総合格闘家です。

東京都大田区洗足池にて和術慧舟會GODSというジムを主宰してます。

趣味やダイエット〜プロ競技者までレベルに応じたパーソナルレッスン(グループ可)も承ってます。

お気軽にご相談下さい!

和術慧舟會GODS
http://www.wkgods.com/

Taiyo "The Sun" Nakahara - Instagram
https://www.instagram.com/taiyothesun

Taiyo "The Sun" Nakahara - Facebook
https://www.facebook.com/taiyothesun/

ご無沙汰しております。



自ら実証もせず、偉そうに語るだけでは何の説得力も無いなと、沈黙を続けておりました。



というわけで、




2月11日、韓国はソウルで試合をしてきました。



いよいよ本番

今回の試合の正式なオファーがあったのは、忘れもしません。



会食中の12月22日。



減量があるので、通常は2ヶ月前までにオファーを頂けるようにしてるのですが、紆余曲折ありまして、今回はこういう形となりました。



大会日程が2月11日と前以て発表されていた為、試合があると踏み、念には念をと2ヶ月前の12月11日から減量(脂質カット)を開始。



とりあえず、この日は景気付けに最後の晩餐という事で、シンガポール料理に舌鼓を打ちました。(試合2ヶ月前からアルコールは飲みません)



気になる翌朝の体重は69.6kg。



試合の契約体重はフライ級(ROAD FCのフライ級は57.5kg以下)なので、1ヶ月と3週間で約12kgの減量が必要となりました。



勿論、今回もチートデイ(詳しくは遡って記事をお読み下さい)を用いた減量法です。



まずは、チートデイに入る前の脂質カットを残り3週間。



しっかり炭水化物を摂取し、糖質をガソリンにハードに動いて脂肪を燃焼させ(詳しくは遡って記事をお読み下さい)、12月23日~1月11日までの3週間で4kgの脂質をカット。



この時点で65.5kg。



チートデイ開始

自分の場合は、1ヶ月ほど脂質をカットすると停滞期に突入します。ここで待ちに待ったチートデイを開始しました。



1月12日~2月2日までの4週間で4度(週1回)のチートデイを設けました。



① 1月12日のチートデイ


朝マックセット
ハンバーガー
ラーメン
ケーキバイキング(大量)
お菓子類
コカ・コーラゼロ(毎食時)



② 1月19日のチートデイ


ケーキ類
イタリア料理(コース)
フライドポテト
パフェ
ピザ(ハーフ)
お菓子類
コカ・コーラゼロ(毎食時)



③ 1月26日のチートデイ


ケーキ類
メンチカツカレー
唐揚げ
餃子
カップ麺
コカ・コーラゼロ(毎食時)



④ 2月2日のチートデイ


ラーメン
ケーキ類
ハンバーガーセット
コカ・コーラゼロ(毎食時)



2月2日のラストのチートデイは量を抑え、体重を微調整しました。



チートデイ翌日は平均して1.5kg~2kgほど増えますが、2日後にはチートデイをする以前の体重より平均して0.2kg減り、そこから翌週のチートデイまでに平均で0.5kg〜1kg減ります。



