残虐な人権侵害−決して見逃さない

個人の尊厳と基本的自由をまもり 世界のリーダーたちに、行動を よびかけるために時代の目撃者として 人権と報道の自由を訴えてる ための情報発信をしていきます。 ヘイトスピーチに反対します。 個人の人権が尊重される寛容な社会を目指します。 (東アジア報道と人権ネットワーク・East Asia report Human Rights Network 公式サイト)

Roxana

新刊の紹介

124568576278916422416_15saberiblog_20090623004922











昨年、イランで拘束され解放された日系アメリカ人とイラン系アメリカ人の家系の出身の
ロクサナ・サベリ(Roxana Saberi )さんが著作を出されました。まだ英語版ですが早速、購入して読んでいます。
Between Two Worlds: My Life and Captivity in IranBetween Two Worlds: My Life and Captivity in Iran
著者:Roxana Saberi
販売元:Harper
発売日:2010-04-01
クチコミを見る


APPEL DE ROXANA SABERI - Reporters Sans Frontières 2010

ブログネタ
サッカー日本代表を応援しよう! に参加中!

昨年、イランで拘束された日系アメリカ人の
ロクサナ・サベリさんの国境なき記者団での
インタビューです。昨年のこのブログでも救援を
呼びかけしましたので解放されて良かったと思います。

イランで釈放された日系米国人記者サベリさん、米国に帰国

7ce4d883.jpgイランで釈放された日系米国人記者サベリさん、米国に帰国

  • 2009年05月23日 09:18 発信地:ワシントンD.C./米国

    【5月23日 AFP】スパイ活動を行ったとしてイランの裁判所で禁固8年の判決を受けた後、執行猶予付きの禁固2年に減刑されて前週釈放された日系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリ(
    Roxana Saberi)さん(32)が22日、米国に到着した。

     釈放後サベリさんは、家族や友人らととともにオーストリアのウィーン(
    Vienna)を訪れていた。

     警官2人に付き添われて米バージニア(
    Virginia)州のダレス国際空港(Dulles International Airport)に降り立ったサベリさんは、友人に「米国に戻れてとてもうれしい」と語ったという。

     到着後、サベリさんは記者団に支援したすべての人に感謝の言葉を述べた。特にバラク・オバマ(
    Barack Obama)米大統領とヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官の2人は具体的に名前を挙げて謝意を表した。

     サベリさんの母親はAFPの取材に応じ、「まだ夢の中にいるようだ」と語った。

     サベリさんは米国のためにスパイ行為を行った容疑で起訴され1月からイランの刑務所に収容され、4月に禁固8年の判決を言い渡された。過去に例を見ないこの厳しい判決が下されたのは、オバマ米大統領がイラン政府に直接対話を提案した数週間後のことだった。この事件は米国で大きな反響を呼び、人権団体は強い懸念を示していた。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2604949/4180371

【コメント】
サベリさんが帰国できて本当に良かったです。
日本国内で関心や支援をして頂いた方に
本当に感謝です。ただ、イランの人権状況が
改善した訳では有りませんので今後もイランの人権問題も
問題にしていきたいです。

イランの米記者拘束事件 続報

ブログネタ
親から受け継ぎたいことを教えて! に参加中!

イランで禁固判決の日系記者、ハンストで衰弱状態に=父親

2009年 04月 27日 16:32 JST
 

 [テヘラン 27日 ロイター] イランでスパイ活動をしたとして禁固8年の有罪判決を受けた日系米国人記者、ロクサナ・サベリさん(32)は、約1週間前から始めたハンガーストライキのために衰弱しつつあることが分かった。ロクサナさんの父親が27日、明らかにした。

