空を見上げて
トップページ » 野月八段、順位戦4連勝

野月八段、順位戦4連勝

 第76期順位戦B級2組4回戦、野月浩貴八段対戸辺誠七段戦が9月6日に東京将棋会館で行われました。
 戦型は先手野月八段の居飛車左美濃対後手戸辺七段の石田流穴熊の対抗となりました。
 
2017-09-08c

 1図から▲5五銀△同銀▲同歩と銀交換になりました。
 少し進んで2図となりました。

2017-09-08d

 2図の▲5三銀の飛車取りに対し△3一角と引き、以下、▲4四銀不成△8六角で角と飛車の交換となり、その後▲8四歩△同歩~と進み3図となりました。

2017-09-08e

 3図で▲6六同飛は5五角(8八玉を睨みながらの飛車取り)があります。
 3図から▲8三歩(銀取り)△同銀▲4四角(金取り)△6二角▲6六飛~と進み4図となりました。

2017-09-08f

 4図から△6五歩▲同飛△6一歩▲6三飛成△6二香▲同龍△同金▲7六玉(桂を取った)~と進み少し後手の攻撃力が足りなくなったのかもしれません。
 4図では△8八桂成▲7六玉△6五歩の変化が解説されていました。
 以下、先手が後手の攻めを凌いで127手で勝利しました。

2017-09-08g

 これで今期順位戦、野月八段が4勝0敗、戸辺七段が1勝3敗となりました。


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星