残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

韓国

死刑制度廃止の政策に舵を切った韓国政府

死刑D64CA6BD-0ED0-4081-8AA6-29DF8D818176制度廃止 12月の宣言発表目指す=韓国政府

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家人権委員会が、今年の世界人権デー(12月10日)に合わせ死刑制度廃止宣言の発表を目指す方針を示した。

 同委員会の沈相敦(シム・サンドン)政策教育局長は18日の記者懇談会で、「今年で世界人権宣言70周年を迎えるのを記念し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領による『死刑制度モラトリアム』の発表を準備している」と明らかにした。

 沈氏は、昨年12月に行われた人権委の大統領に対する特別報告で取り上げられたテーマの一つが死刑制度廃止で、文大統領も廃止について前向きに答えていたとしながら、現在、法務部と実務協議を進めていると説明した。

 韓国では1997年12月以降、死刑が執行されておらず、「事実上の死刑廃止国」に分類されるが、死刑執行に関する正式なモラトリアム(停止)を宣言したことはない。現在、韓国内で収監されている死刑囚は61人で、国際社会は引き続き韓国政府に対し死刑制度廃止を勧告している。

 人権委は死刑制度廃止が憲法、国際人権規範、国際的な流れに合致するとの立場を維持してきた。

 しかし、死刑制度に代わる刑罰に対する社会的合意が形成されておらず、凶悪犯罪が発生するたびに死刑制度維持を求める声が上がった。

 こうした状況を踏まえ、人権委は国民の懸念を払拭(ふっしょく)する代案を示し、死刑制度の廃止と刑罰に関する実態調査を10月まで行う計画だ。

 
http://news.livedoor.com/article/detail/14882579/

 【コメント】
日本の死刑制度は賛成派が大多数です。議論すら難しい
状況です。ヨーロッパの主要国では死刑制度は廃止に
なっています。韓国では12月の世界人権デーに向けて
死刑制度の廃止の方向性を出しました。日本でも
について抑止力や冤罪について存置議論を行える
環境にしたいです。 

【速報】北朝鮮が米朝首脳会談が中止を示唆 南北高官協議も中止へ

北朝鮮、米朝首脳会談取りやめ示唆=南北閣僚級会談を急きょ中止

FA5BD570-7816-4A14-BD69-B778517B90DF 【ソウル時事】北朝鮮国営の朝鮮中央通信は16日、米韓空軍が開始した航空戦闘訓練「マックスサンダー」を強く非難、16日に予定していた韓国との閣僚級会談を中止せざるを得なくなったと伝えた。

 また、6月12日の米朝首脳会談についても、取りやめを示唆した。これに対し、米政府は会談の準備を続ける姿勢を示している。

 16日の南北閣僚級会談は、4月27日に板門店で行われた文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の会談を受け、南北離散家族の再会行事や将官級軍事会談の開催などについて協議するとみられていた。朝鮮中央通信の報道は、米朝首脳会談を前に米韓に揺さぶりを掛ける狙いがあるとみられる。

 同通信は、米韓訓練について「(北朝鮮への)空中からの先制打撃(攻撃)と制空権掌握を目的としている」と批判、戦略爆撃機B52や最新鋭ステルス戦闘機F22などが投入されており、南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に対する「露骨な挑戦」で「意図的な軍事的挑発」だと反発した。

 その上で「米国と南朝鮮(韓国)が北南関係の改善と朝米対話局面が戦争演習の免罪符になると考えるなら、それより大きな誤算はない」と主張。さらに「米国も朝米首脳対面(会談)の運命について熟考しなければならない」と警告した。

 韓国統一省によると、北朝鮮は16日午前0時半(日本時間同)ごろ、閣僚級会談の首席代表、祖国平和統一委員会の李善権委員長の名前で通知文を韓国側に送付。「マックスサンダー」合同訓練を理由に閣僚級会談を無期延期すると通告してきた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000005-jij-kr

【コメント】
興味深いですと言うかやはりと言う感じです。
何時もの北朝鮮のやり方と揺さぶりです。
交渉を北朝鮮のペースで進める為の工作だと
思います。しっかりと見極めると必要があります。
北朝鮮と交渉を続けないといけません。

 

歴史的な南北会談 今後は困難も予想される

南北首脳会談が10年超ぶり開催、金委員長「新たな歴史」

DC4354F3-A323-43D5-8FDE-8883299281A8[ソウル 27日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領による南北首脳会談が27日、軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で始まった。南北首脳会談が行われるのは10年以上ぶり。 

会談開始前に金委員長は、「われわれはきょう、平和、繁栄、南北関係の新たな歴史が刻まれるスタートラインに立っている」と述べた。 

「過去のように実現できない合意をするのではなく、現在直面する問題や関心事項について率直に意見を交わし、良い結果を残すべきだ」とした。 

金委員長は「平和の家」に到着すると、芳名録に「新たな歴史が今始まる。平和の時代、歴史の出発点から」と記した。 

北朝鮮の最高指導者が韓国に足を踏み入れるのは初めて。軍事境界線を初めて越えた金委員長は文大統領に迎えられ、両首脳は笑顔で握手を交わした。その後、金委員長が文大統領を北朝鮮側に招くしぐさをし、ともに北朝鮮側に数歩入った後、再び韓国入りした。 

文大統領は会談開始の際、「率直に議論し、平和を望む人々への大きな贈り物となるような合意に達したい」と述べた。 

金委員長が「平和の家」に入る直前には、北朝鮮の治安担当が爆発物や盗聴器が仕掛けられていないかどうか調べ、室内、椅子、芳名録に消毒剤とみられるものをスプレーした。 

韓国当局者によると、金委員長は会談で、対立の歴史を終わらせるために来たと発言。冗談交じりに、深夜のミサイル実験で文大統領の睡眠を妨げて申し訳なかったとも述べたという。 

また、ソウルの青瓦台(韓国大統領官邸)を訪問する用意があると表明し、今後については「より頻繁」な会談の開催を提案した。 

午前の協議は1時間半以上続いた。正午前に金委員長は黒いリムジンで北朝鮮側に戻った。午後には記念植樹式を行ったあとに、再び会談する見通し。 

韓国の当局者によると、韓国と北朝鮮は27日午後に共同宣言を発表する見込みで、非核化と平和、また南北関係の改善について言及する可能性があるという。

https://jp.reuters.com/article/korea-summit-idJPKBN1HY02N?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29
 
【コメント】
今回の歴史的な南北会談ですが歴史的な会談であることは
間違いないですが融和の雰囲気になっていますが今後の
南北関係ではアメリカ・中国さらに日本人を含んだ
今後の東アジア情勢は一筋縄で行く情勢ではないと
思います。注視が必要です。 

南北会談か!? 新局面を迎えた東アジア

北朝鮮、韓国大統領を平壌に招待 南北首脳会談呼びかけ

Moon Ja-in with im Yo-jong and Kim Yong-namYONHAP
金正恩氏の実妹、与正氏(手前)と握手する韓国の文在寅大統領(中央)と、北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(右)

北朝鮮の最高指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長が韓国の文在寅大統領を平壌に招き、南北首脳会談の実施を呼びかけた。正恩氏の妹、金与正氏が、正恩氏の手書きの親書を文大統領に渡したという。韓国大統領府が10日、発表した。

韓国大統領府ではこの日、平昌五輪の開会式に合わせて訪韓した北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長や、与正氏ら北朝鮮代表団が文氏と会談した。

文大統領と金正恩氏の会談が実現すれば、2007年10月以来の南北首脳会談となる。

文大統領は、南北首脳会談を「実現させるべき」と述べ、北朝鮮に米国との交渉を再開するよう促した。

党序列第2位の金永南氏や、金与正氏を含む北朝鮮側は、朝鮮戦争以降の訪韓代表団として最も高位。両国の代表たちはキムチやソジュ(焼酎)を共にしながら、約3時間にわたり会談したという。

韓国大統領府によると、与正氏は文大統領に、「できるだけ早い時期」の訪朝を促した。

冬季五輪を機に北朝鮮が融和姿勢を重ねて示していることについて、米トランプ政権は強い警戒感を示している。

前日のレセプションや開会式で、マイク・ペンス米副大統領は北朝鮮代表団と言葉を交わすのを避けた。また、韓国と北朝鮮の選手たちが統一旗を掲げて「コリア」として合同入場した際、ペンス氏は座ったままだった。

文大統領は昨年5月、北朝鮮への融和路線を掲げて当選した。ただし、実際に対話を再開し、首脳会談を実施するようなことになれば、主要同盟国・米国の不興を買うことは必至で、大統領は難しい立場に立たされている。

Kim Yong-nam (L) Mike Pence (C) Kim Yo-jong (R)

東アジアの五輪外交開始へ 平和とスポーツの祭典が政治の祭典になった平昌オリンピック

E5CBA423-1FB9-404F-9D0C-D1A956B51873北朝鮮と韓国の五輪への姿勢 政治色強まる様相に「これでも平和の五輪か」

2018年2月3日、韓国・聯合ニュースによると、平昌冬季オリンピックの開会式前日の8日、朝鮮人民軍創建日「建軍節」を迎え、北朝鮮が閲兵式を開催する動きを見せていることに対する一部の非難に関連し、北朝鮮メディアは「誰もとやかく言う権利はない」と主張し、五輪不参加も辞さない構えを示した。

北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は3日、「世界のどの国でも、自国の軍隊創建を重要視して盛大な行事で記念するのは一つの慣例であり初歩的常識」と強調した。その上で「われわれが朝鮮労働党創建記念日である10月10日に国家的な重要イベントを進行するので、南朝鮮で毎年その直前の10月1日(に行われる)『国軍の日』の行事の遊びをしないように言ったらやめるだろうか」と反問した。

労働新聞は、北朝鮮がわざわざ平昌五輪の開会式前日に建軍節を移したという一部の批判に対して、「われわれが70年前の2月8日に平昌冬季オリンピック競技大会の日付を念頭に置いて正規軍を創建したとするのと同じとんでもない詭弁」と批判した。

さらに労働新聞は「かなりの脅威的な閲兵式になる可能性が高い」と明らかにした韓国統一部の趙明均(チョ・ミョンギュン)長官の先月26日の発言に言及し、「もし南朝鮮当局が民族志向と大勢の流れに逆行する反統一保守勢力の分別のない対決妄動を引き続き黙認し優柔不断な態度を取った場合、冬季オリンピック競技大会の開催成功に陰をもたらす結果となり、その責任は傀儡(かいらい)保守一味と南朝鮮当局が負うことになるだろう」と威嚇した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「まったく北朝鮮はどうしようもない」「あんなものは軍隊でも何でもない。ただの山賊だ」「韓国は『国軍の日』の行事よりも重要な米韓合同訓練を延期したのに」「オリンピック開会式には、南北統一旗はやめて韓国国旗を持って入場しよう」など、北朝鮮の行動に対する批判的な意見が多く寄せられた。

また、「これでも平和のオリンピックなのか?」と、政治色が強くなった平昌五輪に苦言を呈する意見もみられた。(翻訳・編集/三田)

 
http://news.livedoor.com/article/detail/14253986/

 

【平昌五輪】 北朝鮮、金永南・最高人民会議常任委員長を韓国派遣へ 元首格、9〜11日に

 【ソウル=名村隆寛】朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは5日、金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長をトップとする高官代表団が平昌冬季五輪の開幕式(9日)に出席するため、韓国を訪問すると報じた。韓国統一省も4日、北朝鮮側から同日に通告があったことを明らかにしている。

 統一省によると、派遣されるのは金永南氏を筆頭にした高官代表団3人と随行員18人。9〜11日の予定で訪韓する予定という。金永南氏以外の代表団の名前は明らかにされていない。

 金永南氏は北朝鮮の憲法上では国家元首の人物。序列は2位で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の祖父である金日成(キム・イルソン)主席の生前から、韓国をはじめ国際社会でも長く知られている象徴的なトップクラスの人物だ。国連の制裁対象からは外れている。

 平昌五輪を機に、安倍晋三首相やペンス米副大統領らも訪韓するなど、各国指導者らが集まり世界が注目する中、北朝鮮の存在感や南北融和の雰囲気をアピールしようとの狙いがうかがえる。

 韓国では当初から、金正恩氏の側近で実質的に政権ナンバー2といわれる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長の訪韓が取り沙汰されており、代表団に崔氏が含まれるかどうかが関心を集めている。

2/2ページ

 一方、北朝鮮は五輪開幕前日の2月8日を「朝鮮人民軍創建日」とし、平壌ではこの日に大規模な軍事パレードが行われる見通しだ。また、同じ日に五輪のスケート競技会場がある韓国北東部の江陵(カンヌン)では、北朝鮮の「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が芸術公演を行う。

 5日には北朝鮮からの芸術団の先発隊が韓国入りする。金永南氏の訪韓により、平昌五輪は北朝鮮が一層前面に出る中で開幕を迎えることになりそうだ。

 http://www.sankei.com/world/news/180205/wor1802050017-n1.html
 
【コメント】
 
今月開始される平昌オリンピックですが北朝鮮が形式的国家元首の金永南(キム・ヨンナム)・最高人民会議常任委員長が訪韓団長に就任されたようです。これは平昌オリンピックでの北朝鮮に力の入れように感じます。オリンピックが平和やスポーツの祭典が政治の祭典になりそうです。中国の代表者が分かりませんが日本の安倍総理、韓国の文大統領、北朝鮮は金永南最高人民会議常任委員長、アメリカはペンス副大統領と東アジアの五輪外交と言われても差し支えないです。まあ動向を見ていく必要があります。

独裁者の手先の民主統合党の林秀卿(イム・スギョン)議員

20120605081939脱北者ペク・ヨセフ氏「北朝鮮では林秀卿を変節者と呼ぶ」
民主統合党の林秀卿(イム・スギョン)議員の暴言を暴露したペク・ヨセフ氏(28)は5日、中央日報との電話インタビューで「北朝鮮では林秀卿議員を変節者と呼んでいる」と話した。

−−ファンと装って林議員に意図的に近付いたのではないかという話もある。

「林議員が訪朝した1989年当時、北朝鮮の5歳以上の子どもたちの間で林秀卿のファンでない者はいなかった。当時の子どもたちにとって、林秀卿は偉大な首領様の手を、それも死線を越えてきて握った初めての南朝鮮青年だった。林秀卿が帰る時、みんな泣いた。彼女が板門店(パンムンチョム)を越える瞬間、銃殺されると知っていたからだった。しかし彼女は銃殺されなかった。それが北朝鮮の人々にはさらに大きい衝撃だった」

−−どうして北朝鮮は変節者という烙印を押したのか。

「(南韓に)移った後、監獄で死刑を受けると思われたが出所した。記者として活動しながら金泳三(キム・ヨンサム)元大統領について良いイメージの記事を書いたと北に伝えられた。北朝鮮の内部教養資料、体制教育資料には『変節者の林秀卿は、南朝鮮に渡り金泳三の傀儡党代表について良い記事を書き、家柄も反動一家だ。ブルジョア財閥一家で、彼女の兄も南朝鮮傀儡軍の将軍で、その水はどこにも行くことができない。…』

6f223f49-462f-42ca-8a8b-39641dc8bf26_sという内容があった。私もそんな教育を受けた。北朝鮮では林議員はもう“統一の花”ではなくただの変節者だ。それを理解していない林議員が残念だ」

2003年、脱北直前まで戦車部隊に服務していたペク氏は、北朝鮮教養資料を暗記しているかのようにすらすらと言及した。だが、大部分の内容は事実と異なる。林議員は2005年に息子を事故で失った後、海印寺(ヘインサ)に2年間とどまり、仏教新聞の記者として働いていた。金泳三政権時には記者として活動していない。彼女の父親も新聞記者出身で財閥ではない。兄は海兵隊中尉出身だ。

−−林議員はなぜ脱北者に「変節者」だと言ったのだろうか。

「私は個人的に林秀卿議員に従北とは言わない。北朝鮮政府にだまされ、誤った考えから脱することができないのだ。しかし北朝鮮の欺瞞に属し、そこから脱することができないのは、従北よりも恐ろしい」

