残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

海老蔵

サハロフ賞も空席に授与/キューバ、出国認めず

サハロフ賞も空席に授与/キューバ、出国認めず

2010/12/15 23:17

PN2010121501000973_-_-_CI0002
 受賞者欠席のまま行われたサハロフ賞の授賞式で、空席に置かれた証書とキューバの国旗=15日、フランス・ストラスブール(ロイター=共同)

 【パリ、ハバナ共同】人権擁護活動への貢献をたたえて欧州連合(EU)の欧州議会が毎年授与するサハロフ賞の授賞式が15日、フランス東部ストラスブールで行われた。今年の受賞者でキューバの反体制活動家ギジェルモ・ファリニャス氏(48)は、キューバ当局に出国を阻止されたため、証書は空席に置かれた。

 ノルウェーの首都オスロでは10日、ノーベル平和賞を受賞した中国の民主活動家、劉暁波氏や妻ら親族の出国を中国当局が認めなかったため、やはり空席で授賞式が行われたばかり。2週続いた主役不在の授賞式は、人権抑圧を指弾された国家のかたくなな態度を際立たせた。

http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101215190401.html

amr1010220029000-p1

ギジェルモ・ファリニャス氏=3月5日(AP=共同)
Like Nobel ceremony, Sakharov Prize ceremony to have empty chair

Published on 14 December 2010

Five days after the Nobel Peace Prize ceremony was held in Oslo in laureate Liu Xiaobo’s absence, the European Parliament’s Sakharov Prize for Freedom of Thought will be presented tomorrow in Strasbourg in the absence of its Cuban recipient, Guillermo “El Coco” Fariñas Hernández, because he has not been allowed to leave Cuba.

Cuba’s Ladies in White – the mothers, sisters and daughters of the island’s political prisoners – were already prevented from travelling to Strasbourg when they were awarded the prize jointly with Reporters Without Borders and Nigerian human rights lawyer Hauwa Ibrahim in 2005. This latest travel ban has again highlighted the extremely limited scope of the Castro government’s concessions to its opponents.

“The European Parliament’s official invitation to attend the Sakharov Prize presentation should have been forwarded to me within a week by the Cuban consular authorities in France,” Fariñas has told Reporters Without Borders, which awarded him its Cyber-Freedom Prize in 2006. “But a month has gone by and I still have not received it. At this point, the document must now be lost.”

The founder of Cubanacán Press, a small independent news agency based in the central city of Santa Clara, Fariñas said he was recovering slowly from the “serious muscular after-effects” of his many hunger strikes. He was not angry about not being able to go to Strasbourg because, he said, the most important thing was to avoid being prevented from returning to Cuba afterwards.

“The authorities would no doubt have allowed me to leave but without being able to return, and there was no question of my agreeing to that,” he said. “I am a Cuban and I will stay with the Cuban people. For me the only acceptable arrangement would have been a provisional exit permit.”

The words “Definitive Exit” were stamped in the passports of all of the 18 journalists – including former Reporters Without Borders Cuba correspondent Ricardo González Alfonso – who have been released from prison since July on condition that they take a one-way trip into exile. Most of these journalists, who had been detained since the March 2003 “Black Spring” crackdown, are now living in Spain.

Three other “Black Spring” journalists remain in prison because they refuse to leave Cuba: Pedro Argüelles Morán, Héctor Maseda Gutiérrez and Iván Hernández Carrillo. Reporters Without Borders reiterates its insistence that they have an unconditional right to live freely in their own country.

This is the message that Fariñas said he wanted to send for the ceremony: “A message of reconciliation. Without rancour or hatred. Let us love our enemies. There is no civil war in Cuba. Just a peaceful rebellion and the promise of deep-seated social change. I am a very small part of this rebellion and I receive the Sakharov Prize in the Cuban people’s name. The prize encourages me to pursue this collective movement towards the best of prizes, total democracy in Cuba and human rights for all, even for those who today are our oppressors.”

Reporters Without Borders adopts Fariñas’ message as its own. Cuban society will one day have to be reconciled with all of its components. The international community, especially Europe and Latin America, must continue diplomatic attempts to promote respect for basic rights and freedoms in Cuba.

