マウスでの操作以外に、外部(javascript)から地図をいろいろと操作してみる。




OpenLayers.MapのAPIを使用して、ボタン操作時に地図の移動や拡大縮小を実行。
今回は、コントロールやMapの属性指定もしてみた。

    map.addControl(new OpenLayers.Control.MousePosition());
    map.addControl(new OpenLayers.Control.ScaleLine());
前者は、マウスの位置を緯度経度でリアルタイムに地図上に表示するコントロール。後者は、左下に距離の指標バーを表示するコントロール。

また、OpenLayers.Mapのオプションで、attributionを指定すると地図上に任意のHTMLブロックを表示できる。

  attribution: "<a target=\"_blank\" style=\"font-size: 9px;\" href=\"http://www.finds.jp/wsdocs/kibanwms/index.html\">基盤地図情報(平20業使、第449号)</a>",

地図の著作権表示等に使用できる。