テニスと甘納豆のタジマヤblog

99%テニス、1%甘納豆のテニスショップです。 ソフトテニス・テニスの新製品情報やテニスショップの日常を綴ります。

錦織選手は何王子?

錦織圭選手がやってくれましたね!


知っている方は多いと思いますが、これはほんとにすごい!


アメリカで行われていた、デルレイビーチ国際で、見事優勝しました!

決勝の相手は、今大会の第1シード、世界ランク12位のジェームス・ブレークです。

あの、ブレークに勝っちゃったんですから、本当にすごいです。

さらに、日本人のツアー優勝は、松岡修造さん以来16年ぶりの快挙らしいです。

さらにさらに、錦織選手は18歳になりたてで、この年齢での優勝は、あのヒューイットに次ぐ歴代2位のツアー優勝年少記録だそうです。


日本人テニス選手が、世界で2番目の記録ですよ!


すご過ぎです。


これで世界ランクは120位前後になり、日本人ではトップになるとのことです。


さて、今日のスポーツニュースはどうでしょうかね?

テニス界の「○○王子」なんて、呼ばれるのでしょうか?

これだけの結果を残してくれたのだから、たまには大々的にテニスのニュースもお願いしたいですね。


今後の、錦織選手から目がはなせません。


デルレイビーチのオフィシャルサイトです
http://www.yellowtennisball.com/


[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←1クリックのご協力お願いします

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

今年の春はピンクでしょ



今日は風もあまり強くなく、陽射しもあり、比較的暖かかったですね。


ミズノから、ソフトテニスラケットが入荷しました。

初級から中級者向きの「EXPZ」シリーズから4機種の発売です。

去年、ジストの中級者モデルとして、ジスト8シリーズが発売されました。

そのため、EXPZの中の上級者モデルだった「T-10」「N-100」がなくなり、EXPZシリーズはより初級者モデルの色合いが強くなってくるようです。


今回の発売モデルは、「T-15」「N-150」「T-20」「T-30」の4モデルです。

このうち「T-20」だけは、ニューカラーですが、その他はニューモデルで、全て初級~中級向きのレベル設定のラケットです。

「T-20」「T-30」は、ミズノのカタログによると、オールラウンドモデルとありますが、名前に「T」の名がついているのと、ラケットのスペックから見ても、前衛向きのラケットだと思います。

ちなみに「T」はツインシャフト(二股)、「N」はネオツインシャフト(小さな二股)の頭文字です。

この中で気になるラケットがあります。


それは、「T-30」。


カラーが、ブラック×ピンク。


プリンスが去年、ピンクを使用したラケットを発売しましたが、これが女子中学生にかなり受けました。

今まで、ピンクを使用したラケットというものはあまりありませんでしたが、硬式テニスであのシャラポワが、ピンクを使った「O3XFホワイト」というラケットを使用して話題になりました。

ピンクというと、なんとなく「弱い」「かわいい」イメージがありますよね。

初級者モデルには使用されていましたが、プロが使用するような上級者モデルに使用するには、メーカーも勇気が必要だったのではないかなと思います。


でも、当たりましたね。


シャラポワという、最高の宣伝塔が使用し、ピンクのイメージを少し変えましたね。

少数派でしょうが、男性も使用していましたからね。

最近では、男子学生がピンクのグリップテープを買って行きます。

しかもキティちゃんのピンクのグリップテープです。

しかも買っていく男子学生は、一人二人ではなく、かなり多いんです。

そんな時代なんですよね。


ヨネックスもピンクのソフトテニス用ラケットを出しますので、今年の春は「ピンク」が来そうです。



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←人気ブログランキングが見られます

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

おちゃめさん


振動止めにもいろいろありますが、変り種をひとつご紹介。

メーカーロゴのデザインのものが多い中、かわいいこんな物はいかがでしょうか?

こんなおちゃめな振動止めがラケットに付いてたら、気分も上がりますよね。


後ろのフェデラーとのギャップもすごいと思いませんか?