This is why Reporters Without Borders supports the European Union’s “common position” on Cuba, under which the normalization of EU relations is conditioned on Cuba’s effective recognition of these rights and freedoms. The Cuban government signed two UN conventions on civil and political rights in 2008 but has not ratified them.

At the same time, Reporters Without Borders reiterates its call for the lifting of the US embargo on Cuba, which has been in place since 1962. It penalizes Cuba’s population while giving the government a pretext for making no changes. The page must be turned on repression and Cubans must be able to decide their future.


http://en.rsf.org/cuba-like-nobel-ceremony-sakharov-prize-14-12-2010,39027.html

このサハロフ賞は欧州議会が人権思想の自由を守るために献身的な活動をしてきた個人や団体をたたえる賞です。ファリニャス氏は非暴力を信念とし、キューバ政府に対し自由と人権擁護を要求、通算11年半の獄中生活を送った。近年は計23回のハンガーストライキを敢行。最近では健康の悪化した政治犯の釈放を求めて、135日にわたるハンガーストライキを7月8日まで実施。この直後に同国政府は政治犯52人の釈放を決めた。


2005年には国境なき記者団も受賞しています。今回のような受賞者不在の授賞式は先般のノーベル平和賞の劉暁波氏を思いだします。キューバの人権状況は中国や北朝鮮からまだ良いと言われいますが本質的な意味からは独裁国家ですから同じだと思います。

【米公電流出】過半数がウィキリークス支持 仏調査

imagesCAXIT2JN【米公電流出】過半数がウィキリークス支持 仏調査 

2010.12.12 10:38

 米国の外交公電などをネット上で公表している内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」の活動について、フランス人の54%が好意的な考えを持っていることが明らかになった。同国の有力地方紙ウエスト・フランスの世論調査をフランス公共ラジオが11日、伝えた。

 調査では、ウィキリークスを支持する割合は年齢が若いほど高く、18〜24歳では73%だった。50〜64歳は54%、65歳以上は35%にとどまっており、年齢層による相違がはっきり表れた。

 また支持政党別で比較すると、ウィキリークスに好感を抱いているのは左派支持層に多く、極左、反資本主義新党支持者では78%、最大野党社会党支持者では59%だった。一方、与党国民運動連合など保守支持層では外交機密の暴露を止めるべきだとの考えが62%に上った。調査は12月9、10日、958人に電話で行われた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101212/erp1012121039004-n1.htm

ウィキ、仏調査で過半数が支持 若年層・左派ほど高率

 【パリ共同】米国の外交公電などをネット上で公表している内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」の活動について、フランス人の54%が好意的な考えを持っていることが明らかになった。同国の有力地方紙ウエスト・フランスの世論調査をフランス公共ラジオが11日、伝えた。

 調査では、ウィキリークスを支持する割合は年齢が若いほど高く、18〜24歳では73%だった。50〜64歳は54%、65歳以上は35%にとどまっており、年齢層による相違がはっきり表れた。

 また支持政党別で比較すると、ウィキリークスに好感を抱いているのは左派支持層に多く、極左、反資本主義新党支持者では78%、最大野党社会党支持者では59%だった。2010/12/12 09:16   【共同通信】

Français plutôt favorables à Wikileaks

AFP
11/12/2010 | Mise à jour : 17:06
Réactions (28)

Les Français sont plutôt favorables à 54% à la poursuite de la diffusion d'informations confidentielles par Wikileaks, et ce d'autant plus qu'ils sont jeunes, de milieu modeste et de gauche, selon un sondage réalisé par l'Ifop pour Dimanche Ouest-France.

"La proportion de ceux qui soutiennent Wikileaks est plus élevée à mesure qu'on descend dans les classes d'âge", relève l'institut de sondage: 67% des moins de 35 ans défendent cette action et même 73% chez les 18-24 ans. En revanche, seulement 54% des 50-64 ans et 35% des plus de 65 ans l'approuvent.

"La seconde fracture est d'origine sociale", note l'Ifop, soulignant que "les populations modestes ont plus facilement tendance à se ranger du côté des partisans de la divulgation des documents diplomatiques". De six à sept ouvriers, employés et inactifs sur dix (de 60 à 66%) défendent Wikileaks, contre 50% des professions libérales et cadres supérieurs.