 ロクサナさんの両親は26日に、テヘランの拘置所でロクサナさんと面会。32歳の誕生日プレゼントとして花を手渡したという。

 父親のレザさん(68)は、ロイターに対し「娘は極めて弱っており、ひどい状態。立ち上がることすら難しい。彼女の命が心配だ」と話した。

 レザさんがハンストをやめるように言うと、ロクサナさんは話し合いを拒否。ロクサナさんは21日からハンストを始めたという。

 またレザさんは、ロクサナさんの控訴審手続きが、27日にも始まる可能性があると語った。
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-37720220090427

f99486eb.jpg









イランで禁固判決のサベリさん、解放願い両親が誕生パーティー

  • 2009年04月27日 12:35 発信地:テヘラン/イラン

 イランの首都テヘラン(Tehran)で、スパイ罪で禁固8年の有罪判決を受けたイラン系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリ(Roxana Saberi)さんの32歳の誕生日の前夜にあたる25日、娘の解放を願い、バースデーケーキに灯したろうそくを吹き消す両親のレザ・サベリ(Reza Saberi)さん(左)とアキコ(Akiko Saberi)さん。

 父親のレザさんによると、ロクサナさんがハンガーストライキを始めてから5日目になるという(2009年4月25日撮影)。(c)AFP/BEHROUZ MEHRI

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2596496/4075098

04322bbc.jpg














ロクサナ・サベリの裁判は、公正な裁判の基本的要件を満たしていない
April 20, 2009    (ヒューマン・ライツ・ウォッチリリースより)

11週間に及ぶサベリの拘束と1日で終わった裁判には、透明性が完全に欠如しており、不当だ。イランのお粗末な裁判基準によっても、茶番にすぎない。

ジョー・ストーク、ヒューマン・ライツ・ウォッチの中東副局長

(ニューヨーク)−イランの裁判所は、ジャーナリストのロクサナ・サベリに対し、スパイ容疑で有罪判決を言い渡したが、この裁判は、サベリの弁護人に準備の機会や適切に弁護する機会を与えない拙速な非公開裁判だった、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。2009年4月18日、イランの裁判所は、サベリに禁固8年の刑を言い渡した。

「11週間に及ぶサベリの拘束と1日で終わった裁判には、透明性が完全に欠如しており、不当だ」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチの中東副局長ジョー・ストークは述べた。「イランのお粗末な裁判基準によっても、茶番にすぎない。」

イラン当局は、ナショナル・パブリック・ラジオとABCラジオに所属するフリーランス ジャーナリストであるサベリ(31歳)に対する容疑は、ジャーナリスト活動を装った米国政府のためのスパイ活動であるとした。

イラン政府は、1月30日、酒の購入容疑でサベリをテヘランで逮捕した、とサベリの父親はヒューマン・ライツ・ウォッチに語った。イラン政府は、サベリが家族や弁護士に連絡することを2週間近く拒否。ノース・ダコタに住む家族に監視つきの短い電話をかけることがサベリに許されたのが2月10日だった。次の2週間、イラン政府は、外部との接触を一切許可しなかった。そして3月1日、家族はサベリが拘束されている事実を公表。それから数日して、家族は、サマド・コラムシャヒ(Samad Khorramshahi)弁護士をサベリの弁護人につけた。弁護士がサベリに初めて面会できたのは3月8日だった。

イラン革命裁判所次席検事は、4月8日、サベリの容疑がスパイ容疑であることを発表。その後、4月14日の裁判のたった数日前、彼女の逮捕から実に10週間以上経過して初めて、弁護士は、正式に起訴状を渡された。

イラン法と刑事訴訟手続は、イランの政府当局に対し、逮捕後24時間以内に容疑事実を被疑者に告知することを義務付けている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。

「公開の裁判を受ける権利そして適切な弁護を受ける権利は、公正な裁判の基本的な要件だ」とストークは述べた。「イラン革命裁判所は、サベリにそのどちらをも与えなかった。」

サベリの弁護人は、判決に対して上訴する方針であると明らかにした。

http://www.hrw.org/en/news/2009/04/20-1




こちらがアムネスティUSA支部のロクサナさんの釈放を求めるアクションのページ

http://takeaction.amnestyusa.org/siteapps/advocacy/index.aspx?c=jhKPIXPCIoE&b=2590179&template=x.ascx&action=12176


ニュースリリース (日本語)
イラン : ロクサナ・サベリは米・イランの政治的緊張ゆえの人質
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=641