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←クリックしてくれるとうれしいです

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

カタログ到着


ヨネックスの総合カタログがやっと届きました。

イバノビッチの契約と、カタログの作成のタイミングが、ちょいとうまくいかなかったようで、いつもより少し遅めの到着です。

いつもなら展示会の時には完成していて、見ることができたのですが。


カタログ掲載商品は、やはり受注会の時にチェックしたとおりの品揃えでした。

もちろん新商品はありますが、そんなに多くはない感じです。

ただ、中のデザインが今までとは一新されていました。

人によって感じ方は違うでしょうけど、私的には、かっこいいかな、って感じでした。


買う買わないではなく、カタログを見たい!という人は、どうぞ気軽に声をかけてください。



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←クリックしてくれるとうれしいです

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

ミズノレディース募集開始


3月12日(水)に「ミズノレディースチャレンジャーズ」というイベントを行います。


これは、硬式テニスのレディースのイベントなのですが、普通の大会ではなく、練習試合方式の勝ち負けにこだわらない大会です。

種目は女子ダブルスで、色々な人と楽しんで試合をしましょう!という趣旨の大会です。

大会というと勝敗にこだわるのが当たり前ですが、これは少し肩の力を抜いてもらって、最低でも4試合は楽しみながら試合ができます。


ミズノさん主催の大会なので、ミズノのラケットを使用して試合をしてもらいます。


硬式テニスの世界では、ミズノラケットは、どちらかというとマイナーな部類に入ってしまいます。

ただ、知られていないだけで、すごく良いラケットもあるので、是非この機会に使ってもらいたいですね。

あの松岡修造さんだって、生涯ミズノ契約ですからね。

多分この先も。

また、高校の全国レベルの大会に行くと、強豪高と呼ばれる学校のミズノラケットの使用率はかなり高いんですよ。


何が言いたいかって・・・


物はいいんです!


個人的には、もっとメジャーになっても良いと思うメーカーですね。


話がちょっとそれましたが、このイベントでは、試打用ラケットをご用意しますので、手ぶらで来てもらっても大丈夫です。

是非出場してもらいたいのは、試合に出たいけど出る勇気がない、というような、初級者レベルの人ですね。

勝敗に関係なく、最低4試合はこなせるので、試合経験の浅い人には、すごく良い経験になると思います。

参加費も安く、たくさん試合ができて、その上参加賞の質が高い!

参加賞だけでも元が取れちゃう感じで、毎年参加者の方には好評です。


タジマヤホームページに案内がありますので、興味のある方は是非そちらをご覧になってください。


写真は、おととしのものです。(去年のが見当たらなかったので…)



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←クリックしてくれるとうれしいです

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

新ネクステージ特典付き予約販売開始


新ネクステージの予約販売を始めようと思います。

発売は2月20日前後の予定のようです。

当店に入荷するまでの間にご予約いただいた方に、特典をつけようと思います。

対象ラケット
・ネクステージ700 1本シャフト後衛専用
・ネクステージ70S 2本シャフト後衛向き
・ネクステージ70V 2本シャフト前衛向き

特典
その? ヨネックスストリング 「ナノジー122」か「ナノジー128」をプレゼント

その? レーザーネームサービス無料印字(名前以外でもOK)

入荷次第、即納します。

ご希望の方は、タジマヤまでご連絡ください。


ナノフォース7000シリーズの後継機種と思っていただいてよいと思います。

ネクステージ900シリーズだと、ちょっと使いこなせないなぁ、と思っている方にはオススメの一本ではないでしょうか。


[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←ここからランキングが見られますよ

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

ソフテニは大丈夫だけど、テニバドは危ない



先日、ヨネックスさんからポスターをいただきました。

見ての通り選手のポスターではありません。

ここ何年か注意を呼びかけているようですが、相変わらず偽者が出回っているようです。

正規ルートで仕入れているお店であれば問題は全くないですが、得体の知れないウェブ上のお店だとか、ネットオークションなどは注意したほうがよさそうです。

実際、写真だけでは分からないものが多いみたいですからね。

でもラケットスポーツの中でも、被害の大きさが異なるようです。

テニスとバドミントンは要注意ですが、ソフトテニスは危険は少ないとのことです。


なぜ?


