空を見上げて
トップページ » 角換わり相腰掛銀戦での角打ち、角捨て

角換わり相腰掛銀戦での角打ち、角捨て

2017-11-24b

 1図は第74期順位戦C級1組、船江恒平五段対大平武洋五段戦(2015.6.23)の中盤の局面です。
 先手船江五段の▲1八香に後手の大平五段が△1二香と上がったところです。
 次の一手は自分は見たことのない手でした。
 ▲1九角と打ちました。以下、4筋、1筋を突き捨ててから、▲2五桂~▲4四角と捌き1-1図となりました。

2017-11-24g

 1-1図から△7三角▲同角成△同桂▲6四角△8四角の後、先手は4五銀~4五飛と捌き、後手が6九銀と反撃して2図となりました。

2017-11-24c

 ここまで先手が快調に捌いたようですが、2図の△6九銀は次に金を手に入れて△5四金の飛角両取りの狙いがあります。
 2図から▲1三歩~▲1四歩と連打して3図となりました。

2017-11-24d

 次の一手は驚きです。
 ▲5三角成△同金▲1三歩で4図となりました。

2017-11-24e

 先手は4図で角損ながら後手玉に詰めろを掛け、その後、飛車を成り込んで攻め続け93手で勝利しました。

2017-11-24f



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星