空を見上げて
トップページ » 相三間飛車の戦い~第74回全道将棋選手権、田中さん対武田さん戦(2)

相三間飛車の戦い~第74回全道将棋選手権、田中さん対武田さん戦(2)

2016-12-30e

 5図から、△9七馬(5三に利かす)▲5三桂成△同金▲同香成△同馬で6図となりました。

2016-12-30f

 なお、△9七馬のところ、△4二銀だと▲9二馬が好手で、以下△6四歩▲5三桂成△同銀▲8三馬(変化図1)となり、
【以下、△5四歩としても、▲8四馬~▲4六桂の筋があるので受け切れない。】
とのことでした。

2017-01-02c

 6図から、▲5三同飛成△同玉▲7三歩で7図となりました。
【田中さんの飛車を切った攻めが好手順だった。馬が盤上から消え、途端に私の玉形が薄くなってしまった。】

2016-12-30g

【図の局面は、先手の桂香損で歩切れだが、後手が苦しい展開。】
 7図から、△3一香▲7二歩成△同銀▲5五馬△3三桂▲3六香~以下しばらく進んで8図となりました。
【ここで△3一香と打ったのは粘りを欠いた。あとで振り返ると、ここでは△2四香あるいは△8二銀打ちとしていれば、先手優勢ながら大変な勝負だったと思う。先手の狙いは▲5五馬と、▲3六香~▲2六角から飛車を取る手である。どちらかの狙いを防げば、まだまだ粘ることができた。】

2016-12-30h


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星