空を見上げて
トップページ » 対石田流△4二玉型の序盤の指し方

対石田流△4二玉型の序盤の指し方

2016-12-06c

 1図は、▲7五歩に△4二玉と上がったところです。この手に対しては▲6六歩と角道を止める方が多いと思いますが、たまに乱戦歓迎と▲7八飛と指されることもあります。
 その場合、以下、△8八角成▲同銀△4五角▲5八玉△2七角成▲5五角△3三桂▲7四歩△同歩▲同飛△9二飛(△7三歩もありそう)▲3四飛(2図)と進みそうです。

2016-12-06d

 2図で後手は3三の地点を受けなければなりませんが、形よく△3二銀と上がるのは玉が動けなくなり指しずらいようです。ですので、2図で△4二金(△2二銀もあるかも)と上がります。
 次いで、▲3六歩で3図となります。

2016-12-06e

 この▲3六歩は先手の馬を抑え込む狙いがあるようです。
 この将棋は実戦例も少なく、棋書による勉強もしていないので、この後の指し方がよく分かりませんでした。
 自分は3図から△2六馬と指すことが多かったと思いますが、先日、「トーマスイッチ」というブログの将棋のカテゴリーの中の「石田流対策|勝率3割だったボクが6割まで上げた左美濃作戦」(2016/02/07)という記事に2図からの指し方が記載されていました。
 それは、△5四歩でした。▲同飛ととれる只の歩ですが、▲同飛ですと△3六馬で抑え込もうとした馬が復活します。
 △5四歩の後、▲7七角△5二飛(4図)と進みました。

2016-12-06f

 4図の△5二飛は先手の玉頭を睨んでいい感じですが、実戦ですとまだまだ熱戦が続きそうです。
 3図からの△5四歩、勉強になりました。
 蛇足ですが、この戦法の先手の狙いの一つに2筋の歩が切れたことを逆用して▲2四歩と歩を合わせる手があります。△同歩は▲同飛が2一飛成と2七馬取りになります。その筋にも注意して指すようにしています。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星