残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

結婚

国際ハッカー集団「アノニマス」イスラエル政府へ宣戦布告!!

24435_505459292824309_2124817822_nイスラエル政府サイトにサイバー攻撃 「アノニマス」名乗る

2013.04.08 Mon posted at 11:13 JST

(CNN) イスラエルの複数の政府機関ウェブサイトが7日、ハッカーによるとみられる攻撃を受けてダウンした。これに対し、イスラエル側からもハッカーのサイトにサイバー攻撃が仕掛けられた模様だ。

ダウンしたのは、イスラエルの国会や選管当局のサイト。一方、「イスラエル作戦」と称して攻撃を呼び掛けているサイト自体も攻撃を受け、反イスラエルのスローガンに代わってイスラエルの国歌が流れた。

動画投稿サイト「ユーチューブ」では先週、「アノニマス・アラブ」と名乗るグループがイスラエル攻撃を予告するビデオを流していた。

ビデオでは覆面の人物が、「第1段階ではこの声明の発表に続き、インターネットから組織的にユダヤ系3646_505401629496742_1128290243_nサイトを排除する。第2段階では(イスラエルの)将来計画を明らかにして、人道犯罪を世界に暴く。第3段階として、これをアノニマスから(イスラエルへ)の贈り物とみなす」との声明を読み上げた。

同国のサイバーセキュリティー対策当局トップは、イスラエル放送とのインタビューで「予想した通り、今のところ実質的な被害は出ていない。ハッカー側は重要なインフラに損害を与えるような手段を持っていない」と自信を示した。

http://www.cnn.co.jp/tech/35030528.html

北朝鮮にハッカー攻撃中のアノニマスが今度はイスラエル政府へ攻撃を開始しました。北朝鮮のようにはいくかわりませんが人権問題国家への抗議活動はは脅威になってくると思います。アノニマスの目的はインターネットの自由と情報の自由化です。

独裁国家はインターネットを恐れている

427703_347946221913888_100000955383948_909527_2086017430_nベラルーシなど「ネットの敵」に=国際記者団体

 【パリ時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部・パリ)は12日、各国当局のインターネット規制に関する報告を公表した。この中で、ネット上の自由を当局が厳しく規制する「ネットの敵」として、バーレーンとベラルーシの2カ国をリストに加えた。 「ネットの敵」は、反体制的なサイトへのアクセス禁止やブロガーの取り締まりなど、特に厳しい規制を敷いている国が対象。既にミャンマー、中国、キューバ、イラン、北朝鮮、サウジアラビア、シリア、トルクメニスタン、ウズベキスタン、ベトナムの各国がリストに掲載されている。(2012/03/12-22:20)

 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012031200900

例年のフランスの国際人権団体の国境なき記者団の「インターネットの敵」
の報告書です。アラブの春の原動のインターネットのFACEBOOKやTWITTER
がきっかけです。その意味で独裁国家はインターネットを規制にかけています。
我々もインターネットの自由を応援していたいと思います。

http://en.rsf.org/beset-by-online-surveillance-and-12-03-2012,42061.html
国境なき記者団HP インターネットの敵

ヒューマン・ライツ・ウオッチが暴くチベットでの人権侵害の実態

webworld120212中国当局「チベット人大量拘束」の理由 China Detains Several Hundred Tibetans

ダライ・ラマ14世の宗教行事から帰国したチベット人を中国政府が数百人規模で拘束したと、人権擁護団体が報告。中国が警戒を高める「Xデー」とは

2012年02月20日(月)16時22分
プリヤンカ・ボガニ
中国当局がチベット人を数百人規模で一斉拘束した----先週、米人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが衝撃的な報告を行った。

 同団体に寄せられた情報によれば、拘束されたのはチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世がインドで開いた宗教行事に参加した中国在住のチベット人。帰国後に拘束され、現在は中国当局による政治的な「再教育」プログラムを受けているという。

 中国政府がこれほど大規模にチベット人を拘束するのは70年代末以降初めてだろうと、ヒューマン・ライツ・ウォッチは言及している。

 中国政府外交部の劉為民(リウ・ウェイミン)報道官は定例記者会見で、チベット自治区での焼身自殺や社会不安は中国国外の組織が招いたという従来の見方を繰り返したものの、チベット人の拘束については一言も触れなかったという。

 インド東部のビハールでは、12月31日〜1月10日にダライ・ラマ14世による宗教行事が開かれた。この時、中国当局はチベット人約7000人にネパールやインドへの渡航を許可し、チベット人への締め付けが緩和される兆しとみられていたが、最近になってチベット人居住地域で暴動や焼身自殺が相次いだため、締め付け強化へと逆戻りしたようだ。