それは、テニスとバドは、ワールドワイドなスポーツで、ソフトテニスはそうではないから。

ソフトテニスが普及している国は、残念ながらまだまだ少ないようです。

そのせいで、オリンピックにも参加できません。

残念です。

バッタもんの多くは海外産でしょうから、そういう目で見ると魅力がないのでしょうね。

正規品とは見た目(デザイン)は変わらなくても、中身は全くの別物ですからね、注意しましょう。


ネットオークションなどで、ヨネックスの正規品か否かを見分ける方法

1、ホログラムシールは簡単にはがれません

2、ヨネックスロゴマークが若干違います

3、製造番号は印刷ではなく刻印です

4、エンドキャップの色がビミョウに違います

5、SGマークがついています


やっぱりお店で買うのは安心です。


[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←クリックしてもらえるとうれしいです

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

売れ筋シューズがリニューアル発売


ミズノのシューズが入荷しました。

ウェーブデュアルシリーズの新作です。

今までのこのシリーズは、「4E」のシューズだけだったのですが、今回は「4E」と「3E」の2品番同時発売です。

このシリーズは、価格帯が\9,000弱(当店価格は\7,000代です)で、お客さん側からしても買いやすいようで、当店でも人気シリーズです。

シューズを買うときには、試し履きをしたり、足のサイズを測ったりすると思いますが、ミズノの4Eはかなり広めなので、幅の広さが合わないで断念する人も多くいました。

そういう人たちも「3E」であれば、たいがいは大丈夫だと思うので、今回の出し方は「当たり!」だと思いますね。


今回のこの2つのシューズの違いは、幅の広さと、見ての通り色の使い方が若干違うことです。

やはりデザインは、良くも悪くもミズノっぽい感じですね。


もう少しすると、「2E」という少し幅が狭めのシューズがミズノから初めて発売されます。

3Eでも広すぎるという人は、もう少々お待ちください。



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←今ランキング何位でしょうか?

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

全米オープンで使用されるボールの数は?

今日、テニスジャーナル(TJ)の3月号を見ました。

テニス雑誌はいろいろありますが、TJはかなりマニアックな記事が多く愛読してます。

今回もかなり興味深い記事がありました。


「あなたはテニスボールのことをどれだけ知っていますか?」


知らなかったことが結構ありました。

例えば、「全米オープンで使用されるボールの数は、72,000個」とか、「ウィンブルドンでは使用前日に開缶されて、一晩、大気圧中に放置され、翌朝のバウンドテストをクリアしたものだけが使用される」とか、ノンプレ(ノンプレッシャーボール)はインパクトでものすごく変形し、その変形を繰り返しながら飛ぶ、とか。

DVDが付属になっていて、実際の映像を見られるので、かなりおもしろかったです。

興味のある方は、是非読んでみてください。


職業柄、こういうテニスに関わるうんちく的なことには、興味がわきます。

でも、知らないことがまだまだたくさんあり、勉強不足だなぁ、とも改めて感じました。

普段から、知ったかぶりは怖いので、分からないことは分からない、とお客さんに対して素直に言うようにしています。(それじゃダメなんですけどね…)

お客さんの方が情報が早いとか、道具に詳しかったりだとかということも、やっぱりあります。

そんな時には、背伸びをして、そんなこと知ってるよ(知らないけど)と言いたい気持ちもありますが、そんなことを言っていたら、いずれボロが出ると思うので言いません。(当たり前?)

知識があることが全てではないにしろ、あることにこしたことはないので、何事も日々勉強ですね。


がんばります!


[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←読んだらクリックお願いします

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

外テニスで手が凍えてしまう人の救世主



今日は寒かったですね~。

朝起きたら、外が真っ白になっていました。

車道は大丈夫でしたが、それ以外の場所は結構積もってましたね。

まあ、夜にはほとんど溶けてましたので良かったです。


群馬というと雪山のイメージが強いみたいですが、ここ伊勢崎は、ぎりぎり関東平野のはじっこで、雪もほとんど降りません。

東京と比べると、若干寒いかもしれないかな、くらいの感じです。(風はかなり強めです)


