April 12, 2006

オンライン英会話 「イングリッシュタウン」

オンライン英会話については、すでに別項でその活用術を書きましたが、
ここでは実際に僕が利用していたものを紹介しますね。

イングリッシュタウン

なのですが、英語学習者の方なら耳にしたことのある人も多いと思います。


ここの特徴は、いかにもオンライン英会話らしいサービスを提供しているところですが、まず掛かる料金は定額¥5900/月(現在はどうやら値下がって¥4900みたいです)のみ、自宅のパソコンからヘッドフォンとマイクを使い、24時間好きな時に何時間でも、月に何日でも使い放題で英会話出来るといったところです。

ですから入会する以上、少しでもたくさん授業に参加したほうがお得なわけですね。ちなみに僕は、登録していた1年半の間最初の半分はほぼ毎日、あとの半分も二日にいっぺんくらいは参加していました。ほんとに楽しくてエキサイティングだったので、ハマッてしまっていたわけです。

肝心なコンテンツはと言うと、まずは基本の英会話(講師はネイティブスピーカーで、世界中から参加している生徒達とのディスカッション形式になっている)、それから文法知識や語彙を強化するための問題回答及び採点・指導、ゲームなどによる英語レクリエーション、生徒同士が自由に英語でチャット・メールできるフリークラス等々実に多彩。

そしてこれらのコンテンツが自分の好きな時に、好きなカテゴリーだけ選んで使い放題で料金は月額¥4900の定額なので、かなりのお得感はあると思います。
個人的にはフリーチャット(もちろん音声チャットも出来る)だけでもかなり楽しく、いいアウトプットが出来ると思います。

僕の場合、ある程度文法知識は身につけてから会話力のブラッシュアップを主な目的にこのサービスを使い始めたので、使っていたコンテンツは会話クラスとフリーチャットだけでしたが、結果相当に会話力を磨くことが出来たので、高額な英会話スクールに通わずに済んだという意味でもオンライン英会話さまさまといったところです。


後は文法に自信の無い人には、ネイティブが直接採点・指導してくれるコンテンツもしっかり用意されているので、文法を磨きたい人にもかなり利用価値の高いサービスだと思いますよ。なんと言っても安ですしね。


真剣にオンライン英会話に興味がある人、
もしくは英会話スクールに行くことを現在検討している人、

イングリッシュタウンお薦めですので試してみてはいかがでしょう?




人気ブログランキングクリックしてランキング応援してくださいね!あなたの応援でがんばりますっ。

tak_913 at 22:08|PermalinkComments(1)TrackBack(5)ワンランク上を目指す学習法 | オンライン英会話は使えるか?

March 19, 2006

そしてもうすぐ5ヶ月です。

raymmy3

今月で5ヶ月になる僕らの娘はもう随分とおしゃべりになり(まあ、主には僕ら夫婦の妄想ではありますが)、奥様いわく彼女の問いかけにはきちんとロシア語で返事をしてくれるそうです。

妻”はーい、ミルクの時間ですよ。ペイ マラチコ←ロシア語(ミルク飲んで!)”

娘”ダー、ダー←ロシア語(イエス、イエス)


エレナ、それは違うと思うよ…


なんにしても、ほんとにかわいい僕らのbaby。

もうピアノだって弾けちゃいます。

幸せになるのだよ



人気ブログランキング
←本日のランキング234位。みんなの応援が励みです。クリックして応援してくださいね!

tak_913 at 00:57|PermalinkComments(3)TrackBack(1)愛するわが娘 

March 15, 2006

英英辞典は絶対活用してください!

多くの英語学習者が使用している英英辞典、ある程度英語力がついてきたらその面白さから無くてはならない学習アイテムになるのは言うまでもないですよね。

そう、英英辞典てほんと面白い。


何が面白いって、英和辞典と違って単語の意味が単に”日本語訳”としてでは無くてその単語の意味を英語で解説しているわけですから(あたりまえか)、使い始めの頃はホント飽きない!

