ブログネタ
ネットでお買い物!どこで何を買ってますか? に参加中!

20101106k0000e030045000p_size5中国当局との釈放取引拒否 劉暁波氏、英紙報道

2010.11.21 00:08
劉暁波氏

 20日付の英紙タイムズは、「国家政権転覆扇動罪」で服役中で、今年のノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏に対し、罪を認める文書に署名すれば釈放して国外追放にすると中国当局が持ち掛けたが、劉氏が拒否していたと報じた。共産党の統一戦線工作部に近い筋の話として伝えた。

 劉氏は2008年、一党独裁の廃止などを訴えた「〇八憲章」を発表。その直前に身柄を拘束され、今年2月、懲役11年の実刑判決が確定した。同紙は、平和賞受賞者が獄中にいては困るため、当局が取引を試みたとしているが、その時期などの詳細は伝えていない。

 劉氏の弁護士の一人は、取引を持ち掛けられたことは確認できないとしたが、健康上の問題を理由とした仮釈放を拒否したことはあると指摘。「劉氏は条件付き釈放は受け入れることはないし、中国を去ることも断じてない」と述べた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/101121/chn1011210010000-n1.htm

劉暁波氏に対して中国政府から取引があったようですが
劉暁波氏はきっぱりと断ったようです。
劉暁波氏の対応も非常に感銘する態度です。
感心するとしか言いようがようです。
国際社会からも圧力が必要です。

●緊急特別企画

ノーべル平和賞受賞者・劉暁波を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を求める集い

free_liu_xiaobo☆王戴さん (民主中国陣線事務局長理事)

1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

☆麻生晴一郎さん(中国問題専門ノンフィクションライター)

1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一化。著書に『旅の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある

☆野口孝行さん(北朝鮮難民救援基金)、

1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学部卒業。その後、メーカー、商社勤務などを経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。脱北者救出活動に携わる。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める


☆川添友幸さん( 東アジア報道と人権ネットワーク代表・国境なき記者団日本)

1978年生れ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に北京五輪反対運動や独裁国家での報道の自由を求める東アジアでの人権問題に取り組む活動をしている。

 

コーディネーター☆佐藤悟志さん(フリーチャイナキャンペーン!!呼びかけ人)

 

日 時:平成22年12月5日 日曜日 午後1時30時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:東アジア報道と人権ネットワーク

問合先:090(9816)2187又はtomoyuki.kawazoe@gmail.com