にしても、最近は冷えますね。

テニスをやるにしても、朝晩はかなりの冷え込みで、手が凍えそうになります。

動けば体は暖まりますが、手はどうしてもね・・・。

グローブをするというのも一つの手ですが、グリップの感覚と打球感がいまいち感じづらくなり、苦手です。

ラケットを握らない方の手は、手袋してもいいですけどね。

でも、利き手はやっぱ素手がいい。

そんな人は多いと思いますが、かなりの優れものアイテムがあります。

知っている人は多いと思いますが、写真のやつです。


袋状の中で素手でラケットを握れるので、グリップの感覚も損なわれませんし、ヨネックスの「HEAT」効果もあるのでしょうか、かなりの暖かさです。

バドミントンをする人の中には、短く持つ人もいると思いますが、エンド部分がファスナーで開きますので、短くも持てます。

ただ、本気になってプレイしてしまって、地面に手を着くようなことになると、手を開けないので大変です。

製品の注意書きにも書いてありますが、ウォーミングアップ程度にしておいた方が良さそうです。

コーチなど、ボール出しをたくさんやる人には、冬の必須アイテムですよね。


一応・・・

メーカー希望税込価格 \1,995

当店販売価格 \1,790


テニスショップなら置いてあると思うので、寒がりさんは是非お試しください。


[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ←クリックするといいことあるかも

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

かっこいいラケット発売予定

これから3月くらいまでにかけて、続々と新商品が入荷してきます。

ソフトテニスの注目ラケットは、ヨネックスのネクステージシリーズでしょう。

2月の中旬に700、70S、70Vの3機種が発売されます。

実際に見てきましたが、NF700シリーズを思わせる真っ赤なボディのラケットでした。

見た感じ、かなりかっこよく、人気のでること間違いなしと見ています。

ただ、今回の目玉はこのラケットだけだったのですが、NF500クラスのラケットも一緒に出してくれたら、うれしかったなぁと。

次回のお楽しみのようです。


ヨネックスといえば、硬式も新作が発売されます。

これまた、かなりかっこいいラケットでした。

黄色のデザインで人気だった「RDS001」と「MP」、赤の「RDS003」のニューデザインが出ます。

グロメットをちょいといじって、打球感がさらにソフトになったらしいですが、基本的なスペックは変わりなしの、新色での発売になります。

今回のヨネックスも、期待を裏切らない出来だと思いますので、ご期待ください!



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← ためしに押してみてください。

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

スネークの打ち方

今日も風が強く寒かったですね。

ただ気温が低いだけなら我慢しようがあるのですが、風が強いと最悪です。

群馬の冬は、風がほんとに強い!

「からっ風」ってやつです。

赤城と榛名から吹き降ろされる、いやなやつです。

私が高校生の頃は、風が強くて自転車が前に進まないなんて日が、たくさんありました。


テニスを屋外でするうえでは、フィジカル的にも、メンタル的にも、少なからず天候に左右されます。

風が強いと、自分のプレイをコントロールするのが難しくなりますよね。

風は嫌だなあ、と思ってプレイするのと、風最高!、とプレイするのでは、おそらく試合にしても練習にしても、結果は変わってくるでしょうね。

前向きに考えるのはなかなか難しいでしょうけど、風の日は、風を利用したプレイというものを考えながら練習すると、だんだん嫌じゃなくなってくるはずです。

普段、絶対に打てないような変化球が打てたりするので、そういう目線で見るだけで、結構楽しめますよ。

ブーメランスネークとか。


風を味方につければ、群馬の冬の試合は怖くない!



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← 1クリックしてもらえるとうれしいです!

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

テニス?ソフトテニス?

テニスには、硬式テニスとソフトテニスの2種類がありますが、「テニス」というと、どちらを想像しますか?


以前、メーカーの営業の人と話をしているとき、興味深い話を聞きました。


一般的には、「テニス」といったら硬式テニスをさすと思いますが、地域によってはそうでないところもあるそうです。

関東地方でいうと、主に東京、神奈川などの南関東は、硬式テニスのことは「テニス」、ソフトテニスのことは「ソフトテニス」と表現するそうです。

まあ、これが一般的でしょう。


しかし、我が町群馬や栃木などの北関東圏では、「テニス」というとソフトテニスのことをさし、硬式テニスのことは「硬式」と表現する人が多いようです。

でも、硬式テニスしか経験のない人は、硬式テニスのことは「テニス」と言いますかね。


ともかく、そういう傾向があるらしいです。

まあ確かに思い当たるふちはあるなぁ、と感じました。


全国的にも中学校の部活動のメインとなるのは、硬式テニスよりもソフトテニスでしょう。

その傾向は、田舎に行くほど強くなります。

そんな田舎(北関東の人、すみません)だからこそ「テニス」といったら、やはりソフトテニスになってしまうのでしょうね。


ソフトテニスをしている方へ

「ソフトテニス」のことを、普段なんと呼んでいますか?