−−暴言事件以降、彼女と電話で話したり直接会ったりということは。

「3日に林議員が声明文を出した後、これと全く同じ内容のものが第3者を通じて私のところに伝達された。脱北者全体に対する謝罪とともに、私個人に対しても『傷つけて申し訳ない』と言及されていた。しかし私個人に謝罪するような問題ではないと思った。脱北者2万人が怒り、大韓民国が怒った。このため、『会おう』との提案も断った」

一方、林議員はことし1月11日、tvN「ぺク・ジヨンの終末討論」で「(北朝鮮の命令でスパイ活動を行い摘発された)旺載山(ワンジェサン)事件も企画事件だった。韓相大(ハン・サンデ)検察総長が従北勢力との戦争宣布後に起こった事件。旺載山事件に私の知人も多くいた」と話していたことが明らかになった。
http://japanese.joins.com/article/262/153262.html?servcode=500&sectcode=510

野党民主統合党民主党)の林秀卿(イム・スギョン)議員が「脱北者は裏切り者」という趣旨の発言をした、と脱北者の大学生が主張した。これは政治的な理由で北朝鮮を脱出した人も、飢えに苦しんで脱出した人も、北朝鮮政権を裏切ったという趣旨であるが呆れて言葉がない
人間である。韓国の民主化勢力は新北の影響を受けます。以前、北朝鮮に訪朝した地方議員が
私に「北朝鮮は素晴らしい」と言っていたのを思い出しました。

ICNKが金永煥氏拘束に動き出す

IMG_3209金永煥氏拘束:釈放対策委、国連に問題提起へ釈放対策委員会が請願書を提出へ

3月29日に中国国内で不明確な理由で逮捕され、50日以上にわたり拘禁されている北朝鮮人権運動家の金永煥(キム・ヨンファン)氏(49)ら4人の問題が、国連で取り扱われる見通しとなった。

 「金永煥釈放対策委員会」を率いる北朝鮮民主化ネットワークの韓基弘(ハン・ギホン)代表は20日「中国政府は金氏らを国家安全危害罪という到底納得できない容疑で拘束しているが、この問題を国連や国際人権団体に訴える方向で検討を行っている」と述べた。


 これまで中国政府は金氏に対してのみ、先月26日に30分間、領事との接見を認めたが、弁護人の接見や電話による通話は認めていない。これは国際法違反あるいは人権侵害の可能性があるため、北朝鮮民主化ネットワークは国際社会を通じて中国に圧力を加える必要があると訴えている。


 同ネットワークは「北朝鮮における『人道に対する罪』を止める国際NGO(非政府組織)連合」(ICNK)とも協議を進めている。ICNKは最近、国連を通じ、北朝鮮の政治犯収容所に収容されている「統営の娘」こと申淑子(シン・スクチャ)さん母娘の生死について、北朝鮮から公式の回答を引き出した団体だ。


 ICNKのクォン・ウンギョン幹事は「中国は金氏一行を、起訴前に拘禁可能な37日を越えて拘束しているだけでなく、領事による接見も認めていない。これは明らかに国際法違反であるとのアドバイスを受けた。国連の『恣意(しい)的拘禁に関する作業部会』や『拷問に関する特別報告官制度』の報告官などに提出する請願書を現在作成中だ」と述べた。


 さらに対策委は金氏の拘禁問題を国際社会に訴えるため、「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」や「アムネスティ・インターナショナル」(国際人権救援機構)など国際人権団体とも意見を交換している。


 また対策委は、韓国の有力政治家や学者らにも、対策委に加わるよう求める方針だ。


 韓代表は「金泳三(キム・ヨンサム)元大統領が対策委の常任顧問になることを承諾しているほか、朴寛用(パク・クァンヨン)元国会議長やソウル大学の李仁浩(イ・インホ)名誉教授、安秉直(アン・ビョンジク)名誉教授も顧問への就任要請に応じた」と明らかにした。


李竜洙(イ・ヨンス)記者

ウィキリークスは情報革命である

ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!

20101201221531【コラム】無視できないウィキリークスの影響力
2011/10/16 07:06
外交通商部(省に相当)は今年4月、貧しい国を助けるために5億ドル(約380億円)を支援する、と発表した。ところが、称賛されるどころか「米国に言われるがままになっている」と批判された。その背景には次のような事情がある。外交部は、ドイツ・ベルリンで行われたアフガニスタン支援国会議をきっかけに、当時の為替レートで5442億ウォン(約354億円)を支援することを約束した。イラクに支援した4億6000万ドル(約349億円)に比べ金額的には多かった。 問題は、韓国政府の支援金額が以前公開された在韓米大使館の外交電文の内容とまったく同じだったということだ。昨年11月に告発サイト「ウィキリークス」がインターネットに掲載した米国の外交電文の中には、在韓米大使館の2009年8月の報告が盛り込まれていた。その電文には「(韓国政府に対し)アフガニスタン陸軍に対する財政支援として5年にわたって毎年1億ドル(約76億円)を送金するよう要請した」となっている。アフガニスタン支援の発表に先立ち、米国が5億ドルを要請したという文書が公開された以上、外交部はほかの戦略を選択すべきだった。韓国が善意でアフガニスタンを支援するとしても、米国の要請と同額を支援することにしたというのは、誤解を招きかねない行為だったというわけだ。このように韓国外交部は、昨年末から拡大しているウィキリークスの事態とは何ら関係がないかのように動いている。ウィキリークスが確保した外交電文は毎日のように報じられているが、一切対応しないとの立場を取っている。こうした態度が理解できないというわけではない。問題は、こうした事態が引き起こす影響に対し内部的に備えがない、という点だ。通常では30年後に公開されるべき機密文書がすでに公開されたというのは、正常なことではない。特に同盟を維持する国家の外交文書が公開されたことは、韓国政府にとって非常に後味の悪いことだ。しかし、数回のクリックで誰もが米国の機密文書を閲覧できるようになった今、ウィキリークスを取り巻く事態は新たな次元を迎えている。外交関係を重視する国が、ウィキリークスの公開した米国の機密文書を韓国政府と同じように無視しているだろうと考えるのは、あまりにも甘過ぎる。外交消息筋によると、主要国では秘密裏に各界の専門家を動員し、米国の外交電文を日々分析しているという。公開された25万件の外交電文は、米国の対外政策について数百冊の本を書けるほどの量だという。北朝鮮はもちろんのこと、中国や日本、ロシアは1万4000件と推定されている韓半島(朝鮮半島)関連の外交電文を一生懸命にのぞき見していることだろう。韓国では、民間レベルでこうした動きが生じている。数日前「ウィキリークス翻訳サイト」でインターネットユーザーらが力を合わせて韓国についての米国の外交電文を翻訳する作業に取り掛かったというのは、一体何を物語っているのか。ウィキリークスが公開している文書の中には、韓国政府にとって不利な真実が含まれている可能性もある。こうした状況を好ましくないとして見て見ぬふりを続ければ、周囲の状況さえも分からない「裸の王様」になってしまう。いつどこの国の外交電文が公開されたとしても慌てないように、韓国の外交官のレベルを高めるべきだという指摘にも、耳を傾けなければならないだろう。


李河遠(イ・ハウォン)政治部次長

恐るべき北朝鮮の公開処刑

KIM JONG IL RSF対北ビラ:回し読みした2人が公開処刑に

拉致被害者家族会の崔成竜代表「黄海道沙里院で住民500人以上を前に公開処刑」

 北朝鮮当局は今月3日、黄海道・沙里院で、韓国から飛ばされてきたビラを回し読みした女性と、該当住民への監督不行届を理由に責任を追及された保衛部の幹部を公開処刑したことが分かった。処刑は500人以上の住民が見守る中で行われたという。

 

 拉致被害者家族会の崔成竜(チェ・ソンヨン)代表(59)は23日、北朝鮮内部の消息筋から伝え聞いた話として、「北朝鮮当局は今月3日、黄海道の沙里院文化会館近くにある広場で、韓国からの拉致被害者や韓国軍捕虜などの家族50人以上をはじめとする住民500人以上を前に、韓国から北朝鮮に向けて飛ばされたビラを保衛部に届け出ず、回し読みした45歳の女性と、この女性を処罰せず、ビラにくくり付けられたドル紙幣を懐に入れた37歳の保衛部の幹部を公開処刑した」と明らかにした。また、崔代表によると、「処刑された幹部と女性の家族は、平安南道价川郡にある政治犯収容所(14号管理所)に送られた」という。

 

 自由北運動国動連合や拉致被害者家族会などのメンバーは延坪島や江原道鉄原などから、北朝鮮の3代世襲体制を批判するビラや1ドル(約82円)紙幣、韓国の哨戒艦「天安」が沈没した事件のニュース映像を収録したDVDなどを、大型の風船にくくり付け北朝鮮に向けて飛ばした。

 

 崔代表は「近く金正日(キム・ジョンイル)総書記が沙里院を訪問するという知らせが伝えられており、現地当局はビラなどを見た住民の動揺を事前に抑えるため、公開処刑を行ったとみられる。この知らせは現地の消息筋から伝え聞いた」「北朝鮮では金正雲(キム・ジョンウン)氏による世襲体制の定着に向け、韓国から飛んできたビラを見た者や、宣伝放送を聞いた者に対する取り締まりが非常に厳しくなっているようだ」などと述べた。今回の処刑について脱北者らは「北朝鮮ではビラを拾った場合には、直ちに保衛部などの当局に届け出なければならない。届けを行わずに回し読みしたり、所持していた場合には、摘発され厳しい処罰を受ける」「幼いころから“南朝鮮(韓国)製の菓子を食べると内臓が腐り、ボールペンやライターを拾えば手が腐る”などと洗脳されてきた」と語った。

 

アン・ジュンホ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/news/20110124000008

拉致被害者家族会の崔成竜代表の情報です。崔成竜代表の
家族会とは日本の救う会や家族会は交流が有りませんが
崔成竜代表の情報は非常に正確な情報源を北朝鮮国内
持っているようです。その意味で北朝鮮への風船が有る程度意味を
持っているように感じます。その意味で犠牲になった市民に
哀悼の意を示したいと思います。

金総書記「私は中国を信用していない」…ウィキリークスが公開

金総書記「私は中国を信用していない」…ウィキリークスが公開
2011/01/05(水) 10:07

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が2009年8月、平壌(ピョンヤン)を訪れた現代グループの玄貞恩(ヒョン・ジョンウン)会長に対し「中国は信じられない」と話していたことが分かった。内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」が公開した米国外交公電により明らかになった。報道内容について、現代グループは事実ではないと否定した。

  在米ジャーナリストのアン・チヨン氏は、自身が運営する「シークレットコリア」でウィキリークスが公開した米韓大使館の09年8月28日付の公電を掲載した。

  公電によると、玄会長は金剛山観光事業の再開問題で訪朝後にスティーブンス駐米大使と朝食をともにし、金総書記と交わした対話内容について説明した。

  金総書記は玄会長に「北朝鮮と日本との関係は過去最悪」とし、「中国を信じていない」と発言した。韓国については「統一省ではなく、北朝鮮を理解していない外交省が主導している」「李明博政府は、なぜ前政権の南北対話経験を活用しないのか」と李政権を批判した。

  南北経済協力の象徴である開城工業地区にも触れ、「開城工業地区への韓国大企業の進出が足りない」と不満をもらした。玄会長は「多くの韓国企業が米国とビジネスをしており、現在のような政治的雰囲気では米国と北朝鮮の両国と同時にビジネスすることは難しい」と答えた。

  韓国メディアは、金総書記が中国を信用しないと発言したことについて、玄会長が訪朝する3カ月前の09年5月、北朝鮮が2度目の核実験を実施した際に、中国は国連安全保障理事会の制裁決議に制約を加えず「北朝鮮の核実験に強く反対する」と発表していたと伝えた。

  現代グループは、金総書記が中国を信じていないと発言したとの報道について、「そのような発言はない」とし、事実ではないと否定した。(編集担当:新川悠)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0105&f=politics_0105_004.shtml

ウィキリークスで北朝鮮関連のものが段々と出てきましたね。
外交公電としては東京とソウルの公館のからの
ものが北朝鮮関係を含んでいるようですね。ウィキリークスの
暴露されている外交公電の真実かどうかの問題が
ありますが事実なら各国の外交内幕を見ることが
出来ます。今後もウィキリークスを問題にしていきたいと
思います。

●支援集会のお知らせ

 

 

神奈川に帰せ!!全ての特定失踪者を助けるぞ!!

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

   1023P875

 







日時:平成
23年1月16()午後130分開演

◆内容:第一部 神奈川県内特定失踪者家族の訴え

    第二部 徹底討論!!
       北朝鮮の拉致・人権問題をどう解決するか??

パネリスト:

 荒木和博さん (特定失踪者問題調査会代表)

    加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長)

 加藤健さん (ヒューマンライツ・イン・アジア代表)

 梅原克彦さん (前仙台市長)

 依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)

 川添友幸さん (救う会神奈川代表)

 

    会場:横浜市開港記念会館一号室

 http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/

 

 参加費:500(学生300)

主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会

 後 援:神奈川県・横浜市市民局・逗子市・相模原市・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会

 
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawahotmail.com


北朝鮮人権非難決議を採択=過去最多の賛成−国連総会

K10030097511_1012221319_1012221325_01北朝鮮人権非難決議を採択=過去最多の賛成−国連総会

【ニューヨーク時事】国連総会は21日、日本などが主導した北朝鮮人権非難決議を賛成106、反対20、棄権57で採択した。2005年以降毎年採択されているが、今回賛成票が最多となった。中国やロシア、イランなどが反対した。
 決議は拉致問題の解決を北朝鮮に強く要求し、人道状況調査のための入国許可を同国に促している。日本の西田恒夫国連大使は「北朝鮮に対してきちっとしたメッセージを出せた」と採決結果を評価した。一方、北朝鮮の朴徳勲次席大使は「わが国を孤立させるための決議であり、全く受け入れられない」と語った。(2010/12/22-10:01)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010122200210

通年通り、人権非難決議が採択されました。しかし、この非難決議に
どのような効果があるのか毎年、大きな議論を出ていますが
まあ採択されないよりは良いですが北朝鮮にどれほど効果があるかは
大きな疑問ですが抜本的な国際的なアピールの転換が必要だと思います。

●支援集会のお知らせ

神奈川に帰せ!!全ての特定失踪者を助けるぞ!!

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

tokyo122427867039316128389




















日時:平成23年1月16()午後130分開演
◆内容:第一部 神奈川県内特定失踪者家族の訴え
 第二部 徹底討論!!北朝鮮の拉致・人権問題をどう解決するか??
 
パネリスト:
    荒木和博さん (特定失踪者問題調査会代表
)
          
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長、同事務局長)

    加藤健さん (ヒューマンライツ・イン・アジア代表)
    梅原克彦さん (前仙台市長)
   依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

   会場:横浜市開港記念会館一号室

http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/


参加費:500(学生300)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会


後 援:神奈川県・横浜市市民局・逗子市・相模原市・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会(各申請中)・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会


問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawahotmail.com

米国:ウィキリークス創設者を訴追すべきでない

wikiassange0725米国:ウィキリークス創設者を訴追すべきでない

 

日本語ニュースリリース:  http://www.hrw.org/node/95111

英語オリジナル:  http://www.hrw.org/en/news/2010/12/15/us-don-t-prosecute-wikileaks-founder  

 

(20101215) ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日、バラク・オバマ大統領およびエリック・ホルダー司法長官に宛てた書簡で、報道の自由を危うくすることから、米国政府は国務省の機密公電を公表したウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジュ氏を訴追すべきではない、と述べた。また、国家安全保障の拡大解釈は、米国憲法と国際法が保障するところの表現の自由と対立するものであり、認めるべきでないと米国政府に強く求めた。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチのジェネラルカウンシルであるダイナ・ポケンプナーは、「米国内外において、表現と情報の自由にとって非常に重要なときを迎えている。漏えい文書を公表したことを理由にウィキリークスを訴追すれば、恐ろしい前例を設けることに他ならない。正当な政治報道を封じようと企ててきた世界各国の政府が、米国の前例を利用しようとするだろう。」と述べた。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、ウィキリークス問題に関する一問一答(Q&Aの中で、ウィキリークスや他のメディア機関が公表する漏えい公電情報が、人権活動家を危険にさらす可能性に懸念を表明していた。その一方で、アサンジ氏を「テロリスト」として扱うべきという意見も、非難してきた。更に、何の司法判断もなしにウィキリークスへのサービス提供を停止した民間企業の問題についても指摘。ならびに、米行政管理予算局が「連邦職員は、機密を扱う適切な権限を持たない限り、すでに公表された文書へのアクセスを禁止ずる」と、近ごろ指示したことも批判している。

 

前出のポケンプナーは、「国務省公電がインターネット上に広がった後では、この種の形式的指令は、オバマ政権の現状対応不足という印象につながるだけだ」と指摘。「それだけでなく、機密文書が最初に開示された後、送信または入手した人は誰でも、1917年スパイ法適用範囲に含みうる、と政府が解釈するかもしれないという懸念も生じる。これは、ニューヨーク・タイムズ紙から、好奇心でネットサーフィンをする個人レベルにまで影響のでてくる問題だ。」

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、可能な限り透明性確保と情報機密解除を優先するよう、オバマ政権に強く求めた。加えて、漏えい情報を公表するメディアの訴追や、すでにあいまいなスパイ法の規定の適用範囲を拡大しうる立法を自制するよう促した。

ヒューマンライフウオッチのウィキリークス問題に対する声明です。内容としては新規の情報管理法やスパイ対策法の反対する見解です。この問題は国民の知る権利と国家機密との兼ね合いの大きな問題だと思います。

●支援集会のお知らせ

神奈川に帰せ!!全ての特定失踪者を助けるぞ!!

