台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)BLOG

日本の得がたい友邦にして生命共同体である台湾との関係強化や、中国拡張主義への対抗を訴える言論活動を展開する台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)の主張、活動情報などを伝える。

■平成26年度会員を募集中/年会費は2000円。会員は毎月の定例会の参加費(1000円)が500円に。 郵便振替(口座記号番号 00100-2-708342 加入者名 台湾研究フォーラム)にお名前、ご連絡先(住所・電話・メールアドレス)をお書き添えの上お振込みを。なお毎月の定例会会場でも受け付けます。

台湾人と中国人の異なる歴史観―なぜ台北市長は台湾総統の握手を拒否したか

「台湾は日本の生命線」より転載。


■産経が報じた二・二八虐殺事件の追悼式

産経新聞は二月二十八日、「台湾2・28事件式典で台北市長、馬総統と握手拒否」と題する記事を配信した(紙面掲載は三月一日)。

次のような内容だ。

―――中国国民党政権が台湾住民を弾圧した1947年の「2・28事件」から68年の28日、台北市内で追悼式典が開かれ、遺族代表として初参加した台北市の柯文哲市長が、国民党の馬英九総統との握手を拒否する場面があった。

―――柯市長は祖父が事件の犠牲者で、式典には父母も参加。あいさつでは涙を流し、「(事件は)今日まで社会の分裂をもたらし、柯家3代や多くの被害者家族の苦しみを生んだ」と何度も言葉を詰まらせた。

―――馬総統は「事件の教訓は忘れない。台北市には中央と協力して社会の和解を進めてほしい」と訴え、柯市長のあいさつの後と式典後の2度、握手を求めたがいずれも拒まれた。

馬英九氏はこれまでも懸命に「和解」を求め続けてきたが、それではなぜ柯文哲氏は握手を拒否したのか。本人は後に「手が汗をかいていたから」と説明したが。

台湾写真228 5b3c6ace7d4747101cb8d2cb6328e749_convert_20130228121824

■二・二八事件―なぜ台湾人は中国人に反抗したか

まず二・二八事件とは何かだが、記事はこう説明する。

―――事件は47年2月28日から台湾全島で起きた国民党統治への抗議行動。行政院(内閣に相当)は92年、武力弾圧などによる犠牲者を1万8千~2万8千人とする推計を公表した。

もう少し詳しく解説しよう。

当時なぜ抗議が起こったかと言えば終戦後、一年以上に及んだ「国民党統治」が戦争勝者の略奪支配だったからだ。日本統治下の合理的な法治社会は不条理な人治社会へと一変し、前近代的な思想、習俗を持つ中国人が近代文化を持つ台湾人を抑圧したため、起こるべくして起こった全島的な反乱だった。

台湾人の指導者層はただちに事態の収拾に掛り、台湾人の自治を要求。国民党はそれに受け入れるふりをして蒋介石に精鋭部隊の急派を要請。かくして中国軍が上陸し、無差別虐殺、清郷(シラミ潰しの住民検挙)を行った。人々は虫けらのように扱われ、何人が犠牲になったかも記録されなかった。「1万8千~2万8千人」という数値はあくまで事件前後十年の人口統計から割り出された。

台湾写真228_convert_20150303144529

台湾写真228423915_266832733386662_258600005_n_convert_20150303144557

事件は国民党によってタブーとされ、同党の残虐さを目の当たりにした住民は、民主化時代が到来するまで、それを口にすることもできなった。

■社会の分裂に言及した台北市長の涙のスピーチ

「祖父は師範学校卒業後、小学校の教師となった。事件当時は清郷を受け、知識人と言うことで逮捕され、暴行を受け、出獄後三年間は寝たきりとなり、そして亡くなった」

式典で遺族代表として挨拶に立った柯文哲氏は、嗚咽しながらこう語った。

台湾CH 270303 2_convert_20150303143952
遺族代表として嗚咽しながらスピーチする柯文哲・台北市長

彼の祖父は事件当時、反抗には加わらず、逆に所謂「外省人」(中国系)を匿ったのだが、その者が裏切って密告したため、捕えられたのだ。

「一九四七年という悲しみの時代に、多くの台湾人は家族や友人を失い、台湾社会に恐怖心が長期間植え付けられた」と、事件後の社会状況を振り返り、「人と人との間に冷たい壁が作られ、今も社会は分裂している」とも述べている。