"Enfin, l'appartenance politique influe fortement sur le jugement exprimé", indique l'Ifop. "Les sympathisants de gauche constituent la population la plus favorable à Wikileaks (65%) mais atteint 78% de ceux qui se réclament de LO et/ou NPA", 76% du Front de gauche, contre 59% au PS.

A droite, 62% des sondés "veulent que les publications d'informations confidentielles cessent, par peur du danger qu'elles sont susceptibles d'entraîner". Fait notable: si 70% des sympathisants UMP désapprouvent l'initiative de Wikileaks, 68% des sympathisants du FN souhaitent au contraire qu'elle se poursuive.

En conclusion, "Wikileaks semble devenir pour une majorité de Français un porte-étendard de la liberté d'information (...) Le droit à l'information semble aujourd'hui l'emporter d'une courte tête sur les tenants d'une vision plus traditionnelle du nécessaire secret d'Etat", analyse l'Ifop.



http://www.lefigaro.fr/flash-actu/2010/12/11/97001-20101211FILWWW00546-francais-plutot-favorables-a-wikileaks.php



このウエスト・フランス紙ですが配達される新聞という点で1975年以来、フランスの第1位の日刊紙です。

毎日80万部近く配布していて、パリの日刊紙や日刊公報誌を含めても他を引き離しています。42の(地域)版数を印刷し、すなわち12の県で配布を行っています。1日の平均にすると、12万行の文章、1500の写真を含む600ページを提供しています。223万人の読者と共に、ウエスト-フランスは、世界一のフランス語日刊紙の地位にある新聞です。
http://journaldenao.jugem.jp/?eid=46


http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010121201000077.html

ウィキリークス問題は日本では断片的な報道しかされたいませんが
ウィキリークス問題は世界のニュースでは
一番大きく報道さてています。ウィキリークス問題は
国民の知る権利や報道の自由と国家機密の問題との
兼ね合い、ある有識者の方の意見ですがウィキリークスが
公表された内容の真偽があるのかという疑問もあると言いう指摘も
あります。通常は外交公電は30年経つと公開されます。
それは30年という月日で利害関係がなくなると判断しているようです。
それが数年の公電が流失したことは関係国にも影響が出るこ事は
十分にあり得ることです。

<ノーベル平和賞>在外活動家ら授賞式参加へ 19カ国欠席

20101106k0000e030045000p_size5

<ノーベル平和賞>在外活動家ら授賞式参加へ 19カ国欠席

毎日新聞 12月7日(火)19時50分配信

 【ウィーン樋口直樹、台北・大谷麻由美】オスロで10日に行われる中国の民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞授賞式に、在外の中国人活動家ら50人が参加することになった。米国在住の活動家でとりまとめ役の楊建利氏が毎日新聞の取材に答えた。収監中の本人や自宅で軟禁されている妻の劉霞さんに代わり、オスロから世界に向けて中国政府への民主化要求などを発信する構えだ。

 楊氏によると、ノーベル委員会は式典への招待枠を従来の30人から50人に拡大。89年の天安門事件につながる民主化要求運動を指導した方励之氏▽劉氏の教え子で同事件時の学生リーダーだったウアルカイシ氏▽今年5月に米国に亡命したエイズ救済活動家の万延海氏▽中国におけるウイグル族の人権擁護を訴えるラビア・カーディル氏らが参加する。

 式典は受賞者への証書や記念メダル、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3800万円)の授与を抜きにして進められる予定で、ノルウェーの女優リブ・ウルマンさんが劉氏の文章を読み上げる。

 一方、ノーベル委員会は7日、中国など19カ国が授賞式に欠席することを明らかにした。現時点で参加を表明しているのは44カ国。劉氏の受賞に反発する中国は「法律に違反した犯罪者への平和賞の授与は、中国への内政干渉である」と主張し、各国に授賞式への出席を見合わせるよう「圧力」をかけている。同委員会は毎日新聞に「各国特使(大使ら)に直接欠席を求めるようなキャンペーンは前例のないことだ」と不快感を示した。