北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会

tokyo122427867039316128389




















日時:平成23年1月16()午後130分開演
◆内容:第一部 神奈川県内特定失踪者家族の訴え
 第二部 徹底討論!!北朝鮮の拉致・人権問題をどう解決するか??
 
パネリスト:
    荒木和博さん (特定失踪者問題調査会代表)
          
加藤博さん ( 北朝鮮難民救援基金理事長、同事務局長)
    加藤健さん (ヒューマンライツ・イン・アジア代表)
    梅原克彦さん (前仙台市長)
    依藤朝子さん(北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

   会場:横浜市開港記念会館一号室http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/


参加費:500(学生300)
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会


後 援:神奈川県・横浜市市民局・逗子市・相模原市・北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川県議会有志の会(各申請中)・特定失踪者問題調査会・北朝鮮難民救援基金・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会


問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawahotmail.com

 

平和賞 受賞者不在の授賞式

PN2010121001000915平和賞 受賞者不在の授賞式

12月11日 4時11分

ことしのノーベル平和賞の授賞式が、10日、ノルウェーの首都オスロで行われましたが、受賞者の中国の民主活動家、劉暁波氏は中国で服役中のため出席できず、受賞者不在のままの異例の授賞式となりました。

ことしのノーベル平和賞は中国の民主活動家の劉暁波氏が受賞し、10日、オスロの市庁舎で授賞式が行われました。しかし、劉氏は、国家と政権の転覆をあおった罪で現在服役中で、妻も事実上の軟禁状態にあるため、式典には受賞者本人も親族も出席できませんでした。受賞者側が不在の授賞式は75年ぶりです。式典では、ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長が、中国で基本的人権を守るために闘い続けてきたとして劉氏の功績をたたえ、本来受賞者に渡すべき平和賞の賞状は、劉氏が不在のため空席となったいすの上に置きました。続いて、劉氏が過去に執筆した文章が読み上げられ、「いつか中国が異なる価値観や考え方の共存できる表現の自由のある国になってほしい」という、劉氏のことばに参列者からは盛大な拍手が送られました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101211/t10015785291000.html


中国:2010年ノーベル平和賞受賞者 劉暁波氏の釈放を

劉暁波氏と劉霞氏のノーベル賞授賞式出席を許すべき

 

日本語ニュースリリース: http://www.hrw.org/node/94836 

英語オリジナル: http://www.hrw.org/en/news/2010/12/07/china-release-2010-nobel-peace-laureate

 

(ニューヨーク、2010127日)−中国政府は、2010年ノーベル平和賞受賞者劉暁波氏を直ちに釈放し、彼を賞賛して開催される20101210日のノーベル賞授賞式への出席を許可するべきである、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

 

劉氏は、中国の緩やかな政治改革を求めた08憲章の共同執筆者であったことから、懲役11年の実刑判決を受け、服役。1年が経った。妻の劉霞氏もノーベル平和賞が発表された108日以降、事実上自宅軟禁状態にある。それだけでなく、霞氏は、収監中の夫への面会が恒久的に不許可とされた件についても、公式声明を出さないよう、警察に命令されている。

 

「劉暁波氏の逮捕は違法であり、裁判は不公正だった。そして、彼への刑は不正義である。」とヒューマン・ライツ・ウォッチのアジアアドボカシーディレクターのソフィー・リチャードソンは述べる。「彼は釈放されるべきだ。そして、この歴史的な賞を授賞するため、妻とともにノルウェー行きを許されるべきだ。」

 

中国政府は、劉氏が「犯罪者」で、彼の有罪判決は中国の司法手続きに基づく公正な結果だったと述べ、劉氏の投獄を正当化しようとしてきた。中国当局は、他国政府は中国の法制度を尊重するべきであると主張する。しかし、その司法そのものの無視と適正手続の無視が、劉氏に対する訴追にも多く見られただけでなく、中国の中の小さいながらも活発な人権活動家コミュニティに対してノーベル平和賞受賞者発表以来行われている迫害にも顕著に見られる。

 

200812月の拘束以降2009623日まで、北京警察は劉氏を隔離拘禁するとともに、中国法に違反して、弁護士との接見もないまま北京の秘密の場所で「住宅監視」と呼ばれる拘置方式に彼を置いた。2010108日のノーベル平和賞受賞発表以来、北京警察は劉氏の家族・友人・支援者にも弾圧を行なっている。劉霞氏の自宅軟禁に加え、08憲章の主たる署名者と共同執筆者全てが、警察の厳しい監視下に置かれ、お互いに面会することを禁止されているほか、メディアからのインタビューや外国への出国を拒否されている。

 

中国全土にいる無数の人権活動家が公安局(Public Security Bureau)や州の治安関係者からの嫌がらせを受け、尋問に召喚されたり拘禁されたりしている。加えて世界的に高名な芸術家アイ・ウェイウェイ(艾未未)氏や、優れた法律学者であるフー・ウェイファン(賀衛方)氏、中国の刑事弁護士として有名なモー・シャオピン(莫少平)氏、80歳の経済学者であるマオ・ユーシー (茅于軾)氏などの著名人たちも、ノーベル賞授賞式に先立ち「国家の安全のため」に旅行を禁じられている。あるインターネット・ユーザー、モウ・ヤンシー(牟彦希)氏は、ツイッター上で劉暁波氏を支持するメッセージを送信した容疑で、強制労働所に2年間送られる刑を言い渡された。もう1人、ダイ・ドンピン(泰董平)は、中国で人気のインターネット・メッセージ・サービスであるQQに、1989年に起きた天安門広場でのデモの写真を掲載したために、「国家安全危害罪」の容疑で立件されている。

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国の人権活動家や法律家などとともに、刑法第105条「国家政権転覆罪」の廃止を長い間求めてきた。刑法第105条は共産党批判を犯罪としており、劉氏も本条に違反したとして投獄されている。この条文は、非暴力の批判を無差別に処罰するのに利用されてきた。

 

中国における政治犯や思想犯の数を推定するのは困難だが、数千人規模と考えられる。司法部の正式な統計によれば、毎年数百人が「国家安全危害罪」の判決を宣告され、現在少なくとも18名の著名な政治犯が、「国家政権転覆罪」の刑に服している。中国政府は、「労働を通しての再教育」という行政制度で、警察が、裁判や弁護士なしに、抗議運動参加者や宗教的政治的反体制派および人権活動家などに対し、3年以下の刑を科すことを認め続けている。

 

「劉氏は犯罪者であるという中国政府の主張は、中国の法律が表現の自由を侵害し、国際的基準や中国国民の願いから逸脱していることを示すだけである。」とリチャードソンは述べる。「ノーベル平和賞に反発した中国政府が抑圧をエスカレートさせている実態は、中国における人権の現実に光を当てようとするノーベル賞委員会の正当性を示している。」

 

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、中国政府が各国政府に対して、1210日のノーベル賞授賞式に各国代表を送ることを止め、劉暁波氏のノーベル賞受賞への支持を表明しないよう威圧したと述べた。115日、中国外務次官サイ・テンガイ(崔天凱) 氏は、「“選択を誤った”国は、その結果を負担しなければならない[だろう]。」と述べた。こうした脅しは、別の中国外務次官であるフー・イン(傅瑩)氏が、20108月、彼女がオスロに出張した際に、ノーベル賞委員会に中国政府がノルウェー政府に対する外交的報復措置を取る可能性について警告をしたやり方と同じである。

 

「ノーベル平和賞授賞式に出席する政府は、人権の普遍性への支持を表明するとともに、国際社会において平和と人権尊重の間には強い関係性があることを想起させたノーベル賞委員会の決定の重要性に対し、支持を表明することとなろう」とリチャードソンは述べた。「オスロの授賞式に出席する政府は、その出席自体によって、中国政府の恣意的介入を拒否することを示すと同時に、中国の世界における影響力が一層拡大するにつれて、中国政府が国際基準や法的義務を遵守することに対し、国際的な期待も高まっていることを示すという点でも重要である。」



今回のノーベル平和賞の劉暁波氏の受賞を
心から祝福したいですね。中国政府の
対応は案の定の対応ですね。受賞者が
いない式典が本当の姿を表していますね。

<ノーベル平和賞>在外活動家ら授賞式参加へ 19カ国欠席

20101106k0000e030045000p_size5

<ノーベル平和賞>在外活動家ら授賞式参加へ 19カ国欠席

毎日新聞 12月7日(火)19時50分配信

 【ウィーン樋口直樹、台北・大谷麻由美】オスロで10日に行われる中国の民主活動家、劉暁波(りゅう・ぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞授賞式に、在外の中国人活動家ら50人が参加することになった。米国在住の活動家でとりまとめ役の楊建利氏が毎日新聞の取材に答えた。収監中の本人や自宅で軟禁されている妻の劉霞さんに代わり、オスロから世界に向けて中国政府への民主化要求などを発信する構えだ。

 楊氏によると、ノーベル委員会は式典への招待枠を従来の30人から50人に拡大。89年の天安門事件につながる民主化要求運動を指導した方励之氏▽劉氏の教え子で同事件時の学生リーダーだったウアルカイシ氏▽今年5月に米国に亡命したエイズ救済活動家の万延海氏▽中国におけるウイグル族の人権擁護を訴えるラビア・カーディル氏らが参加する。

 式典は受賞者への証書や記念メダル、賞金1000万スウェーデン・クローナ(約1億3800万円)の授与を抜きにして進められる予定で、ノルウェーの女優リブ・ウルマンさんが劉氏の文章を読み上げる。

 一方、ノーベル委員会は7日、中国など19カ国が授賞式に欠席することを明らかにした。現時点で参加を表明しているのは44カ国。劉氏の受賞に反発する中国は「法律に違反した犯罪者への平和賞の授与は、中国への内政干渉である」と主張し、各国に授賞式への出席を見合わせるよう「圧力」をかけている。同委員会は毎日新聞に「各国特使(大使ら)に直接欠席を求めるようなキャンペーンは前例のないことだ」と不快感を示した。

 同委員会によると、7日時点で欠席を表明した国は、中国▽ロシア▽サウジアラビア▽パキスタン▽イラン▽アフガニスタン▽フィリピン▽キューバ▽セルビアなど19カ国。

 国家政権転覆扇動罪で今年2月に懲役11年の刑が確定した劉氏は、遼寧省の刑務所で服役している。10月のノーベル平和賞発表直後に月1回の親族との面会が認められたが、11月には面会が実現しなかった。中国在住の活動家の多くも当局に監視され、出国を阻止された劉氏の友人の弁護士や学者らは10人ほどに上るといわれている。

 オスロでは授賞式に前後して、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルと香港の人権団体などが、劉氏の釈放を求めて中国大使館前で抗議活動を行うほか、中国の人権状況に関する討論会や記者会見、屋外でのトーチリレーなども予定されている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101207-00000090-mai-int

10日はオスロで受賞式があります。記事の通り、19カ国欠席なんて
本当の中国の圧力に屈するなんて情けない限りです。
特に19カ国欠席の国を見ると人権の意識がない国ばかりです。
ともかく10日はお祝をしたいと思います。

ウィキリークス:米公電暴露 仏、情報発信禁止検討 サーバー側、提訴の構え

ブログネタ
朝、スッキリ目覚めていますか? に参加中!

bf99e77c8fe031d910bfde572ad6cccaウィキリークス:米公電暴露 仏、情報発信禁止検討 サーバー側、提訴の構え

 【パリ福原直樹】フランスは3日、米外交公電を公表した「ウィキリークス」について、仏のサーバー経由での情報発信を禁止する方向で検討を始めた。これに対し、同サイトを発信する国内のサーバー側は、裁判所に発信の合法性を求めて提訴する構えだ。

 仏産業省関係者によるとベッソン産業相は3日、国内のインターネット管理機関や、政府の関係幹部らに書簡を送付。「外交機密を暴露するサイトが、仏経由で発信されるのは容認できない」とサーバーに対し、ウィキリークス発信禁止の検討を求めた。

 ウィキリークスを巡っては、米国内のサーバーが情報発信を停止。その後、仏の「OVH」などのサーバーを経由し発信されていた。OVH側は3日、「発信の是非は司法機関が決めるべきだ」として法廷闘争に持ち込む考えを示した。

 同サイトが暴露した米外交公電は、サルコジ仏大統領について、イエスマンに囲まれている▽ユダヤ人の血を引き親米、親イスラエル的▽大統領選出馬を仏国民より先に米大使館に報告した−−などと指摘していた。

http://mainichi.jp/select/world/news/20101205ddm007030090000c.html

フランスでのウィキリークス問題です。ついにネットから
接続させない動きが出始めましたね。この動きは
各国で広がる動きが出ていますね。知る権利と
国家の機密の問題は難しいですが今後も取り上げて
いきたいと思います。

昨日の集会の記事

中国シンポ:ノーベル賞・劉氏、民主化へ“風穴”−−藤沢 /神奈川

 ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)を巡る中国政府の対応を考えるシンポジウムが5日、藤沢市の産業センターに在日中国人を含む約50人を集め開かれた。主催の「東アジア報道と人権ネットワーク」(川添友幸代表)によると、こうしたシンポジウムは全国で初めてという。

 天安門事件(1989年)への抗議活動を続ける王戴・民主中国陣線日本事務局長ら日中の4人が意見を述べ合い、「中国の若者は政府から劉氏は罪人と教え込まれている」「中国内のメディア、インターネットが受賞を報じ始めた瞬間、画面が真っ黒になった」などの報告がなされた。

 だが、ネットや口コミでニュースは伝わり、中国内で「海外の認識はわが国と違う」との認識が広がり始めており、受賞決定が中国の民主化へ大きな“風穴”を開けた、と評価する声が相次いだ。

 劉氏は共産党一党独裁を批判し、民主的立憲政治を求める「08憲章」を起草した中心人物。国家政権転覆扇動罪で懲役刑の判決を受け服役中。今年10月、中国在住の中国人として初めてノーベル賞の受賞が決まった。

【永尾洋史】

http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20101206ddlk14040125000c.html

今日はご参集ください

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

「露ニュース、政権のPR」…キャスター告発 (恐るべきロシアの実態)

fc65059d「露ニュース、政権のPR」…キャスター告発

【モスクワ=貞広貴志】報道統制が進むロシアで、ベテランのジャーナリストが「ニュースは政権のPRと化した」などとメディアの現状を厳しく批判するスピーチを行い、報道の自由を巡る論議を巻き起こしている。

 プーチン政権以降、政権のメディア支配が確立した感もあるロシアだが、一記者の勇気ある告発で「権力にこびない記者が現れるかも知れない」(ベドモスチ紙)といった声も出ている。