小学校の頃にほら、国語辞典を使い始めた時に片っ端から身の回りの意味不明語を調べまくってワクワクしてたあの感じです(アレ、僕だけですか?)。

英英辞典は、まあ物によって差はあるでしょうが大体英検準2級、TOEIC500点くらいから使えるものが多いと思うので、自分の実力が大体このあたりだなと感じる人は是非使ってみることをお薦めします。

僕はちなみに英検2級の勉強をしていた頃からロングマン現代英英辞典を使い始めて、今でも英和辞典ではなくこれを主に使っています。

英英辞典の良いところは、なんと言っても英語での表現力を飛躍的に伸ばしてくれる力があること。

英英辞典を使い始めると急速に英語力がアップしていくのは確かです。


このことはまだ使っていない人なら、使い始めてすぐに実感できると思いますよ



人気ブログランキング嗚呼、悲しいかな僕のブログ、ランキング外に! ずっと更新してなかったからなあ…。クリックして応援して下さいね!

tak_913 at 02:23|PermalinkComments(2)TrackBack(3)おすすめ英語学習法 | 楽しみながらもレベルUP法

February 18, 2006

英単語・熟語暗記のコツ

英単語・熟語暗記…
考えただけでも苦痛ですね

しかしながら、試験英語に目標を絞っている人はもちろん、
もう既にある程度の英語力を身につけてしまった人も英字新聞、英文誌などをストレス無く読むためのボキャブラリを獲得していくにあたって避けられないのがこの英単語・熟語暗記です。

僕も実際、英字新聞を読むことが出来るようになってからも英検1級対策に使用した「英検Pass単熟語1級」を今でも時々単語を忘れないよう、目を通すようにしています。


ところで、この暗記作業ですが、
本当にキツイですよね?

僕も最初の頃はたいがいの人がするように、単語集的な教材を買ってきて念仏を唱えるようにひたすら繰り返し繰り返し目を通し、必死で頭に焼き付けたものです。

で、そんな苦労はきちんと報われるもので、最終的にはどんなに難解な単語もしっかり暗記できるものですが、じゃあもう万全と、英字新聞を読んで語彙力を確認してみると…


アレ、この単語ってなんだっけ?
おかしい、思い出せない!
もうここまで出てきてるのにっ!!

…これがもうしょちゅう。挙句は思い出したと思ったら、それは単語集でその単語の類義語として紹介されていた別の語だった!、なんて混乱振り。あんなに完璧に暗記したはずなのになんで?

みなさんも経験あると思います。

これは英単語を、実際に使用することによってでなく”記号”として覚えてしまったために起こる弊害なんですが、こんな事態を避けるための有効な暗記方法ってなんでしょう?


それは、ずばり
”単語を例文単位で暗記する”ことです。

どういうことかというと、
英単語・熟語を暗記する時は、ただ単に大量の単語を羅列して、それを機械的に暗記するように作られているような単語集はそもそも避け(もっとも、最近は”単語は例文単位で暗記するのがよい”概念が浸透しているので、その手の教材はへりましたが)、様々な例文の中に重要単語・熟語を織り交ぜて、この例文を記憶すると自動的に単語・熟語も暗記できるという形式の教材を使うのがベストです。

そうすると、
例えば英字新聞を読んでいてこの単語なんだっけ?と、いう状況になった時思い出すのは、その単語を含めた例文丸々というふうになるので、他の語と記憶があいまいになり思い出せないということはなくなります。


ですから書店にも、例文単位で単語を暗記することを薦める教材が最近は多いです。


僕も実際、主にこの方法で単語・熟語を覚えましたが、個人的にお薦めの教材はなんと言っても「Duo 3.0」と、「All in one (Part1)」「All in One (Part2)」です。


興味のある方はこちらを参考にしてくださいね



人気ブログランキング今日の順位129位! 皆さんのクリックが応援になりますっ!

tak_913 at 02:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)おすすめ英語学習法 

February 17, 2006

文法書って、意外と良いもの見つからない?

皆さんは何か一冊、信頼できる、良質な英文法教材(文法書)を持っていますか?