緊急行動(UA) 英語のみ
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2343&sel_lang=english


http://blog.qlep.com/blog.php/ai152hannah?categ=3&year=2009&month=4&mesid=260554


http://blog.qlep.com/trackback/receive.php/124196/260554
【コメント】
ロクサナ・サベリさんはハンストをやっているようですが
体が非常に心配です。国際社会の早急な対応が求められますね。

イランの米記者拘束事件 続報

ブログネタ
あなたの会社や学校の「奇妙なルール」は? に参加中!
5e622249.jpg

ノーベル平和賞エバディさん、米記者の弁護人に イラン
 

(CNN) イラン革命裁判所がスパイだとして禁固8年の判決を言い渡したイラン系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリさんの弁護団に、2003年にノーベル平和賞を受賞したイランの人権活動家シリン・エバディさんが加わった。

 

エバディさんはイランで民間の人権擁護センターを主宰している。エバディさんは22日にCNNに対し、サベリさんの父親の要請で、控訴審の弁護を承諾したことを明らかにした。

 

一方、イランのシャハルディ司法府代表は、控訴審を公正かつ迅速に実施するよう司法府に指示した。

 

サベリさんの釈放はオバマ米大統領などがイラン当局に強く求めており、有力黒人指導者ジェシー・ジャクソン師もイランに渡航して釈放を要請する意向を示している。

 


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200904230024.html



イラン、日系記者の解放求め書簡  婚約者の映画監督

 【テヘラン23日共同】イランの革命裁判所がスパイ罪で禁固8年の実刑を言い渡した日系米国人記者ロクサナ・サベリさん(31)について、2000年にカンヌ映画祭の新人賞を受賞したイラン系クルド人の映画監督、バフマン・ゴバディさん(40)が、自らが婚約者であることを明かし、サベリさんの解放を求める公開書簡を発表した。AP通信などが23日までに伝えた。

 「沈黙を守ったのは彼女のため。きょう私が話すのも、彼女のた04322bbc.jpgめ」と始まる書簡で、ゴバディさんは、米国への帰国を望んでいたサベリさんを、自らが撮影中の映画が完成するまで引き留めたことを吐露。イランについての本の執筆に没頭していたサベリさんが、スパイ行為にかかわっていないことは「彼女を知る誰もが分かっている」と無実を訴えた。

 イランと米国の二重国籍を持つサベリさんを「政治ゲームに巻き込まないでほしい」とし、「日本人の瞳を持ち、米国の身分証明書を持つイラン人が獄につながれている」と釈放を求めた

http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042301000506.html

ジャクソン師がイラン渡航の意向 米記者の釈放要請で

(CNN) 米有力黒人指導者のジェシー・ジャクソン師は21日、イラン革命裁判所がスパイだとして18日に禁固8年の判決を言い渡したイラン系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリさんの釈放を要請するため、イランに渡航する意向を表明した。

 

ジャクソン師はマレーシアの首都クアラルンプールで開かれた平和関連会議で、「もし今日イランに対して声を上げるなら、わたしは代表団ともにイランを訪問し、許されるなら(サベリさんの)釈放を求めたい」と語った。

 

同師はまた、これまでにシリアやキューバ、イラク、ユーゴスラビア、リベリアで米国人の人質解放を支援した際に「外交の扉が開かれ、緊張が緩和された」と指摘した。

 

一部報道によると、ジャクソン師は既にイラン入国査証を申請した。サベリさんをめぐってはオバマ米大統領やヒラリー・クリントン米国務長官もイラン当局に釈放を求めたが、同師は米政府とは無関係に人道支援としてイランに働きかける方針だとしている。

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200904220017.html


【コメント】
各地から救援の声が出ているようです。
昨日、私たちの会でも緊急の役員会を
開催して、この問題でなんだかのアクションを
しようと言う事になりました。

イラン拘束記者続報

ブログネタ
昨年の「母の日」のプレゼントは、なに? に参加中!
e9d732a3.jpg

スパイ容疑「考えられない」 イラン拘束記者の邦人母

2009年4月22日 10時06分

 21日、テヘランでロクサナ・サベリさんについて語る母明子さん(共同)