 告発スピーチをしたのは国営テレビ「チャンネル1」キャスターのレオニド・パルフョノフ氏(50)。報道だけでなく歴史、社会問題もこなすキャスターとして有名で、2004年に週1度放映された「ナメドゥニ」(直近)はニュースの深層にある事実を覆い隠さず伝える手法で話題を呼んだ。

 同氏は11月末、放送界で功績のあった人物に贈られる賞の受賞スピーチで、メディアが政権の言いなりになっている現状を憂えて、「記者はジャーナリストでなく、役人に成り果てた」と言い切った。ロシアでは、特にテレビが大統領や首相の批判を行わないことは常態化しており、それを糾弾するのはタブーだった。

 当日、テレビ各局の幹部や政府高官で埋まっていた会場では、ごく控えめな拍手しか起きなかった。チャンネル1は微妙な部分をカットして放送した。それでも発言内容はネットを通じて広がり、ブログなどで議論を巻き起こした。

 本人のブログなどに殺到した書き込みの大半は、長年にわたりテレビ界で活躍した有名人が「内部告発」に踏み切った勇気をたたえる内容だった。

2010年12月3日10時33分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101203-OYT1T00252.htm

日本ではロシアのジャーナリストへの人権侵害
はあまり知っれていせんが非常にひどい状況です。
プーチン政権の批判をするなら報道した
ジャーナリストに危害が及び暗殺や誘拐などされます。
その意味の危機的な状況です。
ロシアは資源も豊富であり経済的に非常に良い状況です。
さらにそのような状況が国際社会からの
非難をかわす理由になっています。


★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

[オピニオン]ウィキリークスと外交官

wikileaks[オピニオン]ウィキリークスと外交官
DECEMBER 02, 2010 03:08

今年1月11日、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官(当時)は、ロバート・キング米国務省北朝鮮人権特使と会った席で、「正確に何人なのか確認できないが、海外で活動していた高官級の北朝鮮官僚が、最近、韓国に亡命した」と話した。米国の民間の内部告発サイト「ウィキリークス」が、公開した米国の外交文書にある内容だ。韓国政府は、不法に収集された情報については言及しないと明らかにしたが、重大な情報に違いない。

◆ウィキリークスが、世界各国の米公館が国務省とやりとりした最近の3年間の公電25万件を公開し、世界の外交関係者は衝撃を受けた。一つ一つが外交的に敏感な懸案であり、波紋がどこまで広がるか分からない。イタリアのフラティニ外相は、今回の事態を世界外交の「9・11テロ事件」と規定した。世界最高の情報網とセキュリティシステムを備えた米国の外交安保文書が、一瞬にして、それもまるごと流出し、世界各国の外交パートナーを当惑させたことはアイロニーだ。


◆インターポール(国際刑事警察機構)は、スウェーデンからの要請を受け、ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏を婦女暴行などの容疑で逮捕する「赤色警報」を加盟国に発した。オバマ政権は、ウィキリークスが米国の国益と外交活動を侵害したとし、創設者のアサンジ氏と組織に対し、スパイ法を適用する法律の検討に着手した。米国務省は、情報の追加流出を阻止するため、外交公電のデータベースや軍内部のコンピューター・ネットワークを一時中断したほか、フランス政府も、公電発送の方法を変える計画だ。泥縄かも知れないが、外交安保文書がデジタル化されればされるほど、類似の事故が発生する素地が高まるというのが、各国の心配だ。


◆アサンジ氏は、タイム誌とのインタビューで、「クリントン国務長官は、米国の外交関係者に、米国が署名した国際規約を破り、国連でスパイ行為をするよう指示した責任が明らかになった場合、辞任しなければならない」と逆に豪語した。もはや、各国の外交官は、直接会って情報を交わし、心の内を明かすことが難しくなったと不平をもらす。外交舞台では笑いながら、ワインを交わす時も、相手国の内心を伺う冷徹な情報戦争という現実を、今回のウィキリークスの事態が改めて明るみにした。


朴成遠(パク・ソンウォン)論説委員swpark@donga.com

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2010120256788

ウィキリークスの問題が世界に激震が走っています。
特にアメリカの国務省の激震が出ています。
告発サイトの必要性が大きな問題なっています。
その意味で国民の知る権利と国家の機密の
どちらも大変なものだと思います。その意味で
この東亜日報の記事はなかなか公平な書き方だと思います。

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

ウィキリークス公電公表 米非難「国際社会への攻撃」 

wikileaksウィキリークス公電公表 米非難「国際社会への攻撃」 

産経新聞 11月30日(火)15時22分配信

 ■サイト創始者 責任追及も

 【ワシントン=犬塚陽介】クリントン米国務長官は29日、民間内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」による機密外交公電の公表について、「国際社会への攻撃」と強く非難し、流出させた者の特定に全力をあげる姿勢を示した。オバマ政権は文書公開を「犯罪行為」と位置づけており、米連邦捜査局が本格捜査に着手。ウィキリークス創始者のジュリアン・アサーンジ氏の責任追及も視野に入れているもようだ。 

 クリントン長官は記者会見で、公表は「米外交の利益だけでなく、国際社会への攻撃だ」と非難。文書は「盗まれた」との認識を示し、犯人の摘発に向け「積極的なステップを踏んでいく」と語った。

 同時に、「オバマ政権が懸命に築いてきたパートナーシップは、この挑戦を受けても持ちこたえるとの確信を抱いている」と述べ、公電で名指しされた関係国との外交関係に亀裂が入ることはないとの認識を改めて示した。

 ホルダー司法長官も29日、「米国の法律を破り、財産や国民に危険を生じさせた者は、その責任を問われる」と述べ、アサーンジ氏ら関係者の責任追及も除外しない姿勢を見せた。

 一方、ホワイトハウスは各省庁に機密文書の扱いをめぐる安全体制の見直しを指示しており、職員による機密情報へのアクセス制限を強化する方針。

 国務省は危機管理室を立ち上げ、外交公電の管理を強化するとともに、公表で受けた具体的な損害を確認し、関係国との調整を進めている。

 AP通信によると、アサーンジ氏は、オバマ政権が「人権侵害やその他の犯罪的な行為」を隠蔽(いんぺい)しようとしていると主張している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101130-00000131-san-int

各国の外交公電が告発サイトのウィキリークスのサイト
流失して国際社会に大きな衝撃を与えました。
特にオバマ政権の慌てぶりは衝撃です。
まだ25万件の資料のうちまだ公開はほんの一部しか
公開されていません。今後も衝撃が走ると
思います。

★緊急特別討論集会

ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就
任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体
「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

スイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

qdgBDzleFl4Jスイス、外国人犯罪者を追放へ 生活保護の不正受給も対象

  • 2010年11月29日 15:42 発信地:ジュネーブ/スイス

【11月29日 AFP】スイスで28日、特定の犯罪をおかした外国人を自動的に国外追放する法改正の是非を問う国民投票が行われ、賛成52.9%で承認された。反対は47.1%だった。

 特に、スイス人口の大半を占めるドイツ系住民の賛成票が多く、全26州のうち否決はわずか6州だった。

 今回の国民投票は極右政党「スイス国民党(
Swiss People's PartySVP)」が主導したもの。現行法では、有罪となった外国人に対しては判事の個別判断で国外追放処分とすることができたが、改正新法では、特定の犯罪で有罪判決を受けた外国人は自動的に国外追放となる。

 対象となる犯罪行為には、強姦、深刻な性犯罪、強盗などの暴力行為、麻薬密輸のほか、生活保護の不正受給も含まれる。

 改正承認を受け、スイスのシモネッタ・ソマルガ(
Simonetta Sommaruga)司法相は、国際法に違反せずに改正法を実施する道を政府で検討すると述べた。

 スイスは前年、同じくSVPの主導により、イスラム教の尖塔(せんとう、ミナレット)の建造を禁止する措置が可決されたばかり。国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(
Amnesty International)は今回の国民投票結果について、「スイスの人権にとって暗い日」と批判した。(c)AFP/Hui Min Neo

http://www.afpbb.com/article/politics/2776977/6517971?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
なかなか難しい問題ですが日本でも中国人の不法入国や犯罪が
問題になっています。その意味で対岸の火事ではない問題だと
思います。今後もこの問題を取り上げていきたいと思います。

●緊急特別討論集会
ノーべル平和賞受賞者
劉暁波(Liu Xiao Bo)を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を!!
free_liu_xiaobo
●王 戴民主中国陣線事務局長理事/「1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行
工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動
に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

●麻生 晴一郎中国問題専門ノンフィクションライター/1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染
めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一本化。著書に『旅
の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある。

●野口 孝行「北朝鮮難民救援基金」国際担当 1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学
部卒業。会社員を経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。2003年、中国にて脱北者救
援中に中国当局によって拘束され、8カ月の実刑判決を受ける。著書に『脱北、逃避行』(新人物
往来社刊)。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める。

●川添 友幸1978年生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就
任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体
「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に、東アジアでの人権問題に取り組んでいる。

●佐藤 悟志司会/1965年生まれ。人権ファシスト、軍国主義フェミニスト。政治結社「青狼会」、「金正
日打倒行動隊」等を組織する。「フリーチャイナ・キャンペーン」呼びかけ人。

日程:平成22年12月5日(日曜)
場所:藤沢産業センター
(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
時間:Open13:00 / Start13:30
参加費:500円(学生 300円)
主催:東アジア報道と人権ネットワーク
 http://blog.livedoor.jp/taisa1978/
問合:090(9816)2187又は
   tomoyuki.kawazoe@gmail.com

独裁者の代理人を持ち上げる大手・独立系マスコミを斬る!!

ブログネタ
心に響いたマンガのセリフを教えて下さい に参加中!

kim_1235◆藤本健二著 中央公論新社刊『北の後継者キムジョンウン』


 本書は、金正日の専属料理人として、十三年間、北朝鮮の中枢部で生活した著者の四冊目の著作である。筆者も第一作から読んでいるが一作目を読んだ感想は清朝最後の皇帝溥儀の家庭教師であったレジナルド・ジョンストン著作の『紫禁城の黄昏』を思いだした。時代や立場は違うがベールに包まれた王朝の赤裸々な内部を描いた部分では相通じると思う。

 本書は焦点を金正日の後継者に事実上なった金正恩に当てています。内容的には非常によくまとまっており、金正恩の人間性の見る上では非常の興味深い一冊ですが、気になるのは最近の藤本健二氏の主張です。以前のインタビューでは金正日の思い出の話が中心でした。最近、藤本氏の講演を聴く機会がありましたが、藤本氏ははっきりと「北朝鮮への経済制裁を辞めるべきだ」「北朝鮮へ支援をするべきだと」と主張しています。

 ある意味、左翼団体を中心に講演をしている拉致家族会の蓮池透元副代表の主張と違いを感じる事が出来ませんでした。藤本氏は家族を北朝鮮で人質に取られていますから仕方ないですが、ある北朝鮮ウオッチャーによりますと、藤本氏は「北朝鮮のスポークスマン」であると断言しています。

 問題なのは藤本氏を持ち上げるマスコミの存在です。日朝の関係が膠着する中で後継者報道等でのマスコミのワイドショー的な取り上げ方が目立ち、藤本氏の周りにはマスコミなどの目がつきます。日頃、北朝鮮の拉致・人権問題の解決を主張しながら相反する立場の北朝鮮への経済制裁解除と支援を主張する藤本氏を持ち上げる意味が分かりません。彼を持ち上げるのは新しい情報を得るためでしょうか、ビジネスのためでしょうか。

 二十一世紀史上最悪の独裁者であり、人権弾圧者である北朝鮮体制を支援する主張を持ち上げるマスコミの欺瞞性には憤りを感じます。独裁国家を擁護する姿勢はマスコミの自殺行為です。

 川添友幸救う会神奈川代表

http://www.kokuminshimbun.com/events2010/11/h2211f01.html#04

当会の代表が11月25日号国民新聞に書いた書評の紹介です。
この文章では触れいませんが藤本氏は拉致被害者家族会の
横田御夫妻に制裁を辞めて援助をするべきだと直接、言ったそうです。
藤本氏の立場は非常に微妙な立場ですから仕方ない部分は理解できますが
このような独裁者の代理人を持ち上げる大手・独立系マスコミの疑問性を感じます。

北朝鮮の強制収容所や公開処刑も
大きな問題ですが、国境なき記者団も年次報告で
指摘していますが、北朝鮮での報道の自由がどれほど侵害されているかあるいは
ジャーナリストの権利が侵害されているのかその点を覆い隠して
独裁者の代理人を持ち上げる大手・独立系マスコミの欺瞞性を
感じます。そのような行為が視聴率を得るためかお金のためかわかりませんが
マスコミとして自殺行為であるとは理解するべきです。

●緊急特別企画

ノーべル平和賞受賞者・劉暁波を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を求める集い



free_liu_xiaobo☆王戴さん (民主中国陣線事務局長理事)

1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

☆麻生晴一郎さん(中国問題専門ノンフィクションライター)

1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一化。著書に『旅の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある

☆野口孝行さん(北朝鮮難民救援基金)、

1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学部卒業。その後、メーカー、商社勤務などを経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。脱北者救出活動に携わる。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める


☆川添友幸さん( 東アジア報道と人権ネットワーク代表・国境なき記者団日本)

1978年生れ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に北京五輪反対運動や独裁国家での報道の自由を求める東アジアでの人権問題に取り組む活動をしている。

 

コーディネーター☆佐藤悟志さん(フリーチャイナキャンペーン!!呼びかけ人)

 

日 時:平成22年12月5日 日曜日 午後1時30時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:東アジア報道と人権ネットワーク

問合先:090(9816)2187又はtomoyuki.kawazoe@gmail.com

 

ノーベル委、中国に影響も 史上最も重要な平和賞

20101106k0000e030045000p_size5ノーベル委、中国に影響も 史上最も重要な平和賞


 欧州会議本部で、インタビューに応じるノルウェー・ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長=25日、ストラスブール(共同)

 【ストラスブール共同】中国の民主活動家、劉暁波氏にノーベル平和賞を贈るノルウェー・ノーベル賞委員会のトルビョルン・ヤーグラン委員長(同国元首相)は25日、フランス・ストラスブールで共同通信と会見、今年の平和賞は人権の向上を重視してきた100余年の同賞の歴史で「最も重要な授賞の一つ」と強調、中国の人権状況改善に「影響を与えるだろう」と述べた。

 授賞式は来月10日。中国当局は国家政権転覆扇動罪で服役中の劉氏や妻を出国させない見通しで、同委は劉氏らの出席を断念。しかし委員長は、式場の「主のいないいす」により「中国に深刻な人権問題が存在し、この平和賞は必要だった」ということを伝える「より強いシグナル」が世界に送られると述べ、中国の姿勢は逆効果だとの考えを示した。

 中国側からノルウェーに対し、閣僚級会合の中止を通告するなど、両国関係は著しく悪化したが「中国指導部は現実的な考えを持っており、(反発を)長期間続けることは中国の利益にならないと認識するだろう。関係はすぐに正常化する」との見通しを示した。


free_liu_xiaobo☆王戴さん (民主中国陣線事務局長理事)

1964年生まれ。中国ハルピン市出身。89年にハルピン飛行工業大学自動車設計学部卒業。89年7月に来日し、91年まで「六・四」天安門事件の抗議活動に参加。2005年より民主中国陣線で活動。

☆麻生晴一郎さん(中国問題専門ノンフィクションライター)

1966年福岡県生まれ。幼少・青年期を北九州、大分、東京、神奈川などで過ごす。湘南高校を経て東京大学国文科に進む。80年代以来の時代の空気に馴染めず、大学在学中の1987年から上海、ハルビンなどを放浪。2003年より執筆に一化。著書に『旅の指さし会話帳中国』『反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国 (光文社新書)』などがある

☆野口孝行さん(北朝鮮難民救援基金)、

1971年、埼玉県生まれ。米国アーカンソー州立大学政治学部卒業。その後、メーカー、商社勤務などを経て2002年、「北朝鮮難民救援基金」に参加。脱北者救出活動に携わる。現在、編集者・ライターとして活動する傍ら、同基金理事を務める


