てのひらをタイヨウに


キタあああああああああああああああああ
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
image

image

image

うねりだした!!!!!!!!!!!!!

ずっとこの波を待っていた!!!!!!!

この大波を!!!!!!!!!!!!!!

PH~DR編、合わせて約4年間。

正直、ここまで長くなるとは思わなかった。
その間、尾田っちの扁桃腺の手術のため、2回分の休載もあった。
手術の前も後も、定期的に休載を挟む状態。尾田っちの健康状態は今だ万全ではないのかもしれない。

それでもずっと、ずっと、、、、
信じて待っていた!!!!!!

長きに渡るドフラミンゴとの戦いの結末は

山のような大波となり、世界中を揺さぶった!!!!!!!!!!!!!!!!

これらは止めることのできないものだ

" 受け継がれる意志 "

" 人の夢 "

" 時代のうねり "

人が「自由」の答えを求める限り

それらは決してーーー止まらない

こんにちは!!タイヨウです!!!!

4年も待った分、特大の解放感と興奮を味わっております
(((o(*゚▽゚*)o)))((((;゚Д゚)))))(((o(*゚▽゚*)o)))

な、何から書けばよいのでしょう!!?

とにかく!!!!!

今回、一番言いたい事は!!!!!

image

たしぎちゃんと2人きりでマフィン食べたい
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
これに尽きますね。

ご静聴ありがとうございました。

髪をおろした、たしぎちゃん最高☆
という事で( ;´Д`)てへ

タイトル見た瞬間、鳥肌たちましたね!!

「虎と犬」!!!!!!!!!!!!!!

これは藤虎と赤犬の事としか考えられない
今回はヤバい事になる!!!

しかし、想像以上でした(≧∇≦)

image

サカズキ登場!!!!!!!!!!!!!

超怒ってます(-_-#)

サカズキの怒りは海軍の面子について。
それとドフラミンゴを何故、ここまで優遇するのか!!という事ですね。

この優遇策について今、こんなに激昂するという事は、サカズキはドフラミンゴが天竜人であった事は知らされてなかったのでしょうか。

海軍元帥と言えど、政府の表の顔でしかなく、その裏の事情までは介入できない。

世界政府と海軍は完全に意思疎通を果たしているものではなく、下手をすればその関係は脆く、破綻する事もある、、、、??

今回の五老星とサカズキのぶつかり合いからはそんな危うさを感じました。

しかし、このサカズキ・五老星会談。
グリーンビットの攻防の時に前フリがありまして
image

その時から、まだかまだかと待ちわびておりましたが、随分、時間かかりましたね(笑)

でも、その分インパクトは十分です。

会話の中にクザンの動向をサラリとしのばせる尾田っち、、、、

image

おおおおおおおおおお!!!!!!!!!

かねてから噂されていたクザンの黒ひげ海賊団加入はこれでほぼ確定か!!!!!!

となると、サボに敗れたバージェスをクザンが回収して帰る。
そんなパターンを想像しました。
クザンはPHに来たし、まだ割と近い場所にいると思われます。

しかしサカズキはクザンを「あのアホ」扱い。よっぽどこの2人はソリが合わないんですね。
なんせ10日間もガチンコで喧嘩するくらいですからね(≧∇≦)
クザンは左脚を失って、義足になるほど。
サカズキ、コワ~((((;゚Д゚)))))))

さて、サカさんの怒りはまだまだ収まりません。怒りの矛先は、次は部下のイッショウに向けられます。

やはりサカズキの性格、思考からして土下座など、以ての外でした。

絶対的正義。徹底的な正義。

この信念を押し通すためには、海軍の手落ちや不手際といった負の要素をさらす事や、認める事など、断じてあってはならぬのでしょう。

image

そのサカズキに対し、イッショウも貫きたい信念がある!!!!!! !!!!!!!

大人しく引き下がるタマじゃない!!!!

image

言ったあああああああああ!!!!!!!
((((;゚Д゚)))))))(((o(*゚▽゚*)o)))((((;゚Д゚)))))))

スゲエ!!!!!!!!!!!!!!!!
イッショウ、スゲー!!!!!!!!!!

これ言えますか!!?上司に!!!!!!

