太子堂教室にて

零細寺子屋の太子堂すうがく教室で◆ 子供たちとのあれやこれやを綴ります

春、少し変化が感じられます

太子堂教室にやってくる子供たちは、どちらかというと、受け身のタイプが多いです。
勉強もできればやりたくない、嫌いな勉強をやらせられている、
わからないけれどそのままでも別にいい、
いわれるままにやってきて、そのままやらされて、、、みたいな。そんなスタートです。

勉強がわからなくて嫌い、嫌いだからますますわからなくなる、
ああ、もういやっ!!
たま~に、そのもういやっ!!でとまってしまって、もうひとふんばり、もうちょっとがんばれば、、、、、、
という前に残念ながら退会してしまうことになったお子さんもいます。

続けてきている子たちは、そんなふうに受け身でやってきているうちに
ちょっとずつちょっとずつ、変化を見せます。

●もういやっだけれど、でもあきらめたくない、がんばる、なんとかわかりたい!という葛藤。
すぐ教えてもらいたがらず、がんこなくらい自分でやる!にこだわり取り組む子。

●緊張していたことなんて、どこへやら、いまはペースをつかんで、ひとつひとつ、着実に取り組んで安定している子。

●何がわかってないのか、何をしたいのか、まるきり興味がなかったし、どうでもよくて、表面だけなんとかやっつけでできた形になればいいんだという姿勢だったけれど、、、、、
何回かのくりかえしの積み重ねで、「これはできるよ、自信あるよ」、「でもこれはまだできないの」、ということばを一部だけれど使うことができるようになった子。

●家での宿題をたくさん出すのはきっと嫌だろうなと思って、「学校からの宿題もあるよね、少しにしようかな」
なんて聞くと、
「いえ大丈夫です、多分できると思う、だから、出してください」、という子。

●なんだか調子よく解けた日に、帰り際、玄関を出てから達成感からか口笛を吹く子。わかることはうれしいいよね。

ふふ、だれのことかわかるかな?



そして、今日は。。。

「去年ならったところだけれど、どうしてもここのところが苦手でよくわからないから、その問題をやってほしい、」と自分からいう子がいました。
苦手なところを意識するってことが最初の一歩で
それを克服したいと思うのが、その次のすごい大きな二歩目
あ、この二歩目を踏み出してるな、と感じました。

また
「先生このごろ本を読んでるんです、一年で何冊読もうと決めたんです」といった子もいました。
自分の中からの湧き出るそういった何か意欲みたいなもの・・・・
人に伝えたい気持ち、よくわかりましたよ。がんばってね。








2017年度スタート

新年度スタートです。
今年度はかなりかなり少人数の太子堂教室、、、です
そのぶんみっちりひとりひとり見ることができそうですね~~~

教室2017




























春休みは子供たちの表情もいきいきしています。
なんだかわからないけれど やはり何かのスタートってわくわくするのでしょう。

毎年恒例の、ささやかな、ささやかな 進級祝いを~~
贅沢なモノがあふれている昨今ですが、子供たち、とてもうれしそうにしてくれるので
わたしもとてもうれしいっ
S_5890624204162


























★さて、学年末の通知表から。(注・旧学年で記録)

小4Mちゃん・・・  算数で はじめての よくできる もうすこしもなくなりました!快挙!   教室でもですが、学校でも、何でも一生懸命努力するMちゃん、細かなところまできびしい先生の一年間でしたので、私と一緒になってふだんならざっくりのところまで気を配って解いていきました。ですから、認めていただけてほんとうによかったです。

小5Rちゃん・・・  2学期にあがったできるが減ってしまったけれど 意欲関心のところの よくできる!はキープ。頑張った姿勢は認められていますよね。  備考欄にも 、「割合では、教えられた方法を用いて、式に当てはめられるように繰り返して練習して立式できることが増えていました」 と書かれましたよ 

中1Sさん・・・  学年末テストがまさかの得点で、ひやひやでしたが、国語も数学もなんとかを守り切りました(汗)   備考欄を読むと、授業の一生懸命さは認めてくださっているようです。
いつもこのジレンマが悩みですが、本人の成長ののびしろが学校の進度ののびしろと同じか、むしろ大きくなければだめなのですよね、かといって、本人が伸びてないわけではない・・・・相対的な評価ではどうしてもそこは見えてこない。太子堂教室の生徒たちの、そこらへんがいつも歯がゆく思っているところ。まさにSさんの進歩や成長は私だけにしかわからない部分なんです・・・・

中2Mさん・・・ 備考欄で、「 加法減法など難しい課題に取り組みましたが、一つずつクリアし先に進めていました。公式やときかたを理解すると呑み込みが速く、たくさんの問題を解くことができました」 とほめていただいています。今年度、学習日を増やしたい、と本人からの申し出がありました、その意欲がうれしいですね~

中2Kくん・・・ 二学期におしあげた国語の3 キープです。評価点もA.Bが増えています。小学校から続けてきた国語、特にとても読解が苦手だったのですが、つみかさねがようやく花開きかけてきたのかと感じます 国語も然り、数学の証明も、書く、ということもこの頃は逃げないで挑戦しています。時間はかかるけれど、最後までついてきてくれています。

