台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)BLOG

日本の得がたい友邦にして生命共同体である台湾との関係強化や、中国拡張主義への対抗を訴える言論活動を展開する台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)の主張、活動情報などを伝える。

■平成26年度会員を募集中/年会費は2000円。会員は毎月の定例会の参加費(1000円)が500円に。 郵便振替(口座記号番号 00100-2-708342 加入者名 台湾研究フォーラム)にお名前、ご連絡先(住所・電話・メールアドレス)をお書き添えの上お振込みを。なお毎月の定例会会場でも受け付けます。

日本人も知るべき在台中国人勢力の実態―台湾総統選を前に考えよう

かつての中国人化教育も今は昔。民主化後の台湾では台湾人意識が高まる一方で、最近の世論調査では「自分は台湾人」と考える者は六〇・六%で過去最高。一方、「自分は中国人」だとして「台湾人」と自称するのを拒む者は過去最低の三・五%。

だがこの「三・五%」に馬英九総統など国民党政権を担う中国系リーダーは含まれるのではないか。「血は水より濃し」とばかりに、唯一の敵国である中国に歩み寄るあの政策を見れば、誰でもそう思うのではないか。

そしてもう一つ、確実に「三・五%」に入っていると思われるのが、国民党をがっちりと支え続けて来た黄復興党部のメンバーだ。

この黄復興党部とは、中国系を中心とした退役軍人及びその家族で構成される党内組織。「「炎帝、黄帝の子孫(中華民族)が中華を復興する」という意味で黄復興と名乗るように、強烈な中華民族主義を掲げている。メンバーは十数万人と見られ、党に対する影響力は大きい。

さてその黄復興党部は十二月十一日、「対日抗戦勝利七十周年」を記念する退役将官のパティーを開いた。

そしてそこで挨拶に立ったのが郝柏村氏だ。

郝柏村
かつての軍の最大実力者で民主化の最大の敵だった郝柏村氏。この日もいつもなが
らに「中華民国を守れ」と訴えたのだが


今年九十七歳で党員歴は八十年を超えるという郝氏は、参謀総長、国防部長(国防相)を歴任し、行政院長(首相)をも務めたかつての軍の最高実力者(民主派勢力からは最大の敵と看做されていた)。総統選挙では国民党公認候補、朱立倫主席への応援を呼び掛けた。

「中華民国を看板とせよ。心に中華民国のない候補者など拒絶させよ」

「中華民国に一票を。国民党に一票を」

「宣教師の精神で票を集めろ」

同志たちにこんな発破をかけたわけだが、この「心に中華民国のない候補者」とは言うまでもなく、民進党候補の蔡英文主席のことだ。

これら勢力は台湾人意識で支えられる民進党を「台湾独立」分子と看做し敵視する。こんな連中に政権をたられては中国人体制=中華民国体制は崩壊すると言いたいのだろう。ちなみに彼らが理想とする中華民国体制とは、民主化以前の国民党独裁時代のような、中国人が台湾人を支配する体制以外の何物でもない。

しかし郝氏のこうした叫びを痛烈に批判したのが著名学者の姚立明氏だ。

九〇年代に李登輝主席による国民党の台湾化に反対する新党所属の国会議員とになり、中華民国体制の防衛を訴えたこともある人物だが、次のように話すのだ。

「(郝氏らの勢力に)私は少なくとも三十年間は騙されて来た。私達に『中華民国を守れ』と指導して来た彼らは、中国の前では何も言わない」

実はこれら退役将官達だが、その少なからざる者はここ数年来、旧敵中国軍にベッタリなのだ。訪中(つまり帰郷)しては中共軍の現退役軍人と交流し、ゴルフを楽しみ、「我々はともに同じ中国軍」とアピールし、あるいは中国軍の軍事パレードに参加するといった体たらく。そうした背信行為に、姚氏は怒りを隠せずにいるのである。

台湾人意識が世を覆うなら、同じ中華民族として中共と手を結ぼうというのが国民党の「聯共制台」(中共と提携して台湾人勢力の台頭を抑止する)だが、こうした通敵行為とも言える退役将官らの振る舞いは、まさにその象徴のようなものなのだ。

そして日本のメディアなどが「中台関係改善」「台湾海峡の緊張緩和」などと表現する国共両党の接近もまた、こうした売国行為に象徴されるのである。

だから、もし総統選で民進党が政権を奪取し、それによって中国が緊張を高めようとしたとしても、決して簡単に「関係改善を」「緊張緩和を」などと民進党政権に訴えてはならないだろう。

台湾研究フォーラム平成27年忘年会(12月12日、東京・東明飯店)