 【テヘラン22日共同】イラン当局が日系米国人フリーランス記者ロクサナ・サベリさん(31)の身柄を拘束、スパイ罪で革命裁判所が禁固8年の実刑判決を言い渡した問題で、母親の明子さん(63)=米国在住日本人=が21日、テヘランで共同通信のインタビューに応じ、20日に面会したというロクサナさんのスパイ容疑に対し「考えられない」と否定した。

 明子さんが日本メディアの取材に応じたのは初めて。日本語で答え「娘は気丈に振る舞い、われわれのことも気遣ってくれた。しかし無事解放されるまで不安は消えない」と語った。

 ロクサナさんとは今年1月末から連絡が途絶え、2月に本人から米中西部ノースダコタ州の自宅に「自分の居場所がどこか分からないが、逮捕された」と電話があったという。イラン人の夫レザさん(67)とイランに入国した明子さんは4月6日に初めて面会。両親の入国を知らなかったロクサナさんは驚いた様子だったという。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009042201000198.html

日系米国人記者スパイ事件で「手続き正当」とイラン情報相

2009.4.22 00:34

このニュースのトピックス:イラン

 イラン学生通信によると、モホセニエジェイ情報相は21日、同国の革命裁判所がスパイ罪で禁固8年の実刑判決を言い渡した日系米国人記者のロクサナ・サベリさん(31)が「イランのパスポートで入国し、逮捕に際してもイラン人ではないと主張しなかった」と述べ、イラン人として正当な法的手続きを進めていると主張した。

 サベリさんは米国とイランの2重国籍。米側はサベリさんが米国人でスパイ容疑に根拠がないとして、早期釈放を要求している。

 情報相はまた、事件の捜査は「治安とスパイ対策の専門家が行った」と述べ、当初イランで違法とされるワイン購入が逮捕のきっかけだったとする報道を間接的に否定した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090422/mds0904220035000-n1.htm

f99486eb.jpg

イラン司法当局、日系米国人記者の判決見直しを示唆

  • 2009年04月22日 07:07
    【4月22日 AFP】国営イラン通信(
    IRNA)は21日、同国の司法当局者が、米国のためにスパイ行為を行ったとして日系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリ(Roxana Saberi)さん(31)が受けた禁固8年の判決を控訴裁判所が見直す可能性を示唆したと報じた。

     これによると司法当局の
    Ali Reza Jamshidi報道官は、「判決は控訴裁判所で見直されるだろう」と述べたという。一方、サベリさんの弁護士は21日、AFPに対し、今週末に上訴すると述べた。

     米国の美人コンテストで優勝したこともあるサベリさんは、米国のためにスパイ行為をはたらいたとしてイラン革命裁判所に起訴され、非公開裁判で禁固8年の判決を言い渡されていたことが、18日に明らかになっていた。

     バラク・オバマ(
    Barack Obama)米大統領は19日、サベリさんはいかなるスパイ行為にも関与していないと強く信じていると述べ、サベリさんの釈放を求めていた。(c)AFP/Hiedeh Farmani

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2594566/4057868

【コメント】

私たちも連日、この問題を取り上げあげています。
控訴審では一定の良い方向の道があるように
思います。東京新聞のお母様の気持ちは
本当に伝わるものがあります。
日系の方ですから日本政府の動きに期待を
持ちたいです。

イランの米記者拘束事件 続報

ブログネタ
テレビは1日何時間くらい見ますか? に参加中!
f99486eb.jpg日系米国人記者控訴審、イラン司法府「公正・迅速に」

 【ドバイ=松尾博文】イランの司法府代表を務めるシャハルディ師は20日、スパイ活動の罪で有罪判決を受けた日系米国人ジャーナリストのロクサナ・サベリさん(31)の控訴審について、担当する裁判所が「慎重、公正で迅速」に判断するよう命じた。司法府が声明で明らかにした。

 サベリさんは取材活動を通じて得た情報を米政府に流したなどとして、18日に禁固8年の有罪判決を受けた。これに対し、オバマ米大統領が「スパイ行為に関与していないと確信している」と述べて事態を重視、オバマ政権誕生をきっかけとする関係改善の機運を妨げかねない問題に発展しつつある。

