残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

温家宝

強く求めます

ビルマ:温家宝首相のビルマ訪問 人権問題を議題に

欠陥総選挙は、地域の安定を阻害

 日本語ニュースリリース: http://www.hrw.org/node/90746 

英語オリジナル: http://www.hrw.org/en/news/2010/05/28/burma-chinese-premier-s-visit-opportunity-rights 

 

(ニューヨーク、2010531)  62日にビルマ訪問を予定している温家宝中国首相は、人権問題に懸念を表明すべきである。ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日、温家宝首相宛の書簡でこう述べた。ビルマでの人権侵害は、アジア域内の安全保障に長期的な悪影響を及ぼす。中国は、20年ぶりに行なわれる予定のビルマの総選挙に対し、影響力を行使できる立場にある。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国政府指導部に対し、ビルマの2010年総選挙を性急に承認しないように求めている。真の意味で開かれ、かつ包括的で公正な選挙プロセスを追求するようビルマ軍政に迫るよう求めた。

 

「ビルマ軍事政権のような自国民の人権を侵害した上で貧困に追い込む政権が隣国では、中国の国益は十分にはかなえられない」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア局長代理エレーン・ピアソンは述べる。「それにもかかわらず、中国政府のこれまでの政策は、ビルマ軍政の民政移管を要求するのではなく、軍政の存続を支援する傾向だ。」

 

中国政府は、主権国家の「国内問題」には不干渉方針をとっていると常々主張している。しかし、ビルマ国内の広範な人権侵害によってビルマ国内には不安定さが増しており、限界を超えて国境を超えてすぐに広がりかねない状況だ。そうなれば、難民流入や公衆衛生問題の深刻化、暴力といった面で、中国の安定に影響がでることは避けられない。こうした中国の国益問題も踏まえた上で、温家宝首相は、中国政府のビルマに対する「良い隣人」政策の一貫として、ビルマ軍政による人権侵害とその解決策に関する率直な会談を行うべきだ。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチの書簡は、4つの問題に特に焦点をあてた。すなわち2010年総選挙、不安定な国境地帯の現状、アジア域内への公約と外交、貿易・投資関係だ。中国はビルマの最大の隣人であり、主要な貿易相手国かつ武器供給元であるほか、中国は、国際舞台で最も声高にビルマを支持する国家。ヒューマン・ライツ・ウォッチは中国に対し、より建設的な役割を担うこと、そして、ビルマに真の変化の訪れを促すために他国と協調するよう強く求めた。

 

「中国が理解すべきは、ビルマ軍政に対する中国の継続的な支援によってビルマ軍政の抑圧が加速される事実だ。これはアジア地域の安全保障に影響をもたらす」と前出のピアソンは述べる。「中国政府には、ビルマにおける前向きの変化をもたらすため、より建設的な役割を果たすチャンスがある。温家宝首相はそれをしっかりと活かすべきだ。」

 【コメント】
ヒューマンライツウオッチのリリースですが非常に的を得た
見解だと思います。ビルマ軍事政権の背後は中国です。
一番影響力が有るのは中国政府ですから中国政府の
対応を求めます。

ダライ・ラマに一方的譲歩迫る、中国首相が強硬姿勢

638b8048.jpg

ダライ・ラマに一方的譲歩迫る、中国首相が強硬姿勢

 【北京=杉山祐之】中国の温家宝首相は13日、全国人民代表大会(全人代)閉幕後の記者会見で、昨年11月に中断した共産党政権とチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世側との対話について、「ダライ・ラマが分裂活動を放棄しさえすれば、対話の扉はいつでも開いている。対話は続けてもよいが、肝心なのは、彼が誠意を持ち、対話で実質的成果を出すことだ」と語った。
対話中断の責任をダライ・ラマ側に押しつけながら、一方的な譲歩を迫る発言であり、温首相は、チベット暴動から1年となる14日を前に、中国の強硬姿勢を改めて内外に示した。

 チベット自治区を中心としたチベット族居住地域ではいま、ダライ・ラマらへの信仰が抑圧され、武力による「安定」が続いている。ただ、温首相は「全体状況は安定している。憲法などは人民の自由と権利、特に信仰の自由を保障している。チベットの安定と進歩は、我々の政策の正しさを物語る」と述べた。