台湾研究フォーラム27年忘年会 004台湾研究フォーラム27年忘年会 006台湾研究フォーラム27年忘年会 009台湾研究フォーラム27年忘年会 010台湾研究フォーラム27年忘年会 011台湾研究フォーラム27年忘年会 012台湾研究フォーラム27年忘年会 013
台湾研究フォーラム27年忘年会 015台湾研究フォーラム27年忘年会 016台湾研究フォーラム27年忘年会 022台湾研究フォーラム27年忘年会 023台湾研究フォーラム27年忘年会 025台湾研究フォーラム27年忘年会 028

終戦の日に靖国神社前で訴えるー8・15「台湾を中国領とする文科省の教科書検定を許すな!」街宣・署名活動の意義

一つの民族、一つの国を滅ぼすには、その歴史を抹殺すればいい。台湾では今年、そのような発想に基づき、在台中国人である馬英九総統の国民党政権が高校用の台湾史教科書の書き換えを実行した。「台湾は古来中国の一部」との虚構宣伝に基づき、台湾史を強引に中国史の一部と位置付けることで、国民の台湾人意識の広がりを抑止し、中華民族主義を高揚させ、台湾の「中国化」を図ったのだ。

それはまた台湾併呑を目論む中共の期待に応えたものとも言っていい。

こうした動きに野党、歴史学者、教員、そして全国の高校生が「脱台湾化」だとして猛反撥、抗議運動を続けている。ところがそれに対して国民党サイドは「脱台湾化ではなく脱日本化だ」と反論する。今回の教科書の書き換えで、日本の台湾統治の不当性、不法性が強調されたため、「脱日本化によってかえって台湾の主体性が強調されるようになった」などと嘯いているのだ。

そればかりか、洗脳教育を断固阻止するため立ち上がった高校生の抗議運動に対し、「日本軍国主義を擁護している」などと批判まで浴びせる始末。

もちろん中華民族主義者による根も葉もないヒステリックな誹謗の宣伝ではあるが、結果的には高校生達は、中国式の歴史捏造から日本統治時代を含む台湾史の擁護の戦いを展開している訳だ。

831+2_convert_20150801154724.jpg
台湾で自国を中国の一部と位置付ける教科書に抗議し、教育部(文科省)に抗議の座り込
みを行った高校生たち。同じような教科書は日本でも全国の小中高生に使用されている


邪悪なる中華民族主義の謀略から台湾の国を守るとのやむにやまれぬ思いからだが、そうした子供達の健気な姿に、日本人であるなら感動するはずだ。

ところが、そうした邪悪な中華民族の宣伝は、何と日本の学校教科書にも反映されているのである。

小中高で使われる社会科教科書を見てほしい。どれもが台湾を中国の一部と記述しているのだ。

例えば中国の地理の一部として台湾の地理が説明され、中国の地図には台湾が組み込まれ、中国の面積の数値には台湾のそれが含まれている。

台湾 地図教科書1 台湾 地図教科書2
これらは中学校の社会科教科書に掲載された地図。台湾をはっきりと中華人民共和国領と表記している。こうしたものが中共のプロパガンダ通りの誤った印象を
子供達に植え付けるのだ


それではなぜ教科書記述の誤りを正すための文科省の教科書検定はこれを許すのかと言えば、それはその検定自身が、そうしろと指導しているからなのである。

中共の対日重要工作の一つが「台湾は中国の一部」との洗脳宣伝の押し付けだが、文科省はそれに加担し、その誤った情報を自国の子供達に押し付けて来たのである。

一九七二年の日中国交樹立後、中共の圧力に屈した結果だ。それ以来この「犯罪」行為は実に四十年以上も継続されているから、国民の大半が被害者だということになる。

実際に多くの国民は「台湾は中国の一部」という誤った認識、印象を抱いているはずだ。

だからこそ文科省の教科書検定の「犯罪」には批判がほとんど起こらないで来た。誰もその誤りに気付かないのだ。

中共が「台湾は中国の一部」との宣伝を日本に押し付ける目的は、日本を台湾併呑に反対させないようにするためだ。

例えば台湾有事で日米同盟が動こうとする際、「台湾問題は中国の内政問題。干渉は許されない」と野党、メディア、世論に反対をさせたり…。

台湾が中共の手に落ちれば、日本の独立も危殆に瀕する。「台湾は中国の一部」とする宣伝を学校教育から追放し、国を守らなければならないという一点で、日本は台湾と同じなのだ。