単語や熟語を暗記形式で紹介する教材はたくさん出回っているけれど、有効で、かつ文法だけに特化している文法書って、意外と見つけにくいものです。

そこで、ここではこれも僕が実際に使っていた、なかなか強力な文法書をひとつ紹介しますね。


まあ、”強力”っていうのが気になるところだとは思うのですが、これがオックスフォードの1037ページにもわたる大書なんですからそれもそのはず。

タイトルは、オックスフォード実例現代英語用法辞典


でもこの文法書、オックスフォードのものだけあって英語学習者にとって肝心部分は完全に押さえてますし(なんせこのボリュームですから)、初級〜上級者までの人のほとんどの疑問を豊富な例文を通して解決してくれると言っていいと思います。実際、僕はこれをかなり長きに渡って重宝していましたから。


見た目にはほとんど辞書で、実際に使い方もアルファベット検索でサクサク自分が調べたい文法について探すことが出来るようになっています。内容についても例文メインでかなり親切に説明している感じです。


試しに「Amazon」で購入者の書評を見てみたのですが、この書について否定的な意見はほとんど無く、使っている人は大体満足しているようです。


良質で、長く使える文法書が是非一冊欲しいと思っている方にはお薦めです。



オックスフォード実例現代英語用法辞典





人気ブログランキング←今日のランキング141位! クリックして応援して下さいね!!

tak_913 at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お薦め教材・書籍 

February 16, 2006

英会話スクールをフル活用するっ

英会話スクールに通う…
それはまぎれもなく、合理的で、効果的な英語学習法のひとつですね。
そのことに疑問の余地が無いことは、間違いありません。

ただ…
よく思うのですが、そんなに効果的な英会話スクールに週に何度も足しげく通ってるにもかかわらず、いつまでたってもちっとも英語が話せるようになれない、もしくは規定の期間内できちんと必要習得レベルをクリア出来ないといったケースが多発している(僕のまわりだけでしょうか?)のはなぜでしょう?

答えは簡単で、多くのスクール受講者が本来アウト・プット(習得した英語力を披露する)の場であるスクールを、イン・プット(基礎になる英語力を習得する)場として期待して通っているからです。

このように言ってしまうとやや極論で、受講者の方の中には異論を唱える人もいると思いますが、ちょっとこの話を聞いてほしいと思います。

実は僕には、某有名英会話スクールで講師をしているネイティブの友人が2人ほど(オーストラリア人とアメリカ人)いるのでこんなことを聞いてみたことがあります。

僕「ねえ、文法のことが分からないと質問された時は、どんな説明をしてあげるの?
君は日本語が話せないし(英会話スクールで完璧な日本語を話せる講師って、ほとんどいませんよね?)、生徒の方も当然、英語で複雑な文法の説明をされたって理解出来ないでしょ?」

ネイティブの友人「うーん、説明はできないね。英語の疑問には英語で答えるのが自然だからね。いちいち訳さなくても英語が理解できるようにならないと。」

僕「うん、でもどうしてそうなるのか、理由くらいは知りたいときってよくあるよね…」

友人「スクールのテキストの説明を読んでもらえば大丈夫なようになってるから…」


そう、結局のところ、根本部分は自分で学習しなくてはならないわけです。
つまりは、厳しい言い方かも知れませんが、イン・プットの部分に関しては孤独に耐え、コツコツと、自分の力で積み重ねていかなくてはならないというのが現実なのです。

ちょっと話がかたくなってしまいましたね


でも本当です。
最近は何でもかんでも、”英語学習は楽しく”と効果の薄い高額教材を販売している業者も多くあるようですが、本来英語学習は(特にイン・プットは)地味で時には苦痛ですらあるものです。

けれども、その地味な部分を乗り越え、一度基礎部分を作ってしまえば(3ヶ月から半年といったところです)あとは確かに、楽しい楽しいアウト・プットメインの英語学習に移行していくことが出来ます。

この段階でスクールを(アウト・プットの場として)活用すれば、メキメキ実力がついていくのが自分でも分かることでしょう。
こうすることでお金も大分、節約できるはずですし。


もうひとつ余談ですが、別の項でも書いたように、僕の奥様は外国人(英語を話すロシア人)なのですが、日本に移り住んで来て1年、最近やっと大分日本語が話せるようになって来ました。

”1年かかってやっと”では、ずいぶんとペース遅いのではとの声も聞こえそうですが、僕達夫婦は日常生活で主に英語を使ってしまっているので、無理も無いかも知れません。

それはともかく、以前彼女は日本語学校にも通ってみたのですがどうもうまく上達出来ず、理由を聞いてみたらやはり、日本人の講師の人達が文法について英語での説明が出来ず、本質の部分が理解できないからだとのことでした。