 昨年12月のサルコジ仏大統領とダライ・ラマの会談後、中仏関係が悪化していることについては、「フランスがはっきりと態度を表明し、中仏関係をできるだけ早く修復させるよう望む」と語った。

2009年3月13日23時23分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090313-OYT1T01152.htm?from=main3

【コメント】
北京五輪も終わり、チベット問題での国際社会の
声が弱まる中で中国政府の強行姿勢の現れだと
思いますがただ、中国も経済の低迷や地方での
暴動などで強い中国をアピールしたい狙いも
有るのではと思います。

まさに誤ったメッセージ

d5e97f8f.jpg

米、人権問題で圧力かけず 中国に配慮で経済・環境・安保優先

2009.2.21 22:57

 【北京=野口東秀】クリントン米国務長官が人権問題で、中国に強い圧力をかけない方針を示したことが波紋を広げている。経済や安全保障上の課題を優先させる米国側が中国に配慮した結果とみられ、中国側はオバマ米政権の「変革外交」(中国メディア)の一環と受け止めている。中国国内外の民主化・人権活動家からは失望の声が上がっているが、中国政府は人権問題が米中の対立要因にはならないとの認識を強める格好となった。

 クリントン長官は21日の北京での会見で、人権問題をはじめ米中間で見解の異なる分野でも「率直に話し合った」と指摘し、中国の楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(ようけつち)外相も同じ会見で、米中間の人権対話に応じる姿勢を示した。しかし「内政干渉しないこと」が前提条件であると強調することを楊外相は忘れなかった。

 クリントン長官は、1995年の北京女性会議に出席し女性の権利拡大を訴えるなど人権問題を重視してきた。だが、長官は北京到着前の20日、「(中国に人権問題などで)圧力をかけ続けなければならないが、強く迫ることで、経済危機や気候変動、安全保障に関する協議を妨げてはならない」と述べ、国際社会に驚きをもって受け止められた。

 


 今回の長官の中国訪問をめぐっては、共産党独裁体制の変更を求めた「08憲章」の起草者の一人、劉(りゆう)暁波(ぎようは)氏や国家政権転覆扇動罪で服役中の人権活動家、胡(こ)佳(か)氏らの処遇について、長官が中国に強い懸念を示すことが期待されていた。

 それだけに長官の20日の発言に失望を隠せず、アムネスティ・インターナショナルは声明で、「中国の人権保護に関する将来の米国の取り組みを損ねる」と非難。ヒューマン・ライツ・ウオッチも、「中国政府に(人権問題は後回しでいいとの)誤ったメッセージを送った」と批判した。

 一連の会談では、北朝鮮の核問題、金融危機、気候変動を中心に幅広い分野での協力強化に重点が置かれた。人権問題をめぐっても、中国の体面を重んじて水面下で交渉が進められた可能性はある。しかし今回、明確な態度を示さなかった米国に対し、1989年の天安門事件後に逮捕されたある北京市民は、「今年は社会の締め付けが強まっている。当局を勢いづかせてしまう」と落胆した。

 米中関係専門家は「人権問題の考え方には双方に違いがあり、摩擦の要因になりうる。衝突が避けられないこともあるだろう。しかし、大局からみて突出した問題にはならない」と分析。自国の大国ぶりに自信を深める中国が、地球規模の問題解決で中国の協力を必要とするオバマ米政権の“足元”を見透かしているとの指摘もある。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/090221/amr0902212258018-n2.htm

訪中の米国務長官、人権より経済危機などへの対応を優先と

京(CNN) ヒラリー・クリントン米国務長官は22日、アジア歴訪の最後の訪問国である中国の指導者らと会談した。

 

クリントン長官は中国の楊外相との会談で、中国の人権問題を提起する一方、世界経済や気候変動、安全保障の危機への対応の方が緊急対応が必要な優先事項だとの認識を表明した。同長官は過去の米中協議で取り上げられてきたチベット問題や表現の自由について、今後も率直な意見交換を続けることで楊外相と合意したという。