今も続く台湾人と外省人との、主に政治面における心理的な対立を指摘したのだろう。

「私の台北市長選への出馬に父は当初猛反対した。『私は二・二八事件で父親を亡くした。だから息子まで奪われたくない』と。この言葉を聞き、私はこうした台湾の状況を次の代に残したくないと考え、立候補を決意した」

「真相が明らかにされれば許すことができる。許すことができれば和解が生まれる。和解されれば平和が訪れる。歴史の悲劇を再来させないこと。これが我々の代の責任だ」

■中国人との「和解」を受け入れらない遺族の思い

涙のスピーチを終えた柯文哲氏に、馬英九氏(外省人)がいたわりの握手を求めた。しかし柯文哲氏はそれを拒否した。

台湾CH 270303_convert_20150303144021
馬英九総統の差し出す手を握らなかった柯文哲市長

その後、馬英九氏が登壇。

「事件当時の衝突はすでに歴史となった。中華民国政府はみなさんとの努力の末、真の意味での民主政府となった。しかし私達は永遠に事件の教訓を忘れてはならない。歴史を繰り返してはならない」

こう述べた上で柯文哲氏に、「台北市は中央政府とともに社会の和解を進めてほしい」と訴えたのだ。

そしてその後、再び握手を求めたが、柯文哲氏はそれも拒否した。

「衝突はすでに歴史となった」と強調する馬英九氏の姿勢を、受け入れなかったのではないか。「和解」にはまず事件の「真相」究明からだと考えているのだから。

国民党政権はまだ、事件の真相に関する多くの資料を公開していない。事件の元凶とされる蒋介石の動きを示すものを含めてだ。

■社会分裂の原因は台湾人より外省人勢力

昨年のこの日、世新大学の王暁波教授(外省人)が事件の犠牲者数に触れ、「小さなケース」だと述べて波紋を呼んだ。この人物は馬英九政権による歴史教科書の「中国化」(大中国史観の導入)政策を受け、学習指導要領修正を指揮した人物である。

こうした事件への反省なき歴史観は外省人にしばしば見られ、そのような意識、認識の差異も「社会の分裂」の原因となしている。しかし国民党を中心とした外省人の政治勢力には、事件の「真相」究明にこだわる台湾人勢力こそが「分裂」の原因であり、「和解」を妨げていると強調する傾向がある。

報道によれば柯文哲氏の握手拒否に対し、国民党内部からは「馬英九氏は敢えて『外省人に生まれた罪』を背負っている。失礼だ」との声があるというが、それもそうした台湾人批判なのだろう。

しかしそのような状況だからこそ、馬英九氏がいかに事件に反省の意を表明しても、多くの台湾人は、その真意を疑っている。

■台湾の未来のために握手を拒否した

柯文哲氏は挨拶の中で、次のようにも語っている。

「祖父は皇民であれ国民であれ、それは自分が決めたものではなく、一人の真面目で分をわきまえた台湾人に過ぎなかった」と。

これは台北市長選挙中、ライバルの国民党候補陣営から、日本時代に教員だった祖父は「皇民」であり、柯文哲氏を「皇民の孫」と罵られたことへの回答と言えるだろう。

言うまでもなく「皇民」とは、日本時代の日本国民のことを指す。そしてその呼称には、外省人の台湾人への最大限の侮蔑、憎悪が込められている。国民党は台湾支配当初から、台湾人を日本の奴隷教育を受けて漢民族文化を忘れた者どもと看做し、侮蔑、憎悪してきた。

それには中国伝統の愚民統治しか知らない同党の、近代的な文化に染まる台湾人に対する恐怖感もあった。だからこそ同党は二・二八事件後、その原因として「共産党の煽動」とともに、「日本の奴隷化教育の影響」を挙げ、台湾人鎮圧を正当化していた。

