東日本大震災により、被災された方、またご親族・お知り合いで被災された方々に、心よりお悔やみ申し上げます。3か月過ぎましたが、未だにいろいろな記憶が鮮明な毎日が続いています。

また、今後に向けて、様々な準備もしなければいけないと思いつつ、日々を過ごされているのではないでしょうか?

昨夜も、私が所属しています、「鋼管通商栄会」で、「定例会」が行われました。昨年から、”防災時に商店街として何が出来るか、すべきか?”をテーマに、町内会等の方々を交え、意見交換を行ってきました。
そこで、先日の災害もあり、いよいよ今年度は、『災害時のマニュアル』を作成したいとの方向で、より形にしていきたいというところです。

「川崎南部は、扇島等の災害に対しての対応を明確にしておかなくてはいけない。」という意見が出ていました。
先日の千葉のように、もしタンク等が爆発したら、現存の避難所では逆効果となり、大変なことになってしまいます。

今後、いろいろなことを想定し、次回は近隣避難所の備蓄状況も資料を提出していただくよう、田島支所へもお願いしたところです。

出来れば、”来てほしくない”、でも”きっと来るだろう”という状況の中、少しでも安心につながるよう、心がけたいものです。