 

クリントン長官は今回、胡錦濤国家主席や温家宝首相らと相次いで会談し、オバマ新政権の中国政策の土台作りに努めた。同長官は記者団に対して「米国と中国が前向きで協力的な関係を築くことは必要不可欠だ」と述べ、中国重視の姿勢を強調した。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200902220002.html

【コメント】

まさに誤ったメッセージを中国最高指導部の与えたクリントン国務長官の
訪中です。アメリカも経済的に厳しいのは分かりますが人権問題を
取り上げない姿勢に怒りを感じずには得られません。
ここことで中国政府が一層の人権弾圧に向かうのは必至だと思います。

中国首相にも靴投げ 英講演中、親チベット派

b3f0940c.jpg

中国首相にも靴投げ 英講演中、親チベット派

2009年2月3日 夕刊

 【ロンドン=松井学】中国の温家宝首相が二日、訪問先の英国ケンブリッジ大学で講演中、会場にいた親チベット派の男性活動家から「独裁者」と非難され、靴を投げ付けられる一幕があった。命中しなかった。

 ロイター通信などによると、首相は身をかわすことなく、一メートル余り離れた場所に落下した靴を見届けた後、「卑しむべき行為」と述べて講演を続けた。

 騒ぎが起こったのは「世界経済の動向」をテーマにした講演の終盤で、会場ホールの後方にいた男が突然、「どうして独裁者にひれ伏して、うそを聞いていられるんだ」と大声で叫んだ。さらに履いていた黒いスニーカーを壇上に向けて投げ付けたため、警備員らに会場から連れ出された。イラクを訪問したブッシュ前米大統領が記者会見中、靴を投げ付けられた状況をなぞる場面になった。男の国籍などは不明。

 温首相は一月三十一日から三日間の日程で英国を訪問。ロンドンでは一日、訪問に抗議した親チベット派の活動家と警察が小競り合いとなり、活動家五人が拘束される騒ぎも起きている。

http://www.tokyonp.co.jp/article/world/news/CK2009020302000214.html

海外向け報道中国が強化へ マイナスイメージ払しょく 

2009年2月4日 朝刊

 【北京=平岩勇司】中国政府は官製メディアに最大四百五十億元(約五千八百五十億円)を投入し海外向け報道を強化する。「中国の国際的イメージ向上」が目的としているが国内の情報統制を強化する中でのメディア戦略は、海外に中国の実態と違うイメージを伝えかねない。

 国営新華社通信発行の中国紙「国際先駆導報」などによると政府は新華社、中国中央テレビ(CCTV)、人民日報に対し「海外に影響力を与える報道プラン」を要求。それぞれ最大百五十億元の資金を援助するという。CCTVは二〇一二年までに七カ国語のニュース放送を計画。新華社は二十四時間放送の英語ニュースチャンネル開設を検討する。

 国際先駆導報は「昨年のチベット暴動や北京五輪聖火リレーの妨害騒動をめぐる西側メディアの報道で中国のイメージは低下した」と指摘。チベット動乱五十年や天安門事件二十年など節目の年に当たる今年、政府の主張を積極的に海外発信すべきだとしている。

 官製メディアで中国が世界的経済危機克服に貢献し、国内の人権にも配慮していると伝え「普遍的価値観」を共有しているとアピールする狙いだが、共産党政権は今年、「社会の安定を損なう」報道の禁止を通達し約千五百のインターネットサイトを閉鎖している。

 知識人がネット上で共産党独裁を批判した「〇八憲章」や「洗脳を拒絶する」と視聴ボイコット宣言したCCTVへの批判文などを次々と削除。言論統制は海外でも強い批判を受けている。

http://www.tokyonp.co.jp/article/world/news/CK2009020402000068.html

<コメント>
温家宝首相の欧州への訪問は各地から非難を
浴びたようですね。中国政府は自分達が超大国であると
自認するなら人権問題も欧米から批判されないような
体制にする必要があると思います。