チベット自治区に大量の治安部隊を配備

 ヒューマン・ライツ・ウォッチによれば、今回のような拘束の期間は20日〜3カ月とみられる。「この手の集会への出席を禁じる規制はない。再教育を受けさせられているチベット人たちは、文書偽造や不法入国などの犯罪で告発されているわけでもない」と報告書は記している。

 一方、同じ宗教行事の参加者でも中国人は拘束されなかったとも指摘。とはいえ、帰国時にダライ・ラマに関する宗教的なものを所持していた者は、所持品を差し押さえられて拘束されたという未確認情報もあるという。

 チベット暦の新年となる2月22日には、チベット人自治区周辺で再び暴動が起きる可能性がある。中国政府はそれを見越して封じ込めにかかった----チベット亡命政府のロブサン・サンゲイ首相は先週、AP通信にそうした見方を示した。

 サンゲイは22日だけでなく、チベット蜂起の記念日である3月10日にもチベット人による暴動が起きるだろうと指摘。3月10日と言えば、1959年に中国軍の侵攻に対してチベット人がチベット自治区の中心都市ラサで大規模な抗議行動を起こした日だ。中国当局は既にチベット自治区に大量の治安部隊を送り込んでいる。

GlobalPost.com特約

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2012/02/post-2443.php

日本のマスコミではあまり報道しませんがチベットでの
大規模な弾圧が続いています。このXデーの動きは
注意して見ていく必要だあります。

今年のジャーナリストの死者66人 国境なき記者団が発表

photo_verybig_123929今年のジャーナリストの死者66人=国際記者団体

 【パリ時事】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は21日、全世界で報道活動中に死亡したジャーナリストが今年は66人で、昨年の57人から増加したとする年次報告を公表した。拘束されたのは昨年の2倍近い1044人。このほか71人が誘拐され、1959人が暴力や脅迫を受けたという。
 同団体によれば、独裁政権崩壊など混乱が続いた中東での死者が20人と、昨年から倍増。国別では10人が死亡したパキスタンが2年連続で最も多かった。10人の大半は殺害されたという。また、中国、イラン、エリトリアの3カ国は「引き続きメディアにとって世界最大の刑務所」とされた。(2011/12/22-11:05)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2011122200280

ジャーナリスト犠牲者66人に
12月22日 15時30分 

ことし1年間に取材中に死亡したジャーナリストは、世界各地で少なくとも66人に上り、このうち「アラブの春」と呼ばれる民主化運動が広がった中東の国々でも11人のジャーナリストが犠牲になりました。

パリに本部がある国際的な団体「国境なき記者団」によりますと、ことし1年間に殺害されたり、テロに巻き込まれたりして死亡したジャーナリストは、分かっているだけで66人に上り、去年より9人増えました。国別で最も多かったのは、武装勢力に拘束されるなどして10人が死亡したパキスタンでした。また、「アラブの春」と呼ばれる中東の民主化運動が広がったリビアやエジプト、イエメンなどでの犠牲者も合わせて11人に上りました。このうち、リビアでは、当時のカダフィ政権と反政府勢力の戦闘に巻き込まれてイギリス人やアメリカ人のカメラマンなど5人が死亡しています。また、独裁政権の打倒を訴えるデモなどの取材中に当局に拘束されたジャーナリストの数は1044人と去年のほぼ2倍に増えました。国境なき記者団は「政治が不安定化し、ジャーナリストとして活動することの危険性がこれほど注目された年はない」と指摘しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111222/t10014836101000.html
報道でも出ていますパリの本部よりニュースリスが届きました。
REPORTERS WITHOUT BORDERS
PRESS RELEASE
12/22/2011
EN:
http://en.rsf.org/the-10-most-dangerous-places-for-21-12-2011,41582.html

bilan-anglais.jpg
The 10 most dangerous places for journalists

2011 in figures:

66 journalists killed (16% more than in 2010)
1,044 journalists arrested
1,959 journalists physically attacked or threatened
499 media censored
71 journalists kidnapped
73 journalists fled their country
5 netizens killed
199 bloggers and netizens arrested
62 bloggers and netizens physically attacked
68 countries subject to Internet censorship

Reporters Without Borders has this year, for the first time, compiled a list of the world’s 10 most dangerous places for the media – the 10 cities, districts, squares, provinces or regions where journalists and netizens were particularly exposed to violence and where freedom of information was flouted.

Overall, 2011 took a heavy toll on media freedom. The Arab Spring was at the centre of the news. Of the total of 66 journalists killed in 2011, 20 were killed in the Middle East (twice as many as in 2010). A similar number were killed in Latin America, which is very exposed to the threat of criminal violence. For the second year running, Pakistan was the single deadliest country with a total of 10 journalists killed, most of them murdered. China, Iran and Eritrea continue to be the world’s biggest prisons for the media.

