今回はウルガモスの育成論を書きたいと思います。


ウルガモス
種族値
85-60-65-135-105-100

合計550でA 60と無駄がなく、C 135と高火力、Sもメガガルーラと同速。HD もそれなりにあり、特殊耐久は中々あります。(物理は厳しい。)

数値だけでみればかなり強い部類に入りますが6世代ではファイアローの出現によって非常に厳しい状況に置かれています。(卵孵化要員の地位も…)

しかし、現在流行りのギルガルド、メガフシギバナ等に優位にたてるので現環境でも戦えるポケモンです。

性格
臆病…メガガルーラと同族なんで最速で。めざ岩の場合は、最速無理なんで、蝶舞前提素早さ調整控えめでもいいかも。


努力値
H4 C 252 S 252
色々調整したかったんですがこれが一番。S はメガガルーラと同族の100なんで極振り確定。
C はめざぱが乱数なんで極振り。
Hは無振りだと160なんで4振って161に。

持ち物
いのちのたま確定。(こだわると器用に動けなくなるので)

技構成
確定
大文字…ギルガルドを確1で沈めます。威力下げると乱数になるので確定。

むしのさざめき…身代わり貫通一致技。一応H 4メガギャラ高乱1。

サイコキネシス…メガフシギバナに打ちます。半減できる悪、超、鋼はこないので(バンギは来ます)確定数変わりませんが大文字よりこちらを優先。暴風は岩を呼ぶため微妙です。

選択
めざぱ(氷、電気)…ガブ、ギャラ用、メンバーと相談。岩は、交代読みでファイアローに打てますが、最速捨てなきゃいけないので今回は不採用。

蝶舞…ファイアロー来たら交代必須なため採用低い。

とんぼがえり…特殊受けや岩が出てきた時に。

鬼火…先制鬼火で岩以外なら1発は耐えられるようになります。マルスケ破壊
与ダメ

大文字
ギルガルド無補正H極…107.2%-127.5%確1
メガガルーラ無補正H 極…59.4%-70.3%確2
輝石ラッキー無補正H 4D 極…29.8%-35.0%乱3(14.06)

むしのさざめき
サザンドラ無補正H極…113.6%-134.7%確1
メガギャラ無補正H 4…97.1%-115.8%乱1(87.50%)
無補正H 極…82.2%-98%確2
メガバンギラスH 極砂嵐…58.0%-69.1%確2
チョッキバンギH 極砂嵐…45.4%-54.1%乱2(33.98%)

めざぱ氷
ガブリアスH 極…99.1%-118.6%乱1(93.75%)
カイリューH 極マルスケ時…47.0%-56.6%乱2(75.00%)
カイリューH 極非マルスケ時…94.4%-113.1%乱1(75.00%)

めざぱ電
ギャラドスH 極…92.6%-110.9%乱1(62.50%)
マリルリH 極…54.1%-64.3%確2

被ダメ
ギルガルド+補正AC共極振り想定
かげうち…36.0%-43.5%確3
ランク2かげうち…73.3%-86.3%確2
シャドーボール…50.3%-59.6%確2


ギャラドス+補正A 極
滝登り(火傷)59.6%-70.8%確2
滝登り(火傷)ランク1…87.0%-104.3%乱1(25.00%)
石刃は無理…

マリルリ+補正A 極
アクアジェット…74.5%-89.4%確2

メガクチート+補正A 極
ふいうち… 75.8%-89.4%確2

メガフシギバナ+補正C 極
ヘドロ爆弾…48.4%-57.8%乱2(92.57%)

カイリュー+補正A 極
逆鱗(火傷)…50.9%-60.2%確2

ガブリアス無補正A 極
逆鱗…90.1%-106.8乱1(43.75%)
岩技無理…

メガガルーラ…無補正A 極
恩返し…110.6%-131.7%確1
地震…73.3%-86.3%確2
岩技無理…

まとめ
メガガルーラ、ガブリアス、ギャラは岩技搭載も普通にいるのでそれらには厳しいです。
ギルガルドは最近は物理型より特殊型が増えて来ており交代読み岩技は飛んでこないのでかなり安定してかれます。
逃げられても大文字の火力+3割火傷で後続に負担をかけられます(過信は禁物)。
また、ギルガルドと相性の良いサザンドラも狩れるのもウルガモスにしか出来ない特徴の1つです。

相性良いポケモン
Wロトム…弱点の飛、水半減、なによりファイアローに強く、蜻蛉ボルチェンで相手に負荷をかけながら交代できる。
また、ギャラドスをメガ進化させることができる。

ドサイドン…弱点の飛、岩に強く、ファイアローにも強い。また防御が高くガブリアス等もかれます。