しかし「日本教育の影響」という見方は決して誤りではない。実際に台湾人は「皇民化」(近代国民化)していたからこそ、中国人の不合理な支配に憤り、その不正を糾そうと立ち上がったのだ。もっともその「影響」のために、法治の観念から行政長官の自治実現の約束を信用し、野蛮な軍隊に蹂躙されたわけでもある。

中国人の台湾人に対する侮蔑、憎悪が改められない限り、台湾に「和解」も「平和」ももたらされない。そしてそれが改められない限り、国民党による中国への「売台」の可能性も払拭されない。

式典では「政府に公平正義があって社会に和解がもたらされ、国家の将来が保証される」とも訴えた柯文哲氏。彼には国家の未来のためにも、馬英九氏との握手を断ったのだ。

台湾研究フォーラム「台湾新年」を祝う会のご案内

※参加希望者は必ず下記へお申し込みを!
twkenkyuforum@yahoo.co.jp 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 台湾研究フォーラム「台湾新年」を祝う会のご案内

台湾研究フォーラム26年度忘年会 002



















台湾の正月(旧正月)に当たる2月19日、都内の台湾料
理で台湾文化を体験します。奮ってご参加下さい!

【日時】平成27年2月19日(木)19時00分~21時00分

【場所】台湾料理「台南担仔麺(たいなんたーみー)」新宿店

※今回は「新宿店」。忘年会で使った「職安通り店」ではありません。

 東京都新宿区歌舞伎町2丁目45-1 常盤ビル1F 
 電話03-3232-8839

交通:JR「新宿駅」東口より徒歩10分/西武「新宿駅」より徒歩2分(高田馬場寄り)

http://www.tainan-taami.com/shinjuku01/index.html


【会費】3500円(食べ放題・飲み放題)

【申込み】必ず前日までに下記へお申し込みを(50名まで)。

twkenkyuforum@yahoo.co.jp

【主催】台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)

【問合せ】070-6484-2624

講演会「馬英九の売国行為が生んだ台湾の現状」ー台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)第169回定例会

台湾研究フォーラム第169回定例会

講師:盧韻至さん(台湾独立建国連盟日本本部盟員)


演題:「馬英九の売国行為が生んだ台湾の現状」

318ひまわり学生運動後、台湾の若者はもちろん台湾全体的に台湾アイデンティティや台湾独立への意識が高まったが、去年の11月台湾の地方統一選挙での国民党惨敗により、馬英九の売国行為には更に加速する可能性がある。ここで欠かせないのは日本とアメリカからの協力だ。


エリカ 10563215_396096490548568_4900975420901168582_n
講師略歴―台湾台南生まれ。1993年に留学生として来日。現在、グラフィックデザイナーとwebデザイナーとして日本で働く。2001年に日本人と台湾独立運動支援掲示板を立ち上げ、現在も台湾独立運動に力を入れる。









日時:2月4日(水) 18時30分~20時30分


場所:文京シビック3階会議室(東京都文京区春日1‐16‐21)

交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」徒歩1分
    都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
   JR総武線「水道橋駅」(東口)徒歩9分

会費:会員500円/一般1000円

問合せ:twkenkyuforum@yahoo.co.jp 
    070-6484-2624

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)平成26年忘年会



台湾研究フォーラムは12月14日、東京新宿の台湾料理屋「台南担仔麵」新宿職安通り店にて忘年会を開催し、日本人、在日台湾人など参加者たちは日台交流について語り合いながら楽しい一時を過ごしました。