そこで我々台湾研究フォーラムは今年も八月十五日、全国からの参拝客で賑わう靖国神社の前で、文科省糾弾の街宣・署名活動を行う。台湾人英霊のご加護を仰ぎながら。



■8・15靖国神社前「台湾を中国領とする文科省の教科書検定を許すな!」街宣・署名活動

台湾研究フォーラム 署名 shomei_title

※この活動は警察署の「道路使用許可」を取った上で行います。ご参拝の際、短時間でもお手伝いいただければ幸いです。

日時 平成27年8月15日(土) 09:00~17:00

場所 靖国神社第一鳥居前(東京メトロ「九段下駅」1番出口前)

内容 街宣・チラシ配布・署名募集

主催 台湾研究フォーラム

問合せ 090ー5441ー7212(飯田孝一)

台湾研究フォーラム 平成27年 「日台交流・暑気払い」

台湾研究フォーラム 平成27年 「日台交流・暑気払い」 

台湾料理を体験しながら台湾問題、日台関係問題を語り合おう!
奮ってご参加下さい!

260727台湾研究フォーラム暑気払い会+069_convert_20150730130053

日時 8月2日(日) 17時00分~19時00分

場所 台湾料理「台南担仔麺[たいなんたーみー]」 新宿店
http://www.tainan-taami.com/shinjuku01/index.html
(東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-1 常盤ビル1階 TEL 03-3232-8839)
JR新宿駅 東口 徒歩10分 / 西武新宿駅 徒歩2分(高田馬場寄り)

会費 3,500円 (食べ放題・飲み放題)

お申込 必ず前日(8月1日)までにお申し込みください。
MAIL twkenkyuforum@yahoo.co.jp

お問合せ 070-6484-2624

主催 台湾研究フォーラム

台湾紙で慰安婦の真実を訴えた

ブログ「台湾は日本の生命線」より転載

台湾紙で慰安婦の真実を訴えた 

2015/06/08/Mon
■台湾教科書問題―大中国史観から派生する抗日史観

国民党の馬英九政権下の台湾では、かつての同党独裁時代さながらに、中国人化の洗脳教育を復活させるべく、大中国史観に基づく高校用歴史教科書が今年九月の新学期から使用される見通しだ。

昨年突如として歴史教科書の学習指導要領(課綱)の大幅改定が密室作業で行われた結果である。台湾は中国の領土の一部だとの虚構宣伝を生徒に刷り込むため、台湾史を強引に中国史の一環と位置付けるわけだ。むろんそこには、数々の歴史捏造が伴うことになる。

ちなみに、すでに日本でもたびたび報道されているように、課綱は日本時代に関しても、批判的な記述に切り替えるよう指導している。大中国史観からは当然の如く、抗日史観も派生するのだ。

たとえば従来の教科書は史実重視で、当時を台湾の近代化建設の時代とも位置付け、公正な評価を行って来たのだが、課綱はそれを改め、台湾人に対する圧迫、搾取の時代と強調したり、戦時中についても「大東亜共栄圏の構想」を「大東亜共栄圏の侵略構想」に、そして「慰安婦」を「婦女子を慰安婦にする強制」などと書き換えるよう求めている。

■台湾の「強制連行」否定論者を「皇民」と罵る中華民族主義者

現在、こうした時代逆行の動きに対し、野党をはじめ、全国の教員、そして高校生までもが反対の声を上げているが、そうした中の六月三日、野党の台湾団結連盟(台連)が驚くべき事実を暴露した。

「驚きべき」とは言っても、国民党の中国化政策が、中共の意向に沿ったものであることを思えば決して不思議ではないのだが、要するに学習指導要領の改変を主導した学者たちの多くが、中共に繋がる中国統一団体の関係者、つまり偏執的中華民族主義の活動家たちであることが明らかになったのだ。

台湾教科書問題 台聯_convert_20150608172059
高校用歴史教科書の中国化を主導するのは中共に繋がる在台中国人たちだった。
この事実を説明する台連の黄昆輝主席


そのリーダー格に王暁波という学者がいるが、自由時報によると、これが台連に激しく反撥した。

「(慰安婦問題は)強制だったと改めたことに反対なら公開討論に応じよ。私は自分の首を賭けるから、台連も武士道精神に基づき切腹覚悟で応じよ。果たしてそれができるか」と。

この挑発は、台連が昨年、課綱の改定を非難する中で、「慰安婦が一〇〇パーセント、強制だったとする証拠があるのか」などと批判したことを受けてのものだろう。

「武士道」云々は、台連を日本に媚びる狗と位置付けた上での茶化しだ。もちろん台連は
日本に媚びているのではなく、史実を追及しているだけなのであるが、中華民族主義にかかれば、日本の台湾統治を全面否定しない者は「親日」「媚日」「皇民」「殖民地美化」の漢奸となるわけだ。