☆川添友幸さん( 東アジア報道と人権ネットワーク代表・国境なき記者団日本)

1978年生れ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」や国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」と共に北京五輪反対運動や独裁国家での報道の自由を求める東アジアでの人権問題に取り組む活動をしている。

 

コーディネーター☆佐藤悟志さん(フリーチャイナキャンペーン!!呼びかけ人)

 

日 時:平成22年12月5日 日曜日 午後1時30時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:東アジア報道と人権ネットワーク

問合先:090(9816)2187又はtomoyuki.kawazoe@gmail.com

2010/11/26 17:05   【共同通信】http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112601000541.html

ノルウェー・ノーベル賞委員会のヤーグラン委員長のインタビューですがなかなか
的確な分析ですね。特に史上最も重要な平和賞という部分は非常に意味がある発言です。
その意味でこの動きは支援したいですね。


●緊急特別企画

ノーべル平和賞受賞者・劉暁波を救いだせ!
アジアと中国に自由と人権を求める集い





なかなか難しいすね

4





























<元在日脱北者>定着・自立へ難関多く 
「民団センター」の強化不可欠 2010-07-28
重要性増す支援活動

 命からがら北韓を脱出し、第3国を経由してようやくの思いで日本にたどり着いた元北送同胞の脱北者は約200人にのぼる。「脱北者支援民団センター」は彼(彼女)らが日本で安定した社会生活ができるよう人道的な立場から支援するために2003年6月に設立された。支援対象者は、当初の50人から、この7年で4倍に増えている。経済破綻と飢餓の常態化が伝えられる北韓の窮状からして、今後さらに増加することが予想される。重要性が増す支援センター(所長=呂健二民団中央本部副議長)では、日本政府に対して制度的・持続的な支援の必要性を訴える一方で、センターの活動の継続および強化のため、募金などの協力を広く呼びかけている。

すでに200人、なお増加必至

 日本政府が受け入れている脱北者は、1959年12月から始まった「北送事業」で北韓に渡った在日同胞および日本人配偶者らの家族(孫までの3世代)である。

 民団では、同じ在日の歴史を刻んだ同胞として、彼らの苦境を座視できないとの自然な情愛と純粋な人道的立場から支援してきた。

 日本に入国した脱北者らの構成は、日本生まれ6、北韓生まれ4となっている。大半が「無国籍」となっており、不安定な在留資格や日本語、就職、住宅や社会への適応問題など多くのハンディを背負い厳しい生活を余儀なくされている。また、北韓に残してきた家族の安全を確保するため、日本で自己の存在が表ざたになるのを極度に恐れ、自由な活動を自ら制限せざるを得ない状況にある。

 支援センターでは、この間、就職斡旋、住宅斡旋、日本語学校と韓国語のできる医師の斡旋、健康診断などの支援と個別相談など定着に必要不可欠な面での支援を、民団の地方本部・支部および団員有志、商工人らの協力とボランティアの支援などを得て実施してきた。

 また、支援に関わる北朝鮮難民救援基金、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会など日本のNGO関係者、民団関係者らも交えて、「脱北者交流会」を関東と関西地区でそれぞれ開き、交流を深めている。

 だが、脱北者の日本定着をめぐる状況は依然厳しい。

 06年6月の日本国会で成立した「北朝鮮人権法」は「政府は、脱北者(北朝鮮を脱出した者であって、人道的見地から保護及び支援が必要であると認められるものをいう)の保護及び支援に関し、施策を講ずるよう努めるものとする」とうたっているが、かねてから問題の解決には不十分だと指摘されてきた。

 支援関係者らは「日本政府は、人道主義の立場から脱北者を一日も早く『難民』と認定、脱北者らの定着・自立のための支援をすべきだ。また北送事業を推進した当事者として、道義的な意味からも支援をすべき立場にある」と公的支援を強く求めている。

 日本での受け入れ条件の緩和および定着・自立のための日本政府による公的支援の早期制度化が望まれている。

(2010.7.28 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=3881&corner=2

【コメント】
なかなか難しい問題ですね。北朝鮮難民の定住問題は
以前から問題点を指摘していましたが
もうNGOでは限界のようで国の支援が必要だと
思います。法制度の整備も必要ですし、自治体の
支援も必要だと思います。

同感です

0e4ad938.jpg
 民衆の〈泣き声〉が聞こえる 脱北者家族描いた「クロッシング」
2010-06-30
あまりに無慈悲な地
「何もできぬ自分が悔しい」


 脱北者とその家族を描いた韓国映画「クロッシング」(キム・テギュン監督)の反響がじわじわ広がっている。配給元の太秦(株)によれば、プリント3本で単館系の映画館から公開を始めたが、現在は12本まで増え、しかも11月いっぱいまでフル稼働という。メジャー系の映画館での公開も始まった。敬遠されがちな重いテーマでありながら、人々を引き寄せる理由は何か。

反響広がり上映全国化

 全国上映は4月17日、東京のミニシアター、渋谷ユーロスペース1から始まった。土曜日ともあって初回は定員20%超、翌日の4回公開も3回目までほぼ満席だった。その後も、初日を上回る日が相次いだ。

 ユーロスペース1では、6週の予定を8週に延長している。5月1日から公開を始めた大阪のシネマート心斎橋でも、同館の週計新記録を樹立、銀座シネパトス、名古屋シネマスコーレでは現在もロングラン中だ。

 本年最高を記録した劇場が多く、業界でも「クロッシング」の観客動員が話題になっている。異例なことに、メジャー系劇場であるワーナー・マイカル・シネマズが6月19日から公開に踏み切り、109シネマズ(東急)での公開も決まった。

 上映中はあちこちですすり泣きが聞こえ、エンドロールでは拍手も起きる。こうした現象は各地、各会場で当たり前になった。全国に先駆けた宮城本部の民団限定上映会(5月15日=青葉区・仙台フォーラム)でもそうだった。

 「脱北者の悲惨さはニュースで知っている。目を背けまいと決めてきたが、見るのが辛かった。ジュニがアボジとやっと電話で話ができたとき、最初に言ったのが『約束を守れなくて(オモニを守れなくて)ごめんなさい』だった。これに一番、胸を揺さぶられた」(60代・男性)

 「見終わって、真っ先に思い浮かべたのは自分の家族だった。我が子を抱ける喜び、妻がいる喜び、文句ばかり言いながら仕事をしていたが、職のある喜び、たくさんの喜びを強く感じた。何日が過ぎてもシーンの一つひとつが目に焼きついている」(30代・男性)

 「今、自分に何かできることがないのか、問いかけられた」(20代・女性)。「想像を絶する現実でも、直視し、関心を持たなければならない」(40代・男性)。「傍観することしかできない自分に、消化し切れないものが残る」(30代・男性)。もどかしい思いを募らせた人は多い。

苦闘する人この瞬間も

 「クロッシング」が発信するメッセージは、映画を見た人たちの口コミやブログなどを通じて急速に広がった。

 多民族・多文化共生社会の実現に取り組む埼玉の鈴木啓介さんは、自身のブログ《川越だより》で「泣くことしかできない悔しさ」と題してこう記している。

 この映画のビラにペ・ドゥナという女優の言葉が載っている。「知っていながら知らんぷり、目をふさいで、ごめんなさい。一緒に泣いてあげるしかなくて、本当に本当にごめんなさい」。目をふさいでいるつもりはない。でも僕はこの父の思い、この子の思いを想って泣くことしかできない。それが悔しくてならない。この映画は物語に違いないが、想像を絶する独裁体制のもとで、今この瞬間も、無数のヨンスとジュニ、そしてヨンハが互いを思いながら苦闘を続けているのだ。

 鈴木さんはまた、「しかし、不思議なことに僕に元気がわいてきた。一人でも多くの友人たちにこの映画のことを知らせようと思う」と語っている。

左派系にも衝撃大きく

 「クロッシング」は日本の左派系の人たちにも鋭い問いかけとなったようだ。《立川反戦ビラ弾圧事件の元被告のブログ》はこう書いている。

 北朝鮮内の人権抑圧状況を問うことも重要だ。残念ながら朝鮮半島への軍事的な緊張関係をあおったりする勢力に、日本人拉致問題同様にこの問題は政治利用され、それへの反発・批判から左派でそうした問題を扱う集会は皆無に近い。(中略)だが「臭いものに蓋をする」ように目を背けることは許されるのか。私たちはあらゆる人権侵害、抑圧にも厳しい批判の目を向けていくべきではないのか。そうでなければ左翼の「ご都合主義」と批判されるだけだろう。

 このブログは最後を、「この映画はあえて政治的なメッセージを強く載せることを避け、淡々と庶民の生活と悲劇を描く手法で作られている。そのことがこの作品を秀作としているのではないか。(中略)映画は普遍的な人権というものを私たちに対して鋭く問い続けているように思う」と締め括った。

 キム・テギュン監督は、本紙とのインタビュー(3月31日付6面)で「クロッシング」について語った。「新しい感情が生まれるようにしたかった。(映画を見て)涙が出たとすれば、そういう感情が生まれたことになる。脱北者や北韓に対する視線が変わるはずだ」「すぐには解決できないとしても、酷い思いをしている人たちの泣き声を聞いて欲しい」。

 映画に込めたこのメッセージは見事に伝わったと言えよう。100人以上の脱北者から実際に取材しただけでなく、メーンスタッフにも複数参画させた監督が最初に驚いたのは、「北韓の体制のなかで生活し、大変な思いをするなかでも、家族は壊せないという現実」だったとも述べた。まさに、生きる力、それを支える家族や愛を描いたからこそ、見る人たちをして、それを奪う無慈悲な「体制」への憤りを誘い、何ら手を差しのべることのできない悲哀を募らせるのだ。

【ストーリー】

 舞台は2007年の北韓・咸鏡南道から、中国、モンゴルに及ぶ。元サッカー選手で炭鉱夫のヨンス一家は、貧しいながらも幸せに暮らしていた。11歳の一人息子ジュニは父を尊敬し、ヨンスも息子を愛している。唯一の楽しみは、サッカーボールを蹴りあうことだった。そんな家族の運命が暗転していく。ある日、妊娠中の妻ヨンハが結核に倒れる。風邪薬さえ手に入らない片田舎では打つ手がない。ヨンスは薬を手に入れるために意を決し脱北、中国で懸命に働くが不法就労が発覚、追われる身に。そのころ、病状が悪化した妻は息を引き取っていた。孤児となったジュニは国境の川を目指すが逮捕され、強制収容所へ送られてしまう。


(2010.6.30 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=2320&corner=6

【コメント】
この映画は本当に訴えるものがあります。今、各地の映画館で上映されています。この民団新聞の言う通り、今まで北朝鮮問題に無関心だった左派にも
大きな影響を与えたみたいですね。下記の日程で私たちの代表も
この映画のトークーイベントを行います。

≪映画クロッシング≫トークイベント!!
 ゲスト

☆宋 允復さん(NO FENCE事務局長)
images1967年生まれ。1993年から統一日報記者。2003年より韓国語通訳・翻訳業の傍ら「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会」及び「NO FENCE」の活動を精力的に行っている。 






☆三野由美子さん(藤沢市議会議員/北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川地方議員の会)
photo18mino
1965年香川県生まれ。2003年年4月藤沢市議会議員初当選。日本会議首都圏地方議員懇談会副幹事長/ 北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川地方議員の会/民主党 現在、二期目








☆川添友幸さん(北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会代表)
GetAttachment1978年神奈川県生まれ。2000年、救う会神奈川の結成に参加し、事務局長を経て2005年に代表に就任。北朝鮮人権問題解決を目指し、現在、フランスの国際人権団体「国境なき記者団」メンバーとし独裁国家での報道の自由等の人権問題に取り組む活動をしている。

7月25日 (日)18時10分〜上映終了後
(イベントは20時10分からスタートしす)

フジサワ中央住所:神奈川県藤沢市藤沢93フジサワ中央1 
TEL:0466-26-9481藤沢駅北口〜ビックカメラとスルガ銀行間抜けて直進。
みずほ銀行藤沢店横遊行通り商店街を徒歩5分
http://www.chu-oh.com/

政策転換のようですね

オバマ政権「北朝鮮、イランに圧力」 新国家安全保障戦略

amr1005272302013-n42010.5.27 23:15
手を振りながらホワイトハウスの南庭を歩くオバマ米大統領=26日(ロイター)

 【ワシントン=佐々木類】オバマ米政権は27日、就任後初めてとなる包括的な「国家安全保障戦略」を発表した。国際協調を模索し、国際社会における米国の指導的立場の確立を目指す内容だ。2002年にブッシュ前政権が国家安保戦略で打ち出した「先制攻撃」を排除し、「ブッシュ・ドクトリン」との違いを強調した形だ。

 ロイター通信や米紙ワシントン・ポストによると、新たな戦略は、ブッシュ政権の「一国主義」を放棄することを宣言。従来の同盟国に加え、中国やインドなど国際社会で影響力を増す国々を取り込み、「新たなパートナーシップの構築」を訴えている。

 核開発を進める北朝鮮やイランの名指しこそ避けるものの、こうした「敵対的な国々」に関与して方針転換を促す。一方で、核放棄に応じないなど、国際的な規範に抵抗する姿勢を続ければ「孤立を深めるため複合的な手段を進める」とも明記し、その場合には外交努力だけでなく、軍事力を背景とした圧力を加えていく姿勢を示す。

 また、「軍事的優位性は国防の基礎」とした上で、国際的なテロ組織などとの「非対称の脅威」に対抗するため、通常戦力における優位性を維持することを強調。強固な日米、米韓同盟の重要性も指摘している。

 経済についても言及し「経済は米国の力の源泉であり、景気回復は安全保障戦略の中核に位置する」と明記した。このほか(1)財政赤字を削減し、米国の国力増強につなげる(2)国際的な気候変動対策として、二酸化炭素 (CO2)排出削減への取り組みを目指す−ことなどが盛り込まれる。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100527/amr1005272302013-n1.htm

【コメント】
アメリカが北朝鮮への政策を転換の兆しが出てきているようですね。
北朝鮮やイランの名指しこそ避けるものの、こうした「敵対的な国々」
に対しては妥協はしないと言っていますから姿勢に変化を感じますね。
ただアメリカの「オバマの戦争」と言われているアフガニスタンが主戦場のように思いますので北朝鮮問題は主体性は中国や韓国に任せたいのではないでしょうか??

