先日、梅雨の中休みに小旅行に行ってきました。目的地は台湾の宜蘭にある「蘇澳冷泉」です。
蘇澳冷泉20
こちらは世界的にもすごく珍しい炭酸冷泉です。
蘇澳冷泉08
実は台北からだと意外と近いので先に場所と行き方のご紹介です。

宜蘭は台北と花蓮の間にあります。目的地の冷泉は台鉄の蘇澳駅の近くにありますが、こちらの駅は各駅停車の電車しか止まらないのでバスで行った方が速いです。
蘇澳冷泉18
バスはMRT市政府駅のバス乗り場から出発します。ただ直通バスが無いので、まずは羅東駅まで行きます。
蘇澳冷泉19
首都之星という会社のバスに乗りました。悠遊カードで乗車可能です。乗った時と降りる時にかざします。

無料のWi-Fiもありましたがトンネル内ですとやはり一部通じない事がありました。ちなみに道中の半分がトンネルです。バスも暴走気味でちょっと怖かったですね(笑)。片道120元(約479円)で約1時間で到着します。

台鉄の羅東駅付近にバス停がありますが少し離れた所で降ろされました。3分程歩くと駅に着きます。
蘇澳冷泉17
先にお昼ごはんを食べました。
蘇澳冷泉14
次から次に人が入ってきます。
蘇澳冷泉16
安くて美味しかったです。
蘇澳冷泉15
その後、駅に戻りバス乗り場へ行きました。
蘇澳冷泉13
ここから蘇澳駅へ向かいます。國光客運でチケットを購入。片道43元(約172円)乗ること約20分で到着。「中山路」で降りました。ここが冷泉に一番近いです。看板も出ているのですぐにわかりますよ!
蘇澳冷泉12
ちなみに台鉄蘇澳駅はこんな感じです。
蘇澳冷泉11
この辺をぶらぶらしていると冷泉が2つありました。ちなみに匂いですが陽明山のような硫黄臭さはなかったですが、この一帯では鉄の錆びたような匂いがしていました。
蘇澳冷泉06
こちらはプールもありましたが有料の表示がありました。もう少し先に行くと無料で入れる所を発見。
蘇澳冷泉09
見てみると足湯ですね。
蘇澳冷泉07
じっくり見てみるとぷくぷくと泡が出てきています。

早速入ってみるとかなり冷たい!この日の気温は33度とかなり暑かったんですがこの冷たさにはびっくりしました。ゆっくり入っていくと身体全体もクールダウンしてちょうど良くなってきます。

10分ぐらい経って足を出してみると赤くなってました。なぜかぽかぽかと温かいんですよ。足も軽くなっていて不思議な感覚でした。一つ残念な事はコケが生えていて管理されていない感じがしました。

あとこの隣では全身入れたのですが、若い子が下着のまま入っていたりでやりたい放題な感じでした(笑)。

その後、有料のこちらへ。
蘇澳冷泉10
そう言えば、行く途中のアイスクリーム屋さんで休憩しました。
蘇澳冷泉04
3個で35元(約140円)と安い!甘さ控えめで悪くなかったです。

話を戻しますが入場料は70元(約279円)です。男女共用の露天なので水着着用になります。着替えは外にあるシャワールーム内しかありません。足場が濡れているので着替えにくかったです。

水着を持ってきたので着替えてシャワーを浴びてから冷泉に入ってみたのですが、先に入った足だけとは違い全身だと入るのに苦労しました。約20分ぐらいかかりました(笑)。

※興味がある方は公式サイトを見て頂くと露天の雰囲気がわかりますよ。公式サイトのURLを記事下にリンクを貼っておきます。

入ってみるとだんだんとぽかぽかしてきて気持ちよくなります。地下から出て来る炭酸が身体に当たるのがわかります。

こちらの冷泉の効用がすごいですよ!
温泉効用
だいたい日本語と共通なのでわかりますよね。

余談ですが、ひとつよく間違える事があります。「効用」は中国語で「效用」(xiào yòngです。意味は一緒ですが漢字をよく見ると違います。「効」ではなくです。自分はよく書き間違えます(笑)。「効果」も意味は一緒で「效果」(xiào guǒです。

実際に入ったのが15時ぐらいで人は結構いたのですが17時ぐらいになるとまばらになり17時半には誰もいなくなりました。
蘇澳冷泉03
入口には21時までって書いてあったような。ちなみに写真の真ん中少し上にある白い部分が男性用シャワールーム兼着替える場所です。冷泉に入っている人からはよく見えます(笑)。

確かにこの時間になるとちょっと寒くなってきて蚊が多くなっていたので普通は帰りますね。ちなみに水着を着ている人と着衣のまま足だけ浸けている人の割り合いは半分半分でした。
足だけなら無料の方でいいじゃないかなと個人的には思いました。あと個室風呂は時間貸しで温泉もあるそうです。詳しくは公式サイトをご覧下さい。

そういえば個室風呂の周りにパンダの大群がありちょっとした人気スポットになっていました(笑)。
蘇澳冷泉05
冷泉を出たら目の前に売店があり入ってみるとご当地ソーダがあったので購入。
蘇澳冷泉02
彈珠汽水  $25(約100円)
瓶にもカタカナで名前が入っていましが「ラムネ」です。甘さ控えめで炭酸が細かくてたくさんあり日本の物とは違いました。こっちの方が好きです。お土産に買っておけば良かったかなと少し後悔。

その後は蘇澳駅に戻りバスを探していると羅東駅まで行く市の無料バスを発見。
蘇澳冷泉01
タイミングがよければ「行き」もこれで行けますね。せっかく羅東駅まで戻ってきたので羅東夜市で夜ごはんを食べて台北に戻りました。

関連記事ネギ好きにはたまらない!台湾の宜蘭にある「羅東夜市」

「蘇澳冷泉」の公式サイト:http://suao.hotweb.com.tw

スポンサーリンク