翌週の出発日である、2月8日の朝の時点で61.5kg。



予定通り順調。



あとの4kgは水抜き(遡って記事をお読み下さい)になります。



いざ韓国へ

今回は、試合4日前の2月8日の昼に現地入り。




移動中に出た機内食(シーフード/大韓航空)は、普通にいただきました。



現地までの移動で、平均して0.5kgほど減るので、老舗の鰻屋のタレばりに継ぎ足し継ぎ足しで好きな物を飲み食いします。 



空港に到着後、まずはホテルへ移動。




メイフィールドホテル ソウル



韓流ドラマのロケ地としても有名だとか。



3,200坪の広大な敷地にゴルフ場、別館にはサウナ、ジム、プール等を完備している、まさに五つ星といった素晴らしい施設でした。



自分は現地でのトレーニングは一切しないので、特に利用することはありませんでした。




チェックイン&インタビューを済ませ、散歩がてら観光をしに地下鉄で明洞へ。







けっこう遠かったぞ♡







夕方〜夜まで明洞を散策し、夕飯は通りにあった丸亀製麺で釜揚げうどん。



ホテルに戻り、体重は61.5kg。



午前3時半頃に就寝。



2日目

翌朝は午前8時半に起床。



ホテル1階にあるレストランのビュッフェで朝食を。




こんな感じで。



初めて韓国を訪れましたが、魚介類が新鮮で美味しいと思いました。




朝食後、特にする事も無いので、散歩がてら観光をしに地下鉄で再び明洞へ。







やっぱり遠かったぞ♡







http://instagram.com/elreversal





帰りにロッテモールで寿司を購入。



その後、日本から呼んだもう1名のセコンドが到着したとの一報を受け、空港へ行き合流。



そのままホテルに戻ると、0.5kgほど減っていたので、寿司5貫とコカ・コーラゼロを少々いただき、体重は61.5kg。



順調。



事件発生

予定通り午前0時から水抜きを開始。






換気扇を切り、半身浴。












数分後












静まり返るバスルームをよそに












隣の部屋で












セコンド陣が












大きな声で












笑ってらあ















手コ◯カラオケなる動画を観ながら
















舌を出して













笑ってらあ












ああ











しあわせのとんぼよ












どこへ












お前はどこへ












飛んで行く












ああ











しあわせの












とんぼが












ほら












舌を出して














笑ってらあ












つづく








昨日、シンガポールより帰国しました。



今回は選手のセコンドで滞在という事だったので、現地調査を踏まえ、海外遠征(東南アジア)での減量について考えてみました。




海外遠征(東南アジア)での減量はどうするか?

やはり最も注意するべきは体調管理だと思うので、自分は減量中に馴れ親しんだものを持ち込むようにしています。



お粥
どら焼き
ウイダーinゼリー
焼き大福



あとはリカバリー用に、



経口補水液



これは必ず持参(500ml×8本)するようにしています。



そういえばこんな事がありました

体調管理で思い出しましたが、自分が初めて海外で試合をした時、部屋の冷蔵庫にあるチョコレートについつい手が伸び、計量日まで毎日チョコレートを体重リミットまで微調整かつ大胆に食べるといった、宿泊ホテル側の誘惑にまんまとハマったことがあります。

そして、そのチョコレートが1個700円という驚愕の値段だという事を後に知り、破産寸前まで追い込まれた事があります。

勿論、そんな事をすればリカバリーも上手くいくわけがなく、計量後に腹を下し続け、1kg程しか体重が戻らなかった事がありました。この経験から、ペースを崩さないという事を重要視しています。



こぼれ話

その時にセコンドで帯同したのが、弟子の大津ヒロノブ(怪我で現在リハビリ中)で、彼がまた凄く気を利かせてくれる奴なんですよ。気にしないで好きなものを目の前で食べても問題ないと伝えても、頑なに拒否。自分が入浴する時に、気を利かせてこっそりカップ麺を食べていたりするくらいなんですよね、













換気扇の真下で。













そのカップ麺の香り、1%も欠けることなく、直でこのバスルームに充満しているんだぜ。













焼きそばでしょ?













今、 焼きそば食べてるでしょ?













しかも、UFOでしょ?













ねぇ、













USOだと言ってよ。













だと。













皆さんも、くれぐれもお気をつけ下さい。 



選手とは別部屋で

とは言うものの、個人的にはそんな事があっても全く気にならないんですが、自分がセコンドで帯同する際は、必ず別部屋を用意して貰うように交渉してもらいます。



今回も1人でこちらの2人部屋。



ありがとうございます。



移動中の食事

海外の試合となると、当たり前ですが移動中の食事は機内食になります。普段は用意されたメニューの内から、例えばソバだ
ったりを食べれる範囲でつまんだりしますが、今回はベジタリアンとフルーツというのを選択出来るとの事だったので、検証も兼ねてフルーツというのを選択してみました。



機内食(フルーツ)の献立

メロン
オレンジ
ぶどう
パパイヤ
マンゴー
ネリー
レモン
いちご
キウイ
パン
コーヒー

※シンガポール航空



とてもオススメです

どれもハズレがなく、とても美味しかったです。カットフルーツだったので、色々な種類を食べれたのも満足でした。
回からはフルーツを選択したいと思い ました。



現地での食事

ただ普通に調査するのも面白くないので、せっかくなんで現地の日本食も食べてみました。



KARAAGEセット



唐揚げ、悪くなかったです。



味噌汁、茶色い湯です。



白米、まさかの美味。



間違いないのは米

シンガポールに関しては、ざっくりと華人、マレー系、インド系に分類されるので、各国の食文化で分かるように米系は美味しいと思いました。

今回は事前に目を付けていた、



海南チキンライス

というものを食べてみましたが、鶏皮さえ取り除けばヘルシーですし、減量に適していると思いました。そして何より、とても美味しいです。

ちなみに、こちらの海南チキンライスが食べれるお店は、



天天海南鶏飯

というチャイナタウンのマックスウエル・フードセンターにあるお店です。シンガポールでも1、2を争う人気のチキンライスだそうです。確かに長蛇の列でした。右側の窓口で先に注文と支払いを済ませてからレシートを受け取り、左側の窓口で商品を受け取るといった、2度列に並ぶ複雑なシステムです。



〜まとめ〜

海外遠征(東南アジア)での減量の際は、お店により当たりハズレがありますし、やはり日本から食品や食材を持ち込むのが最善かなと思います。何より皆さんもご存知の通り、単純に日本の食品や食材は美味しいですからね。

ホテル内のレストランや有名店は美味しいですし、食あたり等のリスクも低いと思うので、利用するのはアリだと思います。



最後に、













もうお気付きですね。














ネリー機内食(フルーツ)