いよいよ成立するみたいですね

Assemblee%20Nationalブルカ禁止法案を閣議決定、7月に下院採決へ フランス

パリ(CNN) フランスのサルコジ政権は19日、イスラム女性の着衣「ブルカ」や「ニカブ」など顔面を覆い隠す服装を公共の場で禁止する法案を閣議で了承した。

 

法案は、違反者に対して150ユーロの罰金や講習会の受講を義務付け、女性にブルカなどの着用を強制した者に対しては最大1年の禁固刑か1万5000ユーロの罰金を科す内容。ブルカ着用を強制するのは「人を隷属させる行為であり、わが国では容認できない」と指摘している。

 

下院にあたる国民議会で7月以降採決が行われ、9月には上院に送られる見通し。議会通過後、施行まで半年間の猶予期間を設け、女性が自主的に着用をやめることを促す。

 

ブルカ規制をめぐっては、政府諮問機関のフランス国務院が着用禁止は国際人権法や自国の憲法に違反する可能性があると勧告していた。

 

国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは19日、「顔を覆う服装の全面禁止は、自分のアイデンティティーや信仰の表現として公共の場でブルカやニカブを着用している女性の表現の自由と信教の自由を侵害するものだ」と述べ、議会での否決を訴えた。

 

ブルカ禁止法案はベルギーの下院でも4月に可決されているが、フランスで同法が成立した場合、国としてブルカを禁止するのは欧州で初めてとなる。

http://www.cnn.co.jp/world/AIC201005200007.html

【コメント】
この問題は以前も取り上げましたがなかなか難しい問題ですね。
欧州でのイスラム教の拡大に大きな問題になているようです。
今後もこの問題を考えたい思います。

大規模な動きのようです

4cb48ddf.jpg「明日、天安艦沈没海域で対北チラシ50万枚を散布」
  対北チラシ散布を中断せよという北朝鮮軍部の脅威にもかかわらず、南韓内対北人権団体が19日、天安艦沈没海域で金正日(キム・ジョンイル)批判印刷物を北にまく。

  自由北朝鮮運動連合(代表パク・サンハク)と拉北者家族の集まり(代表チェ・ソンヨン)は17日「ペンリョン島西南1マイルの海上で、対北チラシ50万枚と延坪海戦動画CD1000枚、対北放送聴取用小型ラジオ1000台、1ドル紙幣3000枚などを大型風船につけて北朝鮮に送る」と明らかにした。1ドル紙幣は北朝鮮住民たちがより積極的に対北チラシを見つける意図でともにまくことにした。チラシには「天安艦戦士よ、大韓民国は仇を討とう」などの文句が書かれている。

  先立って北側は16日の対南通知文で南側の対北チラシ撒布が続いた場合「東海(トンヘ、日本海、金剛山陸路)、西海(ソヘ、黄海、開城公団通行路)地区南北管理区域陸路通行を制限・遮断する以上の実在的な措置を取る」と脅かした。千海成(チョン・ヘソン)統一部スポークスマンは「北朝鮮が抗議を申し立てる度に南側民間団体に自制を要請してきた」とし「(北側が)民間団体によるチラシの撒布を南北間出入り問題と連携させることは不当だ」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=129174&servcode=500&sectcode=510

【コメント】
今日の韓国紙の中央日報の記事です。現在、韓国では様々なNGO団体が北朝鮮への風船を飛ばすのを積極的にやっています。今回もその一端のようです。このような動きは明らかに北朝鮮国内への動揺につながると思います。その意味でこのような動きは非常に効果があると思います。

全く酷い話です

北朝鮮の恐るべき人権侵害の実態 脱北者が証言

2010.5.3 12:00
北朝鮮で受けた拷問のため両足を失った脱北者のパク・ヘリさん。義足をはずし、涙ながらに北朝鮮の惨状を訴えた
kor1005031201003-n1

 北朝鮮を逃れてきた脱北者数が年々増加し、2万人近くが定住する韓国。脱北者らが組織した関連団体も多く、自らが北朝鮮の深刻な人権侵害の実態を証言するケースも増えている。最近は、署名を集め、個人の犯罪を裁く常設の国際司法機関「国際刑事裁判所(ICC)」に対し、「金正日総書記の反人道的犯罪を調査するよう」求める嘆願書も提出した。これまで脱北者が記者会見を通して証言した北朝鮮の政治犯収容所と刑務所の実態の一部を紹介する。

(ソウル 水沼啓子)

 北朝鮮は日本人や韓国人らを拉致したり、ラングーン事件(1983年)や大韓航空機爆破事件(1987年)などのテロ事件を起こしたり、さまざまな反人道的犯罪を行ってきた。とくに北朝鮮の政治犯収容所や拘留施設で行われている拷問などの人権侵害は、国際社会から厳しい非難を受けている。

 韓国の政府機関「国家人権委員会」の調査によると、北朝鮮の政治犯収容所には、人口のおよそ1%に当たる推定20万人が収監されているという。政治犯収容所は1950年代後半から設置が始まり、一時13カ所にまで増えたが、80年代末以降に統廃合が進み、現在は6カ所となっている。

 北朝鮮では「管理所」と呼ばれる政治犯収容所は、統制が比較的緩やかな「革命化区域」と、一度収監されると二度と出てこられない「完全統制区域」にある。耀徳(ヨドク)政治犯収容所(第15号管理所)と鳳倉里(ポンチャンリ)政治犯収容所(第18号管理所)の2カ所の一部が革命化区域にあるが、それ以外はすべて完全統制区域にある。

政治犯収容所には、
反体制の言動や脱北を試みた者のほか、連座制で収監される者もいるが、多くの収監者は収監された理由や罪名も分からないまま収監されているという。

 政治犯収容所のほかに、北朝鮮には集結所や教化所、労働鍛錬隊といった幾つかの拘留施設がある。これらは日本の拘置所や刑務所にあたる。

 北朝鮮当局は取り調べ中に、「祖国を裏切った反逆者」「中国に行ってよく食べて太った」などと言っては脱北者を殴打。理由なく殴ることも多いという。

 とくに女性の脱北者の場合、保衛部の要員が隠し持っている金銭を見つ出そうと女性を全裸にしたり、肛門など身体の一部に指を入れて探し出すこともあるという。

 脱北者の1人、パク・ヘリさん(42)は2005年に中国とタイを経由して韓国に入国した。04年に脱北を試みた際に北朝鮮当局に逮捕され、そのときに受けた拷問のせいで両足を切断することになり、現在、義足で生活している。

 北の当局に逮捕された当時、寒さのせいで凍傷にかかった両足は治療をすれば治る程度だった。しかし拷問を受けたときの傷で症状が悪化。「お金がなかったので治療を受けられないまま、足がますます黒くなり腐っていった。ずっとその足を引きずりながら、数カ月後に監獄を出て、豆満江を渡って中国に行った」と朴さん。

 監獄を出たときの体重は30キロ程度だったという。韓国で2度足を手術をし、数年前に米国でも手術を受け、今は義足をつければ歩行ができるようになったという。朴さんの生々しい証言は続く。

 「監獄で体験した苦痛は、ほかの人が聞けばうそだという。信じられないような話だからだ。監獄で生き残るためにはお金が必要だ。だから没収されないようお金を胃など身体の一部に必死に隠す。私は飲み込んだお金を回収するため、排泄(はいせつ)物の中から探さなければいけなかった。そのときの気持ちは、実際にやった者でなければ分からないだろう」

 1999年から2002年まで、耀徳政治犯収容所にいた脱北男性、キム・クァンイルさんの証言。

 「腹を空かせた収監者が種を食べたら、保衛部員らが食べられないように種に農薬をかけて腐らせた。それでも空腹に耐えかねた収監者が腐った種も食べていた。250人いた中で80人ぐらいが主に栄養失調で死んだ。脱走しようとして公開処刑される人もみた」

 2000年から02年まで耀徳政治収容所にいた脱北女性、イ・クムナンさんの証言。

 「腹が減って逃げた人と空腹で盗みを働いた人を橋の下で公開銃殺した。出所予定の2人の女性が妊娠していることが分かると、予定を数カ月後に延ばして、生まれた赤ん坊は2人とも山に埋められた」

 2005年に价川女子教化所(刑務所)にいたシン・ヘスクさんの証言。

 「保衛部の拘置所は人でいっぱいで、廊下に4列になって並んで立っていた。私はいちばん前に立っていた。突然、保衛部員がおなかの大きな女性を呼び出して足でけり始めた。その女性が泡を吹きながら倒れて起きあがらないでいると、夜10時ごろになって医師が来て運んでいった。その後、その女性の姿を見かけることはなかった」

 咸興市9号教化所(刑務所)にいた脱北女性、イ・オクファさんの証言。

 「中国に行ったという理由で会寧市の保衛部の拘置所で8カ月間調査された。『キリスト教に接したのか』と聞かれたのでずっと否認していたら、顔を殴られ歯がみな折れたし、つめもはがされた

教化所での生活はひどかった。18時間の労働に食事時間はせいぜい20分程度。5時半に起床するとすぐに車に乗り、約13キロほど離れた山の中で作業をした。朝昼晩の3回の食事は
トウモロコシのかゆと真水だけだった。

 1日に30人余りが死ぬのをみた。人々は飢えて骸骨のようにやせて醜かった。中には腹を空かせて、犬の糞(ふん)の中からトウモロコシを探す者や、食事中に死んだ老人の口の中に残っているご飯も取って食べようと人々が争っているのをみた。

 冬場は山まで行って薪を集めるが、山道を移動中に逃げ出そうとした2人が捕まり、見せしめのため2人とも眼球が破裂するまで容赦なく殴られ、最後は死んだ」

 こうした北朝鮮人権侵害については、国連人権理事会でも問題視されている。国連のムンタボーン北朝鮮人権問題担当特別報告者は今年3月、国連人権理事会に対し、北朝鮮は「恐怖国家、あるいはひとつの巨大な監獄と化している」などと厳しく非難する報告を行っている。

 報告後の会見でも、「実際のところ、ここ数年で北朝鮮の人権状況はさらに悪化している」と指摘。「国連安全保障理事会が北朝鮮の人権問題に介入しなければならない」と主張した。

 一方、韓国内でも脱北者や非政府組織(NGO)が中心となり、北朝鮮人権侵害の改善に関する、さまざまな取り組みが行われている。幾つかのNGOが連携し、国連傘下に「北朝鮮反人道的犯罪調査委員会」を設置することを目指している。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100503/kor1005031201003-n4.htm

【コメント】
筆舌に絶える酷いう証言です。このような状況を一刻も早く解決するために
国連や国際社会は早急に行動する必要性が有ると思います。
日本政府にも早急な対応を求めたいと思います。

北朝鮮への風船

対北朝鮮団体、北朝鮮人権非難のビラをまた散布

対北朝鮮団体、北朝鮮人権非難のビラをまた散布
               2010/05/02(Sun) 07:03
対北朝鮮団体らが「北朝鮮自由週間」の閉幕をむかえて対北朝鮮のビラを再び散布した。自由北朝鮮運動連合などは昨日昼12時、京畿道(キョンギド)坡州市(パジュシ)の臨津閣(イムジンガク)平和ヌリで1ドル札3,000枚と携帯用ラジオ200個、北朝鮮人権非難のビラなどが入った大型風船10個を北へ飛ばした。

また、「天安」沈没で犠牲になった将兵を追慕するビラと北朝鮮住民たちに送る手紙らが入れられた小さい風船500個も飛ばした。彼らは北朝鮮に対して、世界人権宣言文に明示された条項が守られない唯一の国家と非難して、人権が守られる日までずっとビラをばらまくと話した。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=114165

【コメント】
韓国で現在、北朝鮮自由週間が行われています。その中で先日、北朝鮮へ
風船を飛ばすを行ったそうです。このような活動は非常に効果が有るようです。
私たちの会でも風船を飛ばすのを支援していきたいと思います。

国際的な圧力が必要です

news0506_image001北朝鮮は人権状況改善を 米朝関係に影響と米特使

2010.4.27 09:26

 米国のキング北朝鮮人権問題担当特使は26日、北朝鮮人権侵害を非難する米国の市民団体などが呼び掛けてソウルで開催中の「北朝鮮自由週間」(25日〜5月1日)に合わせ、米朝関係の進展には北朝鮮の人権状況の改善が重要だとする声明を発表した。

 声明は、北朝鮮の人権状況に米国が依然として深い懸念を持っていると指摘。北朝鮮当局による人権尊重が「米国との親密な関係構築の見通しに大きく影響する」とした上で「北朝鮮国際社会に参加する上で必要なことだ」と訴えた。

 自由週間は2004年から米首都ワシントンで毎年開かれてきた。ソウルでの開催は今回が初めて。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/america/100427/amr1004270928001-n1.htm

「北朝鮮自由週間」で開会宣言式 人権侵害訴える

2010.4.26 21:52

北朝鮮の人権侵害の改善を訴える「北朝鮮自由週間」(25日〜5月1日)の開会宣言式が26日、ソウル市内で開かれ、北朝鮮の人権侵害の実態などが報告された。

 韓国の人権団体「北韓民主化運動本部」の発表によれば、同本部が韓国と中国に住む脱北者106人を昨年調査したところ、39人が強制送還された経験があり、北朝鮮の強制収容所で深刻な人権侵害を受けていた。

 北朝鮮当局は取り調べ中に、祖国を裏切った反逆者として脱北者を殴打したり、拷問したりするという。とくに女性の脱北者の場合、隠し持っている金を見つ出そうと、当局側が女性に対して屈辱的なことまでしていた。

 「北朝鮮自由週間」は、米国の人権団体「ディフェンスフォーラム財団」のスーザン・ショルティ代表が中心となり2004年に始まり、米国で毎年、開催されてきた。今回で7回目となるが、ソウルでの開催は初めて。(ソウル 水沼啓子)
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100426/kor1004262154005-n1.htm

【コメント】
今、韓国のソウルでは北朝鮮自由週間が開催されています。例年、アメリカで行われているものですが今回は朝鮮戦争60周年ということも
あり、韓国での開催になったそうです。上記の記事のキング北朝鮮人権問題担当特使が北朝鮮の人権状況が米朝関係に大きな影響を与えるという発言は大きいと思います。韓国海軍の「天安」の事件もあり、
当面、六カ国協議もひらかれそうにない状況での今回の発言は
いろいろな意味で影響が出てくるのではと思います。その意味で
国際的な圧力で人権状況の改善の一歩になればと思います。

同感です

crossing_poster1_J_540x780横田さん夫妻、「脱北者の悲劇知って」

脱北者と強制収容所の実態を描いた韓国映画が一般公開され、挨拶に立った横田滋さん・早紀江さん夫妻が脱北者の悲劇を知ってほしいと訴えました。

 「心から本気で命の大切さを考えて、たくさんの人たちを自由にしてあげなければいけない」(横田早紀江さん)

 映画「クロッシング」は、病気の妻に薬を買おうと北朝鮮を脱出する夫と、父を追い、脱北を試みる息子の一家を描いた映画。中井拉致問題担当大臣も訪れました。

 「死んでもいいから逃げるということで、脱北する人たちの思い、現実がひしひしと伝わりました。拉致ということだけではなしに、北朝鮮の人権全体に日本も発言していく、このことが必要だと」(中井拉致問題相)

 横田滋さんは、「脱北は、『かわいそうだ』ではすまない重大な人権問題。日本でも脱北者の受け入れを進めるべきだ」と訴えました。(17日16:58)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4406454.html

【コメント】
映画「クロッシング」に関する横田夫妻の感想ですが
全く同感です。映画「クロッシング」は私たちの
団体も上映には協力してきました。その意味で今回の
封切りは快挙です。関係された皆様に感謝を申し上げます。

不思議な話です

10522d8b.jpg

「北朝鮮入りした韓国人4人」をめぐる謎

状況証拠なし、身元確認もできず

 韓国政府は、北朝鮮が「わが共和国(北朝鮮)に不法入国した南朝鮮(韓国)の住民4人を拘束した。現在、該当機関の調査を受けている」と発表してから三日目となる先月28日にも、「4人の身元は確認できていない」と語った。まだ誰が抑留されているのかも分からないというのでは話にならない、という指摘が出ているが、安全保障関連部局の当局者は、「納得し難い内容が多い」と語った。

 

 まず、抑留者が北朝鮮の人権・宗教・脱北者支援団体の関係者であれば、何らかの痕跡を残しているか、あるいは所属団体ですぐに対応した可能性が高い。昨年12月、北朝鮮人権運動家のロバート・パク氏(29)=韓国系米国人=が北朝鮮入りした際には、所属団体が関連事実を直ちに公開した。政府消息通は、「北朝鮮の人権・宗教・脱北者関連の団体に尋ねてみたが、行方不明者がいるという情報はない」と語った。

 

 また、韓国の体制に不満を持って自分の意思で北朝鮮入りしたのであれば、北朝鮮は今回のように「不法入国」という表現は使わず、代わりに「義挙帰順」という言葉で体制宣伝に活用するものと見られる。ある北朝鮮の消息通は、「中国に向かった脱北者A氏の消息が1カ月間途絶えている」と語ったが、統一部の当局者は「北朝鮮が、脱北者を“南の住民”と表現する可能性は低い」と語った。

 

 4人が強制的に連れ去られたか、あるいは偶発的に北朝鮮入りした可能性も定かではないという。韓国政府の当局者は、「拉致されたのなら、その過程でうわさが広まると見られ、観光客などが誤って北朝鮮入りしたのであれば、韓国の家族が黙っているだろうか」と語った。一部からは、韓国の体制に不満を抱き北朝鮮に渡ったものの、気が変わって、送り返して欲しいと要求している、という見解も出ている。このように身元の確認が遅れていることから、「適当な“対南カード”がない北朝鮮が、事件を膨らませているのではないか」という推測も出ているが、「すぐにばれて恥をかくようなことはしないだろう」という分析が多い。

 