■日本人として歴史の真相を伝えなくてはならない

ちなみに王暁波は、中国統一派の政論雑誌「海峡評論」の創始人、編集者にして、同派の連合組織である中華両岸和平発展連合会の創始人。台湾が中国の一部であることと強調するためなら歴史の歪曲、捏造も厭わない大学教授だ。七〇年代初め、国民党が尖閣諸島の領有権を主張し始めたのを受け、政治活動に目覚めたという激越な中華民族主義者である。

王暁波 4_convert_20150608172030
王暁波。過激な中華民族主義者だ

慰安婦の歴史に関しても、正しいのは王暁波ではなく、台連であることは言うまでもない。

だが台湾国民は、それをどこまで理解できるだろう。自由時報の読者の中にも、自信満々で公開討論を呼び掛ける王暁波の主調こそ正確だと誤解する人々は数え切れまい。

そこで私は、日本の官憲による強制連行はなかったとの史実を台湾国民に伝えねばとの思いから、自由時報の読者投書欄に投稿することにした。

もっとも台湾でも、強制的に慰安婦とされたと証言する女性たちがおり、多くの国民が彼女たちに同情を寄せている。果たしてこのような物議を呼びかねない文章を自由時報は採用するだろうか。

また仮に掲載されても、多くの読者が私を誤解する恐れもある。つまり自国の歴史を美化したいだけの見苦しい日本人だと。

だがすでに台湾人が歴史の真相を訴えているのだ。私も日本人としてそれをやるべきだと考え、六日に一文を認め、投稿した。そして翌七日、果たしてそれが掲載された。

■史実を史実と理解した台湾のメディアに感動味わう

以下がその日本語訳だ。タイトルの「吉田清治 王暁波」は、自由時報が付けた。


吉田清治 王暁波  

◎永山英樹

日本にはかつて慰安婦という悲哀の歴史があるが、日本人として言うべきことは言わなくてはならない。
自由時報の六月四日の報道によれば、課綱審査グループの主任である王暁波は「もし台連が、我々が慰安婦について『志願』から『強制』としたことに不同意なら、私は全責任を負い、自分の首を賭けて公開討論を行う。台連も武士道の切腹精神に基づき、それに応じてほしいのだが、果たして台連にそれができるか」と強調した。
日本の政府、軍隊が慰安婦を強制連行したという問題は、朝日新聞が一九九一年以降、強制連行に関わったと自称する吉田清治の八〇年代の証言(吉田証言)を散布し、韓国国内で様々な風説が広がって惹き起されたものだ。
その後の一九九五年、吉田は自分の証言が彼の「創作」(捏造)であることを認め、朝日新聞も昨年ついに誤りを認め、謝罪した。
また、一九九三年の河野洋平内閣官房長官が発表した談話(河野談話)が、日本による韓国での慰安婦の強制連行を認め、謝罪した問題もある。現在日本政府は韓国や中国との関係悪化を懸念し、この談話を放棄していないが、河野の行為が何ら根拠もない、韓国政府に迎合しただけの政治的作文であることはすでに実証されている。
そのため、日本国民の中にも大勢の「王暁波」(理性を欠いた反日学者、知識人)はいるが、彼らですら慰安婦は「強制」だったと主張、宣伝することはできなくなっている。
もし台連に暇があれば、どうぞ公開討論に応じ、王暁波に首を差し出させて下さい。
(台湾研究フォーラム会長)


この一文が掲載され、私はやはり台湾の人々は史実を史実として理解できるということに、改めて感動したのだった。

■大中国史観の横行は台湾国民にも迷惑

この拙文は投書欄のページの一番上に飾られた。しかも見出しの文字はページ中最大。この短文のテーマ、内容は重視されたように思える。

自由時報6月7日自由広場_convert_20150608170130
周辺国のメディアが慰安婦の真相を訴える投書を採用、掲載したことは特筆に値する

自由時報は台湾の朝刊中、発行部数はダントツ一位。多くの読者の目に止まったと思うが、問題はその反応だ。同紙電子版にはコメント欄があり、内容に理解を示すものもあれば、批判もあった。批判文は台連を「日本皇民党」と罵るなどしており、おそらく中華民族主義者が書いたと思われる。

フェイスブックでも二人の台湾人が拙文をシェアしているのを見かけた。一人は歴史研究家で、「よく書いてくれた。これでさらに王暁波を批判できる」とのコメントを添えていた。