(Table 1 on website)

The Arab Spring, the protest movements it inspired in nearby countries such as Sudan and Azerbaijan, and the street protests in other countries such as Greece, Belarus, Uganda, Chile and the United States were responsible for the dramatic surge in the number of arrests, from 535 in 2010 to 1,044 in 2011. There were many cases of journalists being physically obstructed in the course of their work (by being detained for short periods or being summoned for interrogation), and for the most part they represented attempts by governments to suppress information they found threatening.

The 43 per cent increase in physical attacks on journalists and the 31 per cent increase in arrests of netizens – who are leading targets when they provide information about street demonstrations during media blackouts – were also significant developments in a year of protest. Five netizens were killed in 2011, three of them in Mexico alone.

(Table 2 on website)

From Cairo’s Tahrir Square to Khuzdar in southwestern Pakistan, from Mogadishu to the cities of the Philippines, the risks of working as a journalist at times of political instability were highlighted more than ever in 2011. The street was where danger was to be found in 2011, often during demonstrations that led to violent clashes with the security forces or degenerated into open conflict. The 10 places listed by Reporters Without Borders represent extreme cases of censorship of the media and violence against those who tried to provide freely and independently reported news and information.


(Listed by alphabetical order of country)

Manama, Bahrain
The Bahraini authorities did everything possible to prevent international coverage of the pro-democracy demonstrations in the capital, Manama, denying entry to some foreign reporters, and threatening or attacking other foreign reporters or their local contacts. Bahraini journalists, especially photographers, were detained for periods ranging from several hours to several weeks. Many were tried before military tribunals until the state of emergency imposed on 15 March was lifted. After months of demonstrations, order was finally restored thanks to systematic repression. A blogger jailed by a military court is still in prison and no civilian court ever reviewed his conviction. Bahrain is an example of news censorship that succeeded with the complicity of the international community, which said nothing. A newspaper executive and a netizen paid for this censorship with their lives.

Abidjan, Cote d’Ivoire
Abobo, Adjame, Plateau, Koumassi, Cocody, Yopougon... all of these Abidjan neighbourhoods were dangerous places for the media at one stage or another during the first half of 2011. Journalists were stopped at checkpoints, subjected to heavy-handed interrogation or physically attacked. The headquarters of the national TV station, RTI, was the target of airstrikes. A newspaper employee was beaten and hacked to death at the end of February. A Radio Yopougon presenter was the victim of an execution-style killing by members of the Forces Republicaines de Cote d’Ivoire (FRCI) in May. The post-election crisis that led to open war between the supporters of the rival presidential contenders, Laurent Gbagbo and Alassane Ouattara, had a dramatic impact on the safety of journalists. During the Battle of Abidjan, the country’s business capital, at the start of April, it was completely impossible for journalists to move about the city.

Cairo’s Tahrir Square, Egypt
The pro-democracy demonstrations that finally forced Hosni Mubarak to stand down as president on 20 February began at the end of January in Tahrir Square, now the emblem of the Arab Spring uprisings. Foreign journalists were systematically attacked during the incredibly violent first week of February, when an all-out hate campaign was waged against the international media from 2 to 5 February. More than 200 violations were reported. Local journalists were also targeted. The scenario was similar six months later – from 19 to 28 November, in the run-up to parliamentary elections, and during the weekend of 17-18 December – during the crackdown on new demonstrations to demand the departure of the Supreme Council of the Armed Forces.

Misrata, Libya
After liberating Benghazi, the anti-Gaddafi rebels took Misrata, Libya’s third largest city and a strategic point for launching an offensive on Tripoli. But the regular army staged a counter-offensive and laid siege to the city, cutting it off from the rest of the world and imposing a news and information blockade lasting many weeks, during which its main road, Tripoli Street, was repeatedly the scene of particularly intense fighting. The Battle of Misrata highlighted the risks that reporters take in war zones. Two of the five journalists killed in Libya in 2011 lost their lives in this city.

Veracruz state, Mexico
Located on the Gulf of Mexico and long dominated by the cartel of the same name, Veracruz state is a hub of all kinds of criminal trade, from drug trafficking to contraband in petroleum products. In 2011, it became the new epicentre of the federal offensive against the cartels and three journalists were killed there in the course of the year. Around 10 others fled the state as a result of the growing threats to freedom of information and because of the inaction or complicity of the authorities in the face of this threat.

Khuzdar, Pakistan
The many cases of journalists who have been threatened or murdered in Khuzdar district, in the southwestern province of Balochistan, is typical of the extreme violence that prevails in this part of Pakistan. The province’s media are caught in the crossfire between the security forces and armed separatists. The murder of Javed Naseer Rind, a former assistant editor of the Daily Tawar newspaper, was the latest example. His body was found on 5 November, nearly three months after he was abducted. An anti-separatist group calling itself the Baloch Musallah Defa Army issued a hit-list at the end of November naming four journalists as earmarked for assassination.

