空を見上げて
トップページ » ネット将棋の観戦

ネット将棋の観戦

 将棋の勉強法は色々あると思いますが、最近効果があるのではと思うのがネット将棋の観戦です。
 例えば、将棋倶楽部24の対局の観戦です。
 24の対局は一手30秒以内での対局が主流のようです。したがって、スムーズに対局が進むので観戦が苦痛ではありません。
 自分のお勧めは2,3級上の方の対局の観戦です。とても上の方の将棋観戦も勉強にはなると思いますが、「えっ!?」、「その手はとても浮かばない」、というような凄すぎる手が多いため消化不良をおこしそうです。
 2、3級上の将棋ですと自分でも納得できる指し手が多く理解できるような気がします。
 それでもその指し手は明らかに自分より強い方の手ですので、「あー、そう指すのか」、「なるほど、簡単に負ける手は指さないのだな」、「そんな受けがあったのか!」、「自分の予想と同じだった」などと一手一手が参考になります。なお、2、3級上では物足りないという方もおられると思いますので色々お試しください。
 次の手が指されるまでの30秒ほどの時間に自分なりに手を考えますので、その手と実際に指される手の違いからその都度、勉強させられます。
 似たような勉強法にテレビ将棋の観戦と棋譜並べがあると思います。
 テレビ将棋の観戦もネット将棋の観戦と同じように次の手を考えながら見ますが、対局の様子や解説者の解説に引き込まれ自分で考える部分が減るような気がします。
 また、棋譜並べですが、要所では次の手を考えますが多くはサッと並べて全体の流れを掴むという部分が多いような気がします。
 その点、ネット将棋の観戦は、指し手と指し手の間が30秒以内という適度な時間の中で自然に次の手が考えられ、すぐにその手と実際の指し手との比較ができること、感動を得られることなどとても力がつきそうな気がします。
「そういう自分はちっとも強くなっていないではないか」という当然の疑問がありそうですが、安心してください、実はこの勉強法を自分はあまりやっていないのです。
 今後は毎日計画的に取り入れてみようかな。 
 追記:文中では「自分のお勧めは2,3級上の方の対局の観戦です。」と書きましたが、やはりトップの方の将棋を観戦して勉強するのが一番なのではという思いもあり、実のところどのくらい上の方の将棋を観戦するのが良いのかははっきりとは分かりません。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星