私も言いたい時はあるけど、言えないのが現実(;´Д`Aあ、あの~、、、

スモやん同様、胸がすく思いです!!!!

image

で、回想シーンを見ると、イッショウとスモやんは七武海撤廃で意見が一致していましたね。

この意見はまだサカズキには進言していないのでしょうか?
海軍内部でも新たな波が沸き起こりそうな予感もします。

しかし、サカズキとイッショウの口論の結果は驚きの展開に、、、

image

麦とロー、取ってこいやあ~!!!

望む所でござんす!!!

えええ!?そうなっちゃうか!!!!!!

イッショウは望む所!なんて言ってますが、これは売り言葉に買い言葉であって、
本気で麦ローの首を取るつもりはないと思うんですよね。

そんな殺生な男ではないでしょう。

image

アラバスタではたしぎちゃんが麦わらの一味を守りましたが、果たして今回は!?

image

リク王家とドレスローザ国民は英雄LUCY!!をみすみす海軍に引き渡す事なんて、絶っっ対ないですよね。

藤虎の面子をなるべく保ち、不可抗力的な要因で麦ローを捕らえる事が出来なくなった。
そんな落とし所がベストなのでしょうが、どうなる事でしょう!!

さて、この藤トラ麦ロー問題については、この船の2人も絡んでくるのかもしれません。

image

この会話からして、おつるさんの船に乗っているのはセンゴク!!!!!!!!!!

おおおおおおおおおおおおおおおおおお
!!!!!!!!!!!!!!!!!!

一線を引いているとはいえ、凄え面子が来たもんだ!!!!!!!!!!!!!!

前元帥、現在海軍大目付のセンゴク!!!

そして今なお現役の中将(大参謀だったかな?)お鶴!!!

おかきを勧めているのはガープかな?
とも思ったんですが、ガープはせんべい派だし、どうかな?といった感じですね。

でもガープ(現在は海兵の教官職)も乗ってたら面白いですね。

image

この同期の3人が揃い踏み!!!??
(ゼファーも同期でしたね♪)
実現したら、これまた楽しみな組み合わせです。

彼らは年輪も重ねてますし、ある程度、柔軟性のある考えをすると思うんです。
サカズキほど厳格で意固地ではないと。

藤トラ麦ロー問題の上手い解決に力を貸してくれるんじゃないかと、淡い期待をしております。

しかし、流石は尾田っち!!!!!
きっちり、抜かりありません!!!

センゴク、おつるを登場させるのは必然と言えましょう!!!!!

センゴクは政府の隠蔽体質には憤懣を抱えているでしょうし、
image

そんな体質に風穴を開けたイッショウの事は理解してくれそうな人物です。

そして身寄りのないロシナンテを引き受けた人物であります。
image

このセンゴクーロシナンテラインからの指示を受け、ドフラミンゴを追っていたのがおつるさん。
image

ガープはガープでチンジャオとの因縁があり、もしガープも船に乗っていて、両者の再会があるとすれば、これも楽しみであります。
image


今回はまだまだ話題は尽きません!!!!

最悪の世代!!!登場!!!!!

image

ジュエリー・ボニー!!!!!
一時、サカズキに捕らえるも、ほどなく脱走。身を隠しながら単騎行動を続けている様子。

image

ウルージ!!!!!
辿り着いたのは空島。誰がいる!?
ウルージさんも背中に羽が生えた人種だけど、何か関係が分かるかも??

このボニーとウルージは徒党は組まず、自分の海賊団だけで動いているようですね。

さあ、ここからがまた面白い!!!!!!

新世界は四皇の統べる海。

新世界で生き残る手段は二つ。

四皇の傘下に入るか、、、!!?

挑み続けるか、、、、!!?

カポネ・"ギャング"ベッジ!!!!!

image

右のコマ。このシンボルマークはビックマムのシンボルの一部!!!!!
船体もケーキを形どっている!!!!!

image

彼はビックマムの傘下に入っていると考えてよいでしょう!!!!!

image

「シーザーは必ず連れて帰るぞ」とのセリフからも、彼らはシーザーを乗せたサニー号と、今まさに交戦中ではないか!!?
おおおおおおおおおおおおおおおおおおお
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

次はキッド同盟!!!!!!

image

彼らの標的はビックマムかと思われたが、、、、、

image

なんと赤髪のシャンクスぅぅぅ!!!!!

意外でしたが、これも面白い!!!!!!