The Manila, Cebu and Cagayan de Oro metropolitan areas on the islands of Luzon and Mindanao, Philippines
Most of the murders and physical attacks on journalists in the Philippines take place in these three metropolitan areas. The paramilitary groups and private militias responsible were classified as “Predators of Press Freedom” in 2011. The government that took office in July has still not come up with a satisfactory response, so these groups continue to enjoy a total impunity that is the result of corruption, links between certain politicians and organized crime, and an insufficiently independent judicial system.

Mogadishu, Somalia
Mogadishu is a deadly capital where journalists are exposed to terrible dangers, including being killed by a bomb or a stray bullet or being deliberately targeted by militias hostile to the news media. Although the Islamist insurgent group Al-Shabaab withdrew from the capital, fighting continues and makes reporting very dangerous. Three Somali journalists were killed in Mogadishu this year, in August, October and December. And a visiting Malaysian cameraman sustained a fatal gunshot injury to the chest in September while accompanying a Malaysian NGO as it was delivering humanitarian assistance.

Deraa, Homs and Damascus, Syria
Deraa and Homs, the two epicentres of the protests against Bashar al-Assad’s regime, have been completely isolated. They and Damascus were especially dangerous for journalists in 2011. The regime has imposed a complete media blackout, refusing to grant visas to foreign reporters and deporting those already in the country. The occasional video footage of the pro-democracy demonstrations that began in March has been filmed by ordinary citizens, who risk their lives to do so. Many have been the victims of arrest, abduction, beatings and torture for transmitting video footage or information about the repression. The mukhabarat (intelligence services), shabihas (militias) and their cyber-army have been used by the regime to identify and harass journalists. Physical violence is very common. Many bloggers and journalists have fled the country. Around 30 journalists are currently believed to be detained.

Sanaa’s Change Square, Yemen
Change Square in Sanaa was the centre of the protests against President Ali Abdallah Saleh and it is there that much of the violence and abuses against journalists took place. Covering the demonstrations and the many bloody clashes with the security forces was dangerous for the media, which were directly targeted by a regime bent on crushing the pro-democracy movement and suppressing coverage of it. Two journalists were killed while covering these demonstrations. Pro-government militiamen known as baltajiyas also carried out punitive raids on the media. Physical violence, destruction of equipment, kidnappings, seizure and destruction of newspapers, and attacks on media offices were all used as part of a policy of systematic violence against media personnel.

Yearly total of journalists killed since 1995

(Chart on website)


公然と報道の自由が侵害されるロシア

a0103951_13561527ロシア下院選投票日、ニュース系サイトにサイバー攻撃

  • 2011年12月04日 17:34 発信地:モスクワ/ロシア

【12月4日 AFP】ロシア下院選投票日の4日、ロシアの人気ラジオ局と独立系選挙監視団体「ゴロス(Golos)」が、それぞれのウェブサイトが攻撃を受けたと発表した。また、複数の野党系ニュースサイトもアクセス不能になっている。

 露ラジオ局「モスクワのこだま(Echo of Moscow)」のアレクセイ・ベネディクトフ(Alexei Venediktov)編集長は、「投票日に起きたウェブサイトへの攻撃は、間違いなく、選挙違反に関する情報の公開を阻止する企てだ」と述べた。モスクワのこだまはロシア政府系ガス会社ガスプロム(Gazprom)の所有だが、リベラル系野党支持者に人気の局だ。

 一方、ゴロスによると、同団体も小規模のサイバー攻撃を受けたほか、複数の野党系ニュースサイトがアクセスできなくなった。ゴロスはツイッター(Twitter)で、主要ウェブサイトと「選挙違反マップ」のウェブサイトが、「大規模なDDos(分散サービス妨害)攻撃」を受けたと発表。同団体はこの1週間、当局から強い圧力を受けていたという。

 ゴロスのリリヤ・シバノバ(Liliya Shibanova)代表によると、当局の不興を買ったのは、ロシア全土で発生した選挙違反の目撃情報や証拠を投稿できる「選挙違反マップ」プロジェクトのようだという。

 また、政府高官についての調査報道記事を掲載することで知られ、服役中の元石油王ミハイル・ホドルコフスキー(Mikhail Khodorkovsky)受刑者の連載コラムもある野党系週刊紙ニュータイムズ(New Times)のウェブサイトも、アクセス不能になった。ニュースサイト「slon.ru」もアクセスできなくなっている。

 ロシアのブロガーからも、人気ブログサービス「Livejournal.com」につながらないと苦情が出ている。Livejournal.comは前週から繰り返しDDos攻撃を受けており、断続的にアクセスができなくなっていた。

