関東甲信地方の梅雨明けが発表された日曜日、駒沢オリンピック公園に行ってきた。
1
この日は3連休の真っ只中。実はこの日、星空撮影のロケハンを兼ねて八ヶ岳方面に行くつもりだった。しかし現地の天候が悪く、星を拝めそうにない。
1-2
この日はほぼ新月だったのに残念!う~む、星景写真は天候が相手、しょうがないのだ。

で、こうなったときに訪れるつもりでいたのが「駒沢オリンピック公園」。
2
幼少の一時期、近くの学校へ通ったことがあり馴染みはあるけれど、考えてみればその時以来の訪問だ。

“ これらの施設は昭和39年のオリンピック大会の際に、サッカー、レスリング、バレーボール、ホッケーの会場として使用され、日本と世界の人々に強い印象を与えました。(オフィシャルホームペ-ジより) 

梅雨が明けた駒沢公園は解放感に満ちあふれ、広々とした敷地内には真夏の日差しがガンガン照りつけていた。
3
テント状の壁に囲まれているのは 陸上競技場。五重の塔のように見える建物は「オリンピック記念塔」で、1964年東京オリンピック時はテレビカメラが取り付けられていたようだ。
4
公園の敷地周囲にはジョギング専用のレーンがある。
クリックで拡大
正面の建物は、日本中を興奮させた日本女子バレーチーム「東洋の魔女」が世界一になったまさにその体育館らしい。

現在、2020年東京オリンピック「新国立競技場」建設が問題になっているが、ここ「駒沢オリンピック公園」は建設から50年以上経った今も、生活にはなくてはならない憩いの場としてしっかりと機能している。「新国立競技場」も50年後、100年後にそうなって欲しい。

この日も陸上競技場では高校生の陸上大会が開催されていた。
クリックで拡大
クリックで拡大
クリックで拡大
競技場の中をモノクロで撮影。椅子はずいぶん年季が入っている。基本的に当時の施設をそのまま使っているのかな?
クリックで拡大
クリックで拡大
公園の少し朽ちたフェンスに自転車がたて掛けてあったのでパシャリ。
クリックで拡大

ランキングに参加しています。皆さまの清き一票を!バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。
         ↓↓
にほんブログ村 写真ブログ デジタル写真へ
にほんブログ村