シャンクスはどんな戦いを見せるのでしょうか!!!!!
ベックマン、ヤソップ、ラッキールウら馴染みの幹部たちも楽しみです♪

いや、これでルフィとビックマムとの因縁の続きが面白くなった。

もうキッド同盟の横入りはないという事ですからね。

ルフィはローラの恩人だが、
ビッグマムとの和解はあるのか!!?
それとも激突するのか!!?

「新世界でお前をブッ飛ばして、
魚人島はおれのナワバリにするからな!!!」

「四皇はおれが全部、倒すつもりだから!!!」

有言実行、ルフィの宣言はまたもや現実となるか!!!!!???

最後はドレーク!!!!!!!!!

image

カリブーの扉絵シリーズに登場したドレーク。その時も「ドレークはカイドウ傘下に入ったか!?」と考察をいたしました。

カイドウお気に入りの島に革命を起こしたカリブー。
そのカリブーをブッ飛ばし、騒ぎを鎮めたのが何を隠そうドレーク!!!

やはりドレークはカイドウの元にいた!!
父と同様に海軍を辞めたドレーク。
海賊になり、四皇の傘下に入り、何をするつもりなのか!!?

いや、待てよ。
「海軍→海賊→四皇傘下」
という流れはクザンと同じじゃないか。
クザンとドレーク。2人は通じているのだろうか?

それとカリブーなんですが、ドレークによってカイドウのアジトに連行されて来たと思われますね。
あいつ、しらほしのポセイドンの秘密とかペラペラ喋ってんじゃないでしょうか??心配ですね、、、、

image

このカイドウがいる場所は日本的な松の木が描かれており、いかにもワノクニ!!!

この世における「最強生物」!!!!!

「百獣のカイドウ」とは、どんな男だ!!!!!!?????

次回以降もドキドキとワクワクをぶち込んでくれるはず!!まだまだネタはある!!

それがONE PIECEの凄さです!!!!

ご静聴ありがとうございました!!!

ONE PIECE最高☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは!!タイヨウです!!!

海軍、無事にドフラミンゴの身柄を拘束!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

image

前回、ドフラミンゴが地下の港に落ちた事から、

もしや逃げられるのではないか!?
((((;゚Д゚)))Σ(゚д゚lll)((((;゚Д゚)))Σ(゚д゚lll)

と心配し、騒ぎ立てた私ですが、それも杞憂に終わりました。

いやはや、申し訳ないです。

前回の私の記事を読んで、惑わされた方がいらしたら、「土下座」して詫びたい気持ちでございやす。

本当に、、、!!!

すまん事をしやした、、、!!!

m(_ _)mペコリ

さて!!!!驚きました!!!!!!!!
第792話「土下座」!!!!!!!!!!

私はONE PIECE本編をすぐに読み進めず、その回のタイトルを見て、しばし考察を楽しむ事があります。

今回のタイトルは「土下座」

「土下座??誰が、誰に土下座するのだろう??」

ドフラミンゴにいいように操られ、
リク王家を見放した国民たちが、
非を詫びてリク王に土下座するとか?

逆に国を守れなかったリク王が、己の非力さを国民に土下座して詫びるとか?

などと考察してから本編を読み進めたのですが、、、、どっこい!!!!!!!!!

image

藤虎!!!!!!!!!!!!!!!!!

漢の土下座!!!!!!!!!!!!!!

おおおおおおおおおおおおおおおおおおお
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ビビった、、、、( ゚д゚)

この土下座ですが、

*海軍本部には連絡をとらず、藤虎の独断で行っている。

*しかも、わざわざ隣国に生中継させている。

これがポイントになりますね。

海軍、政府上層部が介入すると、権力者側の都合のいいように真相がねじ曲げられる可能性がある。

藤虎はそんな懸念をしたのかもしれません。

ありのままの、手つかずのドレスローザの真実と現状を、隣国に迅速に見て、判断してもらう。

そして"七武海制度は悪しき制度である"との世論を味方につけたいのだと思います。

政府の非、七武海制度の罪を、世論と共に上層部に問いたい、そんな狙いがあるかと思われます。

しかし、ここはひとまず、そんな思惑や狙いはさて置きまして。

藤虎はとにかく、ドレスローザ国民に誠心誠意、謝罪をしたい。

それがまず、第一にあると思うのです。

この謝罪はまごうことなき、真摯なもの。

決して私利私略やパフォーマンスのためだけに土下座するような輩ではない。

image

藤虎の表情から、私は誠意を感じます。
漢です。

世界徴兵により民間から大将に抜擢された"イッショウ"