 ライブ・ジャーナル(Live Journal)のイリヤ・ドロノブ(Ilya Dronov)代表は、ツイッターで3日、「まだ攻撃は続いている。相手には山ほど金があるんだろう」と述べた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2843875/8161205?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

ロシアの総選挙が行われていますが下院では野党勢力が勝利の勢いのようですが
相変わらず政府サイドの反対勢力への妨害工作です。
今回のロシアの選挙は初のネット選挙だと言われていますが
政府に敵対するウェブサイトが攻撃を受けたと発表した。
また、複数の野党系ニュースサイトもアクセス不能になっています。
ネットでの影響を気にして妨害工作に出ています。
以前からロシアの報道の自由やジャナーリストに対する
圧力は取り上げてきましたが今後もロシアの問題は取り上げて
行きたいと思います。

日本政府よ 中国の人権問題に言及せよ

日本も人権問題で発言を=追徴課税に反発、当局を訴え−艾未未氏インタビュー・中国

 【北京時事】中国税務当局から巨額追徴20111107at34b課税の支払いを迫られている著名芸術家で人権活動家の艾未未氏(54)が7日までに北京市内で時事通信のインタビューに応じた。艾氏は「日本は民主国家であり、人権問題を対話の基礎にすべきだ」と語る一方、「私はこれまで中国の人権問題に対して日本がどういう態度なのか聞いたことがない」と述べ、日本政府も欧米と同様に中国の人権問題で発言するよう求めた。
 ネット上で政府批判を展開し続けた艾氏は4月に公安当局に拘束された。「81日間で、50回以上の尋問を受け、主に国家政権転覆扇動に関して聞かれた」(艾氏)。しかし解放後に問われたのは拘束中に2回しか聞かれなかった脱税問題で、今月1日になって北京の税務当局が同氏の関係する会社に追徴課税や罰金などとして1522万元(約1億8700万円)の支払いを命じた。
 艾氏はインタビューで「会社の帳簿を見たことがない」と関与を否定。しかし「支払わないと納税拒否罪になる」とし、著名な詩人である父親(故人)の住まいを担保に支払い、税務当局の決定を不服として訴えを起こすことを決定した。
 同氏は「税務、公安両当局と裁判所は『一家』だ」として、訴えは無意味だとしながらも、「全世界に誰が間違っているか知らせなければならない。私が声を上げなければ、多くの人が同じ危険な目に遭う」と述べ、「(中国当局の)下品なやり方」と徹底的に闘う方針を示した。
 ネット上では艾氏を支援するため、若者らが同氏の債権者になって「艾未未に金を貸そう」運動が巻き起こり、7日午前時点で振り込みや郵送などで1万7598人から466万2800元(約5700万円)以上が集まった。(2011/11/07-15:55)


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011110700543&google_editors_picks=true

以前から艾未未氏の問題は取り上げていますが
今回のインタビューは興味深いです。
特に日本政府へ言及はなかなか興味深いと思います。
ODAや政府開発援助等の中国へ影響力が有るにもかかわらず
全く対応が出来ない日本政府に憤りを感じます。
中国の人権問題の解決には国際的な圧力が必要だと思いますが
日本政府の対応に非常に困った状態です。

ロシアの人権はならず

PK2011062002100027_size0ボンネルさん死去 サハロフ博士の妻

2011年6月20日 朝刊

 【モスクワ=酒井和人】タス通信などによると、旧ソ連の反体制派物理学者でノーベル平和賞を受賞した故アンドレイ・サハロフ博士の妻で、人権活動家のエレーナ・ボンネルさんが十八日、米国ボストンで死去した。八十八歳だった。詳しい死因は不明。

 一九二三年、現在の中央アジア・トルクメニスタン生まれ。旧ソ連で水爆開発を主導した後、反体制派に転じたサハロフ博士と人権活動を通じて知り合い、七二年に結婚。七五年、出国を禁止されていた博士に代わり、ノーベル平和賞の授賞式に出席した。

 八九年の博士の死後も祖国の民主化を訴え、チェチェン紛争などで政権批判を続けた。娘が暮らすボストンに移住していたが、遺骨は博士の眠るモスクワの墓地に埋葬される。 

 (写真はロイター・共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011062002000017.html

心から御冥福をお祈りします。ロシアの人権問題はなかなか難しいですね。
今後も取り上げていきたいと思います。

進展がない22年間

wikipediaTianasquare天安門事件の王丹氏「人権状況、当時より悪い」

【台北=源一秀】1989年6月4日に北京で起きた天安門事件で学生リーダーだった王丹氏(42)は、事件から22年になるのを前に、台北で読売新聞のインタビューに応じ、「中国の民主化、人権を巡る状況は、天安門事件当時より悪い」と批判した。

