2012年06月

2012年06月30日

人生の中でいちばんの恐怖でした

昨日ものすごく
ものすごいことが起こりまして

それはもう私にはどうしようもないことで

お仕事面では
以前の私だったらとても考えられないことを
どうにかこうにか
やってしまっていますが

知らない場所へ運転していくとか
脚立に乗るとか
タイヤを運ぶとか

普通の人には普通のこともしていなかった私にとっては
どれもが高いハードルだったのですが
まあどうにかしています

でも昨日のことは
どうしても生理的に受け付けられず
見るだけで背筋がゾクゾクしてしまい
夢に出てきそうで
でもどうにかしなくてはいけない…

どう考えても誰もが嫌なことなので
頼むのもどうかとおもう…

たとえばタイヤがバーストしちゃった
タイヤ交換できない

ってときはできそうな人に片っ端から連絡してお願いして
お礼は後で考えるし

パソコンの使い方がわからないのに
どうしても今日提出することがある

ってときも同じでできる人に頼んで
後のことは後で考えるのだけれど

昨日のことは…
どう考えても誰もが得意ではない…
誰もが嫌なこと…

ああ…おもいだしただけでも恐い
恐いよう…というか恐かったよう

…助けてもらいました

わたし結婚したいのは
安心したいからなのだとおもうのだけど
よく考えたら

わたしには苦手なことできないことが多すぎて
頼ろうとおもったら甘えようとおもったら
ひとりの人では対応しきれないのかも知れません

お金で解決できることって
世の中にたくさんあるとおもうし

昨日のようなことも調べればプロがいるのかも
お金で解決できたのかも知れません

とにかくはやくお金持ちになってみたいです






taito717 at 09:12|Permalink│ │日々の暮らし 

ワイルドストロベリーの実

元気なWS花が咲き実をつける頃には
恋人があらわれ結婚できるというワイルドストロベリー

もちろん大切に大切に
お水と愛情を注いで育てています

傷んだ葉っぱはすぐに取り除きますし
毎日土の状態を見て

お水をやりすぎないように
でも乾いてしまわないように

愛情はたくさん注いで
いっぱい話しかけてきたのに




できそこないWS葉っぱはこんなにも元気なのに

可憐な花の後に

できた実は…


しわくちゃのできそこない…
もしくは色づかないまま真っ白…

これって…
私の結婚は…



taito717 at 08:56|Permalink│ │日々の暮らし 

新マイ書斎

マイ書斎梅雨とはおもえない爽やかな日が続いています

ここは神さまが私につくってくれた
新しい「マイ書斎」です

以前の書斎はトイレがつかえず
トイレに行きたくなると帰らねばならなかったのですが

こちらの書斎ちかくには


らせんの花音姫付きノータッチ洗浄のうえ
清潔に保たれたお手洗いがあり

その上なぜだか
人がほとんど来ないのです

これは私が小さい頃から大好きな植物
薄紫色の花が
らせん状に咲きます

高原の花だとおもっていたのに
神さまはここまでサービス

お昼ごはん食べたり本読んだり
考え事したり
神さまありがとうございます

taito717 at 08:49|Permalink│ │日々の暮らし 

2012年06月29日

勝手にお祝い

紅白ぱんだ上野のぱんだちゃん
妊娠しているかもだそうで

ささやかながら勝手にお祝い

左上の4つと下のお皿の中の
左上のひとつは
たらこを混ぜてピンクにしたごはんです

おめでたいから紅白にしようとおもって

写真で見ると薄いピンクですね

もちろん息子のお弁当にも入れました
「パンダちゃん妊娠してるみたいだよねお弁当もお祝いバージョンだから」と言ったけど「んーー」って生返事だった



紅白まんじゅうみたい後頭部に海苔を敷いて
ラップで包み
アロハガス様にいただいたお菓子の箱へ

紅白まんじゅうみたいで可愛い

ときどき手作りのものを差し入れするのですが
気持ち悪い人もいるかもとおもってはいるんです

おにぎりはブドウ球菌がつかないように
いつもラップでつくっていますし

家族以外に差し入れするサンドイッチやこういう型抜きやお寿司などは
ちゃんと使い捨ての手袋しています

衛生面はよく気をつけていますので
ご安心くださいませ


taito717 at 11:15|Permalink│ │ぱんだ関連 

2012年06月28日

ホームステイして欲しい

息子が通う私立の高校ですが
急に人気が出た学校らしく
1学年700人のマンモス校

息子は1年14組二桁のクラスって珍しいですよね

「費用対効果でいうとどうだろう…」
と息子はGW前くらいに疑問を持ち始めまして

わたしは息子の決めることに間違いはないとおもうので
辞めて大検(今は高卒認定というそうです)受けて
予備校へ1年通って大学受験しようかという
彼の迷いも

彼が言うならそうなのだろうなとおもいました

担任の先生も他の教科の先生も
若くて素晴らしい先生が多くて
彼の悩みに
涙を流して相談に乗ってくれたそうで

どの先生もただ引き留めるというのではなく
息子の人生にとって何がいちばん良いのかを
真剣に考えてくれる先生だそうで

わたしがお時間頂戴してお話させていただいた
担任の先生も素晴らしい先生でした

ほんとうにありがたいことだとおもいます

ただむやみにわたしのお金の心配をしているわけではなくて
毎日8時間授業という無駄な時間に疑問があるし
「もし僕がお金持ちでも同じ結論を出すから」
と言ってくれているので
彼の決断に任せていますが

学校って友達と体育できたり
楽しいこともあるのでしょうね
クラスの友人や担任の先生のことは大好きみたいで

まだ毎日通っています

昨日「オーストラリアの姉妹校からのホームステイ受け入れ家庭募集」
のお知らせを持ってきたので

良いところのない学校だとおもってたけど
素晴らしいじゃないですかとおもいました

わたしは公立の高校でしたが
お金持ちの家の子もいて
「夏休みにロータリーの交換留学でアメリカに行くの
なんていうのを聞くと

「いいなあ…」ってうらやましかったから

でも1年の男子はたったの1名受け入れだから

やっぱり両親揃ってて大きなおうちに住んでる人が選ばれるのかな

外国の男の子がうちに泊まって一緒に生活するなんて
考えただけでワクワクしちゃう
息子もすっごくいい経験できると思うんだけどな

うちに来てくれますように

taito717 at 12:53|Permalink│ │日々の暮らし