さて馬英九総統は三日、台湾発の慰安婦記念館を開設する意向を明らかにしたが、これもまた大中国史観に基づく抗日史観拡散の動きなのだ。

これを受け菅義偉官房長官は五日の記者会見で、「そうした動きが本格化するようであれば、さまざまなルートを使ってわが国の立場を説明し、(設置を)取りやめるよう詰めていきたい」と述べた。

台湾に対するこうした努力は有効である。こうした行動の積み重ねによって台湾国民の内、歴史の真相を理解できる者は理解することになるからだ。

逆に拱手傍観すれば、馬英九をはじめとする中華民族主義者たちは今後も歴史捏造を恣にすることだろう。

それは台湾国民にとっても迷惑な話だ。逆に日台分断、台湾併呑を目指す中共は大喜びする訳だが。


【過去の関連記事】

「反日」捏造が再び―台湾の歴史教科書が危機!(上) 14/01/30
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2294.html
日本統治の不法化は中国人化教育―台湾の歴史教科書が危機!(中)14/02/02
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2297.html
洗脳教育は台湾抹殺の前奏曲―台湾の歴史教科書が危機!(下)/附・「台湾チャンネル」関連解説動画
14/02/04
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2298.html
「日本統治」否定に見る台湾歴史教育「中国化」の蠢きー国民党の洗脳政策に高校生も反撥!15/06/04
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2573.html
戦う台湾の高校生!歴史教科書問題で国民党政権(中華民族主義)に立ち向かう 15/06/06
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2575.html

戦う台湾の高校生!歴史教科書問題で国民党政権(中華民族主義)に立ち向かう

ブログ「台湾は日本の生命線」より

戦う台湾の高校生!歴史教科書問題で国民党政権(中華民族主義)に立ち向かう

2015/06/06/Sat
■従来の公正な歴史教科書を憎悪する国民党政権  

歴史を改竄して自国を貶める教科書問題を抱える日本の国民なら理解しやすい話だ。台湾でも現在、同様の問題が発生し、大きな議論を読んでいる。

戦後台湾では、中国から亡命して来た国民党独裁政権の中国人化政策の下、学校教育で教える自国史は大中国史観で描かれた中国史のみで、台湾の独自の歴史はほとんど隠蔽されていた。

台湾史の教科書が使用され始めたのは民主化(台湾化)以降。中学校では李登輝政権下の一九九七年で、高校では民進党政権下の二〇〇六年になってからだ。

それらの教科書の記述は中立性、公正性で定評があった。なぜなら、これら台湾人政権の関心は捏造史観で愛国心を煽ることではなく、史実を取り戻して台湾を見つめ直させることにあったからだ。もちろんそこには従来の洗脳教育への反撥もあった。

しかしこれによる台湾人意識の高まりに反撥したのが、国民党などの在台中国人の政治勢力だ。

そしてお隣の中国共産党。台湾併呑を目指す中共にとっても、台湾人意識の高揚は大きな脅威に映った。

そしてこれら勢力は、新しい台湾史教科書を「台独教科書」と罵った。また「日本殖民地美化」とも痛罵した。なぜならこれら教科書は、日本統治時代も台湾史の一環として客観的に評価したからだ。

■中共から評価される台湾の歴史教科書改竄

そこで二〇〇八年、在台中国人である国民党の馬英九が政権を握ると、「脱中国化」から「脱台湾化」への揺り戻し、つまり再び大中国史観による洗脳教育を復活させようと動き出した。

そして台湾史を中国史の一環と位置付ける牽強付会の捏造歴史を生徒に押し付けるべく、高校社会科の学習要領(課綱)の「微調整」(実際には大幅改定)を、国民の監視が及ばない「黒箱」(密室)作業で行い、二〇一四年二月に改定綱領を公表したのだ。

これにより大中国史観は歴史教科書だけでなく、公民教科書にまで及ぶことになる。

中共はこれに賛意を示したが、国内では民進党などの野党や学者団体、教職員などの猛反対が巻き起こった。

しかし教育部(文部科学省に相当)はそれに耳を傾けず、今年九月の新学期から改定綱領に基づく教科書が使用される予定である。

そうした中、このほど驚くべき事実が判明した。学習指導要領の改定には、中共の影響が及んでいる可能性が出て来たのである。

■主導者たちは偏狭な中華民族主義者たち

李登輝元総統を精神的指導者と仰ぐ政党、台湾団結連盟(台連)が六月三日に明らかにしたところによると、歴史課綱委員会のメンバーの民間学者六人のうち、孫若怡が中国の統一戦線工作(統戦)下にあるとされる偏執的な中華民族主義の政論雑誌「海峡評論」の編集委員で、呉昆財ら二人が同誌の連寄稿者だ。