温家宝首相に靴投げる 英大学で講演中、命中せず

331e181c.jpg

温家宝首相に靴投げる 英大学で講演中、命中せず

2009年2月3日10時43分

 【ロンドン=土佐茂生】英国を訪問している中国の温家宝首相が2日、ケンブリッジ大学で講演中に、会場にいた男から靴を投げつけられる騒ぎがあった。男は白人風の若者で、その場で警備員に取り押さえられた。靴は首相から約1メートル離れた壇上に落ち、当たらなかった。

 ロイター通信などによると、温首相は大学の講堂で世界経済に関して講演中だった。会場の後方にいた若者が突然、笛を吹いて立ち上がり、「ここに独裁者がいるぞ。よく彼の言うウソを聞いていられるな。どうして大学は独裁者に身を売ることができたのか?」などと叫んで、黒いスニーカーを投げつけた。

 講演は一時、中断したが、温首相は取り乱すことなく、「我々は平和にやっている。男の行為が中英の友好を妨げることはない。調和は武力によって妨害されないと歴史が証明している」と再び語り始めた。会場の中国人留学生から歓声が上がったという。

 温首相は欧州を歴訪中で、最後の訪問地として1日、ロンドンに到着した。在英中国大使館前では、中国政府によるチベット人や反政府活動家への弾圧に抗議するデモが起き、5人が警察当局に拘束された。この日の大学の会場にも、チベット支援団体ら数十人が集まっていた。

http://www.asahi.com/international/update/0203/TKY200902030065.html

China treads lightly after shoe protest

Tue Feb 3, 2009 5:48am GMT
 

BEIJING (Reuters) - China denounced a protester at Cambridge University who threw a shoe at visiting Premier Wen Jiabao, but nevertheless hailed Wen's visit as a success and avoided showing the incident to home audiences.

The protester threw the shoe and called Wen a dictator while the Chinese leader spoke at the British university on Monday, near the end of a week-long visit to Europe. The shoe missed Wen and landed about a metre away from him.

Chinese Foreign Ministry spokeswoman Jiang Yu called "despicable" what she described as an "extreme disruption" at Wen's speech. Her comment was read out on central Chinese television news, but neither she nor the television and newspaper reports described or showed the shoe protest.

"The Chinese side has expressed its strong displeasure over this incident," Jiang said in a statement on the Foreign Ministry's website (www.fmprc.gov.cn) on Tuesday.

"The facts demonstrate that the despicable conduct of this troublemaker will win no sympathy, and will not hold back the tide of friendly cooperation between China and Britain."

Beijing has promoted Wen's visit to Europe as a friendly "tour of confidence," building cooperation after tensions between the two sides over Tibet. China's ruling Communist Party keeps a tight grip over mass media and reports usually avoid showing leaders in awkward or unfavourable situations.

The People's Daily noted that Wen's speech at Cambridge won "sustained applause" and did not mention the shoe. The official Xinhua news agency quoted Wen as saying that his trip to Europe was "fully successful."

It said China voiced "strong dissatisfaction" over an incident without saying what the incident was.

The Xinhua website also showed a picture of young people at Cambridge holding up a Chinese sign, "I love Bao-Bao" -- a nickname for Wen. 

http://uk.reuters.com/article/UKNews1/idUKTRE5120VE20090203

<コメント>
以前、ブシュ大統領が靴を投げれて話題になりましたが今回は
温家宝首相ですね。チベット問題で熱心な欧州ですから
当然と言えば当然な抗議活動ですね。

[-] Text [+]

ダボス会議

「2009年の成長率は8%」中国の温家宝首相、ダボス会議で演説

2009.1.29 08:45

 【パリ=山口昌子】中国の温家宝首相は28日、スイスのダボスで開始した世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)で演説し、中国が「大々的な影響」を受けた経済危機に対処するため、「新世界経済秩序の樹立」を呼びかけた。

 温首相は「中国の今年の経済成長率は8%を維持すべきだと考えている」とも述べ、高率な成長率維持に期待感をにじませた。そのうえで8%の成長率は「野心的目標」と述べ、実現が困難との認識を示した。

 国際通貨基金(IMF)が28日に発表した予測では、中国の経済成長率は6・7%としている。中国は08年に6年間、維持してきた10%台の成長率から初めて9%台に後退した。