まさに、英会話スクールの例と同じことが外国人のための日本語学校でも起きているわけです。

そこで僕が日本語の文法に関する説明を彼女に英語してあげたら、あっという間に上達しはじめ、挙句は「Takは日本語学校の講師になったら?」なんて言い出しました
僕もちょっと、まんざらでもない気がしてみたりして…


そして彼女には、その後僕が英語を習得したやり方をそのまま日本語学習に置き換えてやってみるよう薦めたところ、予想以上に効果を発揮し始めて、最近では僕らのコミュ二ケーションも、随分日本語が占めるようになってきました。

3ヶ月前に比べたら、大変な進歩です


昨今、英会話スクールも色々ありますのでその選択には迷うところだと思いますが、それをアウト・プットの場として利用すると考えたら必ずしも高価で、有名なところが優れているわけではないので、自分のスタイルにあったスクールを見つけるようにしましょう。

また、他の項で書いた「オンライン英会話」についても、同様の効果が期待できると思いますよ


〜例えばこんな英会話スクール〜

 TESS英会話スクール




人気ブログランキング ←本日のランキング126位! クリックしてランクアップ応援してくださいね。

tak_913 at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)英会話スクールについて 

February 12, 2006

あれからもう、3ヶ月ですっ!

raymmy2

僕らに娘が誕生して、早いもので3ヶ月が経ちました。


まあ早いものでと言っても、赤ん坊の最初の3ヶ月の間の変化というのはめまぐるしく、毎日が新鮮で、親としてはいかなる瞬間も見逃すまいと一喜一憂の日々でした(笑)。

今ではあ〜、う〜と声を出したり、けらけら笑ったり、すっかり僕らのアイドルです。

本当に子供って、こんなにかわいいものなんですね。
自分に子供が出来て、初めて知りました。


今では僕らも、彼女が早くおしゃべり出来るようにならないかと待ち望んでいますが(気が早すぎますね)、前の記事で書いたように日本語・英語・ロシア語が飛び交っている我が家、彼女が最初に発する言葉は一体何語なのやら…


まあ、何語であってもいいのですが、ただただ今は娘の健康と幸多き未来を祈るばかりです





人気ブログランキング←本日のランキング143位! クリックして応援して下さいね!! 

tak_913 at 01:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0)愛するわが娘 

February 10, 2006

よく言われるインプット・アウトプット。その違いは?

英語学習者の方なら、このインプット、アウトプットという言葉よく耳にしますね?
いったいこれって何のことでしょう。

簡単に言えば、読んで字のごとくインプットは入力、アウトプットは出力なわけですが、英語学習における入力・出力と言えばなにを指すのか容易に想像がつきますね?

要するに、インプットは暗記などによるボキャブラリ増強、
アウトプットは、インプットによって得たボキャブラリを実際に口に出すことによって使ってみることです。


一般にインプットの方は、地味で孤独で、お世辞にも楽しいとは言いがたい、誰もが出来れば避けて通りたいと思う英語学習の”陰”の部分です。

反対にアウトプットの方はと言うと、実際に英語を使って話をしてみたりするわけですからそれはもう華やかで、楽しく、はた目に見てもとてもカッコイイ、英語学習における”陽”の部分です。

ですからこのアウトプットは、誰もがあこがれ、イメージ的にもいかにも楽しい英語学習といった感じで、教材を販売している業者や英会話スクールもこのアウトプットを学習者に薦める広告をたくさん流して、生徒獲得に躍起になっています。

ところで、じゃあインプットにおける手助けは、いったい誰がしてくれるのでしょう? 英会話スクールでしょうか? それとも、あなたにネイティブの友達がいれば、彼/彼女が手伝ってくれるでしょうか?

もちろん、どちらの方法もアウトプット、習得した英語力を使って試してみる場としては、疑いの余地無く有効と言えそうです。
しかしながら、

インプット、ボキャブラリ獲得・増強、文法理解という点においては、どちらも助けにこそなれ、決め手にはならないのは、スクール経験者の方ならよくご存知だと思います。いかがですか?

では、インプットとはいったい何でしょう?