台湾ch85_convert_20150606145001
台連による歴史改竄の元凶の暴露のニュースは現地紙一面トップを飾った

残りの三人も呉昆財が委員会に引き込んだ仲間たちと疑われている。ちなみに呉昆財は、独裁者蒋介石を「ミスターデモクラシー」などと讃える中華民族主義者である。中国メディアの取材に対し、「全世界で政治に奉仕しない教科書はない」とも言い放ったこともある。

台湾歴史教科書_convert_20150606144802
教科書の「中国化」を主導したのは「海峡評論」誌や中華両岸和平発展連合会など中国統一派グループのメン
バーたちだった


これまで教育部は、同委員会のメンバーの名簿の公開を頑なに拒否して来たが、台連の頼振昌国会議員は「道理で国民には見せられないわけだ」と話す。

さらに頼振昌は課綱審査グループについても、その十人のメンバー中、四人もが「海峡評論」の関係者だと指摘した。たとえばグループのリーダーである王暁波は同誌の主筆にして編集長。この人物こそ今回の綱領改定の立役者だ。その他の三人も同誌の編集委員である。

また台湾では昨年、中国統一派団体が結集して中華両岸和平発展連合会なる反日反米の民族主義団体が発足しているが、王暁波はその創設者であり、孫若怡らもその一員だ。

■台湾の教育部(文科省)は中国の影響下か

台連からの「教育部は中国の統戦教育部か」との批判に対し、教育部の呉思華部長(文科相に相当)は「課綱グループが中共と関係あるかはよくわからないが、同グループは国家教育研究院に帰属する。教育部は同院の専門性を尊重する」として取り合わない。しかし国家教育研究院は教育部の直属機関ではないのか。

一方、王暁波もこう反論する。

「民進党政権時代、課綱グループは台独学者が中心だったはずだ。なぜ台連はそれに抗議しなかったのか」と。

そして、改定綱領が日本時代の慰安婦に関する記述で「強制連行」に触れるよう指導する問題で、頼振昌が昨年、「教育部は、慰安婦が一〇〇パーセント強制連行されたとする証拠でもあるのか」と批判したのを意識してだろう。次のような挑発も行った。

「もし台連が、『志願』から『強制』に改めたことに反対なら、私は全責任を負い、命を掛けて公開討論を行おう。台連も武士道精神に基づき切腹覚悟で応じよ。それができるか」

いかにも中華民族主義者ならではの好戦性だ。こうした勢力に学校教育は牛耳られて行くのだろうか。

■政府が恐れる高校版「ヒマワリ学生運動」

こうした捏造史観による史実の隠蔽、否定は日本の歴史教科書問題と同様だが、しかし日本と異なるのは、全国の高校生がそれに抗議の声を挙げていることだ。

全国の各校の生徒たちがフェイスブック上で「黒箱課綱に反対、拒絶、撤回要求」を唱えるグループを結成し、その数は六月五日の段階ですでに四百二校を数えている。

校内で討論会を行い、あるいは街頭でデモ行進を行うなど、抗議活動は拡大する一方だ。

今日の高校生は昨年の太陽花(ヒマワリ)学生運動の大学生たちと同様、民主化時代に生まれ育った世代であり、しかも確固とした台湾人意識を持っており、前時代的な中国人化のための洗脳教育などとても受け入れられないのである。

台湾歴史教科書問題 高校生2_convert_20150606152052
教科書問題で討議を行う高校生たち。台湾の将来を思い真剣な面持ちである

台湾歴史教科書問題 高校生デモ_convert_20150606150251
高校生の抗議デモ。このうねりは高校版「ヒマワリ学生運動」に発展するのか

こうした状況を受け、六月三日には毛治国行政院長(首相に相当)が、高校版の太陽花学生運動に発展するのを懸念し、教育部に対し「生徒たちと意思疎通を図れ」と支持した。与党国民党議員からも「まずは生徒と話し合いを。改定綱領の実施は延期すべきだ」との声が上がった。

一方、呉思華教育部長は同日、「すでに新旧版の教科書のいずれも使用できることに決めている。改定綱領に反対する教員、生徒に報復しないことを保証する」というのが精一杯。馬英九政権自体は、生徒の思想改造の目論みを放棄する気などさらさらないのである。

七月には台北で生徒らによる大規模デモが行われる見込み。

懸念されるのは政府によるその後の「報復」だ。なぜならそれが、中華民族主義者のやり方だからである。


【過去の関連記事】

「反日」捏造が再び―台湾の歴史教科書が危機!(上) 14/01/30
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2294.html
日本統治の不法化は中国人化教育―台湾の歴史教科書が危機!(中)14/02/02
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2297.html
洗脳教育は台湾抹殺の前奏曲―台湾の歴史教科書が危機!(下)/附・「台湾チャンネル」関連解説動画
14/02/04
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2298.html
「日本統治」否定に見る台湾歴史教育「中国化」の蠢きー国民党の洗脳政策に高校生も反撥!15/06/04
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2573.html

「日本統治」否定に見る台湾歴史教育「中国化」の蠢きー国民党の洗脳政策に高校生も反撥!