 「事件以前、大学内外で政府批判や民主化、人権の議論ができた。いまや、その自由はない。状況は悪化するばかりだ」とも語った。

 中国では現在、民主活動家・劉暁波(りゅうぎょうは)氏のノーベル平和賞受賞、中東の民主化デモなどの影響で、民主化を求める声が水面下で広がっている。しかし、共産党政権は、こうした声を徹底的に封殺している。王氏は「民主化に対する関心はかなり高いが、人々は当局の弾圧を恐れて何もできず、何も言えない。事件当時のような民主化運動は難しくなった」と悲観した。

2011年6月3日18時55分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110603-OYT1T00825.htm

天安門事件から22年経ちましたが全く人権が進展しない点は
大きな問題です。中国を経済的に発展している中で全く人権が
認めれない姿勢に憤りを感じますが海外の民主化団体の
連携も全く出来ます。受け皿である民主化団体の問題も
大きいです。その意味で展望が見えない状況です。

アメリカ独立戦争とジャスミン革命

kっかっか【オピニオン】アラブにジョージ・ワシントンはいるのか

ブレット・スティーブンス

英国王ジョージ3世は、後に米初代大統領となるジョージ・ワシントンが、ヨークタウンの戦いで勝利を収めた後、マウントバーノンの農場に隠遁するつもりだったと知り、画家のベンジャミン・ウエストにこう言った。「もし本当にそうしたら、彼は世界で最も偉大な男だ」。ジョージ3世は後年、乱心することにはなったものの、権力の誘惑については多少なりとも分かっていた。
 

 われわれは今日、ジョージ・ワシントンを最も偉大な建国の父として称賛している。しかし、彼がなぜ生涯を通じて名声を得たかと言うと、強大な権力を幾度となく与えられ、意のままとなったにもかかわらず、それに固執しなかったところが大きい。革命というものは、自由と専制、つまり喜びと恐怖の距離が概して近く、その革命の歴史上、ワシントンのような人物は珍しい。フランス革命は人権宣言で始まったが、もう少しでその権利を消滅させて終わるところだった。

 現在、アラブ世界を席巻している暴動は、そのおなじみの弧を再び描く危険性がある。先月のカイロのタハリール広場の抗議行動にまつわる皮肉な話を考えてみる。この広場は、腐敗はしていたものの寛容だったエジプト君主制が1952年に覆されるまで、西欧化に熱心だった19世紀のエジプト総督イスマイル・パシャにちなみ、Midan El-Ismailiya(イスマイル広場)の名で知られていた。しかし、ガマル・アブデル・ナセルによる1952年のクーデター以降、タハリール(解放)広場となり、民主主義の約束で華々しく始まったもうひとつの悲惨な革命の舞台となった。

 今回は従来の革命と違う、と言われている。先月、タハリール広場でデモ隊の集結が始まった日の翌日、エジプト人の友人――彼は世俗野党に近い独立派の元議員だ――は、今回は「『パパ』のいない革命」だと述べ、その違いを説明した。ナセルも、ベン・ベラ(アルジェリアの元大統領)も、アラファトもいない。長年否定され続けてきた市民権と政治的権利を求めたのは、数百万人の普通の人々だった。

 私は友人が正しいと思いたい。しかし、ネットワークでつながり、水平で、自然発生的に組織可能なフェイスブックやツイッターの時代にあって、大衆的な政治思想には事欠かない。信頼すべきリーダーや有効な政党は、もはや必要ない。「ピープル・パワー3.0」のインストール・ボタンをクリックするだけで、プログラムは自動的に動き出す。

 しかし、テクノロジーが人間の性質を変えるまで、人間の性質は従来通り、変わらないだろう。人間の性質上、指導者の不在は敬遠される。革命が成功する時、それは『パパ』がいないからというわけではない。良い『パパ』がいるからなのだ。革命的成功は、ワシントンやマンデラとともにあった。彼らは、苦労して、比類なき道徳的権限の持ち主となり、正しい価値に染まった。彼らは、敵を打ち負かすだけでなく、追随する者の感情も落ち着かせることができる。

 このようなリーダーが革命にいない場合、どうなるのか。フランス革命はケース1だ。ケース2は、2005年のレバノンの「杉の革命」かもしれない。この革命は、カリスマ性を持つラフィク・ハリリ元首相の暗殺が引き金となった。数百万人のレバノン市民が3月14日、ベイルートのMartyrs’ Squareに押し寄せ、シリア軍撤退を要求した。シリアはやむを得ず受け入れる。選挙の結果、親西側グループが過半数の議席を勝ち取った。レバノンは好ましい方向で落ち着いたようだった。

