空を見上げて
トップページ » 四間飛車対5筋位取り急戦~74回全道選手権、武沢さん対斉藤さん戦(3)

四間飛車対5筋位取り急戦~74回全道選手権、武沢さん対斉藤さん戦(3)

2016-12-16g

 7図から、▲5一龍△7五歩▲1二龍△7六歩▲8六香~と進みました。
 7図から▲6三龍などと激しくいく手もあるかもしれませんが、この局面での記述ではありませんが、
【大きく差が開いた局面では、一発で決めに行くよりも、駒損せずに攻め続けるという方針で指す方が間違いが少ないと思います。】との斉藤さんの考え方を武沢さんも踏襲しているような指し方かと思います。
 少し進んで8図となりました。

2016-12-16h

 8図から、▲7五銀△8三玉(△同玉は▲6五金で詰み)~以下、107手で先手の武沢さんが勝利しました。

2016-12-16i

 本譜は1図から、△7四歩と指したのですが、自戦記によりますと

2016-12-16a

【現在は△7四歩に代えて△6三金とし、△5四歩として行くのがよいと考えています。】とのことでした。
 急戦に対する対応は一手間違うとあっという間に悪くなることがあります。普通の手に見える△7四歩が疑問だったということですので、将棋は難しいですね。

開始日時:2016/07/17()

先手:武沢涼介

後手:斉藤豪士 

▲7六歩   △3四歩   ▲2六歩   △4四歩   ▲4八銀   △3二銀

▲5六歩   △4二飛   ▲6八玉   △6二玉   ▲7八玉   △7二銀

▲5八金右  △7一玉    ▲6八銀    △8二玉    ▲5七銀左  △9四歩

▲9六歩   △4三銀   ▲2五歩   △3三角   ▲5五歩   △5二金左

▲5六銀   △6四歩   ▲3六歩   △7四歩   ▲4六歩   △1二香

▲3七桂   △4一飛   ▲4五歩   △同 歩   ▲2四歩   △同 歩

▲7九角   △4六歩   ▲同 角   △3五歩   ▲同 角   △5四歩

▲4五桂   △4四角   ▲2四飛   △5五歩   ▲5三歩   △6二金寄

▲4二歩   △3五角   ▲同 歩   △3一飛   ▲4七銀引 △4六歩

▲同 銀   △4四歩   ▲2二飛成 △5一飛   ▲4一歩成 △同 飛

▲3三桂成 △同 桂   ▲3四歩   △同 銀   ▲3三龍   △4五銀

▲同 銀   △同 歩   ▲5四桂   △6三金   ▲5二歩成 △同 金

▲3二龍   △5一飛   ▲5三歩   △同金上   ▲6二銀   △5四金直

▲5一銀成 △6二桂   ▲5二成銀 △6一銀打 ▲5一飛   △5二銀

▲7一角   △7三玉   ▲5二飛成 △6一銀打 ▲8二銀   △8四玉

▲5一龍   △7五歩   ▲1二龍   △7六歩   ▲8六香   △7四玉

▲6二角成 △同 銀   ▲同龍寄   △同 金   ▲5四龍   △8四歩

▲7五銀   △8三玉   ▲8四香   △9二玉   ▲9一銀成

まで107手で先手の勝ち



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星