ブログ「台湾は日本の生命線」より転載


「日本統治」否定に見る台湾歴史教育「中国化」の蠢きー国民党の洗脳政策に高校生も反撥!

2015/06/04/Thu
■公正だった台湾でも反日歴史教育の動き  

学校の歴史教育で日本の「侵略」「殖民地支配」を受けたとヒステリックに強調する周辺諸国の中で、当時の歴史を公正、客観的に記述するのが、台湾の民進党政権発足以降の高校用歴史教科書だ。要するに台湾人は中国人や韓国人と違い、反日民族主義で国民を束ね、政権の正当性を強調するという政治的発想がないという訳だ。

しかし二〇〇八年に発足した馬英九総統(中国出身)の国民党政権には、それが強烈なまでにある。同党独裁時代と同様、台湾人に中華民族主義(つまり反日民族主義)を扶植する洗脳教育に乗り出しているところだ。

この政権が歴史の門外漢の学者たちを集め、密室作業で学習指導要領を改定させ(「微調整」という名の大幅改定)を行わせ、歴史、公民等の教科書に大中国史観(中華民族主義)を反映させることに着手したのが、二〇一四年一月のことである。

日本でも共同通信(二〇一五年二月十三日)が「『日本統治時代(1895~1945年)を過度に美化しないよう』などとして教育部(教育省)が学習指導要領を昨年改定」「改定要領は『統治』の表記を『植民統治』に変えるほか、慰安婦問題について『(慰安婦になることを)強制された』との言葉を補うなどとし、歴史問題で日本に批判的」と報じている。

270605 7
歴史教科書の学習指導要領の改定により、左欄から右欄へのように、日本統治時代に関する批判的記述が増加することに

■日本統治時代を「美化」?―台湾人の理性への侮辱

実際に現行の教科書は日本統治時代を「美化」しているかどうかだが、この問題は台湾では議論の大きな的である。そもそも国民党(あるいは中国共産党)の大中国史観にかかれば、日本統治を一〇〇%否定しないことは、すなわち「美化」となる訳で、多くの台湾人は、こうした幼稚な罵倒語にうんざりしている。なぜならそれは、台湾人の理性に対する、言われなき侮辱だからだ。

改定要領はこの他、日本統治下での経済的発展を促した諸施策の説明よりも、日本による経済の壟断、搾取を強調するように指導もしており、でき得る限り当時の時代を否定する構えだ。

さて、「統治」か「植民統治」かの問題である。

現行の教科書は日本統治を「日本統治」「日治」と呼ぶ訳だが、台湾ではこの他、独裁時代の公定用語である「日拠」(日本占拠)との呼称もある。これは「日本占領」という意味で、そこには日本統治は不法な占領であり、台湾の主権は当時を含め、一貫して中国が握っているとの国民党の主張が反映されている。しかし史実に照らせば、日本の台湾統治は下関条約に基づく合法的なもの。したがって「日拠」なる用語は政治プロパガンダに過ぎないのである。

そのため教科書でも史実に符合する「日治」が採用されるに至ったわけだが、中華民族主義者はそれが許せない。

■「日本統治時代」-排斥される歴史用語

だからと言って、「日治」を否定するにも正当な理由も見当たらない。そのため行政院は二〇一三年、公文書では「日拠」で統一する決定はしたものの、教科書については「日治」と「日拠」の両表記を容認するというのが精一杯だった。

そうした中で持ち出されるのが「殖民統治」なのである。これであれば史実に反しないし、「殖民」という二字で日本統治の不法性、不当性を強調するのが狙いだ。

さてその後の今年五月九日、教育部が今年九月の新学期から使用される新たな高校用歴史教科書を公開。九社ある内、「日本殖民統治時期」を採用したのは五社に及んだ。

270605 5
公開された新しい歴史教科書

一方「日本統治時期」が二社で「日治台湾」は一社。それらの中には「日本人は半世紀もの長きに及ぶ殖民統治(略称・日治時期)」との記述も見られた。

270605 8
日本統治時代に批判的な呼称改変には、日台分断を画策する中国も関心を示す。写真はCCTVのニュース画面

そして残りの一社だが、こちらは「日拠時期殖民統治」とした。これは、大中国史観を拡散するため、二〇一二年に設立された史記文化という出版社。代表者は両岸統合学界執行長の肩書を持つ中国ベッタリの退役中将。書中で日本殖民統治時期を日拠時期と略称する理由を三百字以上にわたって解説しているあたりは、実に戦闘的だ。