台湾研究フォーラム26年度忘年会 044

台湾研究フォーラム26年度忘年会 002台湾研究フォーラム26年度忘年会 011台湾研究フォーラム26年度忘年会 012台湾研究フォーラム26年度忘年会 016
台湾研究フォーラム26年度忘年会 025台湾研究フォーラム26年度忘年会 026台湾研究フォーラム26年度忘年会 027台湾研究フォーラム26年度忘年会 028台湾研究フォーラム26年度忘年会 029台湾研究フォーラム26年度忘年会 030台湾研究フォーラム26年度忘年会 031台湾研究フォーラム26年度忘年会 033台湾研究フォーラム26年度忘年会 034台湾研究フォーラム26年度忘年会 035台湾研究フォーラム26年度忘年会 036
台湾研究フォーラム26年度忘年会 021台湾研究フォーラム26年度忘年会 022台湾研究フォーラム26年度忘年会 023台湾研究フォーラム26年度忘年会 024

台湾研究フォーラム26年度忘年会 045台湾研究フォーラム26年度忘年会 048台湾研究フォーラム26年度忘年会 051

参加を!12.31 さようなら NHK! 反日メディア糾弾祭り

12.31 さようなら NHK! 反日メディア糾弾祭り

251231NHK解体祭 040

平成26年12月31日(水)

15時00分 街頭宣伝活動 於・渋谷駅ハチ公前広場

15時40分 NHK へ移動開始

16時00分 街頭宣伝活動 於・NHK 横 代々木公園並木通り入口付近

19時30分 終了

注意事項

・ プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。
・ 国旗以外の旗類・拡声器の持ち込みは御遠慮ください。

主催 頑張れ日本!全国行動委員会 http://www.ganbare-nippon.net/

台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)忘年会 のご案内


先頃の台湾地方選挙における「台湾の勝利」もお祝いします

ご出席の方は必ず事前申し込みを。
→ twkenkyuforum@yahoo.co.jp 
初参加大歓迎!
……………………

■台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)忘年会 

【日時】12月14日(日)17時00分~19時00分

【場所】台南担仔麺(タイナンターミー) 職安通り店 

新宿区歌舞伎町2-41-5 小泉ビル 1F/03-3209-5488 ※例年のお店とは違います。
http://www.tainan-taami.com/shinjuku02/index.html


(交通)
「西武新宿駅」北口約2分
「東新宿駅」A1出口5分
「大久保駅」南口出口7分

【会費】3500円(飲み放題・食べ放題)

【申込み】必須。12月13日まで下記へ
twkenkyuforum@yahoo.co.jp 070-6484-2624

※以下は昨年の忘年会の写真です。

台湾研究フォーラム忘年会23年3 251110 台湾研究フォーラム忘年会 043台湾研究フォーラム忘年会23年

台北市長選に日本の「歴史問題」を持ち込む国民党

■皇民化教育を受けた台北市長候補?   

十一月二十九日に投開票の台湾統一地方選挙で内外から最も注目されるのが、二〇一六年の総統選挙の前哨戦と言える台北市長選挙だ。

親中的な国民党の連勝文氏と、台湾本土派の医師で無所属の柯文哲氏との事実上の一騎打ちだが、当初は「国民党が長く一党独裁で政治経済の中枢を押さえていたため、首都機能を持つ台北には国民党支持者が多く集まった。市長選では、国民党重鎮の連戦元副総統の長男で、同党次世代ホープの連氏が優位という事前予測が強かった」(朝日)。だが目下のところ、柯文哲氏が連勝文氏を大きくリード。

柯文哲 皇民5
台湾本土派で無所属の柯文哲氏と国民党の連勝文氏の一騎打ちとなっている台北市長選挙

国民党寄りのケーブルテレビTVBSが十七日に発表した世論調査の結果によれば、支持率で柯文哲氏が四五%と、三二%の連勝文氏を引き離している。

連勝文氏が「伸び悩む最大の原因は、『権貴』(特権階級)とのイメージだ。連家は金持ちで知られ、民進党の台北市議らは父親の連戦氏の資産は少なくとも786億円と指摘。連勝文氏も台北随一の豪華マンションに自宅を持ち、庶民の生活とかけ離れている、との受け止めが広がった」(朝日)という。

そうした状況に苛立ったのが父親で国民党名誉主席の連戦氏だ。十六日の応援演説で「柯文哲こそが高官の二代目か三代目だ」と罵った。「高官といっても中華民国ではなく日本の役人のことだ。皇民化教育を受けたため、中華の文化、価値、歴史には否定的」と言ってのけた。