 同委員会によると、7日時点で欠席を表明した国は、中国▽ロシア▽サウジアラビア▽パキスタン▽イラン▽アフガニスタン▽フィリピン▽キューバ▽セルビアなど19カ国。

 国家政権転覆扇動罪で今年2月に懲役11年の刑が確定した劉氏は、遼寧省の刑務所で服役している。10月のノーベル平和賞発表直後に月1回の親族との面会が認められたが、11月には面会が実現しなかった。中国在住の活動家の多くも当局に監視され、出国を阻止された劉氏の友人の弁護士や学者らは10人ほどに上るといわれている。

 オスロでは授賞式に前後して、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルと香港の人権団体などが、劉氏の釈放を求めて中国大使館前で抗議活動を行うほか、中国の人権状況に関する討論会や記者会見、屋外でのトーチリレーなども予定されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000090-mai-int

10日はオスロで受賞式があります。記事の通り、19カ国欠席なんて
本当の中国の圧力に屈するなんて情けない限りです。
特に19カ国欠席の国を見ると人権の意識がない国ばかりです。
ともかく10日はお祝をしたいと思います。

昨日の集会の記事

中国シンポ:ノーベル賞・劉氏、民主化へ“風穴”−−藤沢 /神奈川

 ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)を巡る中国政府の対応を考えるシンポジウムが5日、藤沢市の産業センターに在日中国人を含む約50人を集め開かれた。主催の「東アジア報道と人権ネットワーク」(川添友幸代表)によると、こうしたシンポジウムは全国で初めてという。

 天安門事件(1989年)への抗議活動を続ける王戴・民主中国陣線日本事務局長ら日中の4人が意見を述べ合い、「中国の若者は政府から劉氏は罪人と教え込まれている」「中国内のメディア、インターネットが受賞を報じ始めた瞬間、画面が真っ黒になった」などの報告がなされた。

 だが、ネットや口コミでニュースは伝わり、中国内で「海外の認識はわが国と違う」との認識が広がり始めており、受賞決定が中国の民主化へ大きな“風穴”を開けた、と評価する声が相次いだ。

 劉氏は共産党一党独裁を批判し、民主的立憲政治を求める「08憲章」を起草した中心人物。国家政権転覆扇動罪で懲役刑の判決を受け服役中。今年10月、中国在住の中国人として初めてノーベル賞の受賞が決まった。

【永尾洋史】

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101206ddlk14040125000c.html

今日はご参集ください

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

[オピニオン]ウィキリークスと外交官

wikileaks[オピニオン]ウィキリークスと外交官
DECEMBER 02, 2010 03:08

今年1月11日、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官(当時)は、ロバート・キング米国務省北朝鮮人権特使と会った席で、「正確に何人なのか確認できないが、海外で活動していた高官級の北朝鮮官僚が、最近、韓国に亡命した」と話した。米国の民間の内部告発サイト「ウィキリークス」が、公開した米国の外交文書にある内容だ。韓国政府は、不法に収集された情報については言及しないと明らかにしたが、重大な情報に違いない。

◆ウィキリークスが、世界各国の米公館が国務省とやりとりした最近の3年間の公電25万件を公開し、世界の外交関係者は衝撃を受けた。一つ一つが外交的に敏感な懸案であり、波紋がどこまで広がるか分からない。イタリアのフラティニ外相は、今回の事態を世界外交の「9・11テロ事件」と規定した。世界最高の情報網とセキュリティシステムを備えた米国の外交安保文書が、一瞬にして、それもまるごと流出し、世界各国の外交パートナーを当惑させたことはアイロニーだ。


◆インターポール(国際刑事警察機構)は、スウェーデンからの要請を受け、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏を婦女暴行などの容疑で逮捕する「赤色警報」を加盟国に発した。オバマ政権は、ウィキリークスが米国の国益と外交活動を侵害したとし、創設者のアサンジ氏と組織に対し、スパイ法を適用する法律の検討に着手した。米国務省は、情報の追加流出を阻止するため、外交公電のデータベースや軍内部のコンピューター・ネットワークを一時中断したほか、フランス政府も、公電発送の方法を変える計画だ。泥縄かも知れないが、外交安保文書がデジタル化されればされるほど、類似の事故が発生する素地が高まるというのが、各国の心配だ。