■「日本美化」と「台湾独立」を敵視する国民党

学習指導要領の改定を伝えた前掲の共同の記事だが、そこにはこうも書かれている。

「歴史問題で日本に批判的な一方、中国とのつながりを強調する内容。野党などは『大中国史観に立ち、台湾を矮小化している』などと反発している」

このように台湾人に中国人意識を抱かせようと狙う国民党は、従来の教科書の所謂「日本統治の美化」だけでなく、台湾人意識を高揚させる台湾独自の歴史の記述をも「台湾独立」の動きだとして敵視し、台湾史を中国史の一環として強調したいのである。

そのため改定された学習指導要領は、たとえば十七世紀のオランダ統治を「治台」から「入台」に改めよとし、オランダが「中国の台湾」に侵入したかのような印象を持たせようとするが、それ以前の時代に台湾は中国に支配されたことはなかった。

同じく鄭成功一族による台湾統治時代も「鄭氏統治時期」から「明鄭統治時期」に改め、台湾が明国(中国)の統治下にあったかの如く記述するよう指導するも、あの当時明国はすでに滅亡している。

要するに台湾は古来中国の一部だったと位置付けたい訳だが、実際にはどれも史実より「政治」を優先させた、国民党独裁時代の捏造史観の復活なのである。

270605 6
捏造に満ちた大中国史観に基づく歴史用語改変の数々

■中国人の洗脳歴史教育を拒絶する台湾の青年層

戦後史についても、国民党による一九四五年の台湾の「接収」(連合国の一員としての台湾軍事占領)を「光復」(台湾の中国への復帰)に改めよとするが、史実は「接収」である。

四七年の二・二八事件についても、それが後の白色テレへと続く恐怖政治の一環だったとした従来の記述を止めさせ、事件があたかも突発事件だったかのように描き、かつ白色テロは削除するよう規定した。つまり国民党自らによる台湾人弾圧政策の隠蔽である。

そして「中国」は「中国大陸」に改めろとも指示。台湾は中国の一部であり、「中国」は外国ではないとの位置付けだが、これも事実に反している。

そしてこうした欺瞞に満ちた教科書の中国化は、歴史のみならず公民の領域にも及んでいる。

だから国内で「大中国史観に立ち、台湾を矮小化している」との批判が巻き起こっているのは当然なのだ。民進党の首長や歴史学者の他、全国の教員、そして高校生たちまでもが、「微調整」された指導要領に沿う新教科書のボイコットを訴えている状況だ。

生徒たちまでがネットなどを通じ、反対運動を展開していることは注目に値する。彼らはこれまで客観的、理性的な歴史教育を受けて来た世代であり、国民党の前時代的な洗脳教育など受け入れることができないのである。

270605 4 270605 3
270605.jpg  270605 9
「中国化を拒絶し、台湾史を守れ!」 高校生らが洗脳教科書に抗議デモ(5月31日)

しかし国民党はだからこそ、その子供たちの思想を改造しようと躍起になっているのだ。しかも中国共産党による支持と声援を受けながら。

これが、今台湾で進行する悲劇の一つなのである。

7月18日、黄錦容先生講演「台湾ナショナリズムの現在」

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第170回定例会

自由時報 ひまわり学生運動5
















今回は台湾から来日される黄錦容先生を講師としてお迎えします。
昨年の太陽花(ひまわり)学生運動以降に見られる様々な現象やナショナリズム的な言説について考察。広がりを見せるナショナリズムのオタク的心情の内面も突きながら、台湾における社会運動や社会の改造の可能性、策略などを解説していただきますので、お誘い合わせの上ご出席ください。


講師 黄錦容先生(台湾国立政治大学日本語学部特別招聘
教授)

演題 台湾ナショナリズムの現在ー愛国主義と非物語的な虚構性


日時 平成27年7月18日 (土)18:30~20:15

場所 アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下1階)
(東京都文京区春日1-16-21)

交通:東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」直結
都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」直結
JR中央線・総武線「水道橋駅」徒歩約10分

会費 会員500円・一般1000円
   (会場では入会も受け付けます。年会費2000円

問合せ twkenkyuforum@yahoo.co.jp
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