書でも絵でも、自分の作品が完成したら、最後に自らの印を押しますが、篆刻(てんこく)とは、この印章を作成する行為のことです。西洋絵画の隅に添えられるサインと機能は同じですが、個人的には、この篆刻印は、サインとは違い、作品の出来映えに大きく貢献しているように ...