ズバリ、自分自身の力で、近道なしにコツコツ積み上げるしかないもの、それが英語学習における入力作業、インプットです。

で、このインプット、地道に積み上げたら積み上げた分だけ、少しの無駄も無くすべてあなたの英語力における血肉になります。

もちろん、手段としては色々な方法があるので、ただただ単語帳と延々にらめっこ的なやり方じゃなくてももう少し楽しい、合理的な方法もあるのも確かですが、得てして英会話におけるインプットとは、冒頭でも書いたように地味で、孤独なものであるのは否定しようの無い事実です。


て、ちょっと重過ぎますね…


けれども、じゃあもし、このインプットをおろそかにして、楽しい楽しいアウトプットだけに専念して英会話学習を始めるとどうなるかというと…

お金をかけて有名なスクールに通っているにもかかわらず、ネイティブの講師だけを集めたオンライン英会話に参加しているのにもかかわらず、”どうしていつまでたっても私、英語が自然に口をついて出てくるようにならないんだろう?”と、いうことになるわけです。

それはどうしてか?


当然ですね。なぜならそれは、

幼児が言葉を学んでゆくプロセスといっしょで、まだボキャブラリのあまり無い子供にいくら会話をうながしてみたところで、彼らの少ない引き出しから選び出せる返答はごく限られてしまいますし、もちろん、こちらの質問が難解すぎれば、子供は質問の意味すら理解することが出来ないからです。

ただそうは言っても、実際子供は2歳くらいにもなると、大人の言っていることは結構理解出来ています。なぜなら、彼らは耳から入ってくる情報で、リスニング力はかなり身につけているからです。

ただ、読んだり書いたりしてボキャブラリを得ておらず、また単語の持つ意味などもまだ理解していない彼らは、聞いた事に対して正しく理解をし、すばやく返答することが出来ない…そう、”言葉が口をついて出てこない”わけです。


となると、英語学習においては一般に言われるように、インプット・アウトプットの作業をバランスよく組み合わせて、どちらもおろそかにすることなく薦めていくのが理想と言えそうです。

ですがいったいどんなものがインプットで、どんなものがアウトプットなのかは分かりづらいかも知れませんので、ここでは僕がこのブログで紹介している学習法をインプット、アウトプットでカテゴリ分けして紹介してみたいと思います。

このブログで紹介している英語学習法は実際僕がやっていたものが多く含まれていますので、参考にしてもらえたら幸いです


インプットに効果のある学習法
 
 □まず、安価でかつ効果的なのはなんと言っても本屋で売っている英語学習者用の書籍。シンプルですが、一番インプットで効果が上がるのは書籍を使った独学です。僕もこのブログの「よい教材は、書店にいくらでもあります」の項で実際使用したお薦め本を幾つか紹介しています。

 □書籍の代わりに、書籍何冊分もの情報量が収録されている「マジック・トーカーズ」を使用する。マジック・トーカーズはかなり有名な英語教材でその名が知られていて、効果の程も確か。もちろん、僕も使っていました。

 □通信教育を受講してみる。通信教育はかなり独学が占める割合が高いのである意味書籍での独学にも近いですが、きちんと添削・指導してくれる人がいるという意味ではモチべーション維持の点で完全な独学より張り合いがあるのでお勧めのインプット学習法です。僕は普通の通信講座を受けたクチですが、今はやはり、「オンライン通信講座」がお薦めです。

□実績があって、信頼できる通信講座を利用してみるのもかなり有効。ちなみに僕は旺文社の英検1級講座を6ヶ月受講しましたが、とても楽しく、有意義なものでした。講座を選ぶ時のポイントは何と言っても教材の信頼度が重要で、高いだけでちっとも役に立たないものは絶対に避けたいものです。その点、アルクの「ヒアリングマラソン」と、エスプリラインの「スピードラーニング」あたりは実績もあり、信頼できる教材と言えるでしょう。しかもどちらも10日前後の返却可能期間を設けているあたりに自信のほどがうかがえます。

「スピードラーニング(えっ!?それだけで英語が話せるようになったの?まずは10日間試してみようかな☆
)」


 ■アウトプットに効果のある学習法


  □僕が実際に使用し、アウトプット手段として絶対にお薦めなのが「オンライン英会話」。英会話スクール同様の効果がありながらなんと言っても安価で、しかも相手の顔が見えないからすごく大胆になれる!ある程度インプットを済ませたら、是非試して見てください!


  □オーソドックスに英会話スクールに通うのももちろん有効。しかも楽しいっ



  □英語圏の国の人を友達にしてしまうのも、最も有効なアウトプットに繋がる手段のひとつ





人気ブログランキング
 ←今日現在157位! クリックして応援してくださいね。

tak_913 at 02:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)英会話におけるインプット・アウトプット 

February 08, 2006

友人が英会話スクールでリベンジ !?

つい最近、僕の職場の同僚のJさんが”英語リベンジ”を宣言し、約1年ぶりに英会話スクールに復帰しました。

と、言うのも、このJさんは以前にも主にアフター5や休日を利用して随分長いこと英会話スクールに通ってたんですが、本人も認めているように、払っている金額にしてはあまり通ってさえおらず、在籍していることに満足してしまってあまり具体的な効果は得られなかったようです。

英会話スクールに関しては僕もこのブログでいくつか記事を書いているので(目次から「英会話スクールについて」を参照して下さい)、彼女には僕なりのアドバイスをよくしていたのですが、それも踏まえた上で今回は一大決心をし、またスクールに通うことに決めたそうです。

確かにこのJさん、日ごろから僕によく英語に関する質問等してきてとても英語をマスターしたげだったので、僕としても是非がんばって欲しいですし、僕で助けになるのなら力になりたいなあ、なんて思ってます。日本に一人でも多くの英語使いが増えればいいですもんね


がんばれ、Jさん



人気ブログランキング ←本日のランキング147位! クリックして応援してくださいね。

tak_913 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ちょっと一息、英語コラム 

February 07, 2006

ちょっと異文化交流してきました

先週末、僕と妻のエレナは3ヶ月の娘を連れて、赤坂の全日空ホテルに行ってきました。

と、言うのも、結婚前モスクワでバリバリのキャリアウーマンだったエレナは、退職して今は日本で僕と暮らしていながらも、前職の同僚達が日本での定例会議に参加するために4ヶ月に一度来日して来ると今でもその宿泊先に招待を受けて、皆でつかの間の再会を楽しんでいるわけです。

で、余談ですが2年半前、僕はこの定例会議のために来日していた現役のキャリアウーマンだったエレナに知り合い、結婚したわけです(詳しくは目次から「love letters」の項を一話目から読んでくださいね!)。


ともあれ、そこ全日空ホテルにはアメリカ、ヨーロッパ各国、果ては中東の人まであらゆる国から彼女のもと同僚達が集まって来ていて(15,6人はいたかも)、改めて”ああ、家の奥さん、ほんとにバリバリ仕事してたんだなあ”と、関心してしまいました。

で、彼らの共通語は当然英語なわけですが、
”Wow, Erena, how's it going! It soooo nice to see you again!"
とか、

"Wow, fantastic! Is she your baby girl? She's sooooo cute !!"

だの、やはり向こうの人達は惜しみなく、言葉の限りを尽くして感激していました。

当然、彼女の夫である僕にも質問攻めで、

"Oh, you are Erena's husband? you're so lucky with this nice wife and beautiful baby, yeah?"

などともてはやされたりしました。


やっぱり英語って、出来たらいいですねぇ


まあ、一部の人達は「日本で住んでる分には英語なんて出来なくても生きて行けるし、第一日本に来てる外国人は日本語を使うべきだ」…なんて言って英語に拒絶反応示したりもしてますが、でもやっぱり、出来た方が俄然人生面白いですよね?


そんなわけで、この日は食事なんかも交えながら、夜の11時過ぎまで異文化交流してきました。

それにしても、外国人の奥様を持って最近、めっきり異文化交流の機会増えました(当たり前だけど)。

まあ、もともと、仕事で外国人のお客さんと接する機会が僕は多いのですが、それはそれこれはこれでどっちも刺激的です。


いやあ、楽しかった



人気ブログランキング ←皆さんの応援で本日167位! クリックして応援してくださいね。

tak_913 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ちょっと一息、英語コラム 
英語系ブログランキング
みんなの英会話奮闘記


■気になる英語学習法がチェックできる、
人気blogランキングへ

■みんなどうやって勉強してるのだろう?

English Ranking

オンライン英会話スクール








自宅のパソコンで英会話!
オンライン通信講座
旺文社主催のオンライン講座








お手ごろ英会話スクール
留学情報




ダイビング・インストラクターや美容師、デザイナーなど、日本での資格や経験が活かせる仕事を海外で経験できる。ワーキングホリデーの「ネクシスクラブ」へどうぞ。