柯文哲 皇民4
息子への応援演説で柯文哲氏を罵る連戦氏

■「皇民」批判は在台中国人の台湾人憎悪

一九五九年生まれの柯文哲氏はもちろん、「皇民化教育」など受けてはいない。しかし連戦氏にとって、そのような事実はどうでもいいのだ。

そもそも「日本統治時代の皇民化(日本人化)教育の影響で中華文化を忘れた」というのは国民党の所謂「外省人」(在台中国人)勢力が戦後の台湾占領直後から一貫して抱き続ける台湾人観であり、台湾人に対する蔑視、憎悪の感情を言い表すものでもある。

柯文哲氏に対し、連戦氏はこうも批判した。「(日本時代に)柯文哲の祖父は『青山』と改姓していた。『青山文哲』が台北市長になろうとしている」と。

柯文哲氏の祖父、故柯世元氏が日本時代の「高官」だったと批判するのは連戦氏が初めてではない。連勝文士の選対本部幹事長、蔡正元氏もすでに九月の時点で、「日本時代にたった一人だけ台湾人の督学、つまり教育制度における最高官位に就いた者がいた。それが柯文哲の祖父だ。その人が日本の権貴だったことは疑いない」と発言している。

しかし実際には柯世元氏は当時「督学」などではなく、公学校(台湾人向け小学校)の訓導(教諭)に過ぎなかった。

柯文哲 連戦
柯文哲氏の祖父、故柯世元氏は小学校の先生で、高官ではなかった

■連戦氏の祖父こそ日本時代の特権階級

中共と同様に国民党の中国人にとっても歴史捏造宣伝は常套手段で、今回もその一例だというわけだが、台湾人はそれには騙されなかった。

野党、学者、メディアはただちに「歴史検証」を行い、柯世元氏が「日本の権貴」ではなかったことともに、逆に連戦氏こそが「日本の権貴」の二代目であることを明らかにしている。

連戦氏の祖父は日本時代の詩人、歴史学者である連横(雅堂)氏で、それこそ当時の特権階級だったといえる。

たとえばその著書『台湾通史』(一九二〇年)には明石元二郎総督、田健次郎総督、中川小十郎台湾銀行頭取が題字を寄せ、下村宏総務長官が序文を書いており、体制にべったりの御用文人だったことがわかる。一九三〇年には総督府の阿片専売を讃える一文を発表するなどで台湾人知識人たちから糾弾され、中国への移住を余儀なくされている。

柯文哲 皇民6
連戦氏の祖父、連雅堂氏こそ日本時代に体制に媚びていた

ちなみに連横氏と共に中国へ渡った息子の連震東氏は国民党に入党。現地で生まれたのが連戦だ。その「戦」の字には日本との一戦で勝利し、台湾を中国に取り戻すとの願いが込められているそうだ。連戦氏の中華民族意識と反日感情が強烈である背景には、こうした生い立ちもあるようだ。

連震東氏は抗日戦争中、重慶の国府幹部となり、終戦後は台湾接収のため帰郷して権勢を振い、公務員でありながら大富豪となる。その息子である連戦氏の「786億円」の資産が批判を浴びるのも、そうした経緯があるためなのだ。

■柯文哲氏の祖父は国民党に殺されていた

連戦氏から祖父、柯世元氏を罵られた柯文哲氏だが、当初は自身の祖父の経歴をあまり知らないでいたようだ。なぜなら祖父にはあまりに悲しい過去があり、父親の柯承発氏が多くを語ってくれなかったからだ。

戦後も学校で教鞭をとり続けた柯世元氏は一九四七年、二・二八事件(国民党による台湾人虐殺事件)に遭遇する。台湾人と外省人とが衝突するさなか、柯世元氏は外省人を匿ったのだが、その後の清郷(台湾人知識人などの捜索、逮捕)が実施された際、何とその外省人に密告され、投獄された。そして拷問を受けて心身ともにボロボロとなり、釈放後に死去したのだという。

