プール を含む記事

2014年05月19日

気づかずすみませんでした

おもりに?バルーナッツの
脳みそレベルの低さが
わかってしまうので書こうか迷いましたが

もうわかっている人も多いので
書いてみたいと思います

2リットルのペットボトルに水を入れたものを
おもりにして風船の束を浮かせています

屋外で使用するので
とにかく風で動かないように
重くしたかったのです

ところが




こうなりましたこんなふうに
プールから

風船が浮いているようにしたかったのに

発注したプランナー様も制作したわたしも
そして一番苦労したはずの
現場にいた古川さんも

プールにさっきのペットボトルを入れるまで

まさかあの重たいペットボトルが
水の中では浮いてしまうこと
つまり
ペットボトルの重さのみになってしまうことに
気づきませんでした

水の中では水の重さはないのと同じですよね

ふだんえらそうにガス風船の浮力について説明することもあるわたし
空気の中では空気の重さがないことを語っているくせに
こんな単純なことに気づかないなんて…

バカバカバカ

現場でどうにかしてくれた人がいちばん大変でしたとさ


taito717 at 13:08|Permalink

2012年07月14日

7年後

プールの帰り息子が9歳のときの
プール帰りの爆睡

なぜこの写真をおもいだして
さがしたかというと…


眠る2昨日
一緒に車に乗ったら
数分で爆睡したからです

カローラになって
後部座席が狭くなったため
助手席に座ることが多くなっていたのですが

最近は
私と話をするのがめんどうなときなど
後部座席に座ったりします

でも後に気が向いて
しゃべりまくったりするので
「だったら隣に座った方が話しやすいのに…」
とおもったりします

7年後ですね

大きくなったなあ

taito717 at 10:29|Permalink

2011年11月02日

女優デビュー

ニセビール瓶NHKで来年1月からはじまるドラマ
「本日は大安なり」の撮影が
私がお世話になっている式場様でおこなわれ

エキストラ出演にお声かけいただき
大喜びで古川さんと兄嫁の由美ちゃんと行きました

テーブルの上のビールは架空のラベル中は空
ワインは葡萄ジュース
シャンペンはジンジャーエール
ビールはノンアルコールビールが注がれています








スタッフさんまわりにはたくさんたくさんのスタッフさん

こんなにも大勢の人が関わっているのかと
驚くばかりです

エキストラというので
ただ座っていればいいのかとおもいましたが

指示通りに笑ったり
状況に合わせた驚き方をしたり
まさに

女優デビュー








カメラさんカメラも何度も移動して
その都度カメラのための
やぐらのような踏み台も
すごいスピードで組み立てられます


加藤せいしろう君(漢字間違えそうなので)が
とにかく可愛くて
可愛いだけじゃなくて
ホントにオーラがあってカッコイイので

由美ちゃんと私で
「かっわいい」の連発

長い長い待ち時間も
こどもなのにゲームや本などなしで大人と同じように待っていました



ロケ弁とんかつ朝の9時から12時半まで
そのほとんどが待ち時間

なるほどなあそうやってつくるのか

と、知らない世界を覗いてワクワク

で、お昼ごはん




ロケ弁オムライス生まれて初めての
ロケ弁

とんかつ、海鮮焼き、オムライスから選べます

私と由美ちゃんはとんかつ
古川さんはオムライス

お腹空いてたのでちょこっと食べてから
「一生に一度かも知れないロケ弁写真写真」と慌てて撮影しました
食べ物の撮影っていつも
食欲に負けて忘れちゃう



水の準備お昼を食べ終えて戻ると

ビニールシートで床に浅いプールみたいなのができていて
会場の雰囲気が変わっていました

スタッフさんお昼食べてないんだ…

スプリンクラーから水が降ってくるという設定で
実際は高い脚立からホースで雨を降らせます


濡らされる古川さん「この中で水に濡れてもかまわない人いますか?」
と訊かれ
男性は数人手を挙げまして

女性は由美ちゃんと古川さんが

この写真中央にいる黒い服が古川さんで
紙コップから水をかけられ
濡らされています

雨の中せいしろう君と
ゼクシイの俳優さん(名前わからないですが最近よく見ます)

