2014年05月

2014年05月26日

オークス と 大相撲5月場所を振り返る

昨日は出かけていたので更新出来ていなかったが

一応中央競馬G1と大相撲のことは毎度毎度ブログに感想を描いているので、今回も描く

 

■オークス

ハープスターが圧倒的な人気(単勝1.2倍)をかぶる中、勝った馬はヌーヴォレコルト(2番人気)であった。

ハープスターは直線でロスなく回れず、差しが届かず2着という結果に。

G1で3歳牝馬に1度だけでなく2度負けてしまったということになり、ここらへん考慮すると

ハープスターの評価を落とさざるをえないですね。

オークス勝利で凱旋門にという話もなくなってしまったようで、競馬界としては悲しい結果になりました。

 

ちなみに僕予想としては馬券的にハープスターはまずいとわかっていても

ここは外さないだろうと3連単頭固定で2000円ほど買っていたので惨敗。

2着、3着の馬を抑えていただけに、3連複だったなぁと後悔したのでした。

 

次回はついに年に一度のお祭り、ダービーである。

皐月賞馬 イスラボニータ2冠達成なるか、楽しみやね。

対抗はワンアンドオンリー、トーセンスターダム(ともに差し馬)かな

 

5月場所

こちらは予想通り白鵬が勝利

白鵬、最近なんかドルジに似てきた。

以前は真っ向勝負で勝ってきたのだが(体はぬるぬるだったが)

何が何でも(少々汚くても)勝ってやろうという感じが出てきた。

それが横綱(勝つことが第一)の大切さではあるのだが

なんか、少し白鵬ファンであることを、躊躇してしまうような、そんな取り組みが多かった気がします

 



taka010130 at 01:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