彼はこれまでの大将とは、明らかに一線を画す人物であると思います。

サカズキやボルサリーノなんかは、まず土下座なんてしないでしょう。
クザンはするかな?どうかな?という所です。

今までの海軍は権力者、すなわち"強者"側の理屈、都合で動いていたと思うのですが、

藤虎は"弱者"側の声、想いをくみ取る事が出来る。

image

心優しき漢です( ̄^ ̄)ゞ

image

この世界政府への深い憤りと怒り。

内に秘めたる想いは相当、強い!!!

彼も、"彼なりのやり方"で世界を変えようとしている。

そう感じました。
政府、海軍にとっては正に鬼門となりましょう。

それと今回はサボの新たな人物像を知る事が出来て、実に楽しかったです!!!!

革命軍No.2という立場、使命からか、エースを救いにいけなかった後悔が今もサボを苦しめている。

この事は今までの描写を見ても、痛いほど分かっていたのですが、、、

image


image

今回はサボのヤンチャな一面も垣間見え、これが私はよかった♪♪

革命軍の会話のやり取りからサボの「自由」さが伺えました♪♪

サボは基本、、、、、

image

連絡には"気が向かないと出ない"!!!!

自由!!!!(≧∇≦)総長なのに!!!!

image

コアラの連絡も"気にしない"!!!!!!

自由!!!!(≧∇≦)気にしろよ!!!!

image

要件が終われば即、"切る"!!!!!!!

自由!!!!!!!!!!!!!(≧∇≦)
なんか一言、あってもいいだろ!!!??

やはりこの3兄弟は凄い、、、、
我が道を行ってます、、、

現代ならば、携帯持たないタイプでしょう。持っててもガラケーみたいな。

サボは革命軍の規律や制約にとらわれる事はなく、自由奔放にやってきたように想像出来ますね。

周りに思いっきり迷惑かけながら(笑)

image

コアラなんか、かなり迷惑を被ってきたんだろうな、、、、、

ルフィに振り回されるナミ、みたいなものでしょうね。お気の毒です、、、、

image

やっぱり、こいつらは、どこまでも悪ガキなんだな(≧∇≦)

そんな妄想にふけって、思わずニヤニヤしてしまいました。

しかし、革命軍は地下の交易港での海軍との接触を避けるため、出港を急いでいましたね。

サボが合流次第、革命軍の船はすぐ出港したものと思われます。

となると、ルフィとサボのカラミは今回はこれ以上は見られない。

残念です、、、、、

まぁ、しかし!!!
楽しみはいくらでもあります!!!!!

image

これから世界はうねる!!!!!!!!!

うねる!!!!!うねる!!!!!!!!

うねること山のごとし!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはニヤニヤどころでは収まりません*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ご静聴ありがとうございました!!!!!

ONE PIECE最高☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


私は信じている。彼の言葉を。

彼の眼差しの奥の確かな光を。

長年、彼の冒険をつぶさに見てきた。

その言葉、行動をもはや疑う余地はない。
私は全幅の信頼を寄せている。

特に、ここぞ、という大事な場面で軽口を叩く男ではない。

とにかく、彼の言葉には嘘がない。
裏もない。

不純物を含まない言葉とその心は極めて純度が高く、美しい。

何度かの挫折はあったが、彼は自分の言葉、判断、行動にほとんど責任をとってきた。
あらゆる奇跡を起こしてきた。

そんな彼が言った。


「あと一撃で必ずカタを付けられる!!」


男は問うた。


「10分稼げば、俺たちを"鳥カゴ"から出してくれるんだな!?」


彼は答えた。


image



「約束する、、、!!!」


私は信じている。彼の言葉を。


彼の眼差しの奥の確かな光を。


こんにちは!!!!!!!!!!!!!!

タイヨウです!!!!!!!!!!!!!

image

やっぱりルフィだ!!!!!!!!!!!

宣言通りの一撃!!!!有言実行!!!!