ひとりひとりの正面からと
全体と
せいしろう君側の後ろからと

何度もカメラを動かすたびにテストして
画面のチェックをして
本番して
またチェックして

きっとテレビで見たらほんの数十秒のことを
こんなにも時間をかけているのかと
ほんとうに感心しました

スプリンクラーの雨のシーン
本番の直前
由美ちゃんとせいしろう君が何か話して笑っていて
その後古川さんもせいしろう君と笑って

いいないいな
私も「濡れます」って言えば
あんなに可愛くカッコイイせいしろう君と
お話できたのか
なんておもいいました

結局朝9時から2時半まで撮影して
たぶん本番をつないでも数分です

これからドラマを見るときの
目線がものすごく変わりました

とても良い経験でした
楽しかった


















taito717 at 15:10|Permalink

2011年07月18日

ガールズ??トーク

プールまわり結婚式場CH様のブライダルフェアでした

迎賓館前にはプールがあり、プールまわりに風船を置きました

イルカと、いくつかのバルーンはプールに浮かせたおもりから浮いていますので、風で動いておもしろいです






私はこれでこちらの式場様のお花屋さんは2社はいっていて

担当者様は美男美女です

男性の方は日本人離れしたモデルスタイルにとてもまじめな性格

女性の方は私よりひとつ年下なのですが、私は心で「姉さん!」と尊敬している恋愛マスター

こちらは、恋愛マスターの作品です

淡い紫色のお花がとても気に入って、自分の披露宴ならこれがいいとおもい、写真を撮りました

結婚披露宴だけ何回もできたらいいのにな

宝石屋さんの女性と恋愛マスターと私の三人で、最後お客様がいない時間、大人のガールズトーク全開

苦しいとか、会いたいとか、嫉妬とか、すべて、「好きになる」が原因なのだから

「好きにならないように気をつければいいんだ」と私がナイスアイデアを出したら

「それは恋愛じゃないし」ってことで却下

そりゃそうですよね

楽しいだけの恋愛ってないのかな…

恋愛マスターと私がとても似ていること

恋をする相手になにかしてあげたくてしかたないいつも彼が心に住んでいる仕事をなんとかやりくりしてしまう睡眠不足や仕事の不調などが重なると「ホントにこれでいいのか?」とおもうでも会いたいし、やっぱり好きなにかしてあげたい

が、わかりました

お互いに驚いたのは、お仕事への執着ゼロなところ

「結婚したらとりあえず仕事やめたい」とマスターが言うので「そういうふうな人に見えない!」と言ったら

私も、そうは見えないらしい

目の前のこと全力でしちゃうから、きっと、お仕事も一生懸命やってるように見えるのですよね

あ、もちろん、見えるっていうか一生懸命しています

ただホントはそれよりもっと恋愛や結婚生活に全力注ぎたい、というか注いじゃう、ってことなんだとおもいます

そんな全力で「がああああっこれでもかっ」って好きになられてもそれに対応したパワーを持ってる男の人なんて、あんまりいないとおもう…

あんまりじゃなくて、全然いないかも…

ってことなど、しみじみ話しました

みんな、人それぞれ、ほんとうにたくさんの、人生があって、すごいなあ、って、おもいながら、帰りました



taito717 at 12:19|Permalink

2010年08月16日

夏休みでした

どうしようか、と言ってた夏休み、朝起きてコーヒーなど飲んでいたら、母親はなんだかそわそわしています

ん~、こりゃでかけないわけにはいかないなあ…、ということで、とりあえず車に乗って出発

朝はすこし雨模様で涼しく、プールの予定を中止しておいて、よかったです

息子には「たまには親孝行しなさい!」などと言い聞かせ、行き先は問わないことになりました

最近、以前より人気になったという、地元の道の駅に立ち寄ったら10時前なのにたくさんの人母親のためのワンカップと、地元の中華料理店の本格中華をちっちゃく「おつまみパック」として売ってくれている、美味しい肉団子と唐揚げを購入。