もう一度言います。













ネリー機内食(フルーツ)









では、またお会いしましょう。









一日一生 

人間は、朝は誕生、夜(就寝)は死で一日という一生を終える。これを寿命の数だけ繰り返すが、人の寿命は、いつ、どのように終わるか誰も予測できない。だから、生ある毎日をその一生の最後の日と思って一時一時を大切にし、常に一生懸命に事を為し、悔いなく生きる気持ちが大事だということです。 










一日一生クリーム

今迄の投稿で薄々お気付きの方もいらっしゃるとは思いますが、何を隠そう自分は甘党で偏食です。一日一回は生クリームを食べないとやっていけません。悔いなく生きる気持ちが大事だということです。








というわけで、







について。




とは言っても、他の選手の食生活は知らないので自分の食生活について書きます。







「普段は何を食べてるの?」 

この手の質問が多数寄せられたのでお答えします。先ほども記述した通り、自分は甘党で偏食です。基本的にお菓子ばかり食べています。










ある日の献立



朝食

白米(茶碗一杯)
漬物
ミネラルウォーター



昼食

寿司(8貫)
どら焼き
ダイエットコーラ



間食

菓子パン
バナナ
ミネラルウォーター



夕食

シウマイ弁当
シュークリーム(生クリーム)
マカロン
ダイエットコーラ







十数年間 こんな感じ(試合が近くない時)だったりします。







ただし、 







野菜 等を全く食べないわけではありません。







やはりバランスは大事

自分も皆さんと同じように、 栄養が不足すると爪がヘコんだり、口内炎が出来ます。このサインを合図にタンパク質、ビタミン、ミネラル等の不足分を意識的に摂取(サプリメントからじゃないよ)します。 要するに、潤滑油としてバランスを保つ程度です。このような食生活でも、長年グッドコンディションをキープ出来てたりします。










健康はさておき。










周囲の情報に左右され過ぎない  

酒やタバコを摂取していても、大病せずに長生きする人はいますし、物事に答えなんて無いといったところでしょうか。隣のあいつとは細胞から何から違うんだぞって感じで。なんだかんだ自分の身体と相談するのが一番重要なのかなと、今のところそう考えてます。自分がプロテインをかれこれ十数年間飲んでいない理由もそんな感じです。





私がプロテインを飲まない理由



①そもそも味が微妙

粉末自体は美味しくないですよね。というか、誰しも一度は使用済みのプロテインシェーカーを洗い忘れた事はあると思いますが、たった24時間経っただけであんなにも悪臭を放つ物を体内に取り込んで良いものか単純に謎。



「当社の商品はそんなこと無い!美味しい!」



いう企業様がいらっしゃいましたら、 ステマ一切無しで、責任を持って当ブログで検証致しますので、和術慧舟會GODS 宛てで 商品をお送り下さい。


※ルールは着払い


和術慧舟會GODS
大田区上池台2丁目32‐1 小林ビル洗足池名店会館1F



②値段が高い 

地味に高い。



「当社の商品はそんなこと無い!安い!」



という企業様がいらっしゃいましたら、ステマ一切無し で、責任を持って当ブログで検証致しますので、和術慧舟會GODS宛てで商品をお送り下さい。


※ルールは着払い


和術慧舟會GODS
大田区上池台2丁目32‐1 小林ビル洗足池名店会館1F



③体感がよくわからない

本当に効果があるのか謎。




「当社の商品はそんなこと無い!体感が凄い!」



という企業様がいらっしゃいましたら、ステマ一切無し で、責任を持って当ブログで検証致しますので、和術慧舟會GODS宛てで商品をお送り下さい。


※ルールは着払い


和術慧舟會GODS
大田区上池台2丁目32‐1 小林ビル洗足池名店会館1F







あくまで栄養補助食品 

勝手な解釈になりますが、プロテインの役割を分かりやすく例えるなら、










自転車で言えば補助輪 










ジャニーズで言えばジャニーズJr.










笑点で言えば山田くん








だろう?










最優先は食事とトレーニングの質

偏食家の自分が言うのもなんですが、やはり普段の食事が大切かと。トレーニングの質に関しては、単純な筋肉量よりも正しい身体の使い方(連動性)を学ぶほうが競技者としては先決であり、そのプロテイン費用を、専門家から学ぶトレーニング費用に充てた方が、長い目で見たら競技力向上の近道のような気がしてなりません。










あくまで一競技者の偏見の為、クレームは一切受け付けません。   










ちなみに、











そんな偏食家の自分が減量期に野菜 を食べる理由は、














口内炎がある状態でマウスピースを嵌めると、痛くてトレーニングに集中出来ないからです。試合までのペースを乱したくないのです。














最後に、











私事になりますが、










周囲に左右されない偏食生活もひっそりと幕を閉じ、 











先日より、













再びネリーサラダ 生活に突入したことをご報告させていただきます。













つまりはそういう事です。













では、またお会いしましょう。










↑このページのトップヘ