 今のところ韓国政府は、4人が一行ではない可能性に注目している。4人という数字は、中朝国境などを経由し個別に北朝鮮入りしたケースを合わせた、というわけだ。先月8日に中国・図們市付近で豆満江を渡り北朝鮮入りした、といわれている40代のクォン某氏が、このうちの一人だという話も出ている。

 

 韓国政府は現在、抑留者の身元確認を急ぐと共に、自己の意思で北朝鮮入りしたのかといった経緯をまず確認してから対応策を明らかにする、という立場を取っている。「例えば、犯罪者が自分の意思で北朝鮮入りしたケースと、一般市民が誤って北朝鮮入りして連れ去られたというケースでは、対応策が異なる」(安全保障関連部局関係者)という説明だ。統一部は、北朝鮮に電通文を送り、抑留者の身元に関する情報や北朝鮮入りした経緯などを尋ねる案を検討している。今回の事件が長期化するかどうかは、今週がカギとなると見込まれている。なお、北朝鮮が追放などによって早期に事件を終結させない場合、解決は8−18日に行われる韓米合同軍事演習「キー・リゾルブ」終了後になる、という分析が多い。

 

アン・ヨンヒョン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

速報です

ブログネタ
新しい人生をはじめるとしたら、まず何する? に参加中!

imagesCA8EY6TV北朝鮮:拘束の米活動家を釈放へ 朝鮮中央通信

 【ソウル西脇真一】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、中朝国境から不法入国したとして拘束していた米国人を当局が釈放すると報じた。昨年12月に中朝国境を流れる豆満江を渡り咸鏡北道会寧(ハムギョンプクドフェリョン)に入った人権活動家、ロバート・パク氏で、報道によると、取り調べで自らの行為を認め、悔いていることを考慮し、決定したという。
http://mainichi.jp/select/today/news/m20100205k0000e030019000c.html

“在米韓国人対北人権活動家ロバート・パク氏の釈放を決定” 

朴成国記者
[2010-02-05 10:47 ]  
去年12月24日に豆満江を渡り、無断で北朝鮮に入国した在米韓国人の対北人権活動家、ロバート・パク氏を釈放するという北朝鮮の決定を、朝鮮中央通信が5日に報じた。

中央通信は「該当機関が、北部の国境を通じて我が国に不法入国したアメリカ公民、ロバート・パクを抑留して調査を行った」と述べ、「調査の結果、アメリカ公民は朝鮮に対して誤った認識をして入って来たようだった」と主張した。

通信はまた、「自身の行為を認めて、深く悔やんでいる点を考慮して、該当機関が寛大に容赦し釈放することになった」と明らかにした。

http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=8268

【コメント】
今、入った速報ニュースです。アメリカの政府との間で
なんだかの水面下の交渉があったのではないかと
思われるます。

●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com

速報です

北朝鮮:拘束の米活動家を釈放へ 朝鮮中央通信

 【ソウル西脇真一】北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、中朝国境から不法入国したとして拘束していた米国人を当局が釈放すると報じた。昨年12月に中朝国境を流れる豆満江を渡り咸鏡北道会寧(ハムギョンプクドフェリョン)に入った人権活動家、ロバート・パク氏で、報道によると、取り調べで自らの行為を認め、悔いていることを考慮し、決定したという。
http://mainichi.jp/select/today/news/m20100205k0000e030019000c.html

【コメント】
今、入った速報ニュースです。アメリカの政府との間で
なんだかの水面下の交渉があったのではないかと
思われるます。

●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com



確かにそうですか

2009080401001063「北朝鮮の人権は最悪…ぞっとする」…米国のキング北朝鮮人権特使が訪韓
  韓国を訪問している米国務省のロバート・キング北朝鮮人権特使は11日、「米国は6カ国協議の脈絡で北朝鮮人権問題を北朝鮮と議論する」とし「朝米関係が改善されるには北朝鮮の人権が改善されなければならない」と述べた。

  キング特使はこの日、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官を表敬訪問した後、記者らに対し「北朝鮮は人権の面において最悪の国の一つで、その状況はぞっとする(appalling)」とし、このように明らかにした。

  キング特使は「(最近、中国当局に捕まり、写真が公開された脱北女性2人が)北に送還されたという報道があり心配している。脱北者が身分確認を要求される場合、国連人権高等弁務官が接近権を持つようにずっと圧力を加えていく」と述べた。

  キング特使は「北朝鮮の人権を扱うには韓米間の緊密な協調が重要であるため、特使になって6週目に韓国を真っ先に訪問した」と強調した。

  キング特使はこの日、玄仁沢(ヒョン・インテク)統一部長官と魏聖洛(ウィ・ソンラク)外交部韓半島平和交渉本部長に会ったのに続き、12−13日には脱北者と北朝鮮人権団体の関係者に会う計画だ。

  一緒に来韓したムンタボーン国連対北朝鮮人権特別報告官と北朝鮮の人権に対する国際社会の協調について議論し、14日に日本へ向けて出発する予定だ。

  外交部のある関係者は「キング特使の発言は北朝鮮人権問題に対する米国の確固たる立場を再確認したものだ」とし「米国がその間話してきたことと同じレベルの発言だと受け止めている」と述べた。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=124950&servcode=500&sectcode=500


【コメント】

発言の通りですがこの国連特使の訪韓や訪日は
例年行われています。効果がどれほどあるのか
疑問ですね。国際社会の具体的な対応が
求めれます。
●共催集会のお知らせ
第22回「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会」
   〜拉致を語らずして人権を語る無かれ〜
(北朝鮮に人権を!!)
    
講演者:横田滋さん (横田めぐみさんの父)
    井上義行さん(元内閣総理大臣秘書官)
    村尾健児さん (特定失踪者問題調査会理事)
    宋允復さん (NO FENCE事務局長)
    川添友幸さん (救う会神奈川代表)

日 時:平成22年2月7日 日曜日 午後1時30分開場・午後2時開演
場所:藤沢産業センター(JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り)
参加費:500円(学生 300円)
主 催:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:東アジア報道と人権ネットワーク
後 援:藤沢市・鎌倉市・逗子市
問合先:090(9816)2187又は
sukukaikanagawa@hotmail.com

チラシのアドレスは下記です
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.jpg
http://www.geocities.jp/flying_grooves/100207.pdf
viewimg

年明けの動くかもしれません

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!
091229031_188x141北, 無断入国したロバート・パク氏抑留を公式に確認

米女性記者の時は抑留の4日後に発表…米 "追加の情報を収集中"
梁貞兒記者
[2009-12-29 14:56 ]  
北朝鮮が25日に中国から豆満江を渡り、無断で北朝鮮に入国した韓国系アメリカ人宣教師、ロバート・パク(韓国名パク・ドンフン・28)さんを抑留した事実を公式に確認した。

北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、「12月24日にアメリカ人が1人、朝中国境地域を通じて不法に入国して抑留され、現在該当機関が調査している」と明らかにした。

通信は抑留している米国人の名前など、具体的な身元には言及しなかった。さらに、パクさんが中国から豆満江を渡って北朝鮮に入って行った日時についても、当初言われていた25日ではなく24日だと報道した。

北朝鮮政府は3月に、中朝国境を取材していたアメリカのカレントテレビの女性記者を2人抑留した時も、事件発生の4日後に発表している。

当時、北朝鮮が異例に抑留について発表したため、女性記者の早期釈放を意味しているという主張も出たが、北朝鮮は記者を裁判にかけて、140日以上経ってから釈放した。アメリカ政府は女性記者の釈放のために、ビル・クリントン元大統領を北朝鮮に派遣した。

イアン・ケリー米国務省報道官は、パクさんが無断で北朝鮮に入国した事件と関連し、「(関連)報道に対して憂慮している」と述べ、「私たちもこれについて調査中」と28日に明らかにしている。

ケリー報道官はこの日の記者会見で、「彼が(北朝鮮の国境を)渡ったという報道や、彼の所在について別途の確認はできていない」と述べ、北朝鮮でアメリカを代弁しているスウェーデンが、パクさんの行方について追加で情報を調べるという意思を伝えてきたと述べた。

パクさんは25日に、北朝鮮の人権改善を促す内容が書かれた、金正日と北朝鮮指導部宛の手紙を携えて豆満江を渡り、咸境北道会寧地域から、無断で北朝鮮に入国した。
http://japan.dailynk.com/japanese/read.php?cataId=nk00100&num=7862


北朝鮮に不法入国 米国の人権活動家を拘束

< 2009年12月29日 14:29 >
 

 アメリカの人権活動家が北朝鮮の政治犯釈放などを求める金正日総書記あての手紙を持って不法に北朝鮮に入国し、身柄を拘束された。

 身柄を拘束されたのは韓国系アメリカ人のロバート・パク氏で、中国と北朝鮮の国境を流れる豆満江を渡って不法に入国した。北朝鮮・朝鮮中央通信は29日、「24日にアメリカ人1人が不法入国し抑留された。現在、該当機関で調査中だ」と伝え、身柄を拘束したことを確認した。パク氏は金総書記にあて、「北朝鮮の人々のために食糧などを援助できるよう国境を開き、すべての政治犯を釈放すること」などを求めた手紙を持っていたということで、北朝鮮が今後、アメリカとの駆け引き材料として使うかどうかが注目される。


 これについて、アメリカ国務省・ケリー報道官は「報道を見て懸念しており、情報収集にあたっている」と述べた。

http://news24.jp/articles/2009/12/29/10150655.html

【コメント】
今回の事件は来年、初頭から米朝交渉が
始めるきっかけになるように思います。
北朝鮮側に言わせれば交渉カードを
タダで得たようですからやりやすいし
アメリカも自分で越境したとはいえ
自国民を見殺しするような事は出来ないと
思います。全く困った状況です。

金正日、国際法廷へ

116955171415618334顔は隠しても、涙は隠せず…北朝鮮人権告発女性

米国の北朝鮮人権特使指名者「中国に脱北者の強制送還中止するべきだ」

eefe5e38.jpg











米国の北朝鮮人権特使指名者「中国に脱北者の強制送還中止するべきだ」
 
NOVEMBER 07, 2009 09:06

 

「北朝鮮は、世界で最悪の人権侵害国家です。私が特使に就任すれば、中国政府に脱北者を強制送還しないよう求める考えです」

 

オバマ米政権で北朝鮮人権問題担当の特使に指名されたロバート・キング氏は5日(現地時間)、ワシントンの上院承認公聴会で、「上院で承認されれば、脱北者を助ける効果的な方法を講じる」と述べ、このように明らかにした。キング氏は、「中国政府は国連難民条約の当事国であり、脱北者を追放したり北朝鮮に強制送還してはならない。亡命を希望する脱北者に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の接近を許可しなければならない」と強調した。

 

また、「北朝鮮内へ外部情報を届ける取り組みを強化し、北朝鮮住民の人権を保護するために、対北朝鮮放送を拡大する計画だ」と述べた。さらに「04年に北朝鮮人権法が通過した後、脱北者93人が米国に定着した。特使に就任すれば、脱北者の米国の定着と亡命希望者が保護されるよう国際社会だけでなく域内の国家とも協力する」と話した。

 

とくにキング氏は、「米国政府は、韓国人の戦争捕虜や拉致被害者だけでなく、日本人拉致被害者の問題についても継続して関心を持つ。この問題の解決に向けて努力する米国のパートナーを積極的に支援する」と強調した。

 

キング氏は、04年の「北朝鮮人権法」発議に積極的に関わった。米下院の慰安婦決議案の可決に貢献した代表的な知韓派である故ラントス下院外交委院長の補佐官を務めた。同日の公聴会には、ジョン・ケリー上院外交委院長やリチャード・ルガー上院議員、ハワード・バーマン下院外交委院長らが出席し、キング氏を支持する発言をした。


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2009110779108

【コメント】
キング氏の発言はとても評価します。
ただ現実にアメリカの北朝鮮政策は
融和姿勢になっていますので
しっかりとした対応が求められます。

パン・ギムン事務総長、沈黙は禁物!?

erp0908200848001-n1
パン・ギムン事務総長、沈黙は禁物!?

一部では「民間人の保護だけに没頭」と反発

 国連のパン・ギムン事務総長による「物静かなリーダーシップ」スタイルが国際社会で問題となっている。

 

 5年任期の半分を終えたばかりのパン事務総長に対して最近、欧米のマスコミが批判を強めている。その理由は、腰をかがめて独裁者たちと対話を行うスタイルだ。つまり、国連事務総長は道徳的権威を持って独裁者たちと渡り合わねばならないにもかかわらず、パン事務総長のスタイルはこのような国連事務総長の職務とは根本的に相いれないということだ。国際紛争への介入が常に遅すぎることも、非難を受ける理由の一つだ。パン事務総長のリーダーシップ問題は、最終的に「再任に値する人物かどうか」を判断する材料となるだけに注目が集まる。

 

 ワシントン・ポスト紙は1日付1面に、「独裁者に対する物静かな外交が不協和音を呼び起こす」という見出しの記事を掲載した。その内容は「パン事務総長は独裁者による残酷な行為に対して沈黙することが多く、そのため国連を醜悪な妥協の舞台にしてしまったという非難に直面している」というものだ。パン事務総長はミャンマー軍事政権トップのタン・シュエ国家平和発展評議会議長、ダルフールでの民間人虐殺容疑で国際刑事裁判所に起訴されたスーダンのオマル・アル・バシール大統領、内戦中に民間人を無差別に殺傷したとして非難を浴びているスリランカのラジャパクサ大統領らと会ったが、特別な成果は得られなかっただけでなく、逆に国連事務総長の権威をおとしめたというわけだ。国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチのケネス・ロス事務総長は、「パン事務総長のイメージは、主に独裁者たちと席を共にしているというものだが、だからといって得たものは何もない」と激しく非難している。

 

nn20090301a3a
 同紙だけではない。「パン事務総長は再選を望んでいるが、一部ではそのような資格があるのか疑いの目が向けられている」(エコノミスト誌)、「米国の機嫌をうかがうだけの最も危険な韓国人」(フォーリンポリシー誌)、「国連では会うことのできない人物」(ウォールストリート・ジャーナル紙)など、数々の批判を浴びている。とりわけ今年7月初めには多くの批判を浴びながらもミャンマーを訪問し、軍事政権トップのタン・シュエ議長に会った。しかしアウン・サン・スー・チー氏を解放させるどころか、面会さえできなかったことで、批判はさらに強まった。

 

 ノルウェーのモナ・ユル国連次席大使は本国に提出した報告書で、「パン事務総長はスリランカやミャンマーなどで起こった国際紛争にしっかりと対処できなかった。決断力がなく、カリスマ性に欠ける指導者だ」と激しく非難した。

 

 しかしパン事務総長は、これらの非難は公平ではないと反論している。パン事務総長は派手な修辞を並べ立てる政治家ではなく、実際に仕事を行う「外交官」のような国連事務総長が必要と主張する。パン事務総長は昨年5月にミャンマーの軍事政権を説得し、50万人に上るとされるサイクロン被災者に対する救援を行い、2007年にはスーダンのオマル・アル・バシール大統領に圧力を加え、国連平和維持軍のダルフール駐屯に同意させた。英国のソワーズ国連大使は「スリランカ内戦当時にパン事務総長は米国、中国、ロシア、インド、欧州各国などどこの国の政府よりも、民間人保護のために積極的に動いた」と評価している。

 

 パン事務総長は今も国連で最も影響力のある米国、中国、英国などの強大国から支持を受けている。しかしそのリーダーシップに対する見方と再任に関しては、残り半分の任期中にいかに具体的な成果を引き出すかに左右されそうだ。

 

ニューヨーク=朴宗世(パク・ジョンセ)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/news/20090903000017

【コメント】
パン・ギムン国連事務総長の批判ですね。
このところよく批判記事を見ます。
まあ国連自体がなかなか機能しにくい
状況ですから仕方ないですね。

「地味で口べた」? 潘国連事務総長を欧米メディアが酷評

10127026_020606「地味で口べた」? 潘国連事務総長を欧米メディアが酷評

  • 2009年07月25日 16:18 発信地:ニューヨーク/米国

【7月25日 AFP】1期目の任期の折り返し地点を迎えた国連(UN)の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長(65)が、「仕事の成果が上がっておらず、パッとしないし、コミュニケーションを取るのが下手」と酷評されている。
 
 ダルフール、スリランカ、ミャンマーが危機的状況に陥った際、潘事務総長は対応の対応に不手際があったとして非難の集中砲火を浴びた。攻撃したのは主に欧米のメディアで、米ウォールストリート・ジャーナル(
Wall Street JournalWSJ)紙は前週掲載した記事で事務総長を「国連の透明人間」と評した。

 最近、事務総長はミャンマーを訪問したが、これも批判の火に油を注ぐ結果となった。同国の民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー(
Aung San Suu Kyi)さんの解放を要請する声明が無視された上、スー・チーさんとの面会さえ拒否されてしまった。こうなった原因は潘氏の「物静かな外交スタイル」にあると、批判者たちはみている。

■コミュニケーション能力不足?
 