母親の中では、自分が子育てしていた頃、父がいろいろなところに車で連れて行ってくれたことがとても幸福だったのだろうなあ、と、私はおもっています。

当時は当時で、軽い夫婦げんかあり、渋滞で父の不機嫌あり、私の車酔いあり、それほどパーフェクトな旅行ではなかったはずですが…

今でもドライブは大好きみたいなんですね。車の中で飲むことも。少し酔っぱらって話す、思い出話は、いいことばかり

私も、運転よりは、助手席が大好きなのですが、たまの親孝行とおもって、毎年、夏と年末年始には、ドライバーになります。

道の駅方面は高速道路の入り口方面なので、そのまま高速に乗りました。母親は高速道路の思い出も、幸せばかりらしく、サービスエリアも大好き。揚げたてコロッケを買って、ワンカップも飲み終え、「ああ、いいきもち」と、睡眠モードです。

途中、少々、渋滞息子は退屈で死にそうなので、いろいろと会話におつきあいしながら日光方面の道路へ。こちらはガラガラに空いてて、走りやすかったです。

帰りの時間を考えたら、鬼怒川か、霧降あたりまでかな…と高速を降りると、いろんな看板が!!

「ちいさい建物とか、見る?たいちゃん、2歳くらいのちっちゃいときに一緒にいったんだけど…」

「東武ワールドスクエアって、東武線のなかのポスターで見たことある!」

「じゃあ、そこにする?雨、やみそうだし…。あ、トリックアートの館もリニューアルしてるって!」

「トリックアート?」「平らなのに、立体に見えたりするの!建物の中だから、雨でもいいし…エアコンも効いてるかも!」「じゃあそこ!そこにしよう!」

ということで、トリックアートの美術館へ行きました

トリックアート1彫刻に見えますか??平面なんです

座ってるみたいにして!と言っても今ひとつへたくそな、息子…











トリックアート2スーパージャンプ

左側の壁が、床なんです。つまり、地面に寝転がらないと、こういう写真は撮れない…

若い女の子達が、壁を蹴ったりしながら、なんとか写真を撮ろうとしているのを見て

「こどもか、バカな大人しか撮れないよね…」

とつぶやく息子。息子のあとには小学生の男の子、転がりまくり。その後、大人の男の人…バカなんて言って、すみません…

「携帯で撮って~!」と、友人にメールを送ったりして、まあまあ楽しんだ様子の息子。息子といっぱい写真を撮れて、母も楽しかった様子。

ちいさな施設なので、疲れる前にすぐに見終わって、息子は「これっきり?」と言ってましたが、母にとっては、よかったかもしれません

「お昼、なに食べよう?」に、母が「なんでも、たいちゃんの好きなもので」と言うので遠慮のかけらもない息子は「肉!肉!」。

インター方面に向かうとすぐに、ココスがみつかり「ここでいい?」と訊くと「あっちにフライングガーデンがある!」と、そういうときだけ発揮する注意力と集中力で自分好みの看板をみつける息子

ココスだったら母もいろいろ選べたでしょうが、フライングガーデンは肉だらけのメニュー母は、サラダとポテトと生ビールという、居酒屋メニューを選んでいました

フライングガーデンは、ごはんのおかわりが無料という、ごはん大好きな息子には夢のようなお店なのです

満席になるほど混んでいるのに、ウェイトレスのお姉さんはとてもよく気がつく人で、肉いっぱい残っててすでにごはんはあと一口という息子に「ごはん、おもちしますか?」と声をかけてくださって、息子はごはん3皿と、自分のハンバーグとステーキのよくばりセットと、私のステーキ半分を完食していました

ごはんって、お皿に乗せると、すぐに乾いちゃって、食べにくいよね…お茶碗の方が、きれいに食べられるよねという話をしながら食べたのですが、食器洗浄機の都合ではやっぱり、お皿の方がお店は助かるのかな

「帰りに買おう」とおもってた、道の駅の野菜…夕方には売り切れてました

でも、とても楽しい一日でした





taito717 at 15:23|Permalink