 サベリさんをめぐるイラン側の強硬姿勢には、司法界に影響力のある対米関係改善に批判的な保守派勢力の意向が働いている可能性がある。これに対し、アハマディネジャド大統領は19日にはサベリさんの「公正な扱い」を求める書簡を司法当局に送り、事態の沈静化を探る構えを見せている。(00:45)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090420AT2M2003F20042009.html

 本文です

イランの米記者拘束事件、ノーベル平和賞受賞者が弁護人に

 【テヘラン=久保健一】イラン革命裁判所から「スパイ罪」で禁固8年の判決を受けた日系米国人記者、ロクサナ・サベリさん(31)の弁護人に、イランのノーベル平和賞受賞者で人権活動家のシリン・エバディさん(61)が就任する見通しとなった。


 エバディさん主宰の民間活動団体(NGO)「人権擁護センター」のナルゲス・モハンマディ副代表が21日、読売新聞に明らかにした。

 サベリさんの父、レザーさんが18日、要請し、エバディさんも同意したという。モハンマディ氏は「審理を非公開とするなど、違法な点が多い」と述べ、控訴審で捜査・裁判の合法性を争う考えを示した。

 2003年にイラン人として初めてノーベル賞を受賞したエバディさんは、1992年以来、イラン国内の人権弾圧事件などを担当した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090421-OYT1T00909.htm

 


米記者禁固刑:ノーベル平和賞受賞の弁護士ら弁護団結成へ

 【テヘラン春日孝之】イラン革命裁判所からスパイ罪で禁固8年の判決を言い渡された日系米国人の女性記者、ロクサナ・サベリ被告(31)に対し、ノーベル平和賞受賞者の人権派女性弁護士、シリン・エバディさんを中心とする4人の弁護団が結成される見通しになった。エバディ事務所が21日、毎日新聞に明らかにした。

 サベリ被告の有罪判決が明らかになった18日、被告の父親がエバディ事務所を訪れ、控訴審での弁護を要請したという。司法当局への手続きが済み次第、弁護団をつくり、「公正で透明な審理」を求めていく。イランと米国の対話機運が高まる中、事件は両国の外交問題に発展、オバマ米大統領も「即時釈放」を要請している。

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20090422k0000m030163000c.html

  Iran | 18.04.2009

Iranian-American journalist gets eight years on spying charge

   

Reporters Without Borders “firmly condemns” the eight-year prison sentence which a Tehran revolutionary court passed today on Iranian-American journalist Roxana Saberi on a charge of spying for the United States.

“This conviction was unjust under the Iranian criminal code and the sentence was severe,” Reporters Without Borders said. “Saberi’s lawyer was not with her when she appeared before the judges for the single hearing on 13 April. Coming as it does in the run-up to elections, this sentence is a warning to all foreign journalists working in Iran.”

The Saberi case is the latest example of how the Iranian authorities arbitrarily use spying charges to arrest journalists and tighten the gag on free expression.

Aged 31, Saberi has been detained ever since her arrest in Tehran in late January. The trial opened before a revolutionary court on 13 April and only one hearing was held, lasting a day. Her lawyer, Abdolsamad Khoramshahi, confirmed today to Reporters Without Borders that she has been convicted and sentenced and said he was going to appeal.

Saberi’s arrest was revealed by National Public Radio (NPR) in the United States on 1 March following a call it received from her father on 10 February. The day after the NPR report, the Iranian authorities confirmed she was being held in north Tehran’s Evin prison. On 2 March, foreign ministry spokesman Hassan Ghashghavi said she had been working “illegally” in Iran. Judicial authority spokesman Alireza Jamshidi said on 3 March that she had been “arrested on the order of the Tehran revolutionary court and is now in detention in Evin prison.”

Born and brought up in the United States, Saberi has an Iranian father who became a US citizen. She moved to Iran six years ago, working as a stringer for NPR from 2002 to 2006. She also worked for the BBC and Fox News. The Iranian authorities do not recognise dual citizenship and regard her as an Iranian like any other.