 ワシントンD.C.(
Washington D.C.)で活躍するある人権問題専門家は、潘氏が各国政府に遠慮しすぎているし、人権を擁護するため国際社会をリードするより安保理常任理事国(米英仏露中)の意見に従うことを好んでいると指摘する。

 また国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(
Human Rights Watch)の広報担当者は、潘氏が、スリランカやミャンマーの国内紛争の際に世界人権宣言を支持する姿勢を示さず口をつぐんだままだったと批判している。

「コミュニケーション能力は事務総長に求められる資質の1つだ」と、元国連関係者で現在はワシントンD.C.のシンクタンクに所属するアビオダン・ウィリアムズ(
Abiodun Williams)氏は話す。「行動が言葉より雄弁な場合もあるが、やはり言葉は重要だ。国連が多くの分野で担う重要な役割についてのメッセージが十分効率的に伝えられていない」

 柔らかな語り口の潘氏は、コフィ・アナン(
Koffi Annan)前事務総長のようなカリスマ性に欠けると評する人もいる。だが、潘氏の側近たちは、こうした批判を不当なものとみており、「事務総長は礼儀正しく誠実でとても仕事熱心だ」と擁護する。

 そうした1人、潘氏のアドバイザーのニコラス・ヘイソン(
Nicholas Haysom)は、潘氏にカリスマ性がないと言われているのは「まったくの誇張だ」と話す。事務総長がズバズバ発言していないとか目立ったことをしないというのは、明らかに事実とは違うという。「人道的な危機や紛争が起きた場合、事務総長は極めて積極的に動いている。そのことが必ずしもすべて報道されていないというのが事実だ」

■母語でない英語で苦労

 潘事務総長が英語で苦労していると指摘する声も多く上がっている。英語が母語でないためスピーチ原稿をそのまま読んでいたり、不自然だったり、退屈だという印象を与えている場合もあると話す潘氏の広報担当者は「潘事務総長は欧米ではなじみのないやり方でコミュニケーションを取っている。この点に異文化間のギャップがあると思っている」と語る。

 潘氏のスタッフであるロバート・オール(
Robert Orr)氏は「英語はハンディキャップではあるが致命的な欠点ではない。彼は過去に外相を務めた経験から、直接の対話を重視しており、一対一での対話では率直にはっきり物を言う」と述べている。

 オール氏はまた、潘氏の功績は、気候変動、地球規模の健康の取り組み、食糧問題といった21世紀の問題を国連の重要課題にすえたことだと強調する。

 国連と米議会との関係も、潘氏のおかげでかなり改善され、その結果、前年のような国連分担金の延滞問題もなくなり、米議会で国連を非難する声も減っているという。(c)AFP/Gerard Aziakou

http://www.afpbb.com/article/politics/2624372/4394395


【コメント】
潘基文事務総長に対する厳しい意見が目立ちますね。
かれは韓国では優秀な職業外交官だったようです。
国際社会での人権擁護にさらに取り組んで欲しいですね。

米女性記者拘束:米国で解放求める集会相次ぐ

ブログネタ
親から受け継ぎたいことを教えて! に参加中!

米女性記者拘束:米国で解放求める集会相次ぐ
 
北朝鮮が中朝国境付近で身柄を拘束した米国人女性記者二人を、裁判にかけるという方針を表明したのを受け、米国各地で記者たちの解放を求める集会が開かれる見通しだ。先月、中朝国境付近で脱北者の取材を行っている最中に身柄を拘束された、ユナ・リー記者(韓国系)とローラ・リン記者(中国系)の家族や知人たちは28日、所属している米サンフランシスコのケーブルテレビ局「カレントTV」の本社前で、北朝鮮を非難し、事件の早期解決を訴える集会を開く予定だ。ジャーナリストとして活躍しているリン記者の姉リサ・リンさんは、メディアのインタビューに対し「北朝鮮に拘束されている二人の記者の家族たちは、今が非常に困難でデリケートな時期だけに、心の中にろうそくの灯をともして祈っている」と述べた。
c71a7676.jpg

 

 一方、ワシントンで行われている「北朝鮮自由週間」のイベントでも、二人の記者の解放を訴えるという。イベントの参加者たちは28日、米国議会議事堂前で集会を開くとともに、29日には北朝鮮人権委員会の記者会見で、記者の身柄拘束に対し国際社会が関心を寄せるよう訴える予定だ。

 また、ジャーナリストによる非政府組織(NGO)の「国境なき記者団」(RSF)は今週、二人の記者の解放を求める請願書を、北朝鮮の国連代表部に送付する方針を打ち出した。

ワシントン=李河遠(イ・ハウォン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

89866af8.jpg






【コメント】
今、アメリカは北朝鮮自由週間です。北朝鮮関係の様々なイベントが
行われているようです。イランにしても北朝鮮にしても
一刻も早い記者の解放が待たれますね

打ち上げ成功「真っ赤なウソ」…韓国の脱北者団体がビラ撒布

96df9038.jpg

打ち上げ成功「真っ赤なウソ」…韓国の脱北者団体がビラ撒布

北朝鮮に向けて飛ばすビラ入りの巨大風船を準備する脱北者ら(韓国北西部・臨津閣で)=ロイター

 【ソウル=前田泰広】韓国に住む脱北者らでつくる民間団体「自由北韓運動連合」は15日、南北軍事境界線に近い韓国北西部・臨津閣(イムジンガク)から北朝鮮に向けて、巨大風船でビラ10万枚を飛ばした。

 金日成(キムイルソン)主席の生誕97年記念日に合わせて実施したもので、弾道ミサイル発射に失敗した事実を知らせ、金正日(キムジョンイル)総書記に反旗を翻すよう労働党幹部に呼びかけた。

 ビラでは、人工衛星打ち上げに成功し、金主席や金総書記をたたえる歌が地球に送信されているとの北朝鮮の主張に対し、「真っ赤なウソだ」と指摘。北朝鮮が「人工衛星」と称する「光明星(クァンミョンソン)2号」は「太平洋に落ちた」と書き込んだ。

 また、ビラは、トウモロコシ200万トンに相当する3億ドル(約300億円)ともされる巨費をミサイル発射に投じたことにも触れ、「人民の食糧を買うことを考えていない」「金正日の側に立って、住民らの人権や自由を弾圧している」と労働党幹部を批判。「ウソと暴力は真実に勝てない。あなたたちの生きる道は金正日を批判し、打倒することだ」と強調した。

2009年4月15日20時25分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090415-OYT1T00794.htm?from=navr

【コメント】
風船ビラですね。これは一定の効果が有るみたいですね。
特に北朝鮮のような情報統制国家では口コミが一番力が
有るみたいですね。今後、私たちも風船ビラを応援していきたいと
思います。

ユーチューブ韓国版に機能制限 動画投稿や書き込み不可に

efdd4cdf.jpg

ユーチューブ韓国版に機能制限  動画投稿や書き込み不可に

 【ソウル11日共同】米検索大手グーグルの韓国現地法人は11日までに、グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」韓国版に関し、機能を制限して動画のアップロードや書き込みをできなくしたと発表した。

 インターネットを通じた「サイバー暴力」の被害が深刻な韓国では、今月からネット利用時に実名を義務化する制度の適用範囲が拡大され、ユーチューブも利用者の本人確認を行う必要が生じた。しかし韓国現地法人は米本社と協議し、「匿名性が前提になった表現の自由」が重要として拒否。代替策として今回の措置を決めた。

 ただ、ユーチューブには20以上の国・地域版があり、韓国内からでも他国・地域版に入り動画投稿や書き込みを行うことが可能なため、利用者に大きな影響は出ないとみられている。

 韓国メディアによると、これらの国・地域のうち、ネット実名制が広範囲に行われているのは韓国だけという。

 韓国では国民的人気女優だった崔真実さんが昨年10月に自殺。「ネット上のうわさが引き金」と伝えられたこともあり、規制強化の論議が活発化し、今年初めに情報通信法施行令が改正。実名制の適用範囲が、アクセス数の極めて多い一部サイト以外にまで広げられた。

http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009041101000195.html

【コメント】

またまたYOUTUBUでの問題です。先頃、発表された国境なき記者団の
「インターネットの敵」でも韓国は監視対象国でした。ネット上の誹謗から
自殺した女優の件が大きな問題になっています。だからと言って言論を
規制してよい事にはなりません。私のスタンスは国境なき記者団の
メナール元事務局長の「責任を持った言論はポルノも保護されないといけない」
「規制は重大な結果を生む」と言う意見に賛成です。

国内北朝鮮向け放送業者にEUなど4億ウォン支援

a55d436e.jpg

国内北朝鮮向け放送業者にEUなど4億ウォン支援

3月24日15時41分配信 YONHAP NEWS


【ソウル24日聯合ニュース】欧州連合(EU)と国境なき記者団が、韓国の民間北朝鮮向け放送3社に3年間で4億ウォン(約2800万円)の財政を支援する。国境なき記者団のジャンフランソワ・ジュリアール事務局長が24日、ソウル・プレスセンターで自由朝鮮放送、開かれた北朝鮮放送、自由北朝鮮放送の3社代表らと援協約式を行った。
 北朝鮮向け放送代表らは協約式後、放送効率化のための討論会を開き、韓国政府に対し、国内周波数を割り当て国内向けの放送送出ができるようにすべきだと促す予定だ。国内の民間北朝鮮向け放送は現在、海外送信局を通じ、ラジオ放送を行っており、費用が高い上に電波が弱いとして支援を求めているが、政府は南北関係悪化を懸念し、直接の支援を避けているとされる。

 自由朝鮮放送のイ・グァンベク共同代表は、討論会資料を通じ「北朝鮮内部に変化と改革の要求を起こさせる最も現実的な方法は、外部情報を北朝鮮内に伝え、住民自らが社会の問題点を認識できるようにすること」だと指摘。これを可能にするのが北朝鮮向けラジオ放送だと主張した。

 開かれた北朝鮮放送のハ・テギョン代表は、民間北朝鮮向け放送を強化する場合に予想される北朝鮮の反発を最小化するため、韓国政府がまず南北間の放送開放を宣言し、その第1段階措置として、北朝鮮の韓国向け放送に対する電波妨害の中断を宣言することを提案した。北朝鮮は対韓国工作をすべてインターネットを通じ行っており、韓国内で北朝鮮の韓国向け放送を聞く人もほとんどおらず、韓国向け放送の電波妨害は実効性がないと指摘。これを中断し、その予算で民間の対北朝鮮放送を支援するよう主張した。

 また、北朝鮮向け放送が可能な短波は4つ空いており、政府の意志さえあれば国内送出が可能だとし「李明博(イ・ミョンバク)大統領は昨年4月の訪米で米議員らと会合し、民間北朝鮮向け放送の国内送出を認めると約束しており、約束は履行すべきだ」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090324-00000041-yonh-kr

【コメント】
国境なき記者団が北朝鮮へのラジオ報道を行っているNGOに
EUとともに支援をしたようです。北朝鮮へのラジオ放送は
韓国以外からも日本やアメリカからも行われています。
少しでも効果が出れば良いのですが

北朝鮮の人権状況「深刻」 韓国が国連で改善促す

0b256b15.jpg

北朝鮮の人権状況「深刻」 韓国が国連で改善促す

2009.3.4 11:48

 韓国外交通商省の申●(=王へんに玉)秀第2次官は3日、ジュネーブでの国連人権理事会で演説、北朝鮮の「極めて深刻な人権状況への国際社会の深い憂慮に共感する」と述べ、北朝鮮に対し人権改善に必要な措置を取るよう促した。同省が4日発表した。

 韓国政府は人類の普遍的価値に基づいた要求との立場だが、李明博政権への非難を続ける北朝鮮の反発が予想される。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090304/kor0903041149003-n1.htm

【コメント】
昨年、韓国が保守政権になりました。今までの10年に左派政権よりは
人権問題に熱心なようですので期待を持ちたいですね。

「北朝鮮向けビラまき団体は売国団体」

「北朝鮮向けビラまき団体は売国団体」
民主党報道官の発言が問題に

 民主党の崔宰誠(チェ・ジェソン)報道官は26日、北朝鮮に向けて今後もビラを飛ばすことを決めた脱北者団体「自由北韓運動連合」に対して「売国団体」と発言し、問題となっている。

 

 崔報道官は「自由北韓運動連合の会員らは(脱北後に)韓国で温かく迎え入れられた人たちだ。それなのに韓国の国益にマイナスとなり、また国民感情とも反するこのような行為を続けている。これではいつか国民は彼らを見捨てるだろう」「彼らは保守団体とは言えない売国団体だ」などと発言した。さらに「韓国でこのようなとんでもない行為を続けさせ、問題を大きくさせるために温かく迎え入れたわけではない」と語った上で、「当事者たちは国民の意向を受け入れ、ビラまきを自ら中止すべきだ」「政府による直接間接の保護なしに、このような無理な行動を続けることはできないはずだと国民もいぶかしがっている」と述べた。

 

 これについてハンナラ党の尹相(ユン・サンヒョン)報道官は「これらの民間団体は北朝鮮の人権改善と民主主義発展のために努力する愛国団体だ。称賛しないどころか売国団体と決めつける民主党はどこの国の政党か」「強い情熱は理解できるが、今は南北関係に不必要な対立を起こす行動は自制すべきだ。民間団体もより大きな観点から戦略的思考を行うよう重ねてお願いしたい」と述べた。

 

キム・ミンチョル記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


http://www.chosunonline.com/article/20081127000007

崔宰誠議員vs脱北者団体の「売国奴」論争

 北朝鮮に向けてビラを飛ばしている団体を「売国団体」と呼んで物議を醸した民主党の崔宰誠(チェ・ジェソン)スポークスマンが、今度は当の団体と「売国奴」論争を繰り広げた。

 

 崔スポークスマンは1日、記者会見で「ビラのばらまきをやめない限り、“自由北韓運動連合”で活動する一部の脱北者たちは“売国奴”という批判を免れないだろう。意地を張るということは、国益を損ねる行為もためらわないということだ」と述べた。また、「彼らは真の大韓民国の国民になったといえるのか。ビラのばらまきをやめるよう求める政府の要請を受け入れ、新たな出発を図ることを切にお願いする」と語った。一方、韓国進歩連帯など、ビラのばらまきに反対する団体は2日午前、「自由北韓運動連合」などがビラをばらまく現場へ出向き、ばらまきを非難する記者会見を行う予定であることが分かった。

 

 これに対し「自由北韓運動連合」は、自分たちを「売国団体」と決めつけた発言を問題にし、先月28日に崔スポークスマンを名誉棄損の容疑で告訴するとともに、「常に金正日(キム・ジョンイル)の側についてきた崔宰誠と民主党こそ、天下に名をとどろかせる売国集団だ」と非難した。

 

鄭佑相(チョン・ウサン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/article/20081202000015

ひどい話ですね。人権よりも北朝鮮との友好関係を
重視するひどい発言ですね。まったく怒り心頭の記事ですね。
人間の命を何だと思っているでしょうね??
Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 日本へ入国拒否されたナタリア・ポクロンスカヤ露下院議員 クリミア紛争の制裁絡みか!?
  • アフリカの最悪の人権侵害国家エリトリアの悪夢
  • トルコのシリア侵攻問題でロシアの反対で機能不全に陥った国連安全保障理事会
  • シリアに侵攻したトルコ軍が民間人を大量処刑へ 国際社会から批判が激しい批判が出る
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