵」を発表

「インターネットの敵」のほか、オーストラリアや韓国などを、懸念すべきネット対策を取っている国家として「監視対象」に挙げている。
2009年03月16日 10時33分 更新

 言論の自由を掲げる国境なき記者団(RSF)は3月12日、人権団体Amnesty Internationalと共同で、インターネットの検閲などで言論の自由を脅かす「インターネットの敵」リストを発表した。

 ネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、キューバ、エジプト、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、チュニジア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの12カ国。いずれも「国民が『望ましくない』オンライン情報にアクセスするのを防ぐため、インターネットをイントラネットに変えている」とRSFは批判している。「これら国家は、オンラインのニュースや情報を検閲する能力ばかりでなく、問題のあるインターネットユーザーを事実上組織的に迫害していることにおいても際立っている」

 またRSFは、「一般参加型検閲」が行われていると指摘。例として、中国政府が北京五輪の際に、インターネットユーザーに報酬を支払って、オンラインに政府を支持する書き込みを依頼したことを挙げている。

 またRSFは、乱用につながる可能性のあるネット対策を取っている国を「監視対象」として挙げている。特にオーストラリアと韓国は最近、オンラインでの表現の自由を脅かしかねない対策を導入したと同団体は述べている。オーストラリアはISPにフィルタリングを義務付ける法案を検討しており、韓国では先日、Lehman Brothers破たんとウォン暴落を予測したブロガーが逮捕されている。このほか監視対象として挙がっているのは、バーレーン、ベラルーシ、エリトリア、マレーシア、スリランカ、タイ、UAE、イエメン、ジンバブエ。

 また、現在70人がオンライン投稿が原因で当局に拘束されており、最も数が多いのは中国。それにベトナムとイランが続くという。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0903/16/news027.html


【コメント】
国境なき記者団が発表した「インターネットの敵」リストです。
原文は以下の記者団のHPよりダウンロード出来ます。
http://www.rsf.org/article.php3?id_article=30543
独裁国家が統制する手段としてネットの弾圧をしてきたのも
大きな流れだと思います。

<資料><報道の自由度ランキング>中国167位、北朝鮮172位、ワースト10はほぼアジアに―国境なき記者団

7257915c.jpg

<資料><報道の自由度ランキング>中国167位、北朝鮮172位、ワースト10はほぼアジアに―国境なき記者団

 
2008年10月22日、国際ジャーナリスト団体・国境なき記者団はパリで「報道の自由度ランキング」を発表した。中国政府は四川大地震、北京五輪と災害、イベントが続く中、情報公開及び報道の自由確保に努めたことを喧伝していたが、ワースト7位となる167位にとどまった。日本はアジアトップとなる29位だった。

以下は同ランキングのトップ10、ワースト10。【その他の写真】

トップ10
1位:アイスランド、ルクセンブルク、ノルウェイ
4位:エストニア、フィンランド、アイルランド
7位:ベルギー、ラトビア、ニュージーランド、スロバキア、スウェーデン、スイス

ワースト10
164位:ラオス
165位:スリランカ
166位:イラン
167位:中国
168位:ベトナム
169位:キューバ
170位:ミャンマー
171位:トルクメニスタン
172位:北朝鮮
173位:エリトリア

http://www.excite.co.jp/News/china/20081023/Recordchina_20081023014.html

私たちが応援している「国境なき記者団」の世界の報道ランキングです。
ワースト5は大体同じですがエリトリアが気になったので調べてみましたが
紅海に望む旧イタリア植民地ですがエチオピアとの国境紛争等で
難民やインフラがめちゃくちゃで報道人への殺害も横行している
地域です。

http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/area/eritrea/index.html

外務省: エリトリ国

Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。#香港加油
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 中国政府が恐れるウイグル人権法の効果
  • マルタでムスカット首相が辞任へ 女性ジャーナリスト爆殺事件での対応が問題化 パナマ文書・ダフネ・カルアナガリチア記者爆殺事件がムスカット政権崩壊がつながる線
  • マルタでムスカット首相が辞任へ 女性ジャーナリスト爆殺事件での対応が問題化 パナマ文書・ダフネ・カルアナガリチア記者爆殺事件がムスカット政権崩壊がつながる線
  • 香港情勢でアメリカの香港「人権・民主主義法」を次の一手はイギリスか??
  • 米朝交渉が停滞する中でアメリカが北朝鮮の人権問題で揺さぶり
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