空を見上げて

初手▲6八金のプロの将棋

 第59期王位戦挑戦者決定リーグ、千田翔太六段対野月浩貴八段戦(段位は当時のもの)(2018.5.17)は千田六段が初手に▲6八金(1図)と指し、

2020-02-26a

 以下、△8四歩に▲7八金【2図)

2020-02-26b 

 と自ら手損するという衝撃的なオープニングだった。
 結果は千田六段の勝利。

 第68期王座戦二次予選、千田翔太七段対野月浩貴八段戦(2020.2.26)の携帯中継の解説で初めて知りました。



将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



taka11281taka11281  at 00:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 珍しい局面  

実戦の詰将棋(601)

2020-02-21a

 上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。
 答えを白文字で記入しました。
 
 答え ⇒
 ▲7五銀△6五玉▲6六歩での手詰


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



taka11281taka11281  at 00:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 3手詰  

実戦の詰将棋(600)

2020-02-17b

 上の図は、実戦を基に作成した詰将棋です。
 答えを白文字で記入しました。
 
 答え ⇒
 ▲8四桂△同角▲8二金△9三玉▲8一金△9二玉▲8二角成での手詰

 基になったのは第4期棋王戦挑戦者決定戦、桐山清澄八段対米長邦雄八段戦(1978.2.2)の投了一手前の局面(1図)です。

2020-02-17a



将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



taka11281taka11281  at 00:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 7手詰  

こども将棋教室(2020.2.23)の結果

 今年7回目の教室には2名の参加がありました。
 はじめに第61期王位戦挑戦者決定リーグ紅組、本田奎五段対豊島将之竜王・名人戦(2020.2.20)戦を初手から64手目までざっと紹介しました。

2020-02-22a

 攻めに銀が参加しない将棋でしたので初級者にはあまりお勧めできない将棋かもしれませんが面白い将棋でしたので取り上げてみました。
 その後、二面指しで二枚落ちで1局対局しました。
 休憩後、将棋フォーカスの録画(深浦九段の角交換振り飛車の講座でした。)を視聴し本日の教室を終わりました。


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村


taka11281taka11281  at 00:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 井上こども将棋教室 | 将棋の普及、指導 

対振り飛車、端玉銀冠〜第70期王将戦一次予選、佐々木五段対藤倉五段戦

 第70期王将戦一次予選、佐々木大地五段対藤倉勇樹五段戦(2020.2.17)は後手藤倉五段の三間飛車対先手佐々木五段の端玉銀冠の対抗となりました。
 端玉銀冠は矢内理絵子女流五段著の『矢内理絵子の振り飛車破り』(2009年9月発行)(毎日コミュニケーションズ)などで紹介されていた戦法だど思います。

2020-02-20a

 1図で先手は先ず天守閣美濃に囲い、少し進んで2図となり、端玉銀冠に進展しました。

2020-02-20b
 
 少し進んで3図となりました。

2020-02-21b

 3図から▲4五歩△同歩▲4八飛△4二飛▲6五歩△7三角▲3三角成△4一飛▲7七桂と本格的な戦いが始まりました。

2020-02-20d

 4図から△3五歩▲2三馬△2一飛▲2二歩△3一飛▲5五歩~と戦いが続きました。
 少し進んで5図となりました。

2020-02-20e

 5図では先手が駒得ですが玉形は後手の方がしっかりしているように見えて、まだまだかと思っていましたが、△6五歩▲2一歩成△7一飛▲3三馬と進み、その後、飛車成りが実現し先手が有利になったようです。
 将棋は105手で佐々木五段が勝利しました。

2020-02-20f
 


将棋ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村



taka11281taka11281  at 00:00  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 佐々木大地 | 色々な戦法、マイナー戦法