[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← 1クリックのご協力をお願いします!

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

さんまさんとヨネックス


何日か前に、ハニカミ王子ことゴルフの石川遼くんが、ヨネックスと数億円の契約を結んだと発表がありましたね。


今日、ヨネックスの展示受注会に行ってきたのですが、会場もハニカミ王子の写真でいっぱいでした。

いつもなら、ヒューイットやナルバンディアンなどのテニス選手の写真が多いのですが、今年は違いましたね。

メーカーの人の話によると、早速売り上げにもりょうくん効果が出ているようです。


「りょうくんと同じものが着たい」


みたいな感じで。


ラケットスポーツもこの恩恵にあやかれるといいですね。


そして、会場で面白い情報を聞きました。

何日か後に、あのさんまさんがヨネックスを訪問してくるそうです。

某テレビ番組でありますよね。

さんまさんや飯島直子さんたちが、企業を訪問して、美人社員を探して、小島よしおでしめる、みたいな番組。

放送日は未定みたいですが、ヨネックスに来るらしいですよ。

やはり、このタイミングでというのは・・・、


きっと、りょうくん効果ですよね。


個人的に、非常に楽しみです。


写真は、2月発売?のヒューイット使用モデルです。

サイドのシルバーの模様は、直筆サインです。

前作同様、少しタイトなシューズですが、前作は「ちょっときつい」という声があったらしく、甲の高さに若干ゆとりをもたせたようです。


今まで総合カタログの表紙はヒューイットが飾っていましたが、今年の表紙は去年から大活躍している、あの若手女子プレイヤーに奪われるとの話が・・・。



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← 1クリックのご協力をお願いします!

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

反発力って何?


「反発力って何ですか?」


よくこんな質問を受けます。

ストリングのパッケージの裏に、性能を示す表記がしてあるものがありますよね。

反発力、耐久性、柔らかさ、などの漢字系。

もしくは、スピード、パワー、スピンなどの横文字系。

初めてテニスをする人には、なんのこっちゃ分からないものかもしれません。


反発力とは、読んで字のごとく、「反発する力」。

「ボールを弾く力」でしょうか。

この力が強ければ、ボールのスピードはあがります。

ただ、全体的なスピードアップというよりは、インパクトでストリングからボールが飛び出すときの「初速」のスピードアップという意味合いの方が強いかもしれません。

初速のスピードアップであって、飛距離が伸びるというわけではありません。(もしかしたらちょっとは伸びるかも)


「反発力」が高いストリングは、打球感がやや硬めなものが多く、ボールをホールドする間もなく飛んでいく感じです。

また、一般的に高音で軽快な印象を受けます。


代表的なストリングでは、テニスでは「ミクロスーパー」、ソフトテニスでは「ミクロパワー」辺りがあげられると思います。



では、「反発力」の反対は何でしょうか?


反発しない力。

反発しないで、ボールを包み込むような感覚。


やはり、ストリングのパッケージによくある、「ソフト感」がそれにあたるのではと思います。

「ホールド感」も同じ意味合いでしょうか。


真逆の要素の、「反発」と「ホールド」。

これを両方兼ね揃えたストリングがあったらいいですよね。


あります。


それは、「ナチュラルストリング」。

ボールをグッと包み込んだかと思ったら、ギューンと飛び出す感覚。

ソフトテニスでは、今はほとんどないですが、「ゲイキン」でしょうか。

ソフトなのに、高反発!


いずれも、高いだけのことはあります。



[http://tennis.blogmura.com/ テニスブログランキング] ← 1クリックのご協力をお願いします!

[http://www.tajimayanet.com/ ラケットショップ タジマヤ]

プロフィール
ストリンギングを最重要視し、
テニス・ソフトテニスのインターハイや国際大会などでもストリング活動をしています。
そこでの経験を『低価格&スピード』でお客様に提供します。
[タジマヤひでのぶ][テニスショップ タジマヤ]
[テニスショップ タジマヤ]
ソフトテニス情報サイト
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
  • 今年のソフチャレは in伊勢崎だぞ~!
最新コメント
  • ライブドアブログ