大洋グリーンブログ

福岡県久留米市にある、造園、園芸ショップ大洋グリーンのブログ★
バラ、モミジを中心に豊富な種類の植物や雑貨を置いています。
造園、外構もお任せください♪

2010年12月

タイトルなし

遅くなりました。。。
 
たかしさんよりバトン受け取ってましためぐちゃんです

 
今年も今日で最後になりましたね(早~い)

 
年賀状&大掃除をさぼりにさぼって今日なんとか終わり、新しい年も迎える準備ができました

 
今回は、うちの新しい家族愛娘の
シェリ(♀4カ月)を紹介します
 
うちに来て1か月半くらいになります

 
オテンバでめちゃくちゃ元気がいいです

 
サークルから出してあげるとこたつの回りをグルグル走り回ります(ちょっと激しいですが喜んでるのかな


 

←この服可愛い
と思って買って着せたんですがお気に召さなかったのかな

 
すぐボロボロにしてしまってました

(チーン

 
昨日3回目のワクチンが終わり1週間後くらいにお散歩デビューできます
 
楽しみです

 
 
今日は、大晦日毎年恒例の善導寺町の「大本山」に除夜の鐘つきに行ってきます
 
おそばと鐘つきの整理券が配布され、無料で鐘つきできます(九州一の鐘だそうです。)
 
大本山の年越しそば、すごく美味しいです。

 
いっぱい着こんでいってきま
す。
 
来年もまた大洋グリーンを宜しくお願いします
 
次はとても優しくて癒し系のお姉さん
新人さんともちゃん
にバトン渡します
 
 
 
 
 
 
 
 

タイトルなし

最近、首が痛いタカシです。
 
いや、首だけじゃない。
腰もあちこち痛いわけで、特に冬になると痛むのがやっかいだ。
 
歳ばいの・・・と思いながらも、20代の若者二人とせっせと働いてる毎日。
 
 
今、国分の現場に入っているんだが、その現場でショックな事があった。
 
その現場には犬が2匹いるんだが、その1匹が私にだけ吠える。
犬好きな俺なのに。。
 
20代の若者二人や、現場担当の山さんには尻尾フリフリだというのに、、、
私を見てはまるで不審者を見る目で吠えるったい。。。
 
けっ   今度こっそりお菓子でもやって手なずけてみようかと思う次第。
 
6f532db8.jpg

かわいいワンコウばってん・・・
 
なぜに吠える?
 
不審そうな目で見るなよ。ワンコウ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
犬つながりでもう一枚。
 
 
218f7c81.jpg

                                                    
 シェパード「ジェロム」
 
 とにかくでかいが、人なつっこくて甘えん坊。
 剪定してる私を見つめ遊んでとねだる。
 
 だが、力が半端じゃなかけんが、こちらも本気で遊ばんと
 力負けしてしまう。
 
 でもかわいいワンコウだ。
 
 
 ←木に登る私を見つめる「ジェロム」 撮影は山さん
 
 
 
 
 
 
 
しかし、やっぱり我が家の「ラモ」が一番かわいいと思うのは親バカだろう。。
 
 
次は事務担当のめぐさん、どうぞ。

タイトルなし

しゅにんからのバトン受け取りました。つっくんです
 
投稿が遅くなってしまい申し訳ないです
 
ホント寒くなりましたねぇ朝なんて布団から出れる気がしませんw
 
今週は、風邪をひいてしまい二日ほどダウンしておりました
みなさん風邪にはお気をつけて
 
今年もあと少しになってきて年々、一年が短くなってきてるみたいです

 
子供のときはホント長かったのにと年取ったなぁと感じますw
 
最近「最高の人生の見つけ方」って映画がテレビであって観たんですが
内容は、余命宣告された二人のおじいちゃんが最期にやり残したことをやって死のうっていう感動する
映画なんですけど
余命半年でもやり残したことをどんどんやっていく姿を見て
 
一年がこんなに短いのにやり残したことを来年やればいいやって思えないですね

 
まだ一年終わってないのでやり残しのないよう頑張りたいとおもいますw
 
ではでは、お次のバトンは、たかしくんです

タイトルなし

しゅにんです。庭、つくってます。いつも。
バトンが回ってきており書き込みが遅くなり大変ご迷惑おかけしております。
 
さて気が付けばもう今年もあと少し。
矢のように日が流れ師走に入ると、焦ってしまうのは私だけでしょうか。
 
私が焦るその理由とは、、、私には目標があります。
焦るのはもっともっと満足できる(自分のエゴの部分)庭を作ってみたい。今年はそんな仕事ができたのか?
もちろん一軒一軒のお施主様の喜ぶ声が嬉しい日々の仕事です。ありがとう。という声を頂くと、幸せな気持ちです。ただこの焦りとは、仕事とは別の欲望かもしれません。
 
その目標とは、1世紀以上残るもの。庭でもなんでも構いません。広かろうが狭かろうが私が頭の中で構築した物を現実の世界に次世代もしくは3世代まで残してみたい。
そんな仕事を渇望しております。
 
京都にあるお庭の数々、彫刻家でいえばイサムノグチのモエレ沼公園、数々のインスタレーション。遺跡古墳の数々。嗚呼、空間美ってすばらしい。
私は一応造園家の端くれですのでやっぱり庭を作りたく思います。
 
お師匠と作りましたフィンランドのヘルシンキ大学構内の天平の庭の写真です。
571a9e9d.jpg

もう10年ほど前に工事した庭です。
この写真は工事後5年程経っています。
大学内の植物研究施設ということもあって素晴らしい管理のもと一般にも公開されているお庭です。
技術的、技法的なことやコンセプトは抜きにしてどうです?開放感のある素敵な空間だと思いませんか?
4dd16b71.jpg

石組の工程の最中、
師匠との会話の中で、この庭は何十年と残りますね。というと、300年は残すつもりや。と。
あ、この人は庭師としての自分の痕跡を地球に残すつもりなんだ。と感じました。
施工技術、管理体制、そこに憩いを求める人。愛される空間。
これがそろえば1世紀は軽く残るのでは。
 
私の中で時が経ちその時にはなかったこの欲望が年々増強しております。
いつかくるその機会まで、虎視眈々と待ってるつもり。焦りながら。
 
年末の焦燥感のご説明長々とお付き合いいただきありがとうございました。
 
次はつっくん。よろしゅうたのんま。
 
 
 

アーカイブ
  • ライブドアブログ