Her father, Reza Saberi, told Reporters Without Borders that she had not worked for the media since 2006. She did not have access to news and information as she did not have press accreditation, he said. “Her writings were just personal notes and comments about cultural and literary subjects with a view to writing a book about Iran,” he said, adding that “she had been concentrating since 2006 on studying Farsi and Iranian culture at a Tehran university.”

http://www.rsf.org/print.php3?id_article=30857

(上記英文の機械翻訳)

イランのアメリカのジャーナリストは、国境なき記者団がテヘラン革命法廷がアメリカ合衆国をスパイする容疑で今日イランのアメリカのジャーナリストRoxana Saberi  に下した8年の禁固刑を「断固、非難する」という嫌疑を見つけ出して、8年をつけます。

「この信念はイランの犯罪のコードの下で不当でした、そして、文は厳しかったです」と、国境なき記者団が言いました。「彼女が4月13日に一つの審理のために出廷したとき、Roxana Saberi の弁護士は彼女といませんでした。それが選挙への前段階でして、来て、この文は、イランで働いているすべての外国のジャーナリストへの警告です。」

Roxana Saberi 事件は、イラン当局がジャーナリストを逮捕して、自由な表現に関してギャグを強化するために任意にスパイ容疑を使う方法の最新の例です。

31歳で、Roxana Saberi は1月の遅くにテヘランで彼女の逮捕以来これまでに保留されました。裁判は4月13日に革命法廷の前に始まりました、そして、1つの審理だけは開催されました。そして、1日続きました。彼女の弁護士(Abdolsamad Khoramshahi)は、国境なき記者団に今日、彼女が有罪判決を下されて、宣告されたことを確認して、彼が訴えそうであると言いました。

Roxana Saberi の逮捕は、それが2月10日に彼女の父から受け取った呼び出しの後で、3月1日にアメリカ合衆国でナショナルパブリックラジオ(NPR)によって明らかにされました。その翌日、NPRは報告します。そして、イラン当局が彼女が北テヘランのEvin刑務所で抱かれていたと確証されます。3月2日に、外国の省スポークスマンハッサンGhashghaviは、彼女が「不法に」イランで働いていたと言いました。彼女がそうであった3月3日に言われる司法権限スポークスマンアリレザJamshidiは、「テヘランの命令で革命法廷を検挙して、現在Evin刑務所で拘留されています。」

生まれて、アメリカ合衆国で育って、Roxana Saberi には米国の市民になったイランの父がいます。彼女は6年前イランへ引っ越しました。そして、2002から2006へのNPRのための特約記者として働きました。彼女も、BBCとフォックスNewsのために働きました。イランの権威者は、二重国籍を認めなくて、彼女を他のもののようなイラン人と考えません。

彼女の父は、彼女が2006年以降メディアのために働かなかったと国境なき記者団に話しました。彼女がプレス公認をしなかったので、彼女はニュースと情報にアクセスしなかったと、彼が言いました。「彼女の著作は、ちょうど親展の手紙とイランについて本を書くことをねらった文化で文学的な学科についてのコメントでした」と、彼が言いました、それを加えます、「彼女は、ペルシア語とイランの文化をテヘラン大学で研究することに、2006年以降集中していました。」
 
(国境なき記者団のリリースより機械翻訳)


【コメント】
各地から様々な動きが出ています。
事態の流動的な印象もあり、控訴審に
期待をかけたいですね。

オバマ米大統領、イランに日系米国人記者の釈放要求

ブログネタ
地球に一言! に参加中!
04322bbc.jpg

オバマ米大統領、イランに日系米国人記者の釈放要求

2009.4.20 21:23
 日系米国人記者ロクサナ・サベリさん(AP=共同)

 オバマ米大統領は訪問先のトリニダード・トバゴで19日、記者会見に臨み、イランの革命裁判所がスパイ罪で禁固8年の実刑判決を言い渡した日系米国人記者ロクサナ・サベリさんについて「スパイ行為に関与していないと強く信じている」と述べ、イラン政府に早期釈放を求めた。

 オバマ大統領がこの問題について公の場で発言したのは初めて。

 イランのアハマディネジャド大統領も同日、サベリさんが弁護を受ける権利など、「適正な扱い」を確保するよう司法当局に求める書簡を送付。イランのメディアは20日、司法府代表のシャハルディ師が控訴審を行う裁判所に「慎重、公正かつ速やかに」審理するよう指示したと報じ、一審判決が見直される可能性が高まっている。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/america/090420/amr0904202123017-n1.htm