 その年の5月、私はこの目で状況を確かめるためレバノンに行った。当時、私はこう書いていた。「行く先々で印象的だったのは、人々が失われた時間を取り戻そうと一生懸命で、二度と過激主義に引きずられまいと決意していたことだった。彼らはこう思っている。ついに、恐怖に苛まれることなく、この国を新しくするのは、ヒズボラではなくこのレバノン人なのだ」と。

 今、これを読み返した後、依然ヒズボラが政府に大きな影響を及ぼしていることや、3月14日の運動の指導者らが殺害されたり、政治的に無力化されたりしたことを考えると、身が縮む思いだ。

 しかし、それは、今エジプトで祝福されている「市民の力」というべきものの限界を知るうえで、有難い教訓でもある。「市民の力」だけでは敵の政権に反対し、打倒するには十分ではない。アラブ世界が今、より自由な代表型の政治体制を求めているという意味においては少なくとも、「市民の力」だけでは足りないのだ。求められるのは、漠然とした政治の夢に具体的な形を与える「政治的手法」なのだ。

 おそらく、エジプトのグーグル幹部ワエル・ゴニム氏の人気が示すように、「政治的手法」なるものがふと、まともな方面から現れると信じればいいのかもしれない。だが、政治のおきまりの問題だが、善良な人は大体、政治的野心に欠けている。彼らは、ペテン師やロマンチスト、悪党達に譲ってしまう。

 アメリカ人が中東で今起きていることに目を向ければ、デモ隊に共感を覚えるのは当然だ。抑圧された市民がより良い生活を求めて起こした行動であれば、市民を考えるまともな政権になる、と考えるのも不思議ではない。そしておそらく、それは本当だとわかるだろう。

 しかし、フランスのロベスピエールではなく、エジプトのナセルでもなく、ジョージ・ワシントンがいたおかげでアメリカの革命の歴史が例外的なものとなったのもまた真実だ。われわれが現在の中東情勢を楽観的に、かつ、前向きに見ることができるのは、今日のアラブ人のおかげだ。彼らには、われわれの革命の教訓を生かす責務がある。

(筆者のブレット・スティーブンスは、ウォール・ストリート・ジャーナル「グローバル・ビュー」コラム担当のコラムニスト)

http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_190596

ウォール・ストリート・ジャーナル記事ですがなかなか良い部分です。
確かにジャスミン革命においてはまだジョージ・ワシントンのような
人物がいなのも現実でネットが原動力の今回のジャスミン革命では
カリスマがある指導者がいないのも現実ですね。
「歴史が繰り返す」この言葉が何を意味するのか考える必要が
あります。

中国で大規模デモ発生か??

chn11022020260008-n1中国、27日にも集会予定 作戦名は「両会」
2011.2.23 20:01
【北京=川越一】中国全国人民代表大会(全人代=国会に相当)の開幕を来月上旬に控え、共産党政権が中東諸国で続く政変の波及に警戒を強めている。中東産原油価格の高騰が市民生活に打撃を与えれば、社会への不満と政治改革を求める動き、そして民族問題が融合し、大きなうねりとなる可能性がある。

 20日に13都市で予定した集会を当局によって封じ込められた「中国ジャスミン革命」の主催者らは、27日にも北京や上海、ラサ、ウルムチなど18都市での集会決行を呼びかけている。

 27日の集会には「両会」という作戦名がつけられた。両会とは全人代と同時期に開催される人民政治協商会議(政協)を合わせた総称。敏感な用語の検索遮断など、当局によるインターネット規制をかいくぐるための知恵だ。「民意を反映する」との建前を掲げる両会に対する皮肉とも受け取れる。

 中国外務省の馬朝旭報道官は22日の定例記者会見で「社会や政治の安定維持は中国国民共通の願いだ。いかなる者、勢力も動揺させることはできない」と虚勢を張ったが、裏では種々の封じ込め策を講じている。

 ネットと並び集会参加者を募る手段となっている携帯電話のショートメールを規制。2006年のケニア訪問の際、中国の歌「茉莉花(ジャスミン)」を歌う胡錦濤国家主席の映像もサイト上から削除された。新疆ウイグル自治区では手荷物検査を厳しくするなど、民族問題に火がつくことを極端に警戒している。さらに、当局が懸念するのは原油価格の高騰だ。中国の原油対外依存度は昨年、過去最高の53・7%に達した。依存後が30%を超えている国の経済動向は価格変動の影響を受けるとされる。国家統計局は原油価格が10%上昇した場合、実質国内総生産(GDP)成長率が0・13ポイント低下すると推測している。