 首相は約2500人の世界の政財界人が参加する会議に特別招待された。ダボスでは中国の対チベット政策に反対する人権グループなどがデモを展開したため5000の警官が厳戒態勢を敷いた。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090129/chn0901290847000-n1.htm

Davos: enquête sur le retrait d'un drapeau tibétain d'une vitrine


Des manifestants pro-Tibet, le 28 janvier 2009 à Davos en Suisse

 

DAVOS, Suisse (AFP) — Une enquête va être ouverte sur le retrait par la police d'un drapeau tibétain de la vitrine d'un magasin de Davos pour ne pas froisser le Premier ministre chinois Wen Jiabao, de passage dans la station alpine pour le Forum économique mondial.

Une enquête sera ouverte sur l'incident suite aux protestations de deux associations pro-tibétaines, a indiqué vendredi Walter Schlegel, porte-parole du gouvernement du canton des Grisons.

La Société de l'amitié Suisse-Tibet et l'Association des jeunes Tibétains en Europe ont dénoncé dans un communiqué ce qu'elles ont qualifié de "scandale".

La population tibétaine vivant en Suisse est profondément blessée puisqu'au Tibet, le simple fait de montrer un drapeau conduit à se faire arrêter, ont relevé les associations.

La tradition d'Etat de droit de la Suisse est bafouée si désormais il est interdit d'exposer un drapeau dans un espace privé, ont-elles encore fait valoir.

La police s'était présentée mercredi avant l'ouverture d'un magasin de souvenirs de Davos en exigeant que tous les livres du dalaï Lama, les ouvrages tibétains et le drapeau du Tibet soient retirés de la vitrine, a indiqué à la presse la commerçante Margrit Merz.

La police a menacé la commerçante de saisir les objets litigieux. Après discussion, elle a obtenu de pouvoir laisser les livres en vitrine, mais le drapeau a dû être retiré.

Pourtant, une centaine de militants pro-Tibet avaient été autorisés à manifester mercredi à Davos pour protester contre la venue du Premier ministre chinois.

Mardi soir, alors que M. Wen rencontrait le président suisse Hans-Rudolf Merz, la police de Berne, la capitale fédérale, avait interpellé des manifestants brandissant des drapeaux tibétains.

En 1999, la visite du président chinois de l'époque Jiang Zeming avait été troublée par des manifestants pro-tibétains, ce qui avait provoqué un incident diplomatique


http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5iw8q24n487M6kmmwfqR02kUkuqmQ

ダボス会議:麻生首相演説…中長期構想示せず

 【ダボス(スイス)川上克己】世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でのわずか約30分間の演説のため、週末にスイスへ飛んだ麻生太郎首相。その意欲とは裏腹に、演説内容は過去の政策や構想の紹介が目立ち、中長期の構想を国際社会に示すことはできなかった。過去最高の約40カ国の首脳が集ったダボス会議。しかし首相の「駆け足」外交は、「各国に乗り遅れまい」との危機感ばかりが空回りした印象だ。

 演説は力強さを欠いた。地球温暖化問題で20年ごろまでの中期目標を6月までに日本が決定すると初めて明らかにしたが、既に欧州連合(EU)は「先進国の温室効果ガス排出を30%削減」との中期目標を表明済みだ。

 演説では、08年11月に表明した国際通貨基金(IMF)への融資のほか、事業規模で約75兆円の景気対策などを強調。中東問題では「テロとの戦い」の焦点であるアフガニスタンでの民生支援を「元兵士約6万人の武装解除と社会復帰を実現」など具体的な数字を挙げた。だがいずれも過去の実績のアピールだ。求心力を欠いた麻生政権が、新たな取り組みを打ち出せない苦しさの裏返しでもある。

 演説に先立ち麻生首相が会ったのはブラウン英首相。会談実現に向けて英国側とすり合わせた外務省は出発ギリギリまで危ぶんでいた。結局、話はしたが、約25分の「立ち話」にとどまった。

 08年1月のダボス会議で演説した福田康夫前首相は8カ月後に退陣した。麻生政権も今秋までには衆院選挙が行われる。外務省幹部は「政権が不安定な日本との交渉に、各国とも関心を失っている」と懸念を示す。

 ◇復活「自由と繁栄の弧」…中国配慮より独自色強調?