米大統領、イランに米女性記者の釈放求める

(CNN) オバマ米大統領は19日、イラン革命裁判所がスパイだとして18日に禁固8年の判決を言い渡したイラン系米国人ジャーナリスト、ロクサナ・サベリさん(31)の釈放を求める考えを明らかにした。

 

大統領は、サベリさんの安全や処遇について「深く懸念している」と語り、「サベリさんはスパイ行為に関与していないと確信している。彼女は家族の出身国に興味を持っているイラン系米国人であり、それなりの処遇と釈放が適切だ」とコメントした。米国とイランは断交しているため、米政権は仲介国スイスを通じてイラン政府に接触し、この問題を適切に処理する方針という。

 

サベリさんの父親がこの日CNNに語ったところによると、サベリさんは体重が減ってやつれた様子。過酷な処遇を受けていないものの、拘置施設の環境には強い不満を持っている。独房ではなく、監房では他の収容者2人と一緒だという。

 

サベリさんの弁護士は20日以内に控訴する方針。家族は二審判決を待って、次の対応を決めるとしている。

http://www.cnn.co.jp/world/CNN200904200002.html

「日本が仲介役」 イランでの日系米国人記者スパイ判決で官房長官

2009.4.20 12:14

 河村建夫官房長官は20日午前の記者会見で、日系米国人記者がイランにおいて「スパイ罪」で禁固8年の判決を受けた問題について、「米国とイランの関係は雪解けムードにある。日本はイランと友好関係を保っているので仲介役をしていかなければならない」と述べ、日本が何らかの仲介を行う意向を示した。

 米国の釈放要求については「米国籍なので日本が直接動いていることはないが、関心を持って見つめている」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090420/plc0904201216005-n1.htm



【コメント】
先日も紹介したロクサナ・サベリさんの件ですがアメリカ政府が
動き出したようです。日本政府も交渉の仲介に乗り出したようです。
日本とイランの外交関係はそれほど悪くないのでうまく仲介が
いけば良いのですが、今後も随時、この問題を紹介していきたいと
思います。




ロクサナ・サベリさんの動画

Amazonライブリンク
Twitter プロフィール
国際NGO北朝鮮人権人道ネットワーク@NK20115 事務局長。日本政府には対北朝鮮政策で最大限の関与政策を求めています。政治信条は普遍的人権人道主義です。ヘイトスピーチと弱者排除と人権侵害の東京五輪に反対しています。関心領域は人権人道問題/国際政治/戦史研究/銀河英雄伝説/インテリジェンス活動です。
報道の自由なしでは人権は守れない!!

東アジア報道と人権ネットワークの紹介

このNGO団体は東アジアの人権問題
に取組むNGO関係者や法律家や
学識経験者で中心になり、
東アジアの報道の自由と人権擁護の
活動のために結成しました。
私たちは告発サイト「ウィキリークス」や
「スノーデン」を支援します。
私たちはパナマ文書とパラダイス文書を支援します。

私の尊敬する「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」のケネス・ロス代表の
「大量殺りくは必ず司法の裁きを受けるというシグナルになる」の
実現のために活動していきたいと思います。


東アジア報道と人権ネットワーク事務局
tomoyuki.kawazoe@gmail.com








ギャラリー
  • 今回のノーベル文学賞に『ジェノサイド(集団虐殺)否定論者』が受賞されて各方面から批判が出る
  • 迫るトランプ大統領への弾劾 解任された前駐ウクライナ大使明かす
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • トルコ軍がシリアに越境軍事侵攻へ クルド人勢力掃討へ トランプ大統領も事実上の容認へ
  • ポストダライ・ラマ体制に動き出したチベット人会議 香港同様に介入を狙う中国政府
  • マスク禁止法の緊急条例発動でデモが激化へ 悪循環としか見えない対応 事態収拾能力が欠如してきた香港警察と香港政府 今後、予想される最悪のシナリオである中国軍介入の可能性
訪問者数

    QRコード
    QRコード
    Archives
    livedoor プロフィール

    ハニ太郎

    Recent Comments
    • ライブドアブログ