 生産コストの上昇は企業収益を低下させる。ガソリン価格高騰による光熱費、燃料費などの消費者物価の上昇は市民生活を直撃する。生活が圧迫されれば、政治改革には関心のない一般市民も体制への不満を叫び始めかねない。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110223/chn11022320030003-n2.htm
ついに中国でもネット市民革命が波及するか
ですが中東と違い中国の当局の取り締まりは
非常に厳しいと思います。その意味で非常に
興味を持つ部分ですがどのような対応を
取るが問題ですが市民への強硬な弾圧は
止めて欲しいと思います。

紛争地での殺害された記者達

取材中に殺された報道関係者、世界で105人

 【ジュネーブ=佐藤昌宏】報道の自由擁護を訴える民間団体「プレス・エンブレム・キャンペーン」(本部ジュネーブ)は27日、今年1年間で取材中に殺された報道関係者は世界で少なくとも105人に上ったと発表した。


 昨年と比べて17人減少した。死者が最も多かった国は、麻薬密売組織の激しい抗争があったメキシコとイスラム武装勢力の活動が活発なパキスタンで、それぞれ14人いた。

 地域別では、中南米が35人で最多。アジア33人、アフリカ14人、欧州12人と続いた。

2010年12月27日18時51分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101227-OYT1T00889.htm

毎年、このような統計結果を見て毎年、犠牲になる記者達に
哀悼をささげたいと思います。特に紛争地や戦場での
犠牲者には報道の自由ために亡くなったようです。

●支援集会のお知らせ

神奈川に帰せ!!全ての特定失踪者を助けるぞ!!

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

122427867039316128389




















日時:平成23年1月16()午後130分開演
◆内容:第一部 神奈川県内特定失踪者家族の訴え
 第二部 徹底討論!!北朝鮮の拉致・人権問題をどう解決するか??
 
パネリスト:
    荒木和博さん (特定失踪者問題調査会代表
)
          
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長、同事務局長)

    加藤健さん (ヒューマンライツ・イン・アジア代表)
    梅原克彦さん (前仙台市長)
   依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

   会場:横浜市開港記念会館一号室

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/


参加費:500(学生300)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会


後 援:神奈川県・横浜市市民局・逗子市・相模原市・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会(各申請中)・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会


問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawahotmail.com

ノーベル平和賞、中国人権活動家が本命? 賭け率トップ

img_1190243_27974411_0ノーベル平和賞、中国人権活動家が本命? 賭け率トップ

2010年10月6日18時3分




 【ロンドン=伊東和貴】8日にノルウェーのオスロで発表される今年のノーベル平和賞を巡り、中国の人権活動家に注目が集まっている。大手ブックメーカー(賭け屋)のウェブサイトでは、作家の劉暁波氏のオッズ(賭け率)がトップで3倍。現地の報道も、劉氏の受賞を有力視する。

 劉氏は中国共産党による一党独裁の廃止を求める「08憲章」を起草したとして、国家政権転覆扇動の罪で懲役11年の実刑判決を受けて服役中。

 ノルウェーの歴史学者でノーベル平和賞に詳しいアスリ・スビーン氏は3日、中国の反体制活動家が例年、同賞の候補に挙がってきたことに触れ、「ノーベル賞委員会に勇気があるのなら、劉氏に授賞すべきだ」とAFP通信に指摘。アイルランドの賭け屋パディーパワーのオッズ上位には、劉氏以外にも、胡佳氏(10倍)、陳光誠氏(20倍)、魏京生氏(20倍)ら中国の人権活動家の名が挙がる。

 ただ、中国政府は、反体制派に授与しないよう委員会側に圧力をかけたとされており、劉氏らが受賞した場合には猛反発が予想される。また、昨年、オバマ米大統領への授与が「早すぎる」と批判されたため、AP通信は2日、「委員会は昨年のようなリスクはとらないだろう」というノルウェーの平和学者の見方を紹介。昨年ほど知名度の高くない人が選ばれると予測した。

 一方、7日に発表されるノーベル文学賞については、英ラドブロークスのオッズで、ケニア人の作家グギ・ワ・ジオンゴ氏がトップ。日本人の作家、村上春樹氏は3位につけている。

http://www.asahi.com/international/update/1006/TKY201010060306.html


なんとか劉暁波氏が受賞してほしいですね。ノーベル賞委員会も
中国政府の圧力には屈しないで欲しいですし、中国政府も国際社会から
非難を謙虚に受け止めるべきです。
Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 日本へ入国拒否されたナタリア・ポクロンスカヤ露下院議員 クリミア紛争の制裁絡みか!?
  • アフリカの最悪の人権侵害国家エリトリアの悪夢
  • トルコのシリア侵攻問題でロシアの反対で機能不全に陥った国連安全保障理事会
  • シリアに侵攻したトルコ軍が民間人を大量処刑へ 国際社会から批判が激しい批判が出る
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