中2Iくん・・・ 2学期 ようやく数学 4をゲットして、みんなで喜んだのですが、、、、、うむむ、今回はおしくも3に。理解度からいっても4に近い3と解釈しています。本人もよくよく承知の ケアレスミスの多さ。直感で解くということをやりつづけてきたIくんが苦手とする、一つ一つ丁寧に取り組みことを乗り越えられるか、にかかっています。


さ、がんばろ~







教室案内⇒



ブログランキング・にほんブログ村へ

読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→
にほんブログ村


塾教育 ブログランキングへ

今年も[sakura saku]

毎年、この報告ができることを 心から嬉しく思っています。

今年の受験生もついに 桜咲く を手に入れました!!!!!!!
ともに第一志望の都立高校です。


ああ、今年は初めて、不合格者を出すかも・・・なんて実は覚悟していました。
最後まで本当にはらはらしました。
ふたりともがんばっていましたが、なにせ、志望校の倍率が予想以上に高いこともあったり
最後の過去問対策時からどうも調子があがってこないこともあったり。

極めつけは、試験当日の感想が、できなかったあ!時間が足りなくて途中で終わった!
なんていうことだったので、もう真っ青の私。

発表当日の、連絡が来るまでの、おちつかないことといったら。。。
メールが来ても怖くて数分は開けませんでした。
ま、今にすれば笑い話ですむのですが(^^;)

とにかくおめでとう。よく最後の一年がんばりましたね!
特に、冬以降の追い込みは激しかったけれど、二人ともよくついてきてくれたよね

卒業後 挨拶に二人とも来てくれました。
どちらも、小学生の時からの指導で、お姉さん時代からのつながりもあって
おかあさまともよくメールの交換もしましたし、お別れの寂しさも一層です。

お母さまたちから 心のこもった最後のお手紙もいただき、感謝感激です。

Hくんには、努力のしかたについて、かなり厳しくしかることもあったりしたのに(^^;)、
一度も行きたくないやめたいなどと言ったことがなかった、というお母さまのお話、にほろり
コーヒーの香りのする寺子屋と命名してくださって 笑っちゃいました。

Sちゃんのお母さまからは、親戚のように思える、というお言葉まで・・・
ラーメンの配達これからもよろしくお願いします(笑)
私のお気に入りの、依田麺なんです~。おすすめですよ

Image_3d93dd9

























花












S_5790574327565
































S_5790574199994












S_5790574138859













そして、さらに、私の涙腺が崩壊してしまったSちゃんからの手紙です。

私は先生に感謝の気持ちがいっぱいです。6年生からお世話になってもう卒業です。
本当に早いです。
お姉ちゃんが通っていた流れで入った私は、全然勉強に自信がなくて、くもんとかでは計算ばかり
大丈夫なのかと思っていたところ、先生がいてくれました。
それで算数がどんどんできるようになって うれしかったのを 今でも覚えています。
中学になって 部活が忙しくなって 気持ちも上がらなくなった時も、先生がいつもみてくれていて
申し訳なかったです。
先生がいてくれたから 安心してできたし あせらずできました。
3年になって、受験の時期になるにつれて 勉強の辛さもおぼえました。
過去問で点数が上がらなくて、やったのにできない問題があって 
自信がなくなった時も正直ありました。
先生も感じていたと思います。でも焦らずに丁寧に教えてくれました。
受験のために夜遅くまで、日曜日までやってくれて、本当に助かりました。

先生、私これからどうやって数学や国語をやっていったらいいのか正直わかりません。
それぐらい支えられていたんだと気づきました。
相談も不安な気持ちも話せたし、聞いてくれて、勉強以外でもお世話になりました。
受験のお守りも大切にします。

受験当日のとき、最初の国語試験で、作文が書ききれなかったり、
数学の問題が難しくて泣きそうになったときも、先生の顔が浮かんで泣きました (笑)
で乗り越えることができました。
先生とのおしゃべりは楽しかったです。先生の説明はわかりやすかったです。

まとまってないけれど 伝えたいのは ありがとうございました、です。

先生のきっぱりしているところや、能のものまねがとっても好きでした。
またお会いできるのが楽しみです。
お世話になりました。


・・・・・・これだから、私は老体鞭打っても 教師はやめられませんね、。
太子堂教室を、こうやって、たくさんの子供たちが通過していきます。
私の心の中ににたくさんの宝物を残して・・・・






教室案内⇒



ブログランキング・にほんブログ村へ

読んでくださったらプチっとお願いします(*^_^*)→
にほんブログ村


塾教育 ブログランキングへ
livedoor プロフィール
最新コメント
アクセスカウンター
  • 累計:

ギャラリー
  • 2017年度スタート
  • 2017年度スタート
  • 今年も[sakura saku]
  • 今年も[sakura saku]
  • 今年も[sakura saku]
  • 今年も[sakura saku]
  • ライブドアブログ