 【ダボス(スイス)川上克己】「私は2年前、外相として『自由と繁栄の弧』という考え方を示した」−−。麻生太郎首相はダボス会議での演説の冒頭で、外交路線に関する自身のキャッチフレーズを強くアピールした。「中国を刺激する」言葉との配慮から08年9月の首相就任以降、公式の場では持ち出さずにきた言葉。28日の施政方針演説で解禁し、今回、国際会議の舞台でも発信した。内閣支持率の下落に歯止めがかからず、安全運転より独自色の発揮に活路を見いだしたいとの思惑がありそうだ。

 「自由と繁栄の弧」は、民主主義、法の支配など価値観を共有する国々との連携を強く打ち出す外交路線。外務省幹部は「発想そのものは冷戦後の日本外交の基本姿勢」と評する。ただ首相は外相当時、北東アジアから中央アジア、東欧、バルト諸国までの民主主義国で「帯のように弧を作らなければ」と主張して使い、地理的に「中国が『包囲網』と受け取りかねない」言葉となった。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090201k0000m010072000c.html

【コメント】

ダボス会議は世界経済フォーラム と言うもので世界中の
政治指導者・経済人・著名な学者が毎年、参加する国際会議です。
例年、日本からは慶応大学の竹中平蔵教授等や昨年は福田総理・
今年は麻生総理が参加しました。ある意味、世界の流れを決める会議の
ため、反グローバル化反対のNGO団体と治安警察の衝突が毎年、起きます。
今年は温家宝首相が参加したため、チベット問題の団体も抗議活動に
参加しました。以前も触れましたがスイスは移民国家ですからチベット難民
も多数受け入れていますので大規模抗議活動になったようです。

温首相訪問抗議で亡命チベット人ら21人拘束 スイス当局

温首相訪問抗議で亡命チベット人ら21人拘束 スイス当局

2009.1.28 11:00
中国の温家宝首相(代表撮影)

 欧州歴訪中の温家宝・中国首相が27日、訪問先のスイスの首都ベルンで、訪問に反対する亡命チベット人らが当局の規制に反して抗議活動を展開し、地元メディアによると一時、21人が拘束された。

 スイスに住む亡命チベット人は欧州最多規模で、チベット自治区の人権状況改善要求などが盛んだ。1999年には江沢民国家主席(当時)がベルン訪問中、デモに激怒して演説を取りやめたこともあった。

 スイス政府によると、温首相は27日、スイスのメルツ大統領らと会談し、二国間の投資保護協定に署名したほか、将来の自由貿易協定(FTA)締結に向けた検討準備でも合意した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/090128/chn0901281103000-n1.htm

スイスの地元新聞より

La Suisse protège ses investissements en Chine

DIPLOMATIE | Berne a reçu une délégation chinoise sous haute surveillance. Outre la protection des investissements, une étude commune sur le libre-échange Suisse-Chine sera lancée.

 


La poignée de manifestants tibétains a été tenue à l’écart du Palais fédéral.
© epa/27 janvier 2009 | La poignée de manifestants tibétains a été tenue à l’écart du Palais fédéral. La visite mouvementée de Jiang ­Zeming en 1999 avait alors failli se transformer en incident diplomatique. Le président chinois n’avait pas apprécié l’accueil perturbé par des slogans antichinois.

http://www.tdg.ch/actu/suisse/suisse-protege-investissements-chine-2009-01-27

【コメント】
スイスは昔から移民を受け入れています。
一般的に移民国家と言われています。
ヨーロッパではチベット問題が熱心ですあ。昨年の聖火リレーでの
ロンドンやパリの抗議を見れば人権意識の表れを感じます。
もうすぐ、チベット大暴動から一年です。
中国政府に抗議の声を上げないといけませんね。


Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • トルコのシリア侵攻問題でロシアの反対で機能不全に陥った国連安全保障理事会
  • シリアに侵攻したトルコ軍が民間人を大量処刑へ 国際社会から批判が激しい批判が出る
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