そのため柯承発氏は悲しみに打ちのめされ、毎年行われる事件の追悼会に参加するたびに泣いて帰宅するという話を、柯文哲氏は連戦氏から祖父が批判を浴びた後、涙ながらにメディアに語っている。

柯承発氏は息子が台北市長選に出馬を決めた際、猛反対している。政界入りして再び国民党に迫害されるのではないかと懸念したのだ。しかし柯文哲氏は、台湾人と外省人との対立を超越したいと話す。

ところがそう語る柯文哲氏に対し、連戦氏は逆に対立を煽ったのだ。柯一族が親日家庭であると強調し、外省人有権者の反日感情に訴えたのである。

郝柏村元行政院長(かつての軍の長老で郝龍斌現台北市長の父)も、直ちにそれに呼応し、「柯文哲は台湾皇民の末裔。柯の祖父は李登輝と同じ皇民。当時の皇民は日本占領時代における特権階級だ」などと更に歴史を改竄し、退役軍人らに連勝文氏への支持を訴えた。

柯文哲 皇民3
更にデマを広げた郝柏村氏

■選挙は国民党特権階級と台湾人庶民との戦い

二・二八事件当時、柯文哲氏の祖父は無実の罪で殺されたが、連勝文氏の祖父(連震東氏)は台湾人知識人の名簿を当局に渡し、その逮捕、投獄に協力したと言われる。

言わば連一族は戦後台湾社会における支配階級、特権階級の象徴のようなものなのだ。彼らから見れば柯一族など、被支配階級たるべき台湾人庶民の一部にしか見えないのだろう。だからこそ連戦氏は、ここまで卑劣な批判を柯一族に公然と加えることができるのだ。柯承発氏は「連先生、私達の尊厳を守ってくれませんか」と訴えたが、もちろん連戦氏からは謝罪の言葉一つない。

だが連戦氏や郝柏村氏の発言には国民党内部からも批判の声が高まっている。なぜならこれによって浮遊票が柯文哲氏に一気に流れる恐れがあるからだ。

何しろ台湾人の多くは「皇民の末裔」なのである。

名指しもされた元総統の李登輝氏も郝柏村氏の発言には「私にだけでならともかく、全ての台湾人をもそう呼ぶとは。みな怒ると思う」とコメントした。そして「(皇民化は)我々の歴史なのだ。あれ我はたくさんの外来政権に支配され、自分と言う存在がなかった。しかし今の台湾人は自分が誰だか知っている」とも。

柯文哲 皇民2
理性を欠いた在台中国人のネガティブキャンペーンを批判する李登輝氏

台湾人を蔑む中国人特権階級の支配から台北市、そして台湾全体が救出されることを祈りつつ、今度の台湾統一地方選挙を見守りたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「台湾チャンネル」の関連報道

【台湾チャンネル】第57回、外務省が「昭文社地図」問題で回答・国民党が台北市長選で「反日」カード[桜H26/11/21]
(20分49秒から「国民党が繰り出す反日カード」)
 
https://www.youtube.com/watch?v=heGLKyuDzvU

■台湾研究フォーラム忘年会のご案内

2012-12-21_031










年末も余すところ少なくなりましたが、来年のさらなる飛躍を期し、恒例の忘年会を下記の通り開催致します。ご多用中とは存じますが、是非とも足をお運びいただけますようお願い申し上げます。

なおご出席の方は、必ず事前にお申し込み下さい。

 


■台湾研究フォーラム(台湾研究論壇)忘年会

 

【日時】 1214日(日)1700分~1900

 

【場所】 台南担仔麺(タイナンターミー) 職安通り店 

新宿区歌舞伎町2-41-5 小泉ビル 1F/03-3209-5488 ※例年のお店とは違います。

http://www.tainan-taami.com/shinjuku02/index.html

 

(交通)

「西武新宿駅」北口約2

「東新宿駅」A1出口5

「大久保駅」南口出口7

 

【会費】 3500円(飲み放題・食べ放題)

 

【申込み】 1213日まで下記へ

twkenkyuforum@yahoo.co.jp 07064842624 

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