2007年06月20日

建築基準法改正・・

全国ニュースではあまり取り上げられていませんが、本日6月20日から建築基準法が改正されます。。こんばんわ、設計部 梅原です。

何が改正されるのか?・・一番大きく改正されたのが、構造分野です。

世間を震撼させた『姉歯(あねは)元一級建築士』の構造計算書偽造問題を受けて、国土交通省は構造計算のチェックに力を入れました。

これまでの構造の分野は、基本となる法律はあったものの、構造計算の方法は何通りもあり、そのほとんどの計算はコンピューター化されていて、人間のチェックでは追いつかない部分があったのかも知れません。

そこで、国土交通省は、確認申請に構造計算書の添付が義務付けられている建築物で、構造計算をコンピューターで行ったものついては『指定構造計算適合性判定(ピアチェック)』を指定機関に行わせることにし、さらに、中間検査を実施することで、構造設計、施工の両面のチェックを強化させていくことにしました。

つまり、構造計算書のダブルチェック制度がスタートした訳です。しかし、その手数料が高い!!最低でも、15万円以上が、今までの確認申請手数料に上乗せされます。さらに、中間検査手数料もかかることになります・・・

鉄筋コンクリート造や、鉄骨造などの大型物件はもちろん、一般住宅でも、3階建ての建物になれば構造計算書の添付が必要になるので、一般の方たちにも影響は出てくると思われます。

構造計算書のダブルチェックは必要なことだとは思いますが、何もかもを国民負担にするのはいかがなものでしょうか・・・姉歯事件も、数多くの行政機関の見落としがあったにも関わらず、処分を受けたのは民間検査機関の方達のみでした。今回の基準法改正も、少なからず『見切り発車』の部分が見受けられます。強行採決、強行施行、・・・もう少し長期的な国づくりが出来ないのかと、タメイキが出てしまいます・・・

 

 



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星