god

浅草に初詣に行きました。あまり行かない人はご存じないかもしれませんが、
ホームレスが多いんですよね。そこらじゅうのシャッターの下りた店先や
ビルの入り口の隅のほうにダンボールでこしらえた住まいで寝泊りしてるのを
見かけます。その姿自体が何か悲哀を感じてしまい、見かけても、何気に
通り過ぎてしまう自分がいますが、ホームレスの方にも当然ドラマがあり、
喜びや悲しみ、生きていくことに一生懸命なんだよなぁって、
この「東京Godfathers」を観て感じました。
作品媒体: DVD
監督: 今敏
出演: 江守徹、梅垣義明、岡本綾
あらすじ: クリスマスの夜、
東京・新宿に生きる3人のホームレス、
元競輪選手のギンちゃん、
元ドラッグ・クイーンのハナちゃん、
そして家出少女のミユキは、
ゴミの山の中から赤ん坊を拾う。
警察へ届けようと言うギンちゃんとミユキ。
だが、ずっと子供を欲しがっていたハナちゃんが
赤ん坊に勝手に清子と名前を付けてしまい、
結局、情にほだされた3人は乏しい手掛かりを頼りに、
雪の中、親探しの旅に出発する。