◆アサンジ氏は、タイム誌とのインタビューで、「クリントン国務長官は、米国の外交関係者に、米国が署名した国際規約を破り、国連でスパイ行為をするよう指示した責任が明らかになった場合、辞任しなければならない」と逆に豪語した。もはや、各国の外交官は、直接会って情報を交わし、心の内を明かすことが難しくなったと不平をもらす。外交舞台では笑いながら、ワインを交わす時も、相手国の内心を伺う冷徹な情報戦争という現実を、今回のウィキリークスの事態が改めて明るみにした。


朴成遠(パク・ソンウォン)論説委員swpark@donga.com

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2010120256788

ウィキリークスの問題が世界に激震が走っています。
特にアメリカの国務省の激震が出ています。
告発サイトの必要性が大きな問題なっています。
その意味で国民の知る権利と国家の機密の
どちらも大変なものだと思います。その意味で
この東亜日報の記事はなかなか公平な書き方だと思います。

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

パリ・ニースでの国境なき記者団・アムネスティ・インターナショナルの抗議活動


Nice: rassemblement pour les droits de l'homme en Chine

Des militants de RSF manifestent près du convoi de Hu Jintao

先月の中国の胡錦濤国家主席のフランス訪問での
中国の民主活動家、劉暁波氏の解放を求める
抗議活動のAFPのニュース動画です。
パリの抗議活動でインタビューで話しているのは
国境なき記者団代表のジャン・フランソワ・ジュリアード氏です。

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

スイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

qdgBDzleFl4Jスイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

  • 2010年11月29日 15:42 発信地:ジュネーブ/スイス

【11月29日 AFP】スイスで28日、特定の犯罪をおかした外国人を自動的に国外追放する法改正の是非を問う国民投票が行われ、賛成52.9%で承認された。反対は47.1%だった。

 特に、スイス人口の大半を占めるドイツ系住民の賛成票が多く、全26州のうち否決はわずか6州だった。

 今回の国民投票は極右政党「スイス国民党(
Swiss People's PartySVP)」が主導したもの。現行法では、有罪となった外国人に対しては判事の個別判断で国外追放処分とすることができたが、改正新法では、特定の犯罪で有罪判決を受けた外国人は自動的に国外追放となる。

 対象となる犯罪行為には、強姦、深刻な性犯罪、強盗などの暴力行為、麻薬密輸のほか、生活保護の不正受給も含まれる。

 改正承認を受け、スイスのシモネッタ・ソマルガ(
Simonetta Sommaruga)司法相は、国際法に違反せずに改正法を実施する道を政府で検討すると述べた。

 スイスは前年、同じくSVPの主導により、イスラム教の尖塔(せんとう、ミナレット)の建造を禁止する措置が可決されたばかり。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(
Amnesty International)は今回の国民投票結果について、「スイスの人権にとって暗い日」と批判した。(c)AFP/Hui Min Neo

http://www.afpbb.com/article/politics/2776977/6517971?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
なかなか難しい問題ですが日本でも中国人の不法入国や犯罪が
問題になっています。その意味で対岸の火事ではない問題だと
思います。今後もこの問題を取り上げていきたいと思います。

●緊急特別討論集会
ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就
任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体
「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域はロビー活動/人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 香港の情勢が緊迫化 圧力強化に乗り出した香港政府 中国政府からの指示か!? 追い込まれつつある民主派
  • 【速報】香港抗議活動で初の死者が発生 
  • トルコの100年前のアルメニア人大虐殺をアメリカ議会下院が認定 100年前のジェノサイドで国際的に追い詰められるトルコ
  • 故・金正日総書記の異母弟であり、金正恩国務委員長の叔父である金平一駐チェコ北朝鮮大使が帰国へ 今後注目される処遇
  • 朝鮮幼稚園の無償化は除外する一方で国連人権理事会での北朝鮮人権非難決議の提出国から抜けた日本政府
  • マニラの空港で拘束のミスイラン、バハレ・ザレ・バハリBahareh Zare Bahari、「送還なら殺される」と訴え亡命を希望
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