これがルフィだ!!!!!!!!!!!!

image


私はルフィと彼の仲間を、そして尾田っちを最後まで信じて行こう。


image

あらためて、そう思うのでありました。

しかし、バルトロメオは何を言っているのだろう(・_・;?

さあ、"ルフィとドフラミンゴ"の決着は着きました!!!!!!

では、物語のもう一つの核心部分。

image

"ローとドフラミンゴ"の決着はどうなるのか!!!!??

私はこの2人の因縁の結末に、大いに興味があったので、前回の記事の終わりにもしっかり煽りをいれました。

しかし、ここで大問題が!!!!!!!!

予期せぬ事態だ!!!!!!!!!!!!

image


ドフラミンゴが墜ちた場所は、、、、


image

image

「地下交易港奥ー船溜り」だった!!!!

これは参った!!!何という事だ!!!!

よりによって"港"に!!!!!!!!!!

脱出する"船"も十分にある!!!!!!!


「天」はドフラミンゴを見放してはいない!!!!!!!という事か!!!!!


CP-9のように仲間たちがドフラミンゴを助け、逃げ去るか、、、、
image

CP-0がドフラミンゴに手を貸すというパターンもあるのかもしれない。
image

とにかく、ドフラミンゴが逃げのびる可能性がバッキバキに出てきた!!

image


ローとドフラミンゴの"決着"も、、、


ドフラミンゴの"素顔"も、、、、


おあずけか!!!!!???

この件はONE PIECE終盤戦までロングパスか!!!!!???

OH MY 尾田っち!!!!!!!!!!!

そうか、、、そうなるのか、、、、、

image

それもまた一興ですな、、、、、(≧∇≦)

ひとまずはドレスローザの感涙と歓喜を。待望の宴を楽しみましょう♪♪

そして宴の後は、新たな情報開示やキャラの登場を楽しみましょう♪♪

シリーズ終了後の新たな情報開示はビッグなサプライズもあり、かなり楽しい!!!

1番インパクトがあったのは、やっぱりW7編の後。あの時は凄かった。

ルフィのじぃちゃん、ガープ初登場。
ルフィとドラゴン、親子関係発覚。
コビー、ヘルメッポとの再会。
白ひげと赤髪の接触。

いや~ビビった。

今回はそれに匹敵するような、またはそれ以上の"うねり"がぶち込まれそうな予感がします(((o(*゚▽゚*)o)))

個人的に興味があるトピックを幾つか。

ルフィとサボ!!この兄弟のカラミはしっかり見たい!!
サボやコアラはこれまでどんな道を歩んできたのか??
私はこれがめちゃくちゃ気になる!!
彼らの想い、彼らのヒストリーは是非とも!!やって欲しいですね!!

海軍勢では藤虎。ルフィ、ローの同盟にどう対処するのか?
サカズキは五老星に立ち会ってくる、と言っていたが、そちらはどうなったのか?気になりますね。

しかし、七武海はドフラミンゴ、ローが抜ける??またもやメンバーの入れ替わりがあるのか。
七武海はなんとも不安定です。
"七武海制度撤廃"の流れが加速するのでしょうか。

また、ずいぶん前ですが、グリーンビットにポーネグリフがある可能性を考察しました。
シャンディア人や魚人など、人間と異なる他種族の土地にポーネグリフがあるケースがありましたが、小人族の地にもあるのでしょうか??
少し期待をしています。

サニー号vsビッグマムの行方なんて、たまらなく気になりますね!!

サンジの事でちょっと思い出したんですが、ヴィオラがサンジを想い、頬を赤らめるシーンがあったんですね。

ちなみにこの画なんですけど。
image

ヴィオラはサンジに対して満更でもない気がするのですが、もう2人の再会はないのでしょうか??

さて、新世界に入り、今だ登場していない大物。
サカズキ、緑牛、ベガパンク。
七武海バギー、例の男。
ビッグマム、カイドウ、黒ひげ。

この中から何人かはそろそろ登場すると思うのですが、、、、震えるぜ((((;゚Д゚)))))))

最悪の世代で今だ登場してない人たちも気になりますね。ウルージさんとか。

あ、小ネタではバルトロメオのトランクなんか気になる。

考えだしたらキリがありませんね。

皆さんの興味はどの辺りでしょうか。

ご静聴ありがとうございました!!!

ONE PIECE最高☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このページのトップヘ