空を見上げて

第74回全道将棋選手権、浅井さん対藤田さん戦(2)

2017-02-03f

 4図は後手が△4七角と打ち込んで反撃したところです。ここから▲2一馬△3九銀▲5八飛△2九角成~と進みました。
【▲2一馬は攻め急ぎの手で、ここでは▲3五歩を入れてから▲2一馬が良かった。手順は少し長くなるが、▲3五歩△同銀▲2一馬△3九銀▲2七飛△3八角成▲3七飛△同馬▲同桂(変化図2)と、遊んでいる飛車と攻め駒の馬を交換することができた。】

2017-02-06b

 少し進んで5図となりました。

2017-02-03g

 5図から▲9五歩~▲9四歩と端攻めをしましたが、△4九香と指した方が良かったかもしれないとのことです。
 少し進んで6図となりました。

2017-02-03h

 6図から▲9四香△9六桂打▲同香△同桂▲9八玉△9七歩~と進みました。
 ▲9四香が大悪手だったとのことです。△9六桂打を見落としていたそうです。
【この数手のやりとりで、今まで少し不利に近かった局面もさらに差がつき、私は動揺した。】
 少し進んで7図となりました。

2017-02-03i


taka11281taka11281  at 00:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 道内アマ強豪  

角交換四間飛車穴熊~第74回全道将棋選手権、浅井さん対藤田さん戦(1)

 昨年7月に開催された第74回全道将棋選手権、準々決勝の浅井隆宏さん(札幌)対藤田隆寛さん(旭川)戦が浅井さんの自戦記により12月16日から5譜に渡り、北海道新聞夕刊に掲載されましたので、勉強させていただきました。
【 】内は観戦記からの抜粋です。

 将棋は後手藤田さんの角交換四間飛車穴熊対先手浅井さんの居飛車の対抗となりました。

2017-02-03c

 1図は後手玉が穴熊にもぐったところです。
【お互い角を手持ちにしているため、自陣に角を打たれる隙を作らない】ように注意が必要とのことです。
 少し進んで2図となりました。

2017-02-03d

 先手は6筋の位を取ってから5八金を6八に寄せて引き締まった陣形を築き、後手は6二金を7二に寄せて穴熊を完成させました。
 2図から、▲6六角と打ちました。一局の命運をかけた角打ちだと思います。
 少し進んで3図となりました。

2017-02-03e

 3図から先手は▲2四歩~▲3四銀~▲1一角成と銀を捨てて角を成り込んで攻め込みました。
 なお、3図では▲3三角成△同桂▲3四銀(変化図1)と飛車先を突破する手もあったとのことです。 

2017-02-06a

 少し進んで4図となりました。

2017-02-03f


taka11281taka11281  at 00:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 道内アマ強豪  

実戦の詰将棋(238)

2016-11-18f

 図は、実戦を基に作成した詰将棋です。
 答えを白文字で記入しました。
 
 答え  ▲4一飛成△同玉▲3二銀までの手詰



taka11281taka11281  at 00:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 3手詰  

伊達こども将棋教室(H29年2月)の開催

 次のとおり「こども将棋教室」(伊達将棋連盟主催)を開催しますので、お気軽にご参加ください。

チョコ


日  時 : 平成29年2月18日(土) 午後2時~4時    
場  所 : 山下町会館 2階 (伊達市山下町116)
対象者 : 伊達市、伊達市近郊の小・中学生
       (全くの初心者、級位者など棋力を問いません。)
会  費 : 200円(初回の方は無料)
その他 : 
(1)参加申し込みは随時受け付けております。
(2)飲み物等は各自でご用意ください。
(3)保護者の見学・付添いは自由です。
(4)山下町会館の裏に数台の駐車スペースがあります。
   なお、JRアパートの駐車場には駐車できません。

 ご不明な点がございましたら、佐藤事務局長電話・FAX(0142-25-5850)へお気軽にお尋ねください。


taka11281taka11281  at 00:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 伊達こども将棋教室  

実戦の次の一手(1)

2017-01-25b

 1図は実戦の終盤の局面です。
 先手が▲7二角と詰めろに打ったところ、後手が8一飛を△8六飛と歩を取りながら王手で走ったところです。

 実戦では、8七歩と受けましたが、それは△7八銀成~6七角成~8七飛成で相当危ないというか実際は詰んでしまいます。

 1図での次の一手は、
 …
 …
 …
 ▲8七金でした。

 これに対して、△7八銀成や△7九銀に対しては▲同玉は詰まされそうですが、▲9八玉と躱すと逃れているようです。



taka11281taka11281  at 00:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 次の一手など | 実戦から