前回の記事の最後で、yumにmapserverが登録されていることに気付いたため試してみる。

<<< OSをクリーンインストールしておく >>>

# yum -y install mapserver
  ・・・
  ・・・
  ・・・
  ・・・

終わり!!
関連するモジュールもぜ~んぶ一緒にインストールされる。苦労なし!!

インストールされているmapserverのスペックを見る

# find / -name mapserv*
/usr/share/mapserver
/usr/libexec/mapserver   ← こっちが実行ファイル
# /usr/libexec/mapserver -v
MapServer version 6.0.3 OUTPUT=GIF OUTPUT=PNG OUTPUT=JPEG SUPPORTS=PROJ SUPPORTS=AGG SUPPORTS=CAIRO SUPPORTS=FREETYPE SUPPORTS=ICONV SUPPORTS=FRIBIDI SUPPORTS=WMS_SERVER SUPPORTS=WMS_CLIENT SUPPORTS=WFS_SERVER SUPPORTS=WFS_CLIENT SUPPORTS=WCS_SERVER SUPPORTS=SOS_SERVER SUPPORTS=FASTCGI SUPPORTS=THREADS SUPPORTS=GEOS INPUT=POSTGIS INPUT=OGR INPUT=GDAL INPUT=SHAPEFILE

基本的なことは全部できそう。


では、チュートリアルを動かしてみる。

# wget "http://download.osgeo.org/mapserver/docs/mapserver-tutorial.zip"
# unzip -q mapserver-tutorial.zip
# mv ms4w/ /
# cp -p /usr/libexec/mapserver /var/www/cgi-bin/
# service httpd start

http://server/cgi-bin/mapserver?map=/ms4w/apps/tutorial/htdocs/example1-1.map&layer=states&mode=map

アクセスで、以下が表示されればOK。



すごく簡単